空を見上げて
トップページ » ワンダーウーマン解説@映画の森てんこ森

ワンダーウーマン解説@映画の森てんこ森

ワンダーウーマン@映画の森てんこ森
表紙目次映画解説タイトル一覧 | 幸のネタバレ映画 | 幸のカスタムカー |
 | 読む映画試写会 | レヴュー | 観たい度映画 | 予告編 | エッセイ | 日誌 | 試写会情報 |
リンク集 | 映画ゲーム思い出映画| 映画レヴュー10000字超 |
幸のカレンダー | ぼろくそパパの独り言 | livedoorブログ | 旅行の森てんこ森 |
ブロードバンドB版 | 恭子の動画映像ブログ | 恭子の「YouTube」 | 幸のネタバレブログ | サイト内検索 |
 映画の森てんこ森■映画解説と予告編とレヴュー
ワンダーウーマン (2017)
WONDER WOMAN
※クリックでYouTube『ワンダーウーマン WONDER WOMAN』予告編へ
▲上のスライドショーを初めから見る
▲ネタバレのスライドショーを見てみる
画像クリックで本予告編YouTube版が見れます。
ここをクリックで別の予告編YouTube版が見れます。
ここをクリックで日本語の予告編YouTube版が見れます。
※予告編はYouTube「リンク」モードで掲載。
Trailer Courtesy of WARNER BROS ENTERTAINMENT INC.

(C)2016 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.
AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC
| 「目次」Topページ | 「B版」Topページ | 本ページ更新 | 本ページ最終更新 |
© Images copyright their respective owners; usually the distributor of the above titled movie unless otherwise noted.
■映画『 ワンダーウーマン (2017) WONDER WOMAN 』の解説
【映画『ワンダーウーマン』解説】#01
 映画『 ワンダーウーマン (2017) WONDER WOMAN 』は、パティ・ジェンキンスが監督し、チャールズ・ローヴェンらが製作した2017年のアメリカ合衆国のアクション、アドベンチャー、ファンタジー映画。製作国アメリカ合衆国では2017年5月25日ロサンゼルス プレミア、2017年6月2日全米公開。日本では、2017年8月25日(金)、ワーナー・ブラザース映画より配給、全国公開される予定だ。

 本映画『 ワンダーウーマン (2017) WONDER WOMAN 』のポスターのキャッチコピーは、
 <美しく、ぶっ飛ばす。 
 史上最強の女性スーパーヒーロー、登場!
 最強の美女戦士、あらわる――
 史上最強の女性スーパーヒーローは、女>


【映画『ワンダーウーマン』解説】#02
 本映画『 ワンダーウーマン (2017) WONDER WOMAN 』は全米で女性が監督した歴代実写映画興行収入で1位のオープニング成績に輝き、その人気の高さで第二週も全米癸韻魍容世箸いΠ掬歸な強さ。「ワンダーウーマン」とは、76年前にアメコミ誌「ALL STAR Comics」の#8版に初登場して以来、老若男女から愛される国民的人気を誇るキャラクター。TVではリンダ・カーターが「ワンダーウーマン」を演じて人気があった。「スーパーマン」「バットマン」「アイアンマン」「スパイダーマン」等の男性スーパーヒーローものと違って、「ワンダーウーマン」実写映画化は『 ワンダーウーマン (2017) WONDER WOMAN 』が最初。主人公ワンダーウーマンを演じるガル・ガドットは『 バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生 (2016) BATMAN v SUPERMAN: DAWN OF JUSTICE 』で前触れとしてワンダーウーマンとして顔を出している。
 『ワンダーウーマン』は8月全国超拡大ロードショー!


【映画『ワンダーウーマン』解説】#おススメ
 本映画『 ワンダーウーマン (2017) WONDER WOMAN 』のヒロイン、ダイアナ・プリンス/ワンダーウーマンに抜擢されたガル・ガドットはイスラエル出身の女優・歌手・武術家・モデル。IDFイスラエル国防軍の兵役に実際に2年間ついた経験があるので、武術・アクションは本物である。身長178cm、2004年ミス・イスラエルにも選ばれたこの美貌の持ち主ガル・ガドットが美女戦士ワンダーウーマンに扮するのは大成功だろう。
 ガル・ガドットは『ワイルド・スピード』シリーズのジゼル役で知名度を広げ、遂に『 ワンダーウーマン (2017) WONDER WOMAN 』で主演女優の座を勝ち取ったのだ。でも、ここまでのし上がるには相応の苦労・努力もしている。ガル・ガドットは『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生 (2016)』撮影前、ワンダーウーマンの役柄に備えて剣術、カンフー、キックボクシング、格闘技カポエイラ、ブラジルの柔術の特訓を受け、それが実った。
 ガル・ガドットはバイクマニアであり、黒色ドゥカティ モンスターS2Rを乗り回す。私生活では、イスラエル人ビジネスマンと結婚して二女の母親でもある。
 是非、映画館の大画面と音響で『ワンダーウーマン』ご覧下さい!

※livedoor版【ワンダーウーマンの解説@映画の森てんこ森】
※参考資料:『ワンダーウーマン』EPK、公式サイト『ワンダーウーマン』、『ワンダーウーマン WONDER WOMAN』-Wikipedia

Text編集:安藤奈津

| ←前の閲覧ページに戻る |▲TOP | ▲予告編 | ▲目次 |
■映画『 ワンダーウーマン (2017) WONDER WOMAN 』のスタッフとキャスト
【映画『ワンダーウーマン』のスタッフ】
監督 Directed by:パティ・ジェンキンス Patty Jenkins
原案 Story by: アラン・ハインバーグ Allan Heinberg
   ザック・スナイダー Zack Snyder
   ジェイソン・フュークス Jason Fuchs
キャラクター創造 Characters:チャールズ・モールトン Charles Moulton (ウィリアム・モールトン・マーストン William Moulton Marston)
脚本 Screenplay by:アラン・ハインバーグ Allan Heinberg
製作 Produced by:チャールズ・ローヴェン Charles Roven
   ザック・スナイダー Zack Snyder
   デボラ・スナイダー Deborah Snyder
   リチャード・サックル Richard Suckle
製作総指揮 Executive Producer:ジョン・バーグ Jon Berg
   ウェスリー・カラー Wesley Coller
   ジェフ・ジョンズ Geoff Johns
   スティーヴン・ジョーンズ Stephen Jones
   スティーヴン・ムニューチン Steven Mnuchin
   レベッカ・スティール・ローヴェン Rebecca Steel Roven
音楽 Original Music by:ルパート・グレグソン=ウィリアムズ Rupert Gregson-Williams
撮影 Cinematography by:マシュー・ジェンセン Matthew Jensen
編集 Film Editing by:マーティン・ウォルシュ Martin Walsh
プロダクションデザイン Production Design by:アリーヌ・ボネット Aline Bonetto
衣装デザイン Costume Design by:リンディ・ヘミング Lindy Hemming
視覚効果監修 Visual Effects Supervisor:フレイザー・チャーチル Frazer Churchill
   ヴィクトル・ミュラー Viktor Muller
   ジェシカ・ノーマン Jessica Norman
   ビル・ウェステンホファー Bill Westenhofer
   レオン・ウォン=サヴン Loeng Wong-Savun

 ・・・もっと詳しいスタッフはこちらから⇒

【映画『ワンダーウーマン』のキャスト】
出演・Cast (in credits order)
   ガル・ガドット Gal Gadot ... Diana Prince / Wonder Woman ダイアナ・プリンス/ワンダーウーマン
   クリス・パイン Chris Pine ... Steve Trevor スティーブ・トレバー
   コニー・ニールセン Connie Nielsen ... Queen Hippolyta ヒッポリタ女王
   ロビン・ライト Robin Wright ... General Antiope アンティオペ将軍
   ダニー・ヒューストン Danny Huston ... General Erich Ludendorff エーリッヒ・ルーデンドルフ将軍
   デヴィッド・シューリス David Thewlis ... Sir Patrick Morgan / Ares パトリック・モーガン卿/軍神アレス
   サイード・タグマウイ Said Taghmaoui ... Sameer サミール
   ユエン・ブレムナー Ewen Bremner ... Charlie チャーリー
   ユージーン・ブレイブ・ロック Eugene Brave Rock ... Chief Napi ナピ首長
   ルーシー・デイヴィス Lucy Davis ... Etta Candy エッタ・キャンディ
   エレナ・アナヤ Elena Anaya ... Isabel Maru / Doctor Poison イザベル・マル/ドクター・ポイズン
   リリー・アスペル Lilly Aspell ... Young Diana (8) 8歳のダイアナ
   エミリー・キャリー Emily Carey ... Diana (12) 12歳のダイアナ
   リーサ・ローヴェン・コングスリ Lisa Loven Kongsli ... Menalippe メナリッペ
   メイリン・ン Mayling Ng ... Orana オラナ
   フローレンス・カサンバ Florence Kasumba ... Senator Acantha 元老院議員アカンタ
   マドレーヌ・ヴァル Madeleine Vall ... Egeria エゲリア
   ヘイリー・ウォーンズ Hayley Warnes ... Aella アエラ
   アン・ウルフ Ann Wolfe ... Artemis アルテミス
   ダウツェン・クルース Doutzen Kroes ... Venelia ヴァネリア
   サマンサ・ジョー Samantha Jo ... Euboea ユービア
   アン・オグボモ Ann Ogbomo ... Philippus フィリプス
   ジェームズ・コスモ James Cosmo ... Field Marshall Haig 陸軍元帥ヘイグ
   ヴォルフ・カーラー Wolf Kahler ... German Commander ドイツ軍司令官
   アレクサンダー・マーキュリー Alexander Mercury ... German Lieutenant ドイツ軍大尉
   マーティン・ビショップ Martin Bishop ... Kaiser Wilhelm II カイザー・ヴィルヘルム2世
   フローラ・ニコルソン Flora Nicholson ... Marie マリー
   ステファン・ロードリ Steffan Rhodri ... Colonel Darnell ダーネル大佐
   レイチェル・ピックアップ Rachel Pickup ... Fausta Grables ファウスタ・グレーブルズ
   ライナー・ボック Rainer Bock ... Von Hindenberg フォン・ヒンデンブルク
   エヴァ・ダブロウスキー Eva Dabrowski ... Nina ニーナ
   エレノア・マツウラ Eleanor Matsuura ... Epione エピオネ
   ジョゼット・サイモン Josette Simon ... Mnemosyne ムネモシュネ
   ブルック・エンス Brooke Ence ... Penthiselea ペンテシレイア
   ハリー・ジェームズ Hari James ... Trigona トリゴナ
   ジャッキー・リー・プライス Jacqui-Lee Pryce ... Niobe ニオベ
   ベティ・アデウォール Betty Adewole ... Amazon Army アマゾン軍
   キャロライン・マリア・ウィンバーグ Caroline Maria Winberg ... Amazon Army アマゾン軍
   リジー・ボーデン Lizzie Bowden ... Amazon Army アマゾン軍

 ・・・もっと詳しいキャストはこちらから⇒

※参考資料:『WONDER WOMAN』-Wikipedia、『WONDER WOMAN』-IMDb、『ワンダーウーマン』EPK、公式サイト
※スタッフ・キャスト及び登場人物の呼称が正確でない場合がありますのでご了承ください。
| ←前の閲覧ページに戻る |▲TOP | ▲予告編 | ▲目次 |
■映画『 ワンダーウーマン (2017) WONDER WOMAN 』のあらすじ・ストーリー
ネタバレご注意:以下の映画『 ワンダーウーマン (2017) WONDER WOMAN 』のあらすじ・ストーリーにはネタバレが含まれている場合があります。映画『ワンダーウーマン』をまだご覧になっていない方は、どうかネタバレにご注意ください。
 Warning!Plot synopsis and storyline items below here contain information that may give away important plot points. You may not want to read any further if you've not already seen this title.

【映画『ワンダーウーマン』あらすじ/ストーリー 第01段落】 ネタバレ配慮
 孤島セミスキラ Themyscira はアマゾン族の島。アマゾン族はギリシア神話における女性戦士だけの民族だ。アマゾン族の女王であるヒッポリタ女王(コニー・ニールセン)とゼウスとの間に生まれたのがダイアナ。

【映画『ワンダーウーマン』あらすじ/ストーリー 第02段落】 ネタバレ配慮
 プリンセスとして大切に育てられたダイアナ(8歳リリー・アスペル、12歳エミリー・キャリー)は好奇心が旺盛で、幼少期から女性戦士になることを夢見ていた。

【映画『ワンダーウーマン』あらすじ/ストーリー 第03段落】 ネタバレ配慮
 ダイアナはアマゾン族の最強の者しか持つのを許されないという剣に憧れていたが、母親であるヒッポリタ女王は娘プリンセス・ダイアナのそんな想いを禁じる。しかしダイアナは夢を捨てず、厳しい修行の毎日を送る。

【映画『ワンダーウーマン』あらすじ/ストーリー 第04段落】 ネタバレ配慮
 ダイアナは修行していくうちに、自分では知らなかった秘めた能力に気づく。高い耐久力、怪力、亜光速での飛行能力、動物とテレパシーでの意思の疎通力、という特殊能力だ。

【映画『ワンダーウーマン』あらすじ/ストーリー 第05段落】 ネタバレ配慮
 ある日、米軍パイロットで、墜落事故を起こして浜辺に流されて気絶していたスティーブ・トレバー(クリス・パイン)をダイアナは救出する。スティーブは「男」を珍しがるその美女を不思議に思う。美しく成長したダイアナ(ガル・ガドット)が初めて「男」を目にした瞬間だった。

【映画『ワンダーウーマン』あらすじ/ストーリー 第06段落】 ネタバレ配慮
 アメリカ陸軍航空部隊長であるスティーブを、ドイツ軍が追ってきた。アマゾンの女性戦士たちはこの島に侵入してきたドイツ兵たちを皆殺しにする。ダイアナの叔母で武術師匠のアンティオペ将軍(ロビン・ライト)は犠牲となって、ダイアナを銃弾から護った。

【映画『ワンダーウーマン』あらすじ/ストーリー 第07段落】 ネタバレ配慮
 真実の投げ縄 Lasso of Truth <輪に捕らえた者に真実を告白させる事ができる>で、スティーブは「戦争を終わらせるための戦争」が世界で起こっていると白状する。アマゾン族の世界しか知らなかったダイアナは、人間社会のことをスティーブから聞いて、世界を救う決心をし、二度とは戻れる故郷を離れ、スティーブとロンドンへ向かうのだった。

【映画『ワンダーウーマン』あらすじ/ストーリー 第08段落】 ネタバレ配慮
 ここからダイアナは、人前では「ダイアナ・プリンス」と名乗る。人間社会での初めての経験にコミカルな面を見せるが、「ワンダーウーマン」として地球最高の強さの美女戦士として活動開始。流石、元ミス・イスラエル、完璧ボディで「ワンダーウーマン」コスチュームで身を包む。

【映画『ワンダーウーマン』あらすじ/ストーリー 第09段落】 ネタバレ配慮
 剣、斧、弓術、伝統的な武術を駆使する卓越した戦術家。真実の投げ縄、銀の腕輪などの武器を装備し、戦闘になると、ブレスレットで銃弾を弾き飛ばし、縄や剣で攻撃し、怪力で車も持ち上げる。

【映画『ワンダーウーマン』あらすじ/ストーリー 第10段落】 ネタバレ配慮
 美しさと強さを併せ持つアメコミ史上最強の美女戦士「ワンダーウーマン」。その圧倒的スーパーヒーローいや、スーパーヒロインの物語。驚愕と感動のラストとは―。

▼映画『ワンダーウーマン』のネタバレ/もっと詳しくは以下のこちらから・・・⇒

※参考資料:『WONDER WOMAN』-Wikipedia、『WONDER WOMAN』-IMDb、『ワンダーウーマン』EPK、公式サイト
| ←前の閲覧ページに戻る |▲TOP | ▲予告編 | ▲目次 |
<ネタバレ/もっと詳しく>
ネタバレ注意@映画の森てんこ森
ストーリー展開の前知識やネタバレがお好みでない方は、読まないで下さい。
■映画『ワンダーウーマン』の「テキストによる映画の再現」レヴュー
【『ワンダーウーマン』ストーリー/あらすじ】
◆ここからは、ストーリーの結末やネタバレが含まれている場合があります。どうかネタバレに御注意下さい。
Warning! This synopsis may contain spoilers.

★以下のネタバレ日本語訳は、映画『ワンダーウーマン』の公開日2017年8月25日(金)の翌日、又は翌日以降に公開予定ですが、映画をご覧になる前に、前もって<ストーリー/あらすじ/結末までの完全ネタバレ日本語訳版>をお読みになりたい方は、こちらをクリック⇒「ワンダーウーマンのネタバレ」へ・・・(別の新しいウインドウで表示)

【感謝とお願い】多くの皆様にこのネタバレコーナーにアクセス頂き、ありがとうございますm(__)m
 もしクリックしてもネタバレファイルにジャンプしない場合は、映画会社や配給会社への配慮として、まだリンクを貼っていない期間です。リクエスト・メールが多い場合は(お返事は出せませんが)、タイミングを見計らって、映画公開一週間前にはアップしますので、どうかご了承ください。

 GoogleやYahoo!の検索エンジンで、映画の森てんこ森のネタバレファイルをお探しの場合は、
ネタバレ ワンダーウーマン>又は
ワンダーウーマン ネタバレ>と入力してください。

▲TOPへ

◆ここからは、結末まで書いてネタバレしていますので、ストーリー全体が分ります。御注意下さい。
 ATTN: This review reveals the movie content. Please don't say that I didn't say !


■8/15公開<映画『ワンダーウーマン』あらすじ>
■8/16公開<ネタバレ映画/ワンダーウーマン>
■8/17公開<ネタバレ結末/ワンダーウーマン>
■8/18公開<ワンダーウーマンの完全ネタバレ>
★以上のあらすじ結末までネタバレは、こちらをクリック⇒「ワンダーウーマン」へ(以上5ファイルとも新規ウインドウで表示)

◆トリビアネタバレ
■8/19公開<映画ワンダーウーマンのトリビアネタバレ(1)>
■8/20公開<映画ワンダーウーマンのトリビアネタバレ(2)>
■8/21公開<映画ワンダーウーマンのトリビアネタバレ(3)>
■8/22公開<映画ワンダーウーマンのトリビアネタバレ(4)>(以上4ファイルとも新規ウインドウで表示)

※参考資料:『WONDER WOMAN』-Wikipedia、『WONDER WOMAN』-IMDb、『ワンダーウーマン』EPK、公式サイト
| ←前の閲覧ページに戻る |▲TOP | ▲予告編 | ▲目次 |
■映画『 ワンダーウーマン (2017) WONDER WOMAN 』の更新記録
◆ファイル作成:2017年8月2日(水)
 作成者:小沢栄三(Ben)、安藤奈津(Ann)、F・恭子、幸田幸
 ファイル作成して、〔textreview〕の2017年フォルダに格納
◆映画データと解説とWikipedia欄作成:2017年8月2日(水)
◆フィルモグラフィー&トリビアの調査:2017年8月2日(水)
◆フィルモグラフィー&トリビア修正・追記:2017年8月2日(水)
◆<もっと詳しく>の日本語訳(ネタバレ満開)ファイル作成:2017年8月2日(水)
★ワンダーウーマン@映画の森てんこ森チャート作成とWEBアップは映画『 ワンダーウーマン (2017) WONDER WOMAN 』公開2017年8月25日(金)の前

| ←前の閲覧ページに戻る |▲TOP | ▲予告編 | ▲目次 |
映画の森てんこ森代表:幸田幸
coda_sati@hotmail.com
「映画の森てんこ森」へ 「旅行の森てんこ森」へ
映画解説・レヴュータイトル一覧表へ
映画の森てんこ森 バナー03

映画の森てんこ森 coda21幸田幸 クレジット バナー01
幸のイタリア各都市情報へ
旅行の森てんこ森 バナー03
136x70
本サイトの作文、データ及び画像などのコンテンツの無断転用はお控え下さい。
貴サイトへの御掲載についてはメールにてお知らせ頂ければ幸いです。
© 2002-2017 Sachi CODA at Eigano-Mori Tenko-Mori, CODA21. All Rights Reserved.



borocsoborocso  at 12:00
コメントを書く




情報を記憶: 評価:  顔   星