空を見上げて
トップページ » ネタバレ映画/キングコング:髑髏島の巨神@映画の森てんこ森

ネタバレ映画/キングコング:髑髏島の巨神@映画の森てんこ森

ネタバレ映画/キングコング:髑髏島の巨神(あらすじ結末)@映画の森てんこ森
表紙目次映画解説タイトル一覧 | 幸のネタバレ映画 | 幸のカスタムカー |
 映画ネタバレ■ネタバレ映画/キングコング:髑髏島の巨神(あらすじ結末)
ネタバレ映画/キングコング:髑髏島の巨神@映画の森てんこ森キングコング:髑髏島の巨神 (2017)
KONG: SKULL ISLAND
| 「映画の森てんこ森」表紙 | 新作映画Top | タイトル一覧 | 本ページ更新 |
ネタバレ映画/キングコング:髑髏島の巨神(あらすじ結末)
ネタバレ注意<ネタバレ映画/キングコング:髑髏島の巨神@映画の森てんこ森>
ストーリー展開の前知識やネタバレがお好みでない方は、読まないで下さい。
■ネタバレ映画/キングコング:髑髏島の巨神(あらすじ結末)@映画の森てんこ森
 GoogleやYahoo!の検索エンジンで、映画の森てんこ森のネタバレファイルをお探しの場合は、
ネタバレ キングコング:髑髏島の巨神>又は
キングコング:髑髏島の巨神 ネタバレ>と入力してください。

【『キングコング:髑髏島の巨神』ネタバレ】
ネタバレご注意:以下の<ネタバレ映画/キングコング:髑髏島の巨神(あらすじ結末)@映画の森てんこ森>のあらすじ・ストーリー・結末にはネタバレが含まれています。映画『 キングコング:髑髏島の巨神 (2017) KONG: SKULL ISLAND 』をまだご覧になっていない方は、どうかネタバレにご注意ください。

★映画『キングコング:髑髏島の巨神』公開情報
 2017年3月25日(土)より、全国ロードショー!!
 ※日本配給情報:劇場公開(ワーナー・ブラザース映画)


<ネタバレ映画/キングコング:髑髏島の巨神@映画の森てんこ森>の仕切り線

▲ここまでの<映画『キングコング:髑髏島の巨神』あらすじ@映画の森てんこ森>のテキストはこちらから・・・(新規ウインドウで表示)

ネタバレ映画/キングコング:髑髏島の巨神

【キングコング:髑髏島の巨神/あらすじ結末までネタバレ満開 第16段落】
 髑髏島はナビにも感知されず、千年以上も知られることのなかった神秘の島だ。調査遠征隊は先ず船(船長:ダニエル・マローン、グレン・“キーウィ”・ホール)で太平洋を航行してからヘリに乗り換える。髑髏島付近には、稲妻を生み出す暗雲が立ち込め、ヘリはそこを通り抜けねばならない。

【キングコング:髑髏島の巨神/あらすじ結末までネタバレ満開 第17段落】
 髑髏島上空に到達すると、写真家ウィーバーがヘリから写真を撮る間に、パッカード中佐の部下たちはコンラッド隊長が反対するにも拘わらず、地震学者でもあるブルックスが開発した爆弾を島に落とす。地面が中空であるかを調べるためである。

【キングコング:髑髏島の巨神/あらすじ結末までネタバレ満開 第18段落】
 その時、体重158トンで全長31.6メートル、つまり10階建てビルの高さに匹敵する超巨大ゴリラ“コング”(トビー・ケベルとテリー・ノタリーによるモーションキャプチャー)が突如出現して、ヘリコプターにメガトンパンチをぶちかましてきた。

【キングコング:髑髏島の巨神/あらすじ結末までネタバレ満開 第19段落】
 数機のヘリコプターは破壊され落下して犠牲者が出る(死亡のパイロット:ジョン・クエステッドら)。救出される唯一の希望は、三日後に髑髏島の北端に飛来して来る筈の再補給チームの到着だ。パッカード中佐が見上げると、見下ろしている巨大なコング。

【キングコング:髑髏島の巨神/あらすじ結末までネタバレ満開 第20段落】
 パッカード中佐は、政府役人ランダに銃を向けてこの探検の真の目的を暴露させる。すると、コングのようなモンスターの存在を以前から知っており、所属する米政府特務機関「モナーク」のために証拠を探しているのだったと明かした。

【キングコング:髑髏島の巨神/あらすじ結末までネタバレ満開 第21段落】
 生存者は犠牲となった仲間を埋葬して二手に分かれて逃げた。一方のグループにはランダ、パッカード中佐、ミルズ、コールらがいて、チャップマン少佐の行方を探す。チャップマン少佐は、パッカード中佐がコング退治に使おうとしている弾薬を多量に持っているからだ。

【キングコング:髑髏島の巨神/あらすじ結末までネタバレ満開 第22段落】
 ジャングルを進んでいると、バンブー・スパイダー<竹の蜘蛛>という体長5〜7mの巨大グモに襲われる。一行はその脚を切り落としたりして交戦するが、ミルズが殺された。パッカード中佐はバンブー・スパイダーを銃で仕留めた。

【キングコング:髑髏島の巨神/あらすじ結末までネタバレ満開 第23段落】
 一方、チャップマン少佐が独りで川の近くにいると、ヘリコプターからの砲撃で怪我を負ったコングが傷を癒しに川にやって来た。コングは水を飲み、リバー・デビル<川の悪魔>という体長27mのイカとタコを合わせたようなモンスターを見つける。

【キングコング:髑髏島の巨神/あらすじ結末までネタバレ満開 第24段落】
 コングはリバー・デビルと縺れ合って脚を引き千切って食べてしまう。そして死体を引きずっていった。そしてその頃、チャップマン少佐はスカル・クローラー<髑髏の這うもの>という巨大生物に遭遇して殺されてしまった。

【キングコング:髑髏島の巨神/あらすじ結末までネタバレ満開 第25段落】
 片方のグループには、コンラッド隊長、ウィーバー、ブルックス、リン、スリフコ、ニエヴェスがいる。一行は原住民(イウィ族の女:クリスティーン・マイロら)に追い詰められてしまった。そこへ助け舟が。

【キングコング:髑髏島の巨神/あらすじ結末までネタバレ満開 第26段落】
 28年前に米戦闘機から降下して行方知らずだった元米兵ハンク・マーロウ(ジョン・C・ライリー:『 ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー (2014) GUARDIANS OF THE GALAXY 』等)が生存していて、原住民に溶け込んで暮らしていたのだ。

【キングコング:髑髏島の巨神/あらすじ結末までネタバレ満開 第27段落】
 マーロウは探検隊と原住民の両者に、お互い敵でないことを言い聞かせて安心させてくれる。そしてコンラッド隊長ら一行にこう説明する。28年間ここに暮らしていること、島民や島自体のことを多く学んだということ、そしてコングは島民にとって神であり巨大生物から護ってくれている存在なのだということを。

【キングコング:髑髏島の巨神/あらすじ結末までネタバレ満開 第28段落】
 その巨大生物とは、マーロウを殺したあのスカル・クローラーだ。スカル・クローラーは体長3.65〜28.95m、体重40〜100トン。地中に棲み、巨大ヘビに似て2本の力強い腕がある爬虫類で、恐ろしい頭蓋骨のような顔を持ち大地を這って獲物を丸呑みするので、スカル・クローラー<髑髏の這うもの>と呼ばれるのだろう。

【キングコング:髑髏島の巨神/あらすじ結末までネタバレ満開 第29段落】
 スカル・クローラーは何世紀に亘って島民を殺戮してきた。そしてコングの祖先も殺したという宿敵である。先程ヘリコプター群をコングが襲ったように見えたのも、ヘリから落とされた爆弾が地震を起こしてスカル・クローラーを目覚めさせてしまうから、それを阻止しようとしたにすぎない。

【キングコング:髑髏島の巨神/あらすじ結末までネタバレ満開 第30段落】
 家族・祖先を全滅されたコングは、その種(しゅ)の最後の一頭となっているのだ。コングに何か起こればスカル・クローラーが勝ってしまい、髑髏島の生態系を脅かすことになる。スカル・クローラー達の中でも最大のは“Big One”「デカい奴」とか“Alpha”「第一位」と呼ばれる。・・・続く

▲TOPへ

◆ここからは、結末まで書いてネタバレしていますので、ストーリー全体が分ります。御注意下さい。
 ATTN: This review reveals the movie content. Please don't say that I didn't say !


★以下のネタバレ日本語訳は、映画『キングコング:髑髏島の巨神』の公開日2017年3月25日(土)の翌日、又は翌日以降に公開予定ですが、映画をご覧になる前に、前もって<ストーリー/あらすじ/結末までの完全ネタバレ日本語版>をお読みになりたい方は、以下をクリックしてください。

 ・・・続きは、3/19公開<ネタバレ結末/キングコング:髑髏島の巨神>をお読みください⇒(画面入替表示)


【感謝とお願い】多くの皆様にこのネタバレコーナーにアクセス頂き、ありがとうございますm(__)m
 GoogleやYahoo!の検索エンジンで、映画の森てんこ森のネタバレファイルをお探しの場合は
ネタバレ キングコング:髑髏島の巨神>又は
キングコング:髑髏島の巨神 ネタバレ>と入力してください。

 もしクリックしてもネタバレファイルにジャンプしない場合は、映画会社や配給会社への配慮として、まだリンクを貼っていない期間です。リクエスト・メールが多い場合は(お返事は出せませんが)、タイミングを見計らって、映画公開一週間前にはアップしますので、どうかご了承ください。
以上。

※参考資料:映画『キングコング:髑髏島の巨神』-Wikipedia、『KONG: SKULL ISLAND』-Wikipedia英語版、『KONG: SKULL ISLAND』-IMDb、『キングコング:髑髏島の巨神』EPK、公式サイト
| ←前の閲覧ページに戻る |▲TOP | ▲目次 |
映画の森てんこ森代表:幸田幸
coda_sati@hotmail.com
「映画の森てんこ森」へ 「旅行の森てんこ森」へ
映画解説・レヴュータイトル一覧表へ
映画の森てんこ森 バナー03

映画の森てんこ森 coda21幸田幸 クレジット バナー01
幸のイタリア各都市情報へ
旅行の森てんこ森 バナー03
136x70
本サイトの作文、データ及び画像などのコンテンツの無断転用はお控え下さい。
貴サイトへの御掲載についてはメールにてお知らせ頂ければ幸いです。
© 2002-2017 Sachi CODA at Eigano-Mori Tenko-Mori, CODA21. All Rights Reserved.



borocsoborocso  at 12:00
コメントを書く




情報を記憶: 評価:  顔   星