空を見上げて
トップページ » ネタバレ結末/キャリー@映画の森てんこ森

ネタバレ結末/キャリー@映画の森てんこ森

ネタバレ結末/キャリー@映画の森てんこ森
 ■映画ネタバレ□ネタバレ結末/キャリー
キャリー
CARRIE
| 「映画の森てんこ森」表紙 | 新作映画Top | タイトル一覧 | 本ページ更新 |
ネタバレ結末/キャリー
ネタバレ注意@映画の森てんこ森
ストーリー展開の前知識やネタバレがお好みでない方は、読まないで下さい。
■ネタバレ結末/キャリー
【『キャリー』ネタバレ】
ネタバレご注意:以下の<ネタバレ結末/キャリー>のあらすじ・ストーリー・結末にはネタバレが含まれています。映画『 キャリー (2013) CARRIE 』をまだご覧になっていない方は、どうかネタバレにご注意ください。

★『 キャリー 』劇場公開情報
 2013年11月8日(金)より、新宿ピカデリーほか全国ロードショー!!
 ※日本配給情報: 劇場公開(ソニー・ピクチャーズエンタテインメント)

<ネタバレ映画/キャリー>の仕切り線

▲ここまでの<ネタバレ映画/キャリー@映画の森てんこ森>はこちらから・・・(新規ウインドウで表示)

▼▼▼ネタバレ結末/キャリー▼▼▼

【ネタバレ結末/キャリー 第42段落】
 キャリーは夫婦間レイプによって出来た子だ、と。だから生まれた時、殺そうともしたと。キャリーは遂に我慢の限界に達し、母親をクローゼットに超能力で閉じ込めた。出られないように施錠し、約束通り十時半に帰宅すると告げる。「天罰が下るよ」と言う母。

【ネタバレ結末/キャリー 第43段落】
 キャリーはいそいそと玄関から出てトミーに「私、どう?」と訊くと、「美しいよ」とトミーは真剣に答えてくれた。リムジンでプロム会場に向うが、キャリーは皆の反応がやはりちょっと心配。トミーは励まして、入っていく。

【ネタバレ結末/キャリー 第44段落】
 トミーは自分の親友や別の学校に通う友達にキャリーを紹介し、皆に綺麗だねと褒めてもらえるし、デジャルダン先生もキャリーのドレス姿の美しさを称えてくれる。その間に、トミーはプロムを欠席した恋人のスーにメールを出して、君がいなくて寂しいけど全て上手くいっていると伝える。

【ネタバレ結末/キャリー 第45段落】
 キャリーが打ち解け始めると、トミーはダンスに誘う。自信が無いキャリーはスローダンスまで待って、二人は踊り始め体を寄せる。すると、トミーは結構本気でキャリーに“その気”になってきた。スーというカノジョがいるにも拘らず、“パーティの後のこと”も心待ちの状態になる。

【ネタバレ結末/キャリー 第46段落】
 キャリーは今までに経験したことのない幸福感に満ち溢れていた。そしてプロムのクライマックス、プロム・キングとクイーンの発表に。すると、選ばれたのはトミーとキャリーのペアだ。誰もが驚くその結果だが、実は裏工作があったのだ。

【ネタバレ結末/キャリー 第47段落】
 クリスの一番の親友ティナ・ブレイク(ゾーイ・ベルキン)が投票用紙を摩り替えて、故意にトミーとキャリーが選ばれるように仕向けてあったのだ。クリスとビリーの策略を実行できるように・・・。

【ネタバレ結末/キャリー 第48段落】
 その頃、自宅に残ったスーは、妊娠反応検査をして、妊娠がはっきり分かる。そこへクリスからキャリーへの復讐計画のメールが届いた。スーは慄いて車に飛び乗り、プロムへと向う。丁度、トミーとキャリーが演壇に登って冠を勝ち取るところだ。

【ネタバレ結末/キャリー 第49段落】
 デジャルダン先生がスーの到着に気付き、またキャリーに屈辱を与えるのだと勘違いする。スーはクリスが天井の梁から悪事を実行しようとしている姿を見ているから阻止したいのだが、先生はそうとは知らず、追い出す。

【ネタバレ結末/キャリー 第50段落】
 そして会場の天井の梁では、クリスが紐を引いた。あの豚の血でいっぱいのバケツが上から落ちてきた。一瞬の静寂。トミーの頭蓋骨は割れ、即死。キャリーは美しいドレス姿が全身血まみれとなる。

【ネタバレ結末/キャリー 第51段落】
 生涯でただ一人、自分に優しくしてくれた男性、トミーが殺されたのだ。トミーの亡骸を膝に抱いて、キャリーの心は爆発。誰の仕業かキャリーは分かっている。罠に嵌って血みどろになったキャリーを笑う声の中、キャリーはドアに向うが、クリスのあのビデオが大スクリーンに映し出さる。

【ネタバレ結末/キャリー 第52段落】
 陰湿な虐めと屈辱のピークを浴びせられたキャリーは超能力を爆発させるのだ。念動(テレキネシス)波を駆使して皆を床に叩きのめし、出られないように全ての出入り口を封鎖する。そしてテーブルなど色々なものを目茶目茶に飛ばして、それに当たって何人も死ぬ。

【ネタバレ結末/キャリー 第53段落】
 そのキャリーを撮っている男子にはテーブルを当てさせて殺し、クリスの取り巻きで双子のニッキ(カリッサ・ストレイン)とリジー(ケイティ・ストレイン)が逃げようとすれば、念力で踏み潰して殺す。また、電線で女子を焼き殺したり。

【ネタバレ結末/キャリー 第54段落】
 こうして火災も発生する。デジャルダン先生はキャリーを宥めようとするのでキャリーは先生を感電死させようとするが、一瞬、正気に戻って躊躇してやめた。先生はキャリーに優しくしてくれた数少ない一人だから。

【ネタバレ結末/キャリー 第55段落】
 キャリーは空中浮揚して出て行く。学校は全焼だ。避難できた者(トラヴィス・ヘッドランドら)もいるが、大勢が死んだ。クリスとビリーは逃げようと車に乗り、キャリーを轢き殺そうとする。

【ネタバレ結末/キャリー 第56段落】
 この惨劇の原因を作った張本人クリスとビリーだから、キャリーは容赦しない。超能力でビリーの頭部をハンドルに打ち付け、車を浮遊させてガソリンスタンドに投げつけ、クリスをフロントガラスに頭から突っ込ませる。

【ネタバレ結末/キャリー 第57段落】
 そして、ガラスの破片がクリスの顔に突き刺さるのをキャリーは見届ける。ガソリンスタンド炎上爆発で憎き二人は完全に死んだし、延焼で街中が破壊された。その惨状をスーとデジャルダン先生がすすり泣きながら見つめる。

【ネタバレ結末/キャリー 第58段落】
 キャリーが帰宅すると、母マーガレットはクローゼットに穴を開けて出ていた。キャリーは母を呼ぶが返答が無い。陰で隠れているのだ。キャリーはバスルームで全身にかけられた血を洗い流した後、母が見つけて父親とのことを語る。

【ネタバレ結末/キャリー 第59段落】
 父さんとの性交は罪だと信じていたのに、酒に酔ってレイプされたのだ、それなのに私はそれが“気持ちよかった”、こうしてお前が生まれた、のだと。そして母娘が抱き合い、跪いて祈ると、母はナイフで娘キャリーの肩か背中を刺す。

【ネタバレ結末/キャリー 第60段落】
 それを押しのけて階段から降りるが、母はまだ脚や腕を刺してくる。「悪魔というのは決して死なないから殺し続けねばならない。」と、狂人となって母は襲い続ける。でも、顔を刺されそうになると、キャリーの母親への憎悪はもう抑えられなかった ・・・続く

▲TOPへ

◆ここからは、最後の結末まで書いていて完全にネタバレしていますので、ストーリー全体が分ります。御注意下さい。
 ATTN: This review reveals the movie content. Please don't say that I didn't say !


★以下のネタバレ日本語訳は、映画『キャリー』の公開日2013年11月8日(金)の翌日、又は翌日以降に公開予定ですが、映画をご覧になる前に、前もって<ストーリー/あらすじ/結末までの完全ネタバレ日本語版>をお読みになりたい方は、以下をクリックしてください。

 ・・・結末までの完全ネタバレはこちらから・・・⇒(画面入替表示)


【感謝とお願い】多くの皆様にこのネタバレコーナーにアクセス頂き、ありがとうございますm(__)m
 もしクリックしてもネタバレファイルにジャンプしない場合は、映画会社や配給会社への配慮として、まだリンクを貼っていない期間です。リクエスト・メールが多い場合は(お返事は出せませんが)、タイミングを見計らって、映画公開一週間前にはアップしますので、どうかご了承ください。

 本ファイル<ネタバレ結末/キャリー>や、このページの他の「ネタバレ」コンテンツは、先行公開されている海外の映画作品を劇場鑑賞やDVD鑑賞したり、<Wikipedia>英語版の記事やその他の海外映画情報を幸田幸@映画の森てんこ森が翻訳編集したりして、ネタバレ版テキストを作成・アップしています。<ネタバレ結末/キャリー>のあらすじに私の鑑賞誤解があったり、文章表現が稚拙であったり、直訳的だったり、翻訳ミスがある場合がありますので、どうかご了承くださいますようにお願い申し上げます。
以上。

※参考資料:映画『キャリー』-Wikipedia、『CARRIE』-Wikipedia英語版、『CARRIE』-IMDb、『キャリー』EPK、公式サイト
| ←前の閲覧ページに戻る |▲TOP | ▲目次 |
映画の森てんこ森代表:幸田幸
coda_sati@hotmail.com
「映画の森てんこ森」へ 「旅行の森てんこ森」へ
映画解説・レヴュータイトル一覧表へ
映画の森てんこ森 バナー03

映画の森てんこ森 coda21幸田幸 クレジット バナー01
幸のイタリア各都市情報へ
旅行の森てんこ森 バナー03
136x70
本サイトの作文、データ及び画像などのコンテンツの無断転用はお控え下さい。
貴サイトへの御掲載についてはメールにてお知らせ頂ければ幸いです。
© 2002-2013 Sachi CODA at Eigano-Mori Tenko-Mori, CODA21. All Rights Reserved.



borocsoborocso  at 12:00
コメントを書く




情報を記憶: 評価:  顔   星