空を見上げて
トップページ » 映画『それでも夜は明ける』あらすじ@映画の森てんこ森

映画『それでも夜は明ける』あらすじ@映画の森てんこ森

映画『それでも夜は明ける』あらすじ@映画の森てんこ森
 ■映画ネタバレ/映画『それでも夜は明ける』あらすじ
それでも夜は明ける (2013)
12 YEARS A SLAVE
| 「映画の森てんこ森」表紙 | 新作映画Top | タイトル一覧 | 本ページ更新 |
映画『それでも夜は明ける』あらすじ
ネタバレ注意<映画『それでも夜は明ける』あらすじ>@映画の森てんこ森
ストーリー展開の前知識やネタバレがお好みでない方は、読まないで下さい。
■映画『それでも夜は明ける』あらすじ@映画の森てんこ森
 GoogleやYahoo!の検索エンジンで、映画の森てんこ森のネタバレファイルをお探しの場合は、
ネタバレ それでも夜は明ける>又は
それでも夜は明ける ネタバレ>と入力してください。

【『それでも夜は明ける』ネタバレ】
ネタバレご注意:以下の<映画『それでも夜は明ける』あらすじ@映画の森てんこ森>のあらすじ・ストーリー・結末にはネタバレが含まれています。映画『 それでも夜は明ける (2013) 12 YEARS A SLAVE 』をまだご覧になっていない方は、どうかネタバレにご注意ください。
 Warning!Plot synopsis, storyline and story-end items below here contain information that may give away important plot points. You may not want to read any further if you've not already seen this title.

★『 それでも夜は明ける 』劇場公開情報
 2014年3月7日(金)より、TOHOシネマズ みゆき座他全国ロードショー!!
 ※日本配給情報: 劇場公開(ギャガ)


 本ファイル<映画『それでも夜は明ける』あらすじ>や、このページの他の「ネタバレ」コンテンツは、先行公開されている海外の映画作品を劇場鑑賞やDVD鑑賞したり、<Wikipedia>英語版の記事やその他の海外映画情報を幸田幸@映画の森てんこ森が翻訳編集したりして、ネタバレ版テキストを作成・アップしています。<映画『それでも夜は明ける』あらすじ>のあらすじに私の鑑賞誤解があったり、文章表現が稚拙であったり、直訳的だったり、翻訳ミスがある場合がありますので、どうかご了承くださいますようにお願い申し上げます。

<それでも夜は明けるのあらすじ>の仕切り線

▼▼▼映画『それでも夜は明ける』あらすじ▼▼▼

【映画『それでも夜は明ける』あらすじ 第01段落】
 映画『 それでも夜は明ける (2013) 12 YEARS A SLAVE 』の冒頭は、サトウキビ畑での奴隷たちの労働姿から。奴隷の一人ソロモン・ノーサップ(キウェテル・イジョフォー)は掘っ立て小屋での食事のブラックベリーの汁を見て、インクと羽ペンを創り出そうと思い立つ。でも、汁が薄すぎて失敗。

【映画『それでも夜は明ける』あらすじ 第02段落】
 ソロモンは妻子と幸せに暮らしていた頃のことを思い出すのだ。そうして、ソロモンが自由だった頃の生活の断片が垣間見られる昔にフィルムは戻って行く。1841年、米国ニューヨーク州東部の街サラトガスプリングで、熟練した大工、バイオリニストとして活躍していた。

【映画『それでも夜は明ける』あらすじ 第03段落】
 奴隷制度が廃止される前だが、ソロモンは自由証明書で認められた自由黒人だった。妻アン・ノーサップ(ケルシー・スコット)、娘マーガレット(クヮヴェンジャネ・ウォレス)、息子アロンゾ(キャメロン・ザイグラー)と自由で幸福な暮らしをしていたのだ。

【映画『それでも夜は明ける』あらすじ 第04段落】
 妻が料理人として半月ほど働くのに子供たちを同行させ、朝、馬車で出発するのをソロモンは見送る。その午後、友人が二人の旅人男性ブラウン(スクート・マクネイリー)とハミルトン(タラン・キラム)をソロモンに紹介する。

【映画『それでも夜は明ける』あらすじ 第05段落】
 ワシントンDCの周遊公演で二週間、バイオリン弾きとして働いてくれたら大金が儲かるから是非来て、と二人は誘う。奥さんやお子さん方が戻る前には帰れますから、と約束されるし、ソロモンは誘いに乗ることにした。

【映画『それでも夜は明ける』あらすじ 第06段落】
 ワシントンDCのレストランで、ワインを飲みすぎて、というか策略で酔い潰されて、気がつくと暗い小部屋で床に鎖で繋がれていた。ソロモンの友達と思われた白人の悪い奴らは、酔い潰れたソロモンを計画的に裏切ったのだ。

【映画『それでも夜は明ける』あらすじ 第07段落】
 ソロモンのことを、ジョージア州の逃亡奴隷だと言って連行していく白人たち。ソロモンは、自分は自由黒人だと必死に主張しても、書類を所持していないから身の証ができない。ソロモンはひどく殴られ、他の奴隷たちと共に奴隷檻に入れられる。なお、アフリカ系アメリカ人のことを敢えてここでは黒人と表します。

【映画『それでも夜は明ける』あらすじ 第08段落】
 クレメンス・レイ(クリス・チョーク)という教育ある奴隷にソロモンは現状を訴えるが、事態は相当悲惨だと勧告される。そういうところへ、イライザ(アデペロ・オデュイエ)とエミリー(ストーム・リード)という黒人の母娘が連行され、先に捕まった息子(クレイグ・テイト)と檻の中で合流する。

【映画『それでも夜は明ける』あらすじ 第09段落】
 これから先の悲劇は皆、分かっている。暗闇の中、黒人たちは鎖に繋がれて川船(船長:マーク・マコーレイ、船員:ダグラス・M・グリフィン)に乗せられていった。読み書きが出来る等いわないで、目立たないよう、クレメンスからの忠告だ。

【映画『それでも夜は明ける』あらすじ 第10段落】
 夜おそく、船では奴隷商人がイライザをレイプしようとした。それを止めようとした、反抗的な奴隷ロバート(マイケル・K・ウィリアムズ)は刺し殺されてしまう。その上、その死体を川に捨てるよう、クレメンスとソロモンは命じられる。

【映画『それでも夜は明ける』あらすじ 第11段落】
 そんな残虐な事実を目の当たりにして、ソロモンは今は何をしても無駄だと悟るのだ。こうしてニューオーリンズに到着した川船を、クレメンスの主人が待ち構えていて、盗まれた所有物を返すように要求している。クレメンスは主人のもとへまっしぐら。

【映画『それでも夜は明ける』あらすじ 第12段落】
 ソロモンは唯一の友達も失った。下船すると、奴隷商人セオフィラス・フリーマン(ポール・ジアマッティ)が新来の“所有物”つまり奴隷たちに名をつけている。ソロモン・ノーサップは“プラット”というジョージア州の逃亡奴隷の名を呼ばれたので、違うと言うと殴られた。

【映画『それでも夜は明ける』あらすじ 第13段落】
 セオフィラス・フリーマンという奴隷商人は苗字が皮肉にも“自由人”という意味。フリーマンは、奴隷の人間としての尊厳を認めないひどい扱いをするし、農園主に奴隷を売るやり方も、フリーマンは非情だ。

【映画『それでも夜は明ける』あらすじ 第14段落】
 大農園主のウィリアム・フォード(ベネディクト・カンバーバッチ)が奴隷を買うのに、プラットつまりソロモンとイライザを選んだ。イライザは子供達も一緒にしてと懇願するが、奴隷商人フリーマンは娘も息子も別の農園主に売るように、価格を操作するのだ。

【映画『それでも夜は明ける』あらすじ 第15段落】
 子供と生き別れを強いられたイライザは泣き崩れ、奴隷売買の場を乱すので、ソロモンがバイオリンを弾いてその空気を収めるよう命じられた。そして主人となったウィリアム・フォードは、買った二人の奴隷を大農園に連れて帰る。

【映画『それでも夜は明ける』あらすじ 第16段落】
 フォードは紳士的で、そんなにひどそうではない。プランテーションに帰宅すると、フォード夫人(ライザ・J・ベネット)は、道中泣きっ放しだったイライザに食事を与え眠らせれば忘れさせられるでしょうと言う。

【映画『それでも夜は明ける』あらすじ 第17段落】
 翌朝、奴隷たちは大工で奴隷“調教師”ジョン・ティビッツ(ポール・ダノ)と監督のチェイピン(J・D・エヴァーモア)に引き合わされる。逃げたらどんな目に遭うかという嘲笑的な歌をティビッツは歌って脅す。その間、奴隷たちは材木を切る仕事を延々と。

【映画『それでも夜は明ける』あらすじ 第18段落】
 翌朝、材木は川下りで輸送したら速いし費用削減にもなるという、斬新な考えをソロモンが主人フォードに提案する。するとフォードはいいと認め、ご褒美にバイオリンをくれた。これには人種差別主義者ティビッツは腹の虫が治まらない ・・・続く

▲TOPへ

◆ここからは、結末まで書いてネタバレしていますので、ストーリー全体が分ります。御注意下さい。
 ATTN: This review reveals the movie content. Please don't say that I didn't say !


★以下のネタバレ日本語訳は、映画『それでも夜は明ける』の公開日2014年3月7日(金)の翌日、又は翌日以降に公開予定ですが、映画をご覧になる前に、前もって<ストーリー/あらすじ/結末までの完全ネタバレ日本語版>をお読みになりたい方は、以下をクリックしてください。

 ・・・続きは<ネタバレ映画/それでも夜は明ける>をお読みください⇒(画面入替表示)


【感謝とお願い】多くの皆様にこのネタバレコーナーにアクセス頂き、ありがとうございますm(__)m
 GoogleやYahoo!の検索エンジンで、映画の森てんこ森のネタバレファイルをお探しの場合は
ネタバレ それでも夜は明ける>又は
それでも夜は明ける ネタバレ>と入力してください。

 もしクリックしてもネタバレファイルにジャンプしない場合は、映画会社や配給会社への配慮として、まだリンクを貼っていない期間です。リクエスト・メールが多い場合は(お返事は出せませんが)、タイミングを見計らって、映画公開一週間前にはアップしますので、どうかご了承ください。
以上。


※参考資料:映画『それでも夜は明ける』-Wikipedia、『12 YEARS A SLAVE』-Wikipedia英語版、『12 YEARS A SLAVE』-IMDb、『それでも夜は明ける』EPK、公式サイト
| ←前の閲覧ページに戻る |▲TOP | ▲目次 |
映画の森てんこ森代表:幸田幸
coda_sati@hotmail.com
「映画の森てんこ森」へ 「旅行の森てんこ森」へ
映画解説・レヴュータイトル一覧表へ
映画の森てんこ森 バナー03

映画の森てんこ森 coda21幸田幸 クレジット バナー01
幸のイタリア各都市情報へ
旅行の森てんこ森 バナー03
136x70
本サイトの作文、データ及び画像などのコンテンツの無断転用はお控え下さい。
貴サイトへの御掲載についてはメールにてお知らせ頂ければ幸いです。
© 2002-2014 Sachi CODA at Eigano-Mori Tenko-Mori, CODA21. All Rights Reserved.



borocsoborocso  at 12:00
コメントを書く




情報を記憶: 評価:  顔   星