空を見上げて
トップページ » エンダーのゲームの映画解説@映画の森てんこ森

エンダーのゲームの映画解説@映画の森てんこ森

エンダーのゲームの映画解説@映画の森てんこ森
 映画の森てんこ森■映画解説
エンダーのゲームの映画解説のトップアイコンエンダーのゲームの映画解説
映画『 エンダーのゲーム (2013) ENDER'S GAME
ENDER'S GAME
※クリックでYouTube『エンダーのゲーム ENDER'S GAME』予告編へ
▲上のスライドショーを初めから見る
▲ネタバレのスライドショーを見てみる
画像クリックで本予告編が見れます。
ここをクリックで別の予告編が見れます。
※予告編はYouTube「リンク」モードで掲載。Trailer Courtesy of SummitScreeningRoom
(C)2013 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved.
| 「映画の森てんこ森」表紙 | 新作映画Top | タイトル一覧 | 本ページ更新 |
■エンダーのゲームの映画解説
【映画『エンダーのゲーム』解説】#01
 映画『 エンダーのゲーム (2013) ENDER'S GAME 』は、オースン・スコット・カードによる同名の小説を原作とした2013年のアメリカ合衆国のSFアクション・アドベンチャー映画。監督・脚本はギャヴィン・フッドが務め、エイサ・バターフィールドが主人公のエンダー・ウィッギンを演じる。製作国アメリカ合衆国では、2013年10月28日(Los Angeles, California)公開、2013年11月1日全米公開。日本では、2014年1月18日(土)より、ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパンより配給、全国公開される予定だ。

 本作『 エンダーのゲーム (2013) ENDER'S GAME 』のポスターのキャッチコピーは、
 <「僕は、戦いたくない・・・」>

【映画『エンダーのゲーム』解説<crew>】#02
 ★映画『 エンダーのゲーム (2013) ENDER'S GAME 』の指揮を執る監督は、ギャヴィン・フッド Gavin Hood。ギャヴィン・フッドは1963/05/12生まれ、南アフリカ出身。ギャヴィン・フッドのフィルモグラフィーを見ると、
【フィルモグラフィー】※2014年1月10日(金)更新
エンダーのゲーム (2013) ENDER'S GAME 』 監督/脚本/巨人役で出演
『 ブレイクアウト・キング (シーズン1) (2011)<TV> 』 監督/製作総指揮
『 ウルヴァリン:X-MEN ZERO (2009) 』 監督
『 国家誘拐 (2007)<未> 』 監督
『 ツォツィ (2005) 』 監督/脚本
『 キング・ソロモンの秘宝 (2004)<TVM> 』 出演
『 サンタリアの復活/血塗られた暗黒大陸 (1989)<未> 』 出演
等の映画・TV作品がある。
 ★原作は、オースン・スコット・カード Orson Scott Card。オースン・スコット・カードは、アメリカの小説作家。ジャンルはSF、ファンタジー、ホラー、LDS。評論家でもある。1951/08/24生まれ、アメリカ合衆国ワシントン州リッチランド出身。『エンダーのゲーム』(1985年)と『死者の代弁者』(1986年)でSF賞の権威"ネビュラ賞"と"ヒューゴー賞"を受賞し、この2つの賞を2年連続、ダブル受賞するという史上唯一の快挙を成し遂げている。オースン・スコット・カードの著作を大雑把に見ると、『ソングマスター Song Master(1979)』『第七の封印 Wyrms(1987)』『反逆の星 Treason(1988)』『アビス The Abyss(1989)』『消えた少年たち Lost Boys(1992)』、《帰郷を待つ星》シリーズは2作品、《エンダー》シリーズは『エンダーのゲーム Ender's Game(1985)』『死者の代弁者 Speaker for the Dead(1986)』他、全9作品、《アルヴィン・メイカー》シリーズは、『奇跡の少年 Seventh Son(1987)』『赤い予言者 Red Prophet(1988)』のシリーズ2作品、《ワーシング年代記》シリーズは、『神の熱い眠り Hot Sleep(1978)』『キャピトルの物語 Capitol(1978)』の2作品、そして短編集には、『無伴奏ソナタ Unaccompanied Sonata and Other Stories(1980)』『辺境の人々 The Folk of the Fringe(1989)』がある。オースン・スコット・カードの小説の映画化については、本映画『 エンダーのゲーム (2013) ENDER'S GAME 』の原作と製作にも関わっている。因みにオースン・スコット・カードは、1985年に『エンダーのゲーム』が出版して以来、映画化権とアーティスティック・コントロール権を保有している。又本映画『 エンダーのゲーム (2013) ENDER'S GAME 』では、パイロットの声(voice cameo)として出演もしている。
 ★脚本は、上述のギャヴィン・フッド Gavin Hood。映画の中では巨人の役でも出演している。
 ★製作プロデューサーは、本映画『 エンダーのゲーム (2013) ENDER'S GAME 』他、『 メカニック (2011) THE MECHANIC 』『 テンペスト (2010) THE TEMPEST 』『ロッキーシリーズ』(『 ロッキー4/炎の友情 (1985) 』『 ロッキー3 (1982) 』『 ロッキー2 (1979) 』『 ロッキー (1976) 』)等のロバート・チャートフ Robert Chartoff、本映画『 エンダーのゲーム (2013) ENDER'S GAME 』他、『 テンペスト (2010) THE TEMPEST 』等のリン・ヘンディー Lynn Hendee、本映画『 エンダーのゲーム (2013) ENDER'S GAME 』他、『 ドライヴ (2011) DRIVE 』『 ラビット・ホール (2010) RABBIT HOLE 』のリンダ・マクドナフ Linda McDonough、本映画『 エンダーのゲーム (2013) ENDER'S GAME 』他、『 ドライヴ (2011) DRIVE 』『 ラビット・ホール (2010) RABBIT HOLE 』『 ザ・スピリット (2008) 』『 フーリガン (2005) HOOLIGANS 』『 さよなら、僕らの夏 (2004) MEAN CREEK 』『 ウェディング・プランナー (2001) 』等のジジ・プリッツカー Gigi Pritzker、本映画『 エンダーのゲーム (2013) ENDER'S GAME 』他、『 オブリビオン (2013) OBLIVION 』『 アダプテーション (2002) ADAPTATION. 』『 タイタニック (1997) TITANIC 』等のエド・ウルブリッヒ Ed Ulbrich、そして本映画『 エンダーのゲーム (2013) ENDER'S GAME 』他、『 グランド・イリュージョン (2013) NOW YOU SEE ME 』『 スター・トレック イントゥ・ダークネス (2013) STAR TREK INTO DARKNESS 』『 カウボーイ&エイリアン (2011) COWBOYS & ALIENS 』『 トランスフォーマー/リベンジ (2009) TRANSFORMERS: REVENGE OF THE FALLEN 』『 スター・トレック (2009) 』『 イーグル・アイ (2008) 』『 トランスフォーマー (2007) TRANSFORMERS 』『 M:i:III (2006) MISSION: IMPOSSIBLE III / M:I:III 』『 レジェンド・オブ・ゾロ (2005) THE LEGEND OF ZORRO 』『 アイランド (2005) THE ISLAND 』のアレックス・カーツマン Alex Kurtzmanロベルト・オーチー Roberto Orci
 ★製作総指揮に、本映画『 エンダーのゲーム (2013) ENDER'S GAME 』他、『 アンダーワールド 覚醒 (2012) UNDERWORLD AWAKENING 』『 幸せの教室 (2011) LARRY CROWNE 』『 アンダーワールド:エボリューション (2006) UNDERWORLD: EVOLUTION 』『 ムースポート (2004) WELCOME TO MOOSEPORT 』『 セイブ・ザ・ワールド (2003) THE IN-LAWS 』等のデヴィッド・コートスワース David Coatsworth、本映画『 エンダーのゲーム (2013) ENDER'S GAME 』他、『 最高の人生の選び方 (2009)<未> 』『 ザ・スピリット (2008) 』『 フーリガン (2005) HOOLIGANS 』『 さよなら、僕らの夏 (2004) MEAN CREEK 』『 ウェディング・プランナー (2001) 』等のデボラ・デル・プレト Deborah Del Prete、本映画『 エンダーのゲーム (2013) ENDER'S GAME 』他、『 ドライヴ (2011) DRIVE 』『 ラビット・ホール (2010) RABBIT HOLE 』等のビル・リシャック Bill Lischak(又はウィリアム・リシャック William Lischak)、そしてテッド・ラヴィネット Ted Ravinettヴェンカテッシュ・ロッダム Venkatesh Roddamマンディ・サファヴィー Mandy Safaviアイビー・ツォン Ivy Zhong は、この映画の森てんこ森では本映画『 エンダーのゲーム (2013) ENDER'S GAME 』で初めて紹介する。
 ★音楽は、本映画『 エンダーのゲーム (2013) ENDER'S GAME 』他、『 L.A. ギャング ストーリー (2012) GANGSTER SQUAD 』『 バトルシップ (2012) BATTLESHIP 』『 トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン (2011) TRANSFORMERS: DARK OF THE MOON 』『 トランスフォーマー/リベンジ (2009) TRANSFORMERS: REVENGE OF THE FALLEN 』『 トランスフォーマー (2007) TRANSFORMERS 』等のスティーヴ・ジャブロンスキー Steve Jablonsky
 ★撮影監督は、本映画『 エンダーのゲーム (2013) ENDER'S GAME 』他、『 ナルニア国物語/第1章:ライオンと魔女 (2005) THE CHRONICLES OF NARNIA: THE LION, THE WITCH AND THE WARDROBE 』『 ピーター・パン (2003) PETER PAN 』『 N.Y.式ハッピー・セラピー (2003) ANGER MANAGEMENT 』『 タイムマシン (2002) THE TIME MACHINE 』『 ムーラン・ルージュ (2001) MOULIN ROUGE! 』『 ロミオ&ジュリエット (1996) WILLIAM SHAKESPEAR'S ROMEO & JULIET / ROMEO + JULIET 』『 ミセス・ダウト (1993) 』『 顔のない天使 (1993) 』『 パトリオット・ゲーム (1992) 』『 シュワルツェネッガー/プレデター (1987) 』等のドナルド・マカルパイン Donald McAlpine(又はドナルド・M・マカルパイン Donald M. McAlpineドン・マカルパイン Don McAlpine)。
 ★編集に、本映画『 エンダーのゲーム (2013) ENDER'S GAME 』他、『 エリジウム (2013) ELYSIUM 』『 ダークナイト ライジング (2012) THE DARK KNIGHT RISES 』『 X-MEN:ファースト・ジェネレーション (2011) 』『 インセプション (2010) INCEPTION 』『 ウェイバック-脱出6500km- (2010) THE WAY BACK 』『 ダークナイト (2008) 』『 プレステージ (2006) 』『 バットマン ビギンズ (2005) BATMAN BEGINS 』『 マスター・アンド・コマンダー (2003) MASTER AND COMMANDER: THE FAR SIDE OF THE WORLD 』『 戦争のはじめかた (2001) BUFFALO SOLDIERS 』『 トゥルーマン・ショー (1998) THE TRUMAN SHOW 』等のリー・スミス Lee Smith、そして本映画『 エンダーのゲーム (2013) ENDER'S GAME 』他、『 BUNRAKU (2010) 』『 ロード・オブ・ウォー (2005) LORD OF WAR 』『 マトリックス レボリューションズ (2003) THE MATRIX REVOLUTIONS 』『 マトリックス リローデッド (2003) THE MATRIX RELOADED 』『 マトリックス (1999) THE MATRIX 』等のザック・ステーンバーグ Zach Staenberg
 ★プロダクションデザインは、本映画『 エンダーのゲーム (2013) ENDER'S GAME 』他、『 遊星からの物体X ファーストコンタクト (2011) THE THING 』等のショーン・ハワース Sean Haworth、そして本映画『 エンダーのゲーム (2013) ENDER'S GAME 』他、『 プロメテウス (2012) PROMETHEUS 』『 トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン (2011) TRANSFORMERS: DARK OF THE MOON 』『 トランスフォーマー/リベンジ (2009) TRANSFORMERS: REVENGE OF THE FALLEN 』『 トランスフォーマー (2007) TRANSFORMERS 』『 スーパーマン リターンズ (2006) SUPERMAN RETURNS 』『 チャーリーとチョコレート工場 (2005) CHARLIE AND THE CHOCOLATE FACTORY 』『 ターミナル (2004) THE TERMINAL 』『 スカイキャプテン ワールド・オブ・トゥモロー (2004) SKY CAPTAIN AND THE WORLD OF TOMORROW 』『 マトリックス レボリューションズ (2003) THE MATRIX REVOLUTIONS 』『 パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち (2003) PIRATES OF THE CARIBBEAN: THE CURSE OF THE BLACK PEARL 』『 マトリックス リローデッド (2003) THE MATRIX RELOADED 』等のベン・プロクター Ben Procter
 ★衣装デザインは、本映画『 エンダーのゲーム (2013) ENDER'S GAME 』他、『 イン・ハー・シューズ (2005) IN HER SHOES 』『 スカイ・ハイ (2005) SKY HIGH 』『 Shall we Dance? シャル・ウィ・ダンス? (2004) SHALL WE DANCE? 』『 キューティ・ブロンド/ハッピーMAX (2003) LEGALLY BLONDE 2: RED, WHITE & BLONDE 』『 Series 7: The Contenders (2001) 』『 クライム・アンド・パニッシュメント (2000) 』等のクリスティン・ビーセリン・クラーク Christine Bieselin Clark(又はクリスティン・ビーセリン Christine Bieselin)。
 ★視覚効果監修(VFXスーパーバイザー)には、本映画『 エンダーのゲーム (2013) ENDER'S GAME 』他、『 トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン (2011) TRANSFORMERS: DARK OF THE MOON 』『 トランスフォーマー/リベンジ (2009) TRANSFORMERS: REVENGE OF THE FALLEN 』『 父親たちの星条旗 (2006) FLAGS OF OUR FATHERS 』『 デイ・アフター・トゥモロー (2004) THE DAY AFTER TOMORROW 』『 トリプルX (2002) XXX 』『 ビューティフル・マインド (2001) A BEAUTIFUL MIND 』『 バニラ・スカイ (2001) 』『 グリンチ (2000) 』『 タイタニック (1997) TITANIC 』『 アポロ13 (1995) APOLLO 13 』等、デジタル・ドメイン Digital Domain 社のマシュー・E・バトラー Matthew E. Butler、そして本映画『 エンダーのゲーム (2013) ENDER'S GAME 』他、『 ジョン・カーター (2012) JOHN CARTER 』『 チャーリーとチョコレート工場 (2005) CHARLIE AND THE CHOCOLATE FACTORY 』『 銀河ヒッチハイク・ガイド (2005) THE HITCHHIKER'S GUIDE TO THE GALAXY 』『 アルフィー (2004) ALFIE 』『 トロイ (2004) TROY 』『 トゥームレイダー2 (2003) LARA CROFT TOMB RAIDER: THE CRADLE OF LIFE 』『 ロイヤル・セブンティーン (2003) WHAT A GIRL WANTS 』『 007/ダイ・アナザー・デイ (2002) DIE ANOTHER DAY 』『 トゥームレイダー (2001) 』『 トゥモロー・ネバー・ダイ (1997) 』『 セイント (1997) 』等、シネサイト Cinesite 社のスー・ロウ Sue Rowe

【映画『エンダーのゲーム』解説<cast>】#03
 『 エンダーのゲーム (2013) ENDER'S GAME 』のキャストは、
 ★主役エンダー(アンドルー・“エンダー”・ウィッギン)役には、本映画『 エンダーのゲーム (2013) ENDER'S GAME 』他、『 ヒューゴの不思議な発明 (2011) HUGO 』『 ナニー・マクフィーと空飛ぶ子ブタ (2010) 』『 ウルフマン (2010) 』等のエイサ・バターフィールド Asa Butterfield。エイサ・バターフィールドは、映画『 縞模様のパジャマの少年 (2008) 』のブルーノ役で世界中の涙を誘った天才子役だ。5年経て少しは逞しくなってはいるが、まだか細い少年だ。
 ★ハイラム・グラッフ大佐役には、本映画『 エンダーのゲーム (2013) ENDER'S GAME 』他、『 カウボーイ&エイリアン (2011) COWBOYS & ALIENS 』『 恋とニュースのつくり方 (2010) MORNING GLORY 』『 インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国 (2008) 』 『 ファイヤーウォール (2006) FIREWALL 』『 ハリウッド的殺人事件 (2003) HOLLYWOOD HOMICIDE 』『 K−19 (2002) K-19: THE WIDOWMAKER 』 『 ホワット・ライズ・ビニース (2000) WHAT LIES BENEATH 』『 エアフォース・ワン (1997) AIR FORCE ONE 』『 スター・ウォーズ 』『 逃亡者 (1993) THE FUGITIVE 』『 インディ・ジョーンズ/最後の聖戦 (1989) 』『 刑事ジョン・ブック/目撃者 (1985) WITNESS 』『 インディ・ジョーンズ/魔宮の伝説 (1984) 』『 レイダース/失われたアーク《聖櫃》 (1981) 』等のハリソン・フォード Harrison Ford
 ★メイザー・ラッカム役には、本映画『 エンダーのゲーム (2013) ENDER'S GAME 』他、『 アイアンマン3 (2013) IRON MAN 3 』『 ディクテーター 身元不明でニューヨーク (2012) THE DICTATOR 』『 ヒューゴの不思議な発明 (2011) HUGO 』『 ブラッドレイン (2005) BLOODRAYNE 』『 オリバー・ツイスト (2005) OLIVER TWIST 』『 サウンド・オブ・サンダー (2004) A SOUND OF THUNDER 』『 サスペクト・ゼロ (2004) SUSPECT ZERO 』『 サンダーバード (2004) THUNDERBIRDS 』『 砂と霧の家 (2003) HOUSE OF SAND AND FOG 』『 エバーラスティング 時をさまようタック (2002) TUCK EVERLASTING 』『 A.I. (2001) 』『 2999年異性への旅 (2000)<未> 』『 英雄の条件 (2000) 』『 シンドラーのリスト (1993) 』『 モーリス (1987) 』『 ガンジー (1982) 』等のベン・キングズレー Ben Kingsley
 ★グウェン・アンダースン少佐役に、本映画『 エンダーのゲーム (2013) ENDER'S GAME 』他、『 ヘルプ 〜心がつなぐストーリー〜 (2011) THE HELP 』『 ものすごくうるさくて、ありえないほど近い (2011) EXTREMELY LOUD AND INCREDIBLY CLOSE 』『 ナイト&デイ (2010) 』『 警察署長 ジェッシイ・ストーン <TVシリーズ> 』『 LAW & ORDER: 性犯罪特捜班 <TVシリーズ> 』『 ゲット・リッチ・オア・ダイ・トライン (2005) GET RICH OR DIE TRYIN' 』『 シリアナ (2005) SYRIANA 』『 エデンより彼方に (2002) FAR FROM HEAVEN 』『 ソラリス (2002) SOLARIS 』『 きみの帰る場所/アントワン・フィッシャー (2002) ANTWONE FISHER 』『 トラフィック (2000) 』等のヴィオラ・デイヴィス Viola Davis
 ★ペトラ・アーカニアン役には、本映画『 エンダーのゲーム (2013) ENDER'S GAME 』他、『 トゥルー・グリット (2010) TRUE GRIT 』等のヘイリー・スタインフェルド Hailee Steinfeld。ヘイリー・スタインフェルドは、映画『 トゥルー・グリット (2010) TRUE GRIT 』のオーディションで15,000人(本国アメリカのCBSの芸能ニュースから参考)の候補者の中から選ばれた新星で当時14歳。あれからどうしたのかなと思っていたが、本映画『 エンダーのゲーム (2013) ENDER'S GAME 』で久々の映画出演だ。
 ★主役エンダーの姉バレンタイン・ウィッギン役は、本映画『 エンダーのゲーム (2013) ENDER'S GAME 』他、『 ニューイヤーズ・イブ (2011) NEW YEAR'S EVE 』『 ランゴ (2011) RANGO 』『 ゾンビランド (2009) 』『 私の中のあなた (2009) 』『 ラブ・ダイアリーズ (2008) 』『 幸せの1ページ (2008) 』『 幸せのレシピ (2007) 』『 プリティ・ヘレン (2004) RAISING HELEN 』『 プリティ・プリンセス2/ロイヤル・ウェディング (2004) THE PRINCESS DIARIES 2: ROYAL ENGAGEMENT 』『 サイン (2002) SIGNS 』等のアビゲイル・ブレスリン Abigail Breslin。アビゲイル・ブレスリンは、『 リトル・ミス・サンシャイン (2006) 』のオリーヴ・フーヴァー役でアカデミー賞助演女優賞でノミネートされている。
 ★主役エンダーの兄ピーター・ウィッギン役は、本映画『 エンダーのゲーム (2013) ENDER'S GAME 』他、『 モールス (2010) LET ME IN 』等のジミー・ジャックス・ピンチャク Jimmy Jax Pinchak
 ★ダップ軍曹役は、本映画『 エンダーのゲーム (2013) ENDER'S GAME 』他、『 THE GREY 凍える太陽 (2012) THE GREY 』等のノンソー・アノジー Nonso Anozie
 ★若きメイザー・ラッカム役は、本映画『 エンダーのゲーム (2013) ENDER'S GAME 』他、『 バトルシップ (2012) BATTLESHIP 』『 リンカーン/秘密の書 (2012) ABRAHAM LINCOLN: VAMPIRE HUNTER 』等のスティーヴィ・レイ・ダリモア Stevie Ray Dallimore
 ★主役エンダーの父ジョン・ポール・ウィッギン役には、本映画『 エンダーのゲーム (2013) ENDER'S GAME 』他、『 エデンより彼方に (2002) FAR FROM HEAVEN 』等のスティーヴィ・レイ・ダリモア Stevie Ray Dallimore
 ★主役エンダーの母テレサ・ウィッギン役には、本映画『 エンダーのゲーム (2013) ENDER'S GAME 』他、『 ニューオーリンズ・トライアル (2003) RUNAWAY JURY 』『 歌追い人 (2000) SONGCATCHER 』等のアンドレア・パウエル Andrea Powell
 ★ ビーン役は、本映画『 エンダーのゲーム (2013) ENDER'S GAME 』他、『 ダークナイト ライジング (2012) THE DARK KNIGHT RISES 』等のアラミス・ナイト Aramis Knight

【映画『エンダーのゲーム』解説】#04
 本映画『 エンダーのゲーム (2013) ENDER'S GAME 』は、1977年にアメリカの作家オースン・スコット・カードによって執筆され、SF賞の権威"ネビュラ賞"と"ヒューゴー賞"を史上唯一の2年連続W受賞という快挙を成し遂げた伝説の小説『エンダーのゲーム』(“Ender's Game”)の映画化。
 本映画『 エンダーのゲーム (2013) ENDER'S GAME 』の原作『エンダーのゲーム』は、異星生命体との宇宙戦争終結という使命を背負った禁断の≪サード≫と呼ばれる少年エンダーが、過酷な戦いに巻き込まれ、葛藤しながらも成長し戦い続ける物語。この斬新な設定に、アメリカのみならず、日本、そして世界中の読者は大きな共感と衝撃を覚え、その後創られた多くのアニメ、マンガ、ゲームなど様々な作品にインスピレーションを与えたと言われている。

【映画『エンダーのゲーム』解説】#05
 映画『 エンダーのゲーム (2013) ENDER'S GAME 』の原作『エンダーのゲーム』の著者オースン・スコット・カードは、1985年に『エンダーのゲーム』が出版して以来、映画化権とアーティスティック・コントロール権を保有していた。
 2011年4月28日、サミット・エンタテインメントはデジタル・ドメインと共に配給権を獲得した。
 オースン・スコット・カード原作小説『エンダーのゲーム』は、日本では1987年に翻訳本『エンダーのゲーム』が刊行されて以来、その人気ゆえ版を重ねた。
 2007年にはハリウッドで実写映画化の企画が浮上したが、その複雑かつ壮大なスケールの物語構成ゆえに実写映画企画は頓挫。
 2013年、遂にその実写化が実現!
 日本では、2014年1月18日(土)よりウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパンから全国公開!
 是非、映画館の大画面と音響でご覧下さい!


※livedoor版【エンダーのゲームの映画解説@映画の森てんこ森】
※参考資料:『エンダーのゲーム』EPK、公式サイト『エンダーのゲーム』、『エンダーのゲーム ENDER'S GAME』-Wikipedia

Text編集:安藤奈津

| ←前の閲覧ページに戻る |▲TOP | ▲目次 |
映画の森てんこ森代表:幸田幸
coda_sati@hotmail.com
「映画の森てんこ森」へ 「旅行の森てんこ森」へ
映画解説・レヴュータイトル一覧表へ
映画の森てんこ森 バナー03

映画の森てんこ森 coda21幸田幸 クレジット バナー01
幸のイタリア各都市情報へ
旅行の森てんこ森 バナー03
136x70
本サイトの作文、データ及び画像などのコンテンツの無断転用はお控え下さい。
貴サイトへの御掲載についてはメールにてお知らせ頂ければ幸いです。
© 2002-2014 Sachi CODA at Eigano-Mori Tenko-Mori, CODA21. All Rights Reserved.



borocsoborocso  at 12:00
コメントを書く




情報を記憶: 評価:  顔   星