空を見上げて
トップページ » 2013年05月
2013年05月

ネタバレ結末/グランド・マスター@映画の森てんこ森

ネタバレ結末/グランド・マスター@映画の森てんこ森
 映画の森てんこ森■映画解説と予告編とレヴュー■映画ネタバレ
グランド・マスター
THE GRANDMASTER
| 「映画の森てんこ森」表紙 | 新作映画Top | タイトル一覧 | 本ページ更新 |
ネタバレ結末/グランド・マスター
ネタバレ注意@映画の森てんこ森
ストーリー展開の前知識やネタバレがお好みでない方は、読まないで下さい。
■ネタバレ結末/グランド・マスター@映画の森てんこ森
【『グランド・マスター』ネタバレ】
ネタバレご注意:以下の<ネタバレ結末/グランド・マスター@映画の森てんこ森>のあらすじ・ストーリー・結末にはネタバレが含まれています。映画『 グランド・マスター (2013) 一代宗師(原題) / THE GRANDMASTER(英題) 』をまだご覧になっていない方は、どうかネタバレにご注意ください。

★『 グランド・マスター 』劇場公開情報
 2013年5月31日(金)より、TOHOシネマズ日劇ほかにて全国ロードショー!!
 ※日本配給情報: 劇場公開(ギャガ)

<ネタバレ映画/グランド・マスター>の仕切り線

▲ここまでの<ネタバレ映画/グランド・マスター@映画の森てんこ森>のあらすじはこちらから・・・

【ネタバレ結末/グランド・マスター 第16段落】
 一族の名誉を守るため、ゴン・ルオメイは父には内緒でイップ・マン 葉問 を呼び出して挑戦させる。場所は金楼<金樓>。ルールは、戦いの場の家具一つでも壊してはならないということ。壊した方が負け、と。

【ネタバレ結末/グランド・マスター 第17段落】
 ここで両者の激しい武術が繰り広げられる。トニー・レオンもチャン・ツィイーも、これって俳優?というくらいの腕前だ。この試合は迫力満点、両者五分五分の戦いとなるのだが、最後にちょっとイップ・マンが歩調を乱したためにゴン・ルオメイの勝利となった。

【ネタバレ結末/グランド・マスター 第18段落】
 でも、試合後の二人は敵対心なんて消えて、何だか心を通わせてしまったようだ。妻子ある男性とのロマンス。二人はその後、文通して関係を保つ。そしてイップ・マンは家族を南から北へ呼び寄せようとする。しかし、日中戦争(1937/7/7〜1945/9/9) が勃発して、その飛行機は欠航になる。

【ネタバレ結末/グランド・マスター 第19段落】
 あんなに裕福だったイップ・マンであるが、戦争のために富を失って貧困に陥り、二人の娘を飢え死にさせてしまう悲劇が。一方、北では、ゴン・パオセンの一番弟子マーサンが裏切り者に化して、野望に目が眩んで師匠ゴン・パオセンを殺害する。

【ネタバレ結末/グランド・マスター 第20段落】
 帰郷したゴン・ルオメイは父の死を見捨てようとする年長者たち三爺(ジョージ・ワン 王?)や五爺(ジン・シーチェ 金士傑)と対決する。彼らは、あなたが幸福になることと復讐心を捨てることが父上の最後のお望みでした、とゴン・ルオメイに伝えるばかり。

【ネタバレ結末/グランド・マスター 第21段落】
 それを聞いても、ゴン・ルオメイは聞き入れられないのだ。父親の仇討ちを済ませるまで、武術を教えることも結婚することも決してしない、と心に誓う。愛を捨ててまで・・・。

【ネタバレ結末/グランド・マスター 第22段落】
 イップ・マンは香港に戻って、武術指導でお金を手に入れて家族を養うという新しいキャリアを始めようとする。武術指導者は他にも大勢いたので、彼らの挑戦を何回も受ける羽目になったが、打ち負かして世間の評判を手にした。

【ネタバレ結末/グランド・マスター 第23段落】
 1950年のクリスマス・イブにイップ・マンはゴン・ルオメイと再会して、もう一回戦おうと言ってみるが、それは、あなたも武術指導を始めて新生活を始めたらいいと勧めているのだ。けれどゴン・ルオメイは断固として断る。

【ネタバレ結末/グランド・マスター 第24段落】
 中国の歴史を見れば、消滅していったマーシャルアーツは多い、私のだって例外ではない、とゴン・ルオメイは言って。そして回想シーンに。丁度、十年前の1940年のクリスマス・イブのことだ。父ゴン・パオセンの一番弟子で裏切り者、父を殺害した張本人のマーサンとの決闘のシーンへ・・・

▲TOPへ

◆ここからは、最後の結末まで書いていて完全にネタバレしていますので、ストーリー全体が分ります。御注意下さい。
 ATTN: This review reveals the movie content. Please don't say that I didn't say !


★以下のネタバレ日本語訳は、映画『グランド・マスター』の公開日2013年5月3日(祝・金)の翌日、又は翌日以降に公開予定ですが、映画をご覧になる前に、前もって<ストーリー/あらすじ/結末までの完全ネタバレ日本語版>をお読みになりたい方は、以下をクリックしてください。

 ・・・結末までの完全ネタバレはこちらから・・・⇒

★130531ネタバレ結末/グランド・マスター
 ・・・結末までの完全ネタバレ(幸田幸ブログ版)はこちらから・・・⇒

 http://coda21.publog.jp/archives/28891311.html

【感謝とお願い】多くの皆様にこのネタバレコーナーにアクセス頂き、ありがとうございますm(__)m
 もしクリックしてもネタバレファイルにジャンプしない場合は、映画会社や配給会社への配慮として、まだリンクを貼っていない期間です。リクエスト・メールが多い場合は(お返事は出せませんが)、タイミングを見計らって、映画公開一週間前にはアップしますので、どうかご了承ください。

 本ファイル<ネタバレ結末/グランド・マスター>や、このページの他の「ネタバレ」コンテンツは、先行公開されている海外の映画作品を劇場鑑賞やDVD鑑賞したり、<Wikipedia>英語版の記事やその他の海外映画情報を幸田幸@映画の森てんこ森が翻訳編集したりして、ネタバレ版テキストを作成・アップしています。<ネタバレ結末/グランド・マスター>のあらすじに私の鑑賞誤解があったり、文章表現が稚拙であったり、直訳的だったり、翻訳ミスがある場合がありますので、どうかご了承くださいますようにお願い申し上げます。
以上。

※参考資料:映画『グランド・マスター』-Wikipedia、『EVIL DEAD』-Wikipedia英語版、『THE GRANDMASTER』-IMDb、『グランド・マスター』EPK、公式サイト
| ←前の閲覧ページに戻る |▲TOP | ▲目次 |
映画の森てんこ森代表:幸田幸
coda_sati@hotmail.com
「映画の森てんこ森」へ 「旅行の森てんこ森」へ
映画解説・レヴュータイトル一覧表へ
映画の森てんこ森 バナー03

映画の森てんこ森 coda21幸田幸 クレジット バナー01
幸のイタリア各都市情報へ
旅行の森てんこ森 バナー03
136x70
本サイトの作文、データ及び画像などのコンテンツの無断転用はお控え下さい。
貴サイトへの御掲載についてはメールにてお知らせ頂ければ幸いです。
© 2002-2013 Sachi CODA at Eigano-Mori Tenko-Mori, CODA21. All Rights Reserved.



borocsoborocso  at 12:00 この記事をクリップ! 

ネタバレ映画/エンド・オブ・ホワイトハウス@映画の森てんこ森

ネタバレ映画/エンド・オブ・ホワイトハウス@映画の森てんこ森
 映画の森てんこ森■映画解説と予告編とレヴュー■映画ネタバレ
エンド・オブ・ホワイトハウス
OLYMPUS HAS FALLEN
| 「映画の森てんこ森」表紙 | 新作映画Top | タイトル一覧 | 本ページ更新 |
ネタバレ映画/エンド・オブ・ホワイトハウス
ネタバレ注意@映画の森てんこ森
ストーリー展開の前知識やネタバレがお好みでない方は、読まないで下さい。
■ネタバレ映画/エンド・オブ・ホワイトハウス@映画の森てんこ森
 GoogleやYahoo!の検索エンジンで、映画の森てんこ森のネタバレファイルをお探しの場合は、
ネタバレ エンド・オブ・ホワイトハウス>又は
エンド・オブ・ホワイトハウス ネタバレ>と入力してください。

【『エンド・オブ・ホワイトハウス』ネタバレ】
ネタバレご注意:以下の<ネタバレ映画/エンド・オブ・ホワイトハウス@映画の森てんこ森>のあらすじ・ストーリー・結末にはネタバレが含まれています。映画『 エンド・オブ・ホワイトハウス (2013) OLYMPUS HAS FALLEN 』をまだご覧になっていない方は、どうかネタバレにご注意ください。
 Warning!Plot synopsis, storyline and story-end items below here contain information that may give away important plot points. You may not want to read any further if you've not already seen this title.

★『 エンド・オブ・ホワイトハウス 』劇場公開情報
 2013年6月8日(土)より、新宿ピカデリー 他 全国ロードショー!!
 ※日本配給情報: 劇場公開(アスミック・エース)


 本ファイル<ネタバレ映画/エンド・オブ・ホワイトハウス>や、このページの他の「ネタバレ」コンテンツは、先行公開されている海外の映画作品を劇場鑑賞やDVD鑑賞したり、<Wikipedia>英語版の記事やその他の海外映画情報を幸田幸@映画の森てんこ森が翻訳編集したりして、ネタバレ版テキストを作成・アップしています。<ネタバレ映画/エンド・オブ・ホワイトハウス>のあらすじに私の鑑賞誤解があったり、文章表現が稚拙であったり、直訳的だったり、翻訳ミスがある場合がありますので、どうかご了承くださいますようにお願い申し上げます。

<ネタバレ映画/エンド・オブ・ホワイトハウス>の仕切り線

【ネタバレ映画/エンド・オブ・ホワイトハウス(あらすじ結末) 第01段落】
 メリーランド州にあるアメリカ合衆国大統領の別荘・静養地キャンプ・デービッド<正式名称は海軍サーモント支援施設 Naval Support Facility Thurmont >では、大統領付きトップシークレットサービス、マイク・バニング(ジェラルド・バトラー)が大統領一家とクリスマスプレゼントの箱詰めをしている。

【ネタバレ映画/エンド・オブ・ホワイトハウス(あらすじ結末) 第02段落】
 ベンジャミン・アッシャー大統領(アーロン・エッカート)とファーストレディ、マーガレット・アッシャー大統領夫人(アシュレイ・ジャッド)、それに12歳位の息子コナー・アッシャー(フィンリー・ジェイコブセン)とはマイク・バニングがSP以上に親しく信頼関係にあるのが見て取れる。

【ネタバレ映画/エンド・オブ・ホワイトハウス(あらすじ結末) 第03段落】
 吹雪の中、選挙資金調達関係の用事でキャンプ・デービッドから外出する大統領夫妻のリムジンに、SPマイク・バニングたちが付き添う。大統領夫妻が車内でプレゼントを和気藹々と交換していると、大枝が倒れてきて先導車を直撃。先導車は冷たい川に転落した。

【ネタバレ映画/エンド・オブ・ホワイトハウス(あらすじ結末) 第04段落】
 護衛の車列は凍った路上で橋の側面に激突し、大統領夫妻の車は橋の欄干に半分が何とか乗り出た状態で止まった。バランスを崩せば車ごと川に落下するが瞬時の判断で、マイク・バニングは大統領を優先で救助する。すると車はファーストレディを乗せたまま転落していった。

【ネタバレ映画/エンド・オブ・ホワイトハウス(あらすじ結末) 第05段落】
 大統領夫人マーガレットを亡くし、夫アッシャー大統領も息子コナーも悲嘆に暮れる。大統領付きのトップシークレットサービスである筈のマイク・バニングも職務を全うできなかった想いで打ちひしがれている。それ以来、大統領付きの任務は解かれた。

【ネタバレ映画/エンド・オブ・ホワイトハウス(あらすじ結末) 第06段落】
 18ヶ月後、ホワイトハウスの見える財務省でマイク・バニングは事務職をしている。ある朝、目覚めてニュースを聞くと、北朝鮮と韓国の緊迫した状況が報道されている。そっちに気を取られ、妻リア・バニング(ラダ・ミッチェル)がバーベキューの話をしているのも無視して仕事へ出かける。あれ以来、看護師をしている妻リアとも上手くいっていない。

【ネタバレ映画/エンド・オブ・ホワイトハウス(あらすじ結末) 第07段落】
 バニングはシークレットサービス長官リン・ジェイコブス(アンジェラ・バセット)と会うと、長官はバニングが大統領夫人を救えなかったあの夜の出来事をまだ引きずっているのを知っていて、やるべき事はやったのだ、大統領だって分かってくれている、と慰める。

【ネタバレ映画/エンド・オブ・ホワイトハウス(あらすじ結末) 第08段落】
 アッシャー大統領は息子コナーといる。休暇はキャンプ・デービッドに戻ることになっているのだが、コナーとしたらビーチがいい。アイスクリームを上げようと言っていると、緊急の呼び出しがある。

【ネタバレ映画/エンド・オブ・ホワイトハウス(あらすじ結末) 第09段落】
 アッシャー大統領はルース・マクミラン国防長官(メリッサ・レオ)、アラン・トランブル下院議長(モーガン・フリーマン)、チャーリー・ロドリゲス副大統領(フィル・オースティン)と会う。韓国大統領との間近に迫った会議に関しての件だ。

【ネタバレ映画/エンド・オブ・ホワイトハウス(あらすじ結末) 第10段落】
 イ・テウ韓国大統領(ケオン・シム)と側近のカン・ヨンサク(リック・ユーン)らの一行がホワイトハウスに到着。そんな頃、ウェストバージニア州上空に正体不明のジェット機が出現し、アメリカのジェット機二機を撃墜する事件が起こる。アッシャー大統領はイ・テウ韓国大統領らと緊急避難させられる。

【ネタバレ映画/エンド・オブ・ホワイトハウス(あらすじ結末) 第11段落】
 アッシャー大統領は息子コナーを探すが、どこにもいない。そんな緊迫時、敵機は民間人をも撃ち殺し始め、ワシントンDCに近付いてくる。ホワイトハウスは窮地に陥る。その混乱を財務省にいるマイク・バニングが目撃し、いても立ってもいられずホワイトハウスの方に駆けていく。もうシークレットサービスではないのだが。

【ネタバレ映画/エンド・オブ・ホワイトハウス(あらすじ結末) 第12段落】
 軍隊は敵機を撃ち落そうと試み、ミサイルまで投入されて首都は修羅場になる。ワシントン記念塔<巨大な白色のオベリスク>のてっぺんも崩壊されて観光客まで巻き添えに。路上では、無差別射撃されて逃げ惑う人々をバニングは護り、テロリストの動向に目を向けアクションを起こす。

【ネタバレ映画/エンド・オブ・ホワイトハウス(あらすじ結末) 第13段落】
 アッシャー大統領、マクミラン国防長官、ロドリゲス副大統領は掩蔽壕へ避難させられ、一方、バニングがホワイトハウスに近付くと自爆テロで正面のゲートが爆破され、テロリストたちは突入していく。ホワイトハウスの美しい庭も撃ち合いの場と化し、シークレットサービスの大勢が犠牲となる。

【ネタバレ映画/エンド・オブ・ホワイトハウス(あらすじ結末) 第14段落】
 シークレットサービス長官ジェイコブスはペンタゴン<国防総省>でエドワード・クレッグ将軍(ロバート・フォスター)らと会合し、現況を説明する。アッシャー大統領らは掩蔽壕に避難済みだということも。

【ネタバレ映画/エンド・オブ・ホワイトハウス(あらすじ結末) 第15段落】
 しかし、イ・テウ韓国大統領の側近の筈のカン・ヨンサクは、大統領警備責任者どころか、実はテロリスト集団を指揮するリーダー、最凶のテロリストだったのだ。このテロは、北朝鮮の工作員カン・ヨンサクが首謀者なのである。

【ネタバレ映画/エンド・オブ・ホワイトハウス(あらすじ結末) 第16段落】
 だから、掩蔽壕にいるアッシャー大統領や韓国大統領らは拉致されて人質となったということだ。そこには、米国の元シークレットサービス、デイヴ・フォーブス(ディラン・マクダーモット)が韓国側の要人警備として今は韓国大統領の傍にいる。

【ネタバレ映画/エンド・オブ・ホワイトハウス(あらすじ結末) 第17段落】
 外界では無数のテロリストたちとSPらは戦い、惨殺されていく。ローマ捜査官(コール・ハウザー)は、原題の“Olympus has fallen”(オリンパスは陥落した)" と叫び、「ホワイトハウスは占拠された」ことを宣言してから殺害される。「オリンパス(オリンポス)」というのはシークレットサービスの暗号でホワイトハウスを指す。

【ネタバレ映画/エンド・オブ・ホワイトハウス(あらすじ結末) 第18段落】
 トランブル下院議長はペンタゴンに来て、憲法に従い大統領代理に任命される。大統領とも信頼関係の深いトランブル下院議長は、ホワイトハウス奪還作戦の指揮を執ることになった。

【ネタバレ映画/エンド・オブ・ホワイトハウス(あらすじ結末) 第19段落】
 カン・ヨンサクはペンタゴンに侵入し、皆の目前でイ・テウ韓国大統領を殺害する。カン・ヨンサクの要求は、米国海軍第7艦隊を韓国から即座に撤退させること。韓国と北朝鮮の統一を実現させるためだ。

【ネタバレ映画/エンド・オブ・ホワイトハウス(あらすじ結末) 第20段落】
 掩蔽壕で、カンはアメリカへの復讐心の思いの丈をぶちまける。母親はアメリカ軍の仕掛けた地雷で殺され、父親は北朝鮮に対する罪で処刑された。だから報復として、米国のミサイル格納庫にある核兵器を全て破壊し、アメリカ合衆国を放射線を照射された不毛の地にしてしまえ、と。

▲TOPへ

◆ここからは、結末まで書いてネタバレしていますので、ストーリー全体が分ります。御注意下さい。
 ATTN: This review reveals the movie content. Please don't say that I didn't say !


★以下のネタバレ日本語訳は、映画『エンド・オブ・ホワイトハウス』の公開日2013年6月8日(土)の翌日、又は翌日以降に公開予定ですが、映画をご覧になる前に、前もって<ストーリー/あらすじ/結末までの完全ネタバレ日本語版>をお読みになりたい方は、以下をクリックしてください。

 ・・・続きは<ネタバレ結末/エンド・オブ・ホワイトハウス>をお読みください⇒


【感謝とお願い】多くの皆様にこのネタバレコーナーにアクセス頂き、ありがとうございますm(__)m
 GoogleやYahoo!の検索エンジンで、映画の森てんこ森のネタバレファイルをお探しの場合は
ネタバレ エンド・オブ・ホワイトハウス>又は
エンド・オブ・ホワイトハウス ネタバレ>と入力してください。

 もしクリックしてもネタバレファイルにジャンプしない場合は、映画会社や配給会社への配慮として、まだリンクを貼っていない期間です。リクエスト・メールが多い場合は(お返事は出せませんが)、タイミングを見計らって、映画公開一週間前にはアップしますので、どうかご了承ください。
以上。

※<エンド・オブ・ホワイトハウス>関連ファイルURLアドレス
◆エンド・オブ・ホワイトハウス@映画の森てんこ森
http://coda21.net/eiga3mai/2013/OLYMPUS_HAS_FALLEN.htm
◆livedoor版【エンド・オブ・ホワイトハウスのスタッフ&キャスト】
http://blog.livedoor.jp/borocso/archives/1858785.html
◆livedoor版【『エンド・オブ・ホワイトハウス』製作プロデューサー@映画の森てんこ森】
http://blog.livedoor.jp/borocso/archives/1858780.html
◆livedoor版【『エンド・オブ・ホワイトハウス』スタッフフィルモ】
http://blog.livedoor.jp/borocso/archives/1858783.html
◆livedoor版【モーガン・フリーマン@映画の森てんこ森】
http://blog.livedoor.jp/borocso/archives/1858793.html
◆livedoor版【ロバート・フォスター@映画の森てんこ森】
http://blog.livedoor.jp/borocso/archives/1858796.html
◆livedoor版【メリッサ・レオ@映画の森てんこ森】
http://blog.livedoor.jp/borocso/archives/1858800.html
◆livedoor版【『エンド・オブ・ホワイトハウス』キャストフィルモ@映画の森てんこ森】
http://blog.livedoor.jp/borocso/archives/1858804.html
◆livedoor版【エンド・オブ・ホワイトハウスの映画解説】
http://blog.livedoor.jp/borocso/archives/1858813.html
◆livedoor版【映画『エンド・オブ・ホワイトハウス』@映画の森てんこ森】
http://blog.livedoor.jp/borocso/archives/1858811.html
◆BK版【映画「エンド・オブ・ホワイトハウス」ポスター】
http://coda21.net/broadband/blog2013_06/130607.htm
◆livedoor版<映画「エンド・オブ・ホワイトハウス」ポスター@映画の森てんこ森>
http://blog.livedoor.jp/borocso/archives/1858954.html
◆livedoor版<ネタバレ映画/エンド・オブ・ホワイトハウス@映画の森てんこ森>
http://blog.livedoor.jp/borocso/archives/1859042.html
◆livedoor版<ネタバレ結末/エンド・オブ・ホワイトハウス@映画の森てんこ森>
http://blog.livedoor.jp/borocso/archives/1859041.html
◆BK版<エンド・オブ・ホワイトハウスのネタバレ@映画の森てんこ森>
http://coda21.net/broadband/blog2013_06/130611.htm
◆livedoor版<エンド・オブ・ホワイトハウスの完全ネタバレ@映画の森てんこ森>
http://blog.livedoor.jp/borocso/archives/1859052.html

※参考資料:映画『エンド・オブ・ホワイトハウス』-Wikipedia、『OLYMPUS HAS FALLEN』-Wikipedia英語版、『OLYMPUS HAS FALLEN』-IMDb、『エンド・オブ・ホワイトハウス』EPK、公式サイト
| ←前の閲覧ページに戻る |▲TOP | ▲目次 |
映画の森てんこ森代表:幸田幸
coda_sati@hotmail.com
「映画の森てんこ森」へ 「旅行の森てんこ森」へ
映画解説・レヴュータイトル一覧表へ
映画の森てんこ森 バナー03

映画の森てんこ森 coda21幸田幸 クレジット バナー01
幸のイタリア各都市情報へ
旅行の森てんこ森 バナー03
136x70
本サイトの作文、データ及び画像などのコンテンツの無断転用はお控え下さい。
貴サイトへの御掲載についてはメールにてお知らせ頂ければ幸いです。
© 2002-2013 Sachi CODA at Eigano-Mori Tenko-Mori, CODA21. All Rights Reserved.



borocsoborocso  at 20:40 この記事をクリップ! 

エンド・オブ・ホワイトハウス解説@映画の森てんこ森

エンド・オブ・ホワイトハウスの解説@映画の森てんこ森
 映画の森てんこ森■映画解説
エンド・オブ・ホワイトハウスの解説
OLYMPUS HAS FALLEN
| 「映画の森てんこ森」表紙 | 新作映画Top | タイトル一覧 | 本ページ更新 |
■エンド・オブ・ホワイトハウスの解説
【映画『エンド・オブ・ホワイトハウス』解説】#01
 映画『 エンド・オブ・ホワイトハウス (2013) OLYMPUS HAS FALLEN 』は、2013年制作のアメリカ合衆国の映画。ホワイトハウスが北朝鮮のテロリストに占拠され、合衆国大統領が人質にとられたという設定で描くアクション・サスペンス映画。製作国アメリカ合衆国では、2013年3月22日全米公開。日本では、2013年6月8日(土)より、アスミック・エースより配給、全国公開される予定だ。

 本作『 エンド・オブ・ホワイトハウス (2013) OLYMPUS HAS FALLEN 』のポスターのキャッチコピーは、
 < ホワイトハウス陥落
 取り戻せるのか?タイムリミットは7時間
 必ず、救出する>

【映画『エンド・オブ・ホワイトハウス』解説】#02
 ★映画『 エンド・オブ・ホワイトハウス (2013) OLYMPUS HAS FALLEN 』の指揮を執る監督は、本映画『 エンド・オブ・ホワイトハウス (2013) OLYMPUS HAS FALLEN 』他、『 キング・アーサー (2004) KING ARTHUR 』『 ティアーズ・オブ・ザ・サン (2003) TEARS OF THE SUN 』『 トレーニング デイ (2001) 』等のアントワーン・フークア Antoine Fuqua
 ★脚本は、クレイトン・ローテンベルガー Creighton Rothenberger、そしてカトリン・ベネディクト Katrin Benedikt
 ★製作には、本映画『 エンド・オブ・ホワイトハウス (2013) OLYMPUS HAS FALLEN 』他、『 チャット 〜罠に堕ちた美少女〜 (2010)<未> 』等のエド・カゼル三世 Ed Cathell III、『 トスカーナの休日 (2003) UNDER THE TUSCAN SUN 』『 フリーダ (2002) FRIDA 』等のマーク・ギル Mark Gill、『 エクスペンダブルズ2 (2012) THE EXPENDABLES 2 』『 沈黙の脱獄 (2005) TODAY YOU DIE 』『 沈黙の標的 (2003) OUT FOR A KILL 』等のダニー・ラーナー Danny Lerner、そして『 完全なる報復 (2009) 』等のアラン・シーゲル Alan Siegel、そして前述のアントワーン・フークア Antoine Fuqua 監督や主演のジェラルド・バトラー Gerard Butler も名を連ねている。
 ★製作総指揮には、本映画『 エンド・オブ・ホワイトハウス (2013) OLYMPUS HAS FALLEN 』他、『 エクスペンダブルズ2 (2012) THE EXPENDABLES 2 』『 ブレイクアウト (2011) TRESPASS 』『 メカニック (2011) THE MECHANIC 』『 エクスペンダブルズ (2010) THE EXPENDABLES 』等で一緒に仕事をするボアズ・デヴィッドソン Boaz Davidsonダニー・ディンボート Danny Dimbortアヴィ・ラーナー Avi Lernerトレヴァー・ショート Trevor Short の4人と、上述のマーク・ギル Mark Gill、『 ブラインド・ホライズン (2004) BLIND HORIZON 』等のハイディ・ジョー・マーケル Heidi Jo Markel、『 死霊のはらわた (2012) EVIL DEAD 』『 LOOPER/ルーパー (2012) LOOPER 』『 ドライヴ (2011) DRIVE 』等のピーター・シュレッセル Peter Schlessel、そして『 ブレイクアウト (2011) TRESPASS 』『 エクスペンダブルズ (2010) THE EXPENDABLES 』『 バイバイ、ママ (2005) LOVERBOY 』等のジョン・トンプソン John Thompson
 ★音楽は、本映画『 エンド・オブ・ホワイトハウス (2013) OLYMPUS HAS FALLEN 』他、『 インモータルズ -神々の戦い- (2011) IMMORTALS 』等のトレヴァー・モリス Trevor Morris
 ★撮影監督は、本映画『 エンド・オブ・ホワイトハウス (2013) OLYMPUS HAS FALLEN 』他、『 トゥー・フォー・ザ・マネー (2005) TWO FOR THE MONEY 』『 パニッシャー (2004) THE PUNISHER 』『 パニック・ルーム (2002) 』等のコンラッド・W・ホール Conrad W. Hall
 ★編集は、本映画『 エンド・オブ・ホワイトハウス (2013) OLYMPUS HAS FALLEN 』他、『 アバター<特別編> (2010) 』『 アバター (2009) 』等のジョン・ルフーア John Refoua
 ★プロダクション・デザインは、本映画『 エンド・オブ・ホワイトハウス (2013) OLYMPUS HAS FALLEN 』他、『 ブッシュ (2008) 』等のデレク・ヒル Derek Hill
 ★衣装デザインは、本映画『 エンド・オブ・ホワイトハウス (2013) OLYMPUS HAS FALLEN 』他、『 カンバセーションズ (2005) 』『 ジャケット (2005) THE JACKET 』等のダグ・ホール Doug Hall
 ★視覚効果監修は、本映画『 エンド・オブ・ホワイトハウス (2013) OLYMPUS HAS FALLEN 』他、『 キック・アス (2010) KICK-ASS 』『 トゥームレイダー2 (2003) LARA CROFT TOMB RAIDER: THE CRADLE OF LIFE 』『 007/ダイ・アナザー・デイ (2002) DIE ANOTHER DAY 』等のイェッペ・N・クリステンセン Jeppe N. Christensen

【映画『エンド・オブ・ホワイトハウス』解説】#03
 『 エンド・オブ・ホワイトハウス (2013) OLYMPUS HAS FALLEN 』のキャストは、
 ★マイク・バニング役に、本映画『 エンド・オブ・ホワイトハウス (2013) OLYMPUS HAS FALLEN 』他、『 Dear フランキー (2004) DEAR FRANKIE 』『 オペラ座の怪人 (2004) THE PHANTOM OF THE OPERA 』『 タイムライン (2003) TIMELINE 』等のジェラルド・バトラー Gerard Butler
 ★ベンジャミン・アッシャー大統領役に、本映画『 エンド・オブ・ホワイトハウス (2013) OLYMPUS HAS FALLEN 』他、『 ラム・ダイアリー (2011) THE RUM DIARY 』『 世界侵略:ロサンゼルス決戦 (2011) BATTLE: LOS ANGELES 』『 ラビット・ホール (2010) RABBIT HOLE 』等のアーロン・エッカート Aaron Eckhart
 ★アラン・トランブル下院議長役に、本映画『 エンド・オブ・ホワイトハウス (2013) OLYMPUS HAS FALLEN 』他、『 オブリビオン (2013) OBLIVION 』『 ダークナイト ライジング (2012) THE DARK KNIGHT RISES 』『 ダニー・ザ・ドッグ (2005) UNLEASHED / DANNY THE DOG 』『 バットマン ビギンズ (2005) BATMAN BEGINS 』『 ミリオンダラー・ベイビー (2004) MILLION DOLLAR BABY 』等のモーガン・フリーマン Morgan Freeman
 ★シークレットサービス長官リン・ジェイコブス役に、本映画『 エンド・オブ・ホワイトハウス (2013) OLYMPUS HAS FALLEN 』他、『 Black & White/ブラック & ホワイト (2012) THIS MEANS WAR 』『 グリーン・ランタン (2011) GREEN LANTERN 』等のアンジェラ・バセット Angela Bassett
 ★ルース・マクミラン国防長官役に、本映画『 エンド・オブ・ホワイトハウス (2013) OLYMPUS HAS FALLEN 』他、『 オブリビオン (2013) OBLIVION 』『 フライト (2012) FLIGHT 』『 ザ・ファイター (2010) THE FIGHTER 』等のメリッサ・レオ Melissa Leo
 ★エドワード・クレッグ将軍役に、本映画『 エンド・オブ・ホワイトハウス (2013) OLYMPUS HAS FALLEN 』他、『 ファミリー・ツリー (2011) THE DESCENDANTS 』『 ファイヤーウォール (2006) FIREWALL 』『 コンフィデンス (2003) CONFIDENCE 』等のロバート・フォスター Robert Forster
 ★テロリスト集団のリーダー、カン・ヨンサク役に、本映画『 エンド・オブ・ホワイトハウス (2013) OLYMPUS HAS FALLEN 』他、『 007/ダイ・アナザー・デイ (2002) DIE ANOTHER DAY 』『 ワイルド・スピード (2001) 』等のリック・ユーン Rick Yune
 ★デイヴ・フォーブス役に、本映画『 エンド・オブ・ホワイトハウス (2013) OLYMPUS HAS FALLEN 』他、『 ワンダーランド (2003) WONDERLAND 』『 パーティ★モンスター (2003) PARTY MONSTER 』等のディラン・マクダーモット Dylan McDermott
 ★マイクの妻リア・バニング役に、本映画『 エンド・オブ・ホワイトハウス (2013) OLYMPUS HAS FALLEN 』他、『 マンイーター (2006) ROGUE 』『 サイレントヒル (2006) SILENT HILL 』『 モーツァルトとクジラ (2005) MOZART AND THE WHALE / CRAZY IN LOVE 』等のラダ・ミッチェル Radha Mitchell
 ★マーガレット・アッシャー大統領夫人役に、本映画『 エンド・オブ・ホワイトハウス (2013) OLYMPUS HAS FALLEN 』他、『 五線譜のラブレター De-Lovely (2004) DE-LOVELY 』『 フリーダ (2002) FRIDA 』『 ヤァヤァ・シスターズの聖なる秘密 (2002) DIVINE SECRETS OF THE YA-YA SISTERHOOD 』『 ダブル・ジョパディー (1999) DOUBLE JEOPARDY 』等のアシュレイ・ジャッド Ashley Judd

【映画『エンド・オブ・ホワイトハウス』解説】#04
 本映画『 エンド・オブ・ホワイトハウス (2013) OLYMPUS HAS FALLEN 』は、前代未聞の危機、かつてなかった「ホワイトハウス陥落」というテーマを真正面からダイナミックに描き切る本作。特に前半の奇襲、攻防、占領に至るまでの15分間のリアルタイムな映像は衝撃的。
 監督は『 トレーニング デイ (2001) 』のアントワーン・フークア。主演は『300/スリーハンドレッド』『 オペラ座の怪人 (2004) THE PHANTOM OF THE OPERA 』のジェラルド・バトラー、アカデミー賞にも輝く名優モーガン・フリーマン、『ダークナイト』(08)のアーロン・エッカートなど強力なスタッフ&キャストが結集。

【映画『エンド・オブ・ホワイトハウス』解説】#05
 本映画『 エンド・オブ・ホワイトハウス (2013) OLYMPUS HAS FALLEN 』は、3月22日に全米公開され、『ダイ・ハード/ラスト・デイ』を凌ぐオープニング成績、2013年公開のアクション映画としては週末興行収入第1位の大ヒットスタートを記録。
 世界で最も安全だったはずの建物を舞台に、かつて類を見ないリアルな臨場感をもって描かれる奇襲と攻防、そして宿命の救出を描くスペクタクル・エンタテインメント!
 本映画『 エンド・オブ・ホワイトハウス (2013) OLYMPUS HAS FALLEN 』の製作チームは綿密なリサーチを繰り返し、元シークレットサービス、FBI、CIA、法執行機関の当局者たちからトップシークレットをも聞きだした。その中で判明した最大のポイントは、「軍の救援が到着するまでに15分かかる」という事実だった。そこから割り出されたのが、「13分で陥落し、15分で敵の要塞と化す」為の攻撃法のタイムライン。
 空からの奇襲によって幕を開け、陸上では多数のテロリストが自らの命を投げうって突撃してくる。平和そのもののワシントンの中心で一瞬にして戦争が始まったかのような、衝撃を伴う迫力とパワフルな臨場感が、見る者を圧倒する。
 是非、劇場の大画面と音響でご覧下さい!


※<エンド・オブ・ホワイトハウス>関連ファイルURLアドレス
◆エンド・オブ・ホワイトハウス@映画の森てんこ森
http://coda21.net/eiga3mai/2013/OLYMPUS_HAS_FALLEN.htm
◆livedoor版【エンド・オブ・ホワイトハウスのスタッフ&キャスト】
http://blog.livedoor.jp/borocso/archives/1858785.html
◆livedoor版【『エンド・オブ・ホワイトハウス』製作プロデューサー@映画の森てんこ森】
http://blog.livedoor.jp/borocso/archives/1858780.html
◆livedoor版【『エンド・オブ・ホワイトハウス』スタッフフィルモ】
http://blog.livedoor.jp/borocso/archives/1858783.html
◆livedoor版【モーガン・フリーマン@映画の森てんこ森】
http://blog.livedoor.jp/borocso/archives/1858793.html
◆livedoor版【ロバート・フォスター@映画の森てんこ森】
http://blog.livedoor.jp/borocso/archives/1858796.html
◆livedoor版【メリッサ・レオ@映画の森てんこ森】
http://blog.livedoor.jp/borocso/archives/1858800.html
◆livedoor版【『エンド・オブ・ホワイトハウス』キャストフィルモ@映画の森てんこ森】
http://blog.livedoor.jp/borocso/archives/1858804.html
◆livedoor版【エンド・オブ・ホワイトハウスの映画解説】
http://blog.livedoor.jp/borocso/archives/1858813.html
◆livedoor版【映画『エンド・オブ・ホワイトハウス』@映画の森てんこ森】
http://blog.livedoor.jp/borocso/archives/1858811.html
◆BK版【映画「エンド・オブ・ホワイトハウス」ポスター】
http://coda21.net/broadband/blog2013_06/130607.htm
◆livedoor版<映画「エンド・オブ・ホワイトハウス」ポスター@映画の森てんこ森>
http://blog.livedoor.jp/borocso/archives/1858954.html
◆livedoor版<ネタバレ映画/エンド・オブ・ホワイトハウス@映画の森てんこ森>
http://blog.livedoor.jp/borocso/archives/1859042.html
◆livedoor版<ネタバレ結末/エンド・オブ・ホワイトハウス@映画の森てんこ森>
http://blog.livedoor.jp/borocso/archives/1859041.html
◆BK版<エンド・オブ・ホワイトハウスのネタバレ@映画の森てんこ森>
http://coda21.net/broadband/blog2013_06/130611.htm
◆livedoor版<エンド・オブ・ホワイトハウスの完全ネタバレ@映画の森てんこ森>
http://blog.livedoor.jp/borocso/archives/1859052.html

※livedoor版【エンド・オブ・ホワイトハウスの解説@映画の森てんこ森】
※参考資料:『エンド・オブ・ホワイトハウス』EPK、公式サイト『エンド・オブ・ホワイトハウス』、『エンド・オブ・ホワイトハウス OLYMPUS HAS FALLEN』-Wikipedia

Text編集:安藤奈津

| ←前の閲覧ページに戻る |▲TOP | ▲目次 |
映画の森てんこ森代表:幸田幸
coda_sati@hotmail.com
「映画の森てんこ森」へ 「旅行の森てんこ森」へ
映画解説・レヴュータイトル一覧表へ
映画の森てんこ森 バナー03

映画の森てんこ森 coda21幸田幸 クレジット バナー01
幸のイタリア各都市情報へ
旅行の森てんこ森 バナー03
136x70
本サイトの作文、データ及び画像などのコンテンツの無断転用はお控え下さい。
貴サイトへの御掲載についてはメールにてお知らせ頂ければ幸いです。
© 2002-2013 Sachi CODA at Eigano-Mori Tenko-Mori, CODA21. All Rights Reserved.



borocsoborocso  at 20:35 この記事をクリップ! 

『エンド・オブ・ホワイトハウス』キャストフィルモ@映画の森てんこ森

『エンド・オブ・ホワイトハウス』キャストフィルモ@映画の森てんこ森
 映画の森てんこ森■映画『エンド・オブ・ホワイトハウス』
『エンド・オブ・ホワイトハウス』キャストフィルモ
OLYMPUS HAS FALLEN
| 「映画の森てんこ森」表紙 | 新作映画Top | タイトル一覧 | 本ページ更新 |
■『エンド・オブ・ホワイトハウス』キャストフィルモ
 以下の映画『エンド・オブ・ホワイトハウス』のキャスト(cast)のフィルモグラフィーは、<『 エンド・オブ・ホワイトハウス 』キャストフィルモ>として主なキャストを番号整理しています。
 ※ネタバレご注意:以下の『 エンド・オブ・ホワイトハウス (2013) OLYMPUS HAS FALLEN 』(画面切替)のスタッフのフィルモグラフィーにはネタバレが含まれている場合があります。映画『エンド・オブ・ホワイトハウス』(画面切替)をまだご覧になっていない方はご注意ください。

●『エンド・オブ・ホワイトハウス』キャストフィルモ#01★ジェラルド・バトラー Gerard Butler
 本映画『 エンド・オブ・ホワイトハウス (2013) OLYMPUS HAS FALLEN 』で、主人公マイク・バニング役を演じるジェラルド・バトラー Gerard Butler は、1969/11/13生まれ、イギリスはスコットランドのグラスゴー出身。ジェラルド・バトラーのフィルモグラフィーを見ると、
 【フィルモグラフィー】
エンド・オブ・ホワイトハウス (2013) OLYMPUS HAS FALLEN 』 マイク・バニング
『 マーヴェリックス/波に魅せられた男たち (2012) 』 製作総指揮/フロスティ・ヘッソン
『 英雄の証明 (2011) 』 タラス・オーフィディアス
『 マシンガン・プリーチャー (2011) 』 サム・チルダース
『 ヒックとドラゴン (2010) 』 ストイックの声
『 バウンティー・ハンター (2010) 』 マイロ
『 tales of the BLACK FREIGHTER (2009)<OV> 』 船長の声
『 完全なる報復 (2009) 』 製作/クライド
『 GAMER (2009) 』 ケーブル/ジョン・ティルマン
『 男と女の不都合な真実 (2009) 』 マイク
『 ロックンローラ (2008) 』 ワンツー
『 幸せの1ページ (2008) 』 アレックス・ローバー/ジャック・ルソー
『 マリオネット・ゲーム (2007)<未> 』
『 P.S. アイラヴユー (2007) 』 ジェリー
『 300 <スリーハンドレッド> (2007) 』 レオニダス
『 ベオウルフ (2005)<未> 』
『 ジェラルド・バトラー in THE GAME OF LIVES (2004)<未> 』
Dear フランキー (2004) DEAR FRANKIE 』 ストレンジャー
オペラ座の怪人 (2004) THE PHANTOM OF THE OPERA 』 ファントム
タイムライン (2003) TIMELINE 』 アンドレ・マレク
トゥームレイダー2 (2003) LARA CROFT TOMB RAIDER: THE CRADLE OF LIFE 』 テリー・シェリダン
『 ガンズ・アンド・バレット (2002)<未> 』
サラマンダー (2002) REIGN OF FIRE 』 デイヴ・クリーディ
『 騎馬大王アッティラ/平原の支配者 (2001)<TVM> 』
『 戦場のジャーナリスト (2000)<未> 』
『 ドラキュリア (2000) 』 ドラキュリア
『 ワン・モア・キス (1999)<未> 』
Queen Victoria 至上の恋 (1997) MRS. BROWN
007/トゥモロー・ネバー・ダイ (1997) 』 


●『エンド・オブ・ホワイトハウス』キャストフィルモ#02★アーロン・エッカート Aaron Eckhart
ベンジャミン・アッシャー大統領を演じるアーロン・エッカート Aaron Eckhart は、1968/03/12生まれ、アメリカ合衆国カリフォルニア州サンタクララ出身。アーロン・エッカートのフィルモグラフィーを見ると、
【フィルモグラフィー】
エンド・オブ・ホワイトハウス (2013) OLYMPUS HAS FALLEN 』 ベンジャミン・アッシャー大統領
『 陰謀のスプレマシー (2012) 』 ローガン
ラム・ダイアリー (2011) THE RUM DIARY 』 ハル・サンダーソン
世界侵略:ロサンゼルス決戦 (2011) BATTLE: LOS ANGELES 』 マイケル・ナンツ2等軍曹
ラビット・ホール (2010) RABBIT HOLE 』 ハウイー・コーベット 
『 わすれた恋のはじめかた (2009) 』
『 ダークナイト (2008) 』 ハービー・デント検事/トゥーフェイス
『 幸せのセラピー (2007) 』 製作総指揮/ビル
『 幸せのレシピ (2007) 』 ニック・パーマー
『 ウィッカーマン (2006) 』
『 サンキュー・スモーキング (2006) 』 ニック・ネイラー
『 ブラック・ダリア (2006) 』 リー・ブランチャード
『 カンバセーションズ (2005) 』
サスペクト・ゼロ (2004) SUSPECT ZERO 』 トム・マッケルウェイ
ミッシング (2003) THE MISSING 』 ブレイク・ボールドウィン
ペイチェック 消された記憶 (2003) PAYCHECK 』 
ザ・コア (2003) THE CORE 』 ジョシュ・キーズ博士
抱擁 (2002) POSSESSION 』 ローランド・ミッチェル
プレッジ (2001) 』 スタン・クロラック
ベティ・サイズモア (2000) NURSE BETTY 』 デル・サイズモア
エリン・ブロコビッチ (2000) ERIN BROCKOVICH 』 ジョージ
『 エニイ・ギブン・サンデー (1999) 』
『 THURSDAY (1998) 』
『 モリー (1998) 』
『 僕らのセックス、隣の愛人 (1998) 』
『 ザ・スローター/赤い迷宮 (1993) 』
『 二重告訴 (1992)<TVM> 』
などの映画やTV作品がある。


●『エンド・オブ・ホワイトハウス』キャストフィルモ#03★モーガン・フリーマン Morgan Freeman
アラン・トランブル下院議長役を演じるモーガン・フリーマン Morgan Freeman は、1937/06/01生まれ、アメリカのテネシー州メンフィス出身。モーガン・フリーマン ・・・続きを読む⇒


●『エンド・オブ・ホワイトハウス』キャストフィルモ#04★アンジェラ・バセット Angela Bassett
 本映画『 エンド・オブ・ホワイトハウス (2013) OLYMPUS HAS FALLEN 』で、シークレットサービス長官リン・ジェイコブス役を演じるアンジェラ・バセット Angela Bassett は、1958/08/16生まれ、アメリカ・ニューヨーク州ニューヨーク出身。アンジェラ・バセットのフィルモグラフィーを見ると、
【フィルモグラフィー】
エンド・オブ・ホワイトハウス (2013) OLYMPUS HAS FALLEN 』 シークレットサービス長官リン・ジェイコブス
Black & White/ブラック & ホワイト (2012) THIS MEANS WAR 』 コリンズ
グリーン・ランタン (2011) GREEN LANTERN 』 アマンダ・ウォーラー
『 ノトーリアスB.I.G. (2009) 』 ヴォレッタ
『 ER XV 緊急救命室 (第15シーズン) (2008〜2009)<TV> 』 キャサリン・バンフィールド
『 ルイスと未来泥棒 (2007)  声の』 ミルドレッド
『 タイムボム/ワシントンD.C.爆破計画 (2006) 』
『 ドリームズ・カム・トゥルー (2006) 』
『 エイリアス (シーズン4) (2005)<TV> ゲスト』
『 Mr.3000 (2004) 』
ボブ・ディランの頭のなか (2003) MASKED AND ANONYMOUS 』 
『 ローザ・パークス物語 (2002)<TVM> 』製作総指揮/出演
『 サンシャイン・ステイト (2002) 』
『 トゥルー・オブ・アメリカ (2002) 』製作総指揮
スコア (2001) 』 ダイアン
『 子象物語 (2000)<TVM> 』 声の出演
スーパーノヴァ (2000) 』 ケイラ
『 ミュージック・オブ・ハート (1999) 』 ジャネット・ウィリアムズ
『 ステラが恋に落ちて (1998) 』
『 コンタクト (1997) 』 レイチェル・コンスタンティン
『 ヴァンパイア・イン・ブルックリン (1995) 』
『 ため息つかせて (1995) 』
『 ストレンジ・デイズ/1999年12月31日 (1995) 』
『 TINA ティナ (1993) 』
『 クリッター4/ファイナル・ウォーズ (1992) 』
『 パッション・フィッシュ (1992) 』
『 イノセント・ブラッド (1992) 』
『 マルコムX (1992) 』
『 希望の街 (1991) 』
『 ボーイズ’ン・ザ・フッド (1991) 』
『 マンディのために… (1990)<TVM> 』
『 新・弁護士ペリー・メイスン/歌わないロック歌手 (1990)<TVM> 』
『 キンダガートン・コップ (1990) 』
『 F/X 引き裂かれたトリック (1986) 』 TVレポーター
等の映画・TV作品がある。


●『エンド・オブ・ホワイトハウス』キャストフィルモ#05★メリッサ・レオ Melissa Leo
 本映画『 エンド・オブ・ホワイトハウス (2013) OLYMPUS HAS FALLEN 』で、ルース・マクミラン国防長官を演じるメリッサ・レオ Melissa Leo は、・・・続きを読む⇒


●『エンド・オブ・ホワイトハウス』キャストフィルモ#06★ロバート・フォスター Robert Forster
 本映画『 エンド・オブ・ホワイトハウス (2013) OLYMPUS HAS FALLEN 』で、エドワード・クレッグ将軍役を演じるロバート・フォスター Robert Forster は・・・続きを読む⇒


●『エンド・オブ・ホワイトハウス』キャストフィルモ#07★リック・ユーン Rick Yune
 本映画『 エンド・オブ・ホワイトハウス (2013) OLYMPUS HAS FALLEN 』で、カン・ヨンサク役を演じるリック・ユーン Rick Yune は、1971/08/22生まれ、アメリカ合衆国ワシントンDC出身。リック・ユーンのフィルモグラフィーを見ると、 
【フィルモグラフィー】
エンド・オブ・ホワイトハウス (2013) OLYMPUS HAS FALLEN 』 カン・ヨンサク
『 アイアン・フィスト (2012) 』
『 ニンジャ・アサシン (2009) 』 武
『 アローン・イン・ザ・ダーク II (2008)<OV> 』
『 ジェット!! (2008)<未> 脚本/』/製作チャンス
『 CSI:7 科学捜査班 (2006〜2007)<TV> 』
『 エイリアス (シーズン4) (2005)<TV> 』
007/ダイ・アナザー・デイ (2002) DIE ANOTHER DAY 』 ザオ
ワイルド・スピード (2001) 』 ジョニー・トラン
『 ヒマラヤ杉に降る雪 (1999) 』 カズオ・ミヤモト
等の映画・TV作品がある。


●『エンド・オブ・ホワイトハウス』キャストフィルモ#08★アシュレイ・ジャッド Ashley Judd
 本映画『 エンド・オブ・ホワイトハウス (2013) OLYMPUS HAS FALLEN 』で、マーガレット・アッシャー大統領夫人役を演じるアシュレイ・ジャッド Ashley Juddは、1968/04/19生まれ、アメリカ合衆国カリフォルニア州出身。アシュレイ・ジャッドのフィルモグラフィーを見ると、 
【フィルモグラフィー】
エンド・オブ・ホワイトハウス (2013) OLYMPUS HAS FALLEN 』 マーガレット・アッシャー大統領夫人
『 ミッシング (2012)<TV> 』/製作総指揮ベッカ・ウィンストン
『 イルカと少年 (2011)<未> 』
『 フライペーパー! 史上最低の銀行強盗 (2011) 』
『 妖精ファイター (2010)<未> 』 カーリー
『 正義のゆくえ I.C.E.特別捜査官 (2009) 』 デニス・フランケル
『 BUG/バグ (2007) 』 アグネス・ホワイト
『 恋愛依存症 (2006)<未> 』
五線譜のラブレター De-Lovely (2004) DE-LOVELY 』 リンダ・ポーター
ツイステッド (2004) TWISTED 』 ジェシカ
フリーダ (2002) FRIDA 』 ティナ・モドッティ
ヤァヤァ・シスターズの聖なる秘密 (2002) DIVINE SECRETS OF THE YA-YA SISTERHOOD 』 若かりし頃のヴィヴィ
ハイ・クライムズ (2002) 』 クレア・キュービック
恋する遺伝子 (2001) 』 ジェーン・グドール
あなたのために (2000) 』 レキシー・クープ
『 氷の接吻 (1999) 』 ジョアナ
ダブル・ジョパディー (1999) DOUBLE JEOPARDY 』 リビー
『 サイモン・バーチ (1998) 』
『 ザ・ローカスト/あばかれた夏 (1997)<未> 』
『 コレクター (1997) 』 ケイト・マクティアナン
『 ボディ・リップス (1996)<未> 』
『 ノーマ・ジーンとマリリン (1996) 』
『 評決のとき (1996) 』
『 聖なる狂気 (1995) 』
『 スモーク (1995) 』
『 ヒート (1995) 』 シャーリーン
『 ナチュラル・ボーン・キラーズ (1994) 』
『 ディープ・ジョパディー (1993)<未> 』
『 カフス! (1992) 』
等の映画・TV作品がある。


●『エンド・オブ・ホワイトハウス』キャストフィルモ#09★ラダ・ミッチェル Radha Mitchell
 本映画『 エンド・オブ・ホワイトハウス (2013) OLYMPUS HAS FALLEN 』で、マイクの妻リア・バニング役を演じるラダ・ミッチェル Radha Mitchell は、1973/11/12生まれ、オーストラリアのメルボルン出身。ラダ・ミッチェルのフィルモグラフィーを見ると、
【フィルモグラフィー】
エンド・オブ・ホワイトハウス (2013) OLYMPUS HAS FALLEN 』 マイクの妻リア・バニング
『 サイレントヒル:リベレーション3D (2012) 』
『 クレイジーズ (2010) 』 ジュディ・ダットン
『 ザ・エッグ 〜ロマノフの秘宝を狙え〜 (2009) 』 アレクサンドラ・コロレンコ
『 サロゲート (2009) 』 ジェニファー・ピータース
『 ヘンリー・プールはここにいる 〜壁の神様〜 (2008)<未> 』
『 チルドレン・オブ・ホァンシー 遥かなる希望の道 (2008)<未> 』
『 ラブ・アペタイザー (2007)<未> 』
マンイーター (2006) ROGUE 』 ケイト
サイレントヒル (2006) SILENT HILL 』 ローズ
モーツァルトとクジラ (2005) MOZART AND THE WHALE / CRAZY IN LOVE 』 イザベル
メリンダとメリンダ (2004) MELINDA AND MELINDA 』 メリンダ
ネバーランド (2004) FINDING NEVERLAND 』 メアリー・アンセル・バリ
『 マイ・ボディガード (2004) MAN ON FIRE 』 リサ・ラモス
『 ゴーストアビス (2003)<未> 』 ジョージア・ペリー
『 ワイルド・スタリオン (2002)<未> 』
フォーン・ブース (2002) PHONE BOOTH 』 ケリー・シェパード
『 彼女の恋からわかること (2002) 』
『 ワイルド・ストレンジャー (2001)<未> 』
『 UPRISING アップライジング (2001)<TVM> 』
『 ピッチブラック (2000) 』 キャロリン・フライ
『 ハイ・アート (1998) 』
『 ラヴ&カタストロフィ (1996) 』
等の映画・TV作品がある。


●『エンド・オブ・ホワイトハウス』キャストフィルモ#10★ディラン・マクダーモット Dylan McDermott
 本映画『 エンド・オブ・ホワイトハウス (2013) OLYMPUS HAS FALLEN 』で、デイヴ・フォーブス役を演じるディラン・マクダーモット Dylan McDermott は、1961/10/26生まれ、アメリカ合衆国コネチカット州ウォーターベリー出身。ディラン・マクダーモットのフィルモグラフィーを見ると、 【フィルモグラフィー】
エンド・オブ・ホワイトハウス (2013) OLYMPUS HAS FALLEN 』 デイヴ・フォーブス
『 アメリカン・ホラー・ストーリー:精神科病棟 (2012〜2013)<TV> 』
『 アメリカン・ホラー・ストーリー (2011)<TV> 』 ベン・ハーモン
『 DARK BLUE/潜入捜査 (シーズン2) (2010)<TV> 』 カーター・ショウ
『 DARK BLUE/潜入捜査 (シーズン1) (2009)<TV> 』 カーター・ショウ
『 ゴースト・ハウス (2007) 』 ロイ
『 F.R.A.T./戦慄の武装警察 (2005)<未> 』
『 ザ・グリッド (2004)<TVM> 』 マックス・カナリー(アメリカ連邦捜査局〔FBI〕NY支局 テロ合同特別捜査官)
『 ザ・プラクティス/ボストン弁護士ファイル (シーズン8) (2003〜2004)<TV> 』 ボビー・ドネル
ワンダーランド (2003) WONDERLAND 』 デヴィッド・リンド
パーティ★モンスター (2003) PARTY MONSTER 』 ピーター・ガティエン
ニューオーリンズ・トライアル (2003) RUNAWAY JURY
『 ザ・プラクティス/ボストン弁護士ファイル (シーズン7) (2002〜2003)<TV> 』 ボビー・ドネル
『 ザ・プラクティス/ボストン弁護士ファイル (シーズン6) (2001〜2002)<TV> 』 ボビー・ドネル
『 テキサス・レンジャーズ (2001) 』 リアンダー・マクネリー
『 ザ・プラクティス/ボストン弁護士ファイル (シーズン5) (2000〜2001)<TV> 』 ボビー・ドネル
『 ザ・プラクティス/ボストン弁護士ファイル (シーズン4) (1999〜2000)<TV> 』 ボビー・ドネル
『 スリー・トゥ・タンゴ (1999)<未> 』
『 ザ・プラクティス/ボストン弁護士ファイル (シーズン3) (1998〜1999)<TV> 』 ボビー・ドネル
『 ザ・プラクティス/ボストン弁護士ファイル (シーズン2) (1997〜1998)<TV> 』 ボビー・ドネル
『 アリー・myラブ (1st Season) (1997〜1998)<TV> 』 ボビー・ドネル (「ザ・プラクティス/ボストン弁護士ファイル (シーズン2)」)
『 あなたに逢えるその日まで… (1997)<未> 』
『 ザ・プラクティス/ボストン弁護士ファイル (シーズン1) (1997)<TV> 』 ボビー・ドネル
『 ジョニー・ディスティニー (1995)<未> 』
『 ホーム・フォー・ザ・ホリデイ (1995) 』
『 カウボーイ・ウェイ/荒野のヒーローN.Y.へ行く (1994)<未> 』
『 34丁目の奇跡 (1994) 』 ブライアン・ベドフォード
『 ザ・シークレット・サービス (1993) 』
『 犬の眠る場所 (1992)<未> 』
『 新ハリウッド・ナイトメア(2) (1992)<TVM> 』
『 心臓が凍る瞬間(とき) (1992) 』
『 ロックン・ルージュ (1992) 』
『 地獄からの使者 (1991)<TVM> 』
『 ツイスター/大富豪といかれた家族たち (1990)<未> 』
『 ネオン・エンパイア (1990) 』
『 ハードウェア (1990) 』
『 マグノリアの花たち (1989) 』
『 ブルーイグアナ (1988)<未> 』
『 ハンバーガー・ヒル (1987) 』
等の映画・TV作品がある。


※『OLYMPUS HAS FALLEN』-Wikipedia、『OLYMPUS HAS FALLEN』-IMDb、『エンド・オブ・ホワイトハウス』EPK、公式サイト引用
| ←前の閲覧ページに戻る |▲TOP | ▲目次 |
映画の森てんこ森代表:幸田幸
coda_sati@hotmail.com
「映画の森てんこ森」へ 「旅行の森てんこ森」へ
映画解説・レヴュータイトル一覧表へ
映画の森てんこ森 バナー03

映画の森てんこ森 coda21幸田幸 クレジット バナー01
幸のイタリア各都市情報へ
旅行の森てんこ森 バナー03
136x70
本サイトの作文、データ及び画像などのコンテンツの無断転用はお控え下さい。
貴サイトへの御掲載についてはメールにてお知らせ頂ければ幸いです。
© 2002-2013 Sachi CODA at Eigano-Mori Tenko-Mori, CODA21. All Rights Reserved.



borocsoborocso  at 20:30 この記事をクリップ! 

『エンド・オブ・ホワイトハウス』スタッフフィルモ@映画の森てんこ森

『エンド・オブ・ホワイトハウス』スタッフフィルモ@映画の森てんこ森
 映画の森てんこ森■映画『エンド・オブ・ホワイトハウス』
『エンド・オブ・ホワイトハウス』スタッフフィルモ
OLYMPUS HAS FALLEN
| 「映画の森てんこ森」表紙 | 新作映画Top | タイトル一覧 | 本ページ更新 |
■『エンド・オブ・ホワイトハウス』スタッフフィルモ
 以下の映画『エンド・オブ・ホワイトハウス』のスタッフ(crew)のフィルモグラフィーは、<『 エンド・オブ・ホワイトハウス 』スタッフフィルモ>として番号整理しています。
 ※ネタバレご注意:以下の『 エンド・オブ・ホワイトハウス (2013) OLYMPUS HAS FALLEN 』(画面切替)のスタッフのフィルモグラフィーにはネタバレが含まれている場合があります。映画『エンド・オブ・ホワイトハウス (2013) OLYMPUS HAS FALLEN』(画面切替)をまだご覧になっていない方はご注意ください。

●『エンド・オブ・ホワイトハウス』スタッフフィルモ#01◆アントワーン・フークア Antoine Fuqua
 本映画『 エンド・オブ・ホワイトハウス (2013) OLYMPUS HAS FALLEN 』で、監督と製作プロデューサーを兼任しているアントワーン・フークア Antoine Fuqua は、1966/01/19生まれ、アメリカ合衆国ペンシルヴェニア州ピッツバーグ出身。アントワーン・フークアは、ウエスト・ヴァージニア大学で学び、卒業後にコマーシャル制作を手がけるようになる。そのうちにミュージック・ビデオの監督となり、プリンスやアッシャー、クーリオ、スティーヴィー・ワンダーなどのミュージック・ビデオを手がけた後、1998年にチョウ・ユンファ主演のアクション映画『リプレイスメント・キラー』で映画監督としてデビュー。2001年の『 トレーニング デイ (2001) 』ではデンゼル・ワシントンにアカデミー賞をもたらした。アントワーン・フークアのフィルモグラフィーを見ると、
 【フィルモグラフィー】
エンド・オブ・ホワイトハウス (2013) OLYMPUS HAS FALLEN 』 監督/製作
『 クロッシング (2009) 』 監督/製作総指揮
『 ザ・シューター/極大射程 (2007) 』 監督
『 ライトニング・イン・ア・ボトル 〜ラジオシティ・ミュージックホール 奇蹟の夜〜 (2004) 』 監督
キング・アーサー (2004) KING ARTHUR 』 監督
ティアーズ・オブ・ザ・サン (2003) TEARS OF THE SUN 』 監督
トレーニング デイ (2001) 』 監督
『 ワイルド・チェイス (2000)<未> 』 監督
『 リプレイスメント・キラー (1998) 』 監督
等の映画作品がある。


●『エンド・オブ・ホワイトハウス』スタッフフィルモ#02◆エド・カゼル三世 Ed Cathell III
 本映画『 エンド・オブ・ホワイトハウス (2013) OLYMPUS HAS FALLEN 』で、製作プロデューサーを担当しているエド・カゼル三世 Ed Cathell III ・・・の続きを読む⇒


●『エンド・オブ・ホワイトハウス』スタッフフィルモ#03◆マーク・ギル Mark Gill
 本映画『 エンド・オブ・ホワイトハウス (2013) OLYMPUS HAS FALLEN 』で、製作プロデューサーのマーク・ギル Mark Gill ・・・の続きを読む⇒


●『エンド・オブ・ホワイトハウス』スタッフフィルモ#04◆ダニー・ラーナー Danny Lerner
 本映画『 エンド・オブ・ホワイトハウス (2013) OLYMPUS HAS FALLEN 』で、製作プロデューサーのダニー・ラーナー Danny Lerner ・・・の続きを読む⇒


●『エンド・オブ・ホワイトハウス』スタッフフィルモ#05◆アラン・シーゲル Alan Siegel
 本映画『 エンド・オブ・ホワイトハウス (2013) OLYMPUS HAS FALLEN 』で、製作プロデューサーのアラン・シーゲル Alan Siegel ・・・の続きを読む⇒


●『エンド・オブ・ホワイトハウス』スタッフフィルモ#06◆ボアズ・デヴィッドソン Boaz Davidson
 本映画『 エンド・オブ・ホワイトハウス (2013) OLYMPUS HAS FALLEN 』で、製作総指揮を担当しているボアズ・デヴィッドソン Boaz Davidson は、1943/08/11生まれ、イスラエルはテル・アヴィヴ出身。ボアズ・デヴィッドソンのフィルモグラフィーを見ると、1972年から多くの作品をプロデュース、主に製作総指揮を担当している。本映画の製作総指揮を担当する、ダニー・ディンボート、アヴィ・ラーナー、トレヴァー・ショート等と共に製作している作品が多い。この映画の森てんこ森では、
エンド・オブ・ホワイトハウス (2013) OLYMPUS HAS FALLEN 』 製作総指揮
エクスペンダブルズ2 (2012) THE EXPENDABLES 2
ブレイクアウト (2011) TRESPASS 』 製作
メカニック (2011) THE MECHANIC 』 製作
エクスペンダブルズ (2010) THE EXPENDABLES
沈黙の追撃 (2005) SUBMERGED 』 製作総指揮
モーツァルトとクジラ (2005) MOZART AND THE WHALE / CRAZY IN LOVE 』 製作総指揮
アウト・オブ・タイム (2004) NINE LIVES / UNSTOPPABLE 』 製作総指揮
デッドロック (2002) UNDISPUTED
沈黙のテロリスト (2001) 』 製作総指揮
等の作品がある。


●『エンド・オブ・ホワイトハウス』スタッフフィルモ#07◆ダニー・ディムボート Danny Dimbort
 本映画『 エンド・オブ・ホワイトハウス (2013) OLYMPUS HAS FALLEN 』で、製作総指揮を担当しているダニー・ディムボート Danny Dimbort は、1994年から多くの作品をプロデュース、主に製作総指揮を担当して、アヴィ・ラーナー Avi Lerner と同じ作品を扱っている。この映画の森てんこ森では、
飛びだす 悪魔のいけにえ レザーフェイス一家の逆襲 (2013) TEXAS CHAINSAW 3D 』 製作総指揮
エンド・オブ・ホワイトハウス (2013) OLYMPUS HAS FALLEN 』 製作総指揮
エクスペンダブルズ2 (2012) THE EXPENDABLES 2 』 製作総指揮
ブレイクアウト (2011) TRESPASS 』 製作総指揮
メカニック (2011) THE MECHANIC 』 製作総指揮
エクスペンダブルズ (2010) THE EXPENDABLES 』 製作総指揮
沈黙の追撃 (2005) SUBMERGED 』 製作総指揮
モーツァルトとクジラ (2005) MOZART AND THE WHALE / CRAZY IN LOVE 』 製作総指揮
バイバイ、ママ (2005) LOVERBOY 』 製作総指揮
アウト・オブ・タイム (2004) NINE LIVES / UNSTOPPABLE 』 製作総指揮
ハイウェイマン (2003) HIGHWAYMEN 』 製作総指揮
沈黙の聖戦 (2003) BELLY OF THE BEAST 』 製作総指揮
沈黙の標的 (2003) OUT FOR A KILL 』 製作総指揮
私は「うつ依存症」の女 (2001) PROZAC NATION 』 製作総指揮
沈黙のテロリスト (2001) 』 製作総指揮
等の映画作品がある。


●『エンド・オブ・ホワイトハウス』スタッフフィルモ#08◆アヴィ・ラーナー Avi Lerner
 本映画『 エンド・オブ・ホワイトハウス (2013) OLYMPUS HAS FALLEN 』で、製作総指揮を担当しているアヴィ・ラーナー Avi Lerner のフィルモグラフィーを見ると、1987年から多くの作品をプロデュース、主に製作総指揮を担当しているが、この映画の森てんこ森では、
 ダニー・ディムボート Danny Dimbort のフィルモグラフィーを参照
 アヴィ・ラーナーの全作品を羅列すると、
【フィルモグラフィー】
飛びだす 悪魔のいけにえ レザーフェイス一家の逆襲 (2013) TEXAS CHAINSAW 3D 』 製作総指揮
エンド・オブ・ホワイトハウス (2013) OLYMPUS HAS FALLEN 』 製作総指揮
『 ゲットバック (2012) 』 製作総指揮
エクスペンダブルズ2 (2012) THE EXPENDABLES 2 』 製作
『 パーフェクト・スナイパー (2011)<未> 』 製作総指揮
『 コナン・ザ・バーバリアン (2011) 』 製作総指揮
ブレイクアウト (2011) TRESPASS 』 製作総指揮
メカニック (2011) THE MECHANIC 』 製作総指揮
『 チャット 〜罠に堕ちた美少女〜 (2010)<未> 』 製作総指揮
『 ドライブ・アングリー3D (2010) 』 製作総指揮
『 陰謀の代償 N.Y.コンフィデンシャル (2010) 』 製作総指揮
『 ストーン (2010) 』 製作総指揮
エクスペンダブルズ (2010) THE EXPENDABLES 』 製作
『 ドルフ・ラングレン ガーディアン (2009)<未> 』 製作総指揮
『 シティ・オブ・ブラッド (2009)<未> 』 製作
『 ヴァンパイア・イン・ラスベガス (2009)<未> 』 製作総指揮
『 レッド・コマンダー (2009)<未> 』 製作総指揮
『 NINJA (2009)<未> 』 製作総指揮
『 スパイ・アサシン (2009)<未> 』 製作総指揮
『 リンジー・ローハンの 妊娠宣言!? 〜ハリウッド式OLウォーズ〜 (2009)<未> 』 製作総指揮
『 ソリタリー・マン (2009) 』 製作総指揮
『 クロッシング (2009) 』 製作
『 ザ・エッグ 〜ロマノフの秘宝を狙え〜 (2009) 』 製作総指揮
『 バッド・ルーテナント (2009) 』 製作総指揮
『 ザ・プロテクター (2008)<未> 』 製作総指揮
『 あいつはママのボーイフレンド (2008)<未> 』 製作
『 ヒーロー・ウォンテッド (2008)<未> 』 製作総指揮
『 ジェシカ・シンプソンの ミリタリー・ブロンド (2008)<未> 』 製作
『 エージェント・オブ・ウォー (2008)<未> 』 製作総指揮
『 デンジャラスな妻たち (2008)<未> 』 製作総指揮
『 シャーク・イン・ベニス (2008)<未> 』 製作総指揮
『 ボーダー (2008) 』 製作
『 テラー トレイン (2008) 』 製作総指揮
『 雷神-RAIJIN- (2008) 』 製作総指揮
『 デイ・オブ・ザ・デッド (2008) 』 製作総指揮
『 ランボー 最後の戦場 (2008) 』 製作
『 カリフォルニア・トレジャー (2007)<未> 』 製作
『 メガスネーク (2007)<TVM> 』 製作総指揮
『 ダンジョン&グリフォン (2007)<TVM> 』 製作総指揮
『 AVA エイリアン VS. エイリアン ジャッジメント・デイ (2007)<OV> 』 製作総指揮
『 ジェシカ・シンプソンの ワーキング・ブロンド (2007)<未> 』 製作総指揮
『 名犬リンチンチン (2007)<未> 』 製作総指揮
『 ザ・クリーナー 消された殺人 (2007) 』 製作
『 88ミニッツ (2007) 』 製作
『 ブラックホール 地球吸引 (2006)<TVM> 』 製作
『 デッドロック II (2006)<未> 』 製作総指揮
『 ザ・スナイパー (2006)<未> 製作/』 製作総指揮
『 100年後... (2006)<未> 』 製作総指揮
『 クラーケンフィールド/HAKAISHIN (2006)<TVM> 』 製作総指揮
『 ブレンダン・フレイザー 復讐街 (2006)<未> 』 製作総指揮
『 勇者たちの戦場 (2006) 』 製作総指揮
『 エンドゲーム 大統領最期の日 (2006) 』 製作総指揮
『 ロンリーハート (2006) 』 製作総指揮
『 ディテクティヴ (2006) 』 製作総指揮
『 ウィッカーマン (2006) 』 製作
『 沈黙の傭兵 (2006) 』 製作総指揮
『 ブラック・ダリア (2006) 』 製作総指揮
『 16ブロック (2006) 』 製作
『 インパクト (2005)<未> 』 製作総指揮
『 キラー・シャーク 殺人鮫 (2005)<TVM> 』 製作総指揮
『 キング・スネーク 殺人大蛇 (2005)<TVM> 』 製作総指揮
『 ドルフ・ラングレン in レッド・リベンジャー (2005)<未> 』 製作総指揮
『 キラー・モスキート 吸血蚊人間 (2005)<未> 』 製作総指揮
『 チャック・ノリス in 地獄の銃弾 (2005)<未> 』 製作総指揮
『 誘惑の微笑 (2005)<未> 』 製作総指揮
『 F.R.A.T./戦慄の武装警察 (2005)<未> 』 製作総指揮
『 沈黙の脱獄 (2005) 』 製作総指揮
沈黙の追撃 (2005) SUBMERGED 』 製作総指揮
『 エイリアンX (2004)<TVM> 』 製作総指揮
『 ブラック・スコルピオン (2004)<未> 』 製作総指揮
『 アイス・ハザード (2004)<未> 』 製作総指揮
『 ファイヤーズ・ピーク (2004)<TVM> 』 製作総指揮
『 ザ・ボルケーノ (2004)<OV> 』 製作総指揮
『 デビルズ・ストーム (2004)<OV> 』 製作総指揮
『 M(マグニチュード)8.5 (2004)<OV> 』 製作総指揮
『 アトミック・ブレイク (2004)<未> 』 製作総指揮
『 スケルトンマン 史上最悪の死神 (2004)<TVM> 』 製作総指揮
モーツァルトとクジラ (2005) MOZART AND THE WHALE / CRAZY IN LOVE 』 製作総指揮
バイバイ、ママ (2005) LOVERBOY 』 製作総指揮
アウト・オブ・タイム (2004) NINE LIVES / UNSTOPPABLE 』 製作総指揮
『 ディープシャーク (2003)<OV> 』 製作総指揮
『 アライバル ファイナル・コンタクト (2003)<未> 』 製作総指揮
『 人質奪還 アラブテロVSアメリカ特殊部隊 (2003)<OV> 』 製作総指揮
『 ドルフ・ラングレン in ディテンション (2003)<未> 』 製作総指揮
『 コンクリュージョン (2003)<未> 』 製作総指揮
『 コバート・ミッション 機密指令 (2003)<OV> 』 製作総指揮
『 エア・マーシャル (2003)<未> 』 製作総指揮
沈黙の聖戦 (2003) BELLY OF THE BEAST 』 製作総指揮
ハイウェイマン (2003) HIGHWAYMEN 』 製作総指揮
沈黙の標的 (2003) OUT FOR A KILL 』 製作総指揮
『 HELL ヘル (2003) 』 製作総指揮
『 ディープ・ライジング コンクエスト (2002)<未> 』 製作総指揮
『 AIR STRIKE エア・ストライク (2002)<OV> 』 製作総指揮
『 17歳 〜体験白書〜 (2002)<未> 』 製作総指揮
『 ディープ・クラッシュ (2002)<TVM> 』 製作総指揮
『 デッドロック (2002) 』 製作総指揮
『 ディレイルド 暴走超特急 (2002) 』 製作総指揮
『 オクトパス IN N.Y. (2001)<未> 』 製作総指揮
『 クロコダイル2 (2001)<未> 』 製作総指揮
『 セックスダイアリー (2001)<未> 』 製作総指揮
『 ファイアーボール 火の玉超特急 (2001)<OV> 』 製作
『 エクスタシー・ワンス・モア 愛をもう一度… (2001)<未> 』 製作総指揮
『 睡眠障害 (2001)<未> 』 製作総指揮
『 ブラストシティ 連鎖爆破 (2001)<未> 』 製作総指揮
私は「うつ依存症」の女 (2001) PROZAC NATION 』 製作総指揮
『 灰の記憶 (2001) 』 製作総指揮
『 ぼくの神さま (2001) 』 製作総指揮
『 レプリカント (2001) 』 製作総指揮
沈黙のテロリスト (2001) 』 製作総指揮
『 スパイダーズ2 (2001) 』 製作総指揮
『 ディープ・ライジング (2000)<未> 』 製作総指揮
『 ファイナル・ウォー (2000)<未> 』 製作総指揮
『 バロウズの妻 (2000) 』 製作総指揮
『 オクトパス (2000) 』 製作総指揮
『 スパイダーズ (2000) 』 製作総指揮
『 シャークアタック (1999)<未> 』 製作総指揮
『 ブラック・ソルジャー (1999)<未> 』 製作総指揮
『 サンダーボール (1999)<未> 』 製作総指揮
『 第一の嘘 (1999)<未> 』 製作総指揮
『 U.S.シールズ (1999)<未> 』 製作総指揮
『 写真家の女たち (1999) 』 製作総指揮
『 赤い標的 THE BREAK UP (1999) 』 製作総指揮
『 オン・ザ・ボーダー (1998)<TVM> 』 製作総指揮
『 カットスロート・ハイウェイ (1998)<未> 』 製作総指揮
『 スウィーパーズ (1998)<未> 』 製作総指揮
『 軍事機密 パトリオット (1998)<未> 』 製作総指揮
『 フル・ブラント (1998) 』 製作
『 カジノ・ヒート (1997)<未> 』 製作
『 チェイサー (1997)<未> 』 製作総指揮
『 オペレーション・デルタフォース (1997)<未> 』 製作総指揮
『 オペレーションデルタフォース2 (1997)<未> 』 製作総指揮
『 ミッション:ターゲット (1997)<未> 』 製作総指揮
『 復讐の処刑コップ (1997) 』 製作総指揮
『 ファントム・オブ・ダークネス (1996)<未> 』 製作総指揮
『 ファイナル・デシジョン (1996)<TVM> 』 製作総指揮
『 フランキー・ザ・フライ (1996) 』 製作総指揮
『 ザ・サバイバー (1996) 』 製作総指揮
『 ワイルド・サイド (1996) 』 製作総指揮
『 テロリスト・ウォー (1995)<未> 』 製作総指揮
『 エッジ・オブ・ダークネス (1995)<未> 』 製作総指揮
『 甘い囁き (1995)<未> 』 製作総指揮
『 騙す女 (1995)<未> 』 製作総指揮
『 ジャッジメント・デイ (1995)<未> 』 製作総指揮
『 ギャングスターズ/野獣死すとき (1995)<未> 』 製作総指揮
『 カウントダウン (1995)<未> 』 製作総指揮
『 バックラッシュ (1995)<TVM> 』 製作総指揮
『 サイボーグコップ3 (1995) 』 製作総指揮
『 プライベート・レッスン II (1994)<未> 』 製作総指揮
『 処刑ドクター (1994)<未> 』 製作総指揮
『 ブラッド・ラン (1994)<未> 』 製作
『 アストロ・コップ/地球クライシス2050 (1994) 』 製作総指揮
『 ネバー・セイ・ダイ/地獄のデルタ・フォース (1994) 』 製作総指揮
『 デッドボディ (1993)<未> 』 製作総指揮
『 サスペクト (1993)<未> 』 製作総指揮
『 フリーフォール (1993) 』 製作総指揮
『 サイボーグコップ2 (1993) 』 製作総指揮
『 ボディーハード (1993) 』 製作総指揮
『 サイボーグコップ (1992) 』 製作総指揮
『 ブラックフォース (1991)<未> 』 製作総指揮
『 レッドコブラ (1990) 』 製作総指揮
『 アッシャー家の崩壊 (1989)<未> 』 製作総指揮
『 アガサ・クリスティー/サファリ殺人事件 (1989) 』 製作総指揮
『 デス・リバー/失なわれた帝国 (1989) 』 製作
『 エイリアン from L.A. (1988) 』 製作総指揮
『 アフリカン・アドベンチャー/そんなバナナ!? (1987)<未> 』 製作総指揮
『 タイムスリップTOゴア (1987)<未> 』 製作
『 タイムスリップTOゴア2 (1987)<未> 』 製作
『 勇者の大地/フリーダム・ファイター (1987)<未> 』 製作
等の映画作品がある。

●『エンド・オブ・ホワイトハウス』スタッフフィルモ#09◆トレヴァー・ショート Trevor Short
 本映画『 エンド・オブ・ホワイトハウス (2013) OLYMPUS HAS FALLEN 』で、製作総指揮を担当しているトレヴァー・ショート Trevor Short のフィルモグラフィーを見ると、1992年からダニー・ディムボートと一緒に、多くの作品をプロデュース、主に製作総指揮を担当している。この映画の森てんこ森では、
 ダニー・ディムボート Danny Dimbort のフィルモグラフィーを参照


●『エンド・オブ・ホワイトハウス』スタッフフィルモ#10◆ハイディ・ジョー・マーケル Heidi Jo Markel
 本映画『 エンド・オブ・ホワイトハウス (2013) OLYMPUS HAS FALLEN 』で、製作総指揮を担当しているハイディ・ジョー・マーケル Heidi Jo Markel のフィルモグラフィーを見ると、
【フィルモグラフィー】
エンド・オブ・ホワイトハウス (2013) OLYMPUS HAS FALLEN 』 製作総指揮
『 チャット 〜罠に堕ちた美少女〜 (2010)<未> 』 製作
『 ソリタリー・マン (2009) 』 製作
『 あいつはママのボーイフレンド (2008)<未> 』 製作
ブラインド・ホライズン (2004) BLIND HORIZON 』 製作
等の映画作品がある。


●『エンド・オブ・ホワイトハウス』スタッフフィルモ#11◆ピーター・シュレッセル Peter Schlessel
 本映画『 エンド・オブ・ホワイトハウス (2013) OLYMPUS HAS FALLEN 』で、製作総指揮を担当しているピーター・シュレッセル Peter Schlessel のフィルモグラフィーを見ると、
【フィルモグラフィー】
エンド・オブ・ホワイトハウス (2013) OLYMPUS HAS FALLEN 』 製作総指揮
『 PARKER/パーカー (2013) 』 製作総指揮
死霊のはらわた (2012) EVIL DEAD 』 製作総指揮
LOOPER/ルーパー (2012) LOOPER 』 製作総指揮
ドライヴ (2011) DRIVE 』 製作総指揮
『 デス・サファリ サバンナの悪夢 (2007)<未> 』 製作総指揮
『 ボビーZ (2007) 』 製作
等の映画作品がある。


●『エンド・オブ・ホワイトハウス』スタッフフィルモ#12◆ジョン・トンプソン John Thompson
 本映画『 エンド・オブ・ホワイトハウス (2013) OLYMPUS HAS FALLEN 』で、製作総指揮を担当しているジョン・トンプソン John Thompson のフィルモグラフィーを見ると、
【フィルモグラフィー】
エンド・オブ・ホワイトハウス (2013) OLYMPUS HAS FALLEN 』 製作総指揮
『 ゲットバック (2012) 』 製作総指揮
『 パーフェクト・スナイパー (2011)<未> 』 製作総指揮
ブレイクアウト (2011) TRESPASS 』 製作総指揮
『 チャット 〜罠に堕ちた美少女〜 (2010)<未> 』 製作総指揮
『 ドライブ・アングリー3D (2010) 』 製作総指揮
『 陰謀の代償 N.Y.コンフィデンシャル (2010) 』 製作
エクスペンダブルズ (2010) THE EXPENDABLES 』 製作
『 シティ・オブ・ブラッド (2009)<未> 』 製作
『 クロッシング (2009) 』 製作
『 バッド・ルーテナント (2009) 』 製作
『 ヒーロー・ウォンテッド (2008)<未> 』 製作
『 ランボー 最後の戦場 (2008) 』 製作
『 カリフォルニア・トレジャー (2007)<未> 』 製作
『 ダンジョン&グリフォン (2007)<TVM> 』 製作総指揮
『 ジェシカ・シンプソンの ワーキング・ブロンド (2007)<未> 』 製作総指揮
『 デッドロック II (2006)<未> 』 製作総指揮
『 100年後... (2006)<未> 』 製作総指揮
『 勇者たちの戦場 (2006) 』 製作総指揮
『 ロンリーハート (2006) 』 製作総指揮
『 ディテクティヴ (2006) 』 製作総指揮
『 ウィッカーマン (2006) 』 製作
『 ブラック・ダリア (2006) 』 製作総指揮
『 16ブロック (2006) 』 製作
『 キラー・シャーク 殺人鮫 (2005)<TVM> 』 製作総指揮
『 キング・スネーク 殺人大蛇 (2005)<TVM> 』 製作総指揮
『 キラー・モスキート 吸血蚊人間 (2005)<未> 』 製作総指揮
『 F.R.A.T./戦慄の武装警察 (2005)<未> 』 製作
バイバイ、ママ (2005) LOVERBOY 』 製作総指揮
コントロール (2004) CONTROL 』 製作総指揮
沈黙の聖戦 (2003) BELLY OF THE BEAST 』 製作
『 HELL ヘル (2003) 』 製作
『 17歳 〜体験白書〜 (2002)<未> 』 製作総指揮
デッドロック (2002) UNDISPUTED 』 製作総指揮
ハードキャッシュ (2002) HARD CASH / RUN FOR THE MONEY 』 製作
私は「うつ依存症」の女 (2001) PROZAC NATION 』 製作総指揮
『 ファイナル・レジェンド 呪われたソロモン (2001) 』 製作
『 レプリカント (2001) 』 製作
『 ファイナル・ウォー (2000)<未> 』 製作総指揮
『 第一の嘘 (1999)<未> 』 製作総指揮
『 ザ・ハッカー (1999)<未> 』 製作
『 4thフロアー (1999)<未> 』 製作
『 写真家の女たち (1999) 』 製作総指揮
『 カットスロート・ハイウェイ (1998)<未> 』 製作総指揮
『 フル・ブラント (1998) 共同』 製作
『 グレート・バーバリアン (1987)<未> 』 製作
『 オテロ (1986) 』 製作総指揮
『 超人ヘラクレス (1983)<未> 』 製作総指揮
『 わが街ハーパーバレーは大騒ぎ (1981〜1982)<TV> 出演
等の映画作品がある。


●『エンド・オブ・ホワイトハウス』スタッフフィルモ#13◆トレヴァー・モリス Trevor Morris
 本映画『 エンド・オブ・ホワイトハウス (2013) OLYMPUS HAS FALLEN 』で、音楽を担当しているトレヴァー・モリス Trevor Morris のフィルモグラフィーを見ると、
【フィルモグラフィー】
エンド・オブ・ホワイトハウス (2013) OLYMPUS HAS FALLEN 』 音楽
『 スコーピオン・キング3 (2012)<OV> 音楽
『 デス・レース3 インフェルノ (2012)<OV> 音楽
『 ファイヤー・ウィズ・ファイヤー 炎の誓い (2011) 音楽
インモータルズ -神々の戦い- (2011) IMMORTALS 』 音楽
『 ダークエイジ・ロマン 大聖堂 (2010)<TV> 』 音楽
『 ネバー・サレンダー 肉弾突撃 (2009)<未> 』 音楽
『 グリズリー2010 (2009)<未> 』 音楽
『 ヒルズ・ハブ・アイズ2 (2007) 』 音楽
『 コードネーム>エタニティ (1999)<TV> 』 音楽
等の映画・TV作品がある。


●『エンド・オブ・ホワイトハウス』スタッフフィルモ#14◆コンラッド・W・ホール Conrad W. Hall
 本映画『 エンド・オブ・ホワイトハウス (2013) OLYMPUS HAS FALLEN 』で、撮影を担当しているコンラッド・W・ホール Conrad W. Hall (別名:コンラッド・ホール・Jr Conrad Hall, Jr.) のフィルモグラフィーを見ると、
【フィルモグラフィー】
エンド・オブ・ホワイトハウス (2013) OLYMPUS HAS FALLEN 』 撮影
『 奇跡のロングショット (2008)<未> 』 撮影
『 エターナル・キス (2007)<未> 』 撮影
トゥー・フォー・ザ・マネー (2005) TWO FOR THE MONEY 』 撮影
『 マイ・シネマトグラファー (2004) 』 出演
パニッシャー (2004) THE PUNISHER 』 撮影
パニック・ルーム (2002) 』 撮影
等の映画作品がある。


●『エンド・オブ・ホワイトハウス』スタッフフィルモ#15◆ジョン・ルフーア John Refoua
 本映画『 エンド・オブ・ホワイトハウス (2013) OLYMPUS HAS FALLEN 』で、 編集を担当しているジョン・ルフーア John Refoua のフィルモグラフィーを見ると、
【フィルモグラフィー】
エンド・オブ・ホワイトハウス (2013) OLYMPUS HAS FALLEN 』 編集
『 21オーバー 最初の二日酔い (2012) 』 編集
『 アバター<特別編> (2010) 』 編集 
『 アバター (2009) 』 編集 
『 ポリス・バカデミー/マイアミ危機連発! (2007)<未> 』 編集 
『 燃えよ!ピンポン (2007) 』 編集
等の映画作品がある。


●『エンド・オブ・ホワイトハウス』スタッフフィルモ#16◆デレク・ヒル Derek Hill
 本映画『 エンド・オブ・ホワイトハウス (2013) OLYMPUS HAS FALLEN 』で、プロダクションデザインを担当しているデレク・ヒル Derek Hill (別名:デレク・R・ヒル Derek R. Hill ) のフィルモグラフィーを見ると、
【フィルモグラフィー】
エンド・オブ・ホワイトハウス (2013) OLYMPUS HAS FALLEN 』 プロダクションデザイン
『 小さな命が呼ぶとき (2010) 』 プロダクションデザイン
『 ブッシュ (2008) 』 プロダクションデザイン
『 イントゥ・ザ・ワイルド (2007) 』 プロダクションデザイン
等の映画作品がある。


●『エンド・オブ・ホワイトハウス』スタッフフィルモ#17◆ダグ・ホール Doug Hall
 本映画『 エンド・オブ・ホワイトハウス (2013) OLYMPUS HAS FALLEN 』で、プロダクションデザインを担当しているダグ・ホール Doug Hall(別名:ダグラス・ホール Douglas Hall ) のフィルモグラフィーを見ると、
【フィルモグラフィー】
エンド・オブ・ホワイトハウス (2013) OLYMPUS HAS FALLEN 』 衣装デザイン
『 たった一人のあなたのために (2009)<未> 』 衣装デザイン
『 クレイジー・ハート (2009) 』 衣装デザイン
『 カンバセーションズ (2005) 』 衣装デザイン
ジャケット (2005) THE JACKET 』 衣装デザイン
『 スリング・ブレイド (1996) 』 デザイン衣裳
等の映画作品がある。


●『エンド・オブ・ホワイトハウス』スタッフフィルモ#18◆イェッペ・N・クリステンセン Jeppe N. Christensen
 本映画『 エンド・オブ・ホワイトハウス (2013) OLYMPUS HAS FALLEN 』で、視覚効果監修(視覚効果スーパーバイザー/VFX)を担当するイェッペ・N・クリステンセン Jeppe N. Christensen のフィルモグラフィーを調べると、2013年5月29日現在までに視覚効果関連では27作品の諸作業を担当している。イェッペ・N・クリステンセンの視覚効果で関わった作品を、この映画の森てんこ森で探すと、
エンド・オブ・ホワイトハウス (2013) OLYMPUS HAS FALLEN 』 (視覚効果監修: Ghost VFX)
キック・アス (2010) KICK-ASS 』 (視覚効果監修)
トゥームレイダー2 (2003) LARA CROFT TOMB RAIDER: THE CRADLE OF LIFE 』 (デジタル・アーティスト)
007/ダイ・アナザー・デイ (2002) DIE ANOTHER DAY 』 (視覚効果プロデューサー)
ビロウ (2002) BELOW 』 (デジタル・アーティスト)
等の映画作品がある。


※『OLYMPUS HAS FALLEN』-Wikipedia、『OLYMPUS HAS FALLEN』-IMDb、『エンド・オブ・ホワイトハウス』EPK、公式サイト引用
| ←前の閲覧ページに戻る |▲TOP | ▲目次 |
映画の森てんこ森代表:幸田幸
coda_sati@hotmail.com
「映画の森てんこ森」へ 「旅行の森てんこ森」へ
映画解説・レヴュータイトル一覧表へ
映画の森てんこ森 バナー03

映画の森てんこ森 coda21幸田幸 クレジット バナー01
幸のイタリア各都市情報へ
旅行の森てんこ森 バナー03
136x70
本サイトの作文、データ及び画像などのコンテンツの無断転用はお控え下さい。
貴サイトへの御掲載についてはメールにてお知らせ頂ければ幸いです。
© 2002-2013 Sachi CODA at Eigano-Mori Tenko-Mori, CODA21. All Rights Reserved.



borocsoborocso  at 20:25 この記事をクリップ! 

ロバート・フォスター@映画の森てんこ森

ロバート・フォスター@映画の森てんこ森
 映画の森てんこ森■映画『エンド・オブ・ホワイトハウス』
ロバート・フォスター
OLYMPUS HAS FALLEN
| 「映画の森てんこ森」表紙 | 新作映画Top | タイトル一覧 | 本ページ更新 |
■ロバート・フォスター
 以下のロバート・フォスターのフィルモグラフィーは、<『 エンド・オブ・ホワイトハウス 』キャストフィルモ>として主なキャストを番号整理しています。
 ※ネタバレご注意:以下の『 エンド・オブ・ホワイトハウス (2013) OLYMPUS HAS FALLEN 』(画面切替)のスタッフのフィルモグラフィーにはネタバレが含まれている場合があります。映画『エンド・オブ・ホワイトハウス』(画面切替)をまだご覧になっていない方はご注意ください。

●『エンド・オブ・ホワイトハウス』キャストフィルモ#06★ロバート・フォスター Robert Forster
 本映画『 エンド・オブ・ホワイトハウス (2013) OLYMPUS HAS FALLEN 』で、エドワード・クレッグ将軍役を演じるロバート・フォスター Robert Forster は、1941/07/13生まれ、アメリカ合衆国ニューヨーク州出身。ロバート・フォスターのフィルモグラフィーを見ると、 
【フィルモグラフィー】
エンド・オブ・ホワイトハウス (2013) OLYMPUS HAS FALLEN 』 エドワード・クレッグ将軍
『 ALCATRAZ/アルカトラズ (2012)<TV> 』 レイ・アーチャー
『 CSI:ニューヨーク8 (2011〜2012)<TV> 』
『 トラブルナイト in L.A. (2011)<未> 』
ファミリー・ツリー (2011) THE DESCENDANTS 』 スコット・ソーソン
『 ゴースト・オブ・ガールフレンズ・パスト (2009)<未> 』
『 ミドルメン/アダルト業界でネットを変えた男たち (2009)<未> 』 ルイ・ララ
『 ザ・エッグ 〜ロマノフの秘宝を狙え〜 (2009) 』
『 HEROES/ヒーローズ (シーズン3) (2008〜2009)<TV> 』 アーサー・ペトレリ
『 デスパレートな妻たち4 (2007〜2008)<TV> 』
『 ザ・クリーナー 消された殺人 (2007) 』
『 D-WARS ディー・ウォーズ (2007) 』 ジャック
『 ブラッド (2006) 』 ロイド
ファイヤーウォール (2006) FIREWALL 』 ハリー
『 NUMB3RS ナンバーズ 〜天才数学者の事件ファイル (シーズン2) (2005〜2006)<TV> 』
『 Huff 〜ドクターは中年症候群 (シーズン1) (2004〜2005)<TV> 』 ベン・ハフストッド
『 ザ・グリッド (2004)<TVM> 』
コンフィデンス (2003) CONFIDENCE 』 モーガン・プライス
チャーリーズ・エンジェル/フルスロットル (2003) CHARLIE'S ANGELS: FULL THROTTLE
『 ファストレーン (2002〜2003)<TV> 』
『 ロスト・キッズ (2002)<未> 』
『 消された真実 グリニッチ殺人事件 (2002)<TVM> 』 スティーブ
『 恋するギャンブラー 〜しあわせになるヒケツ教えます〜 (2001)<未> 』
ヒューマンネイチュア (2001)
マルホランド・ドライブ (2001) MULHOLLAND DR. / MULHOLLAND DRIVE
『 消滅水域 (2000)<未> 』
ふたりの男とひとりの女 (2000)
スーパーノヴァ (2000)
『 イッツ・ザ・レイジ (1999)<未> 』
『 カットスロート・ハイウェイ (1998)<未> 』
『 裏窓 (1998)<TVM> 』
『 ハーレーコップ (1998)<未> 』
『 サイコ (1998) 』
『 トイ・ソルジャー'97 (1997)<OV> 』
『 インモラル女医(ドクター) (1997)<未> 』
『 ジャッキー・ブラウン (1997) 』 マックス・チェリー
『 ホットシティ (1996)<未> 』
『 ザ・スカウト/殺戮祭の日 (1996)<未> 』
『 炎のテキサス・レンジャー (1993〜2001)<TV> 』
『 消された運命線 (1993)<TVM> 』
『 マニアックコップ3/復讐の炎 (1993) 』
『 奇跡が降る街 (1991)<未> 』
『 殺しの外交特権 (1991) 』
『 チェッカード・フラッグ (1990)<未> 』
『 エイリアン・コップ (1990) 』 イェーツ
『 エズメラルダ・ベイ/勇者たちの戦場 (1989)<未> 』
『 マレディクション (1989)<TVM> 』
『 ザ・バンカー/薔薇の殺意 (1989) 』
『 殺人ホスピタル (1988)<未> 』
『 カウンターフォース (1987)<未> 』
『 艶獄戦士アマゾンズ (1986)<未> 』
『 人喰い魔神・裸女狩り (1986)<未> 』
『 フロム・ザ・ダークサイド/凶・獄 (1986)<TV> 』
『 デルタ・フォース (1985) 』 アブドゥル
『 ジェイソン/地獄の綱渡り (1983)<未> 』
『 報復軍団ヴィジランテ・フォース (1983)<未> 』
『 ウーマン・プリズン/私刑 (1982) 』
『 ゴライアス号の奇跡 (1981)<TVM> 』
アリゲーター (1980) 』 デヴィッド・マディソン刑事
『 赤いドレスの女 (1979)<未> 』
『 SFクローン人間の復讐 (1979)<TVM> 』
『 ブラックホール (1979) 』
『 アバランチ/白銀の恐怖 (1978)<未> 』
『 ロス警察24時 (1977)<TVM> 』
『 ザ・シティー (1977)<TVM> 』
『 スタントマン殺人事件 (1977) 』 グレン・ウィルソン
『 必殺!殺し屋刑事/裏切り者はだれだ! (1974)<TVM> 』
『 ザ・ファミリー (1973) 』 フランク
『 バニオン/その罠をあばけ (1971)<TVM> 』
『 美しき愛のかけら (1970) 』
『 濡れた欲望 (1970) 』
『 アメリカを斬る (1969) 』
『 アレキサンドリア物語 (1969) 』
『 レッド・ムーン (1968) 』
『 禁じられた情事の森 (1967) 』
等の映画・TV作品がある。


※『OLYMPUS HAS FALLEN』-Wikipedia、『OLYMPUS HAS FALLEN』-IMDb、『エンド・オブ・ホワイトハウス』EPK、公式サイト引用
| ←前の閲覧ページに戻る |▲TOP | ▲目次 |
映画の森てんこ森代表:幸田幸
coda_sati@hotmail.com
「映画の森てんこ森」へ 「旅行の森てんこ森」へ
映画解説・レヴュータイトル一覧表へ
映画の森てんこ森 バナー03

映画の森てんこ森 coda21幸田幸 クレジット バナー01
幸のイタリア各都市情報へ
旅行の森てんこ森 バナー03
136x70
本サイトの作文、データ及び画像などのコンテンツの無断転用はお控え下さい。
貴サイトへの御掲載についてはメールにてお知らせ頂ければ幸いです。
© 2002-2013 Sachi CODA at Eigano-Mori Tenko-Mori, CODA21. All Rights Reserved.



borocsoborocso  at 20:20 この記事をクリップ! 

モーガン・フリーマン@映画の森てんこ森

モーガン・フリーマン@映画の森てんこ森
 映画の森てんこ森■映画『エンド・オブ・ホワイトハウス』
モーガン・フリーマン
OLYMPUS HAS FALLEN
| 「映画の森てんこ森」表紙 | 新作映画Top | タイトル一覧 | 本ページ更新 |
■モーガン・フリーマン
 以下のモーガン・フリーマンのフィルモグラフィーは、<『 エンド・オブ・ホワイトハウス 』キャストフィルモ>として主なキャストを番号整理しています。
 ※ネタバレご注意:以下の『 エンド・オブ・ホワイトハウス (2013) OLYMPUS HAS FALLEN 』(画面切替)のスタッフのフィルモグラフィーにはネタバレが含まれている場合があります。映画『エンド・オブ・ホワイトハウス』(画面切替)をまだご覧になっていない方はご注意ください。

●『エンド・オブ・ホワイトハウス』キャストフィルモ#03★モーガン・フリーマン Morgan Freeman
アラン・トランブル下院議長役を演じるモーガン・フリーマン Morgan Freeman は、1937/06/01生まれ、アメリカのテネシー州メンフィス出身。モーガン・フリーマンのフィルモグラフィーを見ると、
【フィルモグラフィー】
エンド・オブ・ホワイトハウス (2013) OLYMPUS HAS FALLEN 』 アラン・トランブル下院議長
オブリビオン (2013) OBLIVION 』 マルコム・ビーチ
『 最高の人生のはじめ方 (2012)<未> 』
ダークナイト ライジング (2012) THE DARK KNIGHT RISES 』 ルーシャス・フォックス(ルシウス・フォックス)
『 イルカと少年 (2011)<未> 』
『 クリント・イーストウッドの真実 (2010)<OV> 』 ナレーター
『 RED/レッド (2010) 』 ジョー・マシス
『 ザ・エッグ 〜ロマノフの秘宝を狙え〜 (2009) 』 キース・リプリー
『 インビクタス/負けざる者たち (2009) 』 製作総指揮/出演 ネルソン・マンデラ
『 ザ・バッド (2008)<未> 』 製作総指揮/出演 チャールズ・ピーターソン
『 ウォンテッド (2008) 』 スローン
『 ダークナイト (2008) 』 ルーシャス・フォックス
『 エバン・オールマイティ (2007)<未> 』 神
『 ゴーン・ベイビー・ゴーン (2007)<未> 』 ジャック・ドイル刑事
『 ラブ・アペタイザー (2007)<未> 』
『 最高の人生の見つけ方 (2007) 』 カーター・チェンバーズ
『 ザ・スナイパー (2006)<未> 』
『 素敵な人生のはじめ方 (2006)<未> 』 製作総指揮/出演
『 ラッキーナンバー7 (2006) 』 ボス
『 アンフィニッシュ・ライフ (2005)<未> 』 ミッチ
『 F.R.A.T./戦慄の武装警察 (2005)<未> 』
宇宙戦争 (2005) WAR OF THE WORLDS 』 ナレーション
ダニー・ザ・ドッグ (2005) UNLEASHED / DANNY THE DOG 』 サム
バットマン ビギンズ (2005) BATMAN BEGINS 』 ルシウス・フォックス
『 クリントンの真実 (2004)<未> 』 ナレーション
ミリオンダラー・ベイビー (2004) MILLION DOLLAR BABY 』 エディ・“スクラップ・アイアン”・デュプリス
ビッグ・バウンス (2004) THE BIG BOUNCE 』 ウォルター・クルーズ
『 34バレット (2003)<OV> 』
『 最高の人生 (2003)<未> 』
ブルース・オールマイティ (2003) BRUCE ALMIGHTY 』 神
ドリームキャッチャー (2003) DREAMCATCHER 』 アブラハム・カーティス大佐
トータル・フィアーズ (2002) THE SUM OF ALL FEARS 』 ウィリアム・キャボット長官
ハイ・クライムズ (2002) 』 チャーリー・グライムス
スパイダー (2001) 』 製作総指揮/アレックス・クロス
アンダー・サスピション (2000) UNDER SUSPICION 』 製作総指揮/ビクター・ベネゼー
ベティ・サイズモア (2000) NURSE BETTY 』 チャーリー
『 フラッド (1998) 』
『 ディープ・インパクト (1998) 』 トム・ベック大統領
『 ロング ウェイ ホーム 遥かなる故郷 イスラエル建国の道 (1997)<未> 』 ナレーション
『 コレクター (1997) 』 アレックス・クロス
『 アミスタッド (1997) 』 ジョッドソン
『 モル・フランダース (1996) 』
『 チェーン・リアクション (1996) 』 ポール
セブン (1995) 』 ウィリアム・サマセット部長刑事
アウトブレイク (1995) 』 ビリー・フォード准将
ショーシャンクの空に (1994) THE SHAWSHANK REDEMPTION 』 レッド (エリス・ボイド)
『 ボッパ! (1993)<未> 』 監督
『 パワー・オブ・ワン (1992) 』 ピート
許されざる者 (1992) 』 ネッド・ローガン
『 ロビン・フッド (1991) 』
『 虚栄のかがり火 (1990) 』
『 ワイルド・チェンジ (1989)<未> 』
ドライビング Miss デイジー (1989) 』 ホーク・コバーン
『 グローリー (1989) 』
『 ジョニー・ハンサム (1989) 』
『 偽りのヘブン (1988)<未> 』
『 ガン・ランナー (1988)<TVM> 』
『 NYストリート・スマート (1987)<未> 』
『 安息の地 (1986)<TVM> 』
『 新トワイライト・ゾーン (1986)<TV> 』
『 BAD/傷だらけの疾走 (1985)<未> 』
『 目撃者マリー (1985)<未> 』
『 ポール・ニューマンの ハリー&サン (1984)<未> 』
『 りんご白書 (1984) 』
『 マーヴァ・コリンズ ストーリー (1981)<TVM> 』
『 目撃者 (1981) 』
『 暴動刑務所アッティカ (1980)<TVM> 』
等の映画・TV作品がある。


※『OLYMPUS HAS FALLEN』-Wikipedia、『OLYMPUS HAS FALLEN』-IMDb、『エンド・オブ・ホワイトハウス』EPK、公式サイト引用
| ←前の閲覧ページに戻る |▲TOP | ▲目次 |
映画の森てんこ森代表:幸田幸
coda_sati@hotmail.com
「映画の森てんこ森」へ 「旅行の森てんこ森」へ
映画解説・レヴュータイトル一覧表へ
映画の森てんこ森 バナー03

映画の森てんこ森 coda21幸田幸 クレジット バナー01
幸のイタリア各都市情報へ
旅行の森てんこ森 バナー03
136x70
本サイトの作文、データ及び画像などのコンテンツの無断転用はお控え下さい。
貴サイトへの御掲載についてはメールにてお知らせ頂ければ幸いです。
© 2002-2013 Sachi CODA at Eigano-Mori Tenko-Mori, CODA21. All Rights Reserved.



borocsoborocso  at 20:15 この記事をクリップ! 

メリッサ・レオ@映画の森てんこ森

メリッサ・レオ@映画の森てんこ森
 映画の森てんこ森■映画『エンド・オブ・ホワイトハウス』
メリッサ・レオ
OLYMPUS HAS FALLEN
| 「映画の森てんこ森」表紙 | 新作映画Top | タイトル一覧 | 本ページ更新 |
■メリッサ・レオ
 以下のメリッサ・レオのキャスト(cast)のフィルモグラフィーは、<『 エンド・オブ・ホワイトハウス 』キャストフィルモ>として主なキャストを番号整理しています。
 ※ネタバレご注意:以下の『 エンド・オブ・ホワイトハウス (2013) OLYMPUS HAS FALLEN 』(画面切替)のスタッフのフィルモグラフィーにはネタバレが含まれている場合があります。映画『エンド・オブ・ホワイトハウス』(画面切替)をまだご覧になっていない方はご注意ください。

●『エンド・オブ・ホワイトハウス』キャストフィルモ#05★メリッサ・レオ Melissa Leo
 本映画『 エンド・オブ・ホワイトハウス (2013) OLYMPUS HAS FALLEN 』で、ルース・マクミラン国防長官を演じるメリッサ・レオ Melissa Leo は、1960/09/14生まれ、アメリカ合衆国ニューヨーク州ニューヨーク市出身。メリッサ・レオのフィルモグラフィーを見ると、
 【フィルモグラフィー】
エンド・オブ・ホワイトハウス (2013) OLYMPUS HAS FALLEN 』 ルース・マクミラン国防長官
オブリビオン (2013) OBLIVION 』 サリー
フライト (2012) FLIGHT 』 エレン・ブロック
『 レッド・ステイト (2011)<未> 』
『 ミルドレッド・ピアース 幸せの代償 (2011)<TV> 』
『 クリステン・スチュワート ロストガール (2010)<未> 』 ロイス・ライリー
『 ディア・ブラザー (2010)<未> 』
ザ・ファイター (2010) THE FIGHTER 』 アリス・ウォード
『 ヒラリー・ダフ ハツ☆コイ (2009)<未> 』
『 ベロニカは死ぬことにした (2009)<未> 』
『 みんな元気 (2009)<未> 』
『 アルファベット・キラー (2008)<未> 』
『 LAW & ORDER ロー&オーダー (シーズン18) (2008)<TV> 』
『 ボーダー (2008) 』
『 フローズン・リバー (2008) 』 レイ
『 コールドケース5 (2007〜2008)<TV> 』
『 Mr.ウッドコック -史上最悪の体育教師- (2007)<未> 』
『 SHARK 〜カリスマ敏腕検察官 (シーズン1) (2006〜2007)<TV> 』
『 クリミナル・マインド2 FBI行動分析課 (2006〜2007)<TV> 』
『 Lの世界 (シーズン2) (2005)<TV> 』
『 コンフェス (2005)<未> 』
メルキアデス・エストラーダの3度の埋葬 (2005) THE THREE BURIALS OF MELQUIADES ESTRADA 』 レイチェル
ハイド・アンド・シーク/暗闇のかくれんぼ (2005) HIDE AND SEEK 』 ローラ
『 LAW & ORDER クリミナル・インテント (シーズン4) (2004〜2005)<TV> 』
『 ヴェロニカ・マーズ (シーズン1) (2004〜2005)<TV> 』
『 CSI:5 科学捜査班 (2004〜2005)<TV> 』
21グラム (2003) 21 GRAMS 』 マリアンヌ
『 ホミサイド/ザ・ムービー (2000)<TVM> 』 ケイ・ハワード
『 ネット・クライシス (1998)<未> 』
『 ホミサイド/殺人捜査課 (第4シーズン) (1996〜1997)<TV> 』 ケイ・ハワード巡査部長
『 ホミサイド/殺人捜査課 (第3シーズン) (1995〜1996)<TV> 』 ケイ・ハワード巡査部長
『 ホミサイド/殺人捜査課 (第2シーズン) (1994〜1995)<TV> 』 ケイ・ハワード刑事
『 スカーレット/続・風と共に去りぬ (1994)<TVM> 』
『 ホミサイド/殺人捜査課 (第1シーズン) (1993〜1994)<TV> 』 ケイ・ハワード刑事
『 LAW & ORDER ロー&オーダー (シーズン4) (1993〜1994)<TV> 』
『 ヤングライダーズ (1989〜1992)<TV> 』
『 野獣特捜隊/ナスティ・ボーイズ (1989)<TVM> 』
『 マイアミ・バイス (シーズン5) (1988〜1989)<TV> 』
『 デスティニー/愛は果てしなく (1988) 』
『 デッドタイム・ストーリー/おとぎ話は血の匂い (1986) 』
『 愛と真実にゆれて (1985)<TVM> 』
『 ストリート・ガールU.S.A. (1985)<未> 』
『 デイブとジュディ〜二人の離婚記念日〜 (1985)<未> 』
等の映画・TV作品がある。


※『OLYMPUS HAS FALLEN』-Wikipedia、『OLYMPUS HAS FALLEN』-IMDb、『エンド・オブ・ホワイトハウス』EPK、公式サイト引用
| ←前の閲覧ページに戻る |▲TOP | ▲目次 |
映画の森てんこ森代表:幸田幸
coda_sati@hotmail.com
「映画の森てんこ森」へ 「旅行の森てんこ森」へ
映画解説・レヴュータイトル一覧表へ
映画の森てんこ森 バナー03

映画の森てんこ森 coda21幸田幸 クレジット バナー01
幸のイタリア各都市情報へ
旅行の森てんこ森 バナー03
136x70
本サイトの作文、データ及び画像などのコンテンツの無断転用はお控え下さい。
貴サイトへの御掲載についてはメールにてお知らせ頂ければ幸いです。
© 2002-2013 Sachi CODA at Eigano-Mori Tenko-Mori, CODA21. All Rights Reserved.



borocsoborocso  at 20:10 この記事をクリップ! 

『エンド・オブ・ホワイトハウス』製作プロデューサー@映画の森てんこ森

『エンド・オブ・ホワイトハウス』製作プロデューサー@映画の森てんこ森
 映画の森てんこ森■映画『エンド・オブ・ホワイトハウス』
『エンド・オブ・ホワイトハウス』製作プロデューサー
OLYMPUS HAS FALLEN
| 「映画の森てんこ森」表紙 | 新作映画Top | タイトル一覧 | 本ページ更新 |
■『エンド・オブ・ホワイトハウス』製作プロデューサー
 以下の映画『エンド・オブ・ホワイトハウス』製作プロデューサーのフィルモグラフィーは、<『 エンド・オブ・ホワイトハウス 』スタッフフィルモ>として番号整理しています。
 ※ネタバレご注意:以下の『 エンド・オブ・ホワイトハウス (2013) OLYMPUS HAS FALLEN 』(画面切替)のスタッフのフィルモグラフィーにはネタバレが含まれている場合があります。映画『エンド・オブ・ホワイトハウス (2013) OLYMPUS HAS FALLEN』(画面切替)をまだご覧になっていない方はご注意ください。

●『エンド・オブ・ホワイトハウス』スタッフフィルモ#02◆エド・カゼル三世 Ed Cathell III
 本映画『 エンド・オブ・ホワイトハウス (2013) OLYMPUS HAS FALLEN 』で、製作プロデューサーを担当しているエド・カゼル三世 Ed Cathell III のフィルモグラフィーを見ると、
【フィルモグラフィー】
エンド・オブ・ホワイトハウス (2013) OLYMPUS HAS FALLEN 』 製作
『 チャット 〜罠に堕ちた美少女〜 (2010)<未> 』 製作
等の映画作品がある。


●『エンド・オブ・ホワイトハウス』スタッフフィルモ#03◆マーク・ギル Mark Gill
 本映画『 エンド・オブ・ホワイトハウス (2013) OLYMPUS HAS FALLEN 』で、製作プロデューサーのマーク・ギル Mark Gill のフィルモグラフィーを見ると、
【フィルモグラフィー】
エンド・オブ・ホワイトハウス (2013) OLYMPUS HAS FALLEN 』 製作/製作総指揮
『 私だけのハッピー・エンディング (2011) 』 製作
『 完全なる報復 (2009) 』 製作
『 理想の彼氏 (2009) 』 製作
『 ママ男 (2007)<未> 』 製作総指揮
『 ラスト・マップ/真実を探して (2004)<未> 』 製作総指揮
トスカーナの休日 (2003) UNDER THE TUSCAN SUN 』 製作総指揮
フリーダ (2002) FRIDA 』 製作総指揮
等の映画作品がある。


●『エンド・オブ・ホワイトハウス』スタッフフィルモ#04◆ダニー・ラーナー Danny Lerner
 本映画『 エンド・オブ・ホワイトハウス (2013) OLYMPUS HAS FALLEN 』で、製作プロデューサーのダニー・ラーナー Danny Lerner のフィルモグラフィーを見ると、
【フィルモグラフィー】
エンド・オブ・ホワイトハウス (2013) OLYMPUS HAS FALLEN 』 製作
エクスペンダブルズ2 (2012) THE EXPENDABLES 2 』 製作
『 コナン・ザ・バーバリアン (2011) 』 製作
『 ドルフ・ラングレン ガーディアン (2009)<未> 』 監督/原案/製作
『 シティ・オブ・ブラッド (2009)<未> 』 製作総指揮
『 べルベット・アサシン (2009)<未> 』 監督/脚本
『 レッド・コマンダー (2009)<未> 』 製作
『 NINJA (2009)<未> 』 製作
『 ザ・エッグ 〜ロマノフの秘宝を狙え〜 (2009) 』 製作
『 ヒーロー・ウォンテッド (2008)<未> 』 製作
『 エージェント・オブ・ウォー (2008)<未> 』 製作
『 シャーク・イン・ベニス (2008)<未> 』 監督/原案
『 テラー トレイン (2008) 』 製作
『 名犬リンチンチン (2007)<未> 』 監督
『 ザ・スナイパー (2006)<未> 』 製作
『 100年後... (2006)<未> 』 製作
『 沈黙の傭兵 (2006) 』 製作
『 インパクト (2005)<未> 』 監督/製作
『 チャック・ノリス in 地獄の銃弾 (2005)<未> 』 製作
沈黙の脱獄 (2005) TODAY YOU DIE 』 脚本/製作/製作総指揮
『 アトミック・ブレイク (2004)<未> 』 監督/製作
『 ディープシャーク (2003)<OV> 』 監督/原案
『 アライバル ファイナル・コンタクト (2003)<未> 』 製作
『 コバート・ミッション 機密指令 (2003)<OV> 』 製作
『 エア・マーシャル (2003)<未> 』 製作
沈黙の標的 (2003) OUT FOR A KILL 』 脚本/製作
『 HELL ヘル (2003) 』 製作
『 ディープ・ライジング コンクエスト (2002)<未> 』 製作
『 ディープ・クラッシュ (2002)<TVM> 』 製作
『 ディレイルド 暴走超特急 (2002) 』 製作
『 ハードキャッシュ (2002) 』 製作
『 オクトパス IN N.Y. (2001)<未> 』 原案/製作
『 ゲラゲラ・ザワールド マル秘激ヤバ放送局 (2001)<未> 』 製作
『 ブラック・オーシャン (2001)<未> 』 製作
『 ファイアーボール 火の玉超特急 (2001)<OV> 』 原案/製作総指揮
『 ブラストシティ 連鎖爆破 (2001)<未> 』 脚本/製作
『 アルティメット・ディシジョン (2001)<OV> 』 製作
『 灰の記憶 (2001) 』 製作総指揮
『 ファイナル・レジェンド 呪われたソロモン (2001) 』 製作
『 レプリカント (2001) 』 製作
『 ミッション:マストダイ (2000)<未> 』 製作
『 ディープ・ライジング (2000)<未> 』 製作
『 レプティリア (2000)<未> 』 製作
『 オクトパス (2000) 』 製作
『 スパイダーズ (2000) 』 製作
『 U.S.シールズ (1999)<未> 』 原案/製作
『 ランダムファイア (1999)<未> 』 製作
『 軍事機密 パトリオット (1998)<未> 』 監督/脚本/製作
『 オペレーション・デルタフォース (1997)<未> 』 原案/製作
『 オペレーションデルタフォース2 (1997)<未> 』 原案/製作
『 ミッション:ターゲット (1997)<未> 』 製作
『 復讐の処刑コップ (1997) 』 製作
『 ファントム・オブ・ダークネス (1996)<未> 』 原案/製作
『 ザ・ニンジャ (1996)<未> 』 製作
『 ジャッジメント・デイ (1995)<未> 』 原案/製作
『 カウントダウン (1995)<未> 』 製作
『 バックラッシュ (1995)<TVM> 』 原案/製作
『 サイボーグコップ3 (1995) 』 製作
『 処刑ドクター (1994)<未> 』 製作総指揮
『 アストロ・コップ/地球クライシス2050 (1994) 』 製作
『 ネバー・セイ・ダイ/地獄のデルタ・フォース (1994) 』 製作
『 デッドボディ (1993)<未> 』 製作
『 サイボーグコップ2 (1993) 』 製作
『 ボディーハード (1993) 』 製作
『 サイボーグコップ (1992) 』 製作
等の映画作品がある。


●『エンド・オブ・ホワイトハウス』スタッフフィルモ#05◆アラン・シーゲル Alan Siegel
 本映画『 エンド・オブ・ホワイトハウス (2013) OLYMPUS HAS FALLEN 』で、製作プロデューサーのアラン・シーゲル Alan Siegel のフィルモグラフィーを見ると、
【フィルモグラフィー】
エンド・オブ・ホワイトハウス (2013) OLYMPUS HAS FALLEN 』 製作
『 マーヴェリックス/波に魅せられた男たち (2012) 』 製作総指揮
『 完全なる報復 (2009) 』 製作
『 エクストラマリタル/婚外交渉 (1997)<未> 』 製作総指揮
等の映画作品がある。


※『OLYMPUS HAS FALLEN』-Wikipedia、『OLYMPUS HAS FALLEN』-IMDb、『エンド・オブ・ホワイトハウス』EPK、公式サイト引用
| ←前の閲覧ページに戻る |▲TOP | ▲目次 |
映画の森てんこ森代表:幸田幸
coda_sati@hotmail.com
「映画の森てんこ森」へ 「旅行の森てんこ森」へ
映画解説・レヴュータイトル一覧表へ
映画の森てんこ森 バナー03

映画の森てんこ森 coda21幸田幸 クレジット バナー01
幸のイタリア各都市情報へ
旅行の森てんこ森 バナー03
136x70
本サイトの作文、データ及び画像などのコンテンツの無断転用はお控え下さい。
貴サイトへの御掲載についてはメールにてお知らせ頂ければ幸いです。
© 2002-2013 Sachi CODA at Eigano-Mori Tenko-Mori, CODA21. All Rights Reserved.



borocsoborocso  at 20:05 この記事をクリップ! 

エンド・オブ・ホワイトハウスのスタッフ&キャスト@映画の森てんこ森

エンド・オブ・ホワイトハウスのスタッフ&キャスト@映画の森てんこ森
 映画の森てんこ森■映画スタッフとキャスト
エンド・オブ・ホワイトハウスのスタッフ&キャスト
OLYMPUS HAS FALLEN
| 「映画の森てんこ森」表紙 | 新作映画Top | タイトル一覧 | 本ページ更新 |
■エンド・オブ・ホワイトハウスのスタッフとキャスト
以下は、映画『 エンド・オブ・ホワイトハウス (2013) OLYMPUS HAS FALLEN 』のスタッフとキャストのリストです。
★映画『エンド・オブ・ホワイトハウス』(画面切替)の詳しい情報はこちらをクリック⇒

【映画『エンド・オブ・ホワイトハウス』のスタッフ】
監督 Directed by:アントワーン・フークア Antoine Fuqua
脚本 Written by:クレイトン・ローテンベルガー Creighton Rothenberger
   カトリン・ベネディクト Katrin Benedikt
製作 Produced by:ジェラルド・バトラー Gerard Butler
   エド・カゼル三世 Ed Cathell III
   アントワーン・フークア Antoine Fuqua
   マーク・ギル Mark Gill
   ダニー・ラーナー Danny Lerner
   アラン・シーゲル Alan Siegel
製作総指揮 Executive Producer:ボアズ・デヴィッドソン Boaz Davidson
   ダニー・ディンボート Danny Dimbort
   マーク・ギル Mark Gill
   アヴィ・ラーナー Avi Lerner
   ハイディ・ジョー・マーケル Heidi Jo Markel
   ピーター・シュレッセル Peter Schlessel
   トレヴァー・ショート Trevor Short
   ジョン・トンプソン John Thompson
音楽 Original Music by:トレヴァー・モリス Trevor Morris
撮影 Cinematography by:コンラッド・W・ホール Conrad W. Hall
編集 Film Editing by:ジョン・ルフーア John Refoua
プロダクション・デザイン Production Design by:デレク・ヒル Derek Hill
衣装デザイン Costume Design by:ダグ・ホール Doug Hall
視覚効果監修 Visual Effects Supervisor:イェッペ・N・クリステンセン Jeppe N. Christensen


【映画『エンド・オブ・ホワイトハウス』のキャスト】
出演・Cast (in credits order)
   ジェラルド・バトラー Gerard Butler ... Mike Banning マイク・バニング
   アーロン・エッカート Aaron Eckhart ... President Benjamin Asher ベンジャミン・アッシャー大統領
   フィンリー・ジェイコブセン Finley Jacobsen ... Connor Asher 大統領の息子コナー・アッシャー
   ディラン・マクダーモット Dylan McDermott ... Dave Forbes デイヴ・フォーブス
   リック・ユーン Rick Yune ... Kang Yeonsak カン・ヨンサク
   モーガン・フリーマン Morgan Freeman ... Speaker Allan Trumbull アラン・トランブル下院議長
   アンジェラ・バセット Angela Bassett ... Secret Service Director Lynn Jacobs シークレットサービス長官リン・ジェイコブス
   メリッサ・レオ Melissa Leo ... Secretary of Defense Ruth McMillan ルース・マクミラン国防長官
   ラダ・ミッチェル Radha Mitchell ... Leah Banning マイクの妻リア・バニング
   コール・ハウザー Cole Hauser ... Agent Roma ローマ捜査官
   フィル・オースティン Phil Austin ... Vice President Charlie Rodriguez チャーリー・ロドリゲス副大統領
   ジェームズ・インガソール James Ingersoll ... Admiral Nathan Hoenig ネイサン・ホウニグ提督
   フレディ・ボッシュ Freddy Bosche ... Diaz ディアス
   ランス・ブロードウェイ Lance Broadway ... Agent O'Neil オニール捜査官
   ショーン・オブライアン Sean O'Bryan ... Ray Monroe, Deputy National Security Advisor レイ・モンロー副大統領補佐官
   ケオン・シム Keong Sim ... South Korean Prime Minister Lee Tae-Woo イ・テウ韓国大統領
   ケヴィン・ムーン Kevin Moon ... Cho チョー
   マラナ・リー Malana Lea ... Lim リム
   ロバート・フォスター Robert Forster ... General Edward Clegg エドワード・クレッグ将軍
   サム・メディナ Sam Medina ... Yu ユー
   アシュレイ・ジャッド Ashley Judd ... Margaret Asher マーガレット・アッシャー大統領夫人
   マイク・スナイダー Mike Snyder ... News Reporter #1 記者
   ジョサイア・D・リー Josiah D. Lee ... Korean Pilot 韓国人のパイロット
   エドリック・ブラウン Edrick Browne ... Head Technician 技師長
   ショーン・ボイド Sean Boyd ... Raptor Pilot ラプターのパイロット
   ハンター・バーク Hunter Burke ... Army Tech Officer 軍技術将校
   アオニカ・ローラン Aonika Laurent ... News Reporter #2 記者(as Aonika Marie Laurent)
   ジェイス・ジーンズ Jace Jeanes ... Sniper #1 狙撃兵
   シオーネ・マウマランガ Sione Ma'umalanga ... Sniper #2 狙撃兵
   トリー・キトルズ Tory Kittles ... Agent Jones ジョーンズ捜査官
   シェイン・ランド Shane Land ... Agent Davis デイヴィス捜査官
   シャンナ・フォレスタル Shanna Forrestall ... Mary Jane Fuller メアリー・ジェーン・フラー
   イアン・カッセルベリー Ian Casselberry ... Long-Haired EMT 長髪の救急医療技士
   ドロシー・ディーヴァーズ Dorothy Deavers ... Mrs. Mosely モーズリー夫人
   アンバー・ドーン・ランドラム Amber Dawn Landrum ... Nurse 看護師
   ハン・ソト Han Soto ... Male Doctor 男性医師
   ケネス・ウェイン・ブラッドリー Kenneth Wayne Bradley ... Crisis Room Radio Man 危機室の無線の男
   ビル・スティンチコム Bill Stinchcomb ... Watch Officer 運航士
   ミッシェル・セレスト Michelle Celeste ... News Reporter #3 記者
   メット・サーリフ Met Salih ... News Reporter #4 記者
   ダレル・L・コナートン Darrell L. Connerton ... CIA Director CIA長官
   テリー・デイル・パークス Terry Dale Parks ... Army Commander 軍司令官
   マイケル・スターリングズ Michael Stallings ... Army Lieutenant 陸軍中尉
   エリオット・グレイ Elliott Grey ... FBI Assistant Director FBI副長官
   ヘイミッシュ・マクドナルド Hamish MacDonald ... Himself 本人
   ローレンス・オドネル Lawrence O'Donnell ... Himself 本人
   リック・チェンバース Rick Chambers ... Himself 本人
   スコット・ウォーカー Scott Walker ... Male Reporter 男性記者
   キャサリン・シュリーヴズ Catherine Shreves ... Female Reporter 女性記者
   レックス・ベイカー Rex Baker ... Navy Seal ネイビーシールズ米海軍特殊部隊員(as Everett 'Rex' Baker)
   マイケル・ダディコフ Michael Dudikoff ... Mr. Smith スミス氏
   ボブ・ファヌーチ Bob Fanucchi ... Paramilitary Operations Officer 準軍事行動将校
   アンドレ・ゴードン Andre Gordon ... 声(voice)
   ティファニー・マローニー Tiffany Maroney ... Nurse M. Taylor 看護師M・テイラー
   マイケル・マコーミック Michael McCormick ... Secret Service シークレットサービス
   ブレント・ワイズナー Brent Weisner ... Blackhawk Pilot #1 ブラックホークのパイロット


※スタッフ・キャスト及び登場人物の呼称が正確でない場合がありますのでご了承ください。
※参考資料:『OLYMPUS HAS FALLEN 』-IMDb、映画『エンド・オブ・ホワイトハウス』-Wikipedia、『OLYMPUS HAS FALLEN』-Wikipedia英語版、『エンド・オブ・ホワイトハウス』EPK、公式サイト
| ←前の閲覧ページに戻る |▲TOP | ▲目次 |
映画の森てんこ森代表:幸田幸
coda_sati@hotmail.com
「映画の森てんこ森」へ 「旅行の森てんこ森」へ
映画解説・レヴュータイトル一覧表へ
映画の森てんこ森 バナー03

映画の森てんこ森 coda21幸田幸 クレジット バナー01
幸のイタリア各都市情報へ
旅行の森てんこ森 バナー03
136x70
本サイトの作文、データ及び画像などのコンテンツの無断転用はお控え下さい。
貴サイトへの御掲載についてはメールにてお知らせ頂ければ幸いです。
© 2002-2013 Sachi CODA at Eigano-Mori Tenko-Mori, CODA21. All Rights Reserved.



borocsoborocso  at 20:00 この記事をクリップ! 

ネタバレ結末/オブリビオン@映画の森てんこ森

ネタバレ結末/オブリビオン@映画の森てんこ森
 映画の森てんこ森■映画解説と予告編とレヴュー■映画ネタバレ
オブリビオン
OBLIVION
| 「映画の森てんこ森」表紙 | 新作映画Top | タイトル一覧 | 本ページ更新 |
ネタバレ結末/オブリビオン
ネタバレ注意@映画の森てんこ森
ストーリー展開の前知識やネタバレがお好みでない方は、読まないで下さい。
■ネタバレ結末/オブリビオン@映画の森てんこ森
【『オブリビオン』ネタバレ】
ネタバレご注意:以下の<ネタバレ結末/オブリビオン@映画の森てんこ森>のあらすじ・ストーリー・結末にはネタバレが含まれています。映画『 オブリビオン (2013) OBLIVION 』をまだご覧になっていない方は、どうかネタバレにご注意ください。

★『 オブリビオン 』劇場公開情報
 2013年5月31日(金)より、TOHOシネマズ日劇、梅田ブルク7他全国公開!!
 ※日本配給情報: 劇場公開(東宝東和)

<ネタバレ映画/オブリビオン>の仕切り線

▲ここまでの<ネタバレ映画/オブリビオン@映画の森てんこ森>のあらすじはこちらから・・・

【オブリビオン/あらすじ結末までネタバレ満開 第21段落】
 ジャックとジュリアがタワーに戻ると、二人の関係を知ったビクトリアはジャックが入るのを拒否する。そして司令官サリーに、もう効果的なチームではありませんと伝えたので、ジャックが真相を教える前にビクトリアはドローンに殺されてしまう。

【オブリビオン/あらすじ結末までネタバレ満開 第22段落】
 ジャックとジュリアはどうにか逃走できた。二人は逃走飛行中、放射帯に入ってしまったので、胴体着陸する。他の生存者たち(ジェームズ・ローリングスら)がいる筈の基地の近くに行くと、“技師 52”というジャック自身のクローンと遭遇する。二人のジャックは戦い、本物のジャックがクローンの方のジャックを窒息させて気絶させるが、ジュリアは“技師 52”の武器で撃たれて負傷する。

【オブリビオン/あらすじ結末までネタバレ満開 第23段落】
 そのクローンの宇宙船を使って、ジャックはジュリアの傷を治せるものを探す。すると、ジャック自身のワークタワーのレプリカ“タワー52”に入ることになり、そこにはビクトリアのクローンもいるではないか。兎に角、ここからジュリアの傷薬を持ち出せる。

【オブリビオン/あらすじ結末までネタバレ満開 第24段落】
 そしてマルコム・ビーチの所に戻り、更なる衝撃的な事実を教わるのだ。ジャック自身が、2017年に宇宙飛行士だった元来のジャック・ハーパー機長のクローンであると。反乱軍は残存する人間達で構成されていることも。また、タイタンには居留地なんて存在しないことも。

【オブリビオン/あらすじ結末までネタバレ満開 第25段落】
 “テト”というのは地球からの避難民が暮らすスペースステーションではなくて、エイリアンの人工知能であり、それが最初の攻撃の真犯人であり、今ではそこで使うための資源を地球から取り出しているのだとも。

【オブリビオン/あらすじ結末までネタバレ満開 第26段落】
 それを成し遂げるためにジャック・ハーパーのクローンが“テト”に何千体もつくられて、初めは地球征服の侵略軍として使われた。それからは、エイリアンでなくて人間を見つけたら攻撃して殺すようにプログラムしたドローンを使ってきたのだった。

【オブリビオン/あらすじ結末までネタバレ満開 第27段落】
 ジャックは盗んだドローンに、“テト”の心臓部まで核兵器を乗せて運べるようにプログラムし直すのを手伝う。けれども、司令官のサリーはジャックのクローン“技師 52”からDNAを入手して、三機のドローンに反乱軍基地まで追跡させる。

【オブリビオン/あらすじ結末までネタバレ満開 第28段落】
 それに攻撃されて反乱軍基地は多大な痛手を負い、死傷者が多数出る。生き残ったのはジャックとジュリアとビーチとサイクスらだ。マルコム・ビーチも致命傷を負ったが、三機のドローンを負かすことは出来た。そして爆弾が破裂する際、サリーの顔を見たかったよ、とビーチは述べた。

【オブリビオン/あらすじ結末までネタバレ満開 第29段落】
 捕らえたドローン一機はその混乱の中で破壊された。でも核兵器はそのままだ。ジャックは、“テト”まで自分が乗っていってその核兵器を撃ち込むしかないと腹を決める。しかし、それでは近付いたら撃ち落とされるのは明白だ。

【オブリビオン/あらすじ結末までネタバレ満開 第30段落】
 すると、ジュリアがこう提案する。サリーはビクトリアのクローンよりもジュリアのクローンとの方がジャックともっと効果的なチームになると断定したので、私をサリーの所へ遣って、と。ジャックは“テト”を自ら攻撃することを決断し、もっと前に要求されたようにジュリアを連れて行くと、サリーに告げる。

【オブリビオン/あらすじ結末までネタバレ満開 第31段落】
 ジャックはジュリアを睡眠カプセルに入れて、スペースステーションへ向けて宇宙船に乗る。船内で、“オデッセイ”から復元したフライトレコーダーに耳を傾けたジャックはこう分かる。2017年、オリジナルのジャック・ハーパー機長は副操縦士のビクトリアと共にNASAの宇宙船オデッセイを操縦していた。

【オブリビオン/あらすじ結末までネタバレ満開 第32段落】
 それは、当時新発見のテトの調査のためだった。NASA司令室(管制官:キャサリン・キム・プン、管制官:ジェイソン・スタンレー、ブースター・エンジニア:ジェレミー・サンド)にいるサリーへの報告で、オデッセイの本来の任務は、タイタンへ飛行することだった。ジャックの妻も大勢の職員も低温睡眠状態で乗船していた。

【オブリビオン/あらすじ結末までネタバレ満開 第33段落】
 テトに近付くと帰還標識によって引きこまれてNASA司令室と連絡が取れなくなった。このままでは捕まってしまうと悟ったジャックは、睡眠カプセルを乗せた宇宙船を地球の周りを軌道に乗って回るようにプログラムして、緊急脱出させたのだった。妻の眠るカプセルもその中にあった。

【オブリビオン/あらすじ結末までネタバレ満開 第34段落】
 その直後、宇宙船はテトに引き込まれてしまった。一方、カプセルは地球の周りを軌道に乗って60年間回り、遂に地球上に落ちたのだった。こういう事実をフライトレコーダーから知って、ジャックはテトに入っていく。そこには、ジャックとビクトリアのクローンを抱えたポッドが何千もある。

【オブリビオン/あらすじ結末までネタバレ満開 第35段落】
 実は、ジャックの行動に不信を抱いたサリーはドローンを二機、ジャックの船に追尾させていた。サリーは最近のジャックの不従順な態度を問題視して、彼の心拍数や体温が高くなっている理由を知りたがっている。ジャックはそういうサリーにいつ殺されるか分からない事態なので、ただジュリアを届けに来て暮らしたいだけですと答える。

▲TOPへ

◆ここからは、最後の結末まで書いていて完全にネタバレしていますので、ストーリー全体が分ります。御注意下さい。
 ATTN: This review reveals the movie content. Please don't say that I didn't say !


★以下のネタバレ日本語訳は、映画『オブリビオン』の公開日2013年5月31日(金)の翌日、又は翌日以降に公開予定ですが、映画をご覧になる前に、前もって<ストーリー/あらすじ/結末までの完全ネタバレ日本語版>をお読みになりたい方は、以下をクリックしてください。

 ・・・結末までの完全ネタバレはこちらから・・・⇒

 ・・・結末までの完全ネタバレ(幸田幸ブログ版)はこちらから・・・⇒
 http://coda21.publog.jp/archives/28891195.html

【感謝とお願い】多くの皆様にこのネタバレコーナーにアクセス頂き、ありがとうございますm(__)m
 もしクリックしてもネタバレファイルにジャンプしない場合は、映画会社や配給会社への配慮として、まだリンクを貼っていない期間です。リクエスト・メールが多い場合は(お返事は出せませんが)、タイミングを見計らって、映画公開一週間前にはアップしますので、どうかご了承ください。

 本ファイル<ネタバレ結末/オブリビオン>や、このページの他の「ネタバレ」コンテンツは、先行公開されている海外の映画作品を劇場鑑賞やDVD鑑賞したり、<Wikipedia>英語版の記事やその他の海外映画情報を幸田幸@映画の森てんこ森が翻訳編集したりして、ネタバレ版テキストを作成・アップしています。<ネタバレ結末/オブリビオン>のあらすじに私の鑑賞誤解があったり、文章表現が稚拙であったり、直訳的だったり、翻訳ミスがある場合がありますので、どうかご了承くださいますようにお願い申し上げます。
以上。

※参考資料:映画『オブリビオン』-Wikipedia、『OBLIVION』-Wikipedia英語版、『OBLIVION』-IMDb、『オブリビオン』EPK、公式サイト
| ←前の閲覧ページに戻る |▲TOP | ▲目次 |
映画の森てんこ森代表:幸田幸
coda_sati@hotmail.com
「映画の森てんこ森」へ 「旅行の森てんこ森」へ
映画解説・レヴュータイトル一覧表へ
映画の森てんこ森 バナー03

映画の森てんこ森 coda21幸田幸 クレジット バナー01
幸のイタリア各都市情報へ
旅行の森てんこ森 バナー03
136x70
本サイトの作文、データ及び画像などのコンテンツの無断転用はお控え下さい。
貴サイトへの御掲載についてはメールにてお知らせ頂ければ幸いです。
© 2002-2013 Sachi CODA at Eigano-Mori Tenko-Mori, CODA21. All Rights Reserved.



borocsoborocso  at 12:00 この記事をクリップ! 

ネタバレ映画/G.I.ジョー バック2リベンジ@映画の森てんこ森

ネタバレ映画/G.I.ジョー バック2リベンジ@映画の森てんこ森
 映画の森てんこ森■映画解説と予告編とレヴュー■映画ネタバレ
G.I.ジョー バック2リベンジ
G.I. JOE: RETALIATION
| 「映画の森てんこ森」表紙 | 新作映画Top | タイトル一覧 | 本ページ更新 |
ネタバレ映画/G.I.ジョー バック2リベンジ
ネタバレ注意@映画の森てんこ森
ストーリー展開の前知識やネタバレがお好みでない方は、読まないで下さい。
■ネタバレ映画/G.I.ジョー バック2リベンジ@映画の森てんこ森
 GoogleやYahoo!の検索エンジンで、映画の森てんこ森のネタバレファイルをお探しの場合は、
ネタバレ G.I.ジョー バック2リベンジ>又は
G.I.ジョー バック2リベンジ ネタバレ>と入力してください。

【『G.I.ジョー バック2リベンジ』ネタバレ】
ネタバレご注意:以下の<ネタバレ映画/G.I.ジョー バック2リベンジ@映画の森てんこ森>のあらすじ・ストーリー・結末にはネタバレが含まれています。映画『 G.I.ジョー バック2リベンジ (2013) G.I. JOE: RETALIATION 』をまだご覧になっていない方は、どうかネタバレにご注意ください。
 Warning!Plot synopsis, storyline and story-end items below here contain information that may give away important plot points. You may not want to read any further if you've not already seen this title.

★『 G.I.ジョー バック2リベンジ 』劇場公開情報
 2013年6月8日(土)より、TOHOシネマズ スカラ座他、全国3D&2D公開!!
 ※日本配給情報: 劇場公開(パラマウント映画)


 本ファイル<ネタバレ映画/G.I.ジョー バック2リベンジ>や、このページの他の「ネタバレ」コンテンツは、先行公開されている海外の映画作品を劇場鑑賞やDVD鑑賞したり、<Wikipedia>英語版の記事やその他の海外映画情報を幸田幸@映画の森てんこ森が翻訳編集したりして、ネタバレ版テキストを作成・アップしています。<ネタバレ映画/G.I.ジョー バック2リベンジ>のあらすじに私の鑑賞誤解があったり、文章表現が稚拙であったり、直訳的だったり、翻訳ミスがある場合がありますので、どうかご了承くださいますようにお願い申し上げます。

<ネタバレ映画/G.I.ジョー バック2リベンジ>の仕切り線

【ネタバレ映画/G.I.ジョー バック2リベンジ(あらすじ結末) 第01段落】
 北朝鮮の非武装地帯。史上最強の国際機密部隊“G.I.ジョー”が軍事基地に侵入している。忍び込んでいるのはデューク(チャニング・テイタム)、ロードブロック(ドウェイン・ジョンソン)、フリント(D・J・コトローナ)。監視役はレディ・ジェイ(エイドリアンヌ・パリッキ)。

【ネタバレ映画/G.I.ジョー バック2リベンジ(あらすじ結末) 第02段落】
 スナイパーはマウス(ジョセフ・マッゼロ)で、兵士のコーヒーマグを撃って牽制の陽動作戦となる。突然、ロードブロックは警報を出されて、基地で立っている“G.I.ジョー”国際機密部隊の旗を見て驚く。

【ネタバレ映画/G.I.ジョー バック2リベンジ(あらすじ結末) 第03段落】
 ここで、コブラ軍とその武器商人デストロについての短いナレーション。G.I.ジョーがコブラ軍とその武器商人デストロを如何にして捕まえたか、そして彼らが今は凶悪犯罪者用の刑務所に収監されていることが説明される。

【ネタバレ映画/G.I.ジョー バック2リベンジ(あらすじ結末) 第04段落】
 デュークはロードブロックとフリントとレディ・ジェイとスネークアイズ(レイ・パーク)を率いるリーダーだ。けれども、ストームシャドー(イ・ビョンホン)とザルタン(アーノルド・ヴォスルー)は未だに逃走中だ。

【ネタバレ映画/G.I.ジョー バック2リベンジ(あらすじ結末) 第05段落】
 デュークとロードブロックがロードブロックの家でビデオゲームをして遊んでいる。デュークはロードブロックの二人の娘(ブレリン・プランバー、アマヤ・プランバー)に飛びつかれる。そこで、パキスタンの大統領(ナイーム・アルヘリミ)が暗殺されたニュースをテレビで知る。

【ネタバレ映画/G.I.ジョー バック2リベンジ(あらすじ結末) 第06段落】
 アメリカ合衆国大統領(ジョナサン・プライスだが、実はザルタンの変装)が部下と会って策略し、核兵器を盗みにG.I.ジョーをパキスタンに遣らすことを決定する。G.I.ジョーはパキスタンの軍事基地に向かい、銃撃戦で負かして核兵器を入手する。

【ネタバレ映画/G.I.ジョー バック2リベンジ(あらすじ結末) 第07段落】
 G.I.ジョーのリーダー、デュークは成果をホワイトハウスに連絡する。米国大統領に変装しているザルタンは、真の大統領を隠している地下施設に入っていく。偽大統領は真大統領にナノマイトを見せびらかし、国民は俺の政治の方が気に入っているのだと言い張る。

【ネタバレ映画/G.I.ジョー バック2リベンジ(あらすじ結末) 第08段落】
 そんな頃、デュークとロードブロックはジェット機が近付いて来たのを警備のためだと思ったら、彼らを射撃し始め、爆弾も落としてくる。G.I.ジョーのチームは撃ち返して身を守り合うけれど、フリントを救おうとしたデュークは爆撃で殺害されてしまう。

【ネタバレ映画/G.I.ジョー バック2リベンジ(あらすじ結末) 第09段落】
 ロードブロックとフリントとレディ・ジェイは井戸に隠れて敵の目を欺き、生存できた。そして翌朝、井戸から出てきた三人が耳にしたのは、偽大統領のザルタンがその攻撃に関して国民にしている演説だ。何と、パキスタン攻撃をG.I.ジョーに濡れ衣を着せ、パキスタン大統領暗殺はスネークアイズに濡れ衣を着せているのだ。

【ネタバレ映画/G.I.ジョー バック2リベンジ(あらすじ結末) 第10段落】
 ドイツの凶悪犯罪者用の刑務所ではスネークアイズが入所する。ナイジェル・ジェームズ刑務所長(ウォルトン・ゴギンズ)が迎え、彼を地下に連れて行く。そこには、コブラコマンダー(ファラン・タヒール、IMDbによるとルーク・ブレイシー)とデストロが収監されている。

【ネタバレ映画/G.I.ジョー バック2リベンジ(あらすじ結末) 第11段落】
 彼らが入れられているのは管で、心臓と目以外は全身を麻痺させる物質で満たされている管だ。それを見せながら、ジェームズ刑務所長は「地獄へようこそ」と豪語する。それに応えるスネークアイズは仮面を剥がすと、イ・ビョンホン演じるストームシャドーだった。

【ネタバレ映画/G.I.ジョー バック2リベンジ(あらすじ結末) 第12段落】
 コブラの傭兵ファイヤーフライ(レイ・スティーヴンソン)が到着して、爆弾を仕掛けて刑務所に入り込む。それと同時に、独房に入れられたストームシャドーは看守を驚かすように心臓の鼓動を止める。その混乱の中でストームシャドーは逃走して看守たちを殺害。

【ネタバレ映画/G.I.ジョー バック2リベンジ(あらすじ結末) 第13段落】
 ストームシャドーはコブラコマンダーを脱獄させるが、デストロは絆がないからと救出しない。彼らは入ってきたファイヤーフライと合流し、ジェームズ刑務所長はガス処刑室を撃って爆発を起こす。するとジェームズ刑務所長はコブラコマンダーに殺され、ストームシャドーはその爆発のために背中にひどい火傷を負った。

▲TOPへ

◆ここからは、結末まで書いてネタバレしていますので、ストーリー全体が分ります。御注意下さい。
 ATTN: This review reveals the movie content. Please don't say that I didn't say !


★以下のネタバレ日本語訳は、映画『G.I.ジョー バック2リベンジ』の公開日2013年6月8日(土)の翌日、又は翌日以降に公開予定ですが、映画をご覧になる前に、前もって<ストーリー/あらすじ/結末までの完全ネタバレ日本語版>をお読みになりたい方は、以下をクリックしてください。

 ・・・続きは<ネタバレ結末/G.I.ジョー バック2リベンジ>をお読みください⇒


【感謝とお願い】多くの皆様にこのネタバレコーナーにアクセス頂き、ありがとうございますm(__)m
 GoogleやYahoo!の検索エンジンで、映画の森てんこ森のネタバレファイルをお探しの場合は
ネタバレ G.I.ジョー バック2リベンジ>又は
G.I.ジョー バック2リベンジ ネタバレ>と入力してください。

 もしクリックしてもネタバレファイルにジャンプしない場合は、映画会社や配給会社への配慮として、まだリンクを貼っていない期間です。リクエスト・メールが多い場合は(お返事は出せませんが)、タイミングを見計らって、映画公開一週間前にはアップしますので、どうかご了承ください。
以上。

※参考資料:映画『G.I.ジョー バック2リベンジ』-Wikipedia、『G.I. JOE: RETALIATION』-Wikipedia英語版、『G.I. JOE: RETALIATION』-IMDb、『G.I.ジョー バック2リベンジ』EPK、公式サイト
| ←前の閲覧ページに戻る |▲TOP | ▲目次 |
映画の森てんこ森代表:幸田幸
coda_sati@hotmail.com
「映画の森てんこ森」へ 「旅行の森てんこ森」へ
映画解説・レヴュータイトル一覧表へ
映画の森てんこ森 バナー03

映画の森てんこ森 coda21幸田幸 クレジット バナー01
幸のイタリア各都市情報へ
旅行の森てんこ森 バナー03
136x70
本サイトの作文、データ及び画像などのコンテンツの無断転用はお控え下さい。
貴サイトへの御掲載についてはメールにてお知らせ頂ければ幸いです。
© 2002-2013 Sachi CODA at Eigano-Mori Tenko-Mori, CODA21. All Rights Reserved.



borocsoborocso  at 20:00 この記事をクリップ! 

映画『G.I.ジョー バック2リベンジ』@映画の森てんこ森

G.I.ジョー バック2リベンジ@映画の森てんこ森
 | 表紙 | 目次 | 読む映画試写会 | レヴュー | 観たい度映画 | 予告編 | エッセイ | 日誌 | 試写会情報 |
リンク集 | 映画ゲーム思い出映画| 映画レヴュー10000字超 | 映画解説タイトル一覧表 |
幸のカレンダー | ぼろくそパパの独り言 | livedoorブログ | 旅行の森てんこ森 |
ブロードバンドB版 | 恭子の動画映像ブログ | 恭子の「YouTube」 | サイト内検索 |
 映画の森てんこ森■映画解説と予告編とレヴュー
G.I.ジョー バック2リベンジ (2013)
G.I. JOE: RETALIATION
※クリックでYouTube『G.I.ジョー バック2リベンジ G.I. JOE: RETALIATION』予告編へ
▲上のスライドショーを初めから見る
※予告編はYouTube「リンク」モードで掲載。Trailer Courtesy of gijoemovie
(C) 2013 Paramount Pictures. All Rights Reserved. Hasbro and its logo, G.I. JOE and all related characters are Trademarks of Hasbro and used with permission. All Rights Reserved.
| 「目次」Topページ | 「B版」Topページ | 本ページ更新 | 本ページ最終更新 |
【 目次 】
■映画『 G.I.ジョー バック2リベンジ (2013) G.I. JOE: RETALIATION 』の映画データ
■映画『 G.I.ジョー バック2リベンジ (2013) G.I. JOE: RETALIATION 』の解説
 ネタバレが含まれている場合があります。
■映画『 G.I.ジョー バック2リベンジ (2013) G.I. JOE: RETALIATION 』のフィルモ&トリビア
■映画『 G.I.ジョー バック2リベンジ (2013) G.I. JOE: RETALIATION 』のスタッフとキャスト
□映画『 G.I.ジョー バック2リベンジ (2013) G.I. JOE: RETALIATION 』のキャスト/登場人物
■映画『 G.I.ジョー バック2リベンジ (2013) G.I. JOE: RETALIATION 』のあらすじ・ストーリー
■映画『 G.I.ジョー バック2リベンジ (2013) G.I. JOE: RETALIATION 』の<ネタバレ/もっと詳しく>
 <ネタバレ/もっと詳しく>は映画『 G.I.ジョー バック2リベンジ (2013) G.I. JOE: RETALIATION 』の「テキストによる映画の再現」レヴュー(あらすじとネタバレ)です。
 ※ご注意:映画『 G.I.ジョー バック2リベンジ (2013) G.I. JOE: RETALIATION 』の内容やネタバレがお好みでない方は読まないで下さい。
■映画『 G.I.ジョー バック2リベンジ (2013) G.I. JOE: RETALIATION 』のWikipedia情報
■映画『 G.I.ジョー バック2リベンジ (2013) G.I. JOE: RETALIATION 』の評論×感想
映画『 G.I.ジョー バック2リベンジ (2013) G.I. JOE: RETALIATION 』予告編や関連映像映画『 G.I.ジョー バック2リベンジ 』の予告編や関連映像を観る→
映画『 G.I.ジョー バック2リベンジ (2013) G.I. JOE: RETALIATION 』ビデオ動画映像映画『 G.I.ジョー バック2リベンジ 』の色々なビデオ映像を観る→
映画『 G.I.ジョー バック2リベンジ (2013) G.I. JOE: RETALIATION 』写真・スチル画像映画『 G.I.ジョー バック2リベンジ 』の色々な写真やスチルを観る→
映画『 G.I.ジョー バック2リベンジ (2013) G.I. JOE: RETALIATION 』ポスター画像映画『 G.I.ジョー バック2リベンジ 』の色々なポスターを観る→
■映画『 G.I.ジョー バック2リベンジ (2013) G.I. JOE: RETALIATION 』の更新記録

映画『 G.I.ジョー バック2リベンジ 』あらすじ・ストーリーのネタバレ/結末まで完全ネタバレ

by ネタバレンタイン犬@映画の森てんこ森 映画『G.I.ジョー バック2リベンジ』のネタバレ⇒別ファイル「G.I.ジョー バック2リベンジのネタバレ」へ
★2013年6月8日(土)より、TOHOシネマズ スカラ座他、全国3D&2D公開!!


>>
「映画解説・レヴュータイトル一覧表」へ(画面の切り替え)
■映画『 G.I.ジョー バック2リベンジ (2013) G.I. JOE: RETALIATION 』の映画データ
G.I.ジョー バック2リベンジ
映画『 G.I.ジョー バック2リベンジ (2013) G.I. JOE: RETALIATION 』ポスター
Links:  Official Web Site(日本語)
Official Web Site(英語)
Trailers:  日本語予告編
海外予告編
IMDb予告編

Poster Courtesy of IMDb
※クリックでポスター拡大
860x1280画像1枚)


★海外の色々なポスターは
こちらをクリック↓
■邦題:G.I.ジョー バック2リベンジ
■英語題:G.I. JOE: RETALIATION
■メディア:映画/カラー
■上映時間:110 分
■製作国:アメリカ合衆国
■言語:英語
■制作会社:Paramount Pictures(パラマウント・ピクチャーズ)、Metro-Goldwyn-Mayer(メトロ・ゴールドウィン・メイヤー)、Skydance Productions(スカイダンス・プロダクションズ)、Hasbro(ハズブロ)、Di Bonaventura Pictures(ディ・ボナヴェンチュラ・ピクチャーズ)
■製作年:2013年
■製作費:$130,000,000 (推定)
■興行収入:国内=$120,583,485 (2013年5月28日現在)
■海外興行収入:$237,900,000
■全世界興行収入:$358,483,485 ※2013年5月28日現在調査
■アメリカ公開年月:2013年3月28日全米公開
■日本公開年月:2013年6月8日(土)全国公開
■日本配給情報:劇場公開(パラマウント映画)
■ジャンル:アクション/冒険/SF
■映倫:G
■公式サイト(日本)
 『G.I.ジョー バック2リベンジ
 http://www.gi-j.jp/
■公式サイト(英語版)
 『G.I. JOE: RETALIATION
 http://www.gijoemovie.com/(英語)
■IMDb情報
 『G.I. JOE: RETALIATION
 http://www.imdb.com/title/tt1583421/
■キャッチコピー:
 斬られるか。
 撃たれるか。
■劇場公開情報:2013年6月8日(土)
 2013年6月8日(土)より、TOHOシネマズ スカラ座他、全国3D&2D公開!!

※旧作の映画は公式サイトや予告編は閉鎖・削除される場合がありますのでご了承ください。
編集:小沢栄三 
© Images copyright their respective owners; usually the distributor of the above titled movie unless otherwise noted.
| ←前の閲覧ページに戻る |▲TOP | ▲予告編 | ▲目次 |
映画の森てんこ森代表:幸田幸
coda_sati@hotmail.com
「映画の森てんこ森」へ 「旅行の森てんこ森」へ
映画解説・レヴュータイトル一覧表へ
映画の森てんこ森 バナー03

映画の森てんこ森 coda21幸田幸 クレジット バナー01
幸のイタリア各都市情報へ
旅行の森てんこ森 バナー03
136x70
本サイトの作文、データ及び画像などのコンテンツの無断転用はお控え下さい。
貴サイトへの御掲載についてはメールにてお知らせ頂ければ幸いです。
© 2002-2013 Sachi CODA at Eigano-Mori Tenko-Mori, CODA21. All Rights Reserved.



borocsoborocso  at 12:00 この記事をクリップ! 

映画「バレット」ポスター@映画の森てんこ森

coda21 観たい度映画のポスター@映画の森てんこ森
「観たい映画ポスター」アニメロゴ@映画の森てんこ森
表紙目次読む映画試写会レヴュー観たい度映画予告編エッセイ日誌試写会情報
リンク集映画ゲーム思い出映画
| 映画レヴュー10000字超 | 映画解説タイトル一覧表 |
幸のカレンダーぼろくそパパの独り言 | livedoorブログ | 旅行の森てんこ森 |
ブロードバンドB版 | 恭子の動画映像ブログ | 恭子の「YouTube」 | サイト内検索 |
★映画の森てんこ森★

映画『バレット』ポスター
映画『 バレット (2012) BULLET TO THE HEAD 』
★映画『バレット』の解説はこちら⇒
★映画『バレット』の予告編はこちら⇒
★映画『バレット』ネタバレlivedoor版はこちら⇒
★映画『バレット』ネタバレの恭子版はこちら⇒
■映画『バレット』の劇場公開情報
2013年6月1日(土)より、
新宿ピカデリー他全国ロードショー!!

| 「目次」Topページ | 本ページ更新 | 本ページ最終更新 |

映画『バレット』のポスター(1)
映画『バレット BULLET TO THE HEAD』ポスター(1)

▼ポスター画像クリックで拡大します。
(C)2012 The Estate of Redmond Barry LLC.All right reserved.
「バレット」ポスター01

※ポスター、又はここをクリックでポスター(1)を860x1280pxlsのポスターに拡大。

映画『バレット』のポスター(2)
映画『バレット BULLET TO THE HEAD』ポスター(2)

▼ポスター画像クリックで拡大します。
(C)2012 The Estate of Redmond Barry LLC.All right reserved.
「バレット」ポスター02

※ポスター、又はここをクリックで(2)を960x1280pxlsのポスターに拡大。

映画『バレット』のポスター(3)
映画『バレット BULLET TO THE HEAD』ポスター(3)

▼ポスター画像クリックで拡大します。
(C)2012 The Estate of Redmond Barry LLC.All right reserved.
「バレット」ポスター03

※ポスター、又はここをクリックで(3)を900x1280pxlsのポスターに拡大。

映画『バレット』のポスター(4)
映画『バレット BULLET TO THE HEAD』ポスター(4)

▼ポスター画像クリックで拡大します。
(C)2012 The Estate of Redmond Barry LLC.All right reserved.
「バレット」ポスター04

※ポスター、又はここをクリックで(4)を900x1280pxlsのポスターに拡大。

映画『バレット』のポスター(5)
映画『バレット BULLET TO THE HEAD』ポスター(5)

▼ポスター画像クリックで拡大します。
(C)2012 The Estate of Redmond Barry LLC.All right reserved.
「バレット」ポスター05

※ポスター、又はここをクリックで(5)を1280x960pxlsのポスターに拡大。

映画『バレット』のポスター(6)
映画『バレット BULLET TO THE HEAD』ポスター(6)

▼ポスター画像クリックで拡大します。
(C)2012 The Estate of Redmond Barry LLC.All right reserved.
「バレット」ポスター06

※ポスター、又はここをクリックで(6)を1280x890pxlsのポスターに拡大。

映画『バレット』のポスター(7)
映画『バレット BULLET TO THE HEAD』ポスター(7)

▼ポスター画像クリックで拡大します。
(C)2012 The Estate of Redmond Barry LLC.All right reserved.
「バレット」ポスター07

※ポスター、又はここをクリックで(7)を1280x890pxlsのポスターに拡大。

★映画『バレット』の詳しい映画情報はこちら⇒
★映画『バレット』のネタバレはこちら⇒

▲TOPへ
編集:志賀まなみ
「映画の森てんこ森」へ 「旅行の森てんこ森」へ
映画解説・レヴュータイトル一覧表へ
映画の森てんこ森 バナー03

映画の森てんこ森 coda21幸田幸 クレジット バナー01
幸のイタリア各都市情報へ
旅行の森てんこ森 バナー03
136x70
本サイトの作文、データ及び画像などのコンテンツの無断転用はお控え下さい。
(c)2002-2013 Eigano-Mori Tenko-Mori, CODA21. All Rights Reserved.


borocsoborocso  at 12:00 この記事をクリップ! 

G.I.ジョー バック2リベンジの解説@映画の森てんこ森

G.I.ジョー バック2リベンジの解説@映画の森てんこ森
 映画の森てんこ森■映画解説
G.I.ジョー バック2リベンジの解説
G.I. JOE: RETALIATION
| 「映画の森てんこ森」表紙 | 新作映画Top | タイトル一覧 | 本ページ更新 |
■G.I.ジョー バック2リベンジの解説
【映画『G.I.ジョー バック2リベンジ』解説】#01
 映画『 G.I.ジョー バック2リベンジ (2013) G.I. JOE: RETALIATION 』は、ジョン・チュウ監督による2013年公開のアメリカ合衆国のアクション映画。製作国アメリカ合衆国では、2013年3月28日全米公開。公開されるや否や全米初登場一位となった。日本では、2013年6月8日(土)より、パラマウント映画より配給、全国公開される予定だ。

 本作『 G.I.ジョー バック2リベンジ (2013) G.I. JOE: RETALIATION 』のポスターのキャッチコピーは、
 <斬られるか。
 撃たれるか。>

【映画『G.I.ジョー バック2リベンジ』解説】#02
 ★映画『 G.I.ジョー バック2リベンジ (2013) G.I. JOE: RETALIATION 』の指揮を執る監督は、本映画『 G.I.ジョー バック2リベンジ (2013) G.I. JOE: RETALIATION 』他、『 ステップ・アップ 』第2.3.4作、『 ジャスティン・ビーバー ネヴァー・セイ・ネヴァー (2011) 』等のジョン・M・チュウ Jon M. Chu
 ★脚本は、本映画『 G.I.ジョー バック2リベンジ (2013) G.I. JOE: RETALIATION 』他、『 ゾンビランド (2009) 』等のレット・リース Rhett Reeseポール・ワーニック Paul Wernick
 ★製作には、本映画『 G.I.ジョー バック2リベンジ (2013) G.I. JOE: RETALIATION 』他、『 ラストスタンド (2012) THE LAST STAND 』『 崖っぷちの男 (2012) MAN ON A LEDGE 』『 トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン (2011) TRANSFORMERS: DARK OF THE MOON 』『 G.I.ジョー (2009) 』『 トランスフォーマー/リベンジ (2009) TRANSFORMERS: REVENGE OF THE FALLEN 』『 トランスフォーマー (2007) TRANSFORMERS 』『 DOOM ドゥーム (2005) DOOM 』『 フォー・ブラザーズ/狼たちの誓い (2005) FOUR BROTHERS 』『 コンスタンティン (2004) CONSTANTINE 』等のロレンツォ・ディ・ボナヴェンチュラ Lorenzo di Bonaventura、そして『 バトルシップ (2012) BATTLESHIP 』『 G.I.ジョー (2009) 』等のブライアン・ゴールドナー Brian Goldner
 ★製作総指揮には、本映画『 G.I.ジョー バック2リベンジ (2013) G.I. JOE: RETALIATION 』他、『 君への誓い (2012) THE VOW 』『 ツーリスト (2010) THE TOURIST 』『 G.I.ジョー (2009) 』等のロジャー・バーンバウム Roger Birnbaum、『 アウトロー (2012) JACK REACHER 』『 ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル (2011) MISSION: IMPOSSIBLE - GHOST PROTOCOL 』『 トゥルー・グリット (2010) TRUE GRIT 』等のデヴィッド・エリソン David Ellisonポール・シュウェイク Paul Schwake、『 グリーン・ランタン (2011) GREEN LANTERN 』『 蝋人形の館 (2005) HOUSE OF WAX 』等のハーバート・W・ゲインズ Herbert W. Gains、『 アウトロー (2012) JACK REACHER 』『 ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル (2011) MISSION: IMPOSSIBLE - GHOST PROTOCOL 』『 ハッピーフィート (2006) HAPPY FEET 』等のデイナ・ゴールドバーグ Dana Goldberg、『 G.I.ジョー (2009) 』『 フォー・ブラザーズ/狼たちの誓い (2005) FOUR BROTHERS 』等のエリク・ハウサム Erik Howsam、『 君への誓い (2012) THE VOW 』『 ツーリスト (2010) THE TOURIST 』『 G.I.ジョー (2009) 』『 レジェンド・オブ・ゾロ (2005) THE LEGEND OF ZORRO 』『 SAYURI (2005) MEMOIRS OF A GEISHA 』等のゲイリー・バーバー Gary Barber、そして『 G.I.ジョー (2009) 』『 ヴァン・ヘルシング (2004) VAN HELSING 』『 スコーピオン・キング (2002) 』『 ハムナプトラ2/黄金のピラミッド (2001) THE MUMMY RETURNS 』『 ハムナプトラ/失われた砂漠の都 (1999) 』等のスティーヴン・ソマーズ Stephen Sommers
 ★音楽は、本映画『 G.I.ジョー バック2リベンジ (2013) G.I. JOE: RETALIATION 』他、『 リンカーン/秘密の書 (2012) ABRAHAM LINCOLN: VAMPIRE HUNTER 』『 崖っぷちの男 (2011) MAN ON A LEDGE 』『 くまのプーさん (2011) WINNIE THE POOH 』『 ガリバー旅行記 (2010) GULLIVER'S TRAVELS 』『 キック・アス (2010) KICK-ASS 』等のヘンリー・ジャックマン Henry Jackman
 ★撮影監督は、本映画『 G.I.ジョー バック2リベンジ (2013) G.I. JOE: RETALIATION 』他、『 ワイルド・スピード MEGA MAX (2011) FAST FIVE 』『 蝋人形の館 (2005) HOUSE OF WAX 』『 アナコンダ2 (2004) ANACONDAS: THE HUNT FOR THE BLOOD ORCHID 』『 タキシード (2002) THE TUXEDO 』等のスティーヴン・ウィンドン Stephen Windon
 ★編集は、この映画の森てんこ森では、本映画『 G.I.ジョー バック2リベンジ (2013) G.I. JOE: RETALIATION 』他、『 THE GREY 凍える太陽 (2012) THE GREY 』『 トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン (2011) TRANSFORMERS: DARK OF THE MOON 』『 悪魔の棲む家 (2005) THE AMITYVILLE HORROR 』『 アイランド (2005) THE ISLAND 』『 スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐 (2005) STAR WARS: EPISODE III - REVENGE OF THE SITH 』『 ゴーストシップ (2002) GHOST SHIP 』等のロジャー・バートン Roger Barton、そして『 ナルニア国物語/第1章:ライオンと魔女 (2005) THE CHRONICLES OF NARNIA: THE LION, THE WITCH AND THE WARDROBE 』等のジム・メイ Jim May
 ★プロダクション・デザインは、本映画『 G.I.ジョー バック2リベンジ (2013) G.I. JOE: RETALIATION 』他、『 ナイト&デイ (2010) 』等のアンドリュー・メンジース Andrew Menzies
 ★衣装デザインは、この映画の森てんこ森では、本映画『 G.I.ジョー バック2リベンジ (2013) G.I. JOE: RETALIATION 』他、『 バトルシップ (2012) BATTLESHIP 』『 スーパーマン リターンズ (2006) SUPERMAN RETURNS 』等のルイーズ・ミンゲンバック Louise Mingenbach
 ★視覚効果監修(VFXスーパーバイザー)には、本映画『 G.I.ジョー バック2リベンジ (2013) G.I. JOE: RETALIATION 』他、『 崖っぷちの男 (2012) MAN ON A LEDGE 』『 シャンハイ (2010) SHANGHAI 』『 アイアンマン2 (2010) IRON MAN 2 』等のジェームズ・マディガン James Madigan、そして『 グリーン・ランタン (2011) GREEN LANTERN 』『 アイ・アム・ナンバー4 (2011) I AM NUMBER FOUR 』『 ペイチェック 消された記憶 (2003) PAYCHECK 』『 ザ・コア (2003) THE CORE 』等のグレゴリー・L・マクマリー Gregory L. McMurry

【映画『G.I.ジョー バック2リベンジ』解説】#03
 『 G.I.ジョー バック2リベンジ (2013) G.I. JOE: RETALIATION 』のキャストは、
 ★ジョー・コルトン司令官役に、『 ムーンライズ・キングダム (2012) MOONRISE KINGDOM 』『 LOOPER/ルーパー (2012) LOOPER 』『 シャドー・チェイサー (2012) THE COLD LIGHT OF DAY 』『 エクスペンダブルズ2 (2012) THE EXPENDABLES 2 』『 エクスペンダブルズ (2010) THE EXPENDABLES 』等のブルース・ウィリス Bruce Willis
 ★アメリカ合衆国大統領役に、『 G.I.ジョー (2009) 』『 パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド (2007) PIRATES OF THE CARIBBEAN: AT WORLD'S END 』『 パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト (2006) PIRATES OF THE CARIBBEAN: DEAD MAN'S CHEST 』『 ニュー・ワールド (2005) THE NEW WORLD 』『 パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち (2003) PIRATES OF THE CARIBBEAN: THE CURSE OF THE BLACK PEARL 』『 マリー・アントワネットの首飾り (2001) THE AFFAIR OF THE NECKLACE 』『 RONIN (1998) RONIN 』『 007/トゥモロー・ネバー・ダイ (1997) 』等のジョナサン・プライス Jonathan Pryce
 ★ストームシャドー役に、『 G.I.ジョー (2009) 』『 甘い人生 (2005) A BITTERSWEET LIFE 』『 美しい夜、残酷な朝 (2004) THREE... EXTREMES 』等のイ・ビョンホン Byung-hun Lee
 ★ロードブロック役に、『 センター・オブ・ジ・アース2 神秘の島 (2012) JOURNEY 2: THE MYSTERIOUS ISLAND 』『 ワイルド・スピード MEGA MAX (2011) FAST FIVE 』『 アザー・ガイズ 俺たち踊るハイパー刑事! (2010) THE OTHER GUYS 』等のドウェイン・ジョンソン Dwayne Johnson
 ★ジンクス役に、『 ドラゴン・タトゥーの女 (2011) THE GIRL WITH THE DRAGON TATTOO 』等のエロディ・ユン Elodie Yung
 ★ファイヤーフライ役に、『 三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船 (2011) THE THREE MUSKETEERS 』『 マイティ・ソー (2011) THOR 』『 アザー・ガイズ 俺たち踊るハイパー刑事! (2010) THE OTHER GUYS 』等のレイ・スティーヴンソン Ray Stevenson
 ★フリント役に、『 親愛なるきみへ (2010) 』等のD・J・コトローナ D.J. Cotrona
 ★レディ・ジェイ役に、『 SUPERNATURAL スーパーナチュラル<TV> 』のジェシカ・ムーアで名が知られたエイドリアンヌ・パリッキ Adrianne Palicki
 ★デューク役に、『 君への誓い (2012) THE VOW 』『 G.I.ジョー (2009) 』『 コーチ・カーター (2005) COACH CARTER 』等のチャニング・テイタム Channing Tatum
 ★スネークアイズ役に、『 G.I.ジョー (2009) 』『 バリスティック (2002) BALLISTIC: ECKS VS. SEVER 』『 X−メン (2000) X-MEN 』『 スリーピー・ホロウ (1999) SLEEPY HOLLOW 』等のレイ・パーク Ray Park
 ★コブラコマンダー役に、『 ウェアハウス13 〜秘密の倉庫 事件ファイル<TV> 』『 アイアンマン (2008) IRON MAN 』等のファラン・タヒール Faran Tahir(※IMDb によるとルーク・ブレイシー Luke Bracey)。
 ★ザルタン役に、『 エージェント・コーディ (2003) AGENT CODY BANKS 』『 ハムナプトラ2/黄金のピラミッド (2001) THE MUMMY RETURNS 』『 ハムナプトラ/失われた砂漠の都 (1999) 』等のアーノルド・ヴォスルー Arnold Vosloo
 ★ブラインドマスター役に、『 スリーデイズ (2010) THE NEXT THREE DAYS 』『 Be Cool/ビー・クール (2005) BE COOL 』『 キル・ビル Vol.2 (2004) KILL BILL: VOL. 2 』『 コーヒー&シガレッツ (2003) COFFEE AND CIGARETTES 』『 キル・ビル (2003) KILL BILL: VOLUME 1 』等のRZA RZA

【映画『G.I.ジョー バック2リベンジ』解説】#04
 本映画『 G.I.ジョー バック2リベンジ (2013) G.I. JOE: RETALIATION 』は、『トランスフォーマー』シリーズ(『 トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン (2011) TRANSFORMERS: DARK OF THE MOON 』『 トランスフォーマー/リベンジ (2009) TRANSFORMERS: REVENGE OF THE FALLEN 』『 トランスフォーマー (2007) TRANSFORMERS 』)の製作スタッフが放つ、待望の第2弾。
 本映画『 G.I.ジョー バック2リベンジ (2013) G.I. JOE: RETALIATION 』では、東西大スターの夢の競演が実現!
 冷酷な暗殺者ストームシャドーを再び演じるのは、前作の本気のアクションと衝撃の存在感で、ハリウッドをうならせたイ・ビョンホン。そして、今回新たに参戦したのはハリウッドアクションスターのあの男!アクション映画の生ける歴史にして帝王、ブルース・ウィリスだ。東西の大スターの最高峰のアクションに、全世界がひれ伏す!更に豪華な仲間も増え、G.I.ジョーNo.1 の怪力戦士ロードブロックに、格闘界のカリスマからハリウッドスターへの転身を遂げたチャンピョンベルトも持った異色の次世代のアクションスタードウェイン・ジョンソン。生き残ったG.I.ジョーのひとりレディ・ジェイに、2013年最注目のハイパーセクシー女優エイドリアンヌ・パリッキも加わった。前作から引き続き出演するデュークを演じるチャニング・テイタム、黒の戦士スネークアイズに扮するレイ・パーク等が集い、若干33歳でハリウッド超大作のメガホンを握ったハリウッド期待の新鋭ジョン・チュウ監督が描き切った。陸・海・空を縦横無尽に爆走し、東京・上海・ロンドン・ワシントンDC、そしてヒマラヤ山脈にまでをも舞台にしたこの夏最強の、ノンストップ壮絶バトルが、日本を最高に熱くする!


【映画『G.I.ジョー バック2リベンジ』解説】#05
 本映画『 G.I.ジョー バック2リベンジ (2013) G.I. JOE: RETALIATION 』は、配給するパラマウント映画が2012年5月、本作の3Dでの公開を決め、北アメリカでの公開を2012年6月29日から2013年3月29日へと延期した。
 本映画『 G.I.ジョー バック2リベンジ (2013) G.I. JOE: RETALIATION 』は、ハズブロの玩具G.I.ジョーを原作としており、2009年の『G.I.ジョー』の続編。だが、これはただの続編ではない。
 アクション、ストーリー、キャスト、スケール──すべてにド肝を抜くパワーアップと、前作を遙かに超える〈刺激〉のフルチャージを完了!
 全米では待望のアクション超大作の登場にヒートアップ!
 オープニング成績はぶっちぎりのナンバー1。それだけじゃない!
 なんとあのハリウッドスター史上最高オープニング成績を叩き出すロケットスタート。
 この夏、アクション・エンターテインメントの限界をブッつぶす、ハイパーアクション超大作の誕生だ!

 全世界で興収3 億ドルのメガヒットを記録した『G.I.ジョー』が、3D になって帰ってくる!
 是非、劇場の大画面と音響でご覧下さい!


※livedoor版【G.I.ジョー バック2リベンジの解説@映画の森てんこ森】
※参考資料:『G.I.ジョー バック2リベンジ』EPK、公式サイト『G.I.ジョー バック2リベンジ』、『G.I.ジョー バック2リベンジ G.I. JOE: RETALIATION』-Wikipedia

Text編集:安藤奈津

| ←前の閲覧ページに戻る |▲TOP | ▲目次 |
映画の森てんこ森代表:幸田幸
coda_sati@hotmail.com
「映画の森てんこ森」へ 「旅行の森てんこ森」へ
映画解説・レヴュータイトル一覧表へ
映画の森てんこ森 バナー03

映画の森てんこ森 coda21幸田幸 クレジット バナー01
幸のイタリア各都市情報へ
旅行の森てんこ森 バナー03
136x70
本サイトの作文、データ及び画像などのコンテンツの無断転用はお控え下さい。
貴サイトへの御掲載についてはメールにてお知らせ頂ければ幸いです。
© 2002-2013 Sachi CODA at Eigano-Mori Tenko-Mori, CODA21. All Rights Reserved.



borocsoborocso  at 01:20 この記事をクリップ! 

『G.I.ジョー バック2リベンジ』キャストフィルモ@映画の森てんこ森

『G.I.ジョー バック2リベンジ』キャストフィルモ@映画の森てんこ森
 映画の森てんこ森■映画『G.I.ジョー バック2リベンジ』
『G.I.ジョー バック2リベンジ』キャストフィルモ
G.I. JOE: RETALIATION
| 「映画の森てんこ森」表紙 | 新作映画Top | タイトル一覧 | 本ページ更新 |
■『G.I.ジョー バック2リベンジ』キャストフィルモ
 以下の映画『G.I.ジョー バック2リベンジ』のキャスト(cast)のフィルモグラフィーは、<『 G.I.ジョー バック2リベンジ 』キャストフィルモ>として主なキャストを番号整理しています。
 ※ネタバレご注意:以下の『 G.I.ジョー バック2リベンジ (2013) G.I. JOE: RETALIATION 』(画面切替)のスタッフのフィルモグラフィーにはネタバレが含まれている場合があります。映画『G.I.ジョー バック2リベンジ』(画面切替)をまだご覧になっていない方はご注意ください。

●『G.I.ジョー バック2リベンジ』キャストフィルモ#01★ブルース・ウィリス Bruce Willis
 本映画『 G.I.ジョー バック2リベンジ (2013) G.I. JOE: RETALIATION 』で、ジョー・コルトン司令官役を演じるブルース・ウィリス Bruce Willis は、・・・続きを読む⇒


●『G.I.ジョー バック2リベンジ』キャストフィルモ#02★ドウェイン・ジョンソン Dwayne Johnson
 本映画『 G.I.ジョー バック2リベンジ (2013) G.I. JOE: RETALIATION 』で、 ロードブロック役を演じるドウェイン・ジョンソン Dwayne Johnson は、1972/05/03生まれ、アメリカ・カリフォルニア州ヘイワード出身。ザ・ロック The Rock とも知られる。もとプロレスラーのドウェイン・ジョンソンのフィルモグラフィーを見ると、
【フィルモグラフィー】
G.I.ジョー バック2リベンジ (2013) G.I. JOE: RETALIATION 』 ロードブロック
センター・オブ・ジ・アース2 神秘の島 (2012) JOURNEY 2: THE MYSTERIOUS ISLAND 』 ハンク・パーソンズ
ワイルド・スピード MEGA MAX (2011) FAST FIVE 』 ルーク・ホブス
『 妖精ファイター (2010) 』 デレク
アザー・ガイズ 俺たち踊るハイパー刑事! (2010) THE OTHER GUYS 』 ダンソン刑事
『 ファースター 怒りの銃弾 (2010) 』 ドライバー
『 ウィッチマウンテン/地図から消された山 (2009) 』 ジャック・ブルーノ
『 ゲット スマート (2008) 』 エージェント23
『 シークレット・アイドル ハンナ・モンタナ (シーズン2) (2007〜2008)<TV> 』
『 サウスランド・テイルズ (2007) 』
『 ゲーム・プラン (2007) 』 ジョー・キングマン
『 ポリス・バカデミー/マイアミ危機連発! (2007) 』
『 ギャングスターズ 明日へのタッチダウン (2006) 』 ショーン・ポーター
DOOM ドゥーム (2005) DOOM 』 サージ
Be Cool/ビー・クール (2005) BE COOL 』 エリオット・ウィルヘルム
ワイルド・タウン/英雄伝説 (2004) WALKING TALL 』 クリス・ヴォーン
ランダウン ロッキング・ザ・アマゾン (2003) THE RUNDOWN 』 ベック
スコーピオン・キング (2002) 』 マサイアス/スコーピオン・キング
ハムナプトラ2/黄金のピラミッド (2001) THE MUMMY RETURNS 』 スコーピオン・キング
『 ビヨンド・ザ・マット (1999) 』
『 ザット ’70s ショー (シーズン1) (1998〜1999)<TV> 』
等の映画・TV作品がある。


●『G.I.ジョー バック2リベンジ』キャストフィルモ#03★ジョナサン・プライス Jonathan Pryce
 本映画『 G.I.ジョー バック2リベンジ (2013) G.I. JOE: RETALIATION 』で、米国大統領役を演じるジョナサン・プライス Jonathan Pryce は、・・・続きを読む⇒


●『G.I.ジョー バック2リベンジ』キャストフィルモ#04★イ・ビョンホン Byung-hun Lee
 本映画『 G.I.ジョー バック2リベンジ (2013) G.I. JOE: RETALIATION 』で、ストームシャドー役を演じるイ・ビョンホン Byung-hun Lee 李炳憲は、・・・続きを読む⇒


●『G.I.ジョー バック2リベンジ』キャストフィルモ#05★エロディ・ユン Elodie Yung
 本映画『 G.I.ジョー バック2リベンジ (2013) G.I. JOE: RETALIATION 』で、ジンクス役を演じるエロディ・ユン Elodie Yung のフィルモグラフィーを見ると、
【フィルモグラフィー】
G.I.ジョー バック2リベンジ (2013) G.I. JOE: RETALIATION 』 ジンクス
ドラゴン・タトゥーの女 (2011) THE GIRL WITH THE DRAGON TATTOO 』 ミリアム・ウー
『 アルティメット2 マッスル・ネバー・ダイ (2009) 』 タオ
『 MAXX!!! 鳥人死闘篇 (2004) 』 ツ
等の映画作品がある。


●『G.I.ジョー バック2リベンジ』キャストフィルモ#06★レイ・スティーヴンソン Ray Stevenson
 本映画『 G.I.ジョー バック2リベンジ (2013) G.I. JOE: RETALIATION 』で、ファイヤーフライ役を演じるレイ・スティーヴンソン Ray Stevenson は、1964/05/24生まれ、イギリスは北アイルランド出身。レイ・スティーヴンソンのフィルモグラフィーを見ると、
【フィルモグラフィー】
G.I.ジョー バック2リベンジ (2013) G.I. JOE: RETALIATION 』 ファイヤーフライ
『 デクスター 〜警察官は殺人鬼 (シーズン7) (2012)<TV> 』 アイザック・シルコ
『 キル・ザ・ギャング 36回の爆破でも死ななかった男 (2011)<未> 』 ダニー・グリーン
三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船 (2011) THE THREE MUSKETEERS 』 ポルトス
マイティ・ソー (2011) THOR 』 ヴォルスタッグ
アザー・ガイズ 俺たち踊るハイパー刑事! (2010) THE OTHER GUYS 』 ロジャー・ウィズリー
『 ザ・ウォーカー (2010) 』 レッドリッジ
『 ダレン・シャン (2009) 』 マーロック
『 パニッシャー:ウォー・ゾーン (2008) 』 フランク・キャッスル(パニッシャー)
『 ゾンビ・ソルジャー (2007) 』
『 ROME [ローマ] (2005〜2007)<TV> 』 ティトゥス・プッロ
キング・アーサー (2004) KING ARTHUR 』 ダゴネット
『 ヴァージン・フライト (1998) 』 ジゴロ
『 傷だらけの報復 (1995)<TV> 』
『 帰郷/荒れ地に燃える恋 (1994)<TVM> 』
等の映画・TV作品がある。


●『G.I.ジョー バック2リベンジ』キャストフィルモ#07★D・J・コトローナ D.J. Cotrona
 本映画『 G.I.ジョー バック2リベンジ (2013) G.I. JOE: RETALIATION 』で、フリント役を演じるD・J・コトローナ D.J. Cotrona は、1980/05/23生まれ、アメリカ合衆国出身。D・J・コトローナのフィルモグラフィーを見ると、
【フィルモグラフィー】
G.I.ジョー バック2リベンジ (2013) G.I. JOE: RETALIATION 』 フリント
『 デトロイト 1-8-7 (2010〜2011)<TV> 』 ジョン・ストーン刑事
『 親愛なるきみへ (2010) 』
『 WINDFALL 〜運命のいたずら (2006)<TV> 』 ショーン・マターズ
『 ヴェノム 毒蛇男の恐怖 (2005)<未> 』 ショーン
『 LAW & ORDER: 性犯罪特捜班 (シーズン4) (2002〜2003)<TV> 』
等の映画・TV作品がある。


●『G.I.ジョー バック2リベンジ』キャストフィルモ#08★エイドリアンヌ・パリッキ Adrianne Palicki
 本映画『 G.I.ジョー バック2リベンジ (2013) G.I. JOE: RETALIATION 』で、レディ・ジェイ役を演じるエイドリアンヌ・パリッキ Adrianne Palicki は、1983/05/06生まれ、アメリカ合衆国オハイオ州出身。エイドリアンヌ・パリッキのフィルモグラフィーを見ると、
 【フィルモグラフィー】
G.I.ジョー バック2リベンジ (2013) G.I. JOE: RETALIATION 』 レディ・ジェイ
『 クリミナル・マインド6 FBI行動分析課 (2010〜2011)<TV> 』
『 スーパーポルノスター エレクトラ あなたのお悩み解決します! (2010)<未> 』
『 ロボットチキン/スター・ウォーズ エピソード 3 (2010)<TV> 』 声の出演
『 レギオン (2010) 』 チャーリー
『 SUPERNATURAL スーパーナチュラル (シーズン5) (2009〜2010)<TV> 』 ジェシカ・ムーア
『 EROTICS(エロティクス) 美しい女たち (2009)<未> 』
『 CSI:マイアミ7 (2008〜2009)<TV> 』
『 ロボットチキン/スター・ウォーズ エピソード 2 (2008)<TV> 』 声の出演
『 SUPERNATURAL スーパーナチュラル (シーズン2) (2006〜2007)<TV> 』 ジェシカ・ムーア
『 レジェンド・オブ・ドゥーム (2006)<未> 』
『 SUPERNATURAL スーパーナチュラル (シーズン1) (2005〜2006)<TV> 』 ジェシカ・ムーア
等の映画・TV作品がある。


●『G.I.ジョー バック2リベンジ』キャストフィルモ#09★チャニング・テイタム Channing Tatum
 本映画『 G.I.ジョー バック2リベンジ (2013) G.I. JOE: RETALIATION 』で、デューク役を演じるチャニング・テイタム Channing Tatum は、1980/04/26生まれ、アメリカ合衆国アラバマ州出身。『親愛なるきみへ』、そしてジョニー・デップの出世作であるテレビドラマの映画化『21ジャンプ・ストリート(原題) /21 Jump Street』がまたもや全米初登場第1位の大ヒットしてブレイク。チャニング・テイタムのフィルモグラフィーを見ると、
 【フィルモグラフィー】
G.I.ジョー バック2リベンジ (2013) G.I. JOE: RETALIATION 』 デューク
『 21ジャンプストリート (2012)<未> 』 製作総指揮/ジェンコ
君への誓い (2012) THE VOW 』 レオ・コリンズ
『 第九軍団のワシ (2010) 』 マーカス
『 親愛なるきみへ (2010) 』 ジョン・タイリー
『 陰謀の代償 N.Y.コンフィデンシャル (2010) 』 ジョナサン・ホワイト
『 僕が結婚を決めたワケ (2010) 』 ジップ
『 ファイティング (2009)<未> 』
『 パブリック・エネミーズ (2009) 』
『 G.I.ジョー (2009) 』 デューク
『 ストップ・ロス/戦火の逃亡者 (2008)<未> 』
『 ステップ・アップ2:ザ・ストリート (2008)<未> 』
『 バトル・イン・シアトル (2007)<未> 』
『 アメリカン・ピーチパイ (2006)<未> 』
『 シティ・オブ・ドッグス (2006)<未> 』
『 ステップ・アップ (2006) 』 タイラー
『 アン・ハサウェイ/裸の天使 (2005)<未> 』
スーパークロス (2005)
コーチ・カーター (2005) COACH CARTER 』 ライル
『 CSI:マイアミ3 (2004〜2005)<TV> 』
等の映画・TV作品がある。


●『G.I.ジョー バック2リベンジ』キャストフィルモ#10★レイ・パーク Ray Park
 本映画『 G.I.ジョー バック2リベンジ (2013) G.I. JOE: RETALIATION 』で、スネークアイズ役を演じるレイ・パーク Ray Park は、1974/08/23生まれ、イギリスのスコットランド出身。レイ・パークのフィルモグラフィーを見ると、
【フィルモグラフィー】
G.I.ジョー バック2リベンジ (2013) G.I. JOE: RETALIATION 』 スネークアイズ
『 STAR WARS エピソードI/ファントム・メナス 3D (2012) 』 ダース・モール
『 NIKITA/ニキータ (シーズン1) (2010〜2011)<TV> 』
『 HEROES/ヒーローズ (ファイナル・シーズン) (2009〜2010)<TV> 』 エドガー
『 NINJA ニンジャ in L.A. (2009)<未> 』
『 ザ・キング・オブ・ファイターズ (2009) 』 ルガール・バーンシュタイン
『 G.I.ジョー (2009) 』 スネークアイズ
『 ブルース・リー伝説 (2008)<TV> 』
『 ファンボーイズ (2008) 』
『 ジャームス 狂気の秘密 (2007) 』
『 プレデターズ (2006)<TVM> 』
バリスティック (2002) BALLISTIC: ECKS VS. SEVER 』 ロス
X−メン (2000) X-MEN 』 トード
スリーピー・ホロウ (1999) SLEEPY HOLLOW
『 スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス (1999) 』 ダース・モール
『 モータルコンバット2 (1997)<未> 』
等の映画・TV作品がある。


●『G.I.ジョー バック2リベンジ』キャストフィルモ#11★ファラン・タヒール Faran Tahir
 本映画『 G.I.ジョー バック2リベンジ (2013) G.I. JOE: RETALIATION 』で、コブラコマンダー役を演じるファラン・タヒール Faran Tahir は、1963/02/16生まれ、アメリカ合衆国カリフォルニア州ロサンゼルス出身。ファラン・タヒールのフィルモグラフィーを見ると、
【フィルモグラフィー】
G.I.ジョー バック2リベンジ (2013) G.I. JOE: RETALIATION 』 コブラコマンダー
『 SUPERNATURAL スーパーナチュラル (シーズン7) (2011〜2012)<TV> 』
『 ウェアハウス13 〜秘密の倉庫 事件ファイル〜 (シーズン3) (2011)<TV> 』 アドウィン・コサン
『 ウェアハウス13 〜秘密の倉庫 事件ファイル〜 (シーズン2) (2010)<TV> 』 アドウィン・コサン
『 NCIS:LA 〜極秘潜入捜査班 (シーズン1) (2009〜2010)<TV> 』
『 グレイズ・アナトミー6 (2009〜2010)<TV> 』
『 スター・トレック (2009) 』
『 CHUCK/チャック (シーズン2) (2008〜2009)<TV> 』
『 LOST (シーズン4) (2008)<TV> 』
アイアンマン (2008) IRON MAN 』 ラザ
『 コールドケース4 (2006〜2007)<TV> 』
『 チャームド〜魔女3姉妹 (シーズン8) (2005〜2006)<TV> 』
『 24 TWENTY FOUR (シーズン IV) (2005)<TV> 』
『 マンティコア -湾岸の怪物- (2005)<TVM> 』
『 犯罪捜査官ネイビーファイル (シーズン9) (2003〜2004)<TV> 』
『 犯罪捜査官ネイビーファイル (シーズン8) (2002〜2003)<TV> 』
『 ザ・ホワイトハウス4 (2002〜2003)<TV> 』
『 NYPD BLUE 〜ニューヨーク市警15分署 (シーズン9) (2001〜2002)<TV> 』
『 エイリアス/2重スパイの女 (2001〜2002)<TV> 』
『 ザ・プラクティス/ボストン弁護士ファイル (シーズン4) (1999〜2000)<TV> 』
『 地上(ここ)より何処(どこ)かで (1999) 』
『 LAW & ORDER ロー&オーダー (シーズン4) (1993〜1994)<TV> 』
等の映画・TV作品がある。


●『G.I.ジョー バック2リベンジ』キャストフィルモ#12★アーノルド・ヴォスルー Arnold Vosloo
 本映画『 G.I.ジョー バック2リベンジ (2013) G.I. JOE: RETALIATION 』で、ザルタン役を演じるアーノルド・ヴォスルー Arnold Vosloo は、1962/06/16生まれ、南アフリカのプレトリア出身。アーノルド・ヴォスルーのフィルモグラフィーを見ると、
【フィルモグラフィー】
G.I.ジョー バック2リベンジ (2013) G.I. JOE: RETALIATION 』 ザルタン
『 NCIS 〜ネイビー犯罪捜査班 (シーズン8) (2010〜2011)<TV> 』 アミット・ハダール
『 BONES ボーンズ -骨は語る- (シーズン6) (2010〜2011)<TV> 』 ジェイコブ・ブロツキー
『 サイク/名探偵はサイキック? (シーズン4) (2009〜2010)<TV> 』
『 G.I.ジョー (2009) 』
『 CHUCK/チャック (シーズン2) (2008〜2009)<TV> 』
『 NCIS 〜ネイビー犯罪捜査班 (シーズン6) (2008〜2009)<TV> 』 アミット・ハダール
『 オデュッセウス (2008)<未> 』
『 ドラゴン・スレイヤー 炎の竜と氷の竜 (2008)<TVM> 』
『 SHARK 〜カリスマ敏腕検察官 (シーズン2) (2007〜2008)<TV> 』
『 12デイズ (2007)<TVM> 』
『 エドワード・ファーロングの バンク・ジョブ/凶弾殺人 (2007)<未> 』
『 死亡特急 (2006)<TVM> 』
『 ブラッド・ダイヤモンド (2006) 』 大佐
『 24 TWENTY FOUR (シーズン IV) (2005)<TV> 』 ハビーブ・マルワン
『 レッドフォン Mission 2 プルトニウムを追え (2004)<TVM> 』
『 メルトダウン (2004)<TVM> 』
『 エイリアス (シーズン3) (2003〜2004)<TV> 』
エージェント・コーディ (2003) AGENT CODY BANKS
『 コン・エクスプレス (2002)<OV> 』
『 ソード オブ・ザ ファンタジー 勇者と聖なる剣 (2002)<未> 』
『 グローバル・エフェクト (2002)<未> 』
『 エイリアン・インベージョン (2002)<未> 』
『 レッドフォン Mission 1 暗殺計画を阻止せよ (2001)<TVM> 』
ハムナプトラ2/黄金のピラミッド (2001) THE MUMMY RETURNS 』 イムホテップ
『 チャームド〜魔女3姉妹 (シーズン2) (1999〜2000)<TV> 』
『 ストレンジ・ワールド (1999)<TV> 』
ハムナプトラ/失われた砂漠の都 (1999) 』 イムホテップ
『 ラフドラフト/殺人実況報道 (1998)<未> 』
『 スピーシーズ リターン/種の終焉 (1998)<未> 』
『 ゼウス&ロクサーヌ/イルカにのった犬 (1996)<未> 』
『 完全犯罪 (1995)<TVM> 』
『 ダークマン3 (1995)<TVM> 』
『 ダークマン2 (1994)<未> 』
『 ハード・ターゲット (1993) 』
1492・コロンブス (1992) 1492 CONQUEST OF PARADISE
『 フィニッシング・タッチ (1991)<未> 』
『 リベンジャー (1990)<未> 』
『 ルタンガ発、トップ・シークレット (1990)<TVM> 』
『 リーズン・トゥ・ダイ/ニューヨーク殺人特急 (1989) 』
『 エドガー・アラン・ポー/早すぎた埋葬 (1989) 』
『 壮絶!人質奪還/戦闘プロフェッショナル (1987)<未> 』
『 タイムスリップTOゴア (1987)<未> 』
『 バラクーダ (1987)<TVM> 』
『 スティール・ドーン/太陽の戦士 (1987) 』
等の映画・TV作品がある。


●『G.I.ジョー バック2リベンジ』キャストフィルモ#13★RZA RZA
 本映画『 G.I.ジョー バック2リベンジ (2013) G.I. JOE: RETALIATION 』で、ブラインドマスター役を演じるRZA RZA は、1969/07/05生まれ、アメリカ合衆国ニューヨーク市ブルックリン出身。RZAのフィルモグラフィーを見ると、
【フィルモグラフィー】
G.I.ジョー バック2リベンジ (2013) G.I. JOE: RETALIATION 』 ブラインドマスター
『 カリフォルニケーション (シーズン5) (2012)<TV> 』 サムライ・アポカリプス
『 アイアン・フィスト (2012) 』 監督/脚本/原案/出演
スリーデイズ (2010) THE NEXT THREE DAYS
『 デュー・デート 〜出産まであと5日!史上最悪のアメリカ横断〜 (2010) 』
『 レポゼッション・メン (2010) 』
『 ブルース・リー チェンジ・ザ・ワールド (2009)<TVM> 』
『 ファニー・ピープル (2009)<未> 』
『 アフロサムライ:レザレクション (2009) 』 音楽
『 アメリカン・ギャングスター (2007) 』 モーゼス・ジョーンズ
『 AFRO SAMURAI アフロサムライ (2006) 』 音楽
『 すべてはその朝始まった (2005)<未> 』
Be Cool/ビー・クール (2005) BE COOL
『 ソウル・プレイン/ファンキーで行こう! (2004)<未> 』 音楽
ブレイド3 (2004) BLADE: TRINITY 』 音楽
キル・ビル Vol.2 (2004) KILL BILL: VOL. 2 』 音楽
コーヒー&シガレッツ (2003) COFFEE AND CIGARETTES
キル・ビル (2003) KILL BILL: VOLUME 1 』 音楽
ゴースト・ドッグ (1999) 』 音楽
等の映画・TV作品がある。


※『G.I. JOE: RETALIATION』-Wikipedia、『G.I. JOE: RETALIATION』-IMDb、『G.I.ジョー バック2リベンジ』EPK、公式サイト引用
| ←前の閲覧ページに戻る |▲TOP | ▲目次 |
映画の森てんこ森代表:幸田幸
coda_sati@hotmail.com
「映画の森てんこ森」へ 「旅行の森てんこ森」へ
映画解説・レヴュータイトル一覧表へ
映画の森てんこ森 バナー03

映画の森てんこ森 coda21幸田幸 クレジット バナー01
幸のイタリア各都市情報へ
旅行の森てんこ森 バナー03
136x70
本サイトの作文、データ及び画像などのコンテンツの無断転用はお控え下さい。
貴サイトへの御掲載についてはメールにてお知らせ頂ければ幸いです。
© 2002-2013 Sachi CODA at Eigano-Mori Tenko-Mori, CODA21. All Rights Reserved.



borocsoborocso  at 01:10 この記事をクリップ! 

イ・ビョンホン@映画の森てんこ森

イ・ビョンホン@映画の森てんこ森
 映画の森てんこ森■映画『G.I.ジョー バック2リベンジ』
イ・ビョンホン
G.I. JOE: RETALIATION
| 「映画の森てんこ森」表紙 | 新作映画Top | タイトル一覧 | 本ページ更新 |
■イ・ビョンホン
 以下のイ・ビョンホンのキャスト(cast)のフィルモグラフィーは、<『 G.I.ジョー バック2リベンジ 』キャストフィルモ>として主なキャストを番号整理しています。
 ※ネタバレご注意:以下の『 G.I.ジョー バック2リベンジ (2013) G.I. JOE: RETALIATION 』(画面切替)のスタッフのフィルモグラフィーにはネタバレが含まれている場合があります。映画『G.I.ジョー バック2リベンジ』(画面切替)をまだご覧になっていない方はご注意ください。

●『G.I.ジョー バック2リベンジ』キャストフィルモ#04★イ・ビョンホン Byung-hun Lee
 本映画『 G.I.ジョー バック2リベンジ (2013) G.I. JOE: RETALIATION 』で、ストームシャドー役を演じるイ・ビョンホン Byung-hun Lee 李炳憲は、1970/07/12生まれ、韓国ソウル出身。イ・ビョンホンのフィルモグラフィーを見ると、
【フィルモグラフィー】
G.I.ジョー バック2リベンジ (2013) G.I. JOE: RETALIATION 』 ストームシャドー
『 王になった男 (2012) 』 光海君/ハソン
『 外交官 黒田康作 (2011)<TV> 』 ジョン
『 インフルエンス (2010)<未> 』
『 悪魔を見た (2010) 』 スヒョン
『 アイリス -THE LAST- (2010) 』
『 IRIS -アイリス- (2009)<TV> 』
『 G.I.ジョー (2009) 』 ストームシャドー
『 アイ・カム・ウィズ・ザ・レイン (2009) 』 ス・ドンポ
『 グッド・バッド・ウィアード (2008) 』 パク・チャンイ(悪いヤツ)
『 HERO (2007) 』 カン・ミンウ
『 夏物語 (2006) 』 ユン・ソギョン
甘い人生 (2005) A BITTERSWEET LIFE 』 ソヌ
『 追憶 もういちど逢いたい (2004)<TV> 』
美しい夜、残酷な朝 (2004) THREE... EXTREMES 』 ディレクター
『 誰にでも秘密がある (2004) 』 チェ・スヒョン
『 オールイン 運命の愛 (2003)<TV> 』 キム・イナ
マリといた夏 (2002) MY BEAUTIFUL GIRL, MARI 』 声の出演 ナムー(或いはナムウ)
『 純愛中毒 (2002) 』 テジン
『 美しき日々 (2001)<TV> 』 イ・ミンチョル
『 遠い路 (2001)<TV> 』
『 バンジージャンプする (2001) 』 ソ・インウ
『 JSA (2000) 』
『 ひまわり (1999)<TV> 』
『 Happy Together 〜ハッピー トゥギャザー〜 (1999)<TV> 』
『 セリが帰ってきた (1999)<TVM> 』
『 我が心のオルガン (1999) 』
『 白夜 (1998)<TV> 』
『 エキストラ (1998)<未> 』
『 美しい彼女 (1997)<TV> 』
『 地上満歌 (1997)<未> 』
『 彼らだけの世界 (1996) 』
『 ラン・アウェイ -RUN AWAY- (1995)<未> 』
『 風の息子 (1995)<TV> 』
『 アスファルトの男 (1995)<TV> 』
誰が俺を狂わせるか (1995) WHO DRIVES ME MAD? 』 イ・ジョンドゥ
『 ネオンの中へ陽が沈む (1995)<未> 』
『 恋の香り (1994)<TV> 』
『 ポリス 〜愛と追憶の果てに〜 (1994)<TV> 』
『 生き残った者の悲しみ (1993)<TV> 』
『 あの野菊の如く (1993)<TV> 』
『 明日は愛 (1992〜)<TV> 』
『 別れの来ない朝 (1992)<TVM> 』
『 太陽が昇る日 (1992)<TV> 』
『 アスファルト 我が故郷 (1991)<TV> 』 
等の映画・TV作品がある。


※『G.I. JOE: RETALIATION』-Wikipedia、『G.I. JOE: RETALIATION』-IMDb、『G.I.ジョー バック2リベンジ』EPK、公式サイト引用
| ←前の閲覧ページに戻る |▲TOP | ▲目次 |
映画の森てんこ森代表:幸田幸
coda_sati@hotmail.com
「映画の森てんこ森」へ 「旅行の森てんこ森」へ
映画解説・レヴュータイトル一覧表へ
映画の森てんこ森 バナー03

映画の森てんこ森 coda21幸田幸 クレジット バナー01
幸のイタリア各都市情報へ
旅行の森てんこ森 バナー03
136x70
本サイトの作文、データ及び画像などのコンテンツの無断転用はお控え下さい。
貴サイトへの御掲載についてはメールにてお知らせ頂ければ幸いです。
© 2002-2013 Sachi CODA at Eigano-Mori Tenko-Mori, CODA21. All Rights Reserved.



borocsoborocso  at 01:00 この記事をクリップ! 

ジョナサン・プライス@映画の森てんこ森

ジョナサン・プライス@映画の森てんこ森
 映画の森てんこ森■映画『G.I.ジョー バック2リベンジ』
ジョナサン・プライス
G.I. JOE: RETALIATION
| 「映画の森てんこ森」表紙 | 新作映画Top | タイトル一覧 | 本ページ更新 |
■『G.I.ジョー バック2リベンジ』キャストフィルモ
 以下のジョナサン・プライスのキャスト(cast)のフィルモグラフィーは、<『 G.I.ジョー バック2リベンジ 』キャストフィルモ>として主なキャストを番号整理しています。
 ※ネタバレご注意:以下の『 G.I.ジョー バック2リベンジ (2013) G.I. JOE: RETALIATION 』(画面切替)のスタッフのフィルモグラフィーにはネタバレが含まれている場合があります。映画『G.I.ジョー バック2リベンジ』(画面切替)をまだご覧になっていない方はご注意ください。

●『G.I.ジョー バック2リベンジ』キャストフィルモ#03★ジョナサン・プライス Jonathan Pryce
 本映画『 G.I.ジョー バック2リベンジ (2013) G.I. JOE: RETALIATION 』で、米国大統領役を演じるジョナサン・プライス Jonathan Pryce は、1947/06/01生まれ、イギリス・ウェールズ出身。ジョナサン・プライスは元々本格的な演劇出身の俳優で1977年にはトニー賞などを受賞。1980年代から映画に進出してTVや舞台で活躍。1985年の『 未来世紀ブラジル (1985) BRAZIL 』で一躍有名になった。映画では「トゥモロー・ネバー・ダイ」や『 RONIN (1998) RONIN 』などで悪役としてもヴィラン・キャリアを積んできている。ジョナサン・プライスのフィルモグラフィーを見ると、
【フィルモグラフィー】
G.I.ジョー バック2リベンジ (2013) G.I. JOE: RETALIATION 』 米国大統領
『 ヒステリア (2011) 』 ロバート・ダリンプル医師
『 エネミーオブUSA (2009)<未> 』
『 G.I.ジョー (2009) 』
『 ベッドタイム・ストーリー (2008) 』 マーティ・ブロンソン
『 かけひきは、恋のはじまり (2008) 』 C.C.フレイジャー
パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド (2007) PIRATES OF THE CARIBBEAN: AT WORLD'S END 』 スワン総督
『 ルネッサンス (2006) 』 ポール・ダレンバックの声
パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト (2006) PIRATES OF THE CARIBBEAN: DEAD MAN'S CHEST 』 スワン総督
『 ブラザーズ・オブ・ザ・ヘッド (2005) 』 ヘンリー・クーリング
ニュー・ワールド (2005) THE NEW WORLD 』 英国国王ジェームズ一世
ブラザーズ・グリム (2005) THE BROTHERS GRIMM 』 デラトゥーム
五線譜のラブレター De-Lovely (2004) DE-LOVELY 』 ゲイブ
ロイヤル・セブンティーン (2003) WHAT A GIRL WANTS 』 アリステア・ペイン
パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち (2003) PIRATES OF THE CARIBBEAN: THE CURSE OF THE BLACK PEARL 』 スワン総督
『 夢見る頃を過ぎても (2002) 』
『 デヴィッド・ボウイ 全歴史〜虚構からの脱却〜 (2002)<TV映画> 』 ナレーション
マリー・アントワネットの首飾り (2001) THE AFFAIR OF THE NECKLACE 』 ロアン枢機卿
『 ベリー・アニー・メアリー (2000) 』
『 スティグマータ/聖痕 (1999) 』
RONIN (1998) RONIN 』 シーマス・オルーク
007/トゥモロー・ネバー・ダイ (1997) 』 エリオット・カーヴァー
『 エビータ (1996) 』 ホアン・ペロン
『 恋の選択 (1995)<未> 』
『 キャリントン (1995) 』
『 企業買収/250億ドルの賭け (1993)<TVM> 』
『 ショッピング (1993) 』
『 摩天楼を夢みて (1992) 』
『 バロン (1989) 』
『 呪われたハネムーン (1986)<未> 』
『 ジャンピン・ジャック・フラッシュ (1986) 』
『 贖われた7ポンドの死体 (1985)<未> 』
『 未来世紀ブラジル (1985) BRAZIL 』 サム・ローリー
『 何かが道をやってくる (1983)<未> 』
『 かまきり (1982)<未> 』
『 アテネのタイモン (1981)<TVM> 』
『 マーチン・シーン/アルバート・フィニーの 大強奪 (1981)<未> 』
『 奇跡の生涯/イエス・キリスト (1980)<TVM> 』
『 ブレイキング・グラス (1980) 』
等の映画・TV作品がある。


※『G.I. JOE: RETALIATION』-Wikipedia、『G.I. JOE: RETALIATION』-IMDb、『G.I.ジョー バック2リベンジ』EPK、公式サイト引用
| ←前の閲覧ページに戻る |▲TOP | ▲目次 |
映画の森てんこ森代表:幸田幸
coda_sati@hotmail.com
「映画の森てんこ森」へ 「旅行の森てんこ森」へ
映画解説・レヴュータイトル一覧表へ
映画の森てんこ森 バナー03

映画の森てんこ森 coda21幸田幸 クレジット バナー01
幸のイタリア各都市情報へ
旅行の森てんこ森 バナー03
136x70
本サイトの作文、データ及び画像などのコンテンツの無断転用はお控え下さい。
貴サイトへの御掲載についてはメールにてお知らせ頂ければ幸いです。
© 2002-2013 Sachi CODA at Eigano-Mori Tenko-Mori, CODA21. All Rights Reserved.



borocsoborocso  at 00:50 この記事をクリップ! 

ブルース・ウィリス@映画の森てんこ森

ブルース・ウィリス@映画の森てんこ森
 映画の森てんこ森■映画『G.I.ジョー バック2リベンジ』
ブルース・ウィリス
G.I. JOE: RETALIATION
| 「映画の森てんこ森」表紙 | 新作映画Top | タイトル一覧 | 本ページ更新 |
■ブルース・ウィリス
 以下のブルース・ウィリスのキャスト(cast)のフィルモグラフィーは、<『 G.I.ジョー バック2リベンジ 』キャストフィルモ>として主なキャストを番号整理しています。
 ※ネタバレご注意:以下の『 G.I.ジョー バック2リベンジ (2013) G.I. JOE: RETALIATION 』(画面切替)のスタッフのフィルモグラフィーにはネタバレが含まれている場合があります。映画『G.I.ジョー バック2リベンジ』(画面切替)をまだご覧になっていない方はご注意ください。

●G.I.ジョー バック2リベンジ#01★ブルース・ウィリス Bruce Willis
 本映画『 G.I.ジョー バック2リベンジ (2013) G.I. JOE: RETALIATION 』で、ジョー・コルトン司令官役を演じるブルース・ウィリス Bruce Willis は、1955/03/19生まれ、西ドイツ出身。ブルース・ウィリスのフィルモグラフィーを見ると、
【フィルモグラフィー】
G.I.ジョー バック2リベンジ (2013) G.I. JOE: RETALIATION 』 ジョー・コルトン司令官
『 噂のギャンブラー (2012) 』
『 ダイ・ハード/ラスト・デイ (2012) 』
ムーンライズ・キングダム (2012) MOONRISE KINGDOM 』 シャープ警部
LOOPER/ルーパー (2012) LOOPER 』 老人のジョー
シャドー・チェイサー (2012) THE COLD LIGHT OF DAY 』 マーティン
エクスペンダブルズ2 (2012) THE EXPENDABLES 2 』 チャーチ
『 ファイヤー・ウィズ・ファイヤー 炎の誓い (2011) 』
『 キリング・ショット (2011) 』 メル
『 セットアップ (2011) 』 ビグズ
『 容疑者、ホアキン・フェニックス (2010) 』
『 RED/レッド (2010) 』 フランク・モーゼズ
エクスペンダブルズ (2010) THE EXPENDABLES 』 チャーチ
『 コップ・アウト 刑事(デカ)した奴ら (2010) 』 ジム・モンロー
『 サロゲート (2009) 』 トム・グリアー
『 処刑教室 (2008) 』 校長
『 トラブル・イン・ハリウッド (2008) 』 本人
『 美少女探偵ナンシー・ドリュー (2007)<未> 』 ブルース
『 庭から昇ったロケット雲 (2007) 』
『 パーフェクト・ストレンジャー (2007) 』 ハリソン・ヒル
『 プラネット・テラー in グラインドハウス (2007) 』 マルドゥーン
『 グラインドハウス (2007) 』
『 ダイ・ハード4.0 (2007) 』 ジョン・マクレーン
『 ラッキー・ガール (2006)<未> 』 製作
『 アルファ・ドッグ 破滅へのカウントダウン (2006)<未> 』
『 ファーストフード・ネイション (2006) 』
『 ラッキーナンバー7 (2006) 』 グッドキャット
『 16ブロック (2006) 』 製作/ジャック・モーズリー
森のリトル・ギャング (2006) OVER THE HEDGE 』 RJの声
シン・シティ (2005) SIN CITY 』 ハーティガン
ホステージ (2005) HOSTAGE 』 製作/ジェフ・タリー
『 ハリウッドセレブ恋愛裏事情 (2004)<TVM> 』
『 タッチング・イーブル 〜闇を追う捜査官〜 (2004)<TV> 』 製作総指揮
オーシャンズ12 (2004) OCEAN'S TWELVE 』 本人
隣のヒットマンズ 全弾発射 (2004) THE WHOLE TEN YARDS 』 ジミー“チューリップ”チュデスキ
『 ラグラッツのGOGOアドベンチャー (2003)<未> 』 スパイクの声
ティアーズ・オブ・ザ・サン (2003) TEARS OF THE SUN 』 A.K.ウォーターズ大尉
チャーリーズ・エンジェル/フルスロットル (2003) CHARLIE'S ANGELS: FULL THROTTLE 』 ウィリアム・ローズ・ベイリー
『 アート・オブ・アクション マーシャル・アーツ・フィルムの変還 (2002)<TVM> 』
『 クロコダイル・ハンター ザ・ムービー (2002)<未> 』 製作総指揮
『 ホーキーのおくりもの (2002)<未> 』
『 ジャスティス (2002) 』 マクナマラ大佐
バンディッツ (2001) BANDITS 』 ジョー・ブレーク
隣のヒットマン (2000) 』 ジミー・チュデスキ
アンブレイカブル (2000) UNBREAKABLE 』 デヴィッド・ダン
キッド (2000) 』 ラス・デューリッツ
『 フレンズ (6th Season) (1999〜2000)<TV> 』
『 ブレックファースト・オブ・チャンピオンズ (1999) 』
『 ストーリー・オブ・ラブ (1999) 』
シックス・センス (1999) THE SIXTH SENSE 』 マルコム・クロウ
『 アリー・myラブ (2nd Season) (1998〜1999)<TV> 』 Dr.ニッケル
『 ジャッキー・チェン マイ・ストーリー (1998)<OV> 』
マーシャル・ロー (1998) THE SIEGE 』 ウィリアム・デヴロー将軍
『 アルマゲドン (1998) 』 ハリー・スタンパー
『 マーキュリー・ライジング (1998) 』
ジャッカル (1997) 』 ジャッカル
フィフス・エレメント (1997) 』 コーベン・ダラス
『 メイキング・オブ・12モンキーズ (1996)<未> 』
『 劇場版 ビーバス&バットヘッド DO AMERICA (1996)<未> 』 マディ・グライムズの声
『 ラストマン・スタンディング (1996) 』
『 メイキング・オブ・ダイ・ハード3 (1995)<未> 』
12モンキーズ (1995) 』 ジェームズ・コール
『 フォー・ルームス (1995) 』 レオ
『 ダイ・ハード3 (1995) 』 ジョン・マクレーン
『 ノーバディーズ・フール (1994) 』
『 ノース/ちいさな旅人 (1994) 』
『 薔薇の素顔 (1994) 』
パルプ・フィクション (1994) 』 ブッチ
『 スリー・リバーズ (1993) 』 トム・ハーディ
『 ザ・プレイヤー (1992) 』 カメオ
永遠(とわ)に美しく… (1992) 』 アーネスト
『 ビリー・バスゲイト (1991) 』
『 ラスト・ボーイスカウト (1991) 』 ジョー・ハレンベック
愛を殺さないで (1991)
『 ハドソン・ホーク (1990) 』 原案/ハドソン・ホーク
『 虚栄のかがり火 (1990) 』
『 リトル★ダイナマイツ/ベイビー・トークTOO (1990) 』 マイキーの声
ダイ・ハード2 (1990) 』 ジョン・マクレーン
『 ブルース・ウィリス/イン・カントリー (1989)<未> 』
『 ベイビー・トーク (1989) 』 声の出演マイキー
『 キャデラック・カウボーイ (1988)<未> 』
ダイ・ハード (1988) 』 ジョン・マクレーン
『 ブルース・ウィリスの逆襲 (1987)<TVM> 』 ブルーノ・ラドリーニ
『 ブラインド・デート (1987) 』
『 新トワイライト・ゾーン (1986)<TV> 』
『 こちらブルームーン探偵社 (1985〜1989)<TV> 』 デービッド・アディスン
『 こちらブルームーン探偵社・特別篇/ダイヤモンドは天使の微笑 (1985)<TVM> 』
『 特捜刑事マイアミ・バイス (シーズン1) (1984〜1985)<TV> 』
『 評決 (1982) 』
『 第一の大罪 (1980)<未> 』
等の映画・TV作品がある。


※『G.I. JOE: RETALIATION』-Wikipedia、『G.I. JOE: RETALIATION』-IMDb、『G.I.ジョー バック2リベンジ』EPK、公式サイト引用
| ←前の閲覧ページに戻る |▲TOP | ▲目次 |
映画の森てんこ森代表:幸田幸
coda_sati@hotmail.com
「映画の森てんこ森」へ 「旅行の森てんこ森」へ
映画解説・レヴュータイトル一覧表へ
映画の森てんこ森 バナー03

映画の森てんこ森 coda21幸田幸 クレジット バナー01
幸のイタリア各都市情報へ
旅行の森てんこ森 バナー03
136x70
本サイトの作文、データ及び画像などのコンテンツの無断転用はお控え下さい。
貴サイトへの御掲載についてはメールにてお知らせ頂ければ幸いです。
© 2002-2013 Sachi CODA at Eigano-Mori Tenko-Mori, CODA21. All Rights Reserved.



borocsoborocso  at 00:40 この記事をクリップ! 

『G.I.ジョー バック2リベンジ』スタッフフィルモ@映画の森てんこ森

『G.I.ジョー バック2リベンジ』スタッフフィルモ@映画の森てんこ森
 映画の森てんこ森■映画『G.I.ジョー バック2リベンジ』
『G.I.ジョー バック2リベンジ』スタッフフィルモ
G.I. JOE: RETALIATION
| 「映画の森てんこ森」表紙 | 新作映画Top | タイトル一覧 | 本ページ更新 |
■『G.I.ジョー バック2リベンジ』スタッフフィルモ
 以下の映画『G.I.ジョー バック2リベンジ』のスタッフ(crew)のフィルモグラフィーは、<『 G.I.ジョー バック2リベンジ 』スタッフフィルモ>として番号整理しています。
 ※ネタバレご注意:以下の『 G.I.ジョー バック2リベンジ (2013) G.I. JOE: RETALIATION 』(画面切替)のスタッフのフィルモグラフィーにはネタバレが含まれている場合があります。映画『G.I.ジョー バック2リベンジ (2013) G.I. JOE: RETALIATION』(画面切替)をまだご覧になっていない方はご注意ください。

●『G.I.ジョー バック2リベンジ』スタッフフィルモ#01◆ジョン・M・チュウ Jon M. Chu
 本映画『 G.I.ジョー バック2リベンジ (2013) G.I. JOE: RETALIATION 』で、監督を務めるジョン・M・チュウ Jon M. Chu (Jonathan Murray Chu ジャナサン・マーレー・チュウ 朱浩偉)は、1979/11/02生まれ、アメリカ合衆国カリフォルニア州サンタクララ郡パロアルト市出身。ジョン・M・チュウのフィルモグラフィーを見ると、
【フィルモグラフィー】
G.I.ジョー バック2リベンジ (2013) G.I. JOE: RETALIATION 』 監督
『 ステップ・アップ4:レボリューション (2012)<未> 』 製作総指揮
『 ジャスティン・ビーバー ネヴァー・セイ・ネヴァー (2011) 』 監督
『 ステップ・アップ3 (2010)<未> 』 監督
『 ステップ・アップ2:ザ・ストリート (2008)<未> 』 監督
等の映画作品がある。


●『G.I.ジョー バック2リベンジ』スタッフフィルモ#02◆レット・リース Rhett Reese
 本映画『 G.I.ジョー バック2リベンジ (2013) G.I. JOE: RETALIATION 』で、脚本を担当しているレット・リース Rhett Reese のフィルモグラフィーを見ると、
【フィルモグラフィー】
G.I.ジョー バック2リベンジ (2013) G.I. JOE: RETALIATION 』 脚本
『 ゾンビランド (2009) 』 脚本/製作総指揮
『 クルーエル・インテンションズ3 (2004)<OV> 』 脚本
『 クリフォード ザ・ムービー (2004)<未> 』 脚本
等の映画作品がある。


●『G.I.ジョー バック2リベンジ』スタッフフィルモ#03◆ポール・ワーニック Paul Wernick
 本映画『 G.I.ジョー バック2リベンジ (2013) G.I. JOE: RETALIATION 』で、脚本を担当しているポール・ワーニック Paul Wernick のフィルモグラフィーを見ると、
【フィルモグラフィー】
G.I.ジョー バック2リベンジ (2013) G.I. JOE: RETALIATION 』 脚本
『 ゾンビランド (2009) 』 脚本/製作総指揮
等の映画作品がある。


●『G.I.ジョー バック2リベンジ』スタッフフィルモ#04◆ロレンツォ・ディ・ボナヴェンチュラ Lorenzo DiBonaventura
 本映画『 G.I.ジョー バック2リベンジ (2013) G.I. JOE: RETALIATION 』で、製作プロデューサーのロレンツォ・ディ・ボナヴェンチュラ Lorenzo di Bonaventura、又はロレンツォ・ディボナヴェンチュラ Lorenzo DiBonaventura は、・・・続きを読む⇒


●『G.I.ジョー バック2リベンジ』スタッフフィルモ#05◆ブライアン・ゴールドナー Brian Goldner
 本映画『 G.I.ジョー バック2リベンジ (2013) G.I. JOE: RETALIATION 』で、製作プロデューサーを務めるブライアン・ゴールドナー Brian Goldner 、・・・続きを読む⇒


●『G.I.ジョー バック2リベンジ』スタッフフィルモ#06◆ロジャー・バーンバウム Roger Birnbaum
 本映画『 G.I.ジョー バック2リベンジ (2013) G.I. JOE: RETALIATION 』で、製作プロデューサーのロジャー・バーンバウム Roger Birnbaum ・・・続きを読む⇒


●『G.I.ジョー バック2リベンジ』スタッフフィルモ#07◆ハーバート・W・ゲインズ Herbert W. Gains
 本映画『 G.I.ジョー バック2リベンジ (2013) G.I. JOE: RETALIATION 』で、製作総指揮を担当しているハーバート・W・ゲインズ Herbert W. Gains・・・続きを読む⇒


●『G.I.ジョー バック2リベンジ』スタッフフィルモ#08◆エリク・ハウサム Erik Howsam
 本映画『 G.I.ジョー バック2リベンジ (2013) G.I. JOE: RETALIATION 』で、製作総指揮を担当しているエリク・ハウサム Erik Howsam ・・・続きを読む⇒


●『G.I.ジョー バック2リベンジ』スタッフフィルモ#09◆ゲイリー・バーバー Gary Barber
 本映画『 G.I.ジョー バック2リベンジ (2013) G.I. JOE: RETALIATION 』で、製作プロデューサーのゲイリー・バーバー Gary Barber・・・続きを読む⇒


●『G.I.ジョー バック2リベンジ』スタッフフィルモ#10◆デヴィッド・エリソン David Ellison
 本映画『 G.I.ジョー バック2リベンジ (2013) G.I. JOE: RETALIATION 』で、製作総指揮を担当しているデヴィッド・エリソン David Ellison は、・・・続きを読む⇒


●『G.I.ジョー バック2リベンジ』スタッフフィルモ#11◆デイナ・ゴールドバーグ Dana Goldberg
 本映画『 G.I.ジョー バック2リベンジ (2013) G.I. JOE: RETALIATION 』で、製作総指揮を担当しているデイナ・ゴールドバーグ Dana Goldberg ・・・続きを読む⇒


●『G.I.ジョー バック2リベンジ』スタッフフィルモ#12◆ポール・シュウェイク Paul Schwake
 本映画『 G.I.ジョー バック2リベンジ (2013) G.I. JOE: RETALIATION 』で、製作総指揮を担当しているポール・シュウェイク Paul Schwake ・・・続きを読む⇒


●『G.I.ジョー バック2リベンジ』スタッフフィルモ#13◆スティーヴン・ソマーズ Stephen Sommers
 本映画『 G.I.ジョー バック2リベンジ (2013) G.I. JOE: RETALIATION 』で、製作総指揮を担当しているスティーヴン・ソマーズ Stephen Sommers は、・・・続きを読む⇒


●『G.I.ジョー バック2リベンジ』スタッフフィルモ#14◆ヘンリー・ジャックマン Henry Jackman
 本映画『 G.I.ジョー バック2リベンジ (2013) G.I. JOE: RETALIATION 』で、音楽を担当するヘンリー・ジャックマン Henry Jackman のフィルモグラフィーを見ると、
【フィルモグラフィー】
G.I.ジョー バック2リベンジ (2013) G.I. JOE: RETALIATION 』 音楽
『 シュガー・ラッシュ (2012) 』 音楽
リンカーン/秘密の書 (2012) ABRAHAM LINCOLN: VAMPIRE HUNTER
崖っぷちの男 (2011) MAN ON A LEDGE
『 長ぐつをはいたネコ (2011) 』 音楽
くまのプーさん (2011) WINNIE THE POOH
『 X-MEN:ファースト・ジェネレーション (2011) 』
ガリバー旅行記 (2010) GULLIVER'S TRAVELS
キック・アス (2010) KICK-ASS
『 モンスターVSエイリアン (2009) 』
『 マスター・ファイブの秘密 (2008)<OV> 』
等の映画作品がある。


『G.I.ジョー バック2リベンジ』スタッフフィルモ#15◆スティーヴン・ウィンドン Stephen Windon
 本映画『 G.I.ジョー バック2リベンジ (2013) G.I. JOE: RETALIATION 』で、撮影を担当するスティーヴン・ウィンドン Stephen Windon(別名:スティーヴン・F・ウィンドン Stephen F. Windon)のフィルモグラフィーを見ると、
【フィルモグラフィー】
G.I.ジョー バック2リベンジ (2013) G.I. JOE: RETALIATION 』 撮影
ワイルド・スピード MEGA MAX (2011) FAST FIVE 』 製作総指揮
『 デスドール (2010) 』
『 ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT (2006) 』
蝋人形の館 (2005) HOUSE OF WAX
アナコンダ2 (2004) ANACONDAS: THE HUNT FOR THE BLOOD ORCHID
タキシード (2002) THE TUXEDO
『 南太平洋 (2001)<TVM> 』
『 ダイヤモンド・クエスト カリマンタンの魔神 (2001)<TVM> 』
『 ディープ・ブルー (1999) 』
『 沈黙の陰謀 (1998) 』
『 ファイアーストーム (1997) 』
『 ホーリー・ブライド (1996) 』
『 遥かなる栄光 (1995) 』
等の映画・TV作品がある。


●『G.I.ジョー バック2リベンジ』スタッフフィルモ#16◆ロジャー・バートン Roger Barton
 本映画『 G.I.ジョー バック2リベンジ (2013) G.I. JOE: RETALIATION 』で、編集を担当するロジャー・バートン Roger Barton のフィルモグラフィーを見ると、
【フィルモグラフィー】
G.I.ジョー バック2リベンジ (2013) G.I. JOE: RETALIATION 』 編集
THE GREY 凍える太陽 (2012) THE GREY 』 編集
トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン (2011) TRANSFORMERS: DARK OF THE MOON 』 編集
『 特攻野郎Aチーム THE MOVIE (2010) 』 編集
『 スピード・レーサー (2008) 』 編集
ゲット・リッチ・オア・ダイ・トライン (2005) GET RICH OR DIE TRYIN' 』 編集
悪魔の棲む家 (2005) THE AMITYVILLE HORROR
アイランド (2005) THE ISLAND 』
スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐 (2005) STAR WARS: EPISODE III - REVENGE OF THE SITH 』 
バッドボーイズ2バッド (2003) BAD BOYS 2 BAD
ゴーストシップ (2002) GHOST SHIP
等の映画作品がある。


●『G.I.ジョー バック2リベンジ』スタッフフィルモ#17◆ジム・メイ Jim May
 本映画『 G.I.ジョー バック2リベンジ (2013) G.I. JOE: RETALIATION 』で、編集を担当しているジム・メイ Jim May のフィルモグラフィーを見ると、
 【フィルモグラフィー】
G.I.ジョー バック2リベンジ (2013) G.I. JOE: RETALIATION 』 編集
『 特攻野郎Aチーム THE MOVIE (2010) 』 編集
『 G.I.ジョー (2009) 』 編集
『 ホースメン (2008) 』 編集
『 ヒッチャー (2007) 』 編集
『 テキサス・チェーンソー ビギニング (2006) 』 編集
ナルニア国物語/第1章:ライオンと魔女 (2005) THE CHRONICLES OF NARNIA: THE LION, THE WITCH AND THE WARDROBE 』 編集
等の映画作品がある。


●『G.I.ジョー バック2リベンジ』スタッフフィルモ#18◆アンドリュー・メンジース Andrew Menzies
 本映画『 G.I.ジョー バック2リベンジ (2013) G.I. JOE: RETALIATION 』で、プロダクションデザインを担当しているアンドリュー・メンジース Andrew Menzies のフィルモグラフィーを見ると、
【フィルモグラフィー】
G.I.ジョー バック2リベンジ (2013) G.I. JOE: RETALIATION 』 プロダクションデザイン
『 クレイジーズ (2010) 』 プロダクションデザイン
『 ナイト&デイ (2010) 』 プロダクションデザイン
『 ゲスト (2009)<未> 』 プロダクションデザイン
『 3時10分、決断のとき (2007) 』 プロダクションデザイン
等の映画作品がある。


●『G.I.ジョー バック2リベンジ』スタッフフィルモ#19◆ルイーズ・ミンゲンバック Louise Mingenbach
 本映画『 G.I.ジョー バック2リベンジ (2013) G.I. JOE: RETALIATION 』で、衣装デザインを担当しているルイーズ・ミンゲンバック Louise Mingenbach のフィルモグラフィーを見ると、
【フィルモグラフィー】
G.I.ジョー バック2リベンジ (2013) G.I. JOE: RETALIATION 』 衣装デザイン
バトルシップ (2012) BATTLESHIP
『 ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い (2009) 』
『 ウルヴァリン:X-MEN ZERO (2009) 』
『 ライラにお手あげ (2008)<未> 』
『 ハンコック (2008) 』
『 恋愛ルーキーズ (2006)<未> 』
スーパーマン リターンズ (2006) SUPERMAN RETURNS
等の映画作品がある。


●『G.I.ジョー バック2リベンジ』スタッフフィルモ#20◆ジェームズ・マディガン James Madigan
 本映画『 G.I.ジョー バック2リベンジ (2013) G.I. JOE: RETALIATION 』で、視覚効果監修(視覚効果スーパーバイザー/VFX)を担当するジェームズ・マディガン James Madigan のフィルモグラフィーを調べると、2013年5月28日現在までに視覚効果関連では26作品の諸作業を担当している。ジェームズ・マディガンの視覚効果で関わった作品を、この映画の森てんこ森で探すと、
【フィルモグラフィー】
G.I.ジョー バック2リベンジ (2013) G.I. JOE: RETALIATION 』 視覚効果監修
崖っぷちの男 (2012) MAN ON A LEDGE 』 (視覚効果 consultant)
シャンハイ (2010) SHANGHAI 』 視覚効果監修
アイアンマン2 (2010) IRON MAN 2 』 (associate 視覚効果監修)
ダ・ヴィンチ・コード (2006) THE DA VINCI CODE 』 (視覚効果監修: The Senate VFX)
ブラザーズ・グリム (2005) THE BROTHERS GRIMM 』 (視覚効果 coordinator)
ヴァン・ヘルシング (2004) VAN HELSING 』 (視覚効果 coordinator)
リーグ・オブ・レジェンド/時空を超えた戦い (2003) THE LEAGUE OF EXTRAORDINARY GENTLEMEN 』 (視覚効果 data coordinator)
いつか晴れた日に (1995) SENSE AND SENSIBILITY 』 (scanning and recording technician - uncredited)
等の映画作品がある。


●『G.I.ジョー バック2リベンジ』スタッフフィルモ#21◆グレゴリー・L・マクマリー Gregory L. McMurry
 本映画『 G.I.ジョー バック2リベンジ (2013) G.I. JOE: RETALIATION 』で、視覚効果監修(視覚効果スーパーバイザー/VFX)を担当するグレゴリー・L・マクマリー Gregory L. McMurry は、1952/3/26生まれ、アメリカ合衆国カリフォルニア州ロサンゼルス出身。グレゴリー・L・マクマリーのフィルモグラフィーを調べると、2013年5月28日現在までに視覚効果関連では47作品の諸作業を担当している。グレゴリー・L・マクマリーの視覚効果で関わった作品を、この映画の森てんこ森で探すと、
【フィルモグラフィー】
G.I.ジョー バック2リベンジ (2013) G.I. JOE: RETALIATION 』 視覚効果監修
グリーン・ランタン (2011) GREEN LANTERN 』 視覚効果監修
アイ・アム・ナンバー4 (2011) I AM NUMBER FOUR 』 (視覚効果監修 - as Greg McMurry)
ポセイドン (2006) POSEIDON  (additional 視覚効果監修 - as Gregory McMurry)
ペイチェック 消された記憶 (2003) PAYCHECK 』 視覚効果監修
ザ・コア (2003) THE CORE 』 視覚効果監修
コン・エアー (1997) 』 (computer graphics)
コピーキャット (1995) 』 (computer graphics supervisor)
アウトブレイク (1995) 』 (virus imagery: VIFX/Video Image)
バットマン リターンズ (1992) 』 (video image)
パトリオット・ゲーム (1992) 』 (視覚効果: Video Image)
アビス (1989) 』 (computer graphics: video image)
ザ・フライ2/二世誕生 (1988) 』 (video and graphic displays: Video Image, Los Angeles - as Gregory McMurry)
未知との遭遇 (1977) 』 (視覚効果 technician - 1980 special edition - uncredited)
等の映画作品がある。


※『G.I. JOE: RETALIATION』-Wikipedia、『G.I. JOE: RETALIATION』-IMDb、『G.I.ジョー バック2リベンジ』EPK、公式サイト引用
| ←前の閲覧ページに戻る |▲TOP | ▲目次 |
映画の森てんこ森代表:幸田幸
coda_sati@hotmail.com
「映画の森てんこ森」へ 「旅行の森てんこ森」へ
映画解説・レヴュータイトル一覧表へ
映画の森てんこ森 バナー03

映画の森てんこ森 coda21幸田幸 クレジット バナー01
幸のイタリア各都市情報へ
旅行の森てんこ森 バナー03
136x70
本サイトの作文、データ及び画像などのコンテンツの無断転用はお控え下さい。
貴サイトへの御掲載についてはメールにてお知らせ頂ければ幸いです。
© 2002-2013 Sachi CODA at Eigano-Mori Tenko-Mori, CODA21. All Rights Reserved.



borocsoborocso  at 00:30 この記事をクリップ! 

『G.I.ジョー バック2リベンジ』製作総指揮@映画の森てんこ森

『G.I.ジョー バック2リベンジ』製作総指揮@映画の森てんこ森
 映画の森てんこ森■映画『G.I.ジョー バック2リベンジ』
『G.I.ジョー バック2リベンジ』製作総指揮
G.I. JOE: RETALIATION
| 「映画の森てんこ森」表紙 | 新作映画Top | タイトル一覧 | 本ページ更新 |
■『G.I.ジョー バック2リベンジ』製作総指揮
 以下の映画『G.I.ジョー バック2リベンジ』の製作総指揮のフィルモグラフィーは、<『 G.I.ジョー バック2リベンジ 』スタッフフィルモ>として番号整理しています。
 ※ネタバレご注意:以下の『 G.I.ジョー バック2リベンジ (2013) G.I. JOE: RETALIATION 』(画面切替)のスタッフのフィルモグラフィーにはネタバレが含まれている場合があります。映画『G.I.ジョー バック2リベンジ (2013) G.I. JOE: RETALIATION』(画面切替)をまだご覧になっていない方はご注意ください。

●『G.I.ジョー バック2リベンジ』製作総指揮#06◆ロジャー・バーンバウム Roger Birnbaum
 本映画『 G.I.ジョー バック2リベンジ (2013) G.I. JOE: RETALIATION 』で、製作プロデューサーのロジャー・バーンバウム Roger Birnbaum のフィルモグラフィーを見ると、
【フィルモグラフィー】
G.I.ジョー バック2リベンジ (2013) G.I. JOE: RETALIATION 』 製作
君への誓い (2012) THE VOW 』 製作
『 フットルース 夢に向かって (2011)<未> 』 製作総指揮
『 抱きたいカンケイ (2011) 』 製作総指揮
『 奇人たちの晩餐会 USA (2010)<未> 』 製作総指揮
『 リープ・イヤー うるう年のプロポーズ (2010)<未> 』 製作
ツーリスト (2010) THE TOURIST 』 製作
『 G.I.ジョー (2009) 』 製作総指揮
『 愛の伝道師 ラブ・グル (2008)<未> 』 製作総指揮
『 オー!マイ・ゴースト (2008)<未> 』 製作総指揮
『 ミート・ザ・ジェンキンズ (2008)<未> 』 製作総指揮
『 フォー・クリスマス (2008)<未> 』 製作
『 パラサイト・バイティング 食人草 (2008)<未> 』 製作総指揮
『 幸せのきずな (2008)<未> 』 製作
『 ウォンテッド (2008) 』 製作総指揮
『 ハプニング (2008) 』 製作総指揮
『 幸せになるための27のドレス (2008) 』 製作
『 エバン・オールマイティ (2007)<未> 』 製作
『 臨死 (2007)<未> 』 製作
『 ルックアウト/見張り (2007)<未> 』 製作
『 鉄ワン・アンダードッグ (2007)<未> 』 製作
『 燃えよ!ピンポン (2007) 』 製作
『 ラッシュアワー3 (2007) 』 製作
『 スティック・イット! (2006)<未> 』 製作総指揮
『 DEATH GAME デスゲーム (2006)<未> 』 製作
南極物語 (2006) EIGHT BELOW 』 製作総指揮
レジェンド・オブ・ゾロ (2005) THE LEGEND OF ZORRO 』 製作総指揮
SAYURI (2005) MEMOIRS OF A GEISHA 』 製作総指揮
キャプテン・ウルフ (2005) THE PACIFIER 』 製作
『 銀河ヒッチハイク・ガイド (2005) THE HITCHHIKER'S GUIDE TO THE GALAXY 』 製作
『 Mr.3000 (2004)<未> 』 製作
『 スカーレット・ヨハンソンの 百点満点大作戦 (2004)<未> 』 製作
『 麗しの娼館 (2004)<TVM> 』 製作総指揮
コニー&カーラ (2004) CONNIE AND CARLA 』 製作
『 GO!GO!ガジェット2 (2003)<未> 』 製作総指揮
シービスケット (2003) SEABISCUIT 』 製作総指揮
リクルート (2003) THE RECRUIT 』 製作
ブルース・オールマイティ (2003) BRUCE ALMIGHTY 』 製作総指揮
シャンハイ・ナイト (2003) SHANGHAI KNIGHTS 』 製作
ケイティ (2002) ABANDON 』 製作
コーリング (2002) DRAGONFLY 』 製作
サラマンダー (2002) REIGN OF FIRE 』 製作
モンテ・クリスト伯 (2002) THE COUNT OF MONTE CRISTO 』 製作
クールボーダー (2001) 』 製作総指揮
アンブレイカブル (2000) UNBREAKABLE 』 製作総指揮
ラッシュアワー2 (2001) 』 製作
『 エンジェルス マウンドに降りた天使 (2000)<TVM> 』 製作総指揮
アンブレイカブル (2000) UNBREAKABLE 』 製作総指揮
僕たちのアナ・バナナ (2000) 』 製作総指揮
シャンハイ・ヌーン (2000) SHANGHAI NOON 』 製作
『 GO!GO!ガジェット (1999)<未> 』 製作
『 恋のから騒ぎ (1998)<未> 』 製作総指揮
『 ホーリーマン (1998)<未> 』 製作
『 サイモン・バーチ (1998) 』 製作
ラッシュアワー (1998) 』 製作
『 6デイズ/7ナイツ (1998) 』 製作
『 ゴーン・フィッシン’ (1997)<未> 』 製作
『 ロケットマン (1997)<未> 』 製作
『 走れ!僕のフラッシュ (1997)<TVM> 』 製作総指揮
『 エンジェルス2 (1997)<TVM> 』 製作総指揮
『 ポイント・ブランク (1997)<未> 』 製作
G.I.ジェーン (1997) G.I. JANE 』 製作
『 ネゴシエーター (1997) 』 製作
『 ビッグ・グリーン/でこぼこイレブン大旋風 (1996)<未> 』 製作
『 潜在殺意 (1996)<未> 』 製作
『 ファースト・キッド/僕のパパは大統領 (1996)<未> 』 製作
『 タンク・ブラザース/脱線ファンに御用心 (1996)<未> 』 製作
『 美容師と野獣 (1996)<未> 』 製作総指揮
『 トール・テイル/パラダイス・ヴァレーの奇跡 (1995)<未> 』 製作
『 パウダー (1995) 』 製作
『 判決前夜/ビフォア・アンド・アフター (1995) 』 製作総指揮
『 あなたが寝てる間に… (1995) 』 製作
『 ヘビーウェイト/サマー・キャンプ奪還作戦 (1994)<未> 』 製作
『 ザ・ジャーキー・ボーイズ/いたずら電話大作戦 (1994)<未> 』 製作
『 ハウスゲスト/あんただ〜れ? (1994)<未> 』 製作
『 ダーティ・シェイム (1994)<未> 』 製作
『 エンジェルス (1994) 』 製作
『 愛に気づけば… (1994) 』 製作総指揮
『 三銃士 (1993) 』 製作
『 フーズ・ザット・ガール (1987) 』 製作総指揮
『 シュア・シング (1985) 』 製作
等の映画・TV作品がある。


●『G.I.ジョー バック2リベンジ』製作総指揮#07◆ハーバート・W・ゲインズ Herbert W. Gains
 本映画『 G.I.ジョー バック2リベンジ (2013) G.I. JOE: RETALIATION 』で、製作総指揮を担当しているハーバート・W・ゲインズ Herbert W. Gains(別名ハーブ・ゲインズ Herb Gains)のフィルモグラフィーを見ると、
【フィルモグラフィー】
G.I.ジョー バック2リベンジ (2013) G.I. JOE: RETALIATION 』 製作総指揮
グリーン・ランタン (2011) GREEN LANTERN 』 製作総指揮
『 ウォッチメン (2009) 』 製作総指揮
『 ブレイブ ワン (2007) 』 製作総指揮
『 リーピング (2007) 』 製作
蝋人形の館 (2005) HOUSE OF WAX 』 製作総指揮
『 カレの嘘と彼女のヒミツ (2004)<未> 』 製作総指揮
僕はラジオ (2003) RADIO 』 製作
ブラック・ダイヤモンド (2003) CRADLE 2 THE GRAVE 』 製作総指揮
『 オレンジカウンティ (2002)<未> 』 製作総指揮
『 サマーリーグ (2001)<未> 』 製作総指揮
陽だまりのグラウンド (2001) HARDBALL 』 製作総指揮
等の映画作品がある。


●『G.I.ジョー バック2リベンジ』製作総指揮#08◆エリク・ハウサム Erik Howsam
 本映画『 G.I.ジョー バック2リベンジ (2013) G.I. JOE: RETALIATION 』で、製作総指揮を担当しているエリク・ハウサム Erik Howsam のフィルモグラフィーを見ると、
【フィルモグラフィー】
G.I.ジョー バック2リベンジ (2013) G.I. JOE: RETALIATION 』 製作総指揮
『 デビル・インサイド (2012)<未> 』 製作総指揮
『 G.I.ジョー (2009) 』 製作総指揮
『 ザ・シューター/極大射程 (2007) 』 製作総指揮
フォー・ブラザーズ/狼たちの誓い (2005) FOUR BROTHERS 』 製作総指揮
等の映画作品がある。


●『G.I.ジョー バック2リベンジ』製作総指揮#09◆ゲイリー・バーバー Gary Barber
 本映画『 G.I.ジョー バック2リベンジ (2013) G.I. JOE: RETALIATION 』で、製作プロデューサーのゲイリー・バーバー Gary Barber のフィルモグラフィーを見ると、
【フィルモグラフィー】
G.I.ジョー バック2リベンジ (2013) G.I. JOE: RETALIATION 』 製作総指揮
君への誓い (2012) THE VOW 』 製作
『 フットルース 夢に向かって (2011)<未> 』 製作総指揮
『 抱きたいカンケイ (2011) 』 製作総指揮
『 奇人たちの晩餐会 USA (2010)<未> 』 製作総指揮
『 リープ・イヤー うるう年のプロポーズ (2010)<未> 』 製作
ツーリスト (2010) THE TOURIST 』 製作
『 G.I.ジョー (2009) 』 製作総指揮
『 愛の伝道師 ラブ・グル (2008)<未> 』 製作総指揮
『 オー!マイ・ゴースト (2008)<未> 』 製作総指揮
『 ミート・ザ・ジェンキンズ (2008)<未> 』 製作総指揮
『 フォー・クリスマス (2008)<未> 』 製作
『 パラサイト・バイティング 食人草 (2008)<未> 』 製作総指揮
『 幸せのきずな (2008)<未> 』 製作
『 ウォンテッド (2008) 』 製作総指揮
『 ハプニング (2008) 』 製作総指揮
『 幸せになるための27のドレス (2008) 』 製作
『 エバン・オールマイティ (2007)<未> 』 製作
『 臨死 (2007)<未> 』 製作
『 ルックアウト/見張り (2007)<未> 』 製作
『 鉄ワン・アンダードッグ (2007)<未> 』 製作
『 燃えよ!ピンポン (2007) 』 製作
『 スティック・イット! (2006)<未> 』 製作総指揮
『 DEATH GAME デスゲーム (2006)<未> 』 製作
南極物語 (2006) EIGHT BELOW 』 製作総指揮
レジェンド・オブ・ゾロ (2005) THE LEGEND OF ZORRO 』 製作総指揮
SAYURI (2005) MEMOIRS OF A GEISHA 』 製作総指揮
キャプテン・ウルフ (2005) THE PACIFIER 』 製作
『 銀河ヒッチハイク・ガイド (2005) THE HITCHHIKER'S GUIDE TO THE GALAXY 』 製作
『 Mr.3000 (2004)<未> 』 製作
コニー&カーラ (2004) CONNIE AND CARLA 』 製作
シービスケット (2003) SEABISCUIT 』 製作総指揮
リクルート (2003) THE RECRUIT 』 製作
ブルース・オールマイティ (2003) BRUCE ALMIGHTY 』 製作総指揮
シャンハイ・ナイト (2003) SHANGHAI KNIGHTS 』 製作
ケイティ (2002) ABANDON 』 製作
コーリング (2002) DRAGONFLY 』 製作
サラマンダー (2002) REIGN OF FIRE 』 製作
モンテ・クリスト伯 (2002) THE COUNT OF MONTE CRISTO 』 製作
クールボーダー (2001) 』 製作総指揮
アンブレイカブル (2000) UNBREAKABLE 』 製作総指揮
僕たちのアナ・バナナ (2000) 』 製作総指揮
シャンハイ・ヌーン (2000) SHANGHAI NOON 』 製作
『 スクール・ウォーズ/もうイジメは懲りごり! (1996)<未> 』 製作総指揮
『 バッドムーン (1996)<未> 』 製作
『 サンドラ・ブロックの 恋する泥棒 (1996) 』 製作総指揮
『 悪魔のような女 (1996) 』 製作総指揮
『 脅迫 (1995)<未> 』 製作総指揮
『 精神分析医J (1995)<未> 』 製作総指揮
『 ジム・キャリーのエースにおまかせ (1995) 』 製作総指揮
『 詐欺/イマジナリークライム (1994)<未> 』 製作総指揮
『 エース・ベンチュラ (1994) 』 製作総指揮
『 逃げる天使 (1994) 』 製作総指揮
メジャーリーグ2 (1994) 』 製作総指揮
『 ダリアン (1993) 』 製作総指揮
『 トゥルー・ロマンス (1993) 』 製作総指揮
『 カウチポテト・アドベンチャー (1992) 』 製作総指揮
『 ホワイト・サンズ (1992) 』 製作総指揮
『 ロビン・フッド (1991) 』 製作総指揮
『 ハウリング V/最後の復活 (1989)<未> 』 製作総指揮
『 コミュニオン/遭遇 (1988)<未> 』 製作総指揮
等の映画作品がある。


●『G.I.ジョー バック2リベンジ』製作総指揮#10◆デヴィッド・エリソン David Ellison
 本映画『 G.I.ジョー バック2リベンジ (2013) G.I. JOE: RETALIATION 』で、製作総指揮を担当しているデヴィッド・エリソン David Ellison は、アメリカ合衆国出身。デヴィッド・エリソンのフィルモグラフィーを見ると、
【フィルモグラフィー】
G.I.ジョー バック2リベンジ (2013) G.I. JOE: RETALIATION 』 製作総指揮
『 人生はノー・リターン 〜僕とオカン、涙の3000マイル〜 (2012)<未> 』 製作総指揮
アウトロー (2012) JACK REACHER 』 製作総指揮
ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル (2011) MISSION: IMPOSSIBLE - GHOST PROTOCOL 』 製作総指揮
トゥルー・グリット (2010) TRUE GRIT 』 製作総指揮
『 レバレッジ 〜詐欺師たちの流儀 (シーズン2) (2009〜2010)<TV> 』 出演
『 フライボーイズ (2006) 』 エディー・ビーグル
等の映画・TV作品がある。


●『G.I.ジョー バック2リベンジ』製作総指揮#11◆デイナ・ゴールドバーグ Dana Goldberg
 本映画『 G.I.ジョー バック2リベンジ (2013) G.I. JOE: RETALIATION 』で、製作総指揮を担当しているデイナ・ゴールドバーグ Dana Goldberg のフィルモグラフィーを見ると、
【フィルモグラフィー】
G.I.ジョー バック2リベンジ (2013) G.I. JOE: RETALIATION 』 製作総指揮
『 人生はノー・リターン 〜僕とオカン、涙の3000マイル〜 (2012)<未> 』 製作総指揮
アウトロー (2012) JACK REACHER
ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル (2011) MISSION: IMPOSSIBLE - GHOST PROTOCOL 』 製作総指揮
『 イエスマン “YES”は人生のパスワード (2008) 』 製作総指揮
『 ゲット スマート (2008) 』 製作総指揮
『 最後の初恋 (2008) 』 製作総指揮
『 アイ・アム・レジェンド (2007) 』 製作総指揮
『 ライセンス・トゥ・ウェディング (2007) 』 製作総指揮
『 ブレイブ ワン (2007) 』 製作総指揮
ハッピーフィート (2006) HAPPY FEET 』 製作総指揮
『 イルマーレ (2006) 』 製作総指揮
ファイヤーウォール (2006) FIREWALL 』 製作総指揮
『 デュークス・オブ・ハザード (2005)<未> 』 製作総指揮
テイキング・ライブス (2004) TAKING LIVES 』 製作総指揮
等の映画作品がある。


●『G.I.ジョー バック2リベンジ』製作総指揮#12◆ポール・シュウェイク Paul Schwake
 本映画『 G.I.ジョー バック2リベンジ (2013) G.I. JOE: RETALIATION 』で、製作総指揮を担当しているポール・シュウェイク Paul Schwake のフィルモグラフィーを見ると、
【フィルモグラフィー】
G.I.ジョー バック2リベンジ (2013) G.I. JOE: RETALIATION 』 製作総指揮
『 人生はノー・リターン 〜僕とオカン、涙の3000マイル〜 (2012)<未> 』 製作総指揮
アウトロー (2012) JACK REACHER 』 製作総指揮
ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル (2011) MISSION: IMPOSSIBLE - GHOST PROTOCOL 』 製作総指揮
トゥルー・グリット (2010) TRUE GRIT 』 製作総指揮
等の映画作品がある。


●『G.I.ジョー バック2リベンジ』製作総指揮#13◆スティーヴン・ソマーズ Stephen Sommers
 本映画『 G.I.ジョー バック2リベンジ (2013) G.I. JOE: RETALIATION 』で、製作総指揮を担当しているスティーヴン・ソマーズ Stephen Sommers は、1962/03/20生まれ、アメリカ合衆国インディアナ州インディアナポリス出身。スティーヴン・ソマーズのフィルモグラフィーを見ると、
【フィルモグラフィー】
G.I.ジョー バック2リベンジ (2013) G.I. JOE: RETALIATION 』 製作総指揮
『 スコーピオン・キング3 (2012)<OV> 』 製作総指揮
『 G.I.ジョー (2009) 』 監督/原案/製作総指揮
『 スコーピオン・キング2 (2008)<OV> 』 製作
『 ハムナプトラ3 呪われた皇帝の秘宝 (2008) 』 製作
『 ヴァン・ヘルシング アニメーテッド (2004)<OV> 』 製作
ヴァン・ヘルシング (2004) VAN HELSING 』 監督/脚本/製作
『 スコーピオン・キング (2002) 』 脚本/原案/製作
ハムナプトラ2/黄金のピラミッド (2001) THE MUMMY RETURNS 』 監督/脚本
ハムナプトラ/失われた砂漠の都 (1999) 』 監督/脚本/原案
『 ザ・グリード (1998) 』 監督/脚本
『 オリバー・ツイスト (1997)<TVM> 』 共同製作総指揮
『 トム・ソーヤーの大冒険 (1995)<未> 』 脚本/製作総指揮
ジャングル・ブック (1994) 』 監督/脚本
『 ハックフィンの大冒険 (1993)<未> 』 監督/脚本
『 ガンメン (1993) 』 脚本
等の映画・TV作品がある。


※『G.I. JOE: RETALIATION』-Wikipedia、『G.I. JOE: RETALIATION』-IMDb、『G.I.ジョー バック2リベンジ』EPK、公式サイト引用
| ←前の閲覧ページに戻る |▲TOP | ▲目次 |
映画の森てんこ森代表:幸田幸
coda_sati@hotmail.com
「映画の森てんこ森」へ 「旅行の森てんこ森」へ
映画解説・レヴュータイトル一覧表へ
映画の森てんこ森 バナー03

映画の森てんこ森 coda21幸田幸 クレジット バナー01
幸のイタリア各都市情報へ
旅行の森てんこ森 バナー03
136x70
本サイトの作文、データ及び画像などのコンテンツの無断転用はお控え下さい。
貴サイトへの御掲載についてはメールにてお知らせ頂ければ幸いです。
© 2002-2013 Sachi CODA at Eigano-Mori Tenko-Mori, CODA21. All Rights Reserved.



borocsoborocso  at 00:20 この記事をクリップ! 

『G.I.ジョー バック2リベンジ』プロデューサー@映画の森てんこ森

『G.I.ジョー バック2リベンジ』プロデューサー@映画の森てんこ森
 映画の森てんこ森■映画『G.I.ジョー バック2リベンジ』
『G.I.ジョー バック2リベンジ』プロデューサー
G.I. JOE: RETALIATION
| 「映画の森てんこ森」表紙 | 新作映画Top | タイトル一覧 | 本ページ更新 |
■『G.I.ジョー バック2リベンジ』プロデューサー
 以下の映画『G.I.ジョー バック2リベンジ』のプロデューサーのフィルモグラフィーは、<『 G.I.ジョー バック2リベンジ 』スタッフフィルモ>として番号整理しています。
 ※ネタバレご注意:以下の『 G.I.ジョー バック2リベンジ (2013) G.I. JOE: RETALIATION 』(画面切替)のスタッフのフィルモグラフィーにはネタバレが含まれている場合があります。映画『G.I.ジョー バック2リベンジ (2013) G.I. JOE: RETALIATION』(画面切替)をまだご覧になっていない方はご注意ください。

●『G.I.ジョー バック2リベンジ』プロデューサー#04◆ロレンツォ・ディ・ボナヴェンチュラ Lorenzo di Bonaventura
 本映画『 G.I.ジョー バック2リベンジ (2013) G.I. JOE: RETALIATION 』で、製作プロデューサーのロレンツォ・ディ・ボナヴェンチュラ Lorenzo di Bonaventura、又はロレンツォ・ディボナヴェンチュラ Lorenzo DiBonaventura は、1957年生まれのイタリア系アメリカ人の映画プロデューサー。ロレンツォ・ディ・ボナヴェンチュラの父親は交響曲指揮者。ロレンツォ・ディ・ボナヴェンチュラはハーバード大学に進学している。また後に、彼はペンシルベニア大学のウォートン・スクールからMBAを取得しているインテリである。ロレンツォ・ディ・ボナヴェンチュラは1990年代をワーナー・ブラザーズの幹部社員として費やし、その後はワールドワイド・プロダクション Worldwide Production という制作会社の社長となった。彼がワーナー・ブラザースに在職している間に、『 マトリックス (1999) THE MATRIX 』が製作された。2013年現在、彼の製作会社のディボナベンチュラピクチャーズはパラマウント・ピクチャーズをベースとしている。ロレンツォ・ディ・ボナヴェンチュラのフィルモグラフィーを見ると、
 【フィルモグラフィー】
G.I.ジョー バック2リベンジ (2013) G.I. JOE: RETALIATION 』 製作
ラストスタンド (2012) THE LAST STAND 』 製作
『 デビル・インサイド (2012)<未> 』 製作総指揮
崖っぷちの男 (2012) MAN ON A LEDGE 』 製作
トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン (2011) TRANSFORMERS: DARK OF THE MOON 』 製作
『 RED/レッド (2010) 』 製作
『 ソルト (2010) 』 製作
『 エディ・マーフィの 劇的1週間 (2009)<未> 』 製作
『 G.I.ジョー (2009) 』 製作
トランスフォーマー/リベンジ (2009) TRANSFORMERS: REVENGE OF THE FALLEN 』 製作
『 1408号室 (2007) 』 製作
『 スターダスト (2007) 』 製作
トランスフォーマー (2007) TRANSFORMERS 』 製作
『 ザ・シューター/極大射程 (2007) 』 製作
『 すべてはその朝始まった (2005)<未> 』 製作
DOOM ドゥーム (2005) DOOM 』 製作
フォー・ブラザーズ/狼たちの誓い (2005) FOUR BROTHERS 』 製作
コンスタンティン (2004) CONSTANTINE 』 製作
『 マトリックス リビジデッド (2001)<OV> 』 出演
等の映画作品がある。


●『G.I.ジョー バック2リベンジ』プロデューサー#05◆ブライアン・ゴールドナー Brian Goldner
 本映画『 G.I.ジョー バック2リベンジ (2013) G.I. JOE: RETALIATION 』で、製作プロデューサーを務めるブライアン・ゴールドナー Brian Goldner のフィルモグラフィーを見ると、
【フィルモグラフィー】
G.I.ジョー バック2リベンジ (2013) G.I. JOE: RETALIATION 』 製作
バトルシップ (2012) BATTLESHIP 』 製作
トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン (2011) TRANSFORMERS: DARK OF THE MOON 』 製作総指揮
『 G.I.ジョー (2009) 』 製作
トランスフォーマー/リベンジ (2009) TRANSFORMERS: REVENGE OF THE FALLEN 』 製作総指揮
トランスフォーマー (2007) TRANSFORMERS 』 製作総指揮
等の映画作品がある。


※『G.I. JOE: RETALIATION』-Wikipedia、『G.I. JOE: RETALIATION』-IMDb、『G.I.ジョー バック2リベンジ』EPK、公式サイト引用
| ←前の閲覧ページに戻る |▲TOP | ▲目次 |
映画の森てんこ森代表:幸田幸
coda_sati@hotmail.com
「映画の森てんこ森」へ 「旅行の森てんこ森」へ
映画解説・レヴュータイトル一覧表へ
映画の森てんこ森 バナー03

映画の森てんこ森 coda21幸田幸 クレジット バナー01
幸のイタリア各都市情報へ
旅行の森てんこ森 バナー03
136x70
本サイトの作文、データ及び画像などのコンテンツの無断転用はお控え下さい。
貴サイトへの御掲載についてはメールにてお知らせ頂ければ幸いです。
© 2002-2013 Sachi CODA at Eigano-Mori Tenko-Mori, CODA21. All Rights Reserved.



borocsoborocso  at 00:10 この記事をクリップ! 

G.I.ジョー バック2リベンジのスタッフ&キャスト@映画の森てんこ森

G.I.ジョー バック2リベンジのスタッフ&キャスト@映画の森てんこ森
 映画の森てんこ森■映画スタッフとキャスト
G.I.ジョー バック2リベンジのスタッフ&キャスト
G.I. JOE: RETALIATION
| 「映画の森てんこ森」表紙 | 新作映画Top | タイトル一覧 | 本ページ更新 |
■G.I.ジョー バック2リベンジのスタッフとキャスト
以下は、映画『 G.I.ジョー バック2リベンジ (2013) G.I. JOE: RETALIATION 』のスタッフとキャストのリストです。
★映画『G.I.ジョー バック2リベンジ』(画面切替)の詳しい情報はこちらをクリック⇒

【映画『G.I.ジョー バック2リベンジ』のスタッフ】
監督 Directed by:ジョン・M・チュウ Jon M. Chu
脚本 Written by:レット・リース Rhett Reese
   ポール・ワーニック Paul Wernick
製作 Produced by:ロレンツォ・ディ・ボナヴェンチュラ Lorenzo di Bonaventura
   ブライアン・ゴールドナー Brian Goldner
製作総指揮 Executive Producer:ゲイリー・バーバー Gary Barber
   ロジャー・バーンバウム Roger Birnbaum
   デヴィッド・エリソン David Ellison
   ハーバート・W・ゲインズ Herbert W. Gains
   デイナ・ゴールドバーグ Dana Goldberg
   エリク・ハウサム Erik Howsam
   ポール・シュウェイク Paul Schwake
   スティーヴン・ソマーズ Stephen Sommers
音楽 Original Music by:ヘンリー・ジャックマン Henry Jackman
撮影 Cinematography by:スティーヴン・ウィンドン Stephen Windon
編集 Film Editing by:ロジャー・バートン Roger Barton
   ジム・メイ Jim May
プロダクション・デザイン Production Design by:アンドリュー・メンジース Andrew Menzies
衣装デザイン Costume Design by:ルイーズ・ミンゲンバック Louise Mingenbach
視覚効果監修 Visual Effects Supervisor:ジェームズ・マディガン James Madigan
   グレゴリー・L・マクマリー Gregory L. McMurry


【映画『G.I.ジョー バック2リベンジ』のキャスト】
出演・Cast (in credits order)
   ドウェイン・ジョンソン Dwayne Johnson ... Roadblock ロードブロック
   ジョナサン・プライス Jonathan Pryce ... President of the United States アメリカ合衆国大統領
   イ・ビョンホン Byung-hun Lee ... Storm Shadow ストームシャドー
   エロディ・ユン Elodie Yung ... Jinx ジンクス
   レイ・スティーヴンソン Ray Stevenson ... Firefly ファイヤーフライ
   D・J・コトローナ D.J. Cotrona ... Flint フリント
   エイドリアンヌ・パリッキ Adrianne Palicki ... Lady Jaye レディ・ジェイ
   チャニング・テイタム Channing Tatum ... Duke デューク
   レイ・パーク Ray Park ... Snake Eyes スネークアイズ
   ファラン・タヒール Faran Tahir (IMDb によるとルーク・ブレイシー Luke Bracey)... Cobra Commander コブラコマンダー
   ウォルトン・ゴギンズ Walton Goggins ... Warden Nigel James ナイジェル・ジェームズ刑務所長
   アーノルド・ヴォスルー Arnold Vosloo ... Zartan ザルタン
   ジョセフ・マッゼロ Joseph Mazzello ... Mouse マウス
   ニック・エリクソン Nick Erickson ... President Picture Double 大統領の写真の代役
   RZA RZA ... Blind Master ブラインドマスター
   ナイーム・アルヘリミ Naim Alherimi ... Pakistani President パキスタンの大統領
   ラヴィ・ナイドゥ Ravi Naidu ... Chief Advisor 主任顧問
   マット・ジェラルド Matt Gerald ... Havoc 或いは Zandar ハヴォック或いはザンダー
   ダグラス・M・グリフィン Douglas M. Griffin ... Doctor 医師
   ジョー・クレスト Joe Chrest ... Chief of Staff 参謀長
   ブルース・ウィリス Bruce Willis ... General Joe Colton ジョー・コルトン司令官
   ジェームズ・カーヴィル James Carville ... James Carville Himself 本人
   ライアン・ハンセン Ryan Hansen ... Grunt グラント
   デレイ・デイヴィス DeRay Davis ... Stoop ストゥープ
   ネイサン・タカシゲ Nathan Takashige ... Young Storm Shadow 幼いストームシャドー
   ジョアンナ・リーズ Joanna Leeds ... Intern インターン
   エラナ・ジャスティン Elana Justin ... Intern インターン
   イリア・ヴォロック Ilia Volok ... Russian Leader ロシアの指揮官
   ディクラン・トゥレイン Dikran Tulaine ... U.K. Leader 英国の指揮官
   ロバート・カトリーニ Robert Catrini ... Israeli President イスラエルの大統領
   マルセロ・テュバート Marcelo Tubert ... French Leader フランスの指揮官
   ジェームズ・リュー James Lew ... Chinese Leader 中国の指揮官
   アジェイ・メータ Ajay Mehta ... Indian Leader インドの指揮官
   オーガスタス・チョー Augustus Cho ... North Korean Leader 北朝鮮の指揮官
   ラジャ・デカ Raja Deka ... Indian Expert インドの専門家(as Raja Chandra Deka)
   ティファニー・ロンズデール Tiffany Lonsdale ... British Expert 英国の専門家
   テリー・デイル・パークス Terry Dale Parks ... Greeter 挨拶する人
   イ・ジョンヒ Jun Hee Lee ... North Korean Captain 北朝鮮の大尉
   アフェモ・オミラミ Afemo Omilami ... Chairman Joint Chief of Staff 参謀長
   ダンテ・ウォン・ハ W. Dante Ha ... Kim Jong's Nephew キム・ジョンの甥(as Dante Won Ha)
   キャリー・ウォン Carrie Wong ... Jhankri ジャンクリ
   ベンジャミン・ブランケンシップ Benjamin Blankenship ... Systems Officer 組織将校
   アダム・ヴェルニエ Adam Vernier ... Weapons Officer 兵器将校
   ジム・パーマー Jim Palmer ... Clutch クラッチ
   アミン・ジョセフ Amin Joseph ... Cobra Secret Sevice コブラの諜報部
   レイ・ヘルナンデス Rey Hernandez ... Cobra Secret Service コブラの諜報部
   グラント・グッドマン Grant Goodman ... First Son 長男
   ミーカール・ヴェガ Mikal Vega ... Arch Angel Joe 大天使ジョー
   ルイス・エチャガルーガ Luis Echagarruga ... Arch Angel Joe 大天使ジョー
   ブレリン・プランバー Brelyn Plumbar ... Roadblock's Daughter ロードブロックの娘
   アマヤ・プランバー Amaya Plumbar ... Roadblock's Daughter ロードブロックの娘
   ダスティン・コスティン Dustan Costine ... Cobra Trooper コブラの騎兵
   マイケル・ハウ Michael Howe ... Cobra Trooper コブラの騎兵(as Michael D. Howe)
   ジェフリー・ハウ Geoffrey Howe ... Cobra Trooper コブラの騎兵(as Geoffrey S. Howe)
   エリク・ハウサム Erik Howsam ... U.K. Staff 英国の局員
   ティモシー・ブルンズ Timothy Bruns ... Honor Guard 儀仗兵
   ロバート・ベイカー Robert Baker ... the voice of Cobra Commander コブラコマンダーの声


※スタッフ・キャスト及び登場人物の呼称が正確でない場合がありますのでご了承ください。
※参考資料:『G.I. JOE: RETALIATION 』-IMDb、映画『G.I.ジョー バック2リベンジ』-Wikipedia、『G.I. JOE: RETALIATION』-Wikipedia英語版、『G.I.ジョー バック2リベンジ』EPK、公式サイト
| ←前の閲覧ページに戻る |▲TOP | ▲目次 |
映画の森てんこ森代表:幸田幸
coda_sati@hotmail.com
「映画の森てんこ森」へ 「旅行の森てんこ森」へ
映画解説・レヴュータイトル一覧表へ
映画の森てんこ森 バナー03

映画の森てんこ森 coda21幸田幸 クレジット バナー01
幸のイタリア各都市情報へ
旅行の森てんこ森 バナー03
136x70
本サイトの作文、データ及び画像などのコンテンツの無断転用はお控え下さい。
貴サイトへの御掲載についてはメールにてお知らせ頂ければ幸いです。
© 2002-2013 Sachi CODA at Eigano-Mori Tenko-Mori, CODA21. All Rights Reserved.



borocsoborocso  at 00:00 この記事をクリップ! 

スマイリーの完全ネタバレ@映画の森てんこ森


【恭子の動画映像ブログ】 2013年5月25日(土)公開予定
最新映画のネタバレ/あらすじ・ストーリー・結末のネタバレ・完全ネタバレ
※この欄のイラストは「NOM's FOODS iLLUSTRATED」さまより使用許諾を得ています。(c)映画の森てんこ森/F・恭子
更新版
F・恭子のブロードバンドブログnew スマイリーの完全ネタバレ

映画『 スマイリー 』の解説
※クリックでYouTube『スマイリー (2012) SMILEY』予告編へ
映画『 スマイリー 』の予告編
※動画はTrailersExtremeへリンクで掲載
(C)2013 Fever Productions, LLC.

| 「目次」Topページ | 本ページ更新 | 本ページ最終更新 |
スマイリー/映画『 スマイリー SMILEY 』あらすじ・ストーリーのネタバレ/結末まで完全ネタバレ

by ネタバレンタイン犬@映画の森てんこ森 スマイリーの完全ネタバレ
スマイリーの完全ネタバレ
 今日のタイトルは「スマイリーの完全ネタバレ」です。
 そしてYouTube動画映像版は映画『スマイリー』の予告編です。
 映画『 スマイリー (2012) SMILEY 』の映画解説はこちらから。
 このページは、幸田幸@映画の森てんこ森が、日本公開前の映画を海外の劇場やDVDで鑑賞して作文したり、『 スマイリー (2012) SMILEY 』のWikipedia英語版プロットや、海外映画情報(あらすじ・ストーリー・ネタバレ等)を大雑把に日本語訳して編集、纏めたものです。

映画『スマイリー』の劇場公開
 2013年5月25日(土)より、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか、全国順次ロードショー!!

ネタバレご注意:あらすじ・ストーリー・結末まで、完全ネタバレですので、映画『 スマイリー (2012) SMILEY 』をまだご覧になっていない方はネタバレにご注意ください。
 Warning!The items below here contain information that may give away important plot points. You may not want to read any further if you've not already seen this title.

★製作陣スタッフや登場人物キャスト、映画解説やポスター等の情報は以下を参照してください。
●スマイリー@映画の森てんこ森
http://coda21.net/eiga3mai/2012/SMILEY.htm
●livedoor版【スマイリーのスタッフ&キャスト】
http://blog.livedoor.jp/borocso/archives/1849654.html
●livedoor版【『スマイリー』スタッフフィルモ】
http://blog.livedoor.jp/borocso/archives/1849655.html
●livedoor版【『スマイリー』キャストフィルモ@映画の森てんこ森】
http://blog.livedoor.jp/borocso/archives/1849657.html
●livedoor版【スマイリーの映画解説】
http://blog.livedoor.jp/borocso/archives/1849669.html
●BK版【映画「スマイリー」ポスター】
http://coda21.net/broadband/blog2013_05/130516.htm
▲livedoor版<映画「スマイリー」ポスター@映画の森てんこ森>
http://blog.livedoor.jp/borocso/archives/1849766.html
▲livedoor版【映画『スマイリー』@映画の森てんこ森】
http://blog.livedoor.jp/borocso/archives/1849768.html
▲livedoor版<ネタバレ映画/スマイリー@映画の森てんこ森>
http://blog.livedoor.jp/borocso/archives/1849776.html
▲livedoor版<ネタバレ結末/スマイリー@映画の森てんこ森>
http://blog.livedoor.jp/borocso/archives/1849781.html
▲BK版<スマイリーのネタバレ@映画の森てんこ森>
http://coda21.net/broadband/blog2013_05/130527.htm
▲livedoor版<スマイリーの完全ネタバレ@映画の森てんこ森>
http://blog.livedoor.jp/borocso/archives/1849862.html

【スマイリー/あらすじ結末まで完全ネタバレ 第01段落】
 『スマイリー』は一度に二つのことをしようと努めている。一つは、古典的血まみれのスプラッタ・ホラー或いはスラッシャー・フィルム『ハロウィン (1978) HALLOWEEN』『13日の金曜日 (1980) FRIDAY THE 13TH 』『 エルム街の悪夢 (1984) A NIGHTMARE ON ELM STREET 』等の足どりを追う要素。

【スマイリー/あらすじ結末まで完全ネタバレ 第02段落】
 もう一つは、近代的な技術の最新版を試みるという要素だ。インターネットでのチャットが絡んでくるのだ。“スマイリー”と呼ばれる殺人者に関する21世紀の都市伝説の話である。“スマイリー”とは“ニコちゃんマーク”“ニコニコマーク”“スマイルマーク”のことで、その不気味な仮面を被っているからそう呼ばれる。

【スマイリー/あらすじ結末まで完全ネタバレ 第03段落】
 先ずは悲鳴のシーンから。ステイシー(ニッキ・リモ)というティーンエイジャーが都市伝説“スマイリー”の話を聞かされる。そしてオンラインで見知らぬ人とチャットしている間に残酷な殺し方で謎の死を遂げる。

【スマイリー/あらすじ結末まで完全ネタバレ 第04段落】
 主人公アシュレイ(ケイトリン・ジェラード)は大学生になったばかりの女の子。独り暮らしは初めてだ。数年前に母親(エリザベス・グリア)を亡くし、厄介な過去がある。父(ビリー・セント・ジョン)は過保護だ。アシュレイは今は心配や絶望といったものに独りで対処している。

【スマイリー/あらすじ結末まで完全ネタバレ 第05段落】
 ルームメイトとして一緒に暮らすことになったのはプロキシ(メラニー・パパリア)といい、元気いっぱいのパーティ好きな女子で、内向的で学究的な人物のアシュレイとは正反対の性格だ。

【スマイリー/あらすじ結末まで完全ネタバレ 第06段落】
 このプロキシが、アシュレイを大学のキャンパス外の狂ったパーティに連れて行く。パーティのホストは、ゼーン(アンドリュー・ジェームズ・アレン)というインターネットのハッカーとバインダー(シェーン・ドーソン)で、彼女らはこういうちょっとワクワクする危険の匂いのする男性と知り合う。

【スマイリー/あらすじ結末まで完全ネタバレ 第07段落】
 そのパーティでアシュレイは“スマイリー”の話を聞いて、その現実味を疑う。そこで、アシュレイとプロキシは ・・・結末までのネタバレを読む・・・>>










以上。
※<スマイリーの完全ネタバレ>のテキストは、<『SMILEY』-Wikipedia英語版、『SMILEY』-IMDb、『SMILEY』関連サイト英語版の翻訳、映画『スマイリー』-Wikipedia、『スマイリー』EPK、公式サイト・関連サイト等を引用。
※本ファイル<スマイリーの完全ネタバレ>には間違いがある場合がありますので、お読みになる方は、どうかご了承くださいませ。

テキスト:幸田幸


 ■恭子の動画映像ブログ
 http://coda21.net/broadband/index.htm

注目の映画・DVD・映像動画はこちら・・・▼
 ★映画の森てんこ森 http://coda21.net/

 映画の森てんこ森のその他の映像・動画コンテンツを見る・・・>>
【B級グルメ@映画の森てんこ森】=YouTube動画サイト

| 「目次」Topページ | 本ページ更新 | 本ページ最終更新 |

更新ブログはここをクリック


映画解説・レヴュータイトル一覧表
映画の森てんこ森 バナー03

映画の森てんこ森 coda21幸田幸 クレジット バナー01


幸のイタリア旅行のHPへ幸田幸のイタリア旅行バナーボタン01クリックで「旅行の森てんこ森」のページに進む。
幸のイタリア旅行のHPへ

★テキスト中心対応(T)版 (28Kbps〜56Kbps) ■800×600画面 ■文字サイズ(小) ■IE4以上推奨
★ブロードバンド対応(B)版 (ADSL以上) ■800×600画面 ■文字サイズ(小) ■IE6推奨

★ MacNN や WinNN では、動作や表示 がWindows IE と異なる場合があります。ご了承下さい。

※右欄のイラストは「NOM's FOODS iLLUSTRATED」さまへ使用許諾申請済
Images Courtesy of <http://homepage1.nifty.com/NOM/index.htm>

表紙目次読む映画試写会レヴュー観たい度映画予告編エッセイ日誌試写会情報
リンク集映画ゲーム思い出映画
| 映画レヴュー10000字超 | 映画解説タイトル一覧表 |
幸のカレンダーぼろくそパパの独り言 | livedoorブログ | 旅行の森てんこ森 |
ブロードバンドB版 | 恭子の動画映像ブログ | 恭子の「YouTube」 | サイト内検索 |
© 2002-2013 Sachi CODA at Eigano-Mori Tenko-Mori, CODA21. All Rights Reserved.



borocsoborocso  at 12:00 この記事をクリップ! 

ネタバレ結末/スマイリー@映画の森てんこ森

ネタバレ結末/スマイリー@映画の森てんこ森
 映画の森てんこ森■映画解説と予告編とレヴュー■映画ネタバレ
スマイリー
SMILEY
| 「映画の森てんこ森」表紙 | 新作映画Top | タイトル一覧 | 本ページ更新 |
ネタバレ結末/スマイリー
ネタバレ注意@映画の森てんこ森
ストーリー展開の前知識やネタバレがお好みでない方は、読まないで下さい。
■ネタバレ結末/スマイリー@映画の森てんこ森
【『スマイリー』ネタバレ】
ネタバレご注意:以下の<ネタバレ結末/スマイリー@映画の森てんこ森>のあらすじ・ストーリー・結末にはネタバレが含まれています。映画『 スマイリー (2012) SMILEY 』をまだご覧になっていない方は、どうかネタバレにご注意ください。

★『 スマイリー 』劇場公開情報
 2013年5月25日(土)より、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか、全国順次ロードショー!!
 ※日本配給情報: 劇場公開(AMG エンタテインメント)

<ネタバレ映画/スマイリー>の仕切り線

▲ここまでの<ネタバレ映画/スマイリー@映画の森てんこ森>のあらすじはこちらから・・・

【ネタバレ結末/スマイリー 第11段落】
 アシュレイは恐怖と妄想でいっぱいになり、起こったことをプロキシに必死で伝えるが、プロキシは出て行ってしまう。で、今度は大学のクレイトン教授(ロジャー・バート)に助言を求めに向う。

【ネタバレ結末/スマイリー 第12段落】
 クレイトン教授はチャットルームやハッカーについて豊富に話してくれる。「オッカムの剃刀(実体は不必要に増えないという原理)」や「人間原理(知性体重視論)」の講義をしてくれるのだが、アシュレイは「それって本当?」という危機感と恐れが余計に増大するだけだ。

【ネタバレ結末/スマイリー 第13段落】
 次は警官のダイアモンド(キース・デヴィッド)に助けを求めると、頭がおかしいのだとアシュレイは無視される。そしてゼーンの家に行くとゼーンが死んでいるのを発見してショック!

【ネタバレ結末/スマイリー 第14段落】
 アシュレイがゼーンの拳銃を掴むのとほぼ同時にスマイリーが出現した。スマイリーはアシュレイを追跡し、途中で見失ってしまう。自宅に戻ったアシュレイは侵入者に発砲する。すると、それはバインダーだと分かる。

【ネタバレ結末/スマイリー 第15段落】
 驚いてバインダーを助けようとするが、そこへスマイリーが入ってきてバインダーの喉を掻き切る。スマイリーは執拗にアシュレイを階上の部屋まで追う。すると、何と、部屋にはもっと多くのスマイリーの格好をした者達がいるではないか・・・

▲TOPへ

◆ここからは、最後の結末まで書いていて完全にネタバレしていますので、ストーリー全体が分ります。御注意下さい。
 ATTN: This review reveals the movie content. Please don't say that I didn't say !


★以下のネタバレ日本語訳は、映画『スマイリー』の公開日2013年5月25日(土)の翌日、又は翌日以降に公開予定ですが、映画をご覧になる前に、前もって<ストーリー/あらすじ/結末までの完全ネタバレ日本語版>をお読みになりたい方は、以下をクリックしてください。

 ・・・結末までの完全ネタバレはこちらから・・・⇒


【感謝とお願い】多くの皆様にこのネタバレコーナーにアクセス頂き、ありがとうございますm(__)m
 もしクリックしてもネタバレファイルにジャンプしない場合は、映画会社や配給会社への配慮として、まだリンクを貼っていない期間です。リクエスト・メールが多い場合は(お返事は出せませんが)、タイミングを見計らって、映画公開一週間前にはアップしますので、どうかご了承ください。

 本ファイル<ネタバレ結末/スマイリー>や、このページの他の「ネタバレ」コンテンツは、先行公開されている海外の映画作品を劇場鑑賞やDVD鑑賞したり、<Wikipedia>英語版の記事やその他の海外映画情報を幸田幸@映画の森てんこ森が翻訳編集したりして、ネタバレ版テキストを作成・アップしています。<ネタバレ結末/スマイリー>のあらすじに私の鑑賞誤解があったり、文章表現が稚拙であったり、直訳的だったり、翻訳ミスがある場合がありますので、どうかご了承くださいますようにお願い申し上げます。
以上。

※参考資料:映画『スマイリー』-Wikipedia、『SMILEY』-Wikipedia英語版、『SMILEY』-IMDb、『スマイリー』EPK、公式サイト
| ←前の閲覧ページに戻る |▲TOP | ▲目次 |
映画の森てんこ森代表:幸田幸
coda_sati@hotmail.com
「映画の森てんこ森」へ 「旅行の森てんこ森」へ
映画解説・レヴュータイトル一覧表へ
映画の森てんこ森 バナー03

映画の森てんこ森 coda21幸田幸 クレジット バナー01
幸のイタリア各都市情報へ
旅行の森てんこ森 バナー03
136x70
本サイトの作文、データ及び画像などのコンテンツの無断転用はお控え下さい。
貴サイトへの御掲載についてはメールにてお知らせ頂ければ幸いです。
© 2002-2013 Sachi CODA at Eigano-Mori Tenko-Mori, CODA21. All Rights Reserved.



borocsoborocso  at 12:00 この記事をクリップ! 

ネタバレ映画/グランド・マスター@映画の森てんこ森

ネタバレ映画/グランド・マスター@映画の森てんこ森
 映画の森てんこ森■映画解説と予告編とレヴュー■映画ネタバレ
グランド・マスター
THE GRANDMASTER
| 「映画の森てんこ森」表紙 | 新作映画Top | タイトル一覧 | 本ページ更新 |
ネタバレ映画/グランド・マスター
ネタバレ注意@映画の森てんこ森
ストーリー展開の前知識やネタバレがお好みでない方は、読まないで下さい。
■ネタバレ映画/グランド・マスター@映画の森てんこ森
 GoogleやYahoo!の検索エンジンで、映画の森てんこ森のネタバレファイルをお探しの場合は、
ネタバレ グランド・マスター>又は
グランド・マスター ネタバレ>と入力してください。

【『グランド・マスター』ネタバレ】
ネタバレご注意:以下の<ネタバレ映画/グランド・マスター@映画の森てんこ森>のあらすじ・ストーリー・結末にはネタバレが含まれています。映画『 グランド・マスター (2013) 一代宗師(原題) / THE GRANDMASTER(英題) 』をまだご覧になっていない方は、どうかネタバレにご注意ください。
 Warning!Plot synopsis, storyline and story-end items below here contain information that may give away important plot points. You may not want to read any further if you've not already seen this title.

★『 グランド・マスター 』劇場公開情報
 2013年5月31日(金)より、TOHOシネマズ日劇ほかにて全国ロードショー!!
 ※日本配給情報: 劇場公開(ギャガ)


 本ファイル<ネタバレ映画/グランド・マスター>や、このページの他の「ネタバレ」コンテンツは、先行公開されている海外の映画作品を劇場鑑賞やDVD鑑賞したり、<Wikipedia>英語版の記事やその他の海外映画情報を幸田幸@映画の森てんこ森が翻訳編集したりして、ネタバレ版テキストを作成・アップしています。<ネタバレ映画/グランド・マスター>のあらすじに私の鑑賞誤解があったり、文章表現が稚拙であったり、直訳的だったり、翻訳ミスがある場合がありますので、どうかご了承くださいますようにお願い申し上げます。

<ネタバレ映画/グランド・マスター>の仕切り線

【ネタバレ映画/グランド・マスター(あらすじ結末) 第01段落】
 ブルース・リー 李小龍 の唯一の師匠であるイップ・マン 葉問 の話なのでブルース・リーとの関係が前面に出た映画かと勝手に想像したけれど、全然違った。それに、ソフトな紳士のイメージのトニー・レオン 梁朝偉 がこれほどまでの本格武術の役をするとは思いもかけなかった。

【ネタバレ映画/グランド・マスター(あらすじ結末) 第02段落】
 主演トニー・レオン 梁朝偉 は流派を極めた長、宗師<=邦題のグランド・マスター>を演ずるに当たって、イップ・マンの最後の直弟子ダンカン・リョン 梁紹鴻 から伝授されて四年間もの過酷な特訓を受け、武術を身につけたそうだ。

【ネタバレ映画/グランド・マスター(あらすじ結末) 第03段落】
 トニー・レオンと、同じく主役のチャン・ツィイー 章子怡 は二人とも『 HERO (2002) HERO (英題) / 英雄 (原題) 』等でもアクションを披露しているけれど、『グランド・マスター』では比較にならないほどの本物の武術。

【ネタバレ映画/グランド・マスター(あらすじ結末) 第04段落】
 チャン・ツィイーも国際的女優となっても、この役を演じるためにハードな指導に耐えた。元々、8歳で舞踏を始め、11歳で北京舞踊大学附属中学合格、16歳で全国青年ダンス・コンテストで優勝。北京の名門演劇学校中央戯劇学院入学。1994年に全国桃李杯舞踏コンクールで演技賞を受賞、という経歴で、身体能力は凄いと思う。

【ネタバレ映画/グランド・マスター(あらすじ結末) 第05段落】
 『 SPIRIT (2006) 霍元甲 (原題) / FEARLESS (英題) 』でジェット・リー 李連杰 が扮したフォ・ユアンジア或いはフォ・ユェンジャア 霍元甲 は河北省などに伝わる武術、秘宗拳(別名は燕青拳・迷蹤芸など)のグランド・マスターだった。中国の武術は時代・地域等で幾つもの流派があるようだ。

【ネタバレ映画/グランド・マスター(あらすじ結末) 第06段落】
 この『グランド・マスター』は中国の1930〜40年代を舞台とし、時代を前後に行ったり来たりしながら展開していく。映画冒頭はイップ・マン 葉問(トニー・レオン 梁朝偉)の武術を先ず見せる。雨の中を、イップ・マン 葉問 は二、三十人を相手に戦って全員を負かすのだ。

【ネタバレ映画/グランド・マスター(あらすじ結末) 第07段落】
 イップ・マン 葉問 (1893/10/1 ? 1972/12/2)は広東省仏山市の生まれ。仏山<佛山>と言えば、このイップ・マン 葉問 だけでなく、『 ワンス・アポン・ア・タイム・イン・チャイナ&アメリカ/天地風雲 (1997) 黄飛鴻之西域雄獅 / ONCE UPON A TIME IN CHINA & AMERICA 』『 ワンス・アポン・ア・タイム・イン・チャイナ/天地雄覇 (1993) THE LAST HERO IN CHINA / ラスト・ヒーロー・イン・チャイナ/烈火風雲 の武術家ウォン・フェイフォン 黄飛鴻 の出身地、またブルース・リーの一族の本籍地でもある!

【ネタバレ映画/グランド・マスター(あらすじ結末) 第08段落】
 アルファベットでは Yip Man とも Ip Man とも綴られるイップ・マン 葉問 は裕福な家庭に生まれ、7歳(13歳という情報もあり)から詠春拳の師匠チャン・ワーシュン 陳華順(ユエン・ウーピン 袁和平)に武術を習い始めた。イップ・マン 葉問 が死期近い陳華順から学んだ後、陳華順は死去する。

【ネタバレ映画/グランド・マスター(あらすじ結末) 第09段落】
 16歳でイップ・マン 葉問 は親族デン叔父さん(ロー・ホイパン 盧海鵬)の助っ人で香港に移住。富裕層の子弟の学校 St. Stephen's College 聖士提反書院 に入学してからも、詠春拳を駆使して、街の悪い者をやっつけたりして力を見せ付ける。そこでは武人(ロー・マン 羅莽)と出会ったりもする。

【ネタバレ映画/グランド・マスター(あらすじ結末) 第10段落】
 成長したイップ・マン 葉問 はチャン・ヨンチェン或いはチャン・ウィンセン 張永成(ソン・ヘギョ 宋慧教・宋慧喬)と結婚して二児をもうけ、平和な暮らしをしていた。史実では、四人の子供持ち。男の子が Yip Hok Chun (Yip Chun) と Yip Hok Ching (Yip Ching)、女の子が Yip Ar Sum と Yip Ar Woon だ。

【ネタバレ映画/グランド・マスター(あらすじ結末) 第11段落】
 そんな穏やかな毎日が変わる出来事が勃発する。中国武術協会の長で北の八卦掌の宗師<グランド・マスター>であるゴン・パオセン 宮宝森(ワン・チンシャン 王慶祥)が引退を表明して、ゴン・パオセンの一番弟子であり形意拳の使い手のマーサン 馬三(チャン・ジン 張晋)を後継者にすると決めたのだ。

【ネタバレ映画/グランド・マスター(あらすじ結末) 第12段落】
 そして南にも南自体の後継者候補を出すべきだと言う。論争も起きるし何人もの武術家たちがゴン・パオセンに挑戦したりもする。しかし、皆、マーサンに阻まれた。南の宗師たちは誰を出すか熟考している。

【ネタバレ映画/グランド・マスター(あらすじ結末) 第13段落】
 ゴン・パオセンの娘ゴン・ルオメイ 宮若梅(チャン・ツィイー 章子怡)が到来して、もう戦いをし続けるのを止めるように父親ゴン・パオセンに言い聞かせようとする。ゴン・ルオメイは八卦掌の奥義六十四手を唯一受け継ぐ者だ。

【ネタバレ映画/グランド・マスター(あらすじ結末) 第14段落】
 そうしているうちに、南では、イップ・マン 葉問 を南代表の候補に出すことに決定。南の三人の宗師(エルヴィス・ツイ 徐錦江、ン・ティンイップ 呉廷、チ・フェイロン 吉飛龍か)はイップ・マン 葉問 をゴン・パオセンに挑戦させる前に自分たちと戦わせて試す。

【ネタバレ映画/グランド・マスター(あらすじ結末) 第15段落】
 けれども、イップ・マン 葉問 とゴン・パオセン 宮宝森 との戦いは実は哲学的な考えの交換だと判明。ゴン・パオセンはイップ・マン 葉問 を勝者と認めて、北に戻って行く。イップ・マン 葉問 は宗師<グランド・マスター>になった。しかし、それで収まらないのが娘のゴン・ルオメイだ・・・

▲TOPへ

◆ここからは、結末まで書いてネタバレしていますので、ストーリー全体が分ります。御注意下さい。
 ATTN: This review reveals the movie content. Please don't say that I didn't say !


★以下のネタバレ日本語訳は、映画『グランド・マスター』の公開日2013年5月31日(金)の翌日、又は翌日以降に公開予定ですが、映画をご覧になる前に、前もって<ストーリー/あらすじ/結末までの完全ネタバレ日本語版>をお読みになりたい方は、以下をクリックしてください。

 ・・・続きは<ネタバレ結末/グランド・マスター>をお読みください⇒


【感謝とお願い】多くの皆様にこのネタバレコーナーにアクセス頂き、ありがとうございますm(__)m
 GoogleやYahoo!の検索エンジンで、映画の森てんこ森のネタバレファイルをお探しの場合は
ネタバレ グランド・マスター>又は
グランド・マスター ネタバレ>と入力してください。

 もしクリックしてもネタバレファイルにジャンプしない場合は、映画会社や配給会社への配慮として、まだリンクを貼っていない期間です。リクエスト・メールが多い場合は(お返事は出せませんが)、タイミングを見計らって、映画公開一週間前にはアップしますので、どうかご了承ください。
以上。

※参考資料:映画『グランド・マスター』-Wikipedia、『THE GRANDMASTER』-Wikipedia英語版、『THE GRANDMASTER』-IMDb、『グランド・マスター』EPK、公式サイト
| ←前の閲覧ページに戻る |▲TOP | ▲目次 |
映画の森てんこ森代表:幸田幸
coda_sati@hotmail.com
「映画の森てんこ森」へ 「旅行の森てんこ森」へ
映画解説・レヴュータイトル一覧表へ
映画の森てんこ森 バナー03

映画の森てんこ森 coda21幸田幸 クレジット バナー01
幸のイタリア各都市情報へ
旅行の森てんこ森 バナー03
136x70
本サイトの作文、データ及び画像などのコンテンツの無断転用はお控え下さい。
貴サイトへの御掲載についてはメールにてお知らせ頂ければ幸いです。
© 2002-2013 Sachi CODA at Eigano-Mori Tenko-Mori, CODA21. All Rights Reserved.



borocsoborocso  at 20:00 この記事をクリップ! 

バレット@映画の森てんこ森

バレット@映画の森てんこ森
 | 表紙 | 目次 | 読む映画試写会 | レヴュー | 観たい度映画 | 予告編 | エッセイ | 日誌 | 試写会情報 |
リンク集 | 映画ゲーム思い出映画| 映画レヴュー10000字超 | 映画解説タイトル一覧表 |
幸のカレンダー | ぼろくそパパの独り言 | livedoorブログ | 旅行の森てんこ森 |
ブロードバンドB版 | 恭子の動画映像ブログ | 恭子の「YouTube」 | サイト内検索 |
 映画の森てんこ森■映画解説と予告編とレヴュー
バレット (2012)
BULLET TO THE HEAD
※クリックでYouTube『バレット BULLET TO THE HEAD』予告編へ
▲上のスライドショーを初めから見る
※予告編はYouTube「リンク」モードで掲載。Trailer Courtesy of WarnerBrosPictures
(C)2012 The Estate of Redmond Barry LLC.All right reserved.
| 「目次」Topページ | 「B版」Topページ | 本ページ更新 | 本ページ最終更新 |
【 目次 】
■映画『 バレット (2012) BULLET TO THE HEAD 』の映画データ
■映画『 バレット (2012) BULLET TO THE HEAD 』の解説
 ネタバレが含まれている場合があります。
■映画『 バレット (2012) BULLET TO THE HEAD 』のフィルモ&トリビア
■映画『 バレット (2012) BULLET TO THE HEAD 』のスタッフとキャスト
□映画『 バレット (2012) BULLET TO THE HEAD 』のキャスト/登場人物
■映画『 バレット (2012) BULLET TO THE HEAD 』のあらすじ・ストーリー
■映画『 バレット (2012) BULLET TO THE HEAD 』の<ネタバレ/もっと詳しく>
 <ネタバレ/もっと詳しく>は映画『 バレット (2012) BULLET TO THE HEAD 』の「テキストによる映画の再現」レヴュー(あらすじとネタバレ)です。
 ※ご注意:映画『 バレット (2012) BULLET TO THE HEAD 』の内容やネタバレがお好みでない方は読まないで下さい。
■映画『 バレット (2012) BULLET TO THE HEAD 』のWikipedia情報
■映画『 バレット (2012) BULLET TO THE HEAD 』の評論×感想
映画『 バレット (2012) BULLET TO THE HEAD 』予告編や関連映像映画『 バレット 』の予告編や関連映像を観る→
映画『 バレット (2012) BULLET TO THE HEAD 』ビデオ動画映像映画『 バレット 』の色々なビデオ映像を観る→
映画『 バレット (2012) BULLET TO THE HEAD 』写真・スチル画像映画『 バレット 』の色々な写真やスチルを観る→
映画『 バレット (2012) BULLET TO THE HEAD 』ポスター画像映画『 バレット 』の色々なポスターを観る→
■映画『 バレット (2012) BULLET TO THE HEAD 』の更新記録

映画『 バレット 』あらすじ・ストーリーのネタバレ/結末まで完全ネタバレ

by ネタバレンタイン犬@映画の森てんこ森 映画『バレット』のネタバレ⇒別ファイル「バレットのネタバレ」へ
★2013年6月1日(土)より、新宿ピカデリー他全国ロードショー!!


>>
「映画解説・レヴュータイトル一覧表」へ(画面の切り替え)
■映画『 バレット (2012) BULLET TO THE HEAD 』の映画データ
バレット
映画『 バレット (2012) BULLET TO THE HEAD 』ポスター
Links:  Official Web Site(日本語)
Official Web Site(英語)
Trailers:  日本語予告編
海外予告編
IMDb予告編

Poster Courtesy of IMDb
※クリックでポスター拡大
860x1280画像1枚)


★海外の色々なポスターは
こちらをクリック↓
■邦題:バレット
■英語題:BULLET TO THE HEAD
■メディア:映画/カラー
■上映時間:91 分
■製作国:アメリカ合衆国
■言語:英語
■制作会社:Dark Castle Entertainment(ダーク・キャッスル・エンタテインメント)、IM Global(IM・グローバル)、After Dark Films(アフター・ダーク・フィルムズ)、Automatik Entertainment(オートマティク・エンタテインメント)、EMJAG Productions(EMJAG・プロダクションズ)、Headshot Films(ヘッドショット・フィルムズ)、Millar Gough Ink(ミラー・ガフ・インク)、Silver Reel(シルヴァー・リール)
■製作年:2012年
■製作費:$55,000,000 (推定)
■興行収入:国内=$9,489,829 (2013年5月22日現在)
■海外興行収入:N/A
■全世界興行収入:$9,489,829 ※2013年5月22日現在調査
■アメリカ公開年月:2013年1月29日プレミア(New York City, New York)、2013年2月1日全米公開
■日本公開年月:2013年6月1日(土)全国公開
■日本配給情報:劇場公開(松竹)
■ジャンル:アクション/犯罪/サスペンス
■映倫:R15+
■公式サイト(日本)
 『バレット
 http://bullet-movie.jp/
■公式サイト(英語版)
 『BULLET TO THE HEAD
 http://bullettothehead.warnerbros.com/(英語)
■IMDb情報
 『BULLET TO THE HEAD
 http://www.imdb.com/title/tt1308729/
■キャッチコピー:
 40年間
 生きるために撃ってきた
■劇場公開情報:2013年6月1日(土)
 2013年6月1日(土)より、新宿ピカデリー他全国ロードショー!!

※旧作の映画は公式サイトや予告編は閉鎖・削除される場合がありますのでご了承ください。
編集:小沢栄三 
© Images copyright their respective owners; usually the distributor of the above titled movie unless otherwise noted.
| ←前の閲覧ページに戻る |▲TOP | ▲予告編 | ▲目次 |
映画の森てんこ森代表:幸田幸
coda_sati@hotmail.com
「映画の森てんこ森」へ 「旅行の森てんこ森」へ
映画解説・レヴュータイトル一覧表へ
映画の森てんこ森 バナー03

映画の森てんこ森 coda21幸田幸 クレジット バナー01
幸のイタリア各都市情報へ
旅行の森てんこ森 バナー03
136x70
本サイトの作文、データ及び画像などのコンテンツの無断転用はお控え下さい。
貴サイトへの御掲載についてはメールにてお知らせ頂ければ幸いです。
© 2002-2013 Sachi CODA at Eigano-Mori Tenko-Mori, CODA21. All Rights Reserved.



borocsoborocso  at 12:00 この記事をクリップ! 

映画「グランド・マスター」ポスター@映画の森てんこ森

coda21 観たい度映画のポスター@映画の森てんこ森
「観たい映画ポスター」アニメロゴ@映画の森てんこ森
表紙目次読む映画試写会レヴュー観たい度映画予告編エッセイ日誌試写会情報
リンク集映画ゲーム思い出映画
| 映画レヴュー10000字超 | 映画解説タイトル一覧表 |
幸のカレンダーぼろくそパパの独り言 | livedoorブログ | 旅行の森てんこ森 |
ブロードバンドB版 | 恭子の動画映像ブログ | 恭子の「YouTube」 | サイト内検索 |
★映画の森てんこ森★

映画『グランド・マスター』ポスター
映画『 グランド・マスター (2013) 一代宗師(原題) / THE GRANDMASTER 』
★映画『グランド・マスター』の解説はこちら⇒
★映画『グランド・マスター』の予告編はこちら⇒
★映画『グランド・マスター』ネタバレlivedoor版はこちら⇒
★映画『グランド・マスター』ネタバレの恭子版はこちら⇒
■映画『グランド・マスター』の劇場公開情報
2013年5月31日(金)より、TOHOシネマズ日劇ほかにて全国ロードショー!!

| 「目次」Topページ | 本ページ更新 | 本ページ最終更新 |

映画『グランド・マスター』のポスター(1)
映画『グランド・マスター THE GRANDMASTER』ポスター(1)

▼ポスター画像クリックで拡大します。
(c)2011 Block 2 Pictures Inc. All rights reserved
「グランド・マスター」ポスター01

※ポスター、又はここをクリックでポスター(1)を910x1280pxlsのポスターに拡大。

映画『グランド・マスター』のポスター(2)
映画『グランド・マスター THE GRANDMASTER』ポスター(2)

▼ポスター画像クリックで拡大します。
(c)2011 Block 2 Pictures Inc. All rights reserved
「グランド・マスター」ポスター02

※ポスター、又はここをクリックで(2)を910x1280pxlsのポスターに拡大。

映画『グランド・マスター』のポスター(3)
映画『グランド・マスター THE GRANDMASTER』ポスター(3)

▼ポスター画像クリックで拡大します。
(c)2011 Block 2 Pictures Inc. All rights reserved
「グランド・マスター」ポスター03

※ポスター、又はここをクリックで(3)を940x1280pxlsのポスターに拡大。

映画『グランド・マスター』のポスター(4)
映画『グランド・マスター THE GRANDMASTER』ポスター(4)

▼ポスター画像クリックで拡大します。
(c)2011 Block 2 Pictures Inc. All rights reserved
「グランド・マスター」ポスター04

※ポスター、又はここをクリックで(4)を1280x890pxlsのポスターに拡大。

映画『グランド・マスター』のポスター(5)
映画『グランド・マスター THE GRANDMASTER』ポスター(5)

▼ポスター画像クリックで拡大します。
(c)2011 Block 2 Pictures Inc. All rights reserved
「グランド・マスター」ポスター05

※ポスター、又はここをクリックで(5)を1280x890pxlsのポスターに拡大。

★映画『グランド・マスター』の詳しい映画情報はこちら⇒
★映画『グランド・マスター』のネタバレはこちら⇒

▲TOPへ
編集:志賀まなみ
「映画の森てんこ森」へ 「旅行の森てんこ森」へ
映画解説・レヴュータイトル一覧表へ
映画の森てんこ森 バナー03

映画の森てんこ森 coda21幸田幸 クレジット バナー01
幸のイタリア各都市情報へ
旅行の森てんこ森 バナー03
136x70
本サイトの作文、データ及び画像などのコンテンツの無断転用はお控え下さい。
(c)2002-2013 Eigano-Mori Tenko-Mori, CODA21. All Rights Reserved.


borocsoborocso  at 12:00 この記事をクリップ! 

ネタバレ映画/バレット@映画の森てんこ森

ネタバレ映画/バレット@映画の森てんこ森
 映画の森てんこ森■映画解説と予告編とレヴュー■映画ネタバレ
バレット
BULLET TO THE HEAD
| 「映画の森てんこ森」表紙 | 新作映画Top | タイトル一覧 | 本ページ更新 |
ネタバレ映画/バレット
ネタバレ注意@映画の森てんこ森
ストーリー展開の前知識やネタバレがお好みでない方は、読まないで下さい。
■ネタバレ映画/バレット@映画の森てんこ森
 GoogleやYahoo!の検索エンジンで、映画の森てんこ森のネタバレファイルをお探しの場合は、
ネタバレ バレット>又は
バレット ネタバレ>と入力してください。

【『バレット』ネタバレ】
ネタバレご注意:以下の<ネタバレ映画/バレット@映画の森てんこ森>のあらすじ・ストーリー・結末にはネタバレが含まれています。映画『 バレット (2012) BULLET TO THE HEAD 』をまだご覧になっていない方は、どうかネタバレにご注意ください。
 Warning!Plot synopsis, storyline and story-end items below here contain information that may give away important plot points. You may not want to read any further if you've not already seen this title.

★『 バレット 』劇場公開情報
 2013年6月1日(土)より、新宿ピカデリー他全国ロードショー!!
 ※日本配給情報: 劇場公開(松竹)


 本ファイル<ネタバレ映画/バレット>や、このページの他の「ネタバレ」コンテンツは、先行公開されている海外の映画作品を劇場鑑賞やDVD鑑賞したり、<Wikipedia>英語版の記事やその他の海外映画情報を幸田幸@映画の森てんこ森が翻訳編集したりして、ネタバレ版テキストを作成・アップしています。<ネタバレ映画/バレット>のあらすじに私の鑑賞誤解があったり、文章表現が稚拙であったり、直訳的だったり、翻訳ミスがある場合がありますので、どうかご了承くださいますようにお願い申し上げます。

<ネタバレ映画/バレット>の仕切り線

【ネタバレ映画/バレット あらすじ結末まで 第01段落】
 銃弾・弾丸という意味の“バレット”。『 バレットモンク (2003) BULLETPROOF MONK 』『 ライディング・ザ・ブレット (2004) RIDING THE BULLET 』『 さらば復讐の狼たちよ (2010) 譲子弾飛(原題) / LET THE BULLETS FLY 』等のタイトルにもある。この映画の原題は“Bullet to the Head”(頭に弾丸を)だ。

【ネタバレ映画/バレット あらすじ結末まで 第02段落】
 “殺し屋”を演じるシルヴェスター・スタローン。ここでは、殺し屋を稼業としているのに刑事と手を組んで悪徳警察やマフィアと戦う、やはり正義っぽい役のシルヴェスター・スタローンである。

【ネタバレ映画/バレット あらすじ結末まで 第03段落】
 『バレット』の始まりは、ワシントンDC首都警察のテイラー・クォン刑事(サン・カン)が誰かを待っているシーンから。そこに車がやって来て止まり、テイラー・クォン刑事を乗せる。すると、その車の運転手は刑事に拳銃を突きつける。

【ネタバレ映画/バレット あらすじ結末まで 第04段落】
 あわや発砲、という時、どこからともなくジェームズ・ボノモ通称ジミー・ボボ(シルヴェスター・スタローン)が悪者たちを射殺して、テイラー・クォン刑事を救う。そこにジミー・ボボのナレーション「デカを救ったのは初めてだ。」 でも、なぜそうしたか自分でも分からない。

【ネタバレ映画/バレット あらすじ結末まで 第05段落】
 そこからシーンは一週間ほど前に遡る。腐敗した元刑事のハンク・グリーリー(ホルト・マッキャラニー)がルイジアナ州ニューオーリンズの高級ホテルのスイートルームで、酒を飲んでコカインを吸い、シャワー中の売春婦が出てくるのを待っている。

【ネタバレ映画/バレット あらすじ結末まで 第06段落】
 スタローン扮する殺し屋ジミー・ボボと相棒のルイス・ブランチャード(ジョン・セダ)が車でこのホテルへ乗り付けた。二人はハンク・グリーリーの部屋を警官を装ってノックする。ハンク・グリーリーは、今から女と寝るところだから令状がなければ邪魔するなと言う。

【ネタバレ映画/バレット あらすじ結末まで 第07段落】
 でも二人は突入。更に暴言を浴びて、相棒のルイスがハンク・グリーリーの胸部を二回撃ってサッサと仕事を済ました。ジミーは、強盗に見せかけるように腕時計を外し財布も奪っておくように指示。更に、バスルームをチェックする。

【ネタバレ映画/バレット あらすじ結末まで 第08段落】
 そこにはローラ(ヴェロニカ・ロザーティ)という売春婦が怯えて震えていた。何も見なかったから殺さないで、という彼女は背中にヒョウのタトゥーがある女だった。ジミーは彼女に拳銃を向ける。ルイスはバスルームで銃声が聞こえる。相棒ジミーは女を始末したんだな。

【ネタバレ映画/バレット あらすじ結末まで 第09段落】
 出し抜けに、死んだと思ったハンク・グリーリーが立ち上がり、ルイスと格闘になる。ルイスは拳銃に手が届かない。そこにジミーが戻って、ハンク・グリーリーの頭部を撃ち抜き仕事は終了した。川にハンク・グリーリーの私物や拳銃を捨てる。

【ネタバレ映画/バレット あらすじ結末まで 第10段落】
 二人はこの仕事代を受け取ったら暫く鳴りを潜めて親の顔でも見に休暇を取ろうと語る。そして、ジミーがあの売春婦を殺さなかったことが判明する。ルイスは生きた目撃者をそのままにしたのはいただけない、と難色を示すが、ジミーの哲学は、女子供は殺さない、なのだ。

【ネタバレ映画/バレット あらすじ結末まで 第11段落】
 殺しの仕事代を受取りに二人はケイジャン・ロック・バーに出向く。ルイスはビール、ジミーにはウィスキーを。でもジミーの好物のウィスキー“バレット”はなかったけれど。因みに、“バレット(日本ではブレット)”というのは、綴りは“Bulleit”だけど発音は映画タイトル“バレット bullet”と同じで、ケンタッキー・ストレート・バーボン・ウイスキーだ。

【ネタバレ映画/バレット あらすじ結末まで 第12段落】
 仲介人ロニー・アール(ブライアン・ヴァン・ホルト)の来るのが遅ければ帰るぞとジミーは言い、トイレに入る。そこへ、殺し屋キーガン(ジェイソン・モモア)が独りになったルイスをカーブ刃で襲う。胴体に致命傷を負わされたルイスは息絶える。

【ネタバレ映画/バレット あらすじ結末まで 第13段落】
 殺し屋キーガンは次はジミーを狙いにトイレに向うが、ジミーは気付いて優勢に立ち、殺し屋キーガンを撃ってバーから逃走する。ルイスを見に行くが、こと切れていた。銃撃の音は、バンドの音(クローフィッシュホロー・バンド:アンドリュー・オスティン=ピーターソン、ポール・エサレッジ、ロバート・カヴァン・カルース、ルイ・ミショー、アンドレ・ミショー)でかき消されていた。

【ネタバレ映画/バレット あらすじ結末まで 第14段落】
 キーガンは翌日、雇い主のロバート・ヌコモ・モレル(アドウェール・アキノエ=アグバエ)とモレルの弁護士マーカス・バプティスト(クリスチャン・スレイター)と会う。バプティストは、ハンク・グリーリーはモレルをゆすろうとしていたこと、及び地元のマフィア、ベイビージャック・ルモアーヌ(ダグラス・M・グリフィン)にモレルの不法稼業を詳細に述べたファイルを渡したことを明かす。

【ネタバレ映画/バレット あらすじ結末まで 第15段落】
 キーガンはベイビージャックと部下を殺害して、そのファイルを取り戻す。そんな頃、冒頭で映ったワシントンDC首都警察のテイラー・クォン刑事がニューオーリンズに到着。ハンク・グリーリーの死亡事件の捜査のためである。

【ネタバレ映画/バレット あらすじ結末まで 第16段落】
 ハンク・グリーリーの死は強盗が失敗したためと当初は考えられたが、クォン刑事はルブルトン警部補(デイン・ローズ)と会って、ハンク・グリーリーは暗殺されたのだと売春婦ローラが証言していると聞く。ローラのヒョウの刺青を見て、クォン刑事はロシアの売春組織が関与していると気付く。

【ネタバレ映画/バレット あらすじ結末まで 第17段落】
 クォン刑事は死体保管所(検死官代理:ダナ・ミッシェル・グーリエ)に向かい、ルイス・ブランチャードの遺体を見る。鮮やかな手口、しかし、苦しい死に方の殺し方だった。その身元を知ると、ハンク・グリーリーの暗殺犯はルイス・ブランチャードとジミー・ボボだとクォン刑事は推測する。

【ネタバレ映画/バレット あらすじ結末まで 第18段落】
 クォン刑事の帰り際、ここでは拳銃の所持は許可されていないとルブルトン警部補は言って、クォン刑事から拳銃を取り上げた。その頃、ジミーは相棒ルイスを偲んでいた。六年間一緒に仕事をしてプロだったルイス。ジミーは恩義を感じて、復讐を誓う。ルイスの形見のナイフもその復讐に使うつもりだ。

【ネタバレ映画/バレット あらすじ結末まで 第19段落】
 クォン刑事はジミー・ボボとバーで落ち合う。ここ(バーテンダー:ジャクソン・ビールズ)でもケンタッキー・ストレート・バーボン・ウイスキー“バレット”の会話が出てくる。クォン刑事はお前らのしたことは分かっているからな、と伝える。

【ネタバレ映画/バレット あらすじ結末まで 第20段落】
 先に席を立ったジミーを尾行しようとしたクォン刑事は二人の悪徳警察官に襲われる。それは、ハンク・グリーリー殺害事件の捜査を進めないようにモレルが命じたものだった。そこにジミーが現れクォン刑事を救出し、娘のところへ連れて行ってやる。ジミー・ボボの娘リサ・ボノモ通称リサ・ボボ(サラ・シャヒ)はタトゥー店を営んでいるのだ・・・

▲TOPへ

◆ここからは、結末まで書いてネタバレしていますので、ストーリー全体が分ります。御注意下さい。
 ATTN: This review reveals the movie content. Please don't say that I didn't say !


★以下のネタバレ日本語訳は、映画『バレット』の公開日2013年6月1日(土)の翌日、又は翌日以降に公開予定ですが、映画をご覧になる前に、前もって<ストーリー/あらすじ/結末までの完全ネタバレ日本語版>をお読みになりたい方は、以下をクリックしてください。

 ・・・続きは<ネタバレ結末/バレット>をお読みください⇒


【感謝とお願い】多くの皆様にこのネタバレコーナーにアクセス頂き、ありがとうございますm(__)m
 GoogleやYahoo!の検索エンジンで、映画の森てんこ森のネタバレファイルをお探しの場合は
ネタバレ バレット>又は
バレット ネタバレ>と入力してください。

 もしクリックしてもネタバレファイルにジャンプしない場合は、映画会社や配給会社への配慮として、まだリンクを貼っていない期間です。リクエスト・メールが多い場合は(お返事は出せませんが)、タイミングを見計らって、映画公開一週間前にはアップしますので、どうかご了承ください。
以上。

※参考資料:映画『バレット』-Wikipedia、『BULLET TO THE HEAD』-Wikipedia英語版、『BULLET TO THE HEAD』-IMDb、『バレット』EPK、公式サイト
| ←前の閲覧ページに戻る |▲TOP | ▲目次 |
映画の森てんこ森代表:幸田幸
coda_sati@hotmail.com
「映画の森てんこ森」へ 「旅行の森てんこ森」へ
映画解説・レヴュータイトル一覧表へ
映画の森てんこ森 バナー03

映画の森てんこ森 coda21幸田幸 クレジット バナー01
幸のイタリア各都市情報へ
旅行の森てんこ森 バナー03
136x70
本サイトの作文、データ及び画像などのコンテンツの無断転用はお控え下さい。
貴サイトへの御掲載についてはメールにてお知らせ頂ければ幸いです。
© 2002-2013 Sachi CODA at Eigano-Mori Tenko-Mori, CODA21. All Rights Reserved.



borocsoborocso  at 23:00 この記事をクリップ! 

映画『グランド・マスター』@映画の森てんこ森

グランド・マスター@映画の森てんこ森
 | 表紙 | 目次 | 読む映画試写会 | レヴュー | 観たい度映画 | 予告編 | エッセイ | 日誌 | 試写会情報 |
リンク集 | 映画ゲーム思い出映画| 映画レヴュー10000字超 | 映画解説タイトル一覧表 |
幸のカレンダー | ぼろくそパパの独り言 | livedoorブログ | 旅行の森てんこ森 |
ブロードバンドB版 | 恭子の動画映像ブログ | 恭子の「YouTube」 | サイト内検索 |
 映画の森てんこ森■映画解説と予告編とレヴュー
グランド・マスター (2013)
一代宗師(原題) / THE GRANDMASTER(英題)
※クリックでYouTube『グランド・マスター THE GRANDMASTER』予告編へ
▲上のスライドショーを初めから見る
※予告編はYouTube「リンク」モードで掲載。Trailer Courtesy of shaw sg
(c)2011 Block 2 Pictures Inc. All rights reserved
| 「目次」Topページ | 「B版」Topページ | 本ページ更新 | 本ページ最終更新 |
【 目次 】
■映画『 グランド・マスター (2013) THE GRANDMASTER 』の映画データ
■映画『 グランド・マスター (2013) THE GRANDMASTER 』の解説
 ネタバレが含まれている場合があります。
■映画『 グランド・マスター (2013) THE GRANDMASTER 』のフィルモ&トリビア
■映画『 グランド・マスター (2013) THE GRANDMASTER 』のスタッフとキャスト
□映画『 グランド・マスター (2013) THE GRANDMASTER 』のキャスト/登場人物
■映画『 グランド・マスター (2013) THE GRANDMASTER 』のあらすじ・ストーリー
■映画『 グランド・マスター (2013) THE GRANDMASTER 』の<ネタバレ/もっと詳しく>
 <ネタバレ/もっと詳しく>は映画『 グランド・マスター (2013) THE GRANDMASTER 』の「テキストによる映画の再現」レヴュー(あらすじとネタバレ)です。
 ※ご注意:映画『 グランド・マスター (2013) THE GRANDMASTER 』の内容やネタバレがお好みでない方は読まないで下さい。
■映画『 グランド・マスター (2013) THE GRANDMASTER 』のWikipedia情報
■映画『 グランド・マスター (2013) THE GRANDMASTER 』の評論×感想
映画『 グランド・マスター (2013) THE GRANDMASTER 』予告編や関連映像映画『 グランド・マスター 』の予告編や関連映像を観る→
映画『 グランド・マスター (2013) THE GRANDMASTER 』ビデオ動画映像映画『 グランド・マスター 』の色々なビデオ映像を観る→
映画『 グランド・マスター (2013) THE GRANDMASTER 』写真・スチル画像映画『 グランド・マスター 』の色々な写真やスチルを観る→
映画『 グランド・マスター (2013) THE GRANDMASTER 』ポスター画像映画『 グランド・マスター 』の色々なポスターを観る→
■映画『 グランド・マスター (2013) THE GRANDMASTER 』の更新記録

映画『 グランド・マスター 』あらすじ・ストーリーのネタバレ/結末まで完全ネタバレ

by ネタバレンタイン犬@映画の森てんこ森 映画『グランド・マスター』のネタバレ⇒別ファイル「グランド・マスターのネタバレ」へ
★2013年5月31日(金)より、TOHOシネマズ日劇ほかにて全国ロードショー!!


>>
「映画解説・レヴュータイトル一覧表」へ(画面の切り替え)
■映画『 グランド・マスター (2013) THE GRANDMASTER 』の映画データ
グランド・マスター
映画『 グランド・マスター (2013) THE GRANDMASTER 』ポスター
Links:  Official Web Site(日本語)
Official Web Site(中国語)
Trailers:  日本語予告編
海外予告編
IMDb予告編

Poster Courtesy of IMDb
※クリックでポスター拡大
910x1280画像1枚)


★海外の色々なポスターは
こちらをクリック↓
■邦題:グランド・マスター
■原題:一代宗師
■英語題:THE GRANDMASTER
■メディア:映画/カラー
■上映時間:123 分
■製作国:香港、中国
■言語:広東語、北京語
■制作会社:Annapurna Pictures(アナプルナ・ピクチャーズ)、Block 2 Pictures(ブロック・2・ピクチャーズ)、Bona International Film Group(ボナ・インターナショナル・フィルム・グループ)、Jet Tone Production(ジェット・トーン・プロダクションズ)、Sil-Metropole Organisation(シル=メトロポール・オーガニゼーション銀都機構有限公司)
■製作年:2013年
■製作費:2億4000万元(推定)
■興行収入:国内=N/A (2013年5月17日現在)
■海外興行収入:$52,643,249 ※2013年5月17日現在調査
■全世界興行収入:$52,643,249 ※2013年5月17日現在調査
■中国公開年月:2013年1月8日全国公開
■香港公開年月:2013年1月10日全国公開、2013年3月19日(Hong Kong International Film Festival)
■アメリカ公開年月:2013年8月23日全国公開
■日本公開年月:2013年5月31日(金)全国公開
■日本配給情報:劇場公開(ギャガ)
■ジャンル:アクション/ドラマ
■映倫:G
■公式サイト(日本)
 『グランド・マスター
 http://grandmaster.gaga.ne.jp/
■公式サイト(中国語版)
 『THE GRANDMASTER
 http://baike.baidu.com/view/675320.htm(中国語)
■IMDb情報
 『THE GRANDMASTER
 http://www.imdb.com/title/tt1462900/
■キャッチコピー:
 どれだけ愛を失えば、
 頂点に立てるのか。
■劇場公開情報:2013年5月31日(金)
 2013年5月31日(金)より、TOHOシネマズ日劇ほかにて全国ロードショー!!

※旧作の映画は公式サイトや予告編は閉鎖・削除される場合がありますのでご了承ください。
編集:小沢栄三 
© Images copyright their respective owners; usually the distributor of the above titled movie unless otherwise noted.
| ←前の閲覧ページに戻る |▲TOP | ▲予告編 | ▲目次 |
映画の森てんこ森代表:幸田幸
coda_sati@hotmail.com
「映画の森てんこ森」へ 「旅行の森てんこ森」へ
映画解説・レヴュータイトル一覧表へ
映画の森てんこ森 バナー03

映画の森てんこ森 coda21幸田幸 クレジット バナー01
幸のイタリア各都市情報へ
旅行の森てんこ森 バナー03
136x70
本サイトの作文、データ及び画像などのコンテンツの無断転用はお控え下さい。
貴サイトへの御掲載についてはメールにてお知らせ頂ければ幸いです。
© 2002-2013 Sachi CODA at Eigano-Mori Tenko-Mori, CODA21. All Rights Reserved.



borocsoborocso  at 12:00 この記事をクリップ!