空を見上げて
トップページ » ネタバレ結末/GODZILLA ゴジラ@映画の森てんこ森

ネタバレ結末/GODZILLA ゴジラ@映画の森てんこ森

ネタバレ結末/GODZILLA ゴジラ@映画の森てんこ森
 ■映画ネタバレ□ネタバレ結末/GODZILLA ゴジラ@映画の森てんこ森
GODZILLA ゴジラ (2014)
GODZILLA
| 「映画の森てんこ森」表紙 | 新作映画Top | タイトル一覧 | 本ページ更新 |
ネタバレ結末/GODZILLA ゴジラ@映画の森てんこ森
ネタバレ注意<ネタバレ結末/GODZILLA ゴジラ>@映画の森てんこ森
ストーリー展開の前知識やネタバレがお好みでない方は、読まないで下さい。
■ネタバレ結末/GODZILLA ゴジラ@映画の森てんこ森
【『GODZILLA ゴジラ』ネタバレ】
ネタバレご注意:以下の<ネタバレ結末/GODZILLA ゴジラ@映画の森てんこ森>のあらすじ・ストーリー・結末にはネタバレが含まれています。映画『 GODZILLA ゴジラ (2014) GODZILLA 』をまだご覧になっていない方は、どうかネタバレにご注意ください。

★『 GODZILLA ゴジラ 』劇場公開情報
 2014年7月25日(金)より、全国東宝系ロードショー!!
 ※日本配給情報: 劇場公開(東宝)


<ネタバレ結末/GODZILLA ゴジラ@映画の森てんこ森>の仕切り線

▲ここまでの<ネタバレ映画/GODZILLA ゴジラ@映画の森てんこ森>はこちらから・・・(新規ウインドウで表示)

▼▼▼ネタバレ結末/GODZILLA ゴジラ@映画の森てんこ森▼▼▼

【ネタバレ結末/GODZILLA ゴジラ@映画の森てんこ森 第37段落】
 更に、研究機関“モナーク/MONARCH”が設立された理由も教える。それは、ゴジラを秘密裏に研究し、フィリピンで発見されたものや、雀路羅原発崩壊の原因となったムートーのことを説明するための計画だと言うこと。

【ネタバレ結末/GODZILLA ゴジラ@映画の森てんこ森 第38段落】
 それに、今、孵ったばかりのムートーは、大昔に太平洋を歩き回っているのが見つかった別の巨大怪獣と伝達しようとしているのかもしれない、と。フォードは、ムートーが何かと伝達し合っていることを示す音響探知信号をモニターした、と父が調査していたことを明かす。

【ネタバレ結末/GODZILLA ゴジラ@映画の森てんこ森 第39段落】
 ムートーは太平洋を越えつつあり、ハワイ(『 ブルークラッシュ (2002) BLUE CRUSH 』参照)に寄りそうだと確認され、艦隊はハワイ方向へ舵を取る。それに並行して、ゴジラも同じ方向へ進んでいるではないか。ゴジラは絶対にムートーを追って自然の均等を保つために戦いたいのだと芹沢博士は仮定する。

【ネタバレ結末/GODZILLA ゴジラ@映画の森てんこ森 第40段落】
 ロシアの原子力潜水艦(『 K−19 (2002) K-19: THE WIDOWMAKER 』参照)が行方不明だと知った米海軍航空母艦は、米陸軍特殊部隊チームをホノルル近郊の林へ向かわせる。ムートーは放射能を食べるから、原子力潜水艦をおやつに食べたのかもしれない。

【ネタバレ結末/GODZILLA ゴジラ@映画の森てんこ森 第41段落】
 果たして、ムートーは核燃料容器を食べていた。原子力潜水艦は無残な姿に成り果てて樹木に乗っかっている。米陸軍は空襲をしてみるが、ムートーは電磁波を発射して、ジェット機のナビゲーションコントロールを破壊し、地上に墜落させる。

【ネタバレ結末/GODZILLA ゴジラ@映画の森てんこ森 第42段落】
 一方、フォードは余りすることがないから取り合えずサンフランシスコの自宅に舞い戻ろうと、ハワイの空港で搭乗するところだ。すると空港は全停電。まさかその原因がムートーだとは知る由も無い。

【ネタバレ結末/GODZILLA ゴジラ@映画の森てんこ森 第43段落】
 同時に、飛行機が遠くの丘に激突して爆発するのも目撃される。人々が気を揉み始めていると、ワイキキ(『 リロ&スティッチ (2002) LILO & STITCH 』参照)の海水が凄い勢いで津波のように陸地へ押し寄せてくる。それは、ゴジラが陸に向かってくるために起こったものだった。

【ネタバレ結末/GODZILLA ゴジラ@映画の森てんこ森 第44段落】
 空港では停電は復帰したが、ムートーがすぐそこにいる。フォードら乗客たちは怖い目に遭い、ゴジラとムートーの戦いが始まってしまった。でもムートーはどうにかかわして逃走し、アメリカ本土へ向かって翼を広げて飛んでいく。

【ネタバレ結末/GODZILLA ゴジラ@映画の森てんこ森 第45段落】
 その頃、サンフランシスコでは、フォードの妻エルは息子サムを寝付かせようとしているが、サムはニュースに夢中だ。巨大怪獣ゴジラと巨大生物ムートーは実際に存在するのだと、世界中が知ることとなった。

【ネタバレ結末/GODZILLA ゴジラ@映画の森てんこ森 第46段落】
 そうしている間に、アメリカ合衆国ネバダ州ユッカマウンテン放射性廃棄物処分場では、見つかった二個目の繭がムートーの雌となって孵っていた。その雌はもっと大型で翼がない。雌はラスベガス(『 トラブル IN ベガス (2004) ELVIS HAS LEFT THE BUILDING 』参照)を破壊しまくる。

【ネタバレ結末/GODZILLA ゴジラ@映画の森てんこ森 第47段落】
 二頭のムートーは伝達し合い、繁殖のために合流しようとしているのだと、科学者たちは結論付けた。そして機動部隊はゴジラを追った結果、ゴジラと二頭のムートーの目的地はサンフランシスコ湾であると予測する。

【ネタバレ結末/GODZILLA ゴジラ@映画の森てんこ森 第48段落】
 科学者たちが反対する中、ステンズ提督は三頭を殺すのに核爆発の使用を承認した。一方のフォードはカリフォルニア州に軍隊と戻り、核弾頭を運搬するチーム(トレ・モラレス軍曹/ヴィクター・ラサック:『 ロード・オブ・ドッグタウン (2005) LORDS OF DOGTOWN 』等)に同行して列車でサンフランシスコへと向かう。

【ネタバレ結末/GODZILLA ゴジラ@映画の森てんこ森 第49段落】
 核弾頭は一つはおびき寄せるためのもの、もう一つは殺すためのものだ。フォードは爆薬兵器処理班(ミサイル技師/ダリアス・ブレイク:『 エリジウム (2013) ELYSIUM 』等)の隊員だから、兵器取り扱いのノウハウをスペシャリストとして教える。すると、雌のムートーが列車を襲う。

【ネタバレ結末/GODZILLA ゴジラ@映画の森てんこ森 第50段落】
 進行方向の目の前の橋を破壊してしまったのだ。お目当ては列車に積んだ核弾頭だ。それをガツガツ食って、橋を潰し、乗客を全員殺してしまった。ただし、主人公フォードは川に飛び込んで無事。朝にはフォードは残ったもう一つの核弾頭と共に拾われた。

【ネタバレ結末/GODZILLA ゴジラ@映画の森てんこ森 第51段落】
 そしてその核弾頭をサンフランシスコへ発射するが、雄のムートーに奪われてしまう。サンフランシスコのダウンタウンに、雌が雛を育てるための“巣”をつくり、その核弾頭は赤ん坊のための栄養とするためだ。

【ネタバレ結末/GODZILLA ゴジラ@映画の森てんこ森 第52段落】
 さあ大変だ。大都会のド真ん中に核があるのだから。交通網は見る影もないほどひどい状態だし、市民は危機に見舞われる。そこへ、ムートーの居所を感知したゴジラが海中からゴールデン・ゲイト・ブリッジ<金門橋>へ出現した。

【ネタバレ結末/GODZILLA ゴジラ@映画の森てんこ森 第53段落】
 軍隊はゴジラを阻止することが出来ず、ムートーとの戦いをさせてしまう。街中での壮絶な巨体同士の戦いをどうにかすべく、フォードはヘイロー HALO<高高度降下低高度開傘>降下隊員らと市内に空から入ることに。

【ネタバレ結末/GODZILLA ゴジラ@映画の森てんこ森 第54段落】
 ヘイロー降下隊員(ジャレッド・ケッソ:『 エリジウム (2013) ELYSIUM、ジェームズ・ピッツィナート:『 猿の惑星:創世記(ジェネシス) (2011) RISE OF THE PLANET OF THE APES 』等)らとフォードは市内に跳び下りていくが、途中で二人の隊員は命を落とす ・・・続く

▲TOPへ

◆ここからは、最後の結末まで書いていて完全にネタバレしていますので、ストーリー全体が分ります。御注意下さい。
 ATTN: This review reveals the movie content. Please don't say that I didn't say !


★以下のネタバレ日本語訳は、映画『GODZILLA ゴジラ』の公開日2014年7月25日(金)の翌日、又は翌日以降に公開予定ですが、映画をご覧になる前に、前もって<ストーリー/あらすじ/結末までの完全ネタバレ日本語版>をお読みになりたい方は、以下をクリックしてください。

 ・・・結末までの完全ネタバレはこちらから・・・⇒(画面入替表示)


【感謝とお願い】多くの皆様にこのネタバレコーナーにアクセス頂き、ありがとうございますm(__)m
 もしクリックしてもネタバレファイルにジャンプしない場合は、映画会社や配給会社への配慮として、まだリンクを貼っていない期間です。リクエスト・メールが多い場合は(お返事は出せませんが)、タイミングを見計らって、映画公開一週間前にはアップしますので、どうかご了承ください。

 本ファイル<ネタバレ結末/GODZILLA ゴジラ@映画の森てんこ森>や、このページの他の「ネタバレ」コンテンツは、先行公開されている海外の映画作品を劇場鑑賞やDVD鑑賞したり、<Wikipedia>英語版の記事やその他の海外映画情報を幸田幸@映画の森てんこ森が翻訳編集したりして、ネタバレ版テキストを作成・アップしています。<ネタバレ結末/GODZILLA ゴジラ@映画の森てんこ森>のあらすじに私の鑑賞誤解があったり、文章表現が稚拙であったり、直訳的だったり、翻訳ミスがある場合がありますので、どうかご了承くださいますようにお願い申し上げます。
以上。

※参考資料:映画『GODZILLA ゴジラ』-Wikipedia、『GODZILLA』-Wikipedia英語版、『GODZILLA』-IMDb、『GODZILLA ゴジラ』EPK、公式サイト
| ←前の閲覧ページに戻る |▲TOP | ▲目次 |
映画の森てんこ森代表:幸田幸
coda_sati@hotmail.com
「映画の森てんこ森」へ 「旅行の森てんこ森」へ
映画解説・レヴュータイトル一覧表へ
映画の森てんこ森 バナー03

映画の森てんこ森 coda21幸田幸 クレジット バナー01
幸のイタリア各都市情報へ
旅行の森てんこ森 バナー03
136x70
本サイトの作文、データ及び画像などのコンテンツの無断転用はお控え下さい。
貴サイトへの御掲載についてはメールにてお知らせ頂ければ幸いです。
© 2002-2014 Sachi CODA at Eigano-Mori Tenko-Mori, CODA21. All Rights Reserved.



borocsoborocso  at 00:00
コメントを書く




情報を記憶: 評価:  顔   星