空を見上げて
トップページ » 2013年03月
2013年03月

アンナ・カレーニナの完全ネタバレ@映画の森てんこ森


【恭子の動画映像ブログ】 2013年3月31日(日)公開予定
最新映画のネタバレ/あらすじ・ストーリー・結末のネタバレ・完全ネタバレ
※この欄のイラストは「NOM's FOODS iLLUSTRATED」さまより使用許諾を得ています。(c)映画の森てんこ森/F・恭子
更新版
F・恭子のブロードバンドブログnew アンナ・カレーニナの完全ネタバレ

映画『 アンナ・カレーニナ 』の解説
※クリックでYouTube『アンナ・カレーニナ (2012) ANNA KARENINA』予告編へ
映画『 アンナ・カレーニナ 』の予告編
※動画はAnnaKareninaTheMovieへリンクで掲載
(C)2012 Focus Features LLC. All rights reserved. photography
by Eugenio Recuenco,Laurie Sparham

| 「目次」Topページ | 本ページ更新 | 本ページ最終更新 |
アンナ・カレーニナ/映画『 アンナ・カレーニナ ANNA KARENINA 』あらすじ・ストーリーのネタバレ/結末まで完全ネタバレ

by ネタバレンタイン犬@映画の森てんこ森 アンナ・カレーニナの完全ネタバレ
アンナ・カレーニナの完全ネタバレ
 今日のタイトルは「アンナ・カレーニナの完全ネタバレ」です。
 そしてYouTube動画映像版は映画『アンナ・カレーニナ』の予告編です。
 映画『 アンナ・カレーニナ (2012) ANNA KARENINA 』の映画解説はこちらから。
 このページは、幸田幸@映画の森てんこ森が、日本公開前の映画を海外の劇場やDVDで鑑賞して作文したり、『 アンナ・カレーニナ (2012) ANNA KARENINA 』のWikipedia英語版プロットや、海外映画情報(あらすじ・ストーリー・ネタバレ等)を大雑把に日本語訳して編集、纏めたものです。

映画『アンナ・カレーニナ』の劇場公開
 2013年3月29日(金)より、TOHOシネマズ 日劇ほかにて全国ロードショー!!

ネタバレご注意:あらすじ・ストーリー・結末まで、完全ネタバレですので、映画『 アンナ・カレーニナ (2012) ANNA KARENINA 』をまだご覧になっていない方はネタバレにご注意ください。
 Warning!The items below here contain information that may give away important plot points. You may not want to read any further if you've not already seen this title.

★製作陣スタッフや登場人物キャスト、映画解説やポスター等の情報は以下を参照してください。
⇒livedoor版【アンナ・カレーニナのスタッフ&キャスト】
livedoor版【『アンナ・カレーニナ』スタッフフィルモ】
⇒livedoor版【『アンナ・カレーニナ』キャストフィルモ】
⇒livedoor版【アンナ・カレーニナの映画解説】
F.恭子版【映画「アンナ・カレーニナ」ポスター】

【アンナ・カレーニナ/あらすじ結末まで完全ネタバレ 第01段落】
 1874年、ロシア帝国。モスクワの邸宅の一室では、家長のステパン・“スチーヴァ”・オブロンスキー(マシュー・マクファディン)がお抱えの床屋に髭を綺麗に剃らせている。別室では、妻のダーリヤ・“ドリー”・アレクサンドロヴナ(ケリー・マクドナルド)が五人の子供たちグリーシャ、リリイ、マーシャ、ターニャ、ヴァーシャをフランス語のレッスンのための着替えを。

【アンナ・カレーニナ/あらすじ結末まで完全ネタバレ 第02段落】
 スチーヴァが娘にお菓子を上げて、フランス語の住み込み女家庭教師ローラン先生(マリーヌ・バティエ)がそれを咎める。が、スチーヴァがローランの肩を軽く叩いて合図すると、ローランは教え子に読みをさせておいて、二人はクローゼットに急いで入りこんで関係を持つ。

【アンナ・カレーニナ/あらすじ結末まで完全ネタバレ 第03段落】
 女家庭教師ローランの手紙を見つけてしまったスチーヴァの妻ドリーは夫の浮気を知って涙に暮れる。こうして、スチーヴァの妹のアンナ・カレーニナ(キーラ・ナイトレイ)が、兄夫婦の別れ話の仲裁をするためにサンクトペテルブルグから呼ばれるのだ。

【アンナ・カレーニナ/あらすじ結末まで完全ネタバレ 第04段落】
 アンナ・カレーニナはずっと年上の政府高官の夫アレクセイ・カレーニン(ジュード・ロウ)と一人息子のセリョージャ(オスカー・マクナマラ)がいる美貌の社交界の華。夫は他人の問題に介入することを好ましく思わないが、一応は妻のモスクワ行きを許す。息子はお土産なんかいらないから遠くに行かないでと駄々をこねる。

【アンナ・カレーニナ/あらすじ結末まで完全ネタバレ 第05段落】
 アンナは列車では、ロシア社交界で悪名高い評判のヴロンスキー伯爵夫人(オリヴィア・ウィリアムズ)の席と向かいになる。その頃モスクワでは、アンナの兄スチーヴァ・オブロンスキーのオフィスに旧友コンスタンチン・ディミトリヴィチ・リョーヴィン(ドーナル・グリーソン)が訪れていた。リョーヴィンは裕福な地主だ。

【アンナ・カレーニナ/あらすじ結末まで完全ネタバレ 第06段落】
 リョーヴィンは、スチーヴァの義理の妹つまり別れ話の出ている妻ドリーの妹キティを愛していて結婚したいとスチーヴァに告白する。この前に自分でプロポーズすればよかったのに、とスチーヴァに言われるが、高嶺の花で言えなかったが、やはり彼女のいない暮らしは想像できないと言って、旧友スチーヴァの応援を得る。

【アンナ・カレーニナ/あらすじ結末まで完全ネタバレ 第07段落】
 リョーヴィンはスチーヴァにその夜のパーティに招待されて、その場でカテリーナ・“キティ”・アレクサンドロヴナ・シチェルバツキー(アリシア・ヴィキャンデル)にプロポーズする決意で来た。スチーヴァは、良き夫、良き父親でやってきたのに、妻は年をとってうんざりしたから若い女と浮気に走ったと、時の不公平さを嘆く。

【アンナ・カレーニナ/あらすじ結末まで完全ネタバレ 第08段落】
 キティのハートを射止めるライバル、ヴロンスキー伯爵のことを聞いたことがあるかとスチーヴァがリョーヴィンに訊いていると、キティがバルコニーからリョーヴィンの名を呼んでいる。それですぐにキティに会いに行くと、キティはリョーヴィンがモスクワにいて嬉しいと語る。リョーヴィンは舞踏会が始まろうという頃、そんなキティにプロポーズする。

【アンナ・カレーニナ/あらすじ結末まで完全ネタバレ 第09段落】
 すると、まさかの応え。あなたとは結婚できません。そこへやって来たアレクセイ・ヴロンスキー伯爵(アーロン・テイラー=ジョンソン)が、キティに歩み寄って二人は踊り始める。キティは、謂わば田舎者のリョーヴィンよりも、伯爵夫人としてアンナみたいに社交界の華になれるように、ヴロンスキー伯爵との結婚を夢見ているのだ。

【アンナ・カレーニナ/あらすじ結末まで完全ネタバレ 第10段落】
 リョーヴィンは兄のニコライ(デヴィッド・ウィルモット)を探し出した。ニコライは弟と同様、貴族ではあるが、相続を放棄して今はむさ苦しい生活をしている。そして売春婦をしていたマーシャ(タニシュタ・チャテルジー)を妻のようにして、身の回りの世話をさせている。

【アンナ・カレーニナ/あらすじ結末まで完全ネタバレ 第11段落】
 兄は弟に結婚しているかと訊き、俺の領地にいる百姓の女を娶ったらいいと言う。そんな兄にリョーヴィンは医師に診てもらえと言って、幾ばくかのお金を置いて、ポクロフスキーにある自分の領地に帰っていく。

【アンナ・カレーニナ/あらすじ結末まで完全ネタバレ 第12段落】
 モスクワの駅にアンナの列車が到着した。スチーヴァが妹アンナを迎えに来ている。やはり母親ヴロンスキー伯爵夫人を迎えに来ていたヴロンスキー伯爵は、下車した女性アンナがスチーヴァの妹だと知る。二人は一瞬、目を合わせる。

【アンナ・カレーニナ/あらすじ結末まで完全ネタバレ 第13段落】
 列車が急に動いて、鉄道労働者(マイク・シェパード)が轢かれてしまった。その場から去るスチーヴァとアンナ兄妹、ヴロンスキー伯爵母子の四人だが、アンナがその轢かれて死んだ人の家族のことを思いやったので、ヴロンスキー伯爵は大金をその家族のために寄贈した。

【アンナ・カレーニナ/あらすじ結末まで完全ネタバレ 第14段落】
 さて、アンナは兄の妻ドリーに兄の不貞を詫びるが、ドリーは許せない思いだ。でも、兄は今でもあなたを愛しているし、浮気は動物的本能からのもので、心は許しを請うているとアンナは語る。アンナはドリーが兄を愛しているか問い、兄を許さなければこれから絶対に不幸になると言い聞かせるのだ。

【アンナ・カレーニナ/あらすじ結末まで完全ネタバレ 第15段落】
 キティがドリーとスチーヴァ夫妻の子供たちの面倒を見るために来て、アンナをその晩の舞踏会に招待する。その頃、リョーヴィンは田舎の領地に戻り、母親にこう言われる。花嫁を連れて帰ってくると思っていたわと。リョーヴィンは、ここを出て行く計画はないから、もうそういうことはないだろうと母親に語る。

【アンナ・カレーニナ/あらすじ結末まで完全ネタバレ 第16段落】
 舞踏会にキティが白いドレスで現れ、皆の注目を浴びる。一人の男性が早速キティにダンスを申し込み、二人はワルツを。直後、スチーヴァが妹のアンナをエスコートして到着した。アンナは黒いドレスだ。キティはアンナに丁寧に挨拶。そこにヴロンスキー伯爵が来たので、アンナは兄と踊り出す。

【アンナ・カレーニナ/あらすじ結末まで完全ネタバレ 第17段落】
 ヴロンスキー伯爵はそれを目にして、キティに踊ってくれと言い、お美しいと言うのだが、ダンスが終わるとキティから離れてしまった。そして今度はアンナにダンスを申し込む。この二人の優雅なダンスは舞踏会の全員の注目を独占し、キティは嫉妬に燃える。ダンスを終えたアンナはキティの顔つきを見て、何としたことをしでかしてしまったのかと悟り、キティをヴロンスキー伯爵に預けて会場を去る。

【アンナ・カレーニナ/あらすじ結末まで完全ネタバレ 第18段落】
 アンナは兄夫婦の仲裁の役目を終えて、夫と幼い息子の待つサンクトペテルブルグへの列車に乗り込む。しかし、頭をよぎるのは、ヴロンスキー伯爵との熱いダンスだけ。そして列車が停車したので澄んだ空気を吸いに車外に出ると、そこにヴロンスキー伯爵が。彼はアンナのいる所に常に一緒にいたいのだと言い張って、モスクワから一緒に出てきているのだ。

【アンナ・カレーニナ/あらすじ結末まで完全ネタバレ 第19段落】
 キティのもとへ戻ってあげてとアンナは言うが、ヴロンスキー伯爵は言うことを聞かない。帰宅したアンナは息子のセリョージャを愛おしながら、仕事ばかりの夫アレクセイに、ヴロンスキーとの噂はここサンクトペテルブルグまで聞こえているぞと言われるのだ。

【アンナ・カレーニナ/あらすじ結末まで完全ネタバレ 第20段落】
 アンナは絵画展に行って、ヴロンスキー伯爵の従兄妹のベッツィ・トヴェルスカヤ王女(ルース・ウィルソン)の傍らでピアノ演奏に耳を傾ける。ヴロンスキー伯爵は従兄妹に会うという口実でアンナに会いに来た。こういう公の場で積極的にアンナと会う姿のスキャンダルは広がり、アンナの夫アレクセイは心穏やかでない。

【アンナ・カレーニナ/あらすじ結末まで完全ネタバレ 第21段落】
 アンナは夫に、あの人とは何もないと言ってベッドを共にする。けれどもアンナは一晩中目を覚ましたまま、翌日、ヴロンスキー伯爵とホテルで密会し、遂に一線を越えるのだ。 ・・・結末までのネタバレを読む・・・>>










以上。
※<アンナ・カレーニナの完全ネタバレ>のテキストは、<『ANNA KARENINA』-Wikipedia英語版、『ANNA KARENINA』-IMDb、『ANNA KARENINA』関連サイト英語版の翻訳、映画『アンナ・カレーニナ』-Wikipedia、『アンナ・カレーニナ』EPK、公式サイト・関連サイト等を引用。
※本ファイル<アンナ・カレーニナの完全ネタバレ>には間違いがある場合がありますので、お読みになる方は、どうかご了承くださいませ。

テキスト:幸田幸


 ■恭子の動画映像ブログ
 http://coda21.net/broadband/index.htm

注目の映画・DVD・映像動画はこちら・・・▼
 ★映画の森てんこ森 http://coda21.net/

 映画の森てんこ森のその他の映像・動画コンテンツを見る・・・>>
【B級グルメ@映画の森てんこ森】=YouTube動画サイト

| 「目次」Topページ | 本ページ更新 | 本ページ最終更新 |

更新ブログはここをクリック


映画解説・レヴュータイトル一覧表
映画の森てんこ森 バナー03

映画の森てんこ森 coda21幸田幸 クレジット バナー01


幸のイタリア旅行のHPへ幸田幸のイタリア旅行バナーボタン01クリックで「旅行の森てんこ森」のページに進む。
幸のイタリア旅行のHPへ

★テキスト中心対応(T)版 (28Kbps〜56Kbps) ■800×600画面 ■文字サイズ(小) ■IE4以上推奨
★ブロードバンド対応(B)版 (ADSL以上) ■800×600画面 ■文字サイズ(小) ■IE6推奨

★ MacNN や WinNN では、動作や表示 がWindows IE と異なる場合があります。ご了承下さい。

※右欄のイラストは「NOM's FOODS iLLUSTRATED」さまへ使用許諾申請済
Images Courtesy of <http://homepage1.nifty.com/NOM/index.htm>

表紙目次読む映画試写会レヴュー観たい度映画予告編エッセイ日誌試写会情報
リンク集映画ゲーム思い出映画
| 映画レヴュー10000字超 | 映画解説タイトル一覧表 |
幸のカレンダーぼろくそパパの独り言 | livedoorブログ | 旅行の森てんこ森 |
ブロードバンドB版 | 恭子の動画映像ブログ | 恭子の「YouTube」 | サイト内検索 |
© 2002-2013 Sachi CODA at Eigano-Mori Tenko-Mori, CODA21. All Rights Reserved.



borocsoborocso  at 12:00 この記事をクリップ! 

ネタバレ映画/リンカーン@映画の森てんこ森

ネタバレ映画/リンカーン@映画の森てんこ森
 映画の森てんこ森■映画解説と予告編とレヴュー■映画ネタバレ
リンカーン
LINCOLN
| 「映画の森てんこ森」表紙 | 新作映画Top | タイトル一覧 | 本ページ更新 |
ネタバレ映画/リンカーン
ネタバレ注意@映画の森てんこ森
ストーリー展開の前知識やネタバレがお好みでない方は、読まないで下さい。
■ネタバレ映画/リンカーン@映画の森てんこ森
 GoogleやYahoo!の検索エンジンで、映画の森てんこ森のネタバレファイルをお探しの場合は、
ネタバレ リンカーン>又は
リンカーン ネタバレ>と入力してください。

【『リンカーン』ネタバレ】
ネタバレご注意:以下の<ネタバレ映画/リンカーン@映画の森てんこ森>のあらすじ・ストーリー・結末にはネタバレが含まれています。映画『 リンカーン (2012) LINCOLN 』をまだご覧になっていない方は、どうかネタバレにご注意ください。
 Warning!Plot synopsis, storyline and story-end items below here contain information that may give away important plot points. You may not want to read any further if you've not already seen this title.

★『 リンカーン 』劇場公開情報
 2013年4月19日(金)より、TOHO シネマズ日劇他全国ロードショー!!
 ※日本配給情報: 劇場公開(20世紀フォックス)


 本ファイル<ネタバレ映画/リンカーン>や、このページの他の「ネタバレ」コンテンツは、先行公開されている海外の映画作品を劇場鑑賞やDVD鑑賞したり、<Wikipedia>英語版の記事やその他の海外映画情報を幸田幸@映画の森てんこ森が翻訳編集したりして、ネタバレ版テキストを作成・アップしています。<ネタバレ映画/リンカーン>のあらすじに私の鑑賞誤解があったり、文章表現が稚拙であったり、直訳的だったり、翻訳ミスがある場合がありますので、どうかご了承くださいますようにお願い申し上げます。

<ネタバレ映画/リンカーン>の仕切り線

【リンカーン/あらすじ結末までネタバレ満開 第01段落】
 陸軍陣営の椅子に座るエイブラハム・リンカーン大統領(ダニエル・デイ=ルイス)。北軍の人種的に分離された大部隊の二人の黒人兵士<アフリカ系アメリカ人を、ここでは奴隷制に関する映画なので敢えて黒人と表記します>が、最近の戦闘の詳細を大統領に報告している。

【リンカーン/あらすじ結末までネタバレ満開 第02段落】
 その黒人兵卒ハロルド・グリーン(コールマン・ドミンゴ)とアイラ・クラーク伍長(デヴィッド・オイェロウォ)は、リンカーン直属で働けるよう等級の昇級を望み、それを聞いてリンカーンは誇りで嬉しくなる。

【リンカーン/あらすじ結末までネタバレ満開 第03段落】
 そこに、入隊したばかりの白人兵士二人(ルーカス・ハース、デイン・デハーン)が。この若い二人はリンカーンのゲティスバーグ演説を聞いて入隊してきたので、ゲティスバーグ演説を暗誦してみせて敬愛の情を示す。しかし、狼狽してしまい、最後の部分を度忘れする。

【リンカーン/あらすじ結末までネタバレ満開 第04段落】
 南北戦争が勃発して四年。リンカーンは大統領に再選されて、北部諸州<米国南北戦争当時の連邦政府を支持>を一体維持するのに苦心しており、合衆国憲法修正第十三条を推し進める決断をずっと熟考している。

【リンカーン/あらすじ結末までネタバレ満開 第05段落】
 奴隷解放宣言は一年半前になしたが、奴隷制度廃止を実行するのは今だとリンカーンは感じる。そして国務長官ウィリアム・スワード(デヴィッド・ストラザーン)の手助けで、合衆国憲法修正第十三条を批准するのに必要な支持を得るため下院議会に手を伸ばし始める。

【リンカーン/あらすじ結末までネタバレ満開 第06段落】
 ホワイトハウス内の居住部に戻ったリンカーンは、見た夢を妻に語っている。岸に向って素早く進む船の夢の説明に熱心に耳を傾けた妻メアリー・トッド・リンカーン(サリー・フィールド)は、夢の解釈を申し出てから、私は妻の代わりに単なる占い師・予言者かと文句を言う。

【リンカーン/あらすじ結末までネタバレ満開 第07段落】
 夫リンカーンは冗談を言ってから、家政婦のエリザベス・ケックリー(グロリア・ルーベン)に妻の世話を任せて部屋を出る。エリザベスは元奴隷。また、リンカーンには12歳の息子タッド・リンカーン(ガリヴァー・マグラス)がおり、暖炉のそばで熟睡中だ。タッドの傍には、数人の奴隷たちの額縁もある。競売に出された幼い黒人の子の写真がある。

【リンカーン/あらすじ結末までネタバレ満開 第08段落】
 国務長官ウィリアム・スワードは下院議員ウィリアム・N・ビルボ(ジェームズ・スペイダー)、ロバート・レザム(ジョン・ホークス)、リチャード・シェル(ティム・ブレイク・ネルソン)の三人を訪れる。修正第十三条を批准するのに必要な票の三分の二を集めるには、民主党員数人の投票を変えさせる必要があるからだ。

【リンカーン/あらすじ結末までネタバレ満開 第09段落】
 リンカーンは、修正第十三条批准への支持を説得するために、影響力のある共和党の保守派フランシス・プレストン・ブレア(ハル・ホルブルック)との会合を持つ。

【リンカーン/あらすじ結末までネタバレ満開 第10段落】
 修正第十三条の批准の支持を求めると、平和協定を始めるのに南部連邦の者たち数人と会うのを許可してくれるならば、リンカーンの修正第十三条を支持するとブレアは提案する。リンカーンはそれを許可し、極秘裏に平和への交渉を始めさせる。

【リンカーン/あらすじ結末までネタバレ満開 第11段落】
 ビルボとレザムとシェルは下院で修正第十三条に関する論争を見つめる。修正第十三条の通過への主な反対勢力は、ニューヨーク市の元市長フェルナンド・ウッド(リー・ペイス)であり、片や、主な支持者はジェームズ・アシュリー(デヴィッド・コスタビル)や奴隷解放急進派のタデウス・スティーブンス(トミー・リー・ジョーンズ)だ。

【リンカーン/あらすじ結末までネタバレ満開 第12段落】
 タデウス・スティーブンスはこの三十年間以上、黒人解放・黒人の平等の権利を提唱してきている急進派の共和党員である。下院の議員数人は選挙区民に再選されなかったのを知って、ビルボとレザムとシェルは、賄賂を贈って修正第十三条に賛成の投票をさせられそうな二十人の議員を探し始める。

【リンカーン/あらすじ結末までネタバレ満開 第13段落】
 リンカーンの息子タッドがホワイトハウスでロバの馬車に乗っていると、リンカーンの年長の息子つまりタッドの年の離れた兄ロバート・リンカーン(ジョゼフ・ゴードン=レヴィット)が大学から帰省した。大統領の祝賀会が済めば大学に戻るには、荷物が多すぎる。リンカーンの妻つまり子供らの母親メアリーはそれに驚く。ロバートは軍人になる決意なのだ。

【リンカーン/あらすじ結末までネタバレ満開 第14段落】
 ロバートは父リンカーンを探してこう訴える。15歳を越えていて軍服を着ていないのは僕だけだし、大学にいても文句を言われないのは、僕が大統領の息子であり、大衆は父さんを愛しているからだ、と。

【リンカーン/あらすじ結末までネタバレ満開 第15段落】
 大統領の祝賀会の晩、奴隷解放急進派のスティーブンスが訪れて、リンカーンの妻メアリーが迎えるが、メアリーの態度は冷たい。それは、メアリーが改装した際に家事を調査されていたからだ。このやり取りの後、リンカーンとスティーブンスは密かに会って修正第十三条について論じ合う。そして何が何でもこの修正議案を通さねばならないということで意見が一致する。

【リンカーン/あらすじ結末までネタバレ満開 第16段落】
 共和党の保守派ブレアは南部から戻ると、ブレアの共和党員たちの支持を得られるとリンカーンに知らせる。共和党員の二大勢力両者の支持を取り付けられたので、あとリンカーンが必要なのは、二十人の民主党員の投票あるいは投票棄権である。

【リンカーン/あらすじ結末までネタバレ満開 第17段落】
 副大統領アレクサンダー・スティーヴンズ(ジャッキー・アール・ヘイリー)と陸軍長官ジョン・アーチボルド・キャンベル (グレゴリー・イッツェン)ら、南部連邦からの使節三人がワシントンへの旅に出る。

【リンカーン/あらすじ結末までネタバレ満開 第18段落】
 彼らは北軍兵士たちに、バージニア州にいる北軍の陸軍中将ユリシーズ・S・グラント(ジャレッド・ハリス)の元へ連れて行かれる。そして、講和条約の事項を伝える。するとグラントは、リンカーンと会いたいと思うのなら、降伏を考えておいた方がいいと語る。

【リンカーン/あらすじ結末までネタバレ満開 第19段落】
 ワシントンでは、南北戦争終結への講和条約の噂が流れて、合衆国憲法修正第十三条の進展は狂わされる。成功確実な議員数人が、スワードら三人の議会工作員に、考えを変えたと伝える。リンカーンは、必要な投票数を確保するのに必要なことは出来る限り早く何でもやれと三人に促す。

【リンカーン/あらすじ結末までネタバレ満開 第20段落】
 講和条約の噂のために工作が狂わされていることを三人がリンカーンに訴えると、バージニア州の代表派遣を修正第十三条が通過する前にワシントンに到着させないために、遅らせるようにと、リンカーンはグラントに電報を打つ。

【リンカーン/あらすじ結末までネタバレ満開 第21段落】
 ビルボは、揺り動いている下院議員のことをリンカーンに話し、リンカーンはその男に会って考えを変えさせようと、秘密裏に会合を持つ。三人の議会工作員は、民主党の連邦議会議員クレイ・ホーキンス(ウォルトン・ゴギンズ)に州の役所の郵政局長の地位をオファーして、働きかけ始める。

【リンカーン/あらすじ結末までネタバレ満開 第22段落】
 リンカーンは長男ロバートを馬車に乗せて、陸軍病院に連れ出す。手足を切断されたりした負傷兵たちが治療を受けている所なので、ロバートは父親の魂胆が分かって入るのを拒否する。父としてリンカーンは息子に入隊させたくはないのだ。

【リンカーン/あらすじ結末までネタバレ満開 第23段落】
 病院の裏から荷車が押されて出てきて、赤い液体を流しているのをロバートは目撃し、跡を追う。すると切断された手足の処理場だと分かって、ロバートは嘔吐して泣く。リンカーンがそれに気付いて、どうしたのか訊くと、僕は戦争に行かねばならないのだと応える。駄目だと言う父に、息子は反抗して、怒って去って行く。

【リンカーン/あらすじ結末までネタバレ満開 第24段落】
 リンカーンは結局、グラント陸軍中将の個人的使節として息子ロバートが戦争に行くことを許した。妻メアリーはそれを知って激怒し、息子一人を腸チフスで失ったばかりだというのに長男まで戦死させるつもりなの、と叫ぶ。

▲TOPへ

◆ここからは、結末まで書いてネタバレしていますので、ストーリー全体が分ります。御注意下さい。
 ATTN: This review reveals the movie content. Please don't say that I didn't say !


★以下のネタバレ日本語訳は、映画『リンカーン』の公開日2013年4月19日(金)の翌日、又は翌日以降に公開予定ですが、映画をご覧になる前に、前もって<ストーリー/あらすじ/結末までの完全ネタバレ日本語版>をお読みになりたい方は、以下をクリックしてください。

 ・・・続きは<ネタバレ結末/リンカーン>をお読みください⇒


【感謝とお願い】多くの皆様にこのネタバレコーナーにアクセス頂き、ありがとうございますm(__)m
 GoogleやYahoo!の検索エンジンで、映画の森てんこ森のネタバレファイルをお探しの場合は
ネタバレ リンカーン>又は
リンカーン ネタバレ>と入力してください。

 もしクリックしてもネタバレファイルにジャンプしない場合は、映画会社や配給会社への配慮として、まだリンクを貼っていない期間です。リクエスト・メールが多い場合は(お返事は出せませんが)、タイミングを見計らって、映画公開一週間前にはアップしますので、どうかご了承ください。
以上。

※参考資料:映画『リンカーン』-Wikipedia、『LINCOLN』-Wikipedia英語版、『LINCOLN』-IMDb、『リンカーン』EPK、公式サイト
| ←前の閲覧ページに戻る |▲TOP | ▲目次 |
映画の森てんこ森代表:幸田幸
coda_sati@hotmail.com
「映画の森てんこ森」へ 「旅行の森てんこ森」へ
映画解説・レヴュータイトル一覧表へ
映画の森てんこ森 バナー03

映画の森てんこ森 coda21幸田幸 クレジット バナー01
幸のイタリア各都市情報へ
旅行の森てんこ森 バナー03
136x70
本サイトの作文、データ及び画像などのコンテンツの無断転用はお控え下さい。
貴サイトへの御掲載についてはメールにてお知らせ頂ければ幸いです。
© 2002-2013 Sachi CODA at Eigano-Mori Tenko-Mori, CODA21. All Rights Reserved.



borocsoborocso  at 20:20 この記事をクリップ! 

『リンカーン』キャストフィルモ@映画の森てんこ森

『リンカーン』キャストフィルモ@映画の森てんこ森
 映画の森てんこ森■映画『リンカーン』
『リンカーン』キャストフィルモ
LINCOLN
| 「映画の森てんこ森」表紙 | 新作映画Top | タイトル一覧 | 本ページ更新 |
■『リンカーン』キャストフィルモ
 以下の映画『リンカーン』のキャスト(cast)のフィルモグラフィーは、<『 リンカーン 』キャストフィルモ>として主なキャストを番号整理しています。
 ※ネタバレご注意:以下の『 リンカーン (2012) LINCOLN 』(画面切替)のスタッフのフィルモグラフィーにはネタバレが含まれている場合があります。映画『リンカーン』(画面切替)をまだご覧になっていない方はご注意ください。

●『リンカーン』キャストフィルモ#01★ダニエル・デイ=ルイス Daniel Day-Lewis
 本映画『 リンカーン (2012) LINCOLN 』で、主人公エイブラハム・リンカーン役を演じるダニエル・デイ=ルイス Daniel Day-Lewis は、1957/04/29生まれ、イギリスのロンドン出身。ダニエル・デイ=ルイスのフィルモグラフィーを見ると、
 【フィルモグラフィー】
リンカーン (2012) LINCOLN 』 エイブラハム・リンカーン
『 NINE (2009) 』 グイド・コンティーニ
『 ゼア・ウィル・ビー・ブラッド (2007) 』 ダニエル・プレインヴュー
ギャング・オブ・ニューヨーク (2001) GANGS OF NEW YORK 』 ビル・ザ・ブッチャー
『 ボクサー (1997) 』 ダニー・フリン
『 クルーシブル (1996) 』
『 父の祈りを (1993) 』 ジェリー・コンロン
『 エイジ・オブ・イノセンス/汚れなき情事 (1993) 』
『 ラスト・オブ・モヒカン (1992) 』
マイ・レフトフット (1989) 』 クリスティ・ブラウン
『 エバースマイル、ニュージャージー (1989) 』
『 イングリッシュマンinニューヨーク (1988)<未> 』
『 存在の耐えられない軽さ (1988) 』 トマシュ
『 風の中の恋人たち (1987) 』
眺めのいい部屋 (1986) A ROOM WITH A VIEW
『 マイ・ビューティフル・ランドレット (1985) 』
『 バウンティ/愛と反乱の航海 (1984) 』
『 あの頃に帰りたい (1982)<TVM> 』
ガンジー (1982) 』 コーリン
『 日曜日は別れの時 (1971) 』
等の映画・TV作品がある。


●『リンカーン』キャストフィルモ#02★サリー・フィールド Sally Field
 本映画『 リンカーン (2012) LINCOLN 』で、メアリー・トッド・リンカーン役を演じるサリー・フィールド Sally Field は、1946/11/06生まれ、アメリカ/カリフォルニア州パサディナ出身。サリー・フィールドのフィルモグラフィーを見ると、
リンカーン (2012) LINCOLN 』 メアリー・トッド・リンカーン
アメイジング・スパイダーマン (2012) THE AMAZING SPIDER-MAN 』 メイ・パーカー
『 ブラザーズ&シスターズ (ファイナル・シーズン) (2010〜2011)<TV> 』 ノラ・ウォーカー
『 ブラザーズ&シスターズ (シーズン4) (2009〜2010)<TV> 』 ノラ・ウォーカー
『 ブラザーズ&シスターズ (シーズン3) (2008〜2009)<TV> 』 ノラ・ウォーカー
『 リトル・マーメイド III/はじまりの物語 (2008)<OV> 』 マリーナ・デル・レイ
『 ブラザーズ&シスターズ (シーズン2) (2007〜2008)<TV> 』 ノラ・ウォーカー
『 ER XIII 緊急救命室 (第13シーズン) (2006〜2007)<TV> 』 マギー・ワイゼンスキー
『 ブラザーズ&シスターズ (シーズン1) (2006〜2007)<TV> 』 ノラ・ウォーカー
『 ラスト・トゥー・ウィークス (2006)<TVM> 』
キューティ・ブロンド/ハッピーMAX (2003) LEGALLY BLONDE 2: RED, WHITE & BLONDE 』 ヴィクトリア・ラッド下院議員
『 ER IX 緊急救命室 (第9シーズン) (2002〜2003)<TV> 』 マギー・ワイゼンスキー
『 ギリーは首ったけ (2001)<未> 』
『 ER VII 緊急救命室 (第7シーズン) (2000〜2001)<TV> 』 マギー・ワイゼンスキー
ビューティフル (2000) 』 監督
あなたのために (2000)
『 アイリスの秋 (1999)<TVM> 』
『 フロム・ジ・アース [人類、月に立つ] (1998)<TV> 』 監督/出演
『 奇跡の旅2/サンフランシスコの大冒険 (1996)<未> 』 声の出演
『 レイジング・ブレット 復讐の銃弾 (1996)<未> 』
『 クリスマス・ツリー (1996)<TVM> 』 監督
『 ハリウッド100年史/ヒロインの系譜 (1996)<TVM> 』
『 ベス/愛の軌跡 (1995)<TVM> 』 出演/製作総指揮
フォレスト・ガンプ/一期一会 (1994) FORREST GUMP 』 ミセス・ガンプ
ミセス・ダウト (1993) 』 ミランダ・ヒラード
『 奇跡の旅 (1993) 』 声の出演
『 愛の選択 (1991) 』 製作
『 ソープディッシュ (1991) 』
『 星の流れる果て (1990) 』
マグノリアの花たち (1989)
『 パンチライン (1988)<未> 』
『 恋はお手あげ (1987)<未> 』
『 マーフィのロマンス (1985)<未> 』
『 プレイス・イン・ザ・ハート (1984) 』
『 キスミー・グッバイ (1982) 』
『 スクープ・悪意の不在 (1981) 』 ミーガン・カーター
『 トランザム7000VS激突パトカー軍団 (1980) 』
『 ノーマ・レイ (1979) 』
『 ポセイドン・アドベンチャー2 (1979) 』 セレステ・ホイットマン
『 ジ・エンド (1978)<未> 』
『 グレートスタントマン (1978) 』
『 幸福の旅路 (1977) 』
『 トランザム7000 (1977) 』 キャリー
『 ステイ・ハングリー (1976)<未> 』
『 四人姉妹連続殺人/惨劇は浴室から始まった (1972)<TVM> 』 クリスティーン・モーガン
『 西部二人組 (1971〜1973)<TV> 』
『 結婚一年生 (1971)<TVM> 』
『 いたずら天使 (1967〜1970)<TV> 』
『 大西部への道 (1967) 』
『 ギジェットは15才 (1965〜1966)<TV> 』
等の映画・TV作品がある。


●『リンカーン』キャストフィルモ#03★デヴィッド・ストラザーン David Strathairn
 本映画『 リンカーン (2012) LINCOLN 』で、国務長官ウィリアム・スワードを演じるデヴィッド・ストラザーン David Strathairn は、1949/01/26生まれ、アメリカ合衆国カリフォルニア州サンフランシスコ出身。1980年に映画デビューして、1990年代になってから映画での露出度が増して名前が知られるようになる。2005年のジョージ・クルーニーの『 グッドナイト&グッドラック (2005) GOOD NIGHT, AND GOOD LUCK 』でエドワード・マロー役を演じて各映画賞で絶賛され、ヴェネチア国際映画祭では男優賞を受賞、アカデミー賞主演男優賞にもノミネートされた実力派俳優である。デヴィッド・ストラザーンのフィルモグラフィーを見ると、
【フィルモグラフィー】
リンカーン (2012) LINCOLN 』 国務長官ウィリアム・スワード
ボーン・レガシー (2012) THE BOURNE LEGACY 』 CIA対テロ極秘調査局長ノア・ヴォーゼン
『 ALPHAS/アルファズ (2011〜)<TV> 』 リー・ローゼン
『 トゥルース 闇の告発 (2010)<未> 』
『 テンプル・グランディン 〜自閉症とともに (2010)<TVM> 』
テンペスト (2010) THE TEMPEST 』 アロンゾー
『 Dr.HOUSE ―ドクター・ハウス― (シーズン6) (2009〜2010)<TV> 』
『 ゲスト (2009)<未> 』 スティーヴン
『 名探偵モンク6 (2008〜2009)<TV> 』
『 スパイダーウィックの謎 (2008) 』 アーサー・スパイダーウィック
マイ・ブルーベリー・ナイツ (2007) MY BLUEBERRY NIGHTS 』 アーニー
ボーン・アルティメイタム (2007) THE BOURNE ULTIMATUM 』 ノア・ヴォーゼン
『 マシュー・マコノヒー マーシャルの奇跡 (2006)<未> 』
『 アメリカの森 レニーとの約束 (2005)<未> 』
『 ベティ・ペイジ (2005) 』 エステス・キーフォーバー
グッドナイト&グッドラック (2005) GOOD NIGHT, AND GOOD LUCK 』 エド・マロー
『 ザ・ソプラノズ/哀愁のマフィア (第5シーズン) (2004)<TV> 』
ツイステッド (2004) TWISTED 』 フランク
『 史上最大のスパイ事件 (2002)<TVM> 』
『 レイス・オブ・ヘブン -天のろくろ- (2002)<TVM> 』
『 奇跡の人 ヘレン・ケラー物語 (2000)<TVM> 』
『 最果ての地 (1999)<未> 』
『 マップ・オブ・ザ・ワールド (1999) 』 ハワード・グッドウィン
真夏の夜の夢 (1999) WILLIAM SHAKESPEARE'S A MIDSUMMER NIGHT'S DREAM 』 シーシアス公爵
『 ウィズ・フレンズ (1998)<未> 』 アーマンド
ショコラーデ (1998) MESCHUGGE (原題) / THE GIRAFFE (英題) 』 チャールズ・カミンスキー
『 サイモン・バーチ (1998) 』
『 フォーエヴァー・ライフ/旅立ちの朝 (1997)<TVM> 』
『 L.A.コンフィデンシャル (1997) 』 ピアース・モアハウス・パチェット
『 代理人 (1995)<未> 』 チャールズ
『 黙秘 (1995) 』
『 激流 (1994) 』 トム・ハートマン
『 ニール・サイモンの ヨンカーズ物語 (1993)<未> 』
『 アメリカの時計 (1993)<TVM> 』
『 欲望 (1993) 』 ゲッソー
ザ・ファーム/法律事務所 (1993)
『 開拓/オー!パイオニア (1992)<TVM> 』
『 パッション・フィッシュ (1992) 』
『 ボブ★ロバーツ/陰謀が生んだ英雄 (1992) 』
『 スニーカーズ (1992) 』 ホイッスラー
『 プリティ・リーグ (1992) 』
『 サン・オブ・ザ・モーニング・スター/悲劇の将軍カスター (1991)<TVM> 』
『 希望の街 (1991) 』
『 マイ・スイート・ファミリー (1991) 』
メンフィス・ベル (1990)
『 デイワン/最終兵器の覚醒(めざめ) (1989)<TVM> 』
『 イングリッシュマンinニューヨーク (1988)<未> 』
『 エイトメン・アウト (1988)<未> 』
『 ニッキーとジーノ (1988)<未> 』
『 真夜中にコール・ミー (1987) 』
『 メイトワン-1920 (1987) 』
『 特捜刑事マイアミ・バイス (シーズン2) (1985〜1986)<TV> 』
『 ロンリー・ブラッド (1985) 』
『 ブラザー・フロム・アナザー・プラネット (1984) 』
『 アイスマン (1984) 』
『 ブーイング・アドベンチャー/ギャグ噴射家族 (1983)<未> 』
『 シルクウッド (1983) 』
『 セコーカス・セブン (1980) 』 
等の映画・TV作品がある。


●『リンカーン』キャストフィルモ#04★ジョセフ・ゴードン=レヴィット Joseph Gordon-Levitt
 本映画『 リンカーン (2012) LINCOLN 』で、ロバート・リンカーンを演じるジョセフ・ゴードン=レヴィット Joseph Gordon-Levitt は、 1981/02/17生まれ、アメリカのカリフォルニア州ロサンゼルス出身。父はラジオ局のニュース担当ディレクター、祖父は映画監督マイケル・ゴードンという芸能一家に育ち、幼いころから子役として活躍する。『 リバー・ランズ・スルー・イット (1992) 』で“10歳以下の最優秀俳優賞”のヤング・アーティスト賞を受賞するなど、当初からその演技力への評価は高い。NBC製作のシットコム“3rd Rock From The Sun”(96〜01)や、ヒース・レジャー、ジュリア・スタイルズと共演した学園コメディ『恋のからさわぎ』(99)などで人気を獲得するも、学業に専念するために俳優業を一時休止。復帰後は、サンダンス映画祭で審査員特別賞を受賞した『BRICK ブリック』(05)、『セントアンナの奇跡』(08)、『G.I.ジョー』(09)、ゴールデングローブ賞 主演男優賞にノミネートされた『(500)日のサマー』(09)、『 インセプション (2010) INCEPTION 』など立て続けに話題作に出演する。監督/脚本/プロデュース/音楽を兼任した短編映画“Sparks”(09)や、自身が主宰するコラボレーションアートのオンライン共同制作会社“HitRECord”など、ハリウッド俳優の枠を超えた多彩な活動も注目を集めている。待機中の作品に、『 ダークナイト ライジング (2012) THE DARK KNIGHT RISES 』、『 リンカーン (2012) LINCOLN 』、『 LOOPER/ルーパー (2012) LOOPER 』、“Premium Rush”(12)などがある。ジョセフ・ゴードン=レヴィットのフィルモグラフィーを見ると、
リンカーン (2012) LINCOLN 』 ロバート・リンカーン
LOOPER/ルーパー (2012) LOOPER 』 ジョー・シモンズ
ダークナイト ライジング (2012) THE DARK KNIGHT RISES 』 ジョン・ブレイク
50/50 フィフティ・フィフティ (2011) 50/50 』 アダム・ラーナー
『 メタルヘッド (2010) 』 ヘッシャー
インセプション (2010) INCEPTION 』 アーサー
『 (500)日のサマー (2009) 』 トム・ハンセン
『 G.I.ジョー (2009) 』 コブラコマンダー
『 ストップ・ロス/戦火の逃亡者 (2008)<未> 』
『 キルショット (2008)<未> 』
『 セントアンナの奇跡 (2008) 』 ティム・ボイル
『 ルックアウト/見張り (2007)<未> 』 クリス・プラット
『 アン・ハサウェイ/裸の天使 (2005)<未> 』
『 NUMB3RS ナンバーズ 〜天才数学者の事件ファイル (シーズン1) (2005)<TV> 』
『 サイレンサー (2005) 』 ドン医師
『 BRICK ブリック (2005) 』 ブレンダン
トレジャー・プラネット (2002) TREASURE PLANET 』 ジム・ホーキンスの声
『 ヴァージン・ハンド (2000) 』
『 恋のからさわぎ (1999)<未> 』
『 ザット ’70s ショー (シーズン1) (1998〜1999)<TV> 』
『 ハロウィンH20 (1998) 』
『 陪審員 (1996) 』
『 ホーリー・ウェディング (1994) 』
『 エンジェルス (1994) 』
『 ロードランナー (1993)<未> 』 リッチ
リバー・ランズ・スルー・イット (1992) 』 若き日のノーマン
『 タイムマシーンにお願い (シーズン4) (1991〜1992)<TV> 』
『 ハニー!アイム・デッド (1991)<TVM> 』
『 ファミリー・タイズ (1982〜1989)<TV> 』
等の映画・TV作品がある。


●『リンカーン』キャストフィルモ#05★ジェームズ・スペイダー James Spader
 本映画『 リンカーン (2012) LINCOLN 』で、ウィリアム・N・ビルボ役を演じるジェームズ・スペイダー James Spader は、1960/02/07生まれ、アメリカ合衆国マサチューセッツ州ボストン出身。ジェームズ・スペイダーのフィルモグラフィーを見ると、
 【フィルモグラフィー】
リンカーン (2012) LINCOLN 』 ウィリアム・N・ビルボ
『 ショーツ 魔法の石大作戦 (2009)<未> 』
『 ボストン・リーガル (シーズン5) (2008)<TV> 』 アラン・ショア
『 ボストン・リーガル (シーズン4) (2007〜2008)<TV> 』 アラン・ショア
『 ボストン・リーガル (シーズン3) (2006〜2007)<TV> 』 アラン・ショア
『 ボストン・リーガル (シーズン2) (2005〜2006)<TV> 』 アラン・ショア
『 ボストン・リーガル (シーズン1) (2004〜2005)<TV> 』 アラン・ショア
『 ザ・プラクティス/ボストン弁護士ファイル (シーズン8) (2003〜2004)<TV> 』 アラン・ショア
『 アライバル ファイナル・コンタクト (2003)<未> 』
『 ペンタゴン文書/合衆国の陰謀 (2003)<TVM> 』
『 セクレタリー (2002) 』 エドワード・グレイ
『 スピーキング・オブ・セックス (2001)<未> 』
『 SLOW BURN 伝説のダイヤモンド (2000)<未> 』
ザ・ウォッチャー (2000) 』 ジョエル
スーパーノヴァ (2000) 』 ニック
『 ニューヨークの亡霊 (1999)<未> 』
『 ドリフトウッド/硝子の檻 (1997) 』
『 ブラック・メール/脅迫 (1996)<未> 』
『 2 days トゥー・デイズ (1996) 』
『 クラッシュ (1996) 』
スターゲイト (1994)
『 ウルフ (1994) 』
『 ミュージック・オブ・チャンス (1993)<未> 』
『 水曜日に抱かれる女 (1993) 』
『 ボブ★ロバーツ/陰謀が生んだ英雄 (1992) 』
ストーリービル/秘められた街 (1992)
『 トゥルー・カラーズ (1991)<未> 』 ティム
ぼくの美しい人だから (1990)
『 バッド・インフルエンス/悪影響 (1990) 』
『 レイチェル・ペーパー (1989) 』
セックスと嘘とビデオテープ (1989) 』 グラハム
『 殺しのナイフ/ジャック・ザ・リッパー (1987) 』
『 レス・ザン・ゼロ (1987) 』 リップ
『 ウォール街 (1987) 』 ロジャー・バーンズ
『 赤ちゃんはトップレディがお好き (1987) 』
『 マネキン (1987) 』
『 プリティ・イン・ピンク/恋人たちの街角 (1986) 』 ステッフ
『 スタークロス (1985)<未> 』
『 ハイスクール・ファイター (1985)<未> 』
『 放課後 (1984) 』
『 コカイン/戦慄の罠 (1983)<TVM> 』
『 ジェームズ・スペイダーの 明日に向って走れ (1983)<TVM> 』
『 エンドレス・ラブ (1981) 』
等の映画・TV作品がある。


●『リンカーン』キャストフィルモ#06★ハル・ホルブルック Hal Holbrook
 本映画『 リンカーン (2012) LINCOLN 』で、共和党の保守派フランシス・プレストン・ブレア役を演じるハル・ホルブルック Hal Holbrook は、1925/02/17生まれ、アメリカのオハイオ州クリーヴランド出身。ハル・ホルブルックは大学で演劇を学び、1966年にマーク・トウェイン役で出演した舞台「Mark Twain Tonight」でトニー賞主演男優賞を受賞。同年、シドニー・ルメット監督の『グループ』でスクリーンにも進出した。『 ダーティハリー2 (1973) 』や『大統領の陰謀 (1976)』『 ザ・ファーム/法律事務所 (1993) 』など、多くの映画やTVドラマ、舞台で長年にわたって活躍。2007年のショーン・ペン監督作『イントゥ・ザ・ワイルド』ではアカデミー賞助演男優賞に82歳でノミネートされ、同部門の最年長候補者となった。ハル・ホルブルックのフィルモグラフィーを見ると、
リンカーン (2012) LINCOLN 』 共和党の保守派フランシス・プレストン・ブレア
恋人たちのパレード (2011) WATER FOR ELEPHANTS 』 年老いたジェイコブ・ヤンコフスキー
『 THE EVENT/イベント (2010〜2011)<TV> 』
『 キルショット (2008)<未> 』
『 ER XIV 緊急救命室 (第14シーズン) (2007〜2008)<TV> 』
『 イントゥ・ザ・ワイルド (2007) 』 ロン・フランツ
『 NCIS 〜ネイビー犯罪捜査班 (シーズン4) (2006〜2007)<TV> 』
『 ザ・ソプラノズ/哀愁のマフィア (第6シーズン) (2006〜2007)<TV> 』
シェイド (2003) SHADE
『 ザ・ホワイトハウス4 (2002〜2003)<TV> 』 アルビー・ダンカン国務長官
『 ジ・イノベーター 革新者 (2002)<未> 』
『 ザ・ホワイトハウス3 (2001〜2002)<TV> 』 アルビー・ダンカン国務長官
『 ヘイブン 安住の地を求めて (2001)<TVM> 』
マジェスティック (2001) 』 ドイル議員
『 ウェイキング・デッド (2000)<未> 』
ザ・ダイバー (2000)
『 プロポーズ (1999) 』
『 裏切りのKiSS (1998)<未> 』
『 沈黙のジェラシー (1998) 』
『 ラスティ! (1997)<未> 』
『 オペレーション・デルタフォース (1997)<未> 』
『 第三双生児 (1997)<TVM> 』
『 キャッツ・ドント・ダンス (1996)<未> 』 声の出演
『 密会 (1995)<未> 』
『 ペリー・メイスン外伝/マッケンジーの事件簿 (1995)<TVM> 』
『 ストームチェイサー (1995)<I-MAX> 』 ナレーター
ザ・ファーム/法律事務所 (1993)
『 デイワン/最終兵器の覚醒(めざめ) (1989)<TVM> 』
『 フレッチ登場!/5つの顔を持つ男 (1989)<未> 』
『 私は殺される (1989)<TVM> 』
『 ロマンシング・クイーン(1)(2) (1988)<TVM> 』
『 ファイナル・エクソシスト/悪魔の封印 (1988) 』
『 ウォール街 (1987) 』 ルー・マンハイム
『 浮気なおしゃれミディ (1986〜1993)<TV> 』
『 灰色の疑惑(前・後編) (1986)<TVM> 』
『 OSSダブル特攻指令 (1985)<未> 』
『 ワシントン爆破大作戦 (1985)<TVM> 』
『 南北戦争物語 愛と自由への大地 (1985)<TV> 』
『 セレブリティー (1984)<TVM> 』
『 ラルフ・マッチオ/3つの願い (1984)<未> 』
『 密殺集団 (1983) 』
『 クリープショー (1982) 』
『 大統領の誘拐 (1980)<未> 』
『 ザ・フォッグ (1980) 』
『 誰がウェブスターを殺したか (1979)<TVM> 』
『 ラスト・ガンマン (1979)<未> 』
『 開拓者たち (1978)<TVM> 』
『 新・ウィークエンド (1978)<未> 』
『 謎の完全殺人 (1978)<TVM> 』
『 ジュリア (1977) 』 アラン
『 カプリコン・1 (1977) 』
『 大統領の陰謀 (1976) 』
『 ミッドウェイ (1976) 』
ダーティハリー2 (1973) 』 ブリッグス警部補
『 大捜査 (1972) 』
『 さようならおんぼろアン (1971)<TVM> 』
『 殺しを呼ぶ情事 (1970)<TVM> 』
『 ボクサー (1970) 』
『 狂った青春 (1968)<未> 』
『 グループ (1966) 』
等の映画・TV作品がある。


●『リンカーン』キャストフィルモ#07★トミー・リー・ジョーンズ Tommy Lee Jones
 本映画『 リンカーン (2012) LINCOLN 』で、・・・もっと詳しく⇒


※『LINCOLN』-Wikipedia、『LINCOLN』-IMDb、『リンカーン』EPK、公式サイト引用
| ←前の閲覧ページに戻る |▲TOP | ▲目次 |
映画の森てんこ森代表:幸田幸
coda_sati@hotmail.com
「映画の森てんこ森」へ 「旅行の森てんこ森」へ
映画解説・レヴュータイトル一覧表へ
映画の森てんこ森 バナー03

映画の森てんこ森 coda21幸田幸 クレジット バナー01
幸のイタリア各都市情報へ
旅行の森てんこ森 バナー03
136x70
本サイトの作文、データ及び画像などのコンテンツの無断転用はお控え下さい。
貴サイトへの御掲載についてはメールにてお知らせ頂ければ幸いです。
© 2002-2013 Sachi CODA at Eigano-Mori Tenko-Mori, CODA21. All Rights Reserved.



borocsoborocso  at 20:10 この記事をクリップ! 

トミー・リー・ジョーンズ映画@映画の森てんこ森

『リンカーン』キャストフィルモ@映画の森てんこ森
 映画の森てんこ森■映画『リンカーン』
『リンカーン』キャストフィルモ
LINCOLN
| 「映画の森てんこ森」表紙 | 新作映画Top | タイトル一覧 | 本ページ更新 |
■『リンカーン』キャストフィルモ
 以下の映画『リンカーン』のキャスト(cast)のフィルモグラフィーは、<『 リンカーン 』キャストフィルモ>として主なキャストを番号整理しています。
 ※ネタバレご注意:以下の『 リンカーン (2012) LINCOLN 』(画面切替)のスタッフのフィルモグラフィーにはネタバレが含まれている場合があります。映画『リンカーン』(画面切替)をまだご覧になっていない方はご注意ください。

●『リンカーン』キャストフィルモ#07★トミー・リー・ジョーンズ Tommy Lee Jones
 本映画『 リンカーン (2012) LINCOLN 』で、奴隷解放急進派のタデウス・スティーブンス役を演じるトミー・リー・ジョーンズ Tommy Lee Jones は、1946/09/15生まれ、アメリカはテキサス州出身。トミー・リー・ジョーンズのフィルモグラフィーを見ると、
リンカーン (2012) LINCOLN 』 奴隷解放急進派のタデウス・スティーブンス
メン・イン・ブラック3 (2012) MEN IN BLACK III 』 エージェント K
キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー (2011) CAPTAIN AMERICA: THE FIRST AVENGER 』 チェスター・フィリップス
『 カンパニー・メン (2010) 』 ジーン・マクラリー
『 エレクトリック・ミスト 霧の捜査線 (2009) 』
『 告発のとき (2007) 』 ハンク・ディアフィールド
『 ノーカントリー (2007) 』 エド・トム・ベル保安官
『 今宵、フィッツジェラルド劇場で (2006) 』 アックスマン
『 チアガール VS テキサスコップ (2005) 』 出演/製作総指揮
メルキアデス・エストラーダの3度の埋葬 (2005) THE THREE BURIALS OF MELQUIADES ESTRADA 』 監督/製作/ピート・パーキンズ
ミッシング (2003) THE MISSING 』 サミュエル・ジョーンズ
ハンテッド (2003) THE HUNTED 』 L.T.
メン・イン・ブラック2 (2002) 』 K
スペース カウボーイ (2000) SPACE COWBOYS 』 ホーク・ホーキンズ
英雄の条件 (2000) 』 ヘイズ・ホッジス大佐
ダブル・ジョパディー (1999) DOUBLE JEOPARDY
『 スモール・ソルジャーズ (1998) 』 声の出演
追跡者 (1998) U.S. MARSHALS
メン・イン・ブラック (1997) 』 K
『 ボルケーノ (1997) 』 マイク・ローク
『 タイ・カップ (1995) 』
バットマン フォーエヴァー (1995) 』 トゥーフェイス/ハーヴェイ・デント
『 ワイルド・メン (1994)<TVM> 』 監督/脚本/出演
『 ブルースカイ (1994) 』
『 ナチュラル・ボーン・キラーズ (1994) 』 ドワイト・マクラスキー
依頼人 (1994)
『 ブローン・アウェイ/復讐の序曲 (1994) 』 ギャリティ
『 天と地 (1993) 』 スティーブ・バトラー
ハリソン・フォード 逃亡者 (1993) THE FUGITIVE 』 サミュエル・ジェラード捜査官
『 心の扉 (1992) 』
『 沈黙の戦艦 (1992) 』 ウィリアム・ストラニクス
『 ディレクターズ・カット JFK/特別編集版 (1991) 』 クレー・ショー
『 JFK (1991) 』
『 アパッチ (1990) 』
『 ロンサム・ダブ (1989)<TVM> 』
『 背徳の罠/死者のメッセージ (1989) 』
『 ザ・パッケージ/暴かれた陰謀 (1989) 』 トーマス
『 ストーミー・マンディ (1988) 』
『 ビッグタウン (1987) 』
『 ブラックライダー (1986) 』
『 ニューヨーク・コマンドー/セントラルパーク市街戦 (1985) 』
『 キャプテン・ブーリーの大冒険 (1983) 』
『 死刑執行人 (1982)<TVM> 』
『 歌え!ロレッタ愛のために (1980) 』 ドゥーリトル・リン
『 アイズ (1978) 』
『 ベッツィー (1978) 』
『 ハワード・ヒューズ物語 (1977)<TVM> 』
『 ローリング・サンダー (1977) 』 ジョニー・ヴォーデン
『 激突39台!史上最大の自動車事故/ハイウェイ・パニック (1976)<TVM> 』
『 チャーリーズ・エンジェル/ぶどう園乗っ取り殺人事件 (1976)<TVM> 』
『 ジャクソン・ジェイル (1976) 』
『 ある愛の詩 (1970) 』 ハンク
などの映画・TV作品がある。


※『LINCOLN』-Wikipedia、『LINCOLN』-IMDb、『リンカーン』EPK、公式サイト引用
| ←前の閲覧ページに戻る |▲TOP | ▲目次 |
映画の森てんこ森代表:幸田幸
coda_sati@hotmail.com
「映画の森てんこ森」へ 「旅行の森てんこ森」へ
映画解説・レヴュータイトル一覧表へ
映画の森てんこ森 バナー03

映画の森てんこ森 coda21幸田幸 クレジット バナー01
幸のイタリア各都市情報へ
旅行の森てんこ森 バナー03
136x70
本サイトの作文、データ及び画像などのコンテンツの無断転用はお控え下さい。
貴サイトへの御掲載についてはメールにてお知らせ頂ければ幸いです。
© 2002-2013 Sachi CODA at Eigano-Mori Tenko-Mori, CODA21. All Rights Reserved.



borocsoborocso  at 20:10 この記事をクリップ! 

リンカーンのスタッフ&キャスト@映画の森てんこ森

リンカーンのスタッフ&キャスト@映画の森てんこ森
 映画の森てんこ森■映画スタッフとキャスト
リンカーンのスタッフ&キャスト
LINCOLN
| 「映画の森てんこ森」表紙 | 新作映画Top | タイトル一覧 | 本ページ更新 |
■リンカーンのスタッフとキャスト
以下は、映画『 リンカーン (2012) LINCOLN 』のスタッフとキャストのリストです。
★映画『リンカーン』(画面切替)の詳しい情報はこちらをクリック⇒

【映画『リンカーン』のスタッフ】
監督 Directed by:スティーヴン・スピルバーグ Steven Spielberg
原作 Book:ドリス・カーンズ・グッドウィン Doris Kearns Goodwin 『リンカン』(中央公論新社刊)( "Team of Rivals: The Political Genius of Abraham Lincoln")
脚本 Screenplay by:トニー・クシュナー Tony Kushner
製作 Produced by:キャスリーン・ケネディ Kathleen Kennedy
   スティーヴン・スピルバーグ Steven Spielberg
製作総指揮 Executive Producer:ジョナサン・キング Jonathan King
   ダニエル・ルピ Daniel Lupi
   ジェフ・スコール Jeff Skoll
音楽 Original Music by:ジョン・ウィリアムズ John Williams
撮影 Cinematography by:ヤヌス・カミンスキー Janusz Kaminski
編集 Film Editing by:マイケル・カーン Michael Kahn
プロダクション・デザイン Production Design by:リック・カーター Rick Carter
衣装デザイン Costume Design by:ジョアンナ・ジョンストン Joanna Johnston


【映画『リンカーン』のキャスト】
出演・Cast (in credits order)
   ダニエル・デイ=ルイス Daniel Day-Lewis ... Abraham Lincoln エイブラハム・リンカーン
   サリー・フィールド Sally Field ... Mary Todd Lincoln メアリー・トッド・リンカーン
   デヴィッド・ストラザーン David Strathairn ... William Seward 国務長官ウィリアム・スワード
   ジョゼフ・ゴードン=レヴィット Joseph Gordon-Levitt ... Robert Lincoln ロバート・リンカーン
   ジェームズ・スペイダー James Spader ... W.N. Bilbo ウィリアム・N・ビルボ
   ハル・ホルブルック Hal Holbrook ... Francis Preston Blair 共和党の保守派フランシス・プレストン・ブレア
   トミー・リー・ジョーンズ Tommy Lee Jones ... Thaddeus Stevens 奴隷解放急進派のタデウス・スティーブンス
   ジョン・ホークス John Hawkes ... Robert Latham ロバート・レザム
   ジャッキー・アール・ヘイリー Jackie Earle Haley ... Alexander Stephens アレクサンダー・スティーヴンズ
   ブルース・マッギル Bruce McGill ... Edwin Stanton エドウィン・スタントン
   ティム・ブレイク・ネルソン Tim Blake Nelson ... Richard Schell リチャード・シェル
   ジョセフ・クロス Joseph Cross ... John Hay ジョン・ヘイ
   ジャレッド・ハリス Jared Harris ... Ulysses S. Grant ユリシーズ・S・グラント
   リー・ペイス Lee Pace ... Fernando Wood フェルナンド・ウッド
   ピーター・マクロビー Peter McRobbie ... George Pendleton ジョージ・ペンドルトン
   ガリヴァー・マグラス Gulliver McGrath ... Tad Lincoln タッド・リンカーン
   グロリア・ルーベン Gloria Reuben ... Elizabeth Keckley エリザベス・ケックリー
   ジェレミー・ストロング Jeremy Strong ... John Nicolay ジョン・ニコレイ
   マイケル・スタールバーグ Michael Stuhlbarg ... George Yeaman ジョージ・イェーマン
   ボリス・マクギヴァー Boris McGiver ... Alexander Coffroth アレクサンダー・コフロス
   デヴィッド・コスタビル David Costabile ... James Ashley ジェームズ・アシュリー
   スティーヴン・スピネラ Stephen Spinella ... Asa Vintner Litton エイサ・ヴィントナー・リットン
   ウォルトン・ゴギンズ Walton Goggins ... Clay Hawkins クレイ・ホーキンス
   デヴィッド・ウォーショフスキー David Warshofsky ... William Hutton ウィリアム・ハットン
   コールマン・ドミンゴ Colman Domingo ... Private Harold Green ハロルド・グリーン兵卒
   デヴィッド・オイェロウォ David Oyelowo ... Corporal Ira Clark アイラ・クラーク伍長
   ルーカス・ハース Lukas Haas ... First White Soldier 第一の白人兵士
   デイン・デハーン Dane DeHaan ... Second White Soldier 第二の白人兵士(as Dane Dehaan)
   カルロス・トンプソン Carlos Thompson ... Navy Yard - Shouting Soldier 海軍工廠の叫んでいる兵士
   ビル・キャンプ Bill Camp ... Mr. Jolly ジョリー氏
   エリザベス・マーヴェル Elizabeth Marvel ... Mrs. Jolly ジョリー夫人
   バイロン・ジェニングス Byron Jennings ... Montgomery Blair モンゴメリー・ブレア
   ジュリー・ホワイト Julie White ... Elizabeth Blair Lee エリザベス・ブレア・リー
   シャーメイン・ホワイト Charmaine White ... Minerva - Blair's Servant ブレアの召使ミネルバ(as Charmaine Crowell-White)
   ラルフ・D・エドロウ Ralph D. Edlow ... Leo - Blair's Servant ブレアの召使レオ
   グレインジャー・ハインズ Grainger Hines ... Gideon Welles ギデオン・ウェルズ
   リチャード・トポル Richard Topol ... James Speed ジェームズ・スピード
   ウォルト・スミス Walt Smith ... William Fessenden ウィリアム・フェッセンデン
   デイキン・マシューズ Dakin Matthews ... John Usher ジョン・アッシャー
   ジェームズ・“アイク”・アイクリング James 'Ike' Eichling ... William Dennison ウィリアム・デニソン(as James Ike Eichling)
   ウェイン・デュヴァル Wayne Duvall ... Senator Bluff Wade ブラフ・ウェイド上院議員
   ビル・レイモンド Bill Raymond ... Schuyler Colfax スカイラー・コルファクス
   マイケル・スタントン・ケネディ Michael Stanton Kennedy ... Hiram Price ヒラン・プライス
   フォード・フラナガン Ford Flannagan ... White House Doorkeeper - Tom Pendel ホワイトハウスの門衛トム・ペンデル
   ロバート・エアーズ Robert Ayers ... White House Petitioner ホワイトハウスの陳情者(as Bob Ayers)
   ロバート・ピータース Robert Peters ... Jacob Graylor ジェイコブ・グレイラー
   ジョン・ムーン John Moon ... Edwin LeClerk エドウィン・ルクラーク
   ケヴィン・ローレンス・オドネル Kevin Lawrence O'Donnell ... Charles Hanson チャールズ・ハンソン
   ジェイミー・ホートン Jamie Horton ... Giles Stuart ジャイルズ・スチュアート
   ジョー・デリンジャー Joe Dellinger ... Nelson Merrick ネルソン・メリック(as Joseph Dellinger)
   リチャード・ワーナー Richard Warner ... Homer Benson ホーマー・ベンソン
   イライジャ・チェスター Elijah Chester ... Union Army Officer 北軍将校
   デイヴ・ヘイガー Dave Hager ... Captain Nathan Saunders - River Queen ネイサン・ソーンダース大尉
   ショーン・ハガティ Sean Haggerty ... Officer in Peace Commissioners Exchange
   マイク・シフレット Mike Shiflett ... Senator R.M.T. Hunter R・M・T・ハンター上院議員(as Michael Shiflett)
   グレゴリー・イッツェン Gregory Itzin ... Judge John A. Campbell ジョン・A・キャンベル判事
   スティーヴン・ダン Stephen Dunn ... Petersburg Siege Lines - Confederate Officer ピーターズバーグ包囲線の南軍将校
   スティーヴン・ヘンダーソン Stephen Henderson ... William Slade ウィリアム・スレイド(as Stephen McKinley Henderson)
   チェイス・エドモンズ Chase Edmunds ... Willie Lincoln ウィリー・リンカーン
   ジョン・ハットン John Hutton ... Senator Charles Sumner チャールズ・サムナー上院議員
   ロバート・ラフィン Robert Ruffin ... Major Thompson Eckert トンプソン・エッカート少佐
   ドリュー・シース Drew Sease ... David Homer Bates デヴィッド・ホーマー・ベイツ
   ジョン・レスコー John Lescault ... Gustavus Fox グスタフ・フォックス
   スコット・ウィッチマン Scott Wichmann ... Charles Benjamin チャールズ・ベンジャミン
   アダム・ドライヴァー Adam Driver ... Samuel Beckwith サミュエル・ベックウィス
   アサ=ルーク・トゥクロウ Asa-Luke Twocrow ... Ely Parker イーライ・パーカー
   ギャノン・マクヘイル Gannon McHale ... Aaron Haddam アーロン・ハッダム
   ケン・ランバート Ken Lambert ... Augustus Benjamin アウグストゥス・ベンジャミン
   トーマス・K・ベルグレイ Thomas K. Belgrey ... Arthur Bentleigh アーサー・ベントリー(as Tom Belgrey)
   テッド・ジョンソン Ted Johnson ... John Ellis ジョン・エリス
   ドン・ヘンダーソン・ベイカー Don Henderson Baker ... Walter Appleton ウォルター・アップルトン
   レイノア・シャイナ Raynor Scheine ... Josiah S. 'Beanpole' Burton ジョサイア・S・“のっぽ”・バートン
   アーミステッド・ウェルフォード Armistead Wellford ... Nehemiah Cleary ニアマイア・クリアリー(as Armistead Nelson Wellford)
   マイケル・ラフ Michael Ruff ... Harold Hollister ハロルド・ホリスター
   クリストファー・アラン・スチュワート Christopher Alan Stewart ... Sergeant - Grant's HQ グラントの司令本部の軍曹
   テディ・エック Teddy Eck ... Corporal - Grant's HQ グラントの司令本部の伍長
   トッド・フレッチャー Todd Fletcher ... Walter H. Washburn ウォルター・H・ウォッシュバーン
   チャールズ・キニー Charles Kinney ... Myer Strauss マイヤー・シュトラウス
   ジョセフ・カールソン Joseph Carlson ... Joseph Marstern ジョセフ・マースターン
   マイケル・グッドウィン Michael Goodwin ... Chilton A. Elliot チルトン・A・エリオット
   エドワード・マクドナルド Edward McDonald ... Daniel G. Stuart ダニエル・G・スチュアート
   ジム・ バッチェルダー Jim Batchelder ... Howard Guillefoyle ハワー・ドギルフォイル(as James Batchelder)
   グレゴリー・ホサフルック Gregory Hosaflook ... John F. McKenzie ジョン・F・マッケンジー
   ジョー・カークス Joe Kerkes ... Andrew E. Finck アンドリュー・E・フィンク
   ウィリアム・カッフェンバーガー William Kaffenberger ... John A. Casson ジョン・A・キャソン
   ラリー・ヴァン・フース Larry Van Hoose ... Avon Hanready エイボン・ハンレディ
   C・ブランドン・マーシャル C. Brandon Marshall ... Rufus Warren ルーファス・ウォーレン
   S・エパサ・マーカーソン S. Epatha Merkerson ... Lydia Smith リディア・スミス
   クリストファー・ボイヤー Christopher Boyer ... General Robert E. Lee ロバート・E・リー将軍
   クリストファー・カートミル Christopher Cartmill ... Leonard Grover レナード・グローバー
   ロバート・シェパード Robert Shepherd ... Dr. Joseph K. Barnes ジョセフ・K・バーンズ医師


※スタッフ・キャスト及び登場人物の呼称が正確でない場合がありますのでご了承ください。
※参考資料:『LINCOLN 』-IMDb、映画『リンカーン』-Wikipedia、『LINCOLN』-Wikipedia英語版、『リンカーン』EPK、公式サイト
| ←前の閲覧ページに戻る |▲TOP | ▲目次 |
映画の森てんこ森代表:幸田幸
coda_sati@hotmail.com
「映画の森てんこ森」へ 「旅行の森てんこ森」へ
映画解説・レヴュータイトル一覧表へ
映画の森てんこ森 バナー03

映画の森てんこ森 coda21幸田幸 クレジット バナー01
幸のイタリア各都市情報へ
旅行の森てんこ森 バナー03
136x70
本サイトの作文、データ及び画像などのコンテンツの無断転用はお控え下さい。
貴サイトへの御掲載についてはメールにてお知らせ頂ければ幸いです。
© 2002-2013 Sachi CODA at Eigano-Mori Tenko-Mori, CODA21. All Rights Reserved.



borocsoborocso  at 20:05 この記事をクリップ! 

ジョン・ウィリアムズ映画@映画の森てんこ森

『リンカーン』スタッフフィルモ@映画の森てんこ森
 映画の森てんこ森■映画『リンカーン』
『リンカーン』スタッフフィルモ
LINCOLN
| 「映画の森てんこ森」表紙 | 新作映画Top | タイトル一覧 | 本ページ更新 |
■『リンカーン』スタッフフィルモ
 以下の映画『リンカーン』のスタッフ(crew)のフィルモグラフィーは、<『 リンカーン 』スタッフフィルモ>として番号整理しています。
 ※ネタバレご注意:以下の『 リンカーン (2012) LINCOLN 』(画面切替)のスタッフのフィルモグラフィーにはネタバレが含まれている場合があります。映画『リンカーン (2012) LINCOLN』(画面切替)をまだご覧になっていない方はご注意ください。

●『リンカーン』スタッフフィルモ#08◆ジョン・ウィリアムズ John Williams
 本映画『 リンカーン (2012) LINCOLN 』で、音楽を担当しているジョン・ウィリアムズ John Williams 又は、ジョニー・ウィリアムズ Johnny Williams は、1932/02/08生まれ、アメリカのニューヨーク州ロングアイランド出身。ジョン・ウィリアムズ(ジョニー・ウィリアムズ)のフィルモグラフィーを見ると、
 【フィルモグラフィー】
リンカーン (2012) LINCOLN 』 音楽
戦火の馬 (2011) WAR HORSE 』 音楽
タンタンの冒険/ユニコーン号の秘密 (2011) THE ADVENTURES OF TINTIN: THE SECRET OF THE UNICORN 』
『 スター・ウォーズ/クローン・ウォーズ (2008) 』 テーマ音楽
『 インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国 (2008) 』
『 ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団 (2007) 』 メインテーマ音楽
スーパーマン リターンズ (2006) SUPERMAN RETURNS 』 テーマ音楽
ミュンヘン (2005) MUNICH
SAYURI (2005) MEMOIRS OF A GEISHA
スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐 (2005) STAR WARS: EPISODE III - REVENGE OF THE SITH 』 音楽
宇宙戦争 (2005) WAR OF THE WORLDS
ターミナル (2004) THE TERMINAL
ハリー・ポッターとアズカバンの囚人 (2004) HARRY POTTER AND THE PRISONER OF AZKABAN
デッドロック (2002) UNDISPUTED 』 アル
キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン (2002) CATCH ME IF YOU CAN
マイノリティ・リポート (2002) MINORITY REPORT
ハリー・ポッターと秘密の部屋 (2002) HARRY POTTER AND THE CHAMBER OF SECRETS
スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃 (2002)
E.T. 20周年アニバーサリー特別版 (2002)
ハリー・ポッターと賢者の石 (2001) HARRY POTTER AND THE SORCERER'S STONE / HARRY POTTER AND THE PHILOSOPHER'S STONE
ジュラシック・パーク III (2001) 』 テーマ音楽
A.I. (2001)
パトリオット (2000) THE PATRIOT
アンジェラの灰 (1999) ANGELA'S ASHES
『 スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス (1999) 』
『 奇跡の歌 (1998) 』 出演 プーチ
『 グッドナイト・ムーン (1998) 』
『 プライベート・ライアン (1998) 』
『 アミスタッド (1997) 』
セブン・イヤーズ・イン・チベット (1997) SEVEN YEARS IN TIBET
『 スター・ウォーズ/帝国の逆襲 特別篇 (1997) 』
『 スター・ウォーズ/ジェダイの復讐 特別篇 (1997) 』
ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク (1997) THE LOST WORLD: JURASSIC PARK
『 スター・ウォーズ 特別篇 (1997) 』
『 ローズウッド (1996)<未> 』
『 スリーパーズ (1996) 』
『 ニクソン (1995) 』
『 サブリナ (1995) 』
シンドラーのリスト (1993)
ジュラシック・パーク (1993)
『 ホーム・アローン2 (1992) 』
『 遥かなる大地へ (1992) 』
フック (1991)
『 JFK (1991) 』
推定無罪 (1990)
『 ホーム・アローン (1990) 』
『 アイリスへの手紙 (1989) 』
オールウェイズ (1989)
『 7月4日に生まれて (1989) 』
インディ・ジョーンズ/最後の聖戦 (1989) 』
『 偶然の旅行者 (1988) 』
太陽の帝国 (1987) 』
スーパーマン4/最強の敵 (1987)
『 イーストウィックの魔女たち (1987) 』
『 世にも不思議なアメージング・ストーリー (1986) 』
『 スペースキャンプ (1986) 』
『 ザ・リバー (1984) 』
インディ・ジョーンズ/魔宮の伝説 (1984) 』
ジョーズ3 (1983) 』 テーマ音楽
『 スター・ウォーズ/ジェダイの復讐 (1983) 』
『 バチカンの嵐 (1982) 』
『 E.T. (1982) 』
『 ハートビープス/恋するロボットたち (1981)<未> 』
レイダース/失われたアーク《聖櫃》 (1981)
『 未知との遭遇 特別編 (1980) 』
『 スター・ウォーズ/帝国の逆襲 (1980) 』
『 1941(いちきゅうよんいち) (1979) 』
『 ドラキュラ (1979) 』
スーパーマン (1978)
JAWS/ジョーズ2 (1978)
『 フューリー (1978) 』
『 ブラック・サンデー (1977)<未> 』
『 スター・ウォーズ (1977) 』
未知との遭遇 (1977) 』
『 ヒッチコックの ファミリー・プロット (1976) 』
『 ミズーリ・ブレイク (1976) 』
『 ミッドウェイ (1976) 』
JAWS/ジョーズ (1975) 』
『 アイガー・サンクション (1975) 』
『 タワーリング・インフェルノ (1974) 』
『 コンラック先生 (1974) 』
『 大地震 (1974) 』
『 続・激突!/カージャック (1974) 』
『 シンデレラ・リバティー/かぎりなき愛 (1973) 』
『 ペーパーチェイス (1973) 』
『 キャット・ダンシング (1973) 』
『 ロング・グッドバイ (1973) 』
『 トム・ソーヤーの冒険 (1973) 』
『 埋められた女 (1972)<TVM> 』
『 ロバート・アルトマンのイメージズ (1972)<未> 』
『 おかしな結婚 (1972) 』
ポセイドン・アドベンチャー (1972)
『 11人のカウボーイ (1971) 』
『 屋根の上のバイオリン弾き (1971) 』
『 哀愁のストックホルム (1970) 』
ジェーン・エア (1970)
『 華麗なる週末 (1969) 』
『 チップス先生さようなら (1969) 』
『 屋根の上の赤ちゃん (1969) 』
『 裏切り鬼軍曹 (1968) 』
『 哀愁の花びら (1967) 』
『 ニューヨーク泥棒結社 (1967) 』
『 シャイアン砦 (1966) 』
『 プレイラブ48章 (1966) 』
『 美人泥棒 (1966) 』
『 おれの女に手を出すな (1966) 』
おしゃれ泥棒 (1966)
『 宇宙家族ロビンソン (1965〜1968)<TV> 』
『 スタンピード (1965) 』
『 勇者のみ (1964) 』
『 殺人者たち (1964) 』
『 ダイアモンド・ヘッド (1962) 』
『 独身(バチェラー)アパート (1961) 』
『 秘密諜報機関 (1961) 』 
等の映画・TV作品がある。


※『LINCOLN』-Wikipedia、『LINCOLN』-IMDb、『リンカーン』EPK、公式サイト引用
| ←前の閲覧ページに戻る |▲TOP | ▲目次 |
映画の森てんこ森代表:幸田幸
coda_sati@hotmail.com
「映画の森てんこ森」へ 「旅行の森てんこ森」へ
映画解説・レヴュータイトル一覧表へ
映画の森てんこ森 バナー03

映画の森てんこ森 coda21幸田幸 クレジット バナー01
幸のイタリア各都市情報へ
旅行の森てんこ森 バナー03
136x70
本サイトの作文、データ及び画像などのコンテンツの無断転用はお控え下さい。
貴サイトへの御掲載についてはメールにてお知らせ頂ければ幸いです。
© 2002-2013 Sachi CODA at Eigano-Mori Tenko-Mori, CODA21. All Rights Reserved.



borocsoborocso  at 20:00 この記事をクリップ! 

スティーヴン・スピルバーグ映画@映画の森てんこ森

『リンカーン』スタッフフィルモ@映画の森てんこ森
 映画の森てんこ森■映画『リンカーン』
『リンカーン』スタッフフィルモ
LINCOLN
| 「映画の森てんこ森」表紙 | 新作映画Top | タイトル一覧 | 本ページ更新 |
■『リンカーン』スタッフフィルモ
 以下の映画『リンカーン』のスタッフ(crew)のフィルモグラフィーは、<『 リンカーン 』スタッフフィルモ>として番号整理しています。
 ※ネタバレご注意:以下の『 リンカーン (2012) LINCOLN 』(画面切替)のスタッフのフィルモグラフィーにはネタバレが含まれている場合があります。映画『リンカーン (2012) LINCOLN』(画面切替)をまだご覧になっていない方はご注意ください。

●『リンカーン』スタッフフィルモ#01◆スティーヴン・スピルバーグ Steven Spielberg
 本映画『 リンカーン (2012) LINCOLN 』の監督は、スティーヴン・スピルバーグ Steven Spielberg 。製作も担当している。1947/12/18生まれ、アメリカのオハイオ州シンシナティ出身。スティーヴン・スピルバーグのフィルモグラフィーを見ると、
【フィルモグラフィー】
リンカーン (2012) LINCOLN 』 監督/製作
メン・イン・ブラック3 (2012) MEN IN BLACK III 』 製作総指揮
『 フォーリング スカイズ (2011〜)<TV> 』 製作総指揮
『 Terra Nova 〜未来創世記 (2011〜)<TV> 』 製作総指揮
戦火の馬 (2011) WAR HORSE 』 監督/製作
リアル・スティール (2011) REAL STEEL 』 製作総指揮
タンタンの冒険/ユニコーン号の秘密 (2011) THE ADVENTURES OF TINTIN: THE SECRET OF THE UNICORN 』 監督/製作
カウボーイ&エイリアン (2011) COWBOYS & ALIENS 』 製作総指揮
トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン (2011) TRANSFORMERS: DARK OF THE MOON 』 製作総指揮
SUPER 8/スーパーエイト (2011) SUPER 8 』 製作
トゥルー・グリット (2010) TRUE GRIT 』 製作総指揮
ヒア アフター (2010) HEREAFTER 』 製作総指揮
トランスフォーマー/リベンジ (2009) TRANSFORMERS: REVENGE OF THE FALLEN 』 製作総指揮
『イーグル・アイ (2008) 』 製作総指揮
トランスフォーマー (2007) TRANSFORMERS 』 製作総指揮
父親たちの星条旗 (2006) FLAGS OF OUR FATHERS 』 製作
ミュンヘン (2005) MUNICH 』 監督/製作
レジェンド・オブ・ゾロ (2005) THE LEGEND OF ZORRO 』 製作総指揮
SAYURI (2005) MEMOIRS OF A GEISHA 』 製作
宇宙戦争 (2005) WAR OF THE WORLDS 』 監督
ターミナル (2004) THE TERMINAL 』 監督/製作
キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン (2002) CATCH ME IF YOU CAN 』 監督/製作
マイノリティ・リポート (2002) MINORITY REPORT 』 監督
オースティン・パワーズ ゴールドメンバー (2002) AUSTIN POWERS IN GOLDMEMBER 』 出演
メン・イン・ブラック2 (2002) 』 製作総指揮
E.T. 20周年アニバーサリー特別版 (2002) 』 監督/製作
シュレック (2001) SHREK 』 製作総指揮
ジュラシック・パーク III (2001) 』 原案/製作総指揮
チキンラン (2000) 』 製作総指揮
ミート・ザ・ペアレンツ (2000) 』 製作総指揮
バガー・ヴァンスの伝説 (2000) 』 製作総指揮
キャスト・アウェイ (2000) 』 製作総指揮
フリントストーン2/ビバ・ロック・ベガス (2000) 』 製作総指揮
『 プライベート・ライアン (1998) 』 監督/製作
『 ディープ・インパクト (1998) 』 製作総指揮
『 アミスタッド (1997) 』 監督/製作
メン・イン・ブラック (1997) 製』 作総指揮
ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク (1997) THE LOST WORLD: JURASSIC PARK 』 監督
『 ツイスター (1996) 』 製作総指揮
『 バルト (1995) 』 製作総指揮
キャスパー (1995) 』 製作総指揮
『 恐竜大行進 (1994) 』 製作総指揮
シンドラーのリスト (1993) 』 監督/製作 
ジュラシック・パーク (1993) 』 監督
『 アメリカ物語2/ファイベル西へ行く (1991) 』 製作
フック (1991) 』 監督
『 ジョー、満月の島へ行く (1990) 』 製作総指揮
『 アラクノフォビア (1990) 』 製作総指揮
『 グレムリン2/新・種・誕・生 (1990) 』 製作総指揮
バック・トゥ・ザ・フューチャーPART3 (1990) 』 製作総指揮
『 夢 (1990) 』 製作総指揮
オールウェイズ (1989) 』 監督/製作
『 晩秋 (1989) 』 製作総指揮
バック・トゥ・ザ・フューチャーPART2 (1989) 』 製作総指揮
インディ・ジョーンズ/最後の聖戦 (1989) 』 監督
『 リトルフットの大冒険/謎の恐竜大陸 (1988) 』 製作総指揮
『 ロジャー・ラビット (1988) 』 製作総指揮
太陽の帝国 (1987) 』 監督/製作
『 インナースペース (1987) 』 製作総指揮
『 ニューヨーク東8番街の奇跡 (1987) 』 製作総指揮
『 アメリカ物語 (1986) 』 製作総指揮
『 マネー・ピット (1986) 』 製作総指揮
カラーパープル (1985) 』 監督/製作
ヤング・シャーロック/ピラミッドの謎 (1985) 』 製作総指揮
グーニーズ (1985) 』 原案/製作総指揮
バック・トゥ・ザ・フューチャー (1985) 』 製作総指揮
グレムリン (1984) 』 製作総指揮
インディ・ジョーンズ/魔宮の伝説 (1984) 』 監督
『 トワイライトゾーン/超次元の体験 (1983) 』 監督/製作
『 E.T. (1982) 』 監督/製作
ポルターガイスト (1982) 』 脚本/原案/製作
『 Oh!ベルーシ絶体絶命 (1981) 』 製作総指揮
レイダース/失われたアーク《聖櫃》 (1981) 』 監督
ブルース・ブラザース (1980) 』 出演
『 ユーズド・カー (1980) 』 製作総指揮
『 未知との遭遇 特別編 (1980) 』 監督/脚本
未知との遭遇 (1977) 』 監督/脚本
JAWS/ジョーズ (1975) 』 監督
『 続・激突!/カージャック (1974) 』 監督/原案
『 大空のエース/父の戦い子の戦い (1973) 』 原案
『 死を呼ぶスキャンダル (1973)<TVM> 』 監督
『 刑事コロンボ/構想の死角 (1971)<TVM> 』 監督
『 ヘキサゴン (1971)<TVM> 』 監督
『 激突! (1971) 』 監督
『 四次元への招待 (1969)<TVM> 』 監督
などの映画・TV作品がある。スティーヴン・スピルバーグは、1969年からテレビ映画の監督としてデビューしている。


●『リンカーン』スタッフフィルモ#08◆ジョン・ウィリアムズ John Williams
 本映画『 リンカーン (2012) LINCOLN 』で、音楽を担当しているジョン・ウィリアムズ John Williams 又は、ジョニー・ウィリアムズ Johnny Williams は、1932/02/08生まれ、アメリカのニューヨーク州ロングアイランド出身。ジョン・ウィリアムズ(ジョニー・ウィリアムズ)のフィルモグラフィーを見ると、
 【フィルモグラフィー】
リンカーン (2012) LINCOLN 』 音楽
戦火の馬 (2011) WAR HORSE 』 音楽
タンタンの冒険/ユニコーン号の秘密 (2011) THE ADVENTURES OF TINTIN: THE SECRET OF THE UNICORN 』
『 スター・ウォーズ/クローン・ウォーズ (2008) 』 テーマ音楽
『 インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国 (2008) 』
『 ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団 (2007) 』 メインテーマ音楽
スーパーマン リターンズ (2006) SUPERMAN RETURNS 』 テーマ音楽
ミュンヘン (2005) MUNICH
SAYURI (2005) MEMOIRS OF A GEISHA
スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐 (2005) STAR WARS: EPISODE III - REVENGE OF THE SITH 』 音楽
宇宙戦争 (2005) WAR OF THE WORLDS
ターミナル (2004) THE TERMINAL
ハリー・ポッターとアズカバンの囚人 (2004) HARRY POTTER AND THE PRISONER OF AZKABAN
デッドロック (2002) UNDISPUTED 』 アル
キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン (2002) CATCH ME IF YOU CAN
マイノリティ・リポート (2002) MINORITY REPORT
ハリー・ポッターと秘密の部屋 (2002) HARRY POTTER AND THE CHAMBER OF SECRETS
スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃 (2002)
E.T. 20周年アニバーサリー特別版 (2002)
ハリー・ポッターと賢者の石 (2001) HARRY POTTER AND THE SORCERER'S STONE / HARRY POTTER AND THE PHILOSOPHER'S STONE
ジュラシック・パーク III (2001) 』 テーマ音楽
A.I. (2001)
パトリオット (2000) THE PATRIOT
アンジェラの灰 (1999) ANGELA'S ASHES
『 スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス (1999) 』
『 奇跡の歌 (1998) 』 出演 プーチ
『 グッドナイト・ムーン (1998) 』
『 プライベート・ライアン (1998) 』
『 アミスタッド (1997) 』
セブン・イヤーズ・イン・チベット (1997) SEVEN YEARS IN TIBET
『 スター・ウォーズ/帝国の逆襲 特別篇 (1997) 』
『 スター・ウォーズ/ジェダイの復讐 特別篇 (1997) 』
ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク (1997) THE LOST WORLD: JURASSIC PARK
『 スター・ウォーズ 特別篇 (1997) 』
『 ローズウッド (1996)<未> 』
『 スリーパーズ (1996) 』
『 ニクソン (1995) 』
『 サブリナ (1995) 』
シンドラーのリスト (1993)
ジュラシック・パーク (1993)
『 ホーム・アローン2 (1992) 』
『 遥かなる大地へ (1992) 』
フック (1991)
『 JFK (1991) 』
推定無罪 (1990)
『 ホーム・アローン (1990) 』
『 アイリスへの手紙 (1989) 』
オールウェイズ (1989)
『 7月4日に生まれて (1989) 』
インディ・ジョーンズ/最後の聖戦 (1989) 』
『 偶然の旅行者 (1988) 』
太陽の帝国 (1987) 』
スーパーマン4/最強の敵 (1987)
『 イーストウィックの魔女たち (1987) 』
『 世にも不思議なアメージング・ストーリー (1986) 』
『 スペースキャンプ (1986) 』
『 ザ・リバー (1984) 』
インディ・ジョーンズ/魔宮の伝説 (1984) 』
ジョーズ3 (1983) 』 テーマ音楽
『 スター・ウォーズ/ジェダイの復讐 (1983) 』
『 バチカンの嵐 (1982) 』
『 E.T. (1982) 』
『 ハートビープス/恋するロボットたち (1981)<未> 』
レイダース/失われたアーク《聖櫃》 (1981)
『 未知との遭遇 特別編 (1980) 』
『 スター・ウォーズ/帝国の逆襲 (1980) 』
『 1941(いちきゅうよんいち) (1979) 』
『 ドラキュラ (1979) 』
スーパーマン (1978)
JAWS/ジョーズ2 (1978)
『 フューリー (1978) 』
『 ブラック・サンデー (1977)<未> 』
『 スター・ウォーズ (1977) 』
未知との遭遇 (1977) 』
『 ヒッチコックの ファミリー・プロット (1976) 』
『 ミズーリ・ブレイク (1976) 』
『 ミッドウェイ (1976) 』
JAWS/ジョーズ (1975) 』
『 アイガー・サンクション (1975) 』
『 タワーリング・インフェルノ (1974) 』
『 コンラック先生 (1974) 』
『 大地震 (1974) 』
『 続・激突!/カージャック (1974) 』
『 シンデレラ・リバティー/かぎりなき愛 (1973) 』
『 ペーパーチェイス (1973) 』
『 キャット・ダンシング (1973) 』
『 ロング・グッドバイ (1973) 』
『 トム・ソーヤーの冒険 (1973) 』
『 埋められた女 (1972)<TVM> 』
『 ロバート・アルトマンのイメージズ (1972)<未> 』
『 おかしな結婚 (1972) 』
ポセイドン・アドベンチャー (1972)
『 11人のカウボーイ (1971) 』
『 屋根の上のバイオリン弾き (1971) 』
『 哀愁のストックホルム (1970) 』
ジェーン・エア (1970)
『 華麗なる週末 (1969) 』
『 チップス先生さようなら (1969) 』
『 屋根の上の赤ちゃん (1969) 』
『 裏切り鬼軍曹 (1968) 』
『 哀愁の花びら (1967) 』
『 ニューヨーク泥棒結社 (1967) 』
『 シャイアン砦 (1966) 』
『 プレイラブ48章 (1966) 』
『 美人泥棒 (1966) 』
『 おれの女に手を出すな (1966) 』
おしゃれ泥棒 (1966)
『 宇宙家族ロビンソン (1965〜1968)<TV> 』
『 スタンピード (1965) 』
『 勇者のみ (1964) 』
『 殺人者たち (1964) 』
『 ダイアモンド・ヘッド (1962) 』
『 独身(バチェラー)アパート (1961) 』
『 秘密諜報機関 (1961) 』 
等の映画・TV作品がある。




※『LINCOLN』-Wikipedia、『LINCOLN』-IMDb、『リンカーン』EPK、公式サイト引用
| ←前の閲覧ページに戻る |▲TOP | ▲目次 |
映画の森てんこ森代表:幸田幸
coda_sati@hotmail.com
「映画の森てんこ森」へ 「旅行の森てんこ森」へ
映画解説・レヴュータイトル一覧表へ
映画の森てんこ森 バナー03

映画の森てんこ森 coda21幸田幸 クレジット バナー01
幸のイタリア各都市情報へ
旅行の森てんこ森 バナー03
136x70
本サイトの作文、データ及び画像などのコンテンツの無断転用はお控え下さい。
貴サイトへの御掲載についてはメールにてお知らせ頂ければ幸いです。
© 2002-2013 Sachi CODA at Eigano-Mori Tenko-Mori, CODA21. All Rights Reserved.



borocsoborocso  at 20:00 この記事をクリップ! 

『リンカーン』スタッフフィルモ@映画の森てんこ森

『リンカーン』スタッフフィルモ@映画の森てんこ森
 映画の森てんこ森■映画『リンカーン』
『リンカーン』スタッフフィルモ
LINCOLN
| 「映画の森てんこ森」表紙 | 新作映画Top | タイトル一覧 | 本ページ更新 |
■『リンカーン』スタッフフィルモ
 以下の映画『リンカーン』のスタッフ(crew)のフィルモグラフィーは、<『 リンカーン 』スタッフフィルモ>として番号整理しています。
 ※ネタバレご注意:以下の『 リンカーン (2012) LINCOLN 』(画面切替)のスタッフのフィルモグラフィーにはネタバレが含まれている場合があります。映画『リンカーン (2012) LINCOLN』(画面切替)をまだご覧になっていない方はご注意ください。

●『リンカーン』スタッフフィルモ#01◆スティーヴン・スピルバーグ Steven Spielberg
 本映画『 リンカーン (2012) LINCOLN 』の監督は、スティーヴン・スピルバーグ Steven Spielberg 。製作も担当している。1947/12/18生まれ、アメリカのオハイオ州シンシナティ出身。スティーヴン・スピルバーグのフィルモグラフィーを見ると、・・・詳しくはこちら⇒


●『リンカーン』スタッフフィルモ#02◆ドリス・カーンズ・グッドウィン Doris Kearns Goodwin
 本映画『 リンカーン (2012) LINCOLN 』の原作者ドリス・カーンズ・グッドウィン Doris Kearns Goodwin は、1943/01/04生まれ、アメリカ合衆国ニューヨーク州ニューヨーク市ブルックリン出身。ドリス・カーンズ・グッドウィンのフィルモグラフィーを見ると、
 【フィルモグラフィー】
リンカーン (2012) LINCOLN 』 原作
等の映画作品がある。


●『リンカーン』スタッフフィルモ#03◆トニー・クシュナー Tony Kushner
 本映画『 リンカーン (2012) LINCOLN 』で、脚本を担当しているトニー・クシュナー Tony Kushner は、1956/07/16生まれ、アメリカ合衆国ニューヨーク州ニューヨーク市出身。トニー・クシュナーのフィルモグラフィーを見ると、
 【フィルモグラフィー】
リンカーン (2012) LINCOLN 』 脚本
ミュンヘン (2005) MUNICH 』 脚本
『 エンジェルス・イン・アメリカ (2003)<TVM> 』 脚本/原作
などの映画・TV作品がある。


●『リンカーン』スタッフフィルモ#04◆キャスリーン・ケネディ Kathleen Kennedy
 本映画『 リンカーン (2012) LINCOLN 』で、製作プロデューサーのキャスリーン・ケネディ Kathleen Kennedy は、1953/06/05生まれ、アメリカのカリフォルニア州バークレー出身。キャスリーン・ケネディのフィルモグラフィーを見ると、
【フィルモグラフィー】
リンカーン (2012) LINCOLN 』 製作
戦火の馬 (2011) WAR HORSE
タンタンの冒険/ユニコーン号の秘密 (2011) THE ADVENTURES OF TINTIN: THE SECRET OF THE UNICORN 』
ヒア アフター (2010) HEREAFTER
『 エアベンダー (2010) 』
『 ベンジャミン・バトン 数奇な人生 (2008) 』
『 崖の上のポニョ (2008) 』 英語版・製作
『 インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国 (2008) 』
『 潜水服は蝶の夢を見る (2007) 』
ミュンヘン (2005) MUNICH
宇宙戦争 (2005) WAR OF THE WORLDS
シービスケット (2003) SEABISCUIT
ヤング・ブラック・スタリオン (2003) THE YOUNG BLACK STALLION
サイン (2002) SIGNS
E.T. 20周年アニバーサリー特別版 (2002)
ジュラシック・パーク III (2001)
A.I. (2001)
『 マップ・オブ・ザ・ワールド (1999) 』
『 ヒマラヤ杉に降る雪 (1999) 』
シックス・センス (1999) THE SIXTH SENSE
ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク (1997) THE LOST WORLD: JURASSIC PARK
『 ツイスター (1996) 』
『 リトル・ヒーロー (1995)<未> 』
『 バルト (1995) 』
『 コンゴ (1995) 』
マディソン郡の橋 (1995) THE BRIDGES OF MADISON COUNTY
『 ミルク・マネー (1994) 』
『 恐竜大行進 (1994) 』
フリントストーン/モダン石器時代 (1994)
『 ラスト・ウィンド/少年達は砂漠を越えた (1993)<未> 』
『 欲望 (1993) 』
シンドラーのリスト (1993)
ジュラシック・パーク (1993)
『 生きてこそ (1993) 』
『 カーテンコール/ただいま舞台は戦闘状態 (1992)<未> 』
『 アメリカ物語2/ファイベル西へ行く (1991) 』
フック (1991)
ケープ・フィアー (1991)
『 ジョー、満月の島へ行く (1990)<未> 』
『 アラクノフォビア (1990) 』
『 グレムリン2/新・種・誕・生 (1990) 』
バック・トゥ・ザ・フューチャーPART2 (1989) 』
オールウェイズ (1989)
『 晩秋 (1989) 』
バック・トゥ・ザ・フューチャーPART2 (1989) 』
『 ロジャー・ラビット (1988) 』
太陽の帝国 (1987) 』
『 ニューヨーク東8番街の奇跡 (1987) 』
カラーパープル (1985) 』
『 ファンダンゴ (1985) 』
ヤング・シャーロック/ピラミッドの謎 (1985) 』
グーニーズ (1985) 』
バック・トゥ・ザ・フューチャー (1985) 』
グレムリン (1984) 』
『 トワイライトゾーン/超次元の体験 (1983) 』
『 E.T. (1982) 』 製作
等の映画作品がある。


●『リンカーン』スタッフフィルモ#05◆ジョナサン・キング Jonathan King
 本映画『 リンカーン (2012) LINCOLN 』で、製作総指揮を担当しているジョナサン・キング Jonathan King のフィルモグラフィーを見ると、
 【フィルモグラフィー】
リンカーン (2012) LINCOLN 』 製作総指揮
マリーゴールド・ホテルで会いましょう (2011) THE BEST EXOTIC MARIGOLD HOTEL 』 製作総指揮
コンテイジョン (2011) CONTAGION 』 製作総指揮
『 アニマル・ウォーズ 森林帝国の逆襲 (2010)<未> 』 製作総指揮
『 グッド・ドクター 禁断のカルテ (2010) 』 製作
『 クレイジーズ (2010) 』 製作総指揮
『 それでも、愛してる (2009) 』 製作総指揮
小説家を見つけたら (2000) 』 製作総指揮
『 写真家の女たち (1999) 』 製作
『 裏切りのKiSS (1998)<未> 』 製作
等の映画作品がある。


●『リンカーン』スタッフフィルモ#06◆ダニエル・ルピ Daniel Lupi
 本映画『 リンカーン (2012) LINCOLN 』で、製作総指揮を担当しているダニエル・ルピ Daniel Lupi のフィルモグラフィーを見ると、
【フィルモグラフィー】
リンカーン (2012) LINCOLN 』 製作総指揮
ザ・マスター (2012) THE MASTER 』 製作
『 ミート・ザ・ペアレンツ3 (2010)<未> 』 製作総指揮
『 マーシャル博士の恐竜ランド (2009) 』 製作総指揮
『 ゼア・ウィル・ビー・ブラッド (2007) 』 製作
『 大いなる陰謀 (2007) 』 製作総指揮
『 ペナルティ・パパ (2005)<未> 』 製作総指揮
ゲット・リッチ・オア・ダイ・トライン (2005) GET RICH OR DIE TRYIN' 』 製作総指揮
50回目のファースト・キス (2004) 50 FIRST DATES / FIFTY FIRST DATES 』 製作総指揮
パンチドランク・ラブ (2002) PUNCH-DRUNK LOVE 』 製作
等の映画作品がある。


●『リンカーン』スタッフフィルモ#07◆ジェフ・スコール Jeff Skoll
 本映画『 リンカーン (2012) LINCOLN 』で、製作総指揮を担当しているジェフ・スコール Jeff Skoll のフィルモグラフィーを見ると、
 【フィルモグラフィー】
リンカーン (2012) LINCOLN 』 製作総指揮
マリーゴールド・ホテルで会いましょう (2011) THE BEST EXOTIC MARIGOLD HOTEL 』 製作総指揮
ヘルプ 〜心がつなぐストーリー〜 (2011) THE HELP 』 製作総指揮
コンテイジョン (2011) CONTAGION 』 製作総指揮
『 アニマル・ウォーズ 森林帝国の逆襲 (2010)<未> 』 製作総指揮
フェア・ゲーム (2010) FAIR GAME 』 製作総指揮
カウントダウンZERO (2010) COUNTDOWN TO ZERO
『 アニマル・ウォーズ 森林帝国の逆襲 (2010) 』
『 クレイジーズ (2010) 』
『 インフォーマント! (2009) 』
『 路上のソリスト (2009) 』
『 扉をたたく人 (2007) 』
『 チャーリー・ウィルソンズ・ウォー (2007) 』
『 君のためなら千回でも (2007) 』
『 ファーストフード・ネイション (2006) 』
『 不都合な真実 (2006) 』
グッドナイト&グッドラック (2005) GOOD NIGHT, AND GOOD LUCK 』 
シリアナ (2005) SYRIANA 』 
スタンドアップ (2005) NORTH COUNTRY 』 
『 最高のともだち (2004) 』
等の映画作品がある。


●『リンカーン』スタッフフィルモ#08◆ジョン・ウィリアムズ John Williams
 本映画『 リンカーン (2012) LINCOLN 』で、音楽を担当しているジョン・ウィリアムズ John Williams 又は、ジョニー・ウィリアムズ Johnny Williams は、1932/02/08生まれ、アメリカのニューヨーク州ロングアイランド出身。ジョン・ウィリアムズ(ジョニー・ウィリアムズ)のフィルモグラフィーを見ると、
 ・・・詳しくはこちら⇒


●『リンカーン』スタッフフィルモ#09◆ヤヌス・カミンスキー Janusz Kaminski
 本映画『 リンカーン (2012) LINCOLN 』で、撮影を担当しているヤヌス・カミンスキー Janusz Kaminski は、1959/06/27生まれ、ポーランド出身。ヤヌス・カミンスキーのフィルモグラフィーを見ると、
 【フィルモグラフィー】
リンカーン (2012) LINCOLN 』 撮影
戦火の馬 (2011) WAR HORSE
タンタンの冒険/ユニコーン号の秘密 (2011) THE ADVENTURES OF TINTIN: THE SECRET OF THE UNICORN 』
『 幸せの始まりは (2010) 』
『 ファニー・ピープル (2009)<未> 』
『 インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国 (2008) 』
『 潜水服は蝶の夢を見る (2007) 』
ミュンヘン (2005) MUNICH
宇宙戦争 (2005) WAR OF THE WORLDS
ターミナル (2004) THE TERMINAL
キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン (2002) CATCH ME IF YOU CAN
マイノリティ・リポート (2002) MINORITY REPORT
A.I. (2001)
ロスト・ソウルズ (2000)
『 プライベート・ライアン (1998) 』
『 アミスタッド (1997) 』
ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク (1997) THE LOST WORLD: JURASSIC PARK
『 ザ・エージェント (1996) 』
『 トール・テイル/パラダイス・ヴァレーの奇跡 (1995)<未> 』
キルトに綴る愛 (1995)
『 リトル・ジャイアンツ (1994)<未> 』
『 南北戦争前夜 (1993)<TVM> 』
『 ハックフィンの大冒険 (1993)<未> 』
シンドラーのリスト (1993)
『 トラブル・バウンド/復讐の銃弾 (1992)<未> 』
『 マッド・ドッグ・コール/暗黒街の掟 (1992)<未> 』
『 パイレーツ/この恋、火気厳禁! (1991)<未> 』
『 ワイルドフラワー (1991)<TVM> 』
『 クール・アズ・アイス (1991) 』
『 最終生物バイオゾイド (1990)<未> 』
『 レイン・キラー (1990)<未> 』
等の映画作品がある。


●『リンカーン』スタッフフィルモ#10◆マイケル・カーン Michael Kahn
 本映画『 リンカーン (2012) LINCOLN 』で、編集を担当しているマイケル・カーン Michael Kahn は、1935/12/08生まれ、アメリカのニューヨーク州ニューヨーク出身。マイケル・カーンのフィルモグラフィーを見ると、
 【フィルモグラフィー】
リンカーン (2012) LINCOLN 』 編集
戦火の馬 (2011) WAR HORSE 』 編集
タンタンの冒険/ユニコーン号の秘密 (2011) THE ADVENTURES OF TINTIN: THE SECRET OF THE UNICORN 』 編集
『 プリンス・オブ・ペルシャ/時間の砂 (2010) 』
『 インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国 (2008) 』
『 スパイダーウィックの謎 (2008) 』
『 素敵な人生のはじめ方 (2006)<未> 』
ミュンヘン (2005) MUNICH
宇宙戦争 (2005) WAR OF THE WORLDS
レモニー・スニケットの世にも不幸せな物語 (2004) LEMONY SNICKET'S A SERIES OF UNFORTUNATE EVENTS
トゥームレイダー2 (2003) LARA CROFT TOMB RAIDER: THE CRADLE OF LIFE
キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン (2002) CATCH ME IF YOU CAN
シンドラーのリスト (1993)
『 生きてこそ (1993) 』
オールウェイズ (1989)
『 ミスター・アーサー2 (1988)<未> 』
『 1941(いちきゅうよんいち) (1979) 』 製作補/編集
『 SF最後の巨人 (1975) 』
『 ブラック・ハンター (1974)<未> 』
等の映画作品がある。


●『リンカーン』スタッフフィルモ#11◆リック・カーター Rick Carter
 本映画『 リンカーン (2012) LINCOLN 』で、プロダクションデザインを担当しているリック・カーター Rick Carter のフィルモグラフィーを見ると、
 【フィルモグラフィー】
リンカーン (2012) LINCOLN 』 プロダクションデザイン
戦火の馬 (2011) WAR HORSE
『 エンジェル ウォーズ (2011) 』
『 アバター<特別編> (2010) 』
『 アバター (2009) 』
ミュンヘン (2005) MUNICH
宇宙戦争 (2005) WAR OF THE WORLDS
ホワット・ライズ・ビニース (2000) WHAT LIES BENEATH 』 美術
等の映画作品がある。


●『リンカーン』スタッフフィルモ#12◆ジョアンナ・ジョンストン Joanna Johnston
 本映画『 リンカーン (2012) LINCOLN 』で、衣装デザインを担当しているジョアンナ・ジョンストン Joanna Johnston のフィルモグラフィーを見ると、
 【フィルモグラフィー】
『 ジャックと天空の巨人 (2013) 』 衣装デザイン
リンカーン (2012) LINCOLN 』 衣装デザイン
戦火の馬 (2011) WAR HORSE
『 パイレーツ・ロック (2009) 』
『 ワルキューレ (2008) 』
『 スパイダーウィックの謎 (2008) 』
ミュンヘン (2005) MUNICH
宇宙戦争 (2005) WAR OF THE WORLDS 』 衣装
等の映画作品がある。


※『LINCOLN』-Wikipedia、『LINCOLN』-IMDb、『リンカーン』EPK、公式サイト引用
| ←前の閲覧ページに戻る |▲TOP | ▲目次 |
映画の森てんこ森代表:幸田幸
coda_sati@hotmail.com
「映画の森てんこ森」へ 「旅行の森てんこ森」へ
映画解説・レヴュータイトル一覧表へ
映画の森てんこ森 バナー03

映画の森てんこ森 coda21幸田幸 クレジット バナー01
幸のイタリア各都市情報へ
旅行の森てんこ森 バナー03
136x70
本サイトの作文、データ及び画像などのコンテンツの無断転用はお控え下さい。
貴サイトへの御掲載についてはメールにてお知らせ頂ければ幸いです。
© 2002-2013 Sachi CODA at Eigano-Mori Tenko-Mori, CODA21. All Rights Reserved.



borocsoborocso  at 20:00 この記事をクリップ! 

ネタバレ結末/アンナ・カレーニナ@映画の森てんこ森

ネタバレ結末/アンナ・カレーニナ@映画の森てんこ森
 映画の森てんこ森■映画解説と予告編とレヴュー■映画ネタバレ
アンナ・カレーニナ
ANNA KARENINA
| 「映画の森てんこ森」表紙 | 新作映画Top | タイトル一覧 | 本ページ更新 |
ネタバレ結末/アンナ・カレーニナ
ネタバレ注意@映画の森てんこ森
ストーリー展開の前知識やネタバレがお好みでない方は、読まないで下さい。
■ネタバレ結末/アンナ・カレーニナ@映画の森てんこ森
【『アンナ・カレーニナ』ネタバレ】
ネタバレご注意:以下の<ネタバレ結末/アンナ・カレーニナ@映画の森てんこ森>のあらすじ・ストーリー・結末にはネタバレが含まれています。映画『 アンナ・カレーニナ (2012) ANNA KARENINA 』をまだご覧になっていない方は、どうかネタバレにご注意ください。

★『 アンナ・カレーニナ 』劇場公開情報
 2013年3月29日(金)より、TOHOシネマズ 日劇ほかにて全国ロードショー!!
 ※日本配給情報: 劇場公開(ギャガ)

<ネタバレ映画/アンナ・カレーニナ>の仕切り線

▲ここまでの<ネタバレ映画/アンナ・カレーニナ@映画の森てんこ森>のあらすじはこちらから・・・

【ネタバレ結末/アンナ・カレーニナ 第31段落】
 その頃、リョーヴィンは自らの領地の畑で労働に勤しんでいた。若い百姓(コナー・マッカリー)と恋人の若い女性の幸福そうな様子を見て、リョーヴィンは簡素な暮らしこそが渇望するものなのかと考えるようになる。その夜、彼は干し草の俵の上で睡眠し、キティの姿が目に浮かぶ。

【ネタバレ結末/アンナ・カレーニナ 第32段落】
 そしてリョーヴィンは再びスチーヴァを訪れ、キティへの抑えられない気持ちを伝えて、スチーヴァの妻ドリーとその妹キティと会う段取りをしてもらえた。そして、前のことはもう昔の話、と割り切って、キティをリョーヴィンは勝ち取ることが出来そうだ。

【ネタバレ結末/アンナ・カレーニナ 第33段落】
 その際、アレクセイとも会ったスチーヴァは、アレクセイとアンナが離婚しそうだと寝耳に水の話を聞いて、ディナーをご一緒にと誘って帰らせない。純愛や不義の話題も出て、不倫しているアンナを許してあげなかったら一生不幸になるとドリーは諭す。しかしアレクセイは妻を絶対に許せないと言って、帰っていく。

【ネタバレ結末/アンナ・カレーニナ 第34段落】
 雪の凍りつく中、アレクセイはアンナからの手紙を受け取る。「いらしてくださいますか。許してください。死にそうなのです。」と。それを読んだ彼は涙に暮れ、早産になっているアンナのもとへ急行する。アレクセイが到着すると、医師(マーティン・ウィンブッシュ)や看護師に、アレクセイに気遣って、生まれた女の子を見えないようにしてくださいと伝えているアンナ。

【ネタバレ結末/アンナ・カレーニナ 第35段落】
 ヴロンスキーも来ているが、これからは俺が一生面倒を見るからとアレクセイは言って、妻とこの不倫男の二人とも許すのだ。ヴロンスキーは母親ヴロンスキー伯爵夫人に子ども扱いされてさんざん叱られている。

【ネタバレ結末/アンナ・カレーニナ 第36段落】
 こうして妻を許した聖人のような夫であるが、妻アンナはまだヴロンスキーに未練がある。生まれた子はアレクセイが責任を持って育てるから、離婚はしないが、出て行っていいと夫は妻に語る。そしてアンナはヴロンスキーに会いに行き、二人はイタリアへ行こうということになる。アンナの顔色は悪い。

【ネタバレ結末/アンナ・カレーニナ 第37段落】
 一方、リョーヴィンはめでたくキティと結婚して、自分の領地に戻る。リョーヴィンの一族や奉公人に感銘を受けて迎えられたキティは、何でも見ようという心構えだ。そこに電報が。リョーヴィンの兄のニコライの体調が悪化して、行く当てがないというので、ニコライと妻のマーシャを来させ、マーシャとリョーヴィン一家で誠意を込めてニコライの看病をした。ニコライが亡くなると、三人で埋葬した。

【ネタバレ結末/アンナ・カレーニナ 第38段落】
 アンナとヴロンスキーがサンクトペテルブルグに戻ってきているという風の噂をアレクセイは耳にする。息子セリョージャの誕生日祝いにだ。アンナはプレゼントの買い物中、あんな悪妻は息子に会ってはならぬという手紙を受け取ったが、以前の召使たちを押しのけて、息子の眠る部屋に急ぐ。

【ネタバレ結末/アンナ・カレーニナ 第39段落】
 大好きよ、と言い、お母さんよりもお父さんの方がいい人だからお父さんを大好きになってね、とアンナが語っているのがアレクセイは陰で聞こえている。息子セリョージャはお母さんが一番いいと言い張るが、アンナはアレクセイの姿を認めると、それ以上言わずに去って行く。

【ネタバレ結末/アンナ・カレーニナ 第40段落】
 夜、明かりの消えたアパートで一人沈むアンナ。アンナはヴロンスキーが他の女性たちとデートしているのを責め、オペラに連れて行ってと言う。スキャンダルが凄いから駄目だというヴロンスキーに、そんなの平気よ、ということで、オペラ(オペラ劇場の支配人:サイモン・ミューラー)に行くことになる。

【ネタバレ結末/アンナ・カレーニナ 第41段落】
 だが、アンナが着くと、オペラ劇場にいた人達に社会ののけ者扱いされた。それに、何とヴロンスキーは数人の若い女性といちゃついているではないか。アンナの元友人(サリーン・ソフェア)にアンナの所へ行ってくれと頼むが、元友人はアンナが“ルールを破った”と言い張るのだ。

【ネタバレ結末/アンナ・カレーニナ 第42段落】
 気のよさそうな近くの席の人(ジェイミー・ビーミッシュ)がアンナに声をかけると、その妻(シャーリー・ヘンダーソン)は非常に怒って、かっとなる。そこではアンナは度胸の据わった女性に見える。ヴロンスキーがアンナに近寄ろうとすると、従兄妹のベッツィが大失態になるから、とやめさせ、劇場の反対側の席で留まる。

【ネタバレ結末/アンナ・カレーニナ 第43段落】
 離婚すれば全てが解決だと言うベッツィに、ヴロンスキーはアンナは実質上の僕の妻だと主張する。オペラからアンナが帰宅し、ヴロンスキーも帰宅。神経の高ぶっているアンナに、ヴロンスキーは鎮痛剤のアルコールを飲ませて睡眠をとらせ、二人はまた交わる。アンナの見る夢は、動いている列車だ。

【ネタバレ結末/アンナ・カレーニナ 第44段落】
 翌日、アンナはレストランに行っても、皆、席を変わったりして彼女を無視し、社会ののけ者扱いだ。そこに兄嫁のドリーが来て、妹キティとリョーヴィンに一人目の赤ちゃんができてモスクワに来ており、産まれるのを待ち焦がれている様子を話す。ドリーはアンナの兄スチーヴァの不貞はもう許していると語り、スチーヴァが妹アンナに会いたがっていると。

【ネタバレ結末/アンナ・カレーニナ 第45段落】
 その晩、アンナは酒を浴びるように飲んで、ヴロンスキーに郊外の田舎に移ろうと頼むが、母親と会わねばならないからそれは無理だとヴロンスキーは答える。別の女性ができて会ってばかりいるんでしょ、もう私を愛していないんだわと、アンナは彼を責め、もっと酒を浴びて、もう私たち、終わったのねと。

【ネタバレ結末/アンナ・カレーニナ 第46段落】
 ごめんなさい、いや、僕が悪かった、愛してるよとか言いながら、アンナは眠りにつく。でも、目を覚まして、彼がスチーヴァからの電報を隠しているのが見えた。ヴロンスキーは浮気をしているし、別の社交界の華、ソロキナ嬢(カーラ・デルヴィーニュ)に迎えに来てもらっているのだと、アンナは責める。

【ネタバレ結末/アンナ・カレーニナ 第47段落】
 アンナはヴロンスキーを追い出して、もっと鎮痛剤の酒を浴びるのだ。そして着替え、彼が本当に母親といるのか確認しに、アンナは列車に乗る。駅から駅へと列車が進む中、アンナは息子のこと、赤ん坊の娘のこと、夫アレクセイのことが脳裏に浮かぶ。

▲TOPへ

◆ここからは、最後の結末まで書いていて完全にネタバレしていますので、ストーリー全体が分ります。御注意下さい。
 ATTN: This review reveals the movie content. Please don't say that I didn't say !


★以下のネタバレ日本語訳は、映画『アンナ・カレーニナ』の公開日2013年3月29日(金)の翌日、又は翌日以降に公開予定ですが、映画をご覧になる前に、前もって<ストーリー/あらすじ/結末までの完全ネタバレ日本語版>をお読みになりたい方は、以下をクリックしてください。

 ・・・結末までの完全ネタバレはこちらから・・・⇒


【感謝とお願い】多くの皆様にこのネタバレコーナーにアクセス頂き、ありがとうございますm(__)m
 もしクリックしてもネタバレファイルにジャンプしない場合は、映画会社や配給会社への配慮として、まだリンクを貼っていない期間です。リクエスト・メールが多い場合は(お返事は出せませんが)、タイミングを見計らって、映画公開一週間前にはアップしますので、どうかご了承ください。

 本ファイル<ネタバレ結末/アンナ・カレーニナ>や、このページの他の「ネタバレ」コンテンツは、先行公開されている海外の映画作品を劇場鑑賞やDVD鑑賞したり、<Wikipedia>英語版の記事やその他の海外映画情報を幸田幸@映画の森てんこ森が翻訳編集したりして、ネタバレ版テキストを作成・アップしています。<ネタバレ結末/アンナ・カレーニナ>のあらすじに私の鑑賞誤解があったり、文章表現が稚拙であったり、直訳的だったり、翻訳ミスがある場合がありますので、どうかご了承くださいますようにお願い申し上げます。
以上。

※参考資料:映画『アンナ・カレーニナ』-Wikipedia、『ANNA KARENINA』-Wikipedia英語版、『ANNA KARENINA』-IMDb、『アンナ・カレーニナ』EPK、公式サイト
| ←前の閲覧ページに戻る |▲TOP | ▲目次 |
映画の森てんこ森代表:幸田幸
coda_sati@hotmail.com
「映画の森てんこ森」へ 「旅行の森てんこ森」へ
映画解説・レヴュータイトル一覧表へ
映画の森てんこ森 バナー03

映画の森てんこ森 coda21幸田幸 クレジット バナー01
幸のイタリア各都市情報へ
旅行の森てんこ森 バナー03
136x70
本サイトの作文、データ及び画像などのコンテンツの無断転用はお控え下さい。
貴サイトへの御掲載についてはメールにてお知らせ頂ければ幸いです。
© 2002-2013 Sachi CODA at Eigano-Mori Tenko-Mori, CODA21. All Rights Reserved.



borocsoborocso  at 12:00 この記事をクリップ! 

『アンナ・カレーニナ』キャストフィルモ@映画の森てんこ森

『アンナ・カレーニナ』キャストフィルモ@映画の森てんこ森
 映画の森てんこ森■映画『アンナ・カレーニナ』
『アンナ・カレーニナ』キャストフィルモ
ANNA KARENINA
| 「映画の森てんこ森」表紙 | 新作映画Top | タイトル一覧 | 本ページ更新 |
■『アンナ・カレーニナ』キャストフィルモ
 以下の映画『アンナ・カレーニナ』のキャスト(cast)のフィルモグラフィーは、<『 アンナ・カレーニナ 』キャストフィルモ>として主なキャストを番号整理しています。
 ※ネタバレご注意:以下の『 アンナ・カレーニナ (2012) ANNA KARENINA 』(画面切替)のスタッフのフィルモグラフィーにはネタバレが含まれている場合があります。映画『アンナ・カレーニナ』(画面切替)をまだご覧になっていない方はご注意ください。

●『アンナ・カレーニナ』キャストフィルモ#01★キーラ・ナイトレイ Keira Knightley
 本映画『 アンナ・カレーニナ (2012) ANNA KARENINA 』で、アンナ・カレーニナを演じるキーラ・ナイトレイ Keira Knightley は、1985/03/26生まれ、イギリスのミドルセックス出身。キーラ・ナイトレイのフィルモグラフィーを見ると、
【フィルモグラフィー】
アンナ・カレーニナ (2012) ANNA KARENINA 』 アンナ・カレーニナ
『 エンド・オブ・ザ・ワールド (2012) 』 ペニー
『 ネバーランド (2011)<TVM> 』 声の出演
危険なメソッド (2011) A DANGEROUS METHOD 』 ザビーナ・シュピールライン
恋と愛の測り方 (2010) LAST NIGHT 』 ジョアンナ・リード
ロンドン・ブルバード -LAST BODYGUARD- (2010) LONDON BOULEVARD 』 シャーロット
『 わたしを離さないで (2010) 』 ルース
『 ある公爵夫人の生涯 (2008) 』 デヴォンシャー公爵夫人(ジョージアナ)
『 つぐない (2007) 』 セシーリア・タリス
『 シルク (2007) 』 エレーヌ
パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド (2007) PIRATES OF THE CARIBBEAN: AT WORLD'S END 』 エリザベス・スワン
パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト (2006) PIRATES OF THE CARIBBEAN: DEAD MAN'S CHEST 』 エリザベス・スワン
『 ロスト・ストーリー 〜現代の奇妙な物語〜 (2005)<未> 』
ジャケット (2005) THE JACKET 』 ジャッキー・ブライス
プライドと偏見 (2005) PRIDE & PREJUDICE 』 エリザベス・ベネット
DOMINO ドミノ (2005) DOMINO 』 ドミノ・ハーヴェイ
『 ジョニー・デップ 反骨のハリウッド・スター (2004)<TVM> 』
キング・アーサー (2004) KING ARTHUR 』 グウィネヴィア
ラブ・アクチュアリー (2003) LOVE ACTUALLY 』 ジュリエット
パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち (2003) PIRATES OF THE CARIBBEAN: THE CURSE OF THE BLACK PEARL 』 エリザベス・スワン
『 ドクトル・ジバゴ (2002)<TVM> 』
『 PURE ピュア (2002)<未> 』
サンダーパンツ! (2002)
ベッカムに恋して (2002) BEND IT LIKE BECKHAM 』 ジュールズ・パクストン
『 レジェンド・オブ・アロー (2001)<TVM> 』 グウィン
『 穴 (2001) 』 フランキー
『 オリバー・ツイスト (1999)<TVM> 』
『 スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス (1999) 』
『 イノセント・ライズ (1994) 』
等の映画・TV作品がある。


●『アンナ・カレーニナ』キャストフィルモ#02★ジュード・ロウ Jude Law
 本映画『 アンナ・カレーニナ (2012) ANNA KARENINA 』で、カレーニン(アレクセイ・カレーニン)を演じるジュード・ロウ Jude Law は、1972/12/29生まれ、イギリスはロンドンのルイシャム出身。ジュード・ロウのフィルモグラフィーを見ると、
【フィルモグラフィー】
アンナ・カレーニナ (2012) ANNA KARENINA 』 カレーニン(アレクセイ・カレーニン)
『 360 (2011)<未> 』 マイケル・デイリー
シャーロック・ホームズ シャドウ ゲーム (2011) SHERLOCK HOLMES: A GAME OF SHADOWS 』 ジョン・ワトソン
ヒューゴの不思議な発明 (2011) HUGO 』 ヒューゴの父親
コンテイジョン (2011) CONTAGION 』 アラン・クラムウィディ
『 レポゼッション・メン (2010) 』 レミー
シャーロック・ホームズ (2009) SHERLOCK HOLMES 』 ジョン・ワトソン
『 Dr.パルナサスの鏡 (2009) 』 鏡の向こうのトニー#2
『 スルース (2007) 』 製作/出演マイロ・ティンドル
マイ・ブルーベリー・ナイツ (2007) MY BLUEBERRY NIGHTS 』 ジェレミー
『 オール・ザ・キングスメン (2006) 』 ジャック・バーデン
『 ホリデイ (2006) 』 グラハム
ハッカビーズ (2004) I HEART HUCKABEES / I LOVE HUCKABEES 』 ブラッド・スタンド
アルフィー (2004) ALFIE 』 アルフィー
クローサー (2004) CLOSER 』 ダン
レモニー・スニケットの世にも不幸せな物語 (2004) LEMONY SNICKET'S A SERIES OF UNFORTUNATE EVENTS 』 レモニー・スニケットの声優
アビエイター (2004) THE AVIATOR 』 エロール・フリン
スカイキャプテン ワールド・オブ・トゥモロー (2004) SKY CAPTAIN AND THE WORLD OF TOMORROW 』 製作/スカイキャプテン(ジョー・サリバン)
コールド マウンテン (2003) COLD MOUNTAIN 』 インマン
ロード・トゥ・パーディション (2002) ROAD TO PERDITION 』 マグワイア
A.I.(2001) 』ジゴロ・ジョー
スターリングラード (2000) ENEMY AT THE GATES 』 ヴァシリ・ザイツェフ
リプリー (1999) THE TALENTED MR. RIPLEY 』 ディッキー・グリーンリーフ
『 クロコダイルの涙 (1998) 』
『 真夜中のサバナ (1997) 』
『 オスカー・ワイルド (1997) 』
等の映画・TV作品がある。


●『アンナ・カレーニナ』キャストフィルモ#03★アーロン・テイラー=ジョンソン Aaron Taylor-Johnson
 本映画『 アンナ・カレーニナ (2012) ANNA KARENINA 』で、ヴロンスキー(アレクセイ・ヴロンスキー伯爵)を演じるアーロン・ジョンソン Aaron Johnson 又はアーロン・テイラー=ジョンソン Aaron Taylor-Johnson は、1990/06/13生まれ、イギリスはイングランド出身。アーロン・ジョンソンのフィルモグラフィーを見ると、
【フィルモグラフィー】
アンナ・カレーニナ (2012) ANNA KARENINA 』 ヴロンスキー(アレクセイ・ヴロンスキー伯爵)
野蛮なやつら/SAVAGES (2012) SAVAGES 』 ベン
アルバート氏の人生 (2011) ALBERT NOBBS 』 ボイラー職人ジョー・マキンス
『 Chatroom/チャットルーム (2010) 』 ウィリアム
キック・アス (2010) KICK-ASS 』 デイヴ・リゼウスキ(キック・アス)
『 ノーウェアボーイ ひとりぼっちのあいつ (2009) 』 ジョン・レノン
『 ジョージアの日記/ゆーうつでキラキラな毎日 (2008) 』 ロビー
『 幻影師アイゼンハイム (2006) 』 若きアイゼンハイム
シャンハイ・ナイト (2003) SHANGHAI KNIGHTS 』 チャーリー
『 トムとトーマス (2002)<未> 』
等の映画作品がある。


●『アンナ・カレーニナ』キャストフィルモ#04★ケリー・マクドナルド Kelly MacDonald
 本映画『 アンナ・カレーニナ (2012) ANNA KARENINA 』で、 ドリー(ダーリヤ・“ドリー”・アレクサンドロヴナ)を演じるケリー・マクドナルド Kelly MacDonald は、1976/02/23生まれ、イギリスはスコットランドのグラスゴー出身。ケリー・マクドナルドのフィルモグラフィーを見ると、
【フィルモグラフィー】
アンナ・カレーニナ (2012) ANNA KARENINA 』 ドリー(ダーリヤ・“ドリー”・アレクサンドロヴナ)
メリダとおそろしの森 (2012) BRAVE 』 王女メリダの声
ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2 (2011) HARRY POTTER AND THE DEATHLY HALLOWS: PART II 』 ヘレナ・レイブンクロー
『 ボードウォーク・エンパイア 欲望の街 (2010〜)<TV> 』 マーガレット・シュローダー
『 エレクトリック・ミスト 霧の捜査線 (2009)<未> 』
『 クリミナル・サイト〜運命の暗殺者〜 (2008)<未> 』
『 セックス・クラブ (2008)<未> 』 ペイジ
『 ノーカントリー (2007) 』 カーラ・ジーン
『 ある日、ダウニング街で (2005)<TVM> 』 ジーナ
『 エイリアス (シーズン4) (2005)<TV> 』
『 それでも生きる子供たちへ (2005) 』
『 名犬ラッシー (2005) 』
ナニー・マクフィーの魔法のステッキ (2005) NANNY McPHEE 』 エヴァンジェリン
銀河ヒッチハイク・ガイド (2005) THE HITCHHIKER'S GUIDE TO THE GALAXY
ネバーランド (2004) FINDING NEVERLAND 』 ピーター・パン
『 ステート・オブ・プレイ 〜陰謀の構図〜 (2003)<TV> 』 デラ・スミス
『 ヒヤシンス・ブルーの少女 (2003)<TVM> 』 アレッタ
ダブリン上等! (2003) INTERMISSION 』 デイドラ
『 マイ・ウェイ 銃声のレクイエム (2001)<未> 』 イレーヌ
ゴスフォード・パーク (2001) GOSFORD PARK 』 “ミス・トレンサム”メアリー・マキーシュラン
『 スプレンダー/恋する3ピース (1999)<未> 』
『 チューブ・テイルズ (1999) 』
『 ウィズアウト・ユー (1999) 』
『 セクシュアル・イノセンス (1998) 』
『 従妹ベット (1998) 』
『 Stella Does Tricks(ステラの企み) (1996)<未> 』
トレインスポッティング (1996) TRAINSPOTTING 』 ダイアン
等の映画・TV作品がある。


●『アンナ・カレーニナ』キャストフィルモ#05★マシュー・マクファディン Matthew MacFadyen
 本映画『 アンナ・カレーニナ (2012) ANNA KARENINA 』で、オブロンスキー(ステパン・“スチーヴァ”・オブロンスキー)を演じるマシュー・マクファディン Matthew MacFadyen は、1974/10/17生まれ、イギリスのイングランド出身。マシュー・マクファディンのフィルモグラフィーを見ると、
【フィルモグラフィー】
アンナ・カレーニナ (2012) ANNA KARENINA 』 オブロンスキー(ステパン・“スチーヴァ”・オブロンスキー)
『 MI-5 英国機密諜報部 (シーズン10) (2011)<TV> 』 トム・クイン
三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船 (2011) THE THREE MUSKETEERS 』 アトス
『 ダークエイジ・ロマン 大聖堂 (2010)<TV> 』 フィリップ
ロビン・フッド (2010) ROBIN HOOD
『 リトル・ドリット (2008)<TVM> 』
『 ブローン・アパート (2008) 』 テレンス・ブッチャー
『 フロスト×ニクソン (2008) 』 ジョン・バード
『 ハウエルズ家のちょっとおかしなお葬式 (2007) 』 ダニエル
『 グラインドハウス (2007) 』
プライドと偏見 (2005) PRIDE & PREJUDICE 』 Mr.ダーシー
『 MI-5 英国機密諜報部 (シーズン3) (2004)<TV> 』 トム・クイン
『 MI-5 英国機密諜報部 (シーズン2) (2003)<TV> 』 トム・クイン
『 MI-5 英国機密諜報部 (シーズン1) (2002)<TV> 』 トム・クイン
エニグマ (2002) ENIGMA
『 コナン・ドイルの事件簿/ドクター・ベルの推理教室 (2000)<TVM> 』
『 ウォリアーズ/インポッシブル・ミッション (1999)<TVM> 』
などの映画・TV作品がある。


●『アンナ・カレーニナ』キャストフィルモ#06★ドーナル・グリーソン Domhnall Gleeson
 本映画『 アンナ・カレーニナ (2012) ANNA KARENINA 』で、リョーヴィン(コンスタンチン・ディミトリヴィチ・リョーヴィン)を演じるドーナル・グリーソン Domhnall Gleeson は、1982/01/13生まれ、アイルランド出身。ドーナル・グリーソンのフィルモグラフィーを見ると、
【フィルモグラフィー】
アンナ・カレーニナ (2012) ANNA KARENINA 』 リョーヴィン(コンスタンチン・ディミトリヴィチ・リョーヴィン)
『 ジャッジ・ドレッド (2012) 』 クラン・テッキー
『 シャドー・ダンサー (2011) 』 コナー・マクビー
ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2 (2011) HARRY POTTER AND THE DEATHLY HALLOWS: PART II 』 ビル・ウィーズリー
『 わたしを離さないで (2010) 』
トゥルー・グリット (2010) TRUE GRIT
ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1 (2010) HARRY POTTER AND THE DEATHLY HALLOWS: PART I 』 ビル・ウィーズリー
『 わが心の友 愛犬デヴォン (2009)<TVM> 』 アンソニー
等の映画・TV作品がある。


●『アンナ・カレーニナ』キャストフィルモ#07★ルース・ウィルソン Ruth Wilson
 本映画『 アンナ・カレーニナ (2012) ANNA KARENINA 』で、ベッツィ・トヴェルスカヤ王女を演じるルース・ウィルソン Ruth Wilson は、1982/01/13生まれ、イギリス出身。ルース・ウィルソンのフィルモグラフィーを見ると、
【フィルモグラフィー】
アンナ・カレーニナ (2012) ANNA KARENINA 』 ベッツィ・トヴェルスカヤ王女
『 刑事ジョン・ルーサー (シーズン2) (2011)<TV> 』 アリス・モーガン
『 刑事ジョン・ルーサー (シーズン1) (2010)<TV> 』 アリス・モーガン
『 スモールアイランド (2009)<TVM> 』
『 プリズナー No.6 (2009)<TV> 』 No.313
『 アガサ・クリスティー ミス・マープル3 復讐の女神 (2007)<TVM> 』 ジョージーナ
『 ジェイン・エア (2006)<TVM> 』
等の映画・TV作品がある。


●『アンナ・カレーニナ』キャストフィルモ#08★アリシア・ヴィキャンデル Alicia Vikander
 本映画『 アンナ・カレーニナ (2012) ANNA KARENINA 』で、キティ(カテリーナ・“キティ”・アレクサンドロヴナ・シチェルバツキー)を演じるアリシア・ヴィキャンデル Alicia Vikander は、1988/10/03生まれ、スウェーデン出身。アリシア・ヴィキャンデルのフィルモグラフィーを見ると、
 【フィルモグラフィー】
『 ロイヤル・アフェア 愛と欲望の王宮 (2012) 』 王妃カロリーネ・マティルデ
アンナ・カレーニナ (2012) ANNA KARENINA 』 キティ(カテリーナ・“キティ”・アレクサンドロヴナ・シチェルバツキー)
等の映画作品がある。


●『アンナ・カレーニナ』キャストフィルモ#09★オリヴィア・ウィリアムズ Olivia Williams
 本映画『 アンナ・カレーニナ (2012) ANNA KARENINA 』で、ヴロンスキー伯爵夫人を演じるオリヴィア・ウィリアムズ Olivia Williams は、1968/07/26生まれ、イギリス・ロンドン出身。オリヴィア・ウィリアムズのフィルモグラフィーを見ると、
 【フィルモグラフィー】
『 17歳のエンディングノート (2012) 』
アンナ・カレーニナ (2012) ANNA KARENINA 』 ヴロンスキー伯爵夫人
『 ケース・センシティブ 静かなる殺人 (2011〜)<TV> 』 チャーリー・ゼイラー
ハンナ (2011) HANNA 』 レイチェル
『 ゴーストライター (2010) 』
『 ドールハウス (シーズン2) (2009〜2010)<TV> 』 アデル・デウィット
『 ドールハウス (シーズン1) (2009)<TV> 』 アデル・デウィット
『 17歳の肖像 (2009) 』 スタッブス先生
『 マキシマム・ボルケーノ (2008)<TVM> 』
『 フラッシュバック (2008) 』 グレイス
『 X-MEN:ファイナル ディシジョン (2006) 』
『 アガサ・クリスティー/謎の失踪 失われた記憶 (2004)<TVM> 』
ピーター・パン (2003) PETER PAN 』 ダーリング夫人
ビロウ (2002) BELOW 』 クレア
『 エゴイスト (2001) 』
ラッキー・ブレイク (2001) 』 アナベル・スウィープ
『 アルゴノーツ 伝説の冒険者たち (2000)<TVM> 』 ヘラ
『 恋はサルサで! (2000) 』
デッドベイビーズ (2000) 』 ダイアナ
抹殺者 (2000) 』 シャロン・ゴールバン
『 SPACED 〜俺たちルームシェアリング〜 (1999〜2001)<TV> 』
シックス・センス (1999) THE SIXTH SENSE 』 アンナ・クロウ
『 天才マックスの世界 (1998) 』
『 フレンズ (4th Season) (1997〜1998)<TV> 』
『 ジェーン・オースティンのエマ (1997)<TVM> 』
『 ポストマン (1997) 』 アビー
等の映画・TV作品がある。


●『アンナ・カレーニナ』キャストフィルモ#10★エミリー・ワトソン Emily Watson
 本映画『 アンナ・カレーニナ (2012) ANNA KARENINA 』で、リディア・イワノヴナ伯爵夫人を演じるエミリー・ワトソン Emily Watson は、1967/01/14生まれ、イギリスのロンドン出身。エミリー・ワトソンのフィルモグラフィーを見ると、
【フィルモグラフィー】
アンナ・カレーニナ (2012) ANNA KARENINA 』 リディア・イワノヴナ伯爵夫人
戦火の馬 (2011) WAR HORSE 』 ローズ・ナラコット
『 オレンジと太陽 (2010) 』 出演
『 メモリー・キーパーの娘 (2008)<TVM> 』 キャロライン
『 脳内ニューヨーク (2008) 』 タミー
『 ウォーター・ホース (2007) 』 アン・マクマロウ
『 タイムクルセイド ドルフと聖地騎士団 (2006)<未> 』 出演
『 ミス・ポター (2006) 』 ミリー・ウォーン
『 プロポジション -血の誓約- (2005)<未> 』 マーサ・スタンリー
『 孤独な嘘 (2005)<未> 』 出演
ティム・バートンのコープスブライド (2005) TIM BURTON'S CORPSE BRIDE 』 ビクトリアの声
ライフ・イズ・コメディ! ピーター・セラーズの愛し方 (2004) THE LIFE AND DEATH OF PETER SELLERS 』 アン・セラーズ
パンチドランク・ラブ (2002) PUNCH-DRUNK LOVE 』 リナ・レナード
リベリオン (2002) EQUILIBRIUM 』 メアリー・オブライエン
レッド・ドラゴン (2002) RED DRAGON 』 リーバ・マクレーン
ゴスフォード・パーク (2001) GOSFORD PARK 』 エルシー(メイド)
『 愛のエチュード (2000) 』 出演
アンジェラの灰 (1999) ANGELA'S ASHES 』 出演
『 クレイドル・ウィル・ロック (1999) 』 出演
『 ほんとうのジャクリーヌ・デュ・プレ (1998) 』 出演
『 ボクサー (1997) 』 マギー
『 奇跡の海 (1996) 』 ベス
等の映画・TV作品がある。


●『アンナ・カレーニナ』キャストフィルモ#11★カーラ・デルヴィーニュ Cara Delvingne
 本映画『 アンナ・カレーニナ (2012) ANNA KARENINA 』で、ソロキナ嬢を演じるカーラ・デルヴィーニュ Cara Delvingne ののフィルモグラフィーを見ると、
【フィルモグラフィー】
アンナ・カレーニナ (2012) ANNA KARENINA 』 ソロキナ嬢
の映画作品がある。


※『ANNA KARENINA』-Wikipedia、『ANNA KARENINA』-IMDb、『アンナ・カレーニナ』EPK、公式サイト引用
| ←前の閲覧ページに戻る |▲TOP | ▲目次 |
映画の森てんこ森代表:幸田幸
coda_sati@hotmail.com
「映画の森てんこ森」へ 「旅行の森てんこ森」へ
映画解説・レヴュータイトル一覧表へ
映画の森てんこ森 バナー03

映画の森てんこ森 coda21幸田幸 クレジット バナー01
幸のイタリア各都市情報へ
旅行の森てんこ森 バナー03
136x70
本サイトの作文、データ及び画像などのコンテンツの無断転用はお控え下さい。
貴サイトへの御掲載についてはメールにてお知らせ頂ければ幸いです。
© 2002-2013 Sachi CODA at Eigano-Mori Tenko-Mori, CODA21. All Rights Reserved.



borocsoborocso  at 12:10 この記事をクリップ! 

アンナ・カレーニナのスタッフ&キャスト@映画の森てんこ森

アンナ・カレーニナのスタッフ&キャスト@映画の森てんこ森
 映画の森てんこ森■映画スタッフとキャスト
アンナ・カレーニナのスタッフ&キャスト
ANNA KARENINA
| 「映画の森てんこ森」表紙 | 新作映画Top | タイトル一覧 | 本ページ更新 |
■アンナ・カレーニナのスタッフとキャスト
以下は、映画『 アンナ・カレーニナ (2012) ANNA KARENINA 』のスタッフとキャストのリストです。
★映画『アンナ・カレーニナ』(画面切替)の詳しい情報はこちらをクリック⇒

【映画『アンナ・カレーニナ』のスタッフ】
監督 Directed by:ジョー・ライト Joe Wright
原作 Novel:レオ・トルストイ Leo Tolstoy 『アンナ・カレーニナ』
脚本 Screenplay by:トム・ストッパード Tom Stoppard
製作 Produced by:ティム・ビーヴァン Tim Bevan
   ポール・ウェブスター Paul Webster
製作総指揮 Executive Producer:ライザ・チェイシン Liza Chasin
音楽 Original Music by:ダリオ・マリアネッリ Dario Marianelli
撮影 Cinematography by:シーマス・マッガーヴェイ Seamus McGarvey
編集 Film Editing by:メラニー・アン・オリヴァー Melanie Oliver
プロダクション・デザイン Production Design by:サラ・グリーンウッド Sarah Greenwood
衣装デザイン Costume Design by:ジャクリーン・デュラン Jacqueline Durran


【映画『アンナ・カレーニナ』のキャスト】
出演・Cast (in credits order)
   マシュー・マクファディン Matthew Macfadyen ... Stepan "Stiva" Oblonsky ステパン・“スチーヴァ”・オブロンスキー
   エリック・マクレナン Eric MacLennan ... Matvey マトヴェイ
   ケリー・マクドナルド Kelly Macdonald ... Daria "Dolly" Alexandrovna ダーリヤ・“ドリー”・アレクサンドロヴナ
   テオ・モリッシー Theo Morrissey ... Grisha Oblonsky グリーシャ・オブロンスキー
   セシリー・モリッシー Cecily Morrissey ... Lili Oblonsky リリイ・オブロンスキー
   フレイヤ・ガルピン Freya Galpin ... Masha Oblonsky マーシャ・オブロンスキー
   オクタヴィア・モリッシー Octavia Morrissey ... Tanya Oblonsky ターニャ・オブロンスキー
   ビアトリス・モリッシー Beatrice Morrissey ... Vasya Oblonsky ヴァーシャ・オブロンスキー
   マリーヌ・バティエ Marine Battier ... Mlle. Roland ローラン先生
   キーラ・ナイトレイ Keira Knightley ... Anna Karenina アンナ・カレーニナ
   ギュロ・ナーゲルフス・スキア Guro Nagelhus Schia ... Annushka アーンヌシュカ
   アルハン・ガリエワ Aruhan Galieva ... Aruhan アルハン
   ジュード・ロウ Jude Law ... Alexei Karenin アレクセイ・カレーニン
   カール・グローズ Carl Grose ... Korney コルネイ
   ブライアン・ハンズ Bryan Hands ... Mikhail Slyudin ミハイル・スリューディン
   オスカー・マクナマラ Oskar McNamara ... Serhoza セリョージャ
   ルーク・ニューベリー Luke Newberry ... Vasily Lukich ヴァシーリー・ルキーチ
   オリヴィア・ウィリアムズ Olivia Williams ... Countess Vronsky ヴロンスキー伯爵夫人
   マイケル・シェーファー Michael Shaeffer ... Doorkeeper 門番
   ドーナル・グリーソン Domhnall Gleeson ... Konstantin Dimitrivich Levin コンスタンチン・ディミトリヴィチ・リョーヴィン
   スティーヴン・ベアード Steven Beard ... Elderly Waiter 年配のウェイター
   アリシア・ヴィキャンデル Alicia Vikander ... Katerina "Kitty" Alexandrovna Shcherbatsky カテリーナ・“キティ”・アレクサンドロヴナ・シチェルバツキー
   ピップ・トレンス Pip Torrens ... Prince Shcherbatsky シチェルバツキー王子
   スザンヌ・ロタール Susanne Lothar ... Princess Shcherbatsky シチェルバツキー王女
   アレクサンドラ・ローチ Alexandra Roach ... Countess Nordston ノードソン伯爵夫人
   ヘンリー・ロイド=ヒューズ Henry Lloyd-Hughes ... Burisov ブリソフ
   アーロン・テイラー=ジョンソン Aaron Taylor-Johnson ... Count Alexei Vronsky アレクセイ・ヴロンスキー伯爵
   デヴィッド・ウィルモット David Wilmot ... Nikolai ニコライ
   タニシュタ・チャテルジー Tannishtha Chatterjee ... Masha マーシャ
   ジョセフ・マクナブ Joseph Macnab ... Guards Officer 門衛
   ニック・ホルダー Nick Holder ... Stationmaster 駅長
   クレア・グリーンウェイ Claire Greenway ... Austrian Princess オーストリア人の王女
   マイク・シェパード Mike Shepherd ... Wheel Tapper 車輪職工
   アーサー・ナイチンゲ イル Arthur Nightingale ... Oblonsky's Servant オブロンスキーの召使
   バフィ・デイヴィス Buffy Davis ... Agafia アガフィア
   ガーラ・ウェッソン Gala Wesson ... Kitchen Maid 台所の下働きの女中
   エロス・ヴラホス Eros Vlahos ... Boris ボリス
   カイル・ソーラー Kyle Soller ... Korsunsky コルスンスキー
   サム・コックス Sam Cox ... Kapitonich カピトーニッチ
   マックス・ベネット Max Bennett ... Petritsky ペトリツキー
   ホリデイ・グレインジャー Holliday Grainger ... Baroness 男爵夫人
   ルース・ウィルソン Ruth Wilson ... Princess Betsy Tverskoy ベッツィ・トヴェルスコイ王女
   ジュード・モンク・マッゴーワン Jude Monk McGowan ... Tuskevitch
   アントニー・バーン Antony Byrne ... Colonel Demin デーミン大佐
   エミリー・ワトソン Emily Watson ... Countess Lydia Ivanova リディア・イワノヴァ伯爵夫人
   ミシェル・ドッカリー Michelle Dockery ... Princess Myagkaya 王女
   エメラルド・フェンネル Emerald Fennell ... Princess Merkalova メルカロワ王女
   サリーン・ソフェア Sarine Sofair ... Anna's Friend アンナの友人
   トーマス・ハウズ Thomas Howes ... Yashvin
   ラファエル・ペルソナーズ Raphael Personnaz ... Alexander Vronsky アレクサンダー・ヴロンスキー
   ビル・スカルスガルド Bill Skarsgard ... Captain Makhotin
   カーラ・デルヴィーニュ Cara Delevingne ... Princess Sorokina ソロキナ嬢
   ボディル・ブレイン Bodil Blain ... Princess Sorokina Senior 年長のソロキナ嬢
   ヘラ・ヒルマー Hera Hilmar ... Varya ヴァーヤ
   ケネス・コラード Kenneth Collard ... Prince Tverskoy トヴェルスカヤ王子
   スティーヴ・エヴェッツ Steve Evets ... Theodore テオドレ
   コナー・マッカリー Conor McCarry ... Young Peasant 若い百姓
   ジャイルズ・キング Giles King ... Stremov ストレモフ
   マーティン・ウィンブッシュ Martin Wimbush ... Anna's Doctor アンナの医師
   ジェームズ・ノースコート James Northcote ... Princess Betsy's Footman ベッツィ王女の従僕
   ダンカン・ウィズベイ Duncan Wisbey ... Shopkeeper 小売店主
   ジェイミー・ビーミッシュ Jamie Beamish ... Opera House Husband オペラ劇場の夫
   シャーリー・ヘンダーソン Shirley Henderson ... Opera House Wife オペラ劇場の妻
   サイモン・ミューラー Simon Muller ... Opera House Manager オペラ劇場の支配人
   ニコライ・レスター Nikolai Lester ... Piano Prodigy ピアノ神童
   ティリー=ベット・グラント Tillie-Bett Grant ... Baby Anya 赤ん坊のアーニャ


※スタッフ・キャスト及び登場人物の呼称が正確でない場合がありますのでご了承ください。
※参考資料:『ANNA KARENINA 』-IMDb、映画『アンナ・カレーニナ』-Wikipedia、『ANNA KARENINA』-Wikipedia英語版、『アンナ・カレーニナ』EPK、公式サイト
| ←前の閲覧ページに戻る |▲TOP | ▲目次 |
映画の森てんこ森代表:幸田幸
coda_sati@hotmail.com
「映画の森てんこ森」へ 「旅行の森てんこ森」へ
映画解説・レヴュータイトル一覧表へ
映画の森てんこ森 バナー03

映画の森てんこ森 coda21幸田幸 クレジット バナー01
幸のイタリア各都市情報へ
旅行の森てんこ森 バナー03
136x70
本サイトの作文、データ及び画像などのコンテンツの無断転用はお控え下さい。
貴サイトへの御掲載についてはメールにてお知らせ頂ければ幸いです。
© 2002-2013 Sachi CODA at Eigano-Mori Tenko-Mori, CODA21. All Rights Reserved.



borocsoborocso  at 12:05 この記事をクリップ! 

『アンナ・カレーニナ』スタッフフィルモ@映画の森てんこ森

『アンナ・カレーニナ』スタッフフィルモ@映画の森てんこ森
 映画の森てんこ森■映画『アンナ・カレーニナ』
『アンナ・カレーニナ』スタッフフィルモ
ANNA KARENINA
| 「映画の森てんこ森」表紙 | 新作映画Top | タイトル一覧 | 本ページ更新 |
■『アンナ・カレーニナ』スタッフフィルモ
 以下の映画『アンナ・カレーニナ』のスタッフ(crew)のフィルモグラフィーは、<『 アンナ・カレーニナ 』スタッフフィルモ>として番号整理しています。
 ※ネタバレご注意:以下の『 アンナ・カレーニナ (2012) ANNA KARENINA 』(画面切替)のスタッフのフィルモグラフィーにはネタバレが含まれている場合があります。映画『アンナ・カレーニナ (2012) ANNA KARENINA』(画面切替)をまだご覧になっていない方はご注意ください。

●『アンナ・カレーニナ』スタッフフィルモ#01◆ジョー・ライト Joe Wright
 本映画『 アンナ・カレーニナ (2012) ANNA KARENINA 』のジョー・ライト Joe Wright 監督は、1972年生まれ、イギリス・ロンドン出身。ジョー・ライトのフィルモグラフィーを見ると、
 【フィルモグラフィー】
アンナ・カレーニナ (2012) ANNA KARENINA 』 監督
ハンナ (2011) HANNA 』 監督
『 路上のソリスト (2009) 』 監督
『 つぐない (2007) 』 監督
プライドと偏見 (2005) PRIDE & PREJUDICE 』 監督
等の作品がある。


●『アンナ・カレーニナ』スタッフフィルモ#02◆レオ・トルストイ Leo Tolstoy
 本映画『 アンナ・カレーニナ (2012) ANNA KARENINA 』の原作者、レオ・トルストイ Leo Tolstoy、又はトルストイ Tolstoy、又はL・N・トルストイ L.N. Tolstoy の本名はCount Tolstoy Lev Nikolayevich。1828/08/28生まれの1910/11/20没、ロシア出身。L・N・トルストイ、又はトルストイ、又はレオ・トルストイのフィルモグラフィーを見ると、
 【フィルモグラフィー】
『 シベリヤの雪(復活) 』 原作
アンナ・カレーニナ (2012) ANNA KARENINA 』 原作
『 戦争と平和 (2007)<TV> 』 原作
『 クロイツェル・ソナタ 愛と官能の二重奏 (2006)<未> 』 原作
『 復活 (2001) 』 原作
『 アンナ・カレーニナ (1997) 』 原作
『 コーカサスの虜 (1996) 』 原作
『 太陽は夜も輝く (1990) 』 原作
『 クロイツェル・ソナタ (1987) 』 原作
『 ジャクリーン・ビセットの アンナ・カレーニナ (1985)<TVM> 』 原作
『 ラルジャン (1983) 』 原作
『 アンナ・カレーニナ (1977)<TV> 』 原作
『 アンナ・カレーニナ (1975) 』 原作
『 アンナ・カレーニナ (1967) 』 原作
『 戦争と平和 (1965〜1967) 』 原作
『 復活 (1961) 』 原作
『 戦争と平和 (1956) 』 原作
『 アンナ・カレニナ (1948) 』 原作
『 アンナ・カレニナ (1935) 』 原作
『 復活 (1934) 』 原作
『 白魔 (1929) 』 原作
『 生ける屍 (1928) 』 原作
『 アンナ・カレニナ (1927) 』 原作
『 復活 (1927) 』 原作
『 闇の力 (1924) 』 原作
『 復活 (1918) 』 原作
等の映画・TV作品がある。

●『アンナ・カレーニナ』スタッフフィルモ#03◆トム・ストッパード Tom Stoppard
 本映画『 アンナ・カレーニナ (2012) ANNA KARENINA 』で、脚本を担当しているトム・ストッパード Tom Stoppard は、1937/07/03生まれ、チェコスロヴァキアのズリン出身。トム・ストッパードのフィルモグラフィーを見ると、
【フィルモグラフィー】
『 パレーズ・エンド (2012)<TVM> 』 脚本/製作総指揮
アンナ・カレーニナ (2012) ANNA KARENINA 』 脚本
エニグマ (2002) ENIGMA 』 脚本
『 マーロウ 最後の依頼 (1999)<TVM> 』 脚本
『 ピノキオ ニュー・アドベンチャー (1999)<未> 』 脚本
恋におちたシェイクスピア (1998) SHAKESPEARE IN LOVE 』 脚本
『 ビリー・バスゲイト (1991) 』 脚本
『 ローゼンクランツとギルデンスターンは死んだ (1990) 』 監督/脚本/原作
『 ロシア・ハウス (1990) 』 脚本
『 太陽の帝国 (1987) 』 脚本
『 未来世紀ブラジル (1985) BRAZIL 』 脚本
『 ヒューマン・ファクター (1979)<未> 』 脚本
『 愛と哀しみのエリザベス (1975)<未> 』 脚本
等の映画作品がある。


●『アンナ・カレーニナ』スタッフフィルモ#04◆ティム・ビーヴァン Tim Bevan
 本映画『 アンナ・カレーニナ (2012) ANNA KARENINA 』で、製作を担当しているティム・ビーヴァン Tim Bevan のフィルモグラフィーを見ると、
【フィルモグラフィー】
アンナ・カレーニナ (2012) ANNA KARENINA 』 製作
『 レ・ミゼラブル (2012) 』 製作
『 だれもがクジラを愛してる。 (2012) 』 製作
裏切りのサーカス (2011) TINKER TAILOR SOLDIER SPY 』 製作
ジョニー・イングリッシュ 気休めの報酬 (2011) JOHNNY ENGLISH REBORN 』 製作
宇宙人ポール (2010) PAUL 』 製作
『 ナニー・マクフィーと空飛ぶ子ブタ (2010) 』 製作
『 アイルトン・セナ 〜音速の彼方へ (2010) 』 製作
『 グリーン・ゾーン (2010) 』 製作
シリアスマン (2009) A SERIOUS MAN 』 製作総指揮
『 パイレーツ・ロック (2009) 』 製作
『 路上のソリスト (2009) 』 製作総指揮
『 消されたヘッドライン (2009) 』 製作
『 ラブ・ダイアリーズ (2008)<未> 』 製作
『 ワイルド・ガール (2008)<未> 』 製作
『 バーン・アフター・リーディング (2008) 』 製作総指揮
『 フロスト×ニクソン (2008) 』 製作
『 ホット・ファズ 俺たちスーパーポリスメン! (2007) 』 製作
『 つぐない (2007) 』 製作
『 エリザベス:ゴールデン・エイジ (2007) 』 製作
『 Mr.ビーン カンヌで大迷惑?! (2007) 』 製作
『 スモーキン・エース/暗殺者がいっぱい (2007) 』 製作
『 くたばれ!イングランド (2006)<未> 』 製作
『 輝く夜明けに向かって (2006) 』 製作
ユナイテッド93 (2006) UNITED 93 / FLIGHT 93 』 製作
『 ダンシング・インサイド/明日を生きる (2005)<TVM> 』 製作総指揮
ナニー・マクフィーの魔法のステッキ (2005) NANNY McPHEE 』 製作
プライドと偏見 (2005) PRIDE & PREJUDICE 』 製作
ザ・インタープリター (2005) THE INTERPRETER 』 製作
『 チャンピオン 明日へのタイトルマッチ (2004)<未> 』 製作
『 ショーン・オブ・ザ・デッド (2004)<未> 』 製作総指揮
ウィンブルドン (2004) WIMBLEDON 』 製作総指揮
ブリジット・ジョーンズの日記 きれそうなわたしの12カ月 (2004) BRIDGET JONES: THE EDGE OF REASON 』 製作
サンダーバード (2004) THUNDERBIRDS 』 製作
『 ケリー・ザ・ギャング (2003)<未> 』 製作総指揮
『 彼氏がステキになったワケ (2003)<未> 』 製作総指揮
サーティーン/あの頃欲しかった愛のこと (2003) THIRTEEN 』 製作総指揮
ラブ・アクチュアリー (2003) LOVE ACTUALLY 』 製作
ジョニー・イングリッシュ (2003) JOHNNY ENGLISH 』 製作
『 ミニミニ大作戦 (2003) 』 製作総指揮
『 恋する40days (2002)<未> 』 製作
『 ザ・シャドー 呪いのパーティ (2002)<未> 』 製作総指揮
『 踊るマハラジャ★NYへ行く (2002)<未> 』 製作
処刑・ドット・コム (2002) MY LITTLE EYE 』 製作総指揮
『 アリ・G (2002) 』 製作
アバウト・ア・ボーイ (2002) ABOUT A BOY 』 製作
バーバー (2001) THE MAN WHO WASN'T THERE 』 製作総指揮
ブリジット・ジョーンズの日記 (2001) BRIDGET JONES'S DIARY 』 製作
コレリ大尉のマンドリン (2001) 』 製作
耳に残るは君の歌声 (2000) 』 製作総指揮
オー・ブラザー! (2000) 』 製作総指揮
ハイ・フィデリティ (2000) HIGH FIDELITY 』 製作
『 プランケット&マクレーン (1999) 』 製作
『 ハイロー・カントリー (1998) 』 製作
エリザベス (1998) ELIZABETH 』 製作
『 ビッグ・リボウスキ (1998) 』 製作総指揮
『 ボロワーズ/床下の小さな住人たち (1997)<未> 』 製作
『 恋はワンダフル!? (1997) 』 製作
ビーン (1997) 』 製作
『 永遠の夢/ネス湖伝説 (1996) 』 製作
ファーゴ (1996) FARGO 』 製作総指揮
『 ムーンライト&ヴァレンチノ (1995) 』 製作
『 デッドマン・ウォーキング (1995) 』 製作総指揮
『 フレンチ・キス (1995) 』 製作
『 未来は今 (1994) 』 製作総指揮
『 蜘蛛女 (1993) 』 製作総指揮
『 心の地図 (1992) 』 製作
『 ボブ★ロバーツ/陰謀が生んだ英雄 (1992) 』 製作総指揮
『 ロンドン・キルズ・ミー (1991) 』 製作
『 フィービー・ケイツの 私の彼は問題児(ドドンパ) (1991) 』 製作総指揮
『 フールズ・オブ・フォーチュン (1990) 』 製作総指揮
『 ハマースミスの6日間 (1990) 』 製作
『 彼女がステキな理由(わけ) (1989) 』 製作
『 ダイヤモンド・スカル (1989) 』 製作
『 女王と祖国のために (1988)<未> 』 製作
『 ペーパーハウス/霊少女 (1988)<未> 』 製作
『 Hなえっちな変態SMクラブ (1987)<未> 』 製作
『 マイ・ビューティフル・ランドレット (1985) 』 製作
等の映画・TV作品がある。


●『アンナ・カレーニナ』スタッフフィルモ#05◆ポール・ウェブスター Paul Webster
 本映画『 アンナ・カレーニナ (2012) ANNA KARENINA 』で、製作を担当しているポール・ウェブスター Paul Websterのフィルモグラフィーを見ると、
【フィルモグラフィー】
アンナ・カレーニナ (2012) ANNA KARENINA 』 製作
砂漠でサーモン・フィッシング (2011) SALMON FISHING IN THE YEMEN 』 製作
『 ブライトン・ロック (2010)<未> 』 製作
『 ペティグルーさんの運命の1日 (2008)<未> 』 製作総指揮
『 ディズニーネイチャー/フラミンゴに隠された地球の秘密 (2008) 』 製作
『 イースタン・プロミス (2007) 』 製作
『 つぐない (2007) 』 製作
プライドと偏見 (2005) PRIDE & PREJUDICE 』 製作
『 アンビリーバブル (2003)<未> 』 製作総指揮
モーターサイクル・ダイアリーズ (2004) THE MOTORCYCLE DIARIES 』 製作総指揮
『 ミランダ (2002)<未> 』 製作総指揮
家族のかたち (2002) ONCE UPON A TIME IN THE MIDLANDS 』 製作総指揮
『 バースデイ・ガール (2002) 』 製作総指揮
『 帽子を脱いだナポレオン (2001)<未> 』 製作総指揮
戦争のはじめかた (2001) BUFFALO SOLDIERS 』 製作総指揮
シャーロット・グレイ (2001) 』 製作総指揮
ラッキー・ブレイク (2001) 』 製作総指揮
裏切り者 (2000) 』 製作
『 グリッドロック (1996) 』 製作
『 ハッピィブルー (1996) 』 製作
『 リトル・オデッサ (1994) 』 製作
『 蜘蛛女 (1993) 』 製作
『 ボブ★ロバーツ/陰謀が生んだ英雄 (1992) 』 製作総指揮
『 フィービー・ケイツの 私の彼は問題児(ドドンパ) (1991) 』 製作
等の映画作品がある。


●『アンナ・カレーニナ』スタッフフィルモ#06◆ライザ・チェイシン Liza Chasin
 本映画『 アンナ・カレーニナ (2012) ANNA KARENINA 』で、製作総指揮を担当しているライザ・チェイシン Liza Chasin のフィルモグラフィーを見ると、
【フィルモグラフィー】
アンナ・カレーニナ (2012) ANNA KARENINA 』 製作総指揮
『 レ・ミゼラブル (2012) 』 製作総指揮
『 だれもがクジラを愛してる。 (2012) 』 製作総指揮
裏切りのサーカス (2011) TINKER TAILOR SOLDIER SPY 』 製作総指揮
ジョニー・イングリッシュ 気休めの報酬 (2011) JOHNNY ENGLISH REBORN 』 製作総指揮
宇宙人ポール (2010) PAUL 』 製作総指揮
『 ナニー・マクフィーと空飛ぶ子ブタ (2010) 』 製作総指揮
『 アイルトン・セナ 〜音速の彼方へ (2010) 』 製作総指揮
『 グリーン・ゾーン (2010) 』 製作総指揮
『 パイレーツ・ロック (2009) 』 製作総指揮
『 消されたヘッドライン (2009) 』 製作総指揮
『 ラブ・ダイアリーズ (2008)<未> 』 製作総指揮
『 ワイルド・ガール (2008)<未> 』 製作総指揮
『 フロスト×ニクソン (2008) 』 製作総指揮
『 エリザベス:ゴールデン・エイジ (2007) 』 製作総指揮
『 スモーキン・エース/暗殺者がいっぱい (2007) 』 製作
『 輝く夜明けに向かって (2006) 』 製作総指揮
ユナイテッド93 (2006) UNITED 93 / FLIGHT 93 』 製作総指揮
ナニー・マクフィーの魔法のステッキ (2005) NANNY McPHEE 』 製作総指揮
プライドと偏見 (2005) PRIDE & PREJUDICE 』 製作総指揮
ウィンブルドン (2004) WIMBLEDON 』 製作
ブリジット・ジョーンズの日記 きれそうなわたしの12カ月 (2004) BRIDGET JONES: THE EDGE OF REASON 』 製作総指揮
サンダーバード (2004) THUNDERBIRDS 』 製作総指揮
サーティーン/あの頃欲しかった愛のこと (2003) THIRTEEN 』 製作総指揮
『 恋する40days (2002)<未> 』 製作総指揮
『 踊るマハラジャ★NYへ行く (2002)<未> 』 製作総指揮
等の映画作品がある。


●『アンナ・カレーニナ』スタッフフィルモ#07◆ダリオ・マリアネッリ Dario Marianelli
 【フィルモグラフィー】
 本映画『 アンナ・カレーニナ (2012) ANNA KARENINA 』で、音楽を担当しているダリオ・マリアネッリ Dario Marianelli のフィルモグラフィーを見ると、
【フィルモグラフィー】
アンナ・カレーニナ (2012) ANNA KARENINA 』 音楽
砂漠でサーモン・フィッシング (2011) SALMON FISHING IN THE YEMEN 』 音楽
ジェーン・エア (2011) JANE EYRE
『 食べて、祈って、恋をして (2010) 』
『 みんな元気 (2009)<未> 』
『 アレクサンドリア (2009) 』
『 路上のソリスト (2009) 』
『 デス・トリップ (2007)<未> 』
『 マンデラの名もなき看守 (2007) 』
『 つぐない (2007) 』
『 ブレイブ ワン (2007) 』
『 ルワンダの涙 (2005) 』
Vフォー・ヴェンデッタ (2006) V FOR VENDETTA
プライドと偏見 (2005) PRIDE & PREJUDICE
ポビーとディンガン (2005) POBBY AND DINGAN / OPAL DREAMS
ブラザーズ・グリム (2005) THE BROTHERS GRIMM
イン・ディス・ワールド (2002) IN THIS WORLD
等の映画作品がある。


●『アンナ・カレーニナ』スタッフフィルモ#08◆シーマス・マッガーヴェイ Seamus McGarvey
 本映画『 アンナ・カレーニナ (2012) ANNA KARENINA 』で、撮影を担当しているシーマス・マッガーヴェイ、又はシェイマス・マクガーヴィー Seamus McGarvey のフィルモグラフィーを見ると、
【フィルモグラフィー】
アンナ・カレーニナ (2012) ANNA KARENINA 』 撮影
アベンジャーズ (2012) THE AVENGERS 』 撮影
『 少年は残酷な弓を射る (2011) 』 撮影
『 ノーウェアボーイ ひとりぼっちのあいつ (2009) 』 撮影
『 路上のソリスト (2009) 』 撮影
『 つぐない (2007) 』 撮影
『 シャーロットのおくりもの (2006) 』 撮影
『 ワールド・トレード・センター (2006) 』 撮影
サハラ 死の砂漠を脱出せよ (2005) SAHARA 』 撮影
『 ポリーmy love (2004)<未> 』 撮影
めぐりあう時間たち (2002) THE HOURS 』 撮影
『 エマ・トンプソンのウィット/命の詩 (2001)<TVM> 』 撮影
エニグマ (2002) ENIGMA 』 撮影
ハイ・フィデリティ (2000) HIGH FIDELITY 』 撮影
『 シザーズ・カップ (1999)<未> 』 撮影
『 マップ・オブ・ザ・ワールド (1999) 』 撮影
『 素肌の涙 (1998) 』 撮影
『 ウィンター・ゲスト (1997) 』 撮影
『 バタフライ・キス (1995) 』 撮影
等の映画・TV作品がある。


●『アンナ・カレーニナ』スタッフフィルモ#09◆メラニー・オリヴァー Melanie Oliver
 本映画『 アンナ・カレーニナ (2012) ANNA KARENINA 』で、編集を担当しているメラニー・オリヴァー Melanie Oliver 又は、メラニー・アン・オリヴァー Melanie Ann Oliver のフィルモグラフィーを見ると、
【フィルモグラフィー】
アンナ・カレーニナ (2012) ANNA KARENINA 』 編集
ジェーン・エア (2011) JANE EYRE
『 くたばれ!ユナイテッド -サッカー万歳!- (2009)<未> 』
『 マンスフィールド・パーク (2007)<TVM> 』
等の映画・TV作品がある。


●『アンナ・カレーニナ』スタッフフィルモ#10◆サラ・グリーンウッド Sarah Greenwood
 本映画『 アンナ・カレーニナ (2012) ANNA KARENINA 』で、プロダクションデザインを担当するサラ・グリーンウッド Sarah Greenwood のフィルモグラフィーを見ると、
 【フィルモグラフィー】
アンナ・カレーニナ (2012) ANNA KARENINA 』 プロダクションデザイン
シャーロック・ホームズ シャドウ ゲーム (2011) SHERLOCK HOLMES: A GAME OF SHADOWS
ハンナ (2011) HANNA
シャーロック・ホームズ (2009) SHERLOCK HOLMES
『 路上のソリスト (2009) 』
『 つぐない (2007) 』
プライドと偏見 (2005) PRIDE & PREJUDICE
等の映画・TV作品がある。


●『アンナ・カレーニナ』スタッフフィルモ#11◆ジャクリーン・デュラン Jacqueline Durran
 本映画『 アンナ・カレーニナ (2012) ANNA KARENINA 』で、衣装デザインを担当しているジャクリーン・デュラン Jacqueline Durran のフィルモグラフィーを見ると、
【フィルモグラフィー】
アンナ・カレーニナ (2012) ANNA KARENINA 』 衣装デザイン
裏切りのサーカス (2011) TINKER TAILOR SOLDIER SPY 』 衣装デザイン
家族の庭 (2010) ANOTHER YEAR 』 衣装デザイン
『 ナニー・マクフィーと空飛ぶ子ブタ (2010) 』 衣装デザイン
『 路上のソリスト (2009) 』 衣装デザイン
『 つぐない (2007) 』 衣装デザイン
プライドと偏見 (2005) PRIDE & PREJUDICE 』 衣装デザイン
ヴェラ・ドレイク (2004) VERA DRAKE 』 衣装
等の映画作品がある。


※『ANNA KARENINA』-Wikipedia、『ANNA KARENINA』-IMDb、『アンナ・カレーニナ』EPK、公式サイト引用
| ←前の閲覧ページに戻る |▲TOP | ▲目次 |
映画の森てんこ森代表:幸田幸
coda_sati@hotmail.com
「映画の森てんこ森」へ 「旅行の森てんこ森」へ
映画解説・レヴュータイトル一覧表へ
映画の森てんこ森 バナー03

映画の森てんこ森 coda21幸田幸 クレジット バナー01
幸のイタリア各都市情報へ
旅行の森てんこ森 バナー03
136x70
本サイトの作文、データ及び画像などのコンテンツの無断転用はお控え下さい。
貴サイトへの御掲載についてはメールにてお知らせ頂ければ幸いです。
© 2002-2013 Sachi CODA at Eigano-Mori Tenko-Mori, CODA21. All Rights Reserved.



borocsoborocso  at 12:01 この記事をクリップ! 

ライジング・ドラゴンの解説@映画の森てんこ森

ライジング・ドラゴンの解説@映画の森てんこ森
 映画の森てんこ森■映画解説
ライジング・ドラゴンの解説
十二生肖 (原題) / CHINESE ZODIAC / CZ12 (英題)
| 「映画の森てんこ森」表紙 | 新作映画Top | タイトル一覧 | 本ページ更新 |
■ライジング・ドラゴンの解説
【映画『ライジング・ドラゴン』解説】#01
 映画『 ライジング・ドラゴン (2012) 十二生肖 / CHINESE ZODIAC / CZ12 』は、2012年に公開されたジャッキー・チェン主演の香港のアクション/サスペンス映画。。香港では2012年12月12日(Hong Kong International Film Festival)、2012年12月20日公開。日本では、2013年4月13日(土)より、角川映画より配給、全国公開される予定だ。

 本作『 ライジング・ドラゴン (2012) 十二生肖 / CHINESE ZODIAC / CZ12 』のポスターのキャッチコピーは、
 <ジャッキー・チェン 最後のアクション超大作!>

【映画『ライジング・ドラゴン』解説】#02
 ★映画『 ライジング・ドラゴン (2012) 十二生肖 / CHINESE ZODIAC / CZ12 』の指揮を執る監督は、本映画『 ライジング・ドラゴン (2012) 十二生肖 / CHINESE ZODIAC / CZ12 』他、『 1911 (2010) 辛亥革命 (原題) / 1911 XINHAI REVOLUTION (英題) 』『 新少林寺/SHAOLIN (2011) 新少林寺(原題)/ SHAOLIN 』『 カンフー・パンダ2 (2011) KUNG FU PANDA 2 』『 ラスト・ソルジャー (2010) 』『 ベスト・キッド (2010) 』等のジャッキー・チェン 成龍 Jackie Chan
 ★脚本は、本映画『 ライジング・ドラゴン (2012) 十二生肖 / CHINESE ZODIAC / CZ12 』他、フランキー・チャン 陳勲奇 Frankie Chanエドワード・タン 景生 Edward Tang、『 THE MYTH/神話 (2005) 驚天傳奇 (原題) / THE MYTH (英題) 』等のスタンリー・トン 唐季礼 Stanley Tong、そして前述のジャッキー・チェン 成龍 Jackie Chan
 ★製作には、本映画『 ライジング・ドラゴン (2012) 十二生肖 / CHINESE ZODIAC / CZ12 』他、エスモンド・ルネ Esmond Rene、『 さらば復讐の狼たちよ (2010) 譲子弾飛(原題) / LET THE BULLETS FLY 』等のバービー・タン 董韻詩 Barbie Tung、『 世界 (2005) THE WORLD 』等のワン・ティエンユン 汪天雲 Tianyan Wang、『 ココシリ:マウンテン・パトロール (2004) 可可西里 / KEKEXILI: MOUNTAIN PATROL 』『 カンフーハッスル (2004) 功夫 (原題) / KUNG FU HUSTLE (英題) 』等のワン・チョンレイ 王中磊 Zhonglei Wang、『 新少林寺/SHAOLIN (2011) 新少林寺(原題)/ SHAOLIN 』『 THE MYTH/神話 (2005) 驚天傳奇 (原題) / THE MYTH (英題) 』『 6AM (2004) 大無謂 / 大無畏 / 6 AM (英題) 』『 香港国際警察/NEW POLICE STORY (2004) 新警察故事 (原題) / NEW POLICE STORY (英題) 』等のアルバート・ヤン 楊受成 Albert Yeungチャン・ダジュン Dajun Zhang、そして前述のジャッキー・チェン 成龍 Jackie Chan
 ★製作総指揮には、本映画『 ライジング・ドラゴン (2012) 十二生肖 / CHINESE ZODIAC / CZ12 』他、『 新少林寺/SHAOLIN (2011) 新少林寺(原題)/ SHAOLIN 』『 ヘブン・アンド・アース (2003) WARRIORS OF HEAVEN AND EARTH 』等のワン・チョンジュン 王中軍 Zhongjun Wang、『 白雪姫と鏡の女王 (2012) MIRROR MIRROR 』『 モンスター上司 (2011) HORRIBLE BOSSES 』等のブレット・ラトナー Brett Ratner、そして前述のジャッキー・チェン 成龍 Jackie Chan
 ★音楽は、本映画『 ライジング・ドラゴン (2012) 十二生肖 / CHINESE ZODIAC / CZ12 』他、ロック・チェン阿鯤 Roc Chen、そしてネイサン・ワン 王宗賢 Nathan Wang
 ★撮影監督は、本映画『 ライジング・ドラゴン (2012) 十二生肖 / CHINESE ZODIAC / CZ12 』他、『 デイジー (2006) DAISY 』『 頭文字[イニシャル]D THE MOVIE (2005) INITIAL D 』『 インファナル・アフェア 終極無間 (2003) 無間道III (原題) / INFERNAL AFFAIRS III (英題) 』『 インファナル・アフェア 無間序曲 (2003) 無間道II (原題) / INFERNAL AFFAIRS II (英題) 』等のン・マンチン 伍文拯 Man-Ching Ng、そして前述のジャッキー・チェン 成龍 Jackie Chan
 ★編集は、本映画『 ライジング・ドラゴン (2012) 十二生肖 / CHINESE ZODIAC / CZ12 』他、『 ドラゴンゲート 空飛ぶ剣と幻の秘宝 (2011) 龍門飛甲 (原題) / FLYING SWORDS OF DRAGON GATE (英題) 』『 新少林寺/SHAOLIN (2011) 新少林寺(原題)/ SHAOLIN 』『 王朝の陰謀 判事ディーと人体発火怪奇事件 (2010) DETECTIVE DEE AND THE MYSTERY OF THE PHANTOM FLAME 』等のヤウ・チーワイ 邱志偉 Chi Wai Yau
 ★美術は、本映画『 ライジング・ドラゴン (2012) 十二生肖 / CHINESE ZODIAC / CZ12 』他、前述のジャッキー・チェン 成龍 Jackie Chan
 ★プロダクションデザインは、本映画『 ライジング・ドラゴン (2012) 十二生肖 / CHINESE ZODIAC / CZ12 』他、『 THE MYTH/神話 (2005) 驚天傳奇 (原題) / THE MYTH (英題) 』『 カンフーハッスル (2004) 功夫 (原題) / KUNG FU HUSTLE (英題) 』『 メダリオン (2003) 飛龍再生 (原題) / THE MEDALLION (英題) 』等のオリヴァー・ウォン 黄鋭民 Oliver Wong
 ★イメージ美術は、本映画『 ライジング・ドラゴン (2012) 十二生肖 / CHINESE ZODIAC / CZ12 』他、『 SPIRIT (2006) 霍元甲 (原題) / FEARLESS (英題) 』等のトーマス・チョン・チーリョン荘志良 Thomas Chong Chi-Leung
 ★視覚効果監修は、本映画『 ライジング・ドラゴン (2012) 十二生肖 / CHINESE ZODIAC / CZ12 』他、マックス・チェン Max Chan、そしてハン・ユンウ Young-woo Han

【映画『ライジング・ドラゴン』解説】#03
 『 ライジング・ドラゴン (2012) 十二生肖 / CHINESE ZODIAC / CZ12 』のキャストは、
 ★主人公トレジャーハンター/ジェイ・シー≪JC≫役に、ジャッキー・チェン 成龍 Jackie Chan
 ★共演は、サイモン役には、『マルチュク青春通り』(08)で日本でも人気のクォン・サンウ 権相佑 Sang-woo Kwon
 ★ボニー役には、テコンドー選手権で優勝経験があり、作中でも見事なアクションを見せるジャン・ランシン,又はジャン・ランシン 張藍心 Zhang Lanxin
 ★ココ役には、中国ゴールデンルースター賞で最優秀女優賞にノミネートされたヤオ・シントン 姚星? Xingtong Yao
 ★さらにキャサリン役には、フランスから、『 ロシアン・ドールズ (2005) LES POUPEES RUSSES (原題) / THE RUSSIAN DOLLS (英題) 』等のローラ・ワイスベッカー Laura Weissbecker と、3人の美女が激しいアクションに華を添える。
 その他、
 ★デビッドの妻役には、『 トランスポーター (2002) LE TRANSPORTEUR / THE TRANSPORTER 』等のスー・チー 舒淇 Qi Shu
 ★ローレンス・モーガン役には、『 ラブ&ドラッグ (2010) LOVE AND OTHER DRUGS / LOVE & OTHER DRUGS (別題) 』『 カサノバ (2005) CASANOVA 』『 バイバイ、ママ (2005) LOVERBOY 』『 愛についてのキンゼイ・レポート (2004) KINSEY 』等のオリヴァー・プラット Oliver Platt
 ★ケイティ役には、『 ジョン・カーター (2012) JOHN CARTER 』『 リミットレス (2011) LIMITLESS 』等のケイトリン・デシェル Caitlin Dechelle
 ★ウ・シン役には、『 花都大戦(はなのみやこたいせん) ツインズ・エフェクトII (2004) 千機變II (原題) / TWINS EFFECT 2 / THE HUADU CHRONICLES: BLADE OF THE ROSE 』『 五月の恋 (2004) 五月之戀 (原題) / LOVE OF MAY (英題) 』等のチェン・ボーリン 陳柏霖 Bo-lin Chen
 ★海賊の親分役には、『 イントゥ・ザ・サン (2005) INTO THE SUN 』『 香港国際警察/NEW POLICE STORY (2004) 新警察故事 (原題) / NEW POLICE STORY (英題) 』『 スター・ランナー (2003) 少年阿虎 / STAR RUNNER 』等のケン・ロー 盧恵光 Ken Lo
 ★海賊役には、『 ダニー・ザ・ドッグ (2005) UNLEASHED / DANNY THE DOG 』等のカズ・パトリック・タン 健泓 Kazu Patrick Tang
 ★病院の医師役には、『 ドラゴン・プロジェクト (2005) 精武家庭 (原題) / HOUSE OF FURY (英題) 』『 ディバージェンス −運命の交差点− (2005) 三岔口 (原題) / DIVERGENCE (英題) 』『 花都大戦(はなのみやこたいせん) ツインズ・エフェクトII (2004) 千機變II (原題) / TWINS EFFECT 2 / THE HUADU CHRONICLES: BLADE OF THE ROSE 』『 マジック・キッチン (2004) 魔幻厨房 / MAGIC KITCHEN 』等のダニエル・ウー 呉彦祖 Daniel Wu
 ★スペイン人のレポーター役には、『 コンテイジョン (2011) CONTAGION 』等のアンドリュー・ダシュ 梅喜楽 Andrew Dasz
 ★JCの妻役には、ジョアン・リン・フォンチャオ 林鳳嬌
 ★デビッド役には、リャオ・ファン又はリアオ・ファン 廖凡 Fan Liao
 ★フランス人のメイド役には、『 ステップフォード・ワイフ (2004) THE STEPFORD WIVES 』『 チェンジング・レーン (2002) CHANGING LANES 』等のミリアム・ブランカエル Myriam Blanckaert
 ★ピエールのボディーガード役には、『 ダニー・ザ・ドッグ (2005) UNLEASHED / DANNY THE DOG 』『 ミッション・クレオパトラ (2002) ASTERIX & OBELIX: MISSION CLEOPATRE (原題) / ASTERIX & OBELIX: MISSION CLEOPATRA (米題) 』『 あるいは裏切りという名の犬 (2004) 36 QUAI DES ORFEVRES 』等のエマニュエル・レンツィ Emmanuel Lanzi
 ★ピエールのボディーガード役には、『 96時間/リベンジ (2012) TAKEN 2 』等のオリヴィエ・サ Olivier Sa

【映画『ライジング・ドラゴン』解説】#04
 本映画『 ライジング・ドラゴン (2012) 十二生肖 / CHINESE ZODIAC / CZ12 』は、失われた12神像を追って、パリ、南太平洋、そして熔岩うずまく活火山へ!壮絶なアクションに込められた、ジャッキー・チェンからのラスト・メッセージ!!
 『 ベスト・キッド (2010) 』で初めてのハンという師匠役に挑戦。『 1911 (2010) 辛亥革命 (原題) / 1911 XINHAI REVOLUTION (英題) 』では中国近代史の壮大なドラマを描くなど、新境地を開拓していたジャッキー・チェン。そんな彼が、40年を超える映画活動の総決算として、原点に帰りノー・スタントで挑む最後のアクション超大作。それが本映画『 ライジング・ドラゴン (2012) 十二生肖 / CHINESE ZODIAC / CZ12 』だ。
 監督は『 1911 (2010) 辛亥革命 (原題) / 1911 XINHAI REVOLUTION (英題) 』に続き、ビッグプロジェクトに挑んだジャッキー・チェン。脚本はジャッキーに加え『レッド・ブロンクス』『ファイナル・プロジェクト』など、90年代の世界的ヒット作を監督したスタンリー・トンと、『ヤング・マスター 師弟出馬』(80)からジャッキーを支えてきたベテランのエドワード・タンが、がっちりスクラム。
 本映画『 ライジング・ドラゴン (2012) 十二生肖 / CHINESE ZODIAC / CZ12 』は、クンフー(カンフー)+掟破りのデス・スタント!
 CGを超えた『ライジング・アクション』に振り落とされるな!!


【映画『ライジング・ドラゴン』解説】#05
 本映画『 ライジング・ドラゴン (2012) 十二生肖 / CHINESE ZODIAC / CZ12 』は、CGやデジタルSFXの誕生以前から、世界を驚かせてきたジャッキー・アクションが、最後の舞台を迎え、今ここに更なる進化を遂げた!
 道を、壁を、天井を、変幻自在に疾走するローラーブレード・スーツ。
 鮮やかに宙を舞うポータブル・パラグライダー。
 南海の孤島での落下スタントに、巨大地下アジトでのエンドレス・バトル。
 クライマックスは噴煙湧き上がる火山にアタックする、死のスカイダイビング。
 目を疑うデンジャラス・スタントと、クンフー(カンフー)・テクニックを融合。
 本映画『 ライジング・ドラゴン (2012) 十二生肖 / CHINESE ZODIAC / CZ12 』は、ジャッキー史上、最高に面白い!
 泣いても笑っても、これがジャッキー・チェン、最後のアクション超大作。
 加速する『ライジング・アクション』に乗り遅れるな!
 現代映画史を駆け抜けた≪生ける伝説(リビング・レジェンド)≫の、最後にして最高傑作を、大スクリーンで目撃せよ!!


※livedoor版【ライジング・ドラゴンの解説@映画の森てんこ森】
※参考資料:『ライジング・ドラゴン』EPK、公式サイト『ライジング・ドラゴン』、『十二生肖 / CHINESE ZODIAC / CZ12』-Wikipedia

Text編集:安藤奈津

| ←前の閲覧ページに戻る |▲TOP | ▲目次 |
映画の森てんこ森代表:幸田幸
coda_sati@hotmail.com
「映画の森てんこ森」へ 「旅行の森てんこ森」へ
映画解説・レヴュータイトル一覧表へ
映画の森てんこ森 バナー03

映画の森てんこ森 coda21幸田幸 クレジット バナー01
幸のイタリア各都市情報へ
旅行の森てんこ森 バナー03
136x70
本サイトの作文、データ及び画像などのコンテンツの無断転用はお控え下さい。
貴サイトへの御掲載についてはメールにてお知らせ頂ければ幸いです。
© 2002-2013 Sachi CODA at Eigano-Mori Tenko-Mori, CODA21. All Rights Reserved.



borocsoborocso  at 12:00 この記事をクリップ! 

ネタバレ映画/アンナ・カレーニナ@映画の森てんこ森

ネタバレ映画/アンナ・カレーニナ@映画の森てんこ森
 映画の森てんこ森■映画解説と予告編とレヴュー■映画ネタバレ
アンナ・カレーニナ
ANNA KARENINA
| 「映画の森てんこ森」表紙 | 新作映画Top | タイトル一覧 | 本ページ更新 |
ネタバレ映画/アンナ・カレーニナ
ネタバレ注意@映画の森てんこ森
ストーリー展開の前知識やネタバレがお好みでない方は、読まないで下さい。
■ネタバレ映画/アンナ・カレーニナ@映画の森てんこ森
 GoogleやYahoo!の検索エンジンで、映画の森てんこ森のネタバレファイルをお探しの場合は、
ネタバレ アンナ・カレーニナ>又は
アンナ・カレーニナ ネタバレ>と入力してください。

【『アンナ・カレーニナ』ネタバレ】
ネタバレご注意:以下の<ネタバレ映画/アンナ・カレーニナ@映画の森てんこ森>のあらすじ・ストーリー・結末にはネタバレが含まれています。映画『 アンナ・カレーニナ (2012) ANNA KARENINA 』をまだご覧になっていない方は、どうかネタバレにご注意ください。
 Warning!Plot synopsis, storyline and story-end items below here contain information that may give away important plot points. You may not want to read any further if you've not already seen this title.

★『 アンナ・カレーニナ 』劇場公開情報
 2013年3月29日(金)より、TOHOシネマズ 日劇ほかにて全国ロードショー!!
 ※日本配給情報: 劇場公開(ギャガ)


 本ファイル<ネタバレ映画/アンナ・カレーニナ>や、このページの他の「ネタバレ」コンテンツは、先行公開されている海外の映画作品を劇場鑑賞やDVD鑑賞したり、<Wikipedia>英語版の記事やその他の海外映画情報を幸田幸@映画の森てんこ森が翻訳編集したりして、ネタバレ版テキストを作成・アップしています。<ネタバレ映画/アンナ・カレーニナ>のあらすじに私の鑑賞誤解があったり、文章表現が稚拙であったり、直訳的だったり、翻訳ミスがある場合がありますので、どうかご了承くださいますようにお願い申し上げます。

<ネタバレ映画/アンナ・カレーニナ>の仕切り線

【アンナ・カレーニナ/あらすじ結末までネタバレ満開 第01段落】
 1874年、ロシア帝国。モスクワの邸宅の一室では、家長のステパン・“スチーヴァ”・オブロンスキー(マシュー・マクファディン)がお抱えの床屋に髭を綺麗に剃らせている。別室では、妻のダーリヤ・“ドリー”・アレクサンドロヴナ(ケリー・マクドナルド)が五人の子供たちグリーシャ、リリイ、マーシャ、ターニャ、ヴァーシャをフランス語のレッスンのための着替えを。

【アンナ・カレーニナ/あらすじ結末までネタバレ満開 第02段落】
 スチーヴァが娘にお菓子を上げて、フランス語の住み込み女家庭教師ローラン先生(マリーヌ・バティエ)がそれを咎める。が、スチーヴァがローランの肩を軽く叩いて合図すると、ローランは教え子に読みをさせておいて、二人はクローゼットに急いで入りこんで関係を持つ。

【アンナ・カレーニナ/あらすじ結末までネタバレ満開 第03段落】
 女家庭教師ローランの手紙を見つけてしまったスチーヴァの妻ドリーは夫の浮気を知って涙に暮れる。こうして、スチーヴァの妹のアンナ・カレーニナ(キーラ・ナイトレイ)が、兄夫婦の別れ話の仲裁をするためにサンクトペテルブルグから呼ばれるのだ。

【アンナ・カレーニナ/あらすじ結末までネタバレ満開 第04段落】
 アンナ・カレーニナはずっと年上の政府高官の夫アレクセイ・カレーニン(ジュード・ロウ)と一人息子のセリョージャ(オスカー・マクナマラ)がいる美貌の社交界の華。夫は他人の問題に介入することを好ましく思わないが、一応は妻のモスクワ行きを許す。息子はお土産なんかいらないから遠くに行かないでと駄々をこねる。

【アンナ・カレーニナ/あらすじ結末までネタバレ満開 第05段落】
 アンナは列車では、ロシア社交界で悪名高い評判のヴロンスキー伯爵夫人(オリヴィア・ウィリアムズ)の席と向かいになる。その頃モスクワでは、アンナの兄スチーヴァ・オブロンスキーのオフィスに旧友コンスタンチン・ディミトリヴィチ・リョーヴィン(ドーナル・グリーソン)が訪れていた。リョーヴィンは裕福な地主だ。

【アンナ・カレーニナ/あらすじ結末までネタバレ満開 第06段落】
 リョーヴィンは、スチーヴァの義理の妹つまり別れ話の出ている妻ドリーの妹キティを愛していて結婚したいとスチーヴァに告白する。この前に自分でプロポーズすればよかったのに、とスチーヴァに言われるが、高嶺の花で言えなかったが、やはり彼女のいない暮らしは想像できないと言って、旧友スチーヴァの応援を得る。

【アンナ・カレーニナ/あらすじ結末までネタバレ満開 第07段落】
 リョーヴィンはスチーヴァにその夜のパーティに招待されて、その場でカテリーナ・“キティ”・アレクサンドロヴナ・シチェルバツキー(アリシア・ヴィキャンデル)にプロポーズする決意で来た。スチーヴァは、良き夫、良き父親でやってきたのに、妻は年をとってうんざりしたから若い女と浮気に走ったと、時の不公平さを嘆く。

【アンナ・カレーニナ/あらすじ結末までネタバレ満開 第08段落】
 キティのハートを射止めるライバル、ヴロンスキー伯爵のことを聞いたことがあるかとスチーヴァがリョーヴィンに訊いていると、キティがバルコニーからリョーヴィンの名を呼んでいる。それですぐにキティに会いに行くと、キティはリョーヴィンがモスクワにいて嬉しいと語る。リョーヴィンは舞踏会が始まろうという頃、そんなキティにプロポーズする。

【アンナ・カレーニナ/あらすじ結末までネタバレ満開 第09段落】
 すると、まさかの応え。あなたとは結婚できません。そこへやって来たアレクセイ・ヴロンスキー伯爵(アーロン・テイラー=ジョンソン)が、キティに歩み寄って二人は踊り始める。キティは、謂わば田舎者のリョーヴィンよりも、伯爵夫人としてアンナみたいに社交界の華になれるように、ヴロンスキー伯爵との結婚を夢見ているのだ。

【アンナ・カレーニナ/あらすじ結末までネタバレ満開 第10段落】
 リョーヴィンは兄のニコライ(デヴィッド・ウィルモット)を探し出した。ニコライは弟と同様、貴族ではあるが、相続を放棄して今はむさ苦しい生活をしている。そして売春婦をしていたマーシャ(タニシュタ・チャテルジー)を妻のようにして、身の回りの世話をさせている。

【アンナ・カレーニナ/あらすじ結末までネタバレ満開 第11段落】
 兄は弟に結婚しているかと訊き、俺の領地にいる百姓の女を娶ったらいいと言う。そんな兄にリョーヴィンは医師に診てもらえと言って、幾ばくかのお金を置いて、ポクロフスキーにある自分の領地に帰っていく。

【アンナ・カレーニナ/あらすじ結末までネタバレ満開 第12段落】
 モスクワの駅にアンナの列車が到着した。スチーヴァが妹アンナを迎えに来ている。やはり母親ヴロンスキー伯爵夫人を迎えに来ていたヴロンスキー伯爵は、下車した女性アンナがスチーヴァの妹だと知る。二人は一瞬、目を合わせる。

【アンナ・カレーニナ/あらすじ結末までネタバレ満開 第13段落】
 列車が急に動いて、鉄道労働者(マイク・シェパード)が轢かれてしまった。その場から去るスチーヴァとアンナ兄妹、ヴロンスキー伯爵母子の四人だが、アンナがその轢かれて死んだ人の家族のことを思いやったので、ヴロンスキー伯爵は大金をその家族のために寄贈した。

【アンナ・カレーニナ/あらすじ結末までネタバレ満開 第14段落】
 さて、アンナは兄の妻ドリーに兄の不貞を詫びるが、ドリーは許せない思いだ。でも、兄は今でもあなたを愛しているし、浮気は動物的本能からのもので、心は許しを請うているとアンナは語る。アンナはドリーが兄を愛しているか問い、兄を許さなければこれから絶対に不幸になると言い聞かせるのだ。

【アンナ・カレーニナ/あらすじ結末までネタバレ満開 第15段落】
 キティがドリーとスチーヴァ夫妻の子供たちの面倒を見るために来て、アンナをその晩の舞踏会に招待する。その頃、リョーヴィンは田舎の領地に戻り、母親にこう言われる。花嫁を連れて帰ってくると思っていたわと。リョーヴィンは、ここを出て行く計画はないから、もうそういうことはないだろうと母親に語る。

【アンナ・カレーニナ/あらすじ結末までネタバレ満開 第16段落】
 舞踏会にキティが白いドレスで現れ、皆の注目を浴びる。一人の男性が早速キティにダンスを申し込み、二人はワルツを。直後、スチーヴァが妹のアンナをエスコートして到着した。アンナは黒いドレスだ。キティはアンナに丁寧に挨拶。そこにヴロンスキー伯爵が来たので、アンナは兄と踊り出す。

【アンナ・カレーニナ/あらすじ結末までネタバレ満開 第17段落】
 ヴロンスキー伯爵はそれを目にして、キティに踊ってくれと言い、お美しいと言うのだが、ダンスが終わるとキティから離れてしまった。そして今度はアンナにダンスを申し込む。この二人の優雅なダンスは舞踏会の全員の注目を独占し、キティは嫉妬に燃える。ダンスを終えたアンナはキティの顔つきを見て、何としたことをしでかしてしまったのかと悟り、キティをヴロンスキー伯爵に預けて会場を去る。

【アンナ・カレーニナ/あらすじ結末までネタバレ満開 第18段落】
 アンナは兄夫婦の仲裁の役目を終えて、夫と幼い息子の待つサンクトペテルブルグへの列車に乗り込む。しかし、頭をよぎるのは、ヴロンスキー伯爵との熱いダンスだけ。そして列車が停車したので澄んだ空気を吸いに車外に出ると、そこにヴロンスキー伯爵が。彼はアンナのいる所に常に一緒にいたいのだと言い張って、モスクワから一緒に出てきているのだ。

【アンナ・カレーニナ/あらすじ結末までネタバレ満開 第19段落】
 キティのもとへ戻ってあげてとアンナは言うが、ヴロンスキー伯爵は言うことを聞かない。帰宅したアンナは息子のセリョージャを愛おしながら、仕事ばかりの夫アレクセイに、ヴロンスキーとの噂はここサンクトペテルブルグまで聞こえているぞと言われるのだ。

【アンナ・カレーニナ/あらすじ結末までネタバレ満開 第20段落】
 アンナは絵画展に行って、ヴロンスキー伯爵の従兄妹のベッツィ・トヴェルスカヤ王女(ルース・ウィルソン)の傍らでピアノ演奏に耳を傾ける。ヴロンスキー伯爵は従兄妹に会うという口実でアンナに会いに来た。こういう公の場で積極的にアンナと会う姿のスキャンダルは広がり、アンナの夫アレクセイは心穏やかでない。

【アンナ・カレーニナ/あらすじ結末までネタバレ満開 第21段落】
 アンナは夫に、あの人とは何もないと言ってベッドを共にする。けれどもアンナは一晩中目を覚ましたまま、翌日、ヴロンスキー伯爵とホテルで密会し、遂に一線を越えるのだ。

【アンナ・カレーニナ/あらすじ結末までネタバレ満開 第22段落】
 スチーヴァは田園地帯のリョーヴィンを訪問し、二人で狩りに興じる。リョーヴィンはスチーヴァの義妹キティがヴロンスキー伯爵と結婚したと思っていたが、違うと知らされる。どうして俺は駄目だったんだ、とわめき散らすリョーヴィンに、スチーヴァは、男なら困難に立ち向かえ、再度アタックしろと激励する。

【アンナ・カレーニナ/あらすじ結末までネタバレ満開 第23段落】
 そのキティだが、姉ドリーの生んだ新生児の世話の助けをしに来ていて、失恋を姉に慰められる。キティは、ヴロンスキー伯爵もアンナも大嫌いと言い、リョーヴィンのことを聞かれると、怒って話題を変えてしまった。

【アンナ・カレーニナ/あらすじ結末までネタバレ満開 第24段落】
 アンナとヴロンスキー伯爵は郊外の森に白い布を敷いて座って語る。そして私だけを愛しているの、そうだよ、という展開で、二人はまた結ばれる。こういうことをしているヴロンスキー伯爵に、友人のサーシャが忠告。人妻と不倫していては、昇格が妨げられるぞ、と。

【アンナ・カレーニナ/あらすじ結末までネタバレ満開 第25段落】
 競馬場で、ヴロンスキー伯爵は持ち馬のレースの前にアンナと会う。そしてアンナが自分の子を妊娠したと聞かされて大喜びし、これでアレクセイと離婚して一緒になろうと言い張る。だが、そうすれば息子と会えなくなるではないか。アンナはそれは厭だ。

【アンナ・カレーニナ/あらすじ結末までネタバレ満開 第26段落】
 息子のセリョージャは母アンナと庭園の迷路でかくれんぼ。レースが始まり、夫アレクセイは妻を驚かせようと来ている。ヴロンスキー伯爵の馬は勝利しそうに見えたが、よろけてひっくり返り、ヴロンスキーは落馬。それを凝視していたアンナは絶叫し、二人の関係が周囲の人達に丸分かりだ。

【アンナ・カレーニナ/あらすじ結末までネタバレ満開 第27段落】
 帰りの馬車内で、そういうアンナの言動を夫アレクセイは不適切だと言うが、アンナはヴロンスキーを愛していてそういう関係だと打ち明けてしまう。すると、二度とヴロンスキーと会ってはいけない、お前は妻の義務を果たさねばならないのだ、と夫アレクセイは諭す。

【アンナ・カレーニナ/あらすじ結末までネタバレ満開 第28段落】
 でも、馬車から降りるとアンナはヴロンスキーの待つ庭園に小走りで急ぐ。そして夫に打ち明けてしまったことを話すと、ヴロンスキーは離婚してくれと懇願する。その夜、アンナは息子にお休みのキスをすると、夫はベッドの時間だと言うが、もう私はヴロンスキーのものだと言うアンナ。一体俺が何をしたからそうなったのだとと問うても、応えはない。

【アンナ・カレーニナ/あらすじ結末までネタバレ満開 第29段落】
 ヴロンスキーはベッド脇のメモを見て、アンナの家に呼ばれ、アレクセイが出て行くのと行き違いに入っていく。お腹の大きくなっているアンナは、暫くヴロンスキーが会ってくれなかったことを非難し、あなたの赤ちゃんを生んだら私が死ぬ夢を見たとも言い張る。そんなアンナの扱いが、ヴロンスキーは徐々に煩わしくなる。

【アンナ・カレーニナ/あらすじ結末までネタバレ満開 第30段落】
 妻のラブレターの束や自宅でのヴロンスキーとの密会に我慢ならない夫アレクセイは離婚には応じず、しかも、一人息子は夫が預かると言い放ち、アンナを家から追い出す。息子を私に頂戴とすがっても、名誉もないそういう女には渡せないと言い放つのだ。

▲TOPへ

◆ここからは、結末まで書いてネタバレしていますので、ストーリー全体が分ります。御注意下さい。
 ATTN: This review reveals the movie content. Please don't say that I didn't say !


★以下のネタバレ日本語訳は、映画『アンナ・カレーニナ』の公開日2013年3月29日(金)の翌日、又は翌日以降に公開予定ですが、映画をご覧になる前に、前もって<ストーリー/あらすじ/結末までの完全ネタバレ日本語版>をお読みになりたい方は、以下をクリックしてください。

 ・・・続きは<ネタバレ結末/アンナ・カレーニナ>をお読みください⇒


【感謝とお願い】多くの皆様にこのネタバレコーナーにアクセス頂き、ありがとうございますm(__)m
 GoogleやYahoo!の検索エンジンで、映画の森てんこ森のネタバレファイルをお探しの場合は
ネタバレ アンナ・カレーニナ>又は
アンナ・カレーニナ ネタバレ>と入力してください。

 もしクリックしてもネタバレファイルにジャンプしない場合は、映画会社や配給会社への配慮として、まだリンクを貼っていない期間です。リクエスト・メールが多い場合は(お返事は出せませんが)、タイミングを見計らって、映画公開一週間前にはアップしますので、どうかご了承ください。
以上。

※参考資料:映画『アンナ・カレーニナ』-Wikipedia、『ANNA KARENINA』-Wikipedia英語版、『ANNA KARENINA』-IMDb、『アンナ・カレーニナ』EPK、公式サイト
| ←前の閲覧ページに戻る |▲TOP | ▲目次 |
映画の森てんこ森代表:幸田幸
coda_sati@hotmail.com
「映画の森てんこ森」へ 「旅行の森てんこ森」へ
映画解説・レヴュータイトル一覧表へ
映画の森てんこ森 バナー03

映画の森てんこ森 coda21幸田幸 クレジット バナー01
幸のイタリア各都市情報へ
旅行の森てんこ森 バナー03
136x70
本サイトの作文、データ及び画像などのコンテンツの無断転用はお控え下さい。
貴サイトへの御掲載についてはメールにてお知らせ頂ければ幸いです。
© 2002-2013 Sachi CODA at Eigano-Mori Tenko-Mori, CODA21. All Rights Reserved.



borocsoborocso  at 12:00 この記事をクリップ! 

アンナ・カレーニナの解説@映画の森てんこ森

アンナ・カレーニナの解説@映画の森てんこ森
 映画の森てんこ森■映画解説
アンナ・カレーニナの解説
ANNA KARENINA
| 「映画の森てんこ森」表紙 | 新作映画Top | タイトル一覧 | 本ページ更新 |
■アンナ・カレーニナの解説
【映画『アンナ・カレーニナ』解説】#01
 映画『 アンナ・カレーニナ (2012) ANNA KARENINA 』は、2012年公開のジョー・ライト監督によるイギリスの映画。1877年にレフ・トルストイが発表した『アンナ・カレーニナ』の映画化作品である。イギリスでは、2012年9月7日全英公開。アメリカ合衆国では、2012年11月10日 (Smith Rafael Film Center)、2012年11月16日限定公開。日本では、2013年3月29日(金)より、ギャガより配給、全国公開される予定だ。

 本作『 アンナ・カレーニナ (2012) ANNA KARENINA 』のポスターのキャッチコピーは、
 < 時代を駆け抜けた、
 美しくも激しい運命の愛が、
 現代によみがえる――。>

【映画『アンナ・カレーニナ』解説】#02
 ★映画『 アンナ・カレーニナ (2012) ANNA KARENINA 』の指揮を執る監督は、本映画『 アンナ・カレーニナ (2012) ANNA KARENINA 』他、『 ハンナ (2011) HANNA 』『 つぐない (2007) 』『 プライドと偏見 (2005) PRIDE & PREJUDICE 』のジョー・ライト Joe Wright
 ★原作は、ロシアの文豪、『アンナ・カレーニナ』のレオ・トルストイ Leo Tolstoy
 ★脚本は、本映画『 アンナ・カレーニナ (2012) ANNA KARENINA 』他、『 エニグマ (2002) ENIGMA 』『 恋におちたシェイクスピア (1998) SHAKESPEARE IN LOVE 』『 未来世紀ブラジル (1985) BRAZIL 』のトム・ストッパード Tom Stoppard
 ★製作には、本映画『 アンナ・カレーニナ (2012) ANNA KARENINA 』他、『 裏切りのサーカス (2011) TINKER TAILOR SOLDIER SPY 』『 ジョニー・イングリッシュ 気休めの報酬 (2011) JOHNNY ENGLISH REBORN 』『 宇宙人ポール (2010) PAUL 』『 シリアスマン (2009) A SERIOUS MAN 』のティム・ビーヴァン Tim Bevan、そして『 砂漠でサーモン・フィッシング (2011) SALMON FISHING IN THE YEMEN 』『 つぐない (2007) 』『 プライドと偏見 (2005) PRIDE & PREJUDICE 』『 モーターサイクル・ダイアリーズ (2004) THE MOTORCYCLE DIARIES 』『 家族のかたち (2002) ONCE UPON A TIME IN THE MIDLANDS 』『 戦争のはじめかた (2001) BUFFALO SOLDIERS 』のポール・ウェブスター Paul Webster
 ★製作総指揮には、本映画『 アンナ・カレーニナ (2012) ANNA KARENINA 』他、『 裏切りのサーカス (2011) TINKER TAILOR SOLDIER SPY 』『 ジョニー・イングリッシュ 気休めの報酬 (2011) JOHNNY ENGLISH REBORN 』『 宇宙人ポール (2010) PAUL 』『 ユナイテッド93 (2006) UNITED 93 / FLIGHT 93 』『 ナニー・マクフィーの魔法のステッキ (2005) NANNY McPHEE 』『 プライドと偏見 (2005) PRIDE & PREJUDICE 』『 ウィンブルドン (2004) WIMBLEDON 』『 ブリジット・ジョーンズの日記 きれそうなわたしの12カ月 (2004) BRIDGET JONES: THE EDGE OF REASON 』『 サンダーバード (2004) THUNDERBIRDS 』『 サーティーン/あの頃欲しかった愛のこと (2003) THIRTEEN 』のライザ・チェイシン Liza Chasin
 ★音楽は、本映画『 アンナ・カレーニナ (2012) ANNA KARENINA 』他、『 砂漠でサーモン・フィッシング (2011) SALMON FISHING IN THE YEMEN 』『 Vフォー・ヴェンデッタ (2006) V FOR VENDETTA 』『 プライドと偏見 (2005) PRIDE & PREJUDICE 』『 ポビーとディンガン (2005) POBBY AND DINGAN / OPAL DREAMS 』『 ブラザーズ・グリム (2005) THE BROTHERS GRIMM 』『 イン・ディス・ワールド (2002) IN THIS WORLD 』のダリオ・マリアネッリ Dario Marianelli
 ★撮影監督は、本映画『 アンナ・カレーニナ (2012) ANNA KARENINA 』他、『 アベンジャーズ (2012) THE AVENGERS 』『 サハラ 死の砂漠を脱出せよ (2005) SAHARA 』『 めぐりあう時間たち (2002) THE HOURS 』『 エニグマ (2002) ENIGMA 』『 ハイ・フィデリティ (2000) HIGH FIDELITY 』のシーマス・マッガーヴェイ Seamus McGarvey
 ★編集は、本映画『 アンナ・カレーニナ (2012) ANNA KARENINA 』他、『 ジェーン・エア (2011) JANE EYRE 』『 くたばれ!ユナイテッド -サッカー万歳!- (2009)<未> 』のメラニー・オリヴァー Melanie Oliver
 ★プロダクション・デザインは、本映画『 アンナ・カレーニナ (2012) ANNA KARENINA 』他、『 シャーロック・ホームズ シャドウ ゲーム (2011) SHERLOCK HOLMES: A GAME OF SHADOWS 』『 ハンナ (2011) HANNA 』『 シャーロック・ホームズ (2009) SHERLOCK HOLMES 』『 プライドと偏見 (2005) PRIDE & PREJUDICE 』のサラ・グリーンウッド Sarah Greenwood
 ★衣装デザインは、本映画『 アンナ・カレーニナ (2012) ANNA KARENINA 』他、『 裏切りのサーカス (2011) TINKER TAILOR SOLDIER SPY 』『 家族の庭 (2010) ANOTHER YEAR 』『 つぐない (2007) 』『 プライドと偏見 (2005) PRIDE & PREJUDICE 』『 ヴェラ・ドレイク (2004) VERA DRAKE 』のジャクリーン・デュラン Jacqueline Durran

【映画『アンナ・カレーニナ』解説】#03
 『 アンナ・カレーニナ (2012) ANNA KARENINA 』のキャストは、
 ★アンナ・カレーニナ役に、本映画『 アンナ・カレーニナ (2012) ANNA KARENINA 』はじめ、『 危険なメソッド (2011) A DANGEROUS METHOD 』『 恋と愛の測り方 (2010) LAST NIGHT 』『 ロンドン・ブルバード -LAST BODYGUARD- (2010) LONDON BOULEVARD 』『 パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド (2007) PIRATES OF THE CARIBBEAN: AT WORLD'S END 』『 パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト (2006) PIRATES OF THE CARIBBEAN: DEAD MAN'S CHEST 』『 ジャケット (2005) THE JACKET 』『 プライドと偏見 (2005) PRIDE & PREJUDICE 』『 DOMINO ドミノ (2005) DOMINO 』『 キング・アーサー (2004) KING ARTHUR 』『 ラブ・アクチュアリー (2003) LOVE ACTUALLY 』『 パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち (2003) PIRATES OF THE CARIBBEAN: THE CURSE OF THE BLACK PEARL 』『 ベッカムに恋して (2002) BEND IT LIKE BECKHAM 』等のキーラ・ナイトレイ Keira Knightley
 ★カレーニン(アレクセイ・カレーニン)役に、本映画『 アンナ・カレーニナ (2012) ANNA KARENINA 』はじめ、『 シャーロック・ホームズ シャドウ ゲーム (2011) SHERLOCK HOLMES: A GAME OF SHADOWS 』『 ヒューゴの不思議な発明 (2011) HUGO 』『 コンテイジョン (2011) CONTAGION 』『 シャーロック・ホームズ (2009) SHERLOCK HOLMES 』『 マイ・ブルーベリー・ナイツ (2007) MY BLUEBERRY NIGHTS 』『 ハッカビーズ (2004) I HEART HUCKABEES / I LOVE HUCKABEES 』『 アルフィー (2004) ALFIE 』『 クローサー (2004) CLOSER 』『 レモニー・スニケットの世にも不幸せな物語 (2004) LEMONY SNICKET'S A SERIES OF UNFORTUNATE EVENTS 』『 アビエイター (2004) THE AVIATOR 』『 スカイキャプテン ワールド・オブ・トゥモロー (2004) SKY CAPTAIN AND THE WORLD OF TOMORROW 』『 コールド マウンテン (2003) COLD MOUNTAIN 』『 ロード・トゥ・パーディション (2002) ROAD TO PERDITION 』『 スターリングラード (2000) ENEMY AT THE GATES 』『 リプリー (1999) THE TALENTED MR. RIPLEY 』等のジュード・ロウ Jude Law
 ★ヴロンスキー(アレクセイ・ヴロンスキー伯爵)役に、本映画『 アンナ・カレーニナ (2012) ANNA KARENINA 』はじめ、『 野蛮なやつら/SAVAGES (2012) SAVAGES 』『 アルバート氏の人生 (2011) ALBERT NOBBS 』『 キック・アス (2010) KICK-ASS 』『 シャンハイ・ナイト (2003) SHANGHAI KNIGHTS 』等のアーロン・テイラー=ジョンソン Aaron Taylor-Johnson
 ★ドリー(ダーリヤ・“ドリー”・アレクサンドロヴナ)役に、本映画『 アンナ・カレーニナ (2012) ANNA KARENINA 』はじめ、『 メリダとおそろしの森 (2012) BRAVE 』『 ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2 (2011) HARRY POTTER AND THE DEATHLY HALLOWS: PART II 』『 ナニー・マクフィーの魔法のステッキ (2005) NANNY McPHEE 』『 銀河ヒッチハイク・ガイド (2005) THE HITCHHIKER'S GUIDE TO THE GALAXY 』『 ネバーランド (2004) FINDING NEVERLAND 』『 ダブリン上等! (2003) INTERMISSION 』『 ゴスフォード・パーク (2001) GOSFORD PARK 』『 トレインスポッティング (1996) TRAINSPOTTING 』等のケリー・マクドナルド Kelly MacDonald
 ★オブロンスキー(ステパン・“スチーヴァ”・オブロンスキー)役に、本映画『 アンナ・カレーニナ (2012) ANNA KARENINA 』はじめ、『 三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船 (2011) THE THREE MUSKETEERS 』『 ロビン・フッド (2010) ROBIN HOOD 』『 プライドと偏見 (2005) PRIDE & PREJUDICE 』『 エニグマ (2002) ENIGMA 』等のマシュー・マクファディン Matthew MacFadyen
 ★リョーヴィン(コンスタンチン・ディミトリヴィチ・リョーヴィン)役に、『 ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2 (2011) HARRY POTTER AND THE DEATHLY HALLOWS: PART II 』『 トゥルー・グリット (2010) TRUE GRIT 』『 ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1 (2010) HARRY POTTER AND THE DEATHLY HALLOWS: PART I 』等のドーナル・グリーソン Domhnall Gleeson
 ★ベッツィ・トヴェルスカヤ王女役に、本映画『 アンナ・カレーニナ (2012) ANNA KARENINA 』はじめ、『 刑事ジョン・ルーサー (シーズン2) (2010〜2011)<TVシリーズ> 』『 アガサ・クリスティー ミス・マープル3 復讐の女神 (2007)<TVM> 』等のルース・ウィルソン Ruth Wilson
 ★キティ(カテリーナ・“キティ”・アレクサンドロヴナ・シチェルバツキー)役に、本映画『 アンナ・カレーニナ (2012) ANNA KARENINA 』他、『 ロイヤル・アフェア 愛と欲望の王宮 (2012) 』等のアリシア・ヴィキャンデル Alicia Vikander
 ★ヴロンスキー伯爵夫人役に、 『 ハンナ (2011) HANNA 』『 ピーター・パン (2003) PETER PAN 』『 ビロウ (2002) BELOW 』『 シックス・センス (1999) THE SIXTH SENSE 』等のオリヴィア・ウィリアムズ Olivia Williams
 ★リディア・イワノヴナ伯爵夫人役に、本映画『 アンナ・カレーニナ (2012) ANNA KARENINA 』はじめ、『 戦火の馬 (2011) WAR HORSE 』『 ティム・バートンのコープスブライド (2005) TIM BURTON'S CORPSE BRIDE 』『 ライフ・イズ・コメディ! ピーター・セラーズの愛し方 (2004) THE LIFE AND DEATH OF PETER SELLERS 』『 パンチドランク・ラブ (2002) PUNCH-DRUNK LOVE 』『 リベリオン (2002) EQUILIBRIUM 』『 レッド・ドラゴン (2002) RED DRAGON 』『 ゴスフォード・パーク (2001) GOSFORD PARK 』『 アンジェラの灰 (1999) ANGELA'S ASHES 』等のエミリー・ワトソン Emily Watson
 ★ソロキナ嬢役に、本映画『 アンナ・カレーニナ (2012) ANNA KARENINA 』で初めて紹介するカーラ・デルヴィーニュ Cara Delevingne

【映画『アンナ・カレーニナ』解説】#04
 本映画『 アンナ・カレーニナ (2012) ANNA KARENINA 』は、ロシアの文豪L・N・トルストイの代表作を実写化した大作ドラマ!

 世界に愛を知らしめた
 トルストイ究極のラブストーリーが
 現代によみがえる

 『 プライドと偏見 』『 つぐない 』のジョー・ライト監督!
 『 恋におちたシェイクスピア 』のトム・ストッパード脚本!
 『 ジェーン・エア 』のダリオ・マリアネッリ音楽!
 『 めぐりあう時間たち (2002) THE HOURS 』のシーマス・マッガーヴェイ撮影!
 『 パイレーツ・オブ・カリビアン 』のキーラ・ナイトレイ、激しい愛が美貌と色気をさらに引き出す。
 『 シャーロック・ホームズ 』のジュード・ロウ、色気のない堅物の夫を演じ切っている。
 『 キック・アス 』のアーロン・テイラー=ジョンソンの傲慢と繊細さを新鮮な色気で表現した。

【映画『アンナ・カレーニナ』解説】#05
 本映画『 アンナ・カレーニナ (2012) ANNA KARENINA 』では、ロシアの国民的文豪、レフ・トルストイの名作が再び映画化。女性が自由に生きられなかった19世紀ロシアで、夫、子供を捨て、愛に生きようとしたアンナ・カレーニナを現代的解釈で描く。
 トルストイ原作の『アンナ・カレーニナ』では、不倫という神の掟をやぶる行為に走ったアンナは不幸な結末を迎えざるをえない。しかし、自分の気持ちに誠実に生きたアンナを同じ罪人である人間が裁くことはできない。虚飾に満ちた都会の貴族社会で死に追いやられたアンナと、農村で実直に生きて信仰に目覚め、幸せをつかんだリョーヴィンとが対比され、人の生きるべき道が示されている。
 何度も映像化されている『アンナ・カレーニナ』だが、本映画『 アンナ・カレーニナ (2012) ANNA KARENINA 』は、ジョー・ライト監督とトム・ストッパード脚本が、独自の手法で『アンナ・カレーニナ』の愛と性(さが)と業を描ききる。
 そして本映画『 アンナ・カレーニナ (2012) ANNA KARENINA 』は、絢爛豪華な衣装と美術は見逃せないし、舞台装置を敢えて見せる、演劇的演出が楽しい。

 政府高官の妻アンナが出逢った許されぬ愛
 時代を駆け抜けた美しくも激しい運命の愛が現代に蘇る
 是非、劇場でご覧下さい!


※livedoor版【アンナ・カレーニナの解説@映画の森てんこ森】
※参考資料:『アンナ・カレーニナ』EPK、公式サイト『アンナ・カレーニナ』、『アンナ・カレーニナ ANNA KARENINA』-Wikipedia

Text編集:安藤奈津

| ←前の閲覧ページに戻る |▲TOP | ▲目次 |
映画の森てんこ森代表:幸田幸
coda_sati@hotmail.com
「映画の森てんこ森」へ 「旅行の森てんこ森」へ
映画解説・レヴュータイトル一覧表へ
映画の森てんこ森 バナー03

映画の森てんこ森 coda21幸田幸 クレジット バナー01
幸のイタリア各都市情報へ
旅行の森てんこ森 バナー03
136x70
本サイトの作文、データ及び画像などのコンテンツの無断転用はお控え下さい。
貴サイトへの御掲載についてはメールにてお知らせ頂ければ幸いです。
© 2002-2013 Sachi CODA at Eigano-Mori Tenko-Mori, CODA21. All Rights Reserved.



borocsoborocso  at 12:00 この記事をクリップ! 

映画「ヒッチコック」ポスター@映画の森てんこ森

coda21 観たい度映画のポスター@映画の森てんこ森
「観たい映画ポスター」アニメロゴ@映画の森てんこ森
表紙目次読む映画試写会レヴュー観たい度映画予告編エッセイ日誌試写会情報
リンク集映画ゲーム思い出映画
| 映画レヴュー10000字超 | 映画解説タイトル一覧表 |
幸のカレンダーぼろくそパパの独り言 | livedoorブログ | 旅行の森てんこ森 |
ブロードバンドB版 | 恭子の動画映像ブログ | 恭子の「YouTube」 | サイト内検索 |
★映画の森てんこ森★

映画『ヒッチコック』ポスター
映画『 ヒッチコック (2012) HITCHCOCK 』
★映画『ヒッチコック』の解説はこちら⇒
★映画『ヒッチコック』の予告編はこちら⇒
★映画『ヒッチコック』ネタバレlivedoor版はこちら⇒
★映画『ヒッチコック』ネタバレの恭子版はこちら⇒
■映画『ヒッチコック』の劇場公開情報
2013年4月5日(金)より、
TOHOシネマズ シャンテ他全国ロードショー!!

| 「目次」Topページ | 本ページ更新 | 本ページ最終更新 |

映画『ヒッチコック』のポスター(1)
映画『ヒッチコック HITCHCOCK』ポスター(1)

▼ポスター画像クリックで拡大します。
(C)2012 Twentieth Century Fox. All Rights Reserved.
「ヒッチコック」ポスター01

※上のポスターをクリック、又はここをクリックでポスター(1)を860x1280pxlsのポスターに拡大。

映画『ヒッチコック』のポスター(2)
映画『ヒッチコック HITCHCOCK』ポスター(2)

▼ポスター画像クリックで拡大します。
(C)2012 Twentieth Century Fox. All Rights Reserved.
「ヒッチコック」ポスター02

※上のポスターをクリック、又はここをクリックで(2)を860x1280pxlsのポスターに拡大。

映画『ヒッチコック』のポスター(3)
映画『ヒッチコック HITCHCOCK』ポスター(3)

▼ポスター画像クリックで拡大します。
(C)2012 Twentieth Century Fox. All Rights Reserved.
「ヒッチコック」ポスター03

※上のポスターをクリック、又はここをクリックで(3)を860x1280pxlsのポスターに拡大。

映画『ヒッチコック』のポスター(4)
映画『ヒッチコック HITCHCOCK』ポスター(4)

▼ポスター画像クリックで拡大します。
(C)2012 Twentieth Century Fox. All Rights Reserved.
「ヒッチコック」ポスター04

※上のポスターをクリック、又はここをクリックで(4)を860x1280pxlsのポスターに拡大。

映画『ヒッチコック』のポスター(5)
映画『ヒッチコック HITCHCOCK』ポスター(5)

▼ポスター画像クリックで拡大します。
(C)2012 Twentieth Century Fox. All Rights Reserved.
「ヒッチコック」ポスター05

※上のポスターをクリック、又はここをクリックで(5)を880x1280pxlsのポスターに拡大。

映画『ヒッチコック』のポスター(6)
映画『ヒッチコック HITCHCOCK』ポスター(6)

▼ポスター画像クリックで拡大します。
(C)2012 Twentieth Century Fox. All Rights Reserved.
「ヒッチコック」ポスター06

※上のポスターをクリック、又はここをクリックで(6)を900x1280pxlsのポスターに拡大。

映画『ヒッチコック』のポスター(7)
映画『ヒッチコック HITCHCOCK』ポスター(7)

▼ポスター画像クリックで拡大します。
(C)2012 Twentieth Century Fox. All Rights Reserved.
「ヒッチコック」ポスター07

※上のポスターをクリック、又はここをクリックで(7)を900x1280pxlsのポスターに拡大。

映画『ヒッチコック』のポスター(8)
映画『ヒッチコック HITCHCOCK』ポスター(8)

▼ポスター画像クリックで拡大します。
(C)2012 Twentieth Century Fox. All Rights Reserved.
「ヒッチコック」ポスター08

※上のポスターをクリック、又はここをクリックで(8)を1280x890pxlsのポスターに拡大。

★映画『ヒッチコック』の詳しい映画情報はこちら⇒
★映画『ヒッチコック』のネタバレはこちら⇒

▲TOPへ
編集:志賀まなみ
「映画の森てんこ森」へ 「旅行の森てんこ森」へ
映画解説・レヴュータイトル一覧表へ
映画の森てんこ森 バナー03

映画の森てんこ森 coda21幸田幸 クレジット バナー01
幸のイタリア各都市情報へ
旅行の森てんこ森 バナー03
136x70
本サイトの作文、データ及び画像などのコンテンツの無断転用はお控え下さい。
(c)2002-2013 Eigano-Mori Tenko-Mori, CODA21. All Rights Reserved.


borocsoborocso  at 12:00 この記事をクリップ! 

映画『ヒッチコック』@映画の森てんこ森

ヒッチコック@映画の森てんこ森
 | 表紙 | 目次 | 読む映画試写会 | レヴュー | 観たい度映画 | 予告編 | エッセイ | 日誌 | 試写会情報 |
リンク集 | 映画ゲーム思い出映画| 映画レヴュー10000字超 | 映画解説タイトル一覧表 |
幸のカレンダー | ぼろくそパパの独り言 | livedoorブログ | 旅行の森てんこ森 |
ブロードバンドB版 | 恭子の動画映像ブログ | 恭子の「YouTube」 | サイト内検索 |
 映画の森てんこ森■映画解説と予告編とレヴュー
ヒッチコック (2012)
HITCHCOCK
※クリックでYouTube『ヒッチコック HITCHCOCK』予告編へ
▲上のスライドショーを初めから見る
※予告編はYouTube「リンク」モードで掲載。Trailer Courtesy of FoxSearchlight
(C)2012 Twentieth Century Fox. All Rights Reserved.
| 「目次」Topページ | 「B版」Topページ | 本ページ更新 | 本ページ最終更新 |
【 目次 】
■映画『 ヒッチコック (2012) HITCHCOCK 』の映画データ
■映画『 ヒッチコック (2012) HITCHCOCK 』の解説
 ネタバレが含まれている場合があります。
■映画『 ヒッチコック (2012) HITCHCOCK 』のフィルモ&トリビア
■映画『 ヒッチコック (2012) HITCHCOCK 』のスタッフとキャスト
□映画『 ヒッチコック (2012) HITCHCOCK 』のキャスト/登場人物
■映画『 ヒッチコック (2012) HITCHCOCK 』のあらすじ・ストーリー
■映画『 ヒッチコック (2012) HITCHCOCK 』の<ネタバレ/もっと詳しく>
 <ネタバレ/もっと詳しく>は映画『 ヒッチコック (2012) HITCHCOCK 』の「テキストによる映画の再現」レヴュー(あらすじとネタバレ)です。
 ※ご注意:映画『 ヒッチコック (2012) HITCHCOCK 』の内容やネタバレがお好みでない方は読まないで下さい。
■映画『 ヒッチコック (2012) HITCHCOCK 』のWikipedia情報
■映画『 ヒッチコック (2012) HITCHCOCK 』の評論×感想
映画『 ヒッチコック (2012) HITCHCOCK 』予告編や関連映像映画『 ヒッチコック 』の予告編や関連映像を観る→
映画『 ヒッチコック (2012) HITCHCOCK 』ビデオ動画映像映画『 ヒッチコック 』の色々なビデオ映像を観る→
映画『 ヒッチコック (2012) HITCHCOCK 』写真・スチル画像映画『 ヒッチコック 』の色々な写真やスチルを観る→
映画『 ヒッチコック (2012) HITCHCOCK 』ポスター画像映画『 ヒッチコック 』の色々なポスターを観る→
■映画『 ヒッチコック (2012) HITCHCOCK 』の更新記録

映画『 ヒッチコック 』あらすじ・ストーリーのネタバレ/結末まで完全ネタバレ

by ネタバレンタイン犬@映画の森てんこ森 映画『ヒッチコック』のネタバレ⇒別ファイル「ヒッチコックのネタバレ」へ
★2013年4月5日(金)より、TOHOシネマズ シャンテ他全国ロードショー!!


>>
「映画解説・レヴュータイトル一覧表」へ(画面の切り替え)
■映画『 ヒッチコック (2012) HITCHCOCK 』の映画データ
ヒッチコック
映画『 ヒッチコック (2012) HITCHCOCK 』ポスター
Links:  Official Web Site(日本語)
Official Web Site(英語)
Trailers:  日本語予告編
海外予告編
IMDb予告編

Poster Courtesy of IMDb
※クリックでポスター拡大
860x1280画像1枚)


★海外の色々なポスターは
こちらをクリック↓
■邦題:ヒッチコック
■英語題:HITCHCOCK
■メディア:映画/カラー
■上映時間:98分(本国版)
■製作国:アメリカ合衆国
■言語:英語
■制作会社:Fox Searchlight Pictures(フォックス・サーチライト・ピクチャーズ)、Cold Spring Pictures(コールド・スプリング・ピクチャーズ)、The Montecito Picture Company(ザ・モンテシート・ピクチャー・カンパニー)
■製作年:2012年
■製作費:N/A
■興行収入:国内=$6,008,677 (2013年3月22日現在)
■海外興行収入:$14,549,128
■全世界興行収入:$20,557,805 ※2013年3月22日現在調査
■アメリカ公開年月:2012年11月1日(AFI Fest) 、2012年11月23日限定公開、2012年12月14日全米公開
■日本公開年月:2013年4月5日(金)全国公開
■日本配給情報:劇場公開(20世紀フォックス)
■ジャンル:ドラマ/伝記
■映倫:G
■公式サイト(日本)
 『ヒッチコック
 http://www.foxmovies.jp/hitchcock/
■公式サイト(英語版)
 『HITCHCOCK
 http://www.hitchcockthemovie.com/(英語)
■IMDb情報
 『HITCHCOCK
 http://www.imdb.com/title/tt0975645/
■キャッチコピー:
 神と呼ばれた男、神を創った女。
■劇場公開情報:2013年4月5日(金)
 2013年4月5日(金)より、TOHOシネマズ シャンテ他全国ロードショー!!

※旧作の映画は公式サイトや予告編は閉鎖・削除される場合がありますのでご了承ください。
編集:小沢栄三 
© Images copyright their respective owners; usually the distributor of the above titled movie unless otherwise noted.
| ←前の閲覧ページに戻る |▲TOP | ▲予告編 | ▲目次 |
映画の森てんこ森代表:幸田幸
coda_sati@hotmail.com
「映画の森てんこ森」へ 「旅行の森てんこ森」へ
映画解説・レヴュータイトル一覧表へ
映画の森てんこ森 バナー03

映画の森てんこ森 coda21幸田幸 クレジット バナー01
幸のイタリア各都市情報へ
旅行の森てんこ森 バナー03
136x70
本サイトの作文、データ及び画像などのコンテンツの無断転用はお控え下さい。
貴サイトへの御掲載についてはメールにてお知らせ頂ければ幸いです。
© 2002-2013 Sachi CODA at Eigano-Mori Tenko-Mori, CODA21. All Rights Reserved.



borocsoborocso  at 12:00 この記事をクリップ! 

ネタバレ映画/ライジング・ドラゴン@映画の森てんこ森

ネタバレ映画/ライジング・ドラゴン@映画の森てんこ森
 映画の森てんこ森■映画解説と予告編とレヴュー■映画ネタバレ
ライジング・ドラゴン
十二生肖 (原題) / CHINESE ZODIAC / CZ12 (英題)
| 「映画の森てんこ森」表紙 | 新作映画Top | タイトル一覧 | 本ページ更新 |
ネタバレ映画/ライジング・ドラゴン
ネタバレ注意@映画の森てんこ森
ストーリー展開の前知識やネタバレがお好みでない方は、読まないで下さい。
■ネタバレ映画/ライジング・ドラゴン@映画の森てんこ森
 GoogleやYahoo!の検索エンジンで、映画の森てんこ森のネタバレファイルをお探しの場合は、
ネタバレ ライジング・ドラゴン>又は
ライジング・ドラゴン ネタバレ>と入力してください。

【『ライジング・ドラゴン』ネタバレ】
ネタバレご注意:以下の<ネタバレ映画/ライジング・ドラゴン@映画の森てんこ森>のあらすじ・ストーリー・結末にはネタバレが含まれています。映画『 ライジング・ドラゴン (2012) 十二生肖 (原題) / CHINESE ZODIAC / CZ12 』をまだご覧になっていない方は、どうかネタバレにご注意ください。
 Warning!Plot synopsis, storyline and story-end items below here contain information that may give away important plot points. You may not want to read any further if you've not already seen this title.

★『 ライジング・ドラゴン 』劇場公開情報
 2013年4月13日(土)より、全国ロードショー!!
 ※日本配給情報: 劇場公開(角川映画)


 本ファイル<ネタバレ映画/ライジング・ドラゴン>や、このページの他の「ネタバレ」コンテンツは、先行公開されている海外の映画作品を劇場鑑賞やDVD鑑賞したり、<Wikipedia>英語版の記事やその他の海外映画情報を幸田幸@映画の森てんこ森が翻訳編集したりして、ネタバレ版テキストを作成・アップしています。<ネタバレ映画/ライジング・ドラゴン>のあらすじに私の鑑賞誤解があったり、文章表現が稚拙であったり、直訳的だったり、翻訳ミスがある場合がありますので、どうかご了承くださいますようにお願い申し上げます。

<ネタバレ映画/ライジング・ドラゴン>の仕切り線

【ライジング・ドラゴン/あらすじ結末までネタバレ満開 第01段落】
 1860年、清王朝時代の中国。アロー戦争<第二次アヘン戦争>で英仏軍の侵攻により、円明園(清の第六代皇帝乾隆帝に築かれた離宮)から秘宝が略奪された。十二支<中国語で、映画『ライジング・ドラゴン』原題“十二生肖”のこと>の12の動物のブロンズ頭部像の秘宝も略奪された。

【ライジング・ドラゴン/あらすじ結末までネタバレ満開 第02段落】
 そして現代。高価な秘宝や盗品の文化財を扱うアンティーク・ディーラーのマックス・プロフィット社。社長ローレンス・モーガン(オリヴァー・プラット)とやり手の息子マイケル・モーガン(ヴィンセント・ツェ 施祖男)が経営している胡散臭い会社だ。

【ライジング・ドラゴン/あらすじ結末までネタバレ満開 第03段落】
 フランス人のレポーター(エミリー・ギヨー)、インド人のレポーター(ラニ・ビーマク)、スペイン人のレポーター(アンドリュー・ダシュ 梅喜楽)らレポーター(ジル・ケルシー)は、マックス・プロフィット社の扱うものは100%本物だとは限らないと疑っている者もいる。

【ライジング・ドラゴン/あらすじ結末までネタバレ満開 第04段落】
 でもオークションに出せば、競売人(ケオニ・エヴァリントン 華武杰)らが見守る中、十二生肖ブロンズ頭部像は各、百万ユーロ<現換算で約1億二千五百万円>以上で売れるのだ。最近ではこのうち二体が新記録の最高値で落札された。

【ライジング・ドラゴン/あらすじ結末までネタバレ満開 第05段落】
 十二生肖ブロンズ頭部像は“円明園十二生肖獣首銅像、円明園十二生肖(十二支)銅像、十二支動物像、十二獣首人身銅像”等と呼ばれる。嘗て、北京近郊の円明園の噴水池に設置されていた水力時計の銅像で、24時間中の各2時間を担当して水を噴出させる獣首人身像だ。その頭部が切断されて略奪・離散されたと考えられる。

【ライジング・ドラゴン/あらすじ結末までネタバレ満開 第06段落】
 12の動物とは、鼠(ねずみ)、牛(うし)、虎(とら)、兔(うさぎ)、龍(りゅう)、蛇(へび)、馬(うま)、羊(ひつじ)、猿(さる)、鶏(にわとり)、犬(いぬ)、豚(ぶた)の十二支であり、日本表記の十二支の子(ね)、丑(うし)、寅(とら)、卯(う)、辰(たつ)、巳(み)、午(うま)、未(ひつじ)、申(さる)、酉(とり)、戌(いぬ)、亥(い)とは少し異なる。

【ライジング・ドラゴン/あらすじ結末までネタバレ満開 第07段落】
 12の動物銅像頭部のうち半数の六体は中国の博物館に戻ってきている。しかし残りの半数六体が未発見のため、“アジアの鷹”と呼ばれる伝説のトレジャー・ハンターのJC(ジャッキー・チェン 成龍)がマックス・プロフィット社に雇われた。全部見つければ十倍のボーナスを支払うという凄い話につられてJCは仕事を請ける。

【ライジング・ドラゴン/あらすじ結末までネタバレ満開 第08段落】
 JCは優れものチームに支えられている。ボニー(ジャン・ランシン 張藍心)は戦術と格闘のスペシャリストで、知力・体力・戦闘力が卓越。ジャン・ランシン自らテコンドー選手権優勝者だけあって、テコンドーの足技が得意なJCチームメンバーだ。

【ライジング・ドラゴン/あらすじ結末までネタバレ満開 第09段落】
 ボニーの夫サイモン(クォン・サンウ 権相佑)はJCの右腕と呼んでいい存在のチームの主要メンバー。頭の回転が速いオールラウンダー、熟達した武道家で、JCが一番信頼するトレジャー・ハンターだ。ボニーと結婚しているが、感情面で捻くれた性格のため、妻ボニーとはうまくいっていない。

【ライジング・ドラゴン/あらすじ結末までネタバレ満開 第10段落】
 デヴィッド、公式サイトではデビッド(リャオ・ファン 廖凡、公式サイトではリアオ・ファン)はJCチームの技術の天才で、盗聴器や監視カメラを仕掛けたりスパイ機器を制作したり、模造品アンティークを制作したりする。革新的なITの会得は比類無きもので、デビッドの脳は電子回路みたいな働きをする。

【ライジング・ドラゴン/あらすじ結末までネタバレ満開 第11段落】
 JCはナショナルジオグラフィック誌のジャーナリストのマーティンというふりをして、グァン教授(ワン・チンシャン 王慶祥)を訪問する。教授は学術的研究目的で十二支動物像のレプリカをつくっており、円明園の復元の監督をしている考古学者だ。

【ライジング・ドラゴン/あらすじ結末までネタバレ満開 第12段落】
 JCはグァン教授の作業場で特殊手袋で十二支動物像頭部を密かにスキャンし、データを盗んで、IT専門のデビッドに二体の頭部を本物そっくりに作らせる。この二体の頭部の精密な偽物で逆輸出許可を取り、JCとチームはフランスへ向かう。フランスのマルソー城に本物二体が秘蔵されているという噂だからだ。

【ライジング・ドラゴン/あらすじ結末までネタバレ満開 第13段落】
 二体の在り処の情報をもっと入手するために、グァン教授に推薦され、グァン教授の教え子ココ(ヤオ・シントン 姚星?)という中国人留学生を見つけにJCはパリへ赴く。ココはソルボンヌ大学でアンティークを学んでおり、盗品の文化財を本来の国に返すという世界的運動の活動家である、

【ライジング・ドラゴン/あらすじ結末までネタバレ満開 第14段落】
 JCは、サイモンとデビッドとボニーを引き連れてマルソー(ジャン=マリー・フォンボンヌ)が城主であるマルソー城に侵入する。そして盗品お宝のコレクション室を突き止める。城では、十二支ブロンズ像二体の他にも、雇い主マックス・プロフィット社が欲しがっていて行方の知れなかった名画「薔薇」も見つけたので、奪った。

【ライジング・ドラゴン/あらすじ結末までネタバレ満開 第15段落】
 JCらはそれらを持って逃げようとしていると、ココに見つかってしまったので、ボートハウスで、文化財の盗品を中国に戻そうとしている秘密結社で働いている者だとココに語る。そこに城の見張りピエール(ロザリオ・アマデオ)やそのボディーガード(ポール・フィリップ・クラーク、エマニュエル・レンツィ、オリヴィエ・サ、カリム・クリダ)らが突入してきて阻止しようとする。

【ライジング・ドラゴン/あらすじ結末までネタバレ満開 第16段落】
 でも、警察(フランス人の警察官:イゴール・ダルボ)が来て全員逮捕された。JC、ココ、サイモンらは釈放される。ココはJCの本業がトレジャー・ハンターだとは知らないで、JCと組むことになった。そしてココとJC一行は、キャサリン(ローラ・ワイスベッカー)という貴族の女性に城に招待される。

【ライジング・ドラゴン/あらすじ結末までネタバレ満開 第17段落】
 キャサリンの家は破産していて無一文になっているが、美しく性質のよい若い女性だ。円明園を焼き払って秘宝を略奪したフランスの船「不滅」の船長というのがキャサリンの高祖父だと判明する。このことでココは気を悪くして、キャサリンと立ち向うことに。

【ライジング・ドラゴン/あらすじ結末までネタバレ満開 第18段落】
 その城内で、行方不明の十二支ブロンズ像の三つ目、鶏(にわとり)が発見できた。それで、キャサリンもJCチームに加わって、高祖父の足取りを追跡しようと、JCチームは南太平洋まで航海に旅立つ。ココもこの探検に同行する。

【ライジング・ドラゴン/あらすじ結末までネタバレ満開 第19段落】
 南太平洋では、浜に乗り上げた帆船が見つかる。そこには十二支ブロンズ像のあと二つや多くの金や財宝、それにキャサリンの高祖父の遺骸も見つかった。しかし、島の住民、海賊たち(ユ・スンジュン 劉承俊、ケン・ロー 盧恵光、カズ・パトリック・タン 健泓、ピエール・ブルドー)やピエール率いるSWATチームらが襲ってくる。

【ライジング・ドラゴン/あらすじ結末までネタバレ満開 第20段落】
 ここでも大乱闘になり、やっとJC一行は帰国の途に着く。しかし、金や財宝を乗せたので重すぎ、沈んでお宝の多くを失った。ココは帰途のヨット上で、JCが実は、高額ギャラでどんな仕事でも請負うトレジャー・ハンターだと知ってしまった。

▲TOPへ

◆ここからは、結末まで書いてネタバレしていますので、ストーリー全体が分ります。御注意下さい。
 ATTN: This review reveals the movie content. Please don't say that I didn't say !


★以下のネタバレ日本語訳は、映画『ライジング・ドラゴン』の公開日2013年4月13日(土)の翌日、又は翌日以降に公開予定ですが、映画をご覧になる前に、前もって<ストーリー/あらすじ/結末までの完全ネタバレ日本語版>をお読みになりたい方は、以下をクリックしてください。

 ・・・続きは<ネタバレ結末/ライジング・ドラゴン>をお読みください⇒


【感謝とお願い】多くの皆様にこのネタバレコーナーにアクセス頂き、ありがとうございますm(__)m
 GoogleやYahoo!の検索エンジンで、映画の森てんこ森のネタバレファイルをお探しの場合は
ネタバレ ライジング・ドラゴン>又は
ライジング・ドラゴン ネタバレ>と入力してください。

 もしクリックしてもネタバレファイルにジャンプしない場合は、映画会社や配給会社への配慮として、まだリンクを貼っていない期間です。リクエスト・メールが多い場合は(お返事は出せませんが)、タイミングを見計らって、映画公開一週間前にはアップしますので、どうかご了承ください。
以上。

※参考資料:映画『十二生肖 / CHINESE ZODIAC / CZ12』-Wikipedia、『CHINESE ZODIAC / CZ12』-Wikipedia英語版、『CHINESE ZODIAC / CZ12』-IMDb、『ライジング・ドラゴン』EPK、公式サイト
| ←前の閲覧ページに戻る |▲TOP | ▲目次 |
映画の森てんこ森代表:幸田幸
coda_sati@hotmail.com
「映画の森てんこ森」へ 「旅行の森てんこ森」へ
映画解説・レヴュータイトル一覧表へ
映画の森てんこ森 バナー03

映画の森てんこ森 coda21幸田幸 クレジット バナー01
幸のイタリア各都市情報へ
旅行の森てんこ森 バナー03
136x70
本サイトの作文、データ及び画像などのコンテンツの無断転用はお控え下さい。
貴サイトへの御掲載についてはメールにてお知らせ頂ければ幸いです。
© 2002-2013 Sachi CODA at Eigano-Mori Tenko-Mori, CODA21. All Rights Reserved.



borocsoborocso  at 20:30 この記事をクリップ! 

『ライジング・ドラゴン』キャストフィルモ@映画の森てんこ森

『ライジング・ドラゴン』キャストフィルモ@映画の森てんこ森
 映画の森てんこ森■映画『ライジング・ドラゴン』
『ライジング・ドラゴン』キャストフィルモ
十二生肖 (原題) / CHINESE ZODIAC / CZ12 (英題)
| 「映画の森てんこ森」表紙 | 新作映画Top | タイトル一覧 | 本ページ更新 |
■『ライジング・ドラゴン』キャストフィルモ
 以下の映画『ライジング・ドラゴン』のキャスト(cast)のフィルモグラフィーは、<『 ライジング・ドラゴン 』キャストフィルモ>として主なキャストを番号整理しています。
 ※ネタバレご注意:以下の『 ライジング・ドラゴン (2012) 十二生肖 (原題) / CHINESE ZODIAC / CZ12 』(画面切替)のスタッフのフィルモグラフィーにはネタバレが含まれている場合があります。映画『ライジング・ドラゴン』(画面切替)をまだご覧になっていない方はご注意ください。

●『ライジング・ドラゴン』キャストフィルモ#01★ジャッキー・チェン 成龍 Jackie Chan
 本映画『 ライジング・ドラゴン (2012) 十二生肖 (原題) / CHINESE ZODIAC / CZ12 』で、監督・脚本・製作・製作総指揮・撮影・美術監督・スタント振付・出演を兼任して、アジアの鷹JC役を演じるジャッキー・チェン 成龍 Jackie Chan は、1954/04/07生まれ、香港出身。ジャッキー・チェンのフィルモグラフィーを見ると、1971年香港映画時代からハリウッド映画まで多くの映画を撮ってきているが、2000年からの映画では、
 【フィルモグラフィー】
ライジング・ドラゴン (2012) 十二生肖 (原題) / CHINESE ZODIAC / CZ12 』 監督/脚本/製作/製作総指揮/撮影/美術監督/スタント振付/アジアの鷹JC
新少林寺/SHAOLIN (2011) 新少林寺(原題)/ SHAOLIN 』 悟道(ゴドウ)
カンフー・パンダ2 (2011) KUNG FU PANDA 2 』 マスター・モンキーの声
1911 (2010) 辛亥革命 (原題) / 1911 XINHAI REVOLUTION (英題) 』 黄興
『 ラスト・ソルジャー (2010) 』 原案/出演/製作総指揮/武術指導
『 ベスト・キッド (2010) 』 ハン
『 ダブル・ミッション (2010) 』 ボブ・ホウ
『 ブルース・リー チェンジ・ザ・ワールド (2009) <TVM> 』
『 ジャッキー・チェン カンフー・キッド (2009) <未> 』
『 THE MYTH 神話 (2009) <TV> 』 総合プロデュース
『 新宿インシデント (2009) 』 製作総指揮 鉄頭
『 ドラゴン・キングダム (2008) 』 ルー・ヤン/オールド・ホップ
カンフー・パンダ (2007) KUNG FU PANDA 』 マスター・モンキーの声
『 ラッシュアワー3 (2007) 』 リー捜査官
『 プロジェクトBB (2006) 』 アクション監督/脚本/製作 サンダル
ドラゴン・プロジェクト (2005) 精武家庭 (原題) / HOUSE OF FURY (英題) 』 製作総指揮
THE MYTH/神話 (2005) 驚天傳奇 (原題) / THE MYTH (英題) 』 アクション監督/製作総指揮 モンイー将軍/ジャック
エンター・ザ・フェニックス (2004) 大[イ老]愛美麗 (原題) / ENTER THE PHOENIX (英題) 』 出演/製作総指揮
花都大戦(はなのみやこたいせん) ツインズ・エフェクトII (2004) 千機變II (原題) / TWINS EFFECT 2 / THE HUADU CHRONICLES: BLADE OF THE ROSE
香港国際警察/NEW POLICE STORY (2004) 新警察故事 (原題) / NEW POLICE STORY (英題) 』 製作総指揮 チャン警部
80デイズ (2004) AROUND THE WORLD IN 80 DAYS 』 製作総指揮 パスパルトゥー
失われた龍の系譜〜トレース・オブ・ア・ドラゴン (2003) TRACES OF A DRAGON: JACKIE CHAN & HIS LOST FAMILY
メダリオン (2003) 飛龍再生 (原題) / THE MEDALLION (英題) 』 製作総指揮 エディ・ヤン
ツインズ・エフェクト (2003) 千機變 (原題) /THE TWINS EFFECT (英題) 』 救急隊員・ジャッキー
シャンハイ・ナイト (2003) SHANGHAI KNIGHTS 』 製作総指揮 チョン・ウェン
『 アート・オブ・アクション マーシャル・アーツ・フィルムの変還 (2002) <TVM> 』
『 ジャッキー・チェン -ドラゴンへの道- (2002) <TVM> 』
タキシード (2002) THE TUXEDO 』 ジミー・トン
アクシデンタル・スパイ (2001) 』 製作 バック
ラッシュアワー2 (2001) 』 リー捜査官
『 ジャッキー・チェン・アドベンチャー (2000〜2005) <TV> 』
シャンハイ・ヌーン (2000) SHANGHAI NOON 』 製作総指揮 チョン・ウェン
等の映画・TV作品がある。


●『ライジング・ドラゴン』キャストフィルモ#02★スー・チー 舒淇(林立慧) Qi Shu
 本映画『 ライジング・ドラゴン (2012) 十二生肖 (原題) / CHINESE ZODIAC / CZ12 』で、デヴィッドの妻役を演じるスー・チー 舒淇(林立慧) Qi Shu は、1976/04/16生まれ、台湾の台北出身。スー・チー 舒淇(林立慧) Qi Shu のフィルモグラフィーを見ると、この映画の森てんこ森では、
【フィルモグラフィー】
ライジング・ドラゴン (2012) 十二生肖 (原題) / CHINESE ZODIAC / CZ12 』 デヴィッドの妻
クローサー (2002) SO CLOSE / 夕陽天使 (原題) 』 リン
トランスポーター (2002) LE TRANSPORTEUR / THE TRANSPORTER 』 ライ
等の映画作品を紹介してある。


●『ライジング・ドラゴン』キャストフィルモ#03★オリヴァー・プラット Oliver Platt
 本映画『 ライジング・ドラゴン (2012) 十二生肖 (原題) / CHINESE ZODIAC / CZ12 』で、ローレンス・モーガン役を演じるオリヴァー・プラット Oliver Platt は、1960/01/12生まれ、カナダのオンタリオ州ウィンザー出身。この映画の森てんこ森で紹介してあるオリヴァー・プラット Oliver Platt のフィルモグラフィーを見ると、
【フィルモグラフィー】
ライジング・ドラゴン (2012) 十二生肖 (原題) / CHINESE ZODIAC / CZ12 』 ローレンス・モーガン
ラブ&ドラッグ (2010) LOVE AND OTHER DRUGS / LOVE & OTHER DRUGS (別題) 』 ブルース
カサノバ (2005) CASANOVA 』 パプリッツィオ
バイバイ、ママ (2005) LOVERBOY 』 ミスター・ポメロイ
愛についてのキンゼイ・レポート (2004) KINSEY 』 ハーマン・ウェルズ
エイプリルの七面鳥 (2004) PIECES OF APRIL 』 ジム・バーンズ
サウンド・オブ・サイレンス (2001) 』 ルイス・サックス医師
ガンシャイ (2000)
娼婦ベロニカ (1998) DANGEROUS BEAUTY / A DESTINY OF HER OWN 』 マッフィオ・ヴェニエ
妹の恋人 (1993) BENNY & JOON 』 エリック
幸福の条件 (1993)
フラットライナーズ (1990) 』 ランディ・ステックル
ワーキング・ガール (1988) 』 ラッツ
等の映画作品を紹介してある。


●『ライジング・ドラゴン』キャストフィルモ#04★ダニエル・ウー 呉彦祖 Daniel Wu
 本映画『 ライジング・ドラゴン (2012) 十二生肖 (原題) / CHINESE ZODIAC / CZ12 』で、病院の医師役を演じるダニエル・ウー 呉彦祖 Daniel Wu は、1974/09/30生まれ、アメリカ/カリフォルニア州サンフランシスコ出身。この映画の森てんこ森で紹介してあるダニエル・ウー 呉彦祖 Daniel Wu のフィルモグラフィーを見ると、この映画の森てんこ森では、
【フィルモグラフィー】
ライジング・ドラゴン (2012) 十二生肖 (原題) / CHINESE ZODIAC / CZ12 』 病院の医師
ドラゴン・プロジェクト (2005) 精武家庭 (原題) / HOUSE OF FURY (英題) 』 ジェイソン
ディバージェンス −運命の交差点− (2005) 三岔口 (原題) / DIVERGENCE (英題) 』 コーク
花都大戦(はなのみやこたいせん) ツインズ・エフェクトII (2004) 千機變II (原題) / TWINS EFFECT 2 / THE HUADU CHRONICLES: BLADE OF THE ROSE
マジック・キッチン (2004) 魔幻厨房 / MAGIC KITCHEN
ワンナイト イン モンコック (2004) 旺角黒夜 / ONE NIGHT IN MONGKOK / ONE NITE IN MONGKOK 』 フー
香港国際警察/NEW POLICE STORY (2004) 新警察故事 (原題) / NEW POLICE STORY (英題) 』 ジョー
80デイズ (2004) AROUND THE WORLD IN 80 DAYS
レディ・ウェポン (2002) 赤裸特工 (原題) / NAKED WEAPON (英題) 』 ジャック
等の映画作品を紹介してある。


●『ライジング・ドラゴン』キャストフィルモ#05★ローラ・ワイスベッカー Laura Weissbecker
 本映画『 ライジング・ドラゴン (2012) 十二生肖 (原題) / CHINESE ZODIAC / CZ12 』で、キャサリン役を演じるローラ・ワイスベッカー Laura Weissbecker は、1984/10/03生まれ、フランス出身。ローラ・ワイスベッカー Laura Weissbecker のフィルモグラフィーを見ると、この映画の森てんこ森では、
【フィルモグラフィー】
ライジング・ドラゴン (2012) 十二生肖 (原題) / CHINESE ZODIAC / CZ12 』 キャサリン
ロシアン・ドールズ (2005) LES POUPEES RUSSES (原題) / THE RUSSIAN DOLLS (英題) 』 オディーユ
等の映画作品を紹介してある。


●『ライジング・ドラゴン』キャストフィルモ#06★ケイトリン・デシェル Caitlin Dechelle
 本映画『 ライジング・ドラゴン (2012) 十二生肖 (原題) / CHINESE ZODIAC / CZ12 』で、ケイティ役を演じるケイトリン・デシェル Caitlin Dechelle のフィルモグラフィーを見ると、この映画の森てんこ森では、
【フィルモグラフィー】
ライジング・ドラゴン (2012) 十二生肖 (原題) / CHINESE ZODIAC / CZ12 』 ケイティ
ジョン・カーター (2012) JOHN CARTER 』 スタント
リミットレス (2011) LIMITLESS 』 Thanks
等の映画作品を紹介してある。


●『ライジング・ドラゴン』キャストフィルモ#07★ヤオ・シントン 姚星? Xingtong Yao
 本映画『 ライジング・ドラゴン (2012) 十二生肖 (原題) / CHINESE ZODIAC / CZ12 』で、ココ役を演じるヤオ・シントン 姚星? Xingtong Yao は、1983/04/12生まれ、中国は黒竜江省ハルビン出身。北京電影学院の演劇部卒業。ヤオ・シントン 姚星? Xingtong Yao のフィルモグラフィーを見ると、本映画『 ライジング・ドラゴン (2012) 十二生肖 (原題) / CHINESE ZODIAC / CZ12 』が映画の森てんこ森で初めて紹介することになる。


●『ライジング・ドラゴン』キャストフィルモ#08★クォン・サンウ 権相佑 Sang-woo Kwon
 本映画『 ライジング・ドラゴン (2012) 十二生肖 (原題) / CHINESE ZODIAC / CZ12 』で、サイモン役を演じるクォン・サンウ 権相佑 Sang-woo Kwon は、1976/08/05生まれ、韓国/大田(テジョン)市出身の人気韓流スター。“モムチャン(韓国語でマッチョの意味)”として衆知の肉体派。クォン・サンウ 権相佑 Sang-woo Kwon のフィルモグラフィーを見ると、本映画『 ライジング・ドラゴン (2012) 十二生肖 (原題) / CHINESE ZODIAC / CZ12 』が映画の森てんこ森で初めて紹介することになる。


●『ライジング・ドラゴン』キャストフィルモ#09★ジャン・ランシン 張藍心 Zhang Lanxin
 本映画『 ライジング・ドラゴン (2012) 十二生肖 (原題) / CHINESE ZODIAC / CZ12 』で、ボニー役を演じるジャン・ランシン 張藍心 Zhang Lanxin は、1986/07/21生まれ、中国は北京出身。北京体育大学を卒業し、2004年の中国全国テコンドー選手権55kg級で優勝した。177cmと背が高く才色兼備で、諸方面で活躍が期待される。本名ジャン・ムウ Zhang Mengyu 。ジャン・ランシン 張藍心 Zhang Lanxin のフィルモグラフィーを見ると、劇場映画デビューとなった本映画『 ライジング・ドラゴン (2012) 十二生肖 (原題) / CHINESE ZODIAC / CZ12 』が映画の森てんこ森で初めて紹介することになる。


●『ライジング・ドラゴン』キャストフィルモ#10★ケン・ロー 盧恵光 Ken Lo (Kenneth Low)
 本映画『 ライジング・ドラゴン (2012) 十二生肖 (原題) / CHINESE ZODIAC / CZ12 』で、海賊の親分役を演じるケン・ロー 盧恵光 Ken Lo (Kenneth Low) は、1957/03/19生まれ、カンボジアのスツントゥレン出身。この映画の森てんこ森で紹介してあるケン・ロー 盧恵光 Ken Lo (Kenneth Low) のフィルモグラフィーを見ると、
【フィルモグラフィー】
ライジング・ドラゴン (2012) 十二生肖 (原題) / CHINESE ZODIAC / CZ12 』 海賊の親分
イントゥ・ザ・サン (2005) INTO THE SUN 』 チェン
THE MYTH/神話 (2005) 驚天傳奇 (原題) / THE MYTH (英題) 』 スタント
香港国際警察/NEW POLICE STORY (2004) 新警察故事 (原題) / NEW POLICE STORY (英題) 』 Kwong, Wing's team member
80デイズ (2004) AROUND THE WORLD IN 80 DAYS 』 スタント/出演
スター・ランナー (2003) 少年阿虎 / STAR RUNNER 』 ベニー・ウォン
シャンハイ・ナイト (2003) SHANGHAI KNIGHTS 』 スタント
等の映画作品を紹介してある。


●『ライジング・ドラゴン』キャストフィルモ#11★チェン・ボーリン 陳柏霖 Bo-lin Chen
 本映画『 ライジング・ドラゴン (2012) 十二生肖 (原題) / CHINESE ZODIAC / CZ12 』で、ウ・シン役を演じるチェン・ボーリン 陳柏霖 Bo-lin Chen は、1983/08/27生まれ、台湾の台北出身。この映画の森てんこ森で紹介してあるチェン・ボーリン 陳柏霖 Bo-lin Chen のフィルモグラフィーを見ると、この映画の森てんこ森では、
【フィルモグラフィー】
ライジング・ドラゴン (2012) 十二生肖 (原題) / CHINESE ZODIAC / CZ12 』 ウ・シン
花都大戦(はなのみやこたいせん) ツインズ・エフェクトII (2004) 千機變II (原題) / TWINS EFFECT 2 / THE HUADU CHRONICLES: BLADE OF THE ROSE 』 ブロックヘッド
五月の恋 (2004) 五月之戀 (原題) / LOVE OF MAY (英題) 』 ア・レイ
等の映画作品を紹介してある。


●『ライジング・ドラゴン』キャストフィルモ#12★カズ・パトリック・タン 健泓 Kazu Patrick Tang
 本映画『 ライジング・ドラゴン (2012) 十二生肖 (原題) / CHINESE ZODIAC / CZ12 』で、海賊役を演じるカズ・パトリック・タン 健泓 Kazu Patrick Tang のフィルモグラフィーを見ると、この映画の森てんこ森では、
【フィルモグラフィー】
ライジング・ドラゴン (2012) 十二生肖 (原題) / CHINESE ZODIAC / CZ12 』 海賊
ダニー・ザ・ドッグ (2005) UNLEASHED / DANNY THE DOG 』 バーツのチンピラ
アルティメット (2004) BANLIEUE 13 (原題) / DISTRICT B13 (英題) 』 スタント
等の映画作品を紹介してある。


●『ライジング・ドラゴン』キャストフィルモ#13★アンドリュー・ダシュ 梅喜楽 Andrew Dasz
 本映画『 ライジング・ドラゴン (2012) 十二生肖 (原題) / CHINESE ZODIAC / CZ12 』で、スペイン人のレポーター役を演じるアンドリュー・ダシュ 梅喜楽 Andrew Dasz は、1977/05/29生まれ、アルゼンチンのブエノスアイレス出身。カメラマン役で共演のスティーヴン・ダシュ 梁元鋒 Steven Dasz とは双子の兄弟。アンドリュー・ダシュ 梅喜楽 Andrew Dasz のフィルモグラフィーを見ると、この映画の森てんこ森では、
【フィルモグラフィー】
ライジング・ドラゴン (2012) 十二生肖 (原題) / CHINESE ZODIAC / CZ12 』 スペイン人のレポーター
コンテイジョン (2011) CONTAGION 』 空港の乗客
等の映画作品を紹介してある。


●『ライジング・ドラゴン』キャストフィルモ#14★リャオ・ファン 廖凡 Fan Liao
 本映画『 ライジング・ドラゴン (2012) 十二生肖 (原題) / CHINESE ZODIAC / CZ12 』で、デヴィッド(デビッド)役を演じるリャオ・ファン 廖凡 Fan Liao 或いはリアオ・ファンは、1974/02/14バレンタインデイ生まれ、上海戯劇学院を卒業。リャオ・ファン(リアオ・ファン) 廖凡 Fan Liao のフィルモグラフィーを見ると、本映画『 ライジング・ドラゴン (2012) 十二生肖 (原題) / CHINESE ZODIAC / CZ12 』が映画の森てんこ森で初めて紹介することになる。


●『ライジング・ドラゴン』キャストフィルモ#15★ミリアム・ブランカエル Myriam Blanckaert
 本映画『 ライジング・ドラゴン (2012) 十二生肖 (原題) / CHINESE ZODIAC / CZ12 』で、フランス人のメイド役を演じるミリアム・ブランカエル Myriam Blanckaert は、フランスはヴェルサイユ出身。ミリアム・ブランカエル Myriam Blanckaert のフィルモグラフィーを見ると、この映画の森てんこ森では、
【フィルモグラフィー】
ライジング・ドラゴン (2012) 十二生肖 (原題) / CHINESE ZODIAC / CZ12 』 フランス人のメイド
ステップフォード・ワイフ (2004) THE STEPFORD WIVES 』 ステップフォード・ワイフ
チェンジング・レーン (2002) CHANGING LANES 』 弁護士
宮廷料理人ヴァテール (2000)
等の映画作品を紹介してある。


●『ライジング・ドラゴン』キャストフィルモ#16★エマニュエル・レンツィ Emmanuel Lanzi
 本映画『 ライジング・ドラゴン (2012) 十二生肖 (原題) / CHINESE ZODIAC / CZ12 』で、ピエールのボディーガード役を演じるエマニュエル・レンツィ Emmanuel Lanzi のフィルモグラフィーを見ると、この映画の森てんこ森では、
【フィルモグラフィー】
ライジング・ドラゴン (2012) 十二生肖 (原題) / CHINESE ZODIAC / CZ12 』 ピエールのボディーガード
ダニー・ザ・ドッグ (2005) UNLEASHED / DANNY THE DOG 』 タフな男
ミッション・クレオパトラ (2002) ASTERIX & OBELIX: MISSION CLEOPATRE (原題) / ASTERIX & OBELIX: MISSION CLEOPATRA (米題) 』 出演
あるいは裏切りという名の犬 (2004) 36 QUAI DES ORFEVRES 』 スタント
アルティメット (2004) BANLIEUE 13 (原題) / DISTRICT B13 (英題) 』 スタント
ルパン (2004) ARSENE LUPIN 』 スタント
ルビー&カンタン (2003) TAIS-TOI! (原題) / RUBY & QUENTIN (英題) 』 スタント
トランスポーター (2002) LE TRANSPORTEUR / THE TRANSPORTER 』 スタント
キス・オブ・ザ・ドラゴン (2001) KISS OF THE DRAGON 』 スタント
ジェヴォーダンの獣 (2001) LE PACTE DES LOUPS (原題) / BROTHERHOOD OF THE WOLF (英題) 』 スタント
等の映画作品を紹介してある。


●『ライジング・ドラゴン』キャストフィルモ#17★オリヴィエ・サ Olivier Sa
 本映画『 ライジング・ドラゴン (2012) 十二生肖 (原題) / CHINESE ZODIAC / CZ12 』で、ピエールのボディーガード役を演じるオリヴィエ・サ Olivier Sa のフィルモグラフィーを見ると、この映画の森てんこ森では、
【フィルモグラフィー】
ライジング・ドラゴン (2012) 十二生肖 (原題) / CHINESE ZODIAC / CZ12 』 スタント/ピエールのボディーガード
96時間/リベンジ (2012) TAKEN 2 』 スタント
等の映画作品を紹介してある。


※『ライジング・ドラゴン / 十二生肖 / CHINESE ZODIAC / CZ12』-Wikipedia、『十二生肖 / CHINESE ZODIAC / CZ12』-IMDb、『ライジング・ドラゴン』EPK、公式サイト引用
| ←前の閲覧ページに戻る |▲TOP | ▲目次 |
映画の森てんこ森代表:幸田幸
coda_sati@hotmail.com
「映画の森てんこ森」へ 「旅行の森てんこ森」へ
映画解説・レヴュータイトル一覧表へ
映画の森てんこ森 バナー03

映画の森てんこ森 coda21幸田幸 クレジット バナー01
幸のイタリア各都市情報へ
旅行の森てんこ森 バナー03
136x70
本サイトの作文、データ及び画像などのコンテンツの無断転用はお控え下さい。
貴サイトへの御掲載についてはメールにてお知らせ頂ければ幸いです。
© 2002-2013 Sachi CODA at Eigano-Mori Tenko-Mori, CODA21. All Rights Reserved.



borocsoborocso  at 20:10 この記事をクリップ! 

『ライジング・ドラゴン』スタッフフィルモ@映画の森てんこ森

『ライジング・ドラゴン』スタッフフィルモ@映画の森てんこ森
 映画の森てんこ森■映画『ライジング・ドラゴン』
『ライジング・ドラゴン』スタッフフィルモ
十二生肖 (原題) / CHINESE ZODIAC / CZ12 (英題)
| 「映画の森てんこ森」表紙 | 新作映画Top | タイトル一覧 | 本ページ更新 |
■『ライジング・ドラゴン』スタッフフィルモ
 以下の映画『ライジング・ドラゴン』のスタッフ(crew)のフィルモグラフィーは、<『 ライジング・ドラゴン 』スタッフフィルモ>として番号整理しています。
 ※ネタバレご注意:以下の『 ライジング・ドラゴン (2012) 十二生肖 (原題) / CHINESE ZODIAC / CZ12 (英題) 』(画面切替)のスタッフのフィルモグラフィーにはネタバレが含まれている場合があります。映画『ライジング・ドラゴン (2012) 十二生肖 (原題) / CHINESE ZODIAC / CZ12 (英題)』(画面切替)をまだご覧になっていない方はご注意ください。

●『ライジング・ドラゴン』スタッフフィルモ#01◆ジャッキー・チェン 成龍 Jackie Chan
 本映画『 ライジング・ドラゴン (2012) 十二生肖 (原題) / CHINESE ZODIAC / CZ12 』で、監督・脚本・製作・製作総指揮・撮影・美術監督・スタント振付・出演の八役を兼任するジャッキー・チェン 成龍 Jackie Chan は、1954/04/07生まれ、香港出身。ジャッキー・チェンのフィルモグラフィーを見ると、1971年香港映画時代からハリウッド映画まで多くの映画を撮ってきているが、2000年からの映画では、
 【フィルモグラフィー】
ライジング・ドラゴン (2012) 十二生肖 (原題) / CHINESE ZODIAC / CZ12 』 監督/脚本/製作/製作総指揮/撮影/美術監督/スタント振付/アジアの鷹JC
1911 (2010) 辛亥革命 (原題) / 1911 XINHAI REVOLUTION (英題) 』 黄興
新少林寺/SHAOLIN (2011) 新少林寺(原題)/ SHAOLIN 』 悟道(ゴドウ)
カンフー・パンダ2 (2011) KUNG FU PANDA 2 』 マスター・モンキーの声
『 ラスト・ソルジャー (2010) 』 原案/出演/製作総指揮/武術指導
『 ベスト・キッド (2010) 』 ハン
『 ダブル・ミッション (2010) 』 ボブ・ホウ
『 ブルース・リー チェンジ・ザ・ワールド (2009) <TVM> 』
『 ジャッキー・チェン カンフー・キッド (2009) <未> 』
『 THE MYTH 神話 (2009) <TV> 』 総合プロデュース
『 新宿インシデント (2009) 』 製作総指揮 鉄頭
『 ドラゴン・キングダム (2008) 』 ルー・ヤン/オールド・ホップ
カンフー・パンダ (2007) KUNG FU PANDA 』 マスター・モンキーの声
『 ラッシュアワー3 (2007) 』 リー捜査官
『 プロジェクトBB (2006) 』 アクション監督/脚本/製作 サンダル
ドラゴン・プロジェクト (2005) 精武家庭 (原題) / HOUSE OF FURY (英題) 』 製作総指揮
THE MYTH/神話 (2005) 驚天傳奇 (原題) / THE MYTH (英題) 』 アクション監督/製作総指揮 モンイー将軍/ジャック
エンター・ザ・フェニックス (2004) 大[イ老]愛美麗 (原題) / ENTER THE PHOENIX (英題) 』 出演/製作総指揮
花都大戦(はなのみやこたいせん) ツインズ・エフェクトII (2004) 千機變II (原題) / TWINS EFFECT 2 / THE HUADU CHRONICLES: BLADE OF THE ROSE
香港国際警察/NEW POLICE STORY (2004) 新警察故事 (原題) / NEW POLICE STORY (英題) 』 製作総指揮 チャン警部
80デイズ (2004) AROUND THE WORLD IN 80 DAYS 』 製作総指揮 パスパルトゥー
失われた龍の系譜〜トレース・オブ・ア・ドラゴン (2003) TRACES OF A DRAGON: JACKIE CHAN & HIS LOST FAMILY
メダリオン (2003) 飛龍再生 (原題) / THE MEDALLION (英題) 』 製作総指揮 エディ・ヤン
ツインズ・エフェクト (2003) 千機變 (原題) /THE TWINS EFFECT (英題) 』 救急隊員・ジャッキー
シャンハイ・ナイト (2003) SHANGHAI KNIGHTS 』 製作総指揮 チョン・ウェン
『 アート・オブ・アクション マーシャル・アーツ・フィルムの変還 (2002) <TVM> 』
『 ジャッキー・チェン -ドラゴンへの道- (2002) <TVM> 』
タキシード (2002) THE TUXEDO 』 ジミー・トン
アクシデンタル・スパイ (2001) 』 製作 バック
ラッシュアワー2 (2001) 』 リー捜査官
『 ジャッキー・チェン・アドベンチャー (2000〜2005) <TV> 』
シャンハイ・ヌーン (2000) SHANGHAI NOON 』 製作総指揮 チョン・ウェン
等の映画・TV作品がある。


●『ライジング・ドラゴン』スタッフフィルモ#02◆スタンリー・トン 唐季礼 Stanley Tong
 本映画『 ライジング・ドラゴン (2012) 十二生肖 (原題) / CHINESE ZODIAC / CZ12 』で、ジャッキー・チェンと同じく製作プロデューサーのスタンリー・トン 唐季礼 Stanley Tong は、1960年生まれ、香港出身。スタンリー・トン 唐季礼のフィルモグラフィーを見ると、この映画の森てんこ森では、
【フィルモグラフィー】
ライジング・ドラゴン (2012) 十二生肖 (原題) / CHINESE ZODIAC / CZ12 』 脚本
THE MYTH/神話 (2005) 驚天傳奇 (原題) / THE MYTH (英題) 』 アクション監督/監督/脚本/原案
等の映画作品を紹介してある。


●『ライジング・ドラゴン』スタッフフィルモ#03◆バービー・タン 董韻詩 Barbie Tung
 本映画『 ライジング・ドラゴン (2012) 十二生肖 (原題) / CHINESE ZODIAC / CZ12 』で、ジャッキー・チェンと同じく製作プロデューサーのバービー・タン 董韻詩 Barbie Tung のフィルモグラフィーを見ると、この映画の森てんこ森では、
【フィルモグラフィー】
ライジング・ドラゴン (2012) 十二生肖 (原題) / CHINESE ZODIAC / CZ12 』 製作
さらば復讐の狼たちよ (2010) 譲子弾飛(原題) / LET THE BULLETS FLY 』 製作
THE MYTH/神話 (2005) 驚天傳奇 (原題) / THE MYTH (英題) 』 製作
香港国際警察/NEW POLICE STORY (2004) 新警察故事 (原題) / NEW POLICE STORY (英題) 』 製作
等の映画作品を紹介してある。


●『ライジング・ドラゴン』スタッフフィルモ#04◆ワン・ティエンユン 汪天雲 Tianyan Wang
 本映画『 ライジング・ドラゴン (2012) 十二生肖 (原題) / CHINESE ZODIAC / CZ12 』で、ジャッキー・チェンと同じく製作プロデューサーのワン・ティエンユン 汪天雲 Tianyan Wang のフィルモグラフィーを見ると、この映画の森てんこ森では、
【フィルモグラフィー】
ライジング・ドラゴン (2012) 十二生肖 (原題) / CHINESE ZODIAC / CZ12 』 associate producer
世界 (2005) THE WORLD 』 supervising producer
等の映画作品を紹介してある。


●『ライジング・ドラゴン』スタッフフィルモ#05◆ワン・チョンレイ 王中磊 Zhonglei Wang
 本映画『 ライジング・ドラゴン (2012) 十二生肖 (原題) / CHINESE ZODIAC / CZ12 』で、ジャッキー・チェンと同じく製作プロデューサーのワン・チョンレイ 王中磊 Zhonglei Wang は、1970年生まれ、中国は北京出身。製作総指揮のワン・チョンジュン 王中軍の弟である。ワン・チョンレイ 王中磊のフィルモグラフィーを見ると、この映画の森てんこ森では、
【フィルモグラフィー】
ライジング・ドラゴン (2012) 十二生肖 (原題) / CHINESE ZODIAC / CZ12 』 製作
ココシリ:マウンテン・パトロール (2004) 可可西里 / KEKEXILI: MOUNTAIN PATROL 』 製作
カンフーハッスル (2004) 功夫 (原題) / KUNG FU HUSTLE (英題) 』 製作総指揮
ヘブン・アンド・アース (2003) WARRIORS OF HEAVEN AND EARTH 』 製作総指揮
ハッピー・フューネラル (2001) BIG SHOT'S FUNERAL / THE FUNERAL OF THE FAMOUS STAR / 大腕 (原題) 』 製作
等の映画作品を紹介してある。


●『ライジング・ドラゴン』スタッフフィルモ#06◆アルバート・ヤン 楊受成 Albert Yeung
 本映画『 ライジング・ドラゴン (2012) 十二生肖 (原題) / CHINESE ZODIAC / CZ12 』で、ジャッキー・チェンと同じく製作プロデューサーのアルバート・ヤン 楊受成 Albert Yeung のフィルモグラフィーを見ると、この映画の森てんこ森では、
【フィルモグラフィー】
ライジング・ドラゴン (2012) 十二生肖 (原題) / CHINESE ZODIAC / CZ12 』 製作
新少林寺/SHAOLIN (2011) 新少林寺(原題)/ SHAOLIN 』 製作総指揮
THE MYTH/神話 (2005) 驚天傳奇 (原題) / THE MYTH (英題) 』 製作総指揮
6AM (2004) 大無謂 / 大無畏 / 6 AM (英題) 』 製作総指揮
香港国際警察/NEW POLICE STORY (2004) 新警察故事 (原題) / NEW POLICE STORY (英題) 』 製作総指揮
花都大戦(はなのみやこたいせん) ツインズ・エフェクトII (2004) 千機變II (原題) / TWINS EFFECT 2 / THE HUADU CHRONICLES: BLADE OF THE ROSE 』 製作総指揮
メダリオン (2003) 飛龍再生 (原題) / THE MEDALLION (英題) 』 製作総指揮
ツインズ・エフェクト (2003) 千機變 (原題) /THE TWINS EFFECT (英題) 』 製作総指揮
等の映画作品を紹介してある。 


●『ライジング・ドラゴン』スタッフフィルモ#07◆ワン・チョンジュン 王中軍 Zhongjun Wang
 本映画『 ライジング・ドラゴン (2012) 十二生肖 (原題) / CHINESE ZODIAC / CZ12 』で、ジャッキー・チェンと同じく製作総指揮を担当するワン・チョンジュン 王中軍 Zhongjun Wang のフィルモグラフィーを見ると、この映画の森てんこ森では、
【フィルモグラフィー】
『 ライジング・ドラゴン (2012) 十二生肖 (原題) / CHINESE ZODIAC / CZ12 』 製作総指揮
新少林寺/SHAOLIN (2011) 新少林寺(原題)/ SHAOLIN 』 製作総指揮
ヘブン・アンド・アース (2003) WARRIORS OF HEAVEN AND EARTH 』 製作
わが家の犬は世界一 (2002) CALA, MY DOG! 』 製作
ハッピー・フューネラル (2001) BIG SHOT'S FUNERAL / THE FUNERAL OF THE FAMOUS STAR / 大腕 (原題) 』 製作
等の映画作品を紹介してある。


●『ライジング・ドラゴン』スタッフフィルモ#08◆ブレット・ラトナー Brett Ratner
 本映画『 ライジング・ドラゴン (2012) 十二生肖 (原題) / CHINESE ZODIAC / CZ12 』で、ジャッキー・チェンと同じく製作総指揮を担当するブレット・ラトナー Brett Ratner は、1969/03/28生まれ、アメリカ/フロリダ州マイアミビーチ出身。ブレット・ラトナー Brett Ratner のフィルモグラフィーを見ると、この映画の森てんこ森では、
【フィルモグラフィー】
ライジング・ドラゴン (2012) 十二生肖 (原題) / CHINESE ZODIAC / CZ12 』 製作総指揮
白雪姫と鏡の女王 (2012) MIRROR MIRROR 』 製作
モンスター上司 (2011) HORRIBLE BOSSES 』 製作
ダイヤモンド・イン・パラダイス (2004) AFTER THE SUNSET 』 監督
レッド・ドラゴン (2002) RED DRAGON 』 監督
ラッシュアワー (1998) 』 監督
等の映画作品を紹介してある。


●『ライジング・ドラゴン』スタッフフィルモ#09◆ン・マンチン 伍文拯 Man-Ching Ng
 本映画『 ライジング・ドラゴン (2012) 十二生肖 (原題) / CHINESE ZODIAC / CZ12 』で、ジャッキー・チェンと同じく撮影を担当するン・マンチン 伍文拯 Man-Ching Ng のフィルモグラフィーを見ると、この映画の森てんこ森では、
【フィルモグラフィー】
ライジング・ドラゴン (2012) 十二生肖 (原題) / CHINESE ZODIAC / CZ12 』 撮影
デイジー (2006) DAISY 』 撮影
頭文字[イニシャル]D THE MOVIE (2005) INITIAL D 』 撮影
インファナル・アフェア 終極無間 (2003) 無間道III (原題) / INFERNAL AFFAIRS III (英題) 』 撮影
インファナル・アフェア 無間序曲 (2003) 無間道II (原題) / INFERNAL AFFAIRS II (英題) 』 撮影
ブラックマスク2 (2001) 黒侠II (原題) / BLACK MASK 2: CITY OF MASKS (英題) 』 照明
等の映画作品を紹介してある。


●『ライジング・ドラゴン』スタッフフィルモ#10◆ヤウ・チーワイ 邱志偉 Chi Wai Yau
 本映画『 ライジング・ドラゴン (2012) 十二生肖 (原題) / CHINESE ZODIAC / CZ12 』で、編集を担当するヤウ・チーワイ 邱志偉 Chi Wai Yau のフィルモグラフィーを見ると、この映画の森てんこ森では、
【フィルモグラフィー】
ライジング・ドラゴン (2012) 十二生肖 (原題) / CHINESE ZODIAC / CZ12 』 編集
ドラゴンゲート 空飛ぶ剣と幻の秘宝 (2011) 龍門飛甲 (原題) / FLYING SWORDS OF DRAGON GATE (英題) 』 編集
新少林寺/SHAOLIN (2011) 新少林寺(原題)/ SHAOLIN 』 編集
王朝の陰謀 判事ディーと人体発火怪奇事件 (2010) DETECTIVE DEE AND THE MYSTERY OF THE PHANTOM FLAME 』 編集
THE MYTH/神話 (2005) 驚天傳奇 (原題) / THE MYTH (英題) 』 編集
ディバージェンス −運命の交差点− (2005) 三岔口 (原題) / DIVERGENCE (英題) 』 編集
香港国際警察/NEW POLICE STORY (2004) 新警察故事 (原題) / NEW POLICE STORY (英題) 』 編集
フルタイムキラー 全職殺手 (2001) FULLTIME KILLER 』 laboratory technician
等の映画作品を紹介してある。


●『ライジング・ドラゴン』スタッフフィルモ#11◆オリヴァー・ウォン 黄鋭民 Oliver Wong
 本映画『 ライジング・ドラゴン (2012) 十二生肖 (原題) / CHINESE ZODIAC / CZ12 』で、プロダクションデザインを担当するオリヴァー・ウォン 黄鋭民 Oliver Wong のフィルモグラフィーを見ると、この映画の森てんこ森では、
【フィルモグラフィー】
ライジング・ドラゴン (2012) 十二生肖 (原題) / CHINESE ZODIAC / CZ12 』 プロダクションデザイン
THE MYTH/神話 (2005) 驚天傳奇 (原題) / THE MYTH (英題) 』 プロダクションデザイン
カンフーハッスル (2004) 功夫 (原題) / KUNG FU HUSTLE (英題) 』 プロダクションデザイン/出演
メダリオン (2003) 飛龍再生 (原題) / THE MEDALLION (英題) 』 美術監督: Hong Kong
アクシデンタル・スパイ (2001) 』 美術監督
等の映画作品を紹介してある。


●『ライジング・ドラゴン』スタッフフィルモ#12◆トーマス・チョン・チーリョン 荘志良 Thomas Chong Chi-Leung
 本映画『 ライジング・ドラゴン (2012) 十二生肖 (原題) / CHINESE ZODIAC / CZ12 』で、イメージ美術を担当するトーマス・チョン・チーリョン 荘志良 Thomas Chong Chi-Leung のフィルモグラフィーを見ると、この映画の森てんこ森では、
【フィルモグラフィー】
ライジング・ドラゴン (2012) 十二生肖 (原題) / CHINESE ZODIAC / CZ12 』 イメージ美術
SPIRIT (2006) 霍元甲 (原題) / FEARLESS (英題) 』 衣装デザイン
THE MYTH/神話 (2005) 驚天傳奇 (原題) / THE MYTH (英題) 』 衣装デザイン
等の映画作品を紹介してある。


※『ライジング・ドラゴン / 十二生肖 / CHINESE ZODIAC / CZ12』-Wikipedia、『十二生肖 / CHINESE ZODIAC / CZ12』-IMDb、『ライジング・ドラゴン』EPK、公式サイト引用
| ←前の閲覧ページに戻る |▲TOP | ▲目次 |
映画の森てんこ森代表:幸田幸
coda_sati@hotmail.com
「映画の森てんこ森」へ 「旅行の森てんこ森」へ
映画解説・レヴュータイトル一覧表へ
映画の森てんこ森 バナー03

映画の森てんこ森 coda21幸田幸 クレジット バナー01
幸のイタリア各都市情報へ
旅行の森てんこ森 バナー03
136x70
本サイトの作文、データ及び画像などのコンテンツの無断転用はお控え下さい。
貴サイトへの御掲載についてはメールにてお知らせ頂ければ幸いです。
© 2002-2013 Sachi CODA at Eigano-Mori Tenko-Mori, CODA21. All Rights Reserved.



borocsoborocso  at 20:05 この記事をクリップ! 

ライジング・ドラゴンのスタッフ&キャスト@映画の森てんこ森

ライジング・ドラゴンのスタッフ&キャスト@映画の森てんこ森
 映画の森てんこ森■映画スタッフとキャスト
ライジング・ドラゴンのスタッフ&キャスト
十二生肖 (原題) / CHINESE ZODIAC / CZ12 (英題)
| 「映画の森てんこ森」表紙 | 新作映画Top | タイトル一覧 | 本ページ更新 |
■ライジング・ドラゴンのスタッフとキャスト
以下は、映画『 ライジング・ドラゴン (2012) 十二生肖 (原題) / CHINESE ZODIAC / CZ12 (英題) 』のスタッフとキャストのリストです。
★映画『ライジング・ドラゴン』(画面切替)の詳しい情報はこちらをクリック⇒

【映画『ライジング・ドラゴン』のスタッフ】
監督 Directed by:ジャッキー・チェン 成龍 Jackie Chan
脚本 Writing credits:フランキー・チャン 陳勲奇 Frankie Chan
   ジャッキー・チェン 成龍 Jackie Chan
   エドワード・タン 景生 Edward Tang
   スタンリー・トン 唐季礼 Stanley Tong
製作 Produced by:ジャッキー・チェン 成龍 Jackie Chan
   エスモンド・ルネ Esmond Ren
   バービー・タン 董韻詩 Barbie Tung
   ワン・ティエンユン 汪天雲 Tianyan Wang
   ワン・チョンレイ 王中磊 Zhonglei Wang
   アルバート・ヤン 楊受成 Albert Yeung
   チャン・ダジュン Dajun Zhang
製作総指揮 Executive Producer:ジャッキー・チェン成龍 Jackie Chan
   ワン・チョンジュン 王中軍 Zhongjun Wang
   ブレット・ラトナー Brett Ratner
音楽・作曲 Original Music by:ロック・チェン阿鯤 Roc Chen
   ネイサン・ワン 王宗賢 Nathan Wang
撮影 Cinematography by:ジャッキー・チェン成龍 Jackie Chan
   ン・マンチン 伍文拯 Man-Ching Ng
編集 Film Editing by:ヤウ・チーワイ 邱志偉 Chi Wai Yau
美術 Art Direction by:ジャッキー・チェン成龍 Jackie Chan
プロダクションデザイン Production Design by:オリヴァー・ウォン 黄鋭民 Oliver Wong
イメージ美術 Image Design by:トーマス・チョン・チーリョン荘志良 Thomas Chong Chi-Leung
視覚効果監修 Visual Effects by:マックス・チェン Max Chan
   ハン・ユンウ Young-woo Han


【映画『ライジング・ドラゴン』のキャスト】
出演・Cast (in alphabetical order)
   ジャッキー・チェン 成龍 Jackie Chan ... Asian Hawk as JC アジアの鷹JC
   スー・チー 舒淇(林立慧) Qi Shu ... David's Wife デビッドの妻 (cameo)
   オリヴァー・プラット Oliver Platt ... Lawrence Morgan ローレンス・モーガン
   ダニエル・ウー 呉彦祖 Daniel Wu ... Hospital Doctor 病院の医師 (cameo)
   ローラ・ワイスベッカー Laura Weissbecker ... Katherine キャサリン
   ケイトリン・デシェル Caitlin Dechelle ... Katie ケイティ
   ヤオ・シントン 姚星? Xingtong Yao ... Coco ココ
   クォン・サンウ 権相佑 Sang-woo Kwon ... Simon サイモン
   アラー・サフィ Alaa Safi ... Vulture ハゲタカ
   ジャン・ランシン 張藍心 Zhang Lanxin ... Bonnie ボニー
   エミリー・ギヨー Emilie Guillot ... French Reporter フランス人のレポーター
   ラニ・ビーマク Rani Bheemuck ... Indian Reporter インド人のレポーター
   ユ・スンジュン 劉承俊 Sung-jun Yoo ... Pirate Captain 海賊の親分
   ケン・ロー 盧恵光 Ken Lo (Kenneth Low) ... Pirate Chief 海賊の親分
   スティーヴン・ダシュ 梁元鋒 Steven Dasz ... Camera Operator カメラマン
   チェン・ボーリン 陳柏霖 Bo-lin Chen ... Wu Qing ウ・シン
   カズ・パトリック・タン 健泓 Kazu Patrick Tang ... Pirate 海賊
   アンドリュー・ダシュ 梅喜楽 Andrew Dasz ... Spanish Reporter スペイン人のレポーター
   リャオ・ファン(リアオ・ファン) 廖凡 Fan Liao ... David デヴィッド(デビッド)
   ポール・フィリップ・クラーク Paul Philip Clark ... Pierre's bodyguard ピエールのボディーガード
   ミリアム・ブランカエル Myriam Blanckaert ... French maid フランス人のメイド
   クリスチャン・バッキーニ Christian Bachini ... 噂あり(rumored)
   ヴィンセント・ツェ 施祖男 Vincent Sze ... Michael Morgan マイケル・モーガン
   プン・ボーイー 潘宝児 Bo-Yee Poon ... Lawrence's Assistant ローレンスの助手
   ジョン・ペイズリー John Paisley ... Sir Charlton チャールトン卿
   ピエール・ブルドー Pierre Bourdaud ... Pirate 海賊
   エマニュエル・レンツィ Emmanuel Lanzi ... Pierre's Bodyguard ピエールのボディーガード
   オリヴィエ・サ Olivier Sa ... Pierre's Bodyguard ピエールのボディーガード
   イゴール・ダルボ Igor Darbo ... French Police Officer フランス人の警察官
   ケオニ・エヴァリントン 華武杰 Keoni Everington ... Auctioneer 競売人
   マルク・カノニザード Marc Canonizado ... Marc マルク
   ロザリオ・アマデオ Rosario Amadeo ... Pierre ピエール
   ジャン=マリー・フォンボンヌ Jean-Marie Fonbonne ... Marceau マルソー
   ジェニファー・エデン Jennifer Eden ... News Anchor ニュースキャスター
   ステファン・ジロンドー Stephane Girondeaud ... Security Guard of French Domain フランスの領域の警備員
   ワン・チンシャン 王慶祥 Qingxiang Wang ... Professor Guan グァン教授
   ダーヴィト・トロク David Torok ... Michael's Bodyguard マイケルのボディーガード (rumored)
   ジョナサン・リー Jonathan Lee ... Jonathan ジョナサン
   ジル・ケルシー Jill Kelsey ... Reporter レポーター
   トニー・ヴァンジェールオエ Tony Vingerhoets ... Lawrence's Assistant ローレンスの助手
   カリム・クリダ Karim Krida ... Pierre's Bodyguard ピエールのボディーガード
   テリー・ハケット Terry Hackett ... Auction Executor 入札者
   チュイ・ハオボー Cui Haobo ... Chinese Ambassador 中国大使
   ネイサン・ボイド Nathan Boyd ... Auction Executor 入札者
   ジョアン・リン・フォンチャオ 林鳳嬌 Joan Lin Feng-Jiao ... JC's wife JCの妻(cameo)


※スタッフ・キャスト及び登場人物の呼称が正確でない場合がありますのでご了承ください。
※参考資料:『十二生肖 / CHINESE ZODIAC / CZ12 』-IMDb、映画『ライジング・ドラゴン』-Wikipedia、『十二生肖 / CHINESE ZODIAC / CZ12』-Wikipedia英語版、『ライジング・ドラゴン』EPK、公式サイト
| ←前の閲覧ページに戻る |▲TOP | ▲目次 |
映画の森てんこ森代表:幸田幸
coda_sati@hotmail.com
「映画の森てんこ森」へ 「旅行の森てんこ森」へ
映画解説・レヴュータイトル一覧表へ
映画の森てんこ森 バナー03

映画の森てんこ森 coda21幸田幸 クレジット バナー01
幸のイタリア各都市情報へ
旅行の森てんこ森 バナー03
136x70
本サイトの作文、データ及び画像などのコンテンツの無断転用はお控え下さい。
貴サイトへの御掲載についてはメールにてお知らせ頂ければ幸いです。
© 2002-2013 Sachi CODA at Eigano-Mori Tenko-Mori, CODA21. All Rights Reserved.



borocsoborocso  at 20:00 この記事をクリップ! 

ザ・マスターの完全ネタバレ@映画の森てんこ森


【恭子の動画映像ブログ】 2013年3月24日(日)公開予定
最新映画のネタバレ/あらすじ・ストーリー・結末のネタバレ・完全ネタバレ
※この欄のイラストは「NOM's FOODS iLLUSTRATED」さまより使用許諾を得ています。(c)映画の森てんこ森/F・恭子
更新版
F・恭子のブロードバンドブログnew ザ・マスターの完全ネタバレ

映画『 ザ・マスター 』の解説
※クリックでYouTube『ザ・マスター (2012) THE MASTER』予告編へ
映画『 ザ・マスター 』の予告編
※動画はVISO Trailersへリンクで掲載
(C)MMXII by Western Film Company LLC All Rights Reserved.

| 「目次」Topページ | 本ページ更新 | 本ページ最終更新 |
ザ・マスター/映画『 ザ・マスター THE MASTER 』あらすじ・ストーリーのネタバレ/結末まで完全ネタバレ

by ネタバレンタイン犬@映画の森てんこ森 ザ・マスターの完全ネタバレ
ザ・マスターの完全ネタバレ
 今日のタイトルは「ザ・マスターの完全ネタバレ」です。
 そしてYouTube動画映像版は映画『ザ・マスター』の予告編です。
 映画『 ザ・マスター (2012) THE MASTER 』の映画解説はこちらから。
 このページは、幸田幸@映画の森てんこ森が、日本公開前の映画を海外の劇場やDVDで鑑賞して作文したり、『 ザ・マスター (2012) THE MASTER 』のWikipedia英語版プロットや、海外映画情報(あらすじ・ストーリー・ネタバレ等)を大雑把に日本語訳して編集、纏めたものです。

映画『ザ・マスター』の劇場公開
 2013年3月22日(金)より、TOHOシネマズ シャンテ、新宿バルト9ほか全国ロードショー!!

ネタバレご注意:あらすじ・ストーリー・結末まで、完全ネタバレですので、映画『 ザ・マスター (2012) THE MASTER 』をまだご覧になっていない方はネタバレにご注意ください。
 Warning!The items below here contain information that may give away important plot points. You may not want to read any further if you've not already seen this title.

★製作陣スタッフや登場人物キャスト、映画解説やポスター等の情報は以下を参照してください。
⇒livedoor版【ザ・マスターのスタッフ&キャスト】
livedoor版【『ザ・マスター』スタッフフィルモ】
⇒livedoor版【『ザ・マスター』キャストフィルモ】
⇒livedoor版【ザ・マスターの映画解説】
F.恭子版【映画「ザ・マスター」ポスター】

【ザ・マスター/あらすじ結末まで完全ネタバレ 第01段落】
 フレディ・クエル(ホアキン・フェニックス)は第二次世界大戦から帰還の精神障害のある船乗りだ。戦時中に虫垂破裂らしき健康上の原因で退役となり、今では戦争の心的外傷後ストレス障害つまりPTSDを抱え(在郷軍人局の医師:プライス・カーソン、ロールシャッハ検査の医師:マイク・ハワード)、戦後生活に適応できるようもがいている。

【ザ・マスター/あらすじ結末まで完全ネタバレ 第02段落】
 とは言っても、ビーチで酒に溺れている毎日。フレディはココナッツの汁とウィスキーとガソリンからアルコール混合物を彼独自で醸造する。ビーチで他の水兵たちとレスリングごっこをしたり砂で女性の身体そっくり作って何やらしたり、セックスに取り付かれたアルコール依存症の患者である。

【ザ・マスター/あらすじ結末まで完全ネタバレ 第03段落】
 戦争から帰還後、海軍に世話されてショッピングセンターのカメラマン(ポートレート顧客:ティナ・ブルナ、ケヴィン・ハドネル、ハンター・クレイグ、ライダー・クレイグ、ロディオン・サルニコフ、エミリー・ギリアム、コーディ・クライン)になる。何か、目的を持てるようにとの海軍の計らいだ。

【ザ・マスター/あらすじ結末まで完全ネタバレ 第04段落】
 その仕事は初めは我慢できるものだった。休憩室で手製のあのアルコール飲料をこっそり口にしたり、女子店員のマーサ(エイミー・ファーガソン)を誘惑したりして。しかし、その女性に関係を求めて言い寄りすぎると、すげなく断わられたので、フレディは頭にきて客(W・アール・ブラウン)に当たって喧嘩騒ぎを起こしたので解雇される。

【ザ・マスター/あらすじ結末まで完全ネタバレ 第05段落】
 それで、今度はキャベツ農場で職を見つけるが、ここも短期間で終わる。ここでもフレディは自家製アルコールを同僚労働者(エアリアル・フェリックスら)と飲み、その同僚をアルコール中毒で死なせてしまったのでここも追い払われるのだ。行く当てもなく喧嘩好きのフレディは、団体が乗船している船に逃れることに。

【ザ・マスター/あらすじ結末まで完全ネタバレ 第06段落】
 翌朝、目覚めたフレディは船底から階上のオフィスに連れて行かれ、“ザ・マスター”と呼ばれている顕著で多才の男ランカスター・ドッド(フィリップ・シーモア・ホフマン)に会わされる。ザ・マスターは“ザ・コーズ”という哲学運動の教団指導者である。

【ザ・マスター/あらすじ結末まで完全ネタバレ 第07段落】
 ザ・マスターは教えの概観と奇怪な主張の本を一冊出していて、次作のために情報収集中である。ザ・マスターがフレディに言うには、昨夜、君は仕事を欲しがっていたと。でも、フレディは覚えていない。フレディが海軍で船の経験があるのを知ると、ザ・マスターは船上仕事をくれた。

【ザ・マスター/あらすじ結末まで完全ネタバレ 第08段落】
 また、例の自家製アルコールをもっと作ってくれともザ・マスターは依頼する。フレディは当初は“ザ・マスター”ランカスター・ドッドの独特な個性にのけぞりもするが、やがてザ・マスターの元で働くことを了承し、自家製ドリンクも、もっともっと強いのを作ることもOKする。

【ザ・マスター/あらすじ結末まで完全ネタバレ 第09段落】
 船上では、ザ・マスターの娘エリザベス・ドッド(アンビル・チルダーズ)の結婚式だ。花婿は、“ザ・コーズ”の信奉者の一人クラーク(ラミ・マレック)という。フレディは結婚式場の船首までザ・マスターに招待された。結婚式と披露宴で、ランカスター・ドッドという人物がカリスマであり説得力がある一方、見知らぬ者には隠れた不信の持ち主であるとフレディは知る。

【ザ・マスター/あらすじ結末まで完全ネタバレ 第10段落】
 ランカスター・ドッドには信奉者が多い。中でも、一番の信奉者は妻のペギー・ドッド(エイミー・アダムス)だ。夫が最も確信がない状態の際、映画『ザ・マスター』で始終、夫を動機付けるのが妻ペギーなのである。

【ザ・マスター/あらすじ結末まで完全ネタバレ 第11段落】
 フレディが船上で働き始めると、ザ・マスター用のドリンクを作るのに必要なものの供給を受ける。塗料用シンナーという独特な成分だ。ザ・マスターは自分が執り行う“プロセシング”と呼ばれる試験の“実験台”になるようにフレディを招く。

【ザ・マスター/あらすじ結末まで完全ネタバレ 第12段落】
 その試験は、誰かが患者(キンバリー・エイブルズ・ジンドラ)に多数の哲学的質問を何度も繰り返して、遂にその患者はガクッと来て過去を手放すようになるのだ。今回、フレディはザ・マスターから質問を浴びる。そして、父親はもう死亡し母親は精神病院にいると暴くことになり、また、ドリス・ソルスター(マディセン・ベイティ)という女性と恋仲だったのに海軍に入るので捨てたのだとも明かす。

【ザ・マスター/あらすじ結末まで完全ネタバレ 第13段落】
 ザ・マスターはフレディの答えに疑惑を感じるが、質問のレベル2に上げる。すると、質問は更に個人的なものになり、叔母と寝たことまで白状する羽目になる。酔っていたし叔母が ・・・結末までのネタバレを読む・・・>>










以上。
※<ザ・マスターの完全ネタバレ>のテキストは、<『THE MASTER』-Wikipedia英語版、『THE MASTER』-IMDb、『THE MASTER』関連サイト英語版の翻訳、映画『ザ・マスター』-Wikipedia、『ザ・マスター』EPK、公式サイト・関連サイト等を引用。
※本ファイル<ザ・マスターの完全ネタバレ>には間違いがある場合がありますので、お読みになる方は、どうかご了承くださいませ。

テキスト:幸田幸


 ■恭子の動画映像ブログ
 http://coda21.net/broadband/index.htm

注目の映画・DVD・映像動画はこちら・・・▼
 ★映画の森てんこ森 http://coda21.net/

 映画の森てんこ森のその他の映像・動画コンテンツを見る・・・>>
【B級グルメ@映画の森てんこ森】=YouTube動画サイト

| 「目次」Topページ | 本ページ更新 | 本ページ最終更新 |

更新ブログはここをクリック


映画解説・レヴュータイトル一覧表
映画の森てんこ森 バナー03

映画の森てんこ森 coda21幸田幸 クレジット バナー01


幸のイタリア旅行のHPへ幸田幸のイタリア旅行バナーボタン01クリックで「旅行の森てんこ森」のページに進む。
幸のイタリア旅行のHPへ

★テキスト中心対応(T)版 (28Kbps〜56Kbps) ■800×600画面 ■文字サイズ(小) ■IE4以上推奨
★ブロードバンド対応(B)版 (ADSL以上) ■800×600画面 ■文字サイズ(小) ■IE6推奨

★ MacNN や WinNN では、動作や表示 がWindows IE と異なる場合があります。ご了承下さい。

※右欄のイラストは「NOM's FOODS iLLUSTRATED」さまへ使用許諾申請済
Images Courtesy of <http://homepage1.nifty.com/NOM/index.htm>

表紙目次読む映画試写会レヴュー観たい度映画予告編エッセイ日誌試写会情報
リンク集映画ゲーム思い出映画
| 映画レヴュー10000字超 | 映画解説タイトル一覧表 |
幸のカレンダーぼろくそパパの独り言 | livedoorブログ | 旅行の森てんこ森 |
ブロードバンドB版 | 恭子の動画映像ブログ | 恭子の「YouTube」 | サイト内検索 |
© 2002-2013 Sachi CODA at Eigano-Mori Tenko-Mori, CODA21. All Rights Reserved.



borocsoborocso  at 12:00 この記事をクリップ! 

ネタバレ映画/ザ・マスター@映画の森てんこ森

ネタバレ映画/ザ・マスター@映画の森てんこ森
 映画の森てんこ森■映画解説と予告編とレヴュー■映画ネタバレ
ザ・マスター
THE MASTER
| 「映画の森てんこ森」表紙 | 新作映画Top | タイトル一覧 | 本ページ更新 |
ネタバレ映画/ザ・マスター
ネタバレ注意@映画の森てんこ森
ストーリー展開の前知識やネタバレがお好みでない方は、読まないで下さい。
■ネタバレ映画/ザ・マスター@映画の森てんこ森
 GoogleやYahoo!の検索エンジンで、映画の森てんこ森のネタバレファイルをお探しの場合は、
ネタバレ ザ・マスター>又は
ザ・マスター ネタバレ>と入力してください。

【『ザ・マスター』ネタバレ】
ネタバレご注意:以下の<ネタバレ映画/ザ・マスター@映画の森てんこ森>のあらすじ・ストーリー・結末にはネタバレが含まれています。映画『 ザ・マスター (2012) THE MASTER 』をまだご覧になっていない方は、どうかネタバレにご注意ください。
 Warning!Plot synopsis, storyline and story-end items below here contain information that may give away important plot points. You may not want to read any further if you've not already seen this title.

★『 ザ・マスター 』劇場公開情報
 2013年3月22日(金)より、TOHOシネマズ シャンテ、新宿バルト9ほか全国ロードショー!!
 ※日本配給情報: 劇場公開(ファントム・フィルム)


 本ファイル<ネタバレ映画/ザ・マスター>や、このページの他の「ネタバレ」コンテンツは、先行公開されている海外の映画作品を劇場鑑賞やDVD鑑賞したり、<Wikipedia>英語版の記事やその他の海外映画情報を幸田幸@映画の森てんこ森が翻訳編集したりして、ネタバレ版テキストを作成・アップしています。<ネタバレ映画/ザ・マスター>のあらすじに私の鑑賞誤解があったり、文章表現が稚拙であったり、直訳的だったり、翻訳ミスがある場合がありますので、どうかご了承くださいますようにお願い申し上げます。

<ネタバレ映画/ザ・マスター>の仕切り線

【ザ・マスター/あらすじ結末までネタバレ満開 第01段落】
 フレディ・クエル(ホアキン・フェニックス)は第二次世界大戦から帰還の精神障害のある船乗りだ。戦時中に虫垂破裂らしき健康上の原因で退役となり、今では戦争の心的外傷後ストレス障害つまりPTSDを抱え(在郷軍人局の医師:プライス・カーソン、ロールシャッハ検査の医師:マイク・ハワード)、戦後生活に適応できるようもがいている。

【ザ・マスター/あらすじ結末までネタバレ満開 第02段落】
 とは言っても、ビーチで酒に溺れている毎日。フレディはココナッツの汁とウィスキーとガソリンからアルコール混合物を彼独自で醸造する。ビーチで他の水兵たちとレスリングごっこをしたり砂で女性の身体そっくり作って何やらしたり、セックスに取り付かれたアルコール依存症の患者である。

【ザ・マスター/あらすじ結末までネタバレ満開 第03段落】
 戦争から帰還後、海軍に世話されてショッピングセンターのカメラマン(ポートレート顧客:ティナ・ブルナ、ケヴィン・ハドネル、ハンター・クレイグ、ライダー・クレイグ、ロディオン・サルニコフ、エミリー・ギリアム、コーディ・クライン)になる。何か、目的を持てるようにとの海軍の計らいだ。

【ザ・マスター/あらすじ結末までネタバレ満開 第04段落】
 その仕事は初めは我慢できるものだった。休憩室で手製のあのアルコール飲料をこっそり口にしたり、女子店員のマーサ(エイミー・ファーガソン)を誘惑したりして。しかし、その女性に関係を求めて言い寄りすぎると、すげなく断わられたので、フレディは頭にきて客(W・アール・ブラウン)に当たって喧嘩騒ぎを起こしたので解雇される。

【ザ・マスター/あらすじ結末までネタバレ満開 第05段落】
 それで、今度はキャベツ農場で職を見つけるが、ここも短期間で終わる。ここでもフレディは自家製アルコールを同僚労働者(エアリアル・フェリックスら)と飲み、その同僚をアルコール中毒で死なせてしまったのでここも追い払われるのだ。行く当てもなく喧嘩好きのフレディは、団体が乗船している船に逃れることに。

【ザ・マスター/あらすじ結末までネタバレ満開 第06段落】
 翌朝、目覚めたフレディは船底から階上のオフィスに連れて行かれ、“ザ・マスター”と呼ばれている顕著で多才の男ランカスター・ドッド(フィリップ・シーモア・ホフマン)に会わされる。ザ・マスターは“ザ・コーズ”という哲学運動の教団指導者である。

【ザ・マスター/あらすじ結末までネタバレ満開 第07段落】
 ザ・マスターは教えの概観と奇怪な主張の本を一冊出していて、次作のために情報収集中である。ザ・マスターがフレディに言うには、昨夜、君は仕事を欲しがっていたと。でも、フレディは覚えていない。フレディが海軍で船の経験があるのを知ると、ザ・マスターは船上仕事をくれた。

【ザ・マスター/あらすじ結末までネタバレ満開 第08段落】
 また、例の自家製アルコールをもっと作ってくれともザ・マスターは依頼する。フレディは当初は“ザ・マスター”ランカスター・ドッドの独特な個性にのけぞりもするが、やがてザ・マスターの元で働くことを了承し、自家製ドリンクも、もっともっと強いのを作ることもOKする。

【ザ・マスター/あらすじ結末までネタバレ満開 第09段落】
 船上では、ザ・マスターの娘エリザベス・ドッド(アンビル・チルダーズ)の結婚式だ。花婿は、“ザ・コーズ”の信奉者の一人クラーク(ラミ・マレック)という。フレディは結婚式場の船首までザ・マスターに招待された。結婚式と披露宴で、ランカスター・ドッドという人物がカリスマであり説得力がある一方、見知らぬ者には隠れた不信の持ち主であるとフレディは知る。

【ザ・マスター/あらすじ結末までネタバレ満開 第10段落】
 ランカスター・ドッドには信奉者が多い。中でも、一番の信奉者は妻のペギー・ドッド(エイミー・アダムス)だ。夫が最も確信がない状態の際、映画『ザ・マスター』で始終、夫を動機付けるのが妻ペギーなのである。

【ザ・マスター/あらすじ結末までネタバレ満開 第11段落】
 フレディが船上で働き始めると、ザ・マスター用のドリンクを作るのに必要なものの供給を受ける。塗料用シンナーという独特な成分だ。ザ・マスターは自分が執り行う“プロセシング”と呼ばれる試験の“実験台”になるようにフレディを招く。

【ザ・マスター/あらすじ結末までネタバレ満開 第12段落】
 その試験は、誰かが患者(キンバリー・エイブルズ・ジンドラ)に多数の哲学的質問を何度も繰り返して、遂にその患者はガクッと来て過去を手放すようになるのだ。今回、フレディはザ・マスターから質問を浴びる。そして、父親はもう死亡し母親は精神病院にいると暴くことになり、また、ドリス・ソルスター(マディセン・ベイティ)という女性と恋仲だったのに海軍に入るので捨てたのだとも明かす。

【ザ・マスター/あらすじ結末までネタバレ満開 第13段落】
 ザ・マスターはフレディの答えに疑惑を感じるが、質問のレベル2に上げる。すると、質問は更に個人的なものになり、叔母と寝たことまで白状する羽目になる。酔っていたし叔母がそんないい感じだったので、という理由で。フレディが実際には大分ひどいことになっているとザ・マスターは見抜く。

【ザ・マスター/あらすじ結末までネタバレ満開 第14段落】
 “プロセシング”でフレディは影響を受け、船が埠頭に着くとフレディはザ・マスターと信奉者たちと一緒に行動し始める。フレディは“ザ・コーズ”の教義の普及の手助けをする。フィラデルフィアでは、一行は信者のヘレン・サリヴァン(ローラ・ダーン)の家に一時的に滞在する。

【ザ・マスター/あらすじ結末までネタバレ満開 第15段落】
 一行は東海岸に沿って移動し、信心深い女性たちの家に招かれては、教義を広めていく。ヘレンの世話でザ・マスターはミルドレッド・ドラモンド(パティ・マコーマック)の所に行く。多くの見物人が見守る中、ザ・マスターはストレスのあるミルドレッドに “プロセシング”を執り行う。

【ザ・マスター/あらすじ結末までネタバレ満開 第16段落】
 ニューヨークでは、一人の見物人が“プロセシング”をことのほか嘲笑してザ・マスターの信仰に多くの疑問を投げつける。白血病のような病気をどうやって治せるのかとか。すると、その夜遅く、フレディはその男の家に行って襲撃するのだ。

【ザ・マスター/あらすじ結末までネタバレ満開 第17段落】
 こういうフレディの行為で他の信奉者たちは気をもむが、ザ・マスターは彼を“救う”のが重要ミッションだと言い張る。ザ・マスターの妻ペギーはフレディに酒を断つように頼み、フレディは了承するけれど、奥さんの言うことは聞き流すだけ。兎に角ザ・マスターのことしか聞かないくらい今は傾倒している。

【ザ・マスター/あらすじ結末までネタバレ満開 第18段落】
 父“ザ・マスター”ランカスターがそういうフレディによい扱いをするのを見るのにうんざりしたランカスターの息子ヴァル・ドッド(ジェシー・プレモンス)は、フレディに秘密を漏らすことにした。父は、やっているうちに適当に教義を作り上げているのだと。

【ザ・マスター/あらすじ結末までネタバレ満開 第19段落】
 フレディが信じられない時、突然、警察(デヴィッド・ウォーショフスキーら)が来て“ザ・マスター”ランカスター・ドッドを逮捕する。医師免許なしで医療行為をした廉でだ。信奉者たちは非道だと叫び、フレディは警察官数人を襲撃もする。フレディも留置所に入れられ、トイレ等を壊してベッドに頭を打ち付ける。

【ザ・マスター/あらすじ結末までネタバレ満開 第20段落】
 するとザ・マスターは穏やかにこう語るのだ。「何百年も前、お前の過去は刑務所暮らしだった」と。フレディは嘘だと叫び、そう言われたザ・マスターもいい気がしない。二人は留置所内で叫び合う。

▲TOPへ

◆ここからは、結末まで書いてネタバレしていますので、ストーリー全体が分ります。御注意下さい。
 ATTN: This review reveals the movie content. Please don't say that I didn't say !


★以下のネタバレ日本語訳は、映画『ザ・マスター』の公開日2013年3月22日(金)の翌日、又は翌日以降に公開予定ですが、映画をご覧になる前に、前もって<ストーリー/あらすじ/結末までの完全ネタバレ日本語版>をお読みになりたい方は、以下をクリックしてください。

 ・・・続きは<ネタバレ結末/ザ・マスター>をお読みください⇒


【感謝とお願い】多くの皆様にこのネタバレコーナーにアクセス頂き、ありがとうございますm(__)m
 GoogleやYahoo!の検索エンジンで、映画の森てんこ森のネタバレファイルをお探しの場合は
ネタバレ ザ・マスター>又は
ザ・マスター ネタバレ>と入力してください。

 もしクリックしてもネタバレファイルにジャンプしない場合は、映画会社や配給会社への配慮として、まだリンクを貼っていない期間です。リクエスト・メールが多い場合は(お返事は出せませんが)、タイミングを見計らって、映画公開一週間前にはアップしますので、どうかご了承ください。
以上。

※参考資料:映画『ザ・マスター』-Wikipedia、『THE MASTER』-Wikipedia英語版、『THE MASTER』-IMDb、『ザ・マスター』EPK、公式サイト
| ←前の閲覧ページに戻る |▲TOP | ▲目次 |
映画の森てんこ森代表:幸田幸
coda_sati@hotmail.com
「映画の森てんこ森」へ 「旅行の森てんこ森」へ
映画解説・レヴュータイトル一覧表へ
映画の森てんこ森 バナー03

映画の森てんこ森 coda21幸田幸 クレジット バナー01
幸のイタリア各都市情報へ
旅行の森てんこ森 バナー03
136x70
本サイトの作文、データ及び画像などのコンテンツの無断転用はお控え下さい。
貴サイトへの御掲載についてはメールにてお知らせ頂ければ幸いです。
© 2002-2013 Sachi CODA at Eigano-Mori Tenko-Mori, CODA21. All Rights Reserved.



borocsoborocso  at 12:00 この記事をクリップ! 

ネタバレ結末/ザ・マスター@映画の森てんこ森

ネタバレ結末/ザ・マスター@映画の森てんこ森
 映画の森てんこ森■映画解説と予告編とレヴュー■映画ネタバレ
ザ・マスター
THE MASTER
| 「映画の森てんこ森」表紙 | 新作映画Top | タイトル一覧 | 本ページ更新 |
ネタバレ結末/ザ・マスター
ネタバレ注意@映画の森てんこ森
ストーリー展開の前知識やネタバレがお好みでない方は、読まないで下さい。
■ネタバレ結末/ザ・マスター@映画の森てんこ森
【『ザ・マスター』ネタバレ】
ネタバレご注意:以下の<ネタバレ結末/ザ・マスター@映画の森てんこ森>のあらすじ・ストーリー・結末にはネタバレが含まれています。映画『 ザ・マスター (2012) THE MASTER 』をまだご覧になっていない方は、どうかネタバレにご注意ください。

★『 ザ・マスター 』劇場公開情報
 2013年3月22日(金)より、TOHOシネマズ シャンテ、新宿バルト9ほか全国ロードショー!!
 ※日本配給情報: 劇場公開(ファントム・フィルム)

<ネタバレ映画/ザ・マスター>の仕切り線

▲ここまでの<ネタバレ映画/ザ・マスター@映画の森てんこ森>のあらすじはこちらから・・・

【ネタバレ結末/ザ・マスター 第21段落】
 結局、ザ・マスターしか信頼する者はいないのだからと言い含められたフレディは、そのまま信者として従順を続けるのだ。二人は釈放されたが、フレディが囮(おとり)警察官か精神異常だと、信奉者たちは思い始める。それでもフレディは不思議な試験をされ続ける。

【ネタバレ結末/ザ・マスター 第22段落】
 “ザ・コーズ”の一行はアリゾナ州フェニックスへ。ここでザ・マスターは第二作を出版する計画だ。しかし、この出版業者も本の内容に疑念を抱いて当てにならないので、フレディはまたもや悪態をつく。

【ネタバレ結末/ザ・マスター 第23段落】
 ヘレン・サリヴァンもまた、その本の出版で大変化、例えば「〜は確かである」が「〜だと信じられている」に変わっているのを見つけてうるさく言うので、ザ・マスターは「だからどうって言うんだ!」と叫ぶ始末。

【ネタバレ結末/ザ・マスター 第24段落】
 ザ・マスターは妻ペギーの尽力にも拘わらず自分自身の教義に関する認識を失いつつあるのは明らかだ。ザ・マスターはフレディと娘エリザベスと婿クラークを砂漠に連れ出して、“ピック・ア・ポイント”という別の課題をさせる。

【ネタバレ結末/ザ・マスター 第25段落】
 それは、オートバイで砂漠の見えない地点まで乗って行かせて、思ってもいなかった物を見つけて、戻ってこさせるというもの。これで遂にフレディは“ザ・コーズ”を見限り、砂漠から出て行って彼らを見捨てた。

【ネタバレ結末/ザ・マスター 第26段落】
 フレディは故郷の町に戻ると、ヨリを戻そうと、嘗ての恋人で入隊時に捨てたドリス・ソルスターの家に急行する。すると、母親のソルスター夫人(レナ・エンドレ)しか住んでおらず、娘ドリスは七年前に結婚してアラバマにいると聞き、がっかりも立腹もするけれど、彼女が今しあわせならいいと安堵もする。

【ネタバレ結末/ザ・マスター 第27段落】
 暫く経って、行く当てもなく何もすることがないフレディは、誰彼ともなく女性と肉体関係を持ったり酒につぶれて映画館に篭ったりという状況だ。そこへ久しぶりの思いがけない電話がザ・マスターからかかる幻想。今はロンドンにいると言う。

【ネタバレ結末/ザ・マスター 第28段落】
 フレディは気が進まない中、夢なのに文字通りロンドンに行くと、“ザ・コーズ”は巨大本部をロンドンに建てていた。ザ・マスターの息子ヴァルはそのまま父に雇われているが、娘エリザベスはザ・コーズの運動から追放されていた。

【ネタバレ結末/ザ・マスター 第29段落】
 ザ・マスターは、余生を完全に治癒されて暮らせるからここに留まるか、二度と戻らないか選択しろ、と、フレディに選ばせるので、フレディは去る決断をする。ザ・マスターは別れの歌「スローボート・トゥ・チャイナ」を歌い、フレディは嘗てのマスターに涙ながら別れを告げる。

▲TOPへ

◆ここからは、最後の結末まで書いていて完全にネタバレしていますので、ストーリー全体が分ります。御注意下さい。
 ATTN: This review reveals the movie content. Please don't say that I didn't say !


★以下のネタバレ日本語訳は、映画『ザ・マスター』の公開日2013年3月22日(金)の翌日、又は翌日以降に公開予定ですが、映画をご覧になる前に、前もって<ストーリー/あらすじ/結末までの完全ネタバレ日本語版>をお読みになりたい方は、以下をクリックしてください。

 ・・・結末までの完全ネタバレはこちらから・・・⇒


【感謝とお願い】多くの皆様にこのネタバレコーナーにアクセス頂き、ありがとうございますm(__)m
 もしクリックしてもネタバレファイルにジャンプしない場合は、映画会社や配給会社への配慮として、まだリンクを貼っていない期間です。リクエスト・メールが多い場合は(お返事は出せませんが)、タイミングを見計らって、映画公開一週間前にはアップしますので、どうかご了承ください。

 本ファイル<ネタバレ結末/ザ・マスター>や、このページの他の「ネタバレ」コンテンツは、先行公開されている海外の映画作品を劇場鑑賞やDVD鑑賞したり、<Wikipedia>英語版の記事やその他の海外映画情報を幸田幸@映画の森てんこ森が翻訳編集したりして、ネタバレ版テキストを作成・アップしています。<ネタバレ結末/ザ・マスター>のあらすじに私の鑑賞誤解があったり、文章表現が稚拙であったり、直訳的だったり、翻訳ミスがある場合がありますので、どうかご了承くださいますようにお願い申し上げます。
以上。

※参考資料:映画『ザ・マスター』-Wikipedia、『THE MASTER』-Wikipedia英語版、『THE MASTER』-IMDb、『ザ・マスター』EPK、公式サイト
| ←前の閲覧ページに戻る |▲TOP | ▲目次 |
映画の森てんこ森代表:幸田幸
coda_sati@hotmail.com
「映画の森てんこ森」へ 「旅行の森てんこ森」へ
映画解説・レヴュータイトル一覧表へ
映画の森てんこ森 バナー03

映画の森てんこ森 coda21幸田幸 クレジット バナー01
幸のイタリア各都市情報へ
旅行の森てんこ森 バナー03
136x70
本サイトの作文、データ及び画像などのコンテンツの無断転用はお控え下さい。
貴サイトへの御掲載についてはメールにてお知らせ頂ければ幸いです。
© 2002-2013 Sachi CODA at Eigano-Mori Tenko-Mori, CODA21. All Rights Reserved.



borocsoborocso  at 12:00 この記事をクリップ! 

ザ・マスターの解説@映画の森てんこ森

ザ・マスターの解説@映画の森てんこ森
 映画の森てんこ森■映画解説
ザ・マスターの解説
THE MASTER
| 「映画の森てんこ森」表紙 | 新作映画Top | タイトル一覧 | 本ページ更新 |
■ザ・マスターの解説
【映画『ザ・マスター』解説】#01
 映画『 ザ・マスター (2012) THE MASTER 』は、2012年のポール・トーマス・アンダーソン監督・脚本・共同製作によるドラマ映画。プレミア上映は第69回ヴェネツィア国際映画祭で行われた。アメリカ合衆国とカナダでは2012年9月14日にワインスタイン・カンパニー配給で限定公開、2012年9月21日全米公開された。日本では、2013年3月22日(金)より全国公開される予定だ。

 本作『 ザ・マスター (2012) THE MASTER 』のポスターのキャッチコピーは、
 <男はただ、
 信じようとした。>

【映画『ザ・マスター』解説】#02
 ★映画『 ザ・マスター (2012) THE MASTER 』の指揮を執る監督は、本映画『 ザ・マスター (2012) THE MASTER 』他、『 ゼア・ウィル・ビー・ブラッド (2007) 』『 パンチドランク・ラブ (2002) PUNCH-DRUNK LOVE 』『 マグノリア (1999) MAGNOLIA 』『 ブギーナイツ (1997) BOOGIE NIGHTS 』のポール・トーマス・アンダーソン Paul Thomas Anderson
 ★脚本は、本映画『 ザ・マスター (2012) THE MASTER 』他、上述のポール・トーマス・アンダーソン Paul Thomas Anderson
 ★製作には、本映画『 ザ・マスター (2012) THE MASTER 』他、『 ゼロ・ダーク・サーティ (2012) ZERO DARK THIRTY 』『 キリング・ショット (2011) 』『 トゥルー・グリット (2010) TRUE GRIT 』のミーガン・エリソン Megan Ellison、『 ゼア・ウィル・ビー・ブラッド (2007) 』『 ゲット・リッチ・オア・ダイ・トライン (2005) GET RICH OR DIE TRYIN' 』『 50回目のファースト・キス (2004) 50 FIRST DATES / FIFTY FIRST DATES 』『 パンチドランク・ラブ (2002) PUNCH-DRUNK LOVE 』のダニエル・ルピ Daniel Lupi、『 ゼア・ウィル・ビー・ブラッド (2007) 』『 パンチドランク・ラブ (2002) PUNCH-DRUNK LOVE 』『 マグノリア (1999) MAGNOLIA 』『 ブギーナイツ (1997) BOOGIE NIGHTS 』のジョアン・セラー JoAnne Sellar、そして前述のポール・トーマス・アンダーソン Paul Thomas Anderson
 ★製作総指揮には、本映画『 ザ・マスター (2012) THE MASTER 』他、『 ゼロ・ダーク・サーティ (2012) ZERO DARK THIRTY 』のテッド・シッパー Ted Schipper、そして『 戦火の馬 (2011) WAR HORSE 』『 タンタンの冒険/ユニコーン号の秘密 (2011) THE ADVENTURES OF TINTIN: THE SECRET OF THE UNICORN 』『 ランゴ (2011) RANGO 』『 アンストッパブル (2010) UNSTOPPABLE 』のアダム・ソムナー Adam Somner
 ★音楽は、本映画『 ザ・マスター (2012) THE MASTER 』他、『 少年は残酷な弓を射る (2011) 』『 ノルウェイの森 (2010) 』のジョニー・グリーンウッド Jonny Greenwood
 ★撮影は、本映画『 ザ・マスター (2012) THE MASTER 』他、『 Virginia/ヴァージニア (2011) TWIXT 』のミハイ・マライメア・Jr Mihai Malaimare Jr
 ★編集は、本映画『 ザ・マスター (2012) THE MASTER 』他、『 スタスキー&ハッチ (2004) STARSKY & HUTCH 』『 パンチドランク・ラブ (2002) PUNCH-DRUNK LOVE 』のレスリー・ジョーンズ Leslie Jones、そして『 スクリーム4:ネクスト・ジェネレーション (2011) SCREAM 4 』『 ウェス・クレイヴンズ ザ・リッパー (2010) 』のピーター・マクナルティ Peter McNulty
 ★プロダクション・デザインには、本映画『 ザ・マスター (2012) THE MASTER 』他、『 恋人たちのパレード (2011) WATER FOR ELEPHANTS 』『 ツリー・オブ・ライフ (2011) THE TREE OF LIFE 』『 ニュー・ワールド (2005) THE NEW WORLD 』『 シン・レッド・ライン (1998) THE THIN RED LINE 』のジャック・フィスク Jack Fisk、そして『 ツリー・オブ・ライフ (2011) THE TREE OF LIFE 』『 恋人たちのパレード (2011) WATER FOR ELEPHANTS 』『 ニュー・ワールド (2005) THE NEW WORLD 』『 ハンニバル (2001) HANNIBALデイヴィッド・クランク David Crank
 ★衣装デザインは、本映画『 ザ・マスター (2012) THE MASTER 』他、『 世界にひとつのプレイブック (2012) SILVER LININGS PLAYBOOK 』『 アーティスト (2011) THE ARTIST 』『 ザ・ファイター (2010) THE FIGHTER 』『 Be Cool/ビー・クール (2005) BE COOL 』『 パンチドランク・ラブ (2002) PUNCH-DRUNK LOVE 』『 ブギーナイツ (1997) BOOGIE NIGHTS 』のマーク・ブリッジス Mark Bridges

【映画『ザ・マスター』解説】#03
 『 ザ・マスター (2012) THE MASTER 』のキャストは、
 ★フレディ・クエル役に、『 ウォーク・ザ・ライン/君につづく道 (2005) WALK THE LINE 』『 ホテル・ルワンダ (2004) HOTEL RWANDA 』『 炎のメモリアル (2004) LADDER 49 』『 ヴィレッジ (2004) THE VILLAGE 』『 アンビリーバブル (2003) IT'S ALL ABOUT LOVE <未> 』『 ブラザー・ベアー (2003) BROTHER BEAR 』『 サイン (2002) SIGNS 』『 戦争のはじめかた (2001) BUFFALO SOLDIERS 』『 グラディエーター (2000) GLADIATOR 』のホアキン・フェニックス Joaquin Phoenix
 ★ランカスター・ドッド役に、『 マネーボール (2011) MONEYBALL 』『 M:i:III (2006) MISSION: IMPOSSIBLE III / M:I:III 』『 カポーティ (2005) CAPOTE 』『 コールド マウンテン (2003) COLD MOUNTAIN 』『 25時 (2002) 25TH HOUR 』『 パンチドランク・ラブ (2002) PUNCH-DRUNK LOVE 』『 レッド・ドラゴン (2002) RED DRAGON 』『 あの頃ペニー・レインと (2000) 』『 リプリー (1999) THE TALENTED MR. RIPLEY 』『 マグノリア (1999) MAGNOLIA 』『 パッチ・アダムス (1998) PATCH ADAMS 』『 ブギーナイツ (1997) BOOGIE NIGHTS 』『 セント・オブ・ウーマン/夢の香り (1992) SCENT OF A WOMAN 』のフィリップ・シーモア・ホフマン Philip Seymour Hoffman
 ★ランカスターの妻ペギー・ドッド役に、『 人生の特等席 (2012) TROUBLE WITH THE CURVE 』『 ザ・ファイター (2010) THE FIGHTER 』『 エリザベス・ハーレーの明るい離婚計画 (2002) SERVING SARA 』『 キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン (2002) CATCH ME IF YOU CAN 』『 わたしが美しくなった100の秘密 (1999) DROP DEAD GORGEOUS 』のエイミー・アダムス Amy Adams
 ★ランカスターの息子ヴァル・ドッド役に、『 バトルシップ (2012) BATTLESHIP 』『 宇宙人ポール (2010) PAUL 』『 すべての美しい馬 (2000) 』のジェシー・プレモンス Jesse Plemons
 ★ランカスターの娘エリザベス・ドッド役に、『 プレイバック (2011)<未> 』のアンビル・チルダーズ Ambyr Childers
 ★ランカスター・ドッドの婿クラーク役に、『 幸せの教室 (2011) LARRY CROWNE 』『 ナイト ミュージアム2 (2009) 』『 ナイト ミュージアム (2006) 』のラミ・マレック Rami Malek
 ★ヘレン・サリヴァン役に、『 デブラ・ウィンガーを探して (2002) SEARCHING FOR DEBRA WINGER 』『 ノボケイン 局部麻酔の罠 (2001) NOVOCAINE 』のローラ・ダーン Laura Dern
 ★ビル・ウィリアム役に、『 ヴァン・ヘルシング (2004) VAN HELSING 』『 ハムナプトラ/失われた砂漠の都 (1999) 』のケヴィン・J・オコナー Kevin J. O'Connor
 ★ジョン・モア役をに、『 ザ・インタープリター (2005) THE INTERPRETER 』『 ステップフォード・ワイフ (2004) THE STEPFORD WIVES 』のクリストファー・エヴァン・ウェルチ Christopher Evan Welch

【映画『ザ・マスター』解説】#04
 本映画『 ザ・マスター (2012) THE MASTER 』は、重厚かつ、無駄がそぎ落とされた演出、3人の役者の凄まじい演技力が光る。
 主人公のフレディを演じた『 グラディエーター (2000) GLADIATOR 』のホアキン・フェニックスはオスカー候補、ドッドを演じたフィリップ・シーモア・ホフマンは『 カポーティ (2005) CAPOTE 』でオスカーを手にした経験を持つ演技派。そして、ドッドの妻ペギーを演じた『 人生の特等席 (2012) TROUBLE WITH THE CURVE 』のエイミー・アダムスもまたアカデミー賞候補の常連!

【映画『ザ・マスター』解説】#05
 本映画『 ザ・マスター (2012) THE MASTER 』で、初期作品から批評家筋をだまらせる根っからの映画作家ポール・トーマス・アンダーソン監督が、カンヌ、ヴェネチア、ベルリンの世界三大映画祭の監督賞に輝くという偉業を成し遂げた。


※livedoor版【ザ・マスターの解説@映画の森てんこ森】
※参考資料:『ザ・マスター』EPK、公式サイト『ザ・マスター』、『ザ・マスター THE MASTER』-Wikipedia

Text編集:安藤奈津

| ←前の閲覧ページに戻る |▲TOP | ▲目次 |
映画の森てんこ森代表:幸田幸
coda_sati@hotmail.com
「映画の森てんこ森」へ 「旅行の森てんこ森」へ
映画解説・レヴュータイトル一覧表へ
映画の森てんこ森 バナー03

映画の森てんこ森 coda21幸田幸 クレジット バナー01
幸のイタリア各都市情報へ
旅行の森てんこ森 バナー03
136x70
本サイトの作文、データ及び画像などのコンテンツの無断転用はお控え下さい。
貴サイトへの御掲載についてはメールにてお知らせ頂ければ幸いです。
© 2002-2013 Sachi CODA at Eigano-Mori Tenko-Mori, CODA21. All Rights Reserved.



borocsoborocso  at 12:00 この記事をクリップ! 

『ザ・マスター』キャストフィルモ@映画の森てんこ森

『ザ・マスター』キャストフィルモ@映画の森てんこ森
 映画の森てんこ森■映画『ザ・マスター』
『ザ・マスター』キャストフィルモ
THE MASTER
| 「映画の森てんこ森」表紙 | 新作映画Top | タイトル一覧 | 本ページ更新 |
■『ザ・マスター』キャストフィルモ
 以下の映画『ザ・マスター』のキャスト(cast)のフィルモグラフィーは、<『 ザ・マスター 』キャストフィルモ>として主なキャストを番号整理しています。
 ※ネタバレご注意:以下の『 ザ・マスター (2012) THE MASTER 』(画面切替)のスタッフのフィルモグラフィーにはネタバレが含まれている場合があります。映画『ザ・マスター (2012) THE MASTER』(画面切替)をまだご覧になっていない方はご注意ください。

●『ザ・マスター』キャストフィルモ#01★ホアキン・フェニックス Joaquin Phoenix
 本映画『 ザ・マスター (2012) THE MASTER 』で、フレディ・クエル役を演じるホアキン・フェニックス Joaquin Phoenix は、1974/10/28生まれ、プエルトリコ出身。ホアキン・フェニックスのフィルモグラフィーを見ると、
ザ・マスター (2012) THE MASTER 』 フレディ・クエル
『 容疑者、ホアキン・フェニックス (2010) 』 製作/出演
『 トゥー・ラバーズ (2008)<未> 』
『 アンダーカヴァー (2007) 』 製作/ボビー・グリーン
『 帰らない日々 (2007) 』 イーサン・ラーナー
ウォーク・ザ・ライン/君につづく道 (2005) WALK THE LINE 』 ジョニーキャッシュ
ホテル・ルワンダ (2004) HOTEL RWANDA 』 ジャック・ダグリッシュ
炎のメモリアル (2004) LADDER 49 』 ジャック・モリソン
ヴィレッジ (2004) THE VILLAGE 』 ルシアス・ハント
アンビリーバブル (2003) IT'S ALL ABOUT LOVE <未>
ブラザー・ベアー (2003) BROTHER BEAR 』 声の出演
サイン (2002) SIGNS 』 メリル・ヘス
戦争のはじめかた (2001) BUFFALO SOLDIERS 』 レイ・エルウッド
裏切り者 (2000) 』 ウィリー・グティエレス
クイルズ (2000) 』 クルミエ神父
グラディエーター (2000) GLADIATOR 』 コモデゥス
『 8mm (1999) 』
『 リターン・トゥ・パラダイス (1998)<未> 』
『 ムーンライト・ドライブ (1998) 』
『 Uターン (1997) 』
『 秘密の絆 (1997) 』
『 誘う女 (1995) 』
『 バックマン家の人々 (1989) 』
『 知りすぎた子供たち (1987)<TVM> 』
『 ラスキーズ (1987) 』
『 スペースキャンプ (1986) 』 
等の映画・TV作品がある。


●『ザ・マスター』キャストフィルモ#02★フィリップ・シーモア・ホフマン Philip Seymour Hoffman
 本映画『 ザ・マスター (2012) THE MASTER 』で、ランカスター・ドッド役を演じるフィリップ・シーモア・ホフマン Philip Seymour Hoffman 又はフィリップ・S・ホフマン Philip S. Hoffman 、又はフィリップ・ホフマン Philip Hoffman は、1967/07/23生まれ、アメリカはニューヨーク州フェアポート出身。フィリップ・シーモア・ホフマンのフィルモグラフィーを見ると、
【フィルモグラフィー】
ザ・マスター (2012) THE MASTER 』 ランカスター・ドッド
マネーボール (2011) MONEYBALL 』 アート・ハウ監督
『 ジャック、舟に乗る (2010)<未> 』 監督/出演
『 ウソから始まる恋と仕事の成功術 (2009)<未> 』
『 パイレーツ・ロック (2009) 』 ザ・カウント
『 メアリー&マックス (2008) 』 マックス・ジェリー・ホロウィッツの声
『 脳内ニューヨーク (2008) 』 ケイデン・コタード
『 ダウト 〜あるカトリック学校で〜 (2008) 』 フリン神父
『 マイ・ライフ、マイ・ファミリー (2007)<未> 』 ジョン・サヴェージ
『 その土曜日、7時58分 (2007) 』 アンディ・ハンソン
『 チャーリー・ウィルソンズ・ウォー (2007) 』 ガスト・アブラコトス
M:i:III (2006) MISSION: IMPOSSIBLE III / M:I:III 』 オーウェン・デイヴィアン
『 追憶の街 エンパイア・フォールズ (2005)<TVM> 』 C.B.
カポーティ (2005) CAPOTE 』 トルーマン・カポーティ
『 ポリーmy love (2004)<未> 』 サンディ
コールド マウンテン (2003) COLD MOUNTAIN 』 ヴィージー
25時 (2002) 25TH HOUR 』 ジェイコブ・エリンスキー
パンチドランク・ラブ (2002) PUNCH-DRUNK LOVE 』 ディーン・トランベル
レッド・ドラゴン (2002) RED DRAGON 』 フレディ・ラウンズ
あの頃ペニー・レインと (2000) 』 レスター・バングス
『 フローレス (1999) 』 ラスティ
リプリー (1999) THE TALENTED MR. RIPLEY 』 フレディ・マイルズ
マグノリア (1999) MAGNOLIA 』 フィル・パーマ
『 ダブル・ガントレット (1998)<未> 』
『 ハピネス (1998) 』
『 ワンダーランド駅で (1998) 』
パッチ・アダムス (1998) PATCH ADAMS 』 ミッチ
『 ビッグ・リボウスキ (1998) 』 ブラント
ブギーナイツ (1997) BOOGIE NIGHTS 』 スコッティ・J
『 ハードエイト (1996)<未> 』
『 ツイスター (1996) 』
『 子鹿物語 (1994)<TVM> 』
『 ノーバディーズ・フール (1994) 』
『 男が女を愛する時 (1994) 』
『 ゲッタウェイ (1994) 』
『 ビッグ・マネー・ブルース (1993)<未> 』
『 マイ・ニュー・ガン/あぶない若妻 (1992)<未> 』
セント・オブ・ウーマン/夢の香り (1992) SCENT OF A WOMAN 』 ジョージ・ウィリス・Jr
『 LAW & ORDER ロー&オーダー (シーズン1) (1990〜1991)<TV> 』
等の映画・TV作品で味のある演技をしている。


●『ザ・マスター』キャストフィルモ#03★エイミー・アダムス Amy Adams
 本映画『 ザ・マスター (2012) THE MASTER 』で、ランカスターの妻ペギー・ドッド役を演じるエイミー・アダムス Amy Adams は、1974/08/20生まれ、イタリアのヴィチェンツァ出身。エイミー・アダムスのフィルモグラフィーを見ると、
【フィルモグラフィー】
ザ・マスター (2012) THE MASTER 』 ランカスターの妻ペギー・ドッド
人生の特等席 (2012) TROUBLE WITH THE CURVE 』 ミッキー
『 ザ・マペッツ (2011) 』 メアリー
『 リープ・イヤー うるう年のプロポーズ (2010)<未> 』
ザ・ファイター (2010) THE FIGHTER 』 シャーリーン・フレミング
『 ジュリー&ジュリア (2009) 』 ジュリー・パウエル
『 ナイト ミュージアム2 (2009) 』 アメリア・イヤハート
『 ペティグルーさんの運命の1日 (2008)<未> 』
『 サンシャイン・クリーニング (2008) 』 ローズ・ローコウスキ
『 ダウト 〜あるカトリック学校で〜 (2008) 』 シスター・ジェイムズ
『 鉄ワン・アンダードッグ (2007)<未> 』 ポリーの声
『 チャーリー・ウィルソンズ・ウォー (2007) 』 ボニー・バック
『 魔法にかけられて (2007) 』 ジゼル
『 タラデガ・ナイト オーバルの狼 (2006)<未> 』
『 テネイシャスD 運命のピックをさがせ! (2006) 』
『 ザ・オフィス (シーズン2) (2005〜2006)<TV> 』 ケイティ
『 エイミー・アダムス in ナイト・ビフォア・ウェディング (2005)<未> 』
『 ザ・オフィス (シーズン1) (2005)<TV> 』 ケイティ
『 ジューンバッグ(原題) (2005) 』
『 ラスト・ラン (2004)<未> 』
『 ザ・ホワイトハウス4 (2002〜2003)<TV> 』
エリザベス・ハーレーの明るい離婚計画 (2002) SERVING SARA 』 ケイト
キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン (2002) CATCH ME IF YOU CAN 』 ブレンダ・ストロング
『 ヤング・スーパーマン (シーズン1) (2001〜2002)<TV> 』
『 バフィー〜恋する十字架〜 (シーズン5) (2000〜2001)<TV> 』
『 クルーエル・インテンションズ2 (2000)<TVM> 』
『 サイコ・ビーチ・パーティ (2000) 』
『 ザット ’70s ショー (シーズン2) (1999〜2000)<TV> 』
『 チャームド〜魔女3姉妹 (シーズン2) (1999〜2000)<TV> 』
わたしが美しくなった100の秘密 (1999) DROP DEAD GORGEOUS
等の映画・TV作品がある。


●『ザ・マスター』キャストフィルモ#04★ローラ・ダーン Laura Dern
 本映画『 ザ・マスター (2012) THE MASTER 』で、ヘレン・サリヴァン役を演じるローラ・ダーン Laura Dern は、1967/02/10生まれ、アメリカ合衆国カリフォルニア州ロサンゼルス出身。ローラ・ダーンのフィルモグラフィーを見ると、
【フィルモグラフィー】
ザ・マスター (2012) THE MASTER 』 ヘレン・サリヴァン
『 ミート・ザ・ペアレンツ3 (2010)<未> 』
『 リカウント (2008)<TVM> 』
『 チェイシング/追跡 (2008)<未> 』
『 ラブ・ザ・ドッグ 犬依存症の女 (2007)<未> 』
『 ロンリーハート (2006) 』 レネ・フォーディー
『 インランド・エンパイア (2006) 』 ニッキー/スーザン
『 ハッピー・エンディング (2005)<未> 』 パム
『 夫以外の選択肢 (2004)<未> 』
『 殺人保険 (2002)<TVM> 』 共同製作/リンダ・ピーノ
デブラ・ウィンガーを探して (2002) SEARCHING FOR DEBRA WINGER
『 ザ・ホワイトハウス3 (2001〜2002)<TV> 』 桂冠詩人・タバサ・フォーティス
『 フォーカス (2001)<未> 』 ガートルード・ハート
ノボケイン 局部麻酔の罠 (2001) NOVOCAINE 』 ジーン・ノーブル
『 I am Sam アイ・アム・サム (2001) 』 ランディ
ジュラシック・パーク III (2001) 』 エリー
Dr.Tと女たち (2000) 』 ペギー
『 遠い空の向こうに (1999) 』 ミス・ライリー
『 殺人容疑 (1996)<TVM> 』
『 闇に抱かれて (1995) 』 製作総指揮/出演
『 堕ちた天使たち(1) (1993)<TVM> 』
『 パーフェクト ワールド (1993) 』 サリー・ガーバー
ジュラシック・パーク (1993) 』 エリー・サトラー博士
『 汚名/アフターバーン (1992)<TVM> 』
ランブリング・ローズ (1991)
『 ワイルド・アット・ハート (1990) 』
『 シャドー・メーカーズ (1989)<未> 』
『 幽霊伝説/フランケンシュタイン誕生秘話 (1988)<未> 』
『 バーフライ (1987) 』
ブルーベルベット (1986)
『 スムース・トーク (1985)<未> 』
『 ラルフ・マッチオ/3つの願い (1984)<未> 』
『 りんご白書 (1984) 』
『 マスク (1984) 』
『 フォクシー・レディ (1980) 』
『 アリスの恋 (1974) 』
『 白熱 (1973) 』 
等の映画・TV作品がある。


●『ザ・マスター』キャストフィルモ#05★アンビル・チルダーズ Ambyr Childers
 本映画『 ザ・マスター (2012) THE MASTER 』で、ランカスターの娘エリザベス・ドッド役を演じるアンビル・チルダーズ Ambyr Childers のフィルモグラフィーを見ると、
【フィルモグラフィー】
ザ・マスター (2012) THE MASTER 』 ランカスターの娘エリザベス・ドッド
『 プレイバック (2011)<未> 』 
等の映画作品がある。


●『ザ・マスター』キャストフィルモ#06★ジェシー・プレモンス Jesse Plemons
 本映画『 ザ・マスター (2012) THE MASTER 』で、ランカスターの息子ヴァル・ドッド役を演じるジェシー・プレモンス Jesse Plemons は、1988/04/02生まれ、アメリカ合衆国テキサス州ダラス出身。ジェシー・プレモンスのフィルモグラフィーを見ると、
【フィルモグラフィー】
ザ・マスター (2012) THE MASTER 』 ランカスターの息子ヴァル・ドッド
バトルシップ (2012) BATTLESHIP 』 オーディ
宇宙人ポール (2010) PAUL
『 オブザーブ・アンド・レポート (2009)<未> 』
『 精神科医ヘンリー・カーターの憂欝 (2009)<未> 』
『 コールドケース6 (2008〜2009)<TV> 』
『 NCIS 〜ネイビー犯罪捜査班 (シーズン3) (2005〜2006)<TV> 』
『 グレイズ・アナトミー2 恋の解剖学 (2005〜2006)<TV> 』
『 CSI:5 科学捜査班 (2004〜2005)<TV> 』
『 Huff 〜ドクターは中年症候群 (シーズン1) (2004〜2005)<TV>』
『 ロスト・キッズ (2002)<未> 』
すべての美しい馬 (2000)
『 バーシティ・ブルース (1999) 』
等の映画・TV作品がある。


●『ザ・マスター』キャストフィルモ#07★ケヴィン・J・オコナー Kevin J. O'Connor
 本映画『 ザ・マスター (2012) THE MASTER 』で、ビル・ウィリアム役を演じるケヴィン・J・オコナー Kevin J. O'Connor は、1963/11/15生まれ、アメリカ合衆国出身。ケヴィン・J・オコナーのフィルモグラフィーを見ると、
【フィルモグラフィー】
ザ・マスター (2012) THE MASTER 』 ビル・ウィリアム
『 BEAST (2009)<TV> 』 コンラッド
『 デッド・フライト (2007)<未> 』 フランク
『 ゼア・ウィル・ビー・ブラッド (2007) 』 ヘンリー
『 セラフィム・フォールズ (2006)<未> 』 ヘンリー
『 LAW & ORDER クリミナル・インテント (シーズン5) (2005〜2006)<TV> 』
ヴァン・ヘルシング (2004) VAN HELSING
『 霊能者アザーズ (2000)<TV> 』
『 チルファクター (2000) 』
『 ノーエスケープ (1999)<未> 』
ハムナプトラ/失われた砂漠の都 (1999) 』 ベニー
『 ブラック・ラン (1998)<TVM> 』
『 ゴッド・アンド・モンスター (1998) 』
『 ザ・グリード (1998) 』 パントゥッチ
『 新ラブバッグ/ハービー絶体絶命! (1997)<TVM> 』
『 ダブル・ロック 裏切りの代償 (1996)<未> 』
『 ロード・オブ・イリュージョン (1995)<未> 』 フィリップ・スワン
『 バーチュオシティ (1995) 』
『 ノー・エスケイプ (1994) 』
『 薔薇の素顔 (1994) 』
『 堕ちた恋人たちへ (1992) 』
『 靴をなくした天使 (1992) 』
『 F/X2 イリュージョンの逆転 (1991) 』
『 LAW & ORDER ロー&オーダー (シーズン1) (1990〜1991)<TV> 』
『 トム・ベレンジャーの 探偵より愛をこめて (1989)<未> 』
『 サインズ・オブ・ライフ (1989) 』
『 軍事法廷/駆逐艦ケイン号の叛乱 (1988)<TVM> 』
『 モダーンズ (1988) 』
『 キャンディ・マウンテン (1987) 』
『 ペギー・スーの結婚 (1986) 』 
等の映画・TV作品がある。


●『ザ・マスター』キャストフィルモ#08★クリストファー・エヴァン・ウェルチ Christopher Evan Welch
 本映画『 ザ・マスター (2012) THE MASTER 』で、ジョン・モア役を演じるクリストファー・エヴァン・ウェルチ Christopher Evan Welch のフィルモグラフィーを見ると、
【フィルモグラフィー】
ザ・マスター (2012) THE MASTER 』 ジョン・モア
『 RUBICON 陰謀のクロスワード (2010)<TV> 』 グラント・テスト
『 LAW & ORDER ロー&オーダー (シーズン20) (2009〜2010)<TV> 』
『 グッド・ワイフ (2009〜2010)<TV> 』
『 ナース・ジャッキー (2009)<TV> 』
『 人生万歳! (2009) 』 ハワード
『 LAW & ORDER ロー&オーダー (シーズン19) (2008〜2009)<TV> 』
『 ザ・ホークス ハワード・ヒューズを売った男 (2006) 』
『 LAW & ORDER: 性犯罪特捜班 (シーズン7) (2005〜2006)<TV> 』
ザ・インタープリター (2005) THE INTERPRETER
ステップフォード・ワイフ (2004) THE STEPFORD WIVES
『 LAW & ORDER クリミナル・インテント (シーズン2) (2002〜2003)<TV> 』
『 LAW & ORDER: 性犯罪特捜班 (シーズン1) (1999〜2000)<TV> 』
等の映画・TV作品がある。


●『ザ・マスター』キャストフィルモ#09★ラミ・マレック Rami Malek
 本映画『 ザ・マスター (2012) THE MASTER 』で、ランカスター・ドッドの婿クラーク役を演じるラミ・マレック Rami Malek は、アメリカ合衆国出身。ラミ・マレックのフィルモグラフィーを見ると、
【フィルモグラフィー】
ザ・マスター (2012) THE MASTER
『 ALCATRAZ/アルカトラズ (2012)<TV> 』
『 トワイライト・サーガ/ブレイキング・ドーン Part 2 (2012) 』 ベンヤミン
幸せの教室 (2011) LARRY CROWNE 』 出演
『 24 TWENTY FOUR (ファイナル・シーズン) (2010)<TV> 』 マルコス
『 ザ・パシフィック (2010)<TV> 』 メリエル・“スナフ”・シェルトン1等兵
『 ナイト ミュージアム2 (2009) 』 アクメンラ
『 ナイト ミュージアム (2006) 』 アクメンラ
『 ミディアム2 霊能者アリソン・デュボア (2005〜2006)<TV> 』
『 ギルモア・ガールズ (第4シーズン) (2003〜2004)<TV> 』
等の映画・TV作品がある。


※『THE MASTER』-Wikipedia、『THE MASTER』-IMDb、『ザ・マスター』EPK、公式サイト引用
| ←前の閲覧ページに戻る |▲TOP | ▲目次 |
映画の森てんこ森代表:幸田幸
coda_sati@hotmail.com
「映画の森てんこ森」へ 「旅行の森てんこ森」へ
映画解説・レヴュータイトル一覧表へ
映画の森てんこ森 バナー03

映画の森てんこ森 coda21幸田幸 クレジット バナー01
幸のイタリア各都市情報へ
旅行の森てんこ森 バナー03
136x70
本サイトの作文、データ及び画像などのコンテンツの無断転用はお控え下さい。
貴サイトへの御掲載についてはメールにてお知らせ頂ければ幸いです。
© 2002-2013 Sachi CODA at Eigano-Mori Tenko-Mori, CODA21. All Rights Reserved.



borocsoborocso  at 12:00 この記事をクリップ! 

『ザ・マスター』スタッフフィルモ@映画の森てんこ森

『ザ・マスター』スタッフフィルモ@映画の森てんこ森
 映画の森てんこ森■映画『ザ・マスター』
『ザ・マスター』スタッフフィルモ
THE MASTER
| 「映画の森てんこ森」表紙 | 新作映画Top | タイトル一覧 | 本ページ更新 |
■『ザ・マスター』スタッフフィルモ
 以下の映画『ザ・マスター』のスタッフ(crew)のフィルモグラフィーは、<『 ザ・マスター 』スタッフフィルモ>として番号整理しています。
 ※ネタバレご注意:以下の『 ザ・マスター (2012) THE MASTER 』(画面切替)のスタッフのフィルモグラフィーにはネタバレが含まれている場合があります。映画『ザ・マスター (2012) THE MASTER』(画面切替)をまだご覧になっていない方はご注意ください。

●『ザ・マスター』スタッフフィルモ#01◆ポール・トーマス・アンダーソン Paul Thomas Anderson
 本映画『 ザ・マスター (2012) THE MASTER 』で、監督・脚本・製作の三役を担当するポール・トーマス・アンダーソン Paul Thomas Anderson は、 1970/06/26生まれ、アメリカ合衆国カリフォルニア州出身。ポール・トーマス・アンダーソンのフィルモグラフィーを見ると
 【フィルモグラフィー】
ザ・マスター (2012) THE MASTER 』 監督/脚本/製作
『 ゼア・ウィル・ビー・ブラッド (2007) 』 監督/脚本/製作
パンチドランク・ラブ (2002) PUNCH-DRUNK LOVE 』 監督/脚本/製作
マグノリア (1999) MAGNOLIA 』 監督/脚本
ブギーナイツ (1997) BOOGIE NIGHTS 』 監督/脚本/製作
『 ハードエイト (1996)<未> 』 監督/脚本
等の映画作品がある。


●『ザ・マスター』スタッフフィルモ#02◆ミーガン・エリソン Megan Ellison
 本映画『 ザ・マスター (2012) THE MASTER 』で、製作プロデューサーのミーガン・エリソン(Megan Ellison、1986年 - )は、アメリカ合衆国の映画プロデューサーでアナプルナ・フィルムズの設立者である。父はオラクルのCEOラリー・エリソン、兄は同じく映画プロデューサーのデヴィッド・エリソンである。ミーガン・エリソンのフィルモグラフィーを見ると、
【フィルモグラフィー】
ザ・マスター (2012) THE MASTER 』 製作 
ゼロ・ダーク・サーティ (2012) ZERO DARK THIRTY 』 製作
『 キリング・ショット (2011) 』 製作
『 パッション・プレイ (2010)<未> 』 製作
トゥルー・グリット (2010) TRUE GRIT 』 製作総指揮
等の映画作品がある。


●『ザ・マスター』スタッフフィルモ#03◆ダニエル・ルピ Daniel Lupi
 本映画『 ザ・マスター (2012) THE MASTER 』で、製作プロデューサーのダニエル・ルピ Daniel Lupi のフィルモグラフィーを見ると、
【フィルモグラフィー】
『 リンカーン (2012) 』 製作総指揮
ザ・マスター (2012) THE MASTER 』 製作
『 ミート・ザ・ペアレンツ3 (2010)<未> 』 製作総指揮
『 マーシャル博士の恐竜ランド (2009) 』 製作総指揮
『 ゼア・ウィル・ビー・ブラッド (2007) 』 製作
『 大いなる陰謀 (2007) 』 製作総指揮
『 ペナルティ・パパ (2005)<未> 』 製作総指揮
ゲット・リッチ・オア・ダイ・トライン (2005) GET RICH OR DIE TRYIN' 』 製作総指揮
50回目のファースト・キス (2004) 50 FIRST DATES / FIFTY FIRST DATES 』 製作総指揮
パンチドランク・ラブ (2002) PUNCH-DRUNK LOVE 』 製作
等の映画作品がある。


●『ザ・マスター』スタッフフィルモ#04◆ジョアン・セラー Joanne Sellar
 本映画『 ザ・マスター (2012) THE MASTER 』で、製作プロデューサーのジョアン・セラー Joanne Sellar (別名:ジョアンヌ・セラー)のフィルモグラフィーを見ると、
【フィルモグラフィー】
ザ・マスター (2012) THE MASTER 』 製作
『 ゼア・ウィル・ビー・ブラッド (2007) 』 製作
『 ウィッカーマン (2006) 』 製作総指揮
パンチドランク・ラブ (2002) PUNCH-DRUNK LOVE 』 製作
アニバーサリーの夜に (2001) 』 製作
マグノリア (1999) MAGNOLIA 』 製作
ブギーナイツ (1997) BOOGIE NIGHTS 』 製作
『 ロード・オブ・イリュージョン (1995)<未> 』 製作
『 ダスト・デビル (1992) 』 製作
『 ハードウェア (1990) 』 製作
等の映画作品がある。


●『ザ・マスター』スタッフフィルモ#05◆テッド・シッパー Ted Schipper
 本映画『 ザ・マスター (2012) THE MASTER 』で、 製作総指揮を担当するテッド・シッパー Ted Schipper のフィルモグラフィーを見ると、
【フィルモグラフィー】
ザ・マスター (2012) THE MASTER 』 製作総指揮
ゼロ・ダーク・サーティ (2012) ZERO DARK THIRTY 』 製作総指揮
『 キリング・ショット (2011) 』 製作総指揮
等の映画作品がある。


●『ザ・マスター』スタッフフィルモ#06◆アダム・ソムナー Adam Somner
 本映画『 ザ・マスター (2012) THE MASTER 』で、製作総指揮を担当するアダム・ソムナー Adam Somner は、主に助監督や監督助手等の仕事で、2013年3月10日時点までに、53本の映画やTV作品に関わっている。アダム・ソムナーのフィルモグラフィーを見ると、映画の森てんこ森で紹介した映画作品をピックアップすると、
【フィルモグラフィー】
ザ・マスター (2012) THE MASTER 』 助監督
戦火の馬 (2011) WAR HORSE 』 助監督
タンタンの冒険/ユニコーン号の秘密 (2011) THE ADVENTURES OF TINTIN: THE SECRET OF THE UNICORN 』 助監督
ランゴ (2011) RANGO 』 助監督
アンストッパブル (2010) UNSTOPPABLE 』 助監督
等の映画・TV作品がある。


●『ザ・マスター』スタッフフィルモ#07◆ジョニー・グリーンウッド Jonny Greenwood
 本映画『 ザ・マスター (2012) THE MASTER 』で、音楽を担当するジョニー・グリーンウッド Jonny Greenwood は、1971/11/05生まれ、イギリス出身。ジョニー・グリーンウッドのフィルモグラフィーを見ると、
【フィルモグラフィー】
ザ・マスター (2012) THE MASTER 』 音楽
『 少年は残酷な弓を射る (2011) 』 音楽
『 ノルウェイの森 (2010) 』 音楽
『 ゼア・ウィル・ビー・ブラッド (2007) 』 音楽
等の映画作品がある。


●『ザ・マスター』スタッフフィルモ#08◆ミハイ・マライメア・Jr Mihai Malaimare Jr.
 本映画『 ザ・マスター (2012) THE MASTER 』で、撮影を担当するミハイ・マライメア・Jr Mihai Malaimare Jr. のフィルモグラフィーを見ると、
【フィルモグラフィー】
ザ・マスター (2012) THE MASTER 』 撮影
Virginia/ヴァージニア (2011) TWIXT 』 撮影
『 コッポラの胡蝶の夢 (2007) 』 撮影
等の映画作品がある。


●『ザ・マスター』スタッフフィルモ#09◆レスリー・ジョーンズ Leslie Jones
 本映画『 ザ・マスター (2012) THE MASTER 』で、編集を担当するレスリー・ジョーンズ Leslie Jones のフィルモグラフィーを見ると、
【フィルモグラフィー】
ザ・マスター (2012) THE MASTER 』 編集
『 ザ・ワーズ 盗まれた人生 (2012) 』 編集
『 ミート・ザ・ペアレンツ3 (2010)<未> 』 編集
『 ダレン・シャン (2009) 』 編集
『 恋愛ルーキーズ (2006)<未> 』 編集
スタスキー&ハッチ (2004) STARSKY & HUTCH 』 編集
パンチドランク・ラブ (2002) PUNCH-DRUNK LOVE 』 編集
『 CQ (2001) 』 編集
等の映画作品がある。


●『ザ・マスター』スタッフフィルモ#10◆ピーター・マクナルティ Peter McNulty
 本映画『 ザ・マスター (2012) THE MASTER 』で、編集を担当するピーター・マクナルティ Peter McNulty のフィルモグラフィーを見ると、
【フィルモグラフィー】
ザ・マスター (2012) THE MASTER 』 編集
スクリーム4:ネクスト・ジェネレーション (2011) SCREAM 4 』 編集
『 ウェス・クレイヴンズ ザ・リッパー (2010) 』 編集
『 ラスト・ハウス・オン・ザ・レフト -鮮血の美学- (2009) 』 編集
等の映画作品がある。


●『ザ・マスター』スタッフフィルモ#11◆ジャック・フィスク Jack Fisk
 本映画『 ザ・マスター (2012) THE MASTER 』で、プロダクションデザインを担当しているジャック・フィスク Jack Fisk は、1945/12/19生まれ、アメリカはイリノイ州アイババ出身。ジャック・フィスクのフィルモグラフィーを見ると、
ザ・マスター (2012) THE MASTER 』 プロダクションデザイン
恋人たちのパレード (2011) WATER FOR ELEPHANTS 』 プロダクションデザイン
ツリー・オブ・ライフ (2011) THE TREE OF LIFE 』 プロダクションデザイン
『 ゼア・ウィル・ビー・ブラッド (2007) 』 プロダクションデザイン
『 インベージョン (2007) 』 プロダクションデザイン
ニュー・ワールド (2005) THE NEW WORLD 』 プロダクションデザイン
シン・レッド・ライン (1998) THE THIN RED LINE 』 美術
『 オン・ジ・エアー (1991)<TV> 』 監督
『 家族狂想曲 (1990) 』 監督
『 すみれは、ブルー (1986) 』 監督
『 天国の日々 (1978) 』 美術
『 ブルックリン物語 (1978) 』 美術
『 キャリー (1976) 』 美術
『 ファントム・オブ・パラダイス (1974) 』 美術
『 地獄の逃避行 (1973) 』 美術
等の映画作品がある。


●『ザ・マスター』スタッフフィルモ#12◆デイヴィッド・クランク David Crank
 本映画『 ザ・マスター (2012) THE MASTER 』で、プロダクションデザインを担当するデイヴィッド・クランク David Crank は、プロダクションデザイン他、美術監督として2013年3月10日時点までに、14本の映画やTV作品に関わっている。デイヴィッド・クランクのフィルモグラフィーを見ると、映画の森てんこ森で紹介した映画作品をピックアップすると、
【フィルモグラフィー】
ザ・マスター (2012) THE MASTER 』 プロダクションデザイン
ツリー・オブ・ライフ (2011) THE TREE OF LIFE 』 美術監督
恋人たちのパレード (2011) WATER FOR ELEPHANTS 』 美術監督
ニュー・ワールド (2005) THE NEW WORLD 』 美術監督
ハンニバル (2001) HANNIBAL 』 美術監督
等の映画作品がある。


●『ザ・マスター』スタッフフィルモ#13◆マーク・ブリッジス Mark Bridges
 本映画『 ザ・マスター (2012) THE MASTER 』で、衣装デザインを担当するマーク・ブリッジス Mark Bridges のフィルモグラフィーを見ると、
【フィルモグラフィー】
ザ・マスター (2012) THE MASTER 』 衣装デザイン
世界にひとつのプレイブック (2012) SILVER LININGS PLAYBOOK 』 衣装デザイン
アーティスト (2011) THE ARTIST 』 衣装 ★第84回アカデミー賞衣装デザイン賞受賞
『 ベン・スティラー 人生は最悪だ! (2010)<未> 』 衣装デザイン
ザ・ファイター (2010) THE FIGHTER 』 衣装デザイン
『 マーシャル博士の恐竜ランド (2009) 』 衣装デザイン
『 イエスマン “YES”は人生のパスワード (2008) 』 衣装デザイン
『 ゼア・ウィル・ビー・ブラッド (2007) 』 衣装デザイン
『 毛皮のエロス/ダイアン・アーバス 幻想のポートレイト (2006) 』 衣装デザイン
Be Cool/ビー・クール (2005) BE COOL 』 衣装
パンチドランク・ラブ (2002) PUNCH-DRUNK LOVE 』 衣装デザイン
『 タイムトラベラー/きのうから来た恋人 (1999) 』 衣装
ブギーナイツ (1997) BOOGIE NIGHTS 』 衣裳
等の映画作品がある。


※『THE MASTER』-Wikipedia、『THE MASTER』-IMDb、『ザ・マスター』EPK、公式サイト引用
| ←前の閲覧ページに戻る |▲TOP | ▲目次 |
映画の森てんこ森代表:幸田幸
coda_sati@hotmail.com
「映画の森てんこ森」へ 「旅行の森てんこ森」へ
映画解説・レヴュータイトル一覧表へ
映画の森てんこ森 バナー03

映画の森てんこ森 coda21幸田幸 クレジット バナー01
幸のイタリア各都市情報へ
旅行の森てんこ森 バナー03
136x70
本サイトの作文、データ及び画像などのコンテンツの無断転用はお控え下さい。
貴サイトへの御掲載についてはメールにてお知らせ頂ければ幸いです。
© 2002-2013 Sachi CODA at Eigano-Mori Tenko-Mori, CODA21. All Rights Reserved.



borocsoborocso  at 12:00 この記事をクリップ! 

ザ・マスターのスタッフ&キャスト@映画の森てんこ森

ザ・マスターのスタッフ&キャスト@映画の森てんこ森
 映画の森てんこ森■映画スタッフとキャスト
ザ・マスターのスタッフ&キャスト
THE MASTER
| 「映画の森てんこ森」表紙 | 新作映画Top | タイトル一覧 | 本ページ更新 |
■ザ・マスターのスタッフとキャスト
以下は、映画『 ザ・マスター (2012) THE MASTER 』のスタッフとキャストのリストです。
★映画『ザ・マスター』(画面切替)の詳しい情報はこちらをクリック⇒

【映画『ザ・マスター』のスタッフ】
監督 Directed by:ポール・トーマス・アンダーソン Paul Thomas Anderson
脚本 Written by:ポール・トーマス・アンダーソン Paul Thomas Anderson
製作 Produced by:ポール・トーマス・アンダーソン Paul Thomas Anderson
   ミーガン・エリソン Megan Ellison
   ダニエル・ルピ Daniel Lupi
   ジョアン・セラー JoAnne Sellar
製作総指揮 Executive Producer:テッド・シッパー Ted Schipper
   アダム・ソムナー Adam Somner
音楽 Original Music by:ジョニー・グリーンウッド Jonny Greenwood
撮影 Cinematography by:ミハイ・マライメア・Jr Mihai Malaimare Jr.
編集 Film Editing by:レスリー・ジョーンズ Leslie Jones
   ピーター・マクナルティ Peter McNulty
プロダクション・デザイン Production Design by:ジャック・フィスク Jack Fisk
   デイヴィッド・クランク David Crank
衣装デザイン Costume Design by:マーク・ブリッジス Mark Bridges


【映画『ザ・マスター』のキャスト】
出演・Cast (in credits order)
   ホアキン・フェニックス Joaquin Phoenix ... Freddie Quell フレディ・クエル
   プライス・カーソン Price Carson ... V.A. Doctor 在郷軍人局の医師
   マイク・ハワード Mike Howard ... Rorschach Doctor ロールシャッハ検査の医師
   サラ・ショーシャナ・デイヴィッド Sarah Shoshana David ... V.A. Nurse 在郷軍人局の看護師
   ブルース・グッドチャイルド Bruce Goodchild ... V.A. Doctor / Interview 在郷軍人局の医師/インタヴュー
   マット・ヘリング Matt Hering ... V.A. Patient 在郷軍人局の患者
   ダン・アンダーソン Dan Anderson ... V.A. Patient 在郷軍人局の患者
   アンドリュー・ Andrew Koponen ... V.A. Patient 在郷軍人局の患者
   ジェフリー・W・ジェンキンス Jeffrey W. Jenkins ... V.A. Patient 在郷軍人局の患者
   パトリック・ビッグズ Patrick Biggs ... V.A. Patient 在郷軍人局の患者
   ライアン・カーティス Ryan Curtis ... V.A. Patient 在郷軍人局の患者
   ジェイ・ローレンス Jay Laurence ... V.A. Patient 在郷軍人局の患者
   アブラクサス・アダムス Abraxas Adams ... V.A. Patient 在郷軍人局の患者
   ティナ・ブルナ Tina Bruna ... Portrait Customer ポートレート顧客
   ケヴィン・ハドネル Kevin Hudnell ... Portrait Customer ポートレート顧客
   ハンター・クレイグ Hunter Craig ... Portrait Customer ポートレート顧客
   ライダー・クレイグ Ryder Craig ... Portrait Customer ポートレート顧客
   ロディオン・サルニコフ Rodion Salnikov ... Portrait Customer ポートレート顧客
   エミリー・ギリアム Emily Gilliam ... Portrait Customer ポートレート顧客
   コーディ・クライン Kody Klein ... Portrait Customer ポートレート顧客
   エイミー・ファーガソン Amy Ferguson ... Martha the Salesgirl 女子店員のマーサ
   W・アール・ブラウン W. Earl Brown ... Fighting Businessman 喧嘩のビジネスマン
   フランク・ベターグ Frank Bettag ... Frank フランク
   エアリアル・フェリックス Ariel Felix ... Filipino Worker フィリピン人の労働者
   ヴラディミール・ヴェラスコ Vladimir Velasco ... Filipino Worker フィリピン人の労働者
   ジョン・マーク・レイジェス John Mark Reyes ... Filipino Worker フィリピン人の労働者
   ブライアン・フォン Brian Fong ... Filipino Worker フィリピン人の労働者
   ダイアン・コルテホ Diane Cortejo ... Young Filipino Woman 若いフィリピン人女性
   レオニーダ・A・バウティスタ Leonida A. Bautista ... Nana ナナ
   ミルナ・デディオス Myrna De Dios ... Angry Filipino Woman 立腹したフィリピン人女性
   ケイティ・ボーランド Katie Boland ... Young Woman 若い女性
   フィリップ・シーモア・ホフマン Philip Seymour Hoffman ... Lancaster Dodd ランカスター・ドッド
   エイミー・アダムス Amy Adams ... Peggy Dodd ランカスターの妻ペギー・ドッド
   ジェシー・プレモンス Jesse Plemons ... Val Dodd, Lancaster's son ランカスターの息子ヴァル・ドッド
   アンビル・チルダーズ Ambyr Childers ... Elizabeth Dodd, Lancaster's daughter ランカスターの娘エリザベス・ドッド
   ラミ・マレック Rami Malek ... Clark, son-in-law of Lancaster Dodd ランカスター・ドッドの婿クラーク
   ローレライ・ホーイ Lorelai Hoey ... Baby ベイビー
   マーティン・ドュー Martin Dew ... Norman Conrad ノーマン・コンラッド
   ジョシュア・クローズ Joshua Close ... Wayne Gregory ウェイン・グレゴリー
   ジリアン・ベル Jillian Bell ... Susan Gregory スーザン・グレゴリー
   ケヴィン・J・ウォルシュ Kevin J. Walsh ... Cliff Boyd クリフ・ボイド
   レナ・エンドレ Lena Endre ... Mrs. Solstad ソルスター夫人
   マディセン・ベイティ Madisen Beaty ... Doris Solstad ドリス・ソルスター
   ウィリアム・オブライエン William O'Brien ... Hiring Hall 雇用事務所の声(voice)
   ケヴィン・J・オコナー Kevin J. O'Connor ... Bill William ビル・ウィリアム
   パティ・マコーマック Patty McCormack ... Mildred Drummond ミルドレッド・ドラモンド
   ミミ・カズンズ Mimi Cozzens ... Chi Chi Crawford チ・チ・クロフォード
   ザン・オーバーオール Zan Overall ... Bartender バーテンダー
   バーバラ・ブラウネル Barbara Brownell ... Margaret O'Brien マーガレット・オブライエン
   ブレイディ・ルービン Brady Rubin ... Michelle Mortimer ミッシェル・モーティマー
   ジル・アンドレ Jill Andre ... Beatrice Campbell ベアトリス・キャンベル
   ブリジット・ハーゲルマン Brigitte Hagerman ... New York Party Girl ニューヨークのパーティの女性
   チャーリー・モーガン Charley Morgan ... New York Lawyer ニューヨークの弁護士
   クリストファー・エヴァン・ウェルチ Christopher Evan Welch ... John More ジョン・モア
   ローラ・ダーン Laura Dern ... Helen Sullivan ヘレン・サリヴァン
   バーロウ・ジェイコブズ Barlow Jacobs ... James Sullivan ジェームズ・サリヴァン
   ジジ・ベンソン Gigi Benson ... Dancer ダンサー
   リズ・クレア Liz Clare ... Dancer ダンサー
   フィオナ・ドゥーリフ Fiona Dourif ... Dancer ダンサー
   オードリー・ファイナー Audrey Finer ... Dancer ダンサー
   ローズ・フォックス Rose Fox ... Dancer ダンサー
   ベイリー・ホプキンス Baily Hopkins ... Dancer ダンサー
   マリ・カーニー Mari Kearney ... Dancer ダンサー
   サラ・クラーレン Sarah Klaren ... Dancer ダンサー
   アリー・ジョンソン Ally Johnson ... Dancer ダンサー
   ブリタニー・キルコイン・マックレガー Brittany Kilcoyne McGregor ... Dancer ダンサー
   ラライン・リング LaRain Ring ... Dancer ダンサー
   デヴィッド・ウォーショフスキー David Warshofsky ... Philadelphia Police フィラデルフィア警察
   キンバリー・エイブルズ・ジンドラ Kimberly Ables Jindra ... Processing Patient プロセシング患者
   テオ・クリセル Theo Crisell ... Dancer ダンサー
   トーマス・ニッカーボッカー Thomas Knickerbocker ... Judge Phoenix フェニックス判事
   エバン・シュレッター Eban Schletter ... Band (Piano) バンドのピアノ
   スコット・ロジャーズ Scott Rodgers ... Band (Drum) バンドのドラム
   メローラ・ウォルターズ Melora Walters ... Band (Voice) バンドの声
   エミリー・ジョーダン Emily Jordan ... British Receptionist 英国人の受付係
   アマンダ・キャリン・ジョビンズ Amanda Caryn Jobbins ... British Receptionist 英国人の受付係
   オリヴィア・ローズマリー・バーラム Olivia Rosemarie Barham ... Pub Customer パブの客
   ナポレオン・ライアン Napoleon Ryan ... Pub Customer パブの客
   ジェニファー・ニーラ・ペイジ Jennifer Neala Page ... Winn Manchester ウィン・マンチェスター
   コナー・カズンズ Conner Cousins ... Follower 信奉者
   セス・ドナヴァン Seth Donavan ... Veteran 退役軍人
   ケイ・ユーウィング・ドナート Kay Ewing Donato ... Follower 信奉者
   オルセア・グラシュコ Olesya Grushko ... Bikini Girl ビキニの女性
   ジム・ギュンター Jim Gunter ... V.A. Patient 在郷軍人局の患者
   タラリア・ハースト Talaria Haast ... Core Follower 中心的な信奉者
   ダリン・ヴァンダーパン Darrin Vanderpan ... Hiring Hall Worker 雇用事務所従業員
   リア・ヴェリル Leah Verrill ... Stripper ストリッパー
   スティーヴン・ウィグ Steven Wiig ... Philadelphia Follower フィラデルフィアの信奉者


※スタッフ・キャスト及び登場人物の呼称が正確でない場合がありますのでご了承ください。
※参考資料:『THE MASTER 』-IMDb、映画『ザ・マスター』-Wikipedia、『THE MASTER』-Wikipedia英語版、『ザ・マスター』EPK、公式サイト
| ←前の閲覧ページに戻る |▲TOP | ▲目次 |
映画の森てんこ森代表:幸田幸
coda_sati@hotmail.com
「映画の森てんこ森」へ 「旅行の森てんこ森」へ
映画解説・レヴュータイトル一覧表へ
映画の森てんこ森 バナー03

映画の森てんこ森 coda21幸田幸 クレジット バナー01
幸のイタリア各都市情報へ
旅行の森てんこ森 バナー03
136x70
本サイトの作文、データ及び画像などのコンテンツの無断転用はお控え下さい。
貴サイトへの御掲載についてはメールにてお知らせ頂ければ幸いです。
© 2002-2013 Sachi CODA at Eigano-Mori Tenko-Mori, CODA21. All Rights Reserved.



borocsoborocso  at 11:00 この記事をクリップ! 

映画「アンナ・カレーニナ」ポスター@映画の森てんこ森

coda21 観たい度映画のポスター@映画の森てんこ森
「観たい映画ポスター」アニメロゴ@映画の森てんこ森
表紙目次読む映画試写会レヴュー観たい度映画予告編エッセイ日誌試写会情報
リンク集映画ゲーム思い出映画
| 映画レヴュー10000字超 | 映画解説タイトル一覧表 |
幸のカレンダーぼろくそパパの独り言 | livedoorブログ | 旅行の森てんこ森 |
ブロードバンドB版 | 恭子の動画映像ブログ | 恭子の「YouTube」 | サイト内検索 |
★映画の森てんこ森★

映画『アンナ・カレーニナ』ポスター
映画『 アンナ・カレーニナ (2012) ANNA KARENINA 』
★映画『アンナ・カレーニナ』の解説はこちら⇒
★映画『アンナ・カレーニナ』の予告編はこちら⇒
★映画『アンナ・カレーニナ』ネタバレlivedoor版はこちら⇒
★映画『アンナ・カレーニナ』ネタバレの恭子版はこちら⇒
■映画『アンナ・カレーニナ』の劇場公開情報
2013年3月29日(金)より、
TOHOシネマズ 日劇ほかにて全国ロードショー!!

| 「目次」Topページ | 本ページ更新 | 本ページ最終更新 |

映画『アンナ・カレーニナ』のポスター(1)
映画『アンナ・カレーニナ ANNA KARENINA』ポスター(1)

▼ポスター画像クリックで拡大します。
(C)2012 Focus Features LLC. All rights reserved. photography by Eugenio Recuenco,Laurie Sparham
「アンナ・カレーニナ」ポスター01

※上のポスターをクリック、又はここをクリックでポスター(1)を860x1280pxlsのポスターに拡大。

映画『アンナ・カレーニナ』のポスター(2)
映画『アンナ・カレーニナ ANNA KARENINA』ポスター(2)

▼ポスター画像クリックで拡大します。
(C)2012 Focus Features LLC. All rights reserved. photography by Eugenio Recuenco,Laurie Sparham
「アンナ・カレーニナ」ポスター02

※上のポスターをクリック、又はここをクリックで(2)を860x1280pxlsのポスターに拡大。

映画『アンナ・カレーニナ』のポスター(3)
映画『アンナ・カレーニナ ANNA KARENINA』ポスター(3)

▼ポスター画像クリックで拡大します。
(C)2012 Focus Features LLC. All rights reserved. photography by Eugenio Recuenco,Laurie Sparham
「アンナ・カレーニナ」ポスター03

※上のポスターをクリック、又はここをクリックで(3)を910x1280pxlsのポスターに拡大。

映画『アンナ・カレーニナ』のポスター(4)
映画『アンナ・カレーニナ ANNA KARENINA』ポスター(4)

▼ポスター画像クリックで拡大します。
(C)2012 Focus Features LLC. All rights reserved. photography by Eugenio Recuenco,Laurie Sparham
「アンナ・カレーニナ」ポスター04

※上のポスターをクリック、又はここをクリックで(4)を1280x960pxlsのポスターに拡大。

映画『アンナ・カレーニナ』のポスター(5)
映画『アンナ・カレーニナ ANNA KARENINA』ポスター(5)

▼ポスター画像クリックで拡大します。
(C)2012 Focus Features LLC. All rights reserved. photography by Eugenio Recuenco,Laurie Sparham
「アンナ・カレーニナ」ポスター05

※上のポスターをクリック、又はここをクリックで(5)を1280x680pxlsのポスターに拡大。

映画『アンナ・カレーニナ』のポスター(6)
映画『アンナ・カレーニナ ANNA KARENINA』ポスター(6)

▼ポスター画像クリックで拡大します。
(C)2012 Focus Features LLC. All rights reserved. photography by Eugenio Recuenco,Laurie Sparham
「アンナ・カレーニナ」ポスター06

※上のポスターをクリック、又はここをクリックで(6)を1280x890pxlsのポスターに拡大。

映画『アンナ・カレーニナ』のポスター(7)
映画『アンナ・カレーニナ ANNA KARENINA』ポスター(7)

▼ポスター画像クリックで拡大します。
(C)2012 Focus Features LLC. All rights reserved. photography by Eugenio Recuenco,Laurie Sparham
「アンナ・カレーニナ」ポスター07

※上のポスターをクリック、又はここをクリックで(7)を1280x890pxlsのポスターに拡大。

★映画『アンナ・カレーニナ』の詳しい映画情報はこちら⇒
★映画『アンナ・カレーニナ』のネタバレはこちら⇒

▲TOPへ
編集:志賀まなみ
「映画の森てんこ森」へ 「旅行の森てんこ森」へ
映画解説・レヴュータイトル一覧表へ
映画の森てんこ森 バナー03

映画の森てんこ森 coda21幸田幸 クレジット バナー01
幸のイタリア各都市情報へ
旅行の森てんこ森 バナー03
136x70
本サイトの作文、データ及び画像などのコンテンツの無断転用はお控え下さい。
(c)2002-2013 Eigano-Mori Tenko-Mori, CODA21. All Rights Reserved.


borocsoborocso  at 12:00 この記事をクリップ! 

映画『アンナ・カレーニナ』@映画の森てんこ森

アンナ・カレーニナ@映画の森てんこ森
 | 表紙 | 目次 | 読む映画試写会 | レヴュー | 観たい度映画 | 予告編 | エッセイ | 日誌 | 試写会情報 |
リンク集 | 映画ゲーム思い出映画| 映画レヴュー10000字超 | 映画解説タイトル一覧表 |
幸のカレンダー | ぼろくそパパの独り言 | livedoorブログ | 旅行の森てんこ森 |
ブロードバンドB版 | 恭子の動画映像ブログ | 恭子の「YouTube」 | サイト内検索 |
 映画の森てんこ森■映画解説と予告編とレヴュー
アンナ・カレーニナ (2012)
ANNA KARENINA
※クリックでYouTube『アンナ・カレーニナ ANNA KARENINA』予告編へ
▲上のスライドショーを初めから見る
※予告編はYouTube「リンク」モードで掲載。Trailer Courtesy of AnnaKareninaTheMovie
(C)2012 Focus Features LLC. All rights reserved. photography by Eugenio Recuenco,Laurie Sparham
| 「目次」Topページ | 「B版」Topページ | 本ページ更新 | 本ページ最終更新 |
【 目次 】
■映画『 アンナ・カレーニナ (2012) ANNA KARENINA 』の映画データ
■映画『 アンナ・カレーニナ (2012) ANNA KARENINA 』の解説
 ネタバレが含まれている場合があります。
■映画『 アンナ・カレーニナ (2012) ANNA KARENINA 』のフィルモ&トリビア
■映画『 アンナ・カレーニナ (2012) ANNA KARENINA 』のスタッフとキャスト
□映画『 アンナ・カレーニナ (2012) ANNA KARENINA 』のキャスト/登場人物
■映画『 アンナ・カレーニナ (2012) ANNA KARENINA 』のあらすじ・ストーリー
■映画『 アンナ・カレーニナ (2012) ANNA KARENINA 』の<ネタバレ/もっと詳しく>
 <ネタバレ/もっと詳しく>は映画『 アンナ・カレーニナ (2012) ANNA KARENINA 』の「テキストによる映画の再現」レヴュー(あらすじとネタバレ)です。
 ※ご注意:映画『 アンナ・カレーニナ (2012) ANNA KARENINA 』の内容やネタバレがお好みでない方は読まないで下さい。
■映画『 アンナ・カレーニナ (2012) ANNA KARENINA 』のWikipedia情報
■映画『 アンナ・カレーニナ (2012) ANNA KARENINA 』の評論×感想
映画『 アンナ・カレーニナ (2012) ANNA KARENINA 』予告編や関連映像映画『 アンナ・カレーニナ 』の予告編や関連映像を観る→
映画『 アンナ・カレーニナ (2012) ANNA KARENINA 』ビデオ動画映像映画『 アンナ・カレーニナ 』の色々なビデオ映像を観る→
映画『 アンナ・カレーニナ (2012) ANNA KARENINA 』写真・スチル画像映画『 アンナ・カレーニナ 』の色々な写真やスチルを観る→
映画『 アンナ・カレーニナ (2012) ANNA KARENINA 』ポスター画像映画『 アンナ・カレーニナ 』の色々なポスターを観る→
■映画『 アンナ・カレーニナ (2012) ANNA KARENINA 』の更新記録

映画『 アンナ・カレーニナ 』あらすじ・ストーリーのネタバレ/結末まで完全ネタバレ

by ネタバレンタイン犬@映画の森てんこ森 映画『アンナ・カレーニナ』のネタバレ⇒別ファイル「アンナ・カレーニナのネタバレ」へ
★2013年3月29日(金)より、TOHOシネマズ 日劇ほかにて全国ロードショー!!


>>
「映画解説・レヴュータイトル一覧表」へ(画面の切り替え)
■映画『 アンナ・カレーニナ (2012) ANNA KARENINA 』の映画データ
アンナ・カレーニナ
映画『 アンナ・カレーニナ (2012) ANNA KARENINA 』ポスター
Links:  Official Web Site(日本語)
Official Web Site(英語)
Trailers:  日本語予告編
海外予告編
IMDb予告編

Poster Courtesy of IMDb
※クリックでポスター拡大
860x1280画像1枚)


★海外の色々なポスターは
こちらをクリック↓
■邦題:アンナ・カレーニナ
■英語題:ANNA KARENINA
■メディア:映画/カラー
■上映時間:130分(本国版)
■製作国:イギリス
■言語:英語
■制作会社:Universal Pictures(ユニバーサル・ピクチャーズ)、Focus Features(フォーカス・フィーチャーズ)、Working Title Films(ワーキング・タイトル・フィルムズ)
■製作年:2012年
■製作費:N/A
■興行収入:国内=$12,816,367 (2013年3月15日現在)
■海外興行収入:$46,300,000
■全世界興行収入:$59,116,367 ※2013年3月15日現在調査
■イギリス公開年月:2012年9月7日全英公開
■アメリカ公開年月:2012年11月10日 (Smith Rafael Film Center)、2012年11月16日限定公開
■日本公開年月:2013年3月29日(金)全国公開
■日本配給情報:劇場公開(ギャガ)
■ジャンル:ロマンス/文芸
■映倫:G
■公式サイト(日本)
 『アンナ・カレーニナ
 http://anna.gaga.ne.jp/
■公式サイト(英語版)
 『ANNA KARENINA
 http://www.annakareninamovie.co.uk/(英語)
■IMDb情報
 『ANNA KARENINA
 http://www.imdb.com/title/tt1781769/
■キャッチコピー:
 時代を駆け抜けた、
 美しくも激しい運命の愛が、
 現代によみがえる――。
■劇場公開情報:2013年3月29日(金)
 2013年3月29日(金)より、TOHOシネマズ 日劇ほかにて全国ロードショー!!

※旧作の映画は公式サイトや予告編は閉鎖・削除される場合がありますのでご了承ください。
編集:小沢栄三 
© Images copyright their respective owners; usually the distributor of the above titled movie unless otherwise noted.
| ←前の閲覧ページに戻る |▲TOP | ▲予告編 | ▲目次 |
映画の森てんこ森代表:幸田幸
coda_sati@hotmail.com
「映画の森てんこ森」へ 「旅行の森てんこ森」へ
映画解説・レヴュータイトル一覧表へ
映画の森てんこ森 バナー03

映画の森てんこ森 coda21幸田幸 クレジット バナー01
幸のイタリア各都市情報へ
旅行の森てんこ森 バナー03
136x70
本サイトの作文、データ及び画像などのコンテンツの無断転用はお控え下さい。
貴サイトへの御掲載についてはメールにてお知らせ頂ければ幸いです。
© 2002-2013 Sachi CODA at Eigano-Mori Tenko-Mori, CODA21. All Rights Reserved.



borocsoborocso  at 12:00 この記事をクリップ!