空を見上げて
トップページ » 12/3(水)天かすうどん

12/3(水)天かすうどん

表紙サブタイトル@キャツピ&めん吉の【ぼろくそパパの独り言】
 このブログは幸田幸@映画の森てんこ森のパパ
=屋根裏部屋のピアノ弾きchiazpi(キャツピ)&
饂飩長屋の麺場吉次郎(めん吉=メンキチ)」が綴る
【ぼろくそパパの独り言】です。

画像クリックで拡大 Click to enlarge this pict.⇒
荒く揚げた揚げ玉を入れた天かすうどんにとろろ昆布と昆布の千切りを加えて出来上がり@キャツピ&めん吉の【ぼろくそパパの独り言】

       ▼クリックで拡大します。
【ぼろくそパパの独り言】:天かすうどん
記事作成:幸田幸@映画の森てんこ森のパパ・キャツピ&めん吉
記事編集日:2008年12月3日(水)
饂飩長屋麺場吉次郎で使っている「めん吉」割箸

@キャツピ&めん吉の【ぼろくそパパの独り言】
<<<前のページ「小エビかき揚げきつねうどん」 ■このページ「天かすうどん」

12月Dec.
<<< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>>


 今日のブログは「12/3(水)天かすうどん」ダ。トップ画像は「天かすうどん」のズームイン写真ダ。画像又はここをクリックすると640x480ピクセルに拡大するで。

 きんの(昨日)のブログは
小エビかき揚げきつねうどん」で今日も揚げ物「天かすうどん」だ。

 今日の天かす(てんかす、テンカス、天カス、天滓)は揚げ玉を少し大きく歪(いびつ)に揚げて写真映りのエエ(良い)ように存在感だしたつもりやけど、まあ、こんな出来ですんまへん(スミマセン)。

 元々、天かす(てんかす、テンカス、天カス、天滓)とは、天ぷらを揚げた時に出る揚げかすで揚げ玉(あげだま)ともいう。天かす(てんかす、テンカス、天カス、天滓)は関西のたこ焼きでは主役のタコを引き立たせる、名脇役やで。

 また、天かす(てんかす、テンカス、天カス、天滓)はワイがよく入る立ち食いうどん屋には、天かすを容器に入れて好きなだけ入れてエエように置いてくれているのはありがたい。

 いざ天かす(てんかす、テンカス、天カス、天滓)だけを作ろうと思うと面倒やし、天ぷらの揚げかすは家庭ではそんなに出るもんでもない。作っても天かす(てんかす、テンカス、天カス、天滓)は足が早い(酸化するのが早い)から作り置きも冷凍にも出来ない。と言ってスーパーで買うのもワイはちょっと抵抗あるし、それで天ぷらを揚げたときについでに、荒い揚げ玉の天かす(てんかす、テンカス、天カス、天滓)を揚げて、天かす(てんかす、テンカス、天カス、天滓)うどんを作るのがワイの調理のルーチンダ。

 今日の天かす(てんかす、テンカス、天カス、天滓)うどんの写真はどうダ?クリックすると 1280x960 ピクセル大画像に拡大しまっせ。是非見てや。

荒く揚げた揚げ玉を入れた天かすうどんにとろろ昆布と昆布の千切りを加えて出来上がり@キャツピ&めん吉の【ぼろくそパパの独り言】

    ▼クリックで1280x960pxlsに拡大します。
▼画像またはここをクリックで1280x960pxls.に拡大
※拡大画像を見るには、画像又はここをクリック後表示された画像に
カーソルをおき矢印または虫眼鏡をクリックしてください。


 大阪では一般的に天かす(てんかす、テンカス、天カス、天滓)=揚げ玉を主役にしたうどんは「天かすうどん」というが、「ハイカラうどん」てお品書きに書いてある店もある。関東では「たぬきうどん」、そばなら「たぬきそば」と呼ぶようだ。

 ワイは「たぬき」と言うと、おアゲさん(油揚げ)をのせたそば、決してたぬきそばとは言わないで「たぬき」と呼ぶだけ。これは「きつねうどん」を「きつね」と呼ぶ対極にあるようなもんや。

 「たぬき」というと、京都ではおアゲさん(油揚げ)のきざみの上にあんかけ(葛あん)をかけたうどんを「たぬきうどん」、そばを「たぬきそば」と呼ぶ。
 大阪と京都では「たぬき」はかなりちゃうから、「たぬき」に関しては関西と一括りに言われへんで。

 天かす(てんかす、テンカス、天カス、天滓)の話に戻すと、店によると「天かすうどん」というメニューがないうどん屋さんもある。

 そもそも天かす(てんかす、テンカス、天カス、天滓)は天ぷらの揚げかすやさかい料理の廃材や。そんなものでお客さんから銭(ぜに)貰うのは忍びない、しかし天かす(てんかす、テンカス、天カス、天滓)はその店の天ぷらが旨ければ旨いほど、味があって捨てるのは勿体無い。だから容器にいれて客席に出して「天かす(てんかす、テンカス、天カス、天滓)は調味料、お好きなようにお好きなだけ使こうてください」という店側の心憎い無言のメッセージやとワイは受け取っている。
 天かす(てんかす、テンカス、天カス、天滓)の扱い方でそのうどん屋さんの姿勢が分かるちゅうもんや。そんでワイは「すううどん(すうどん・素饂飩)」や「きつねうどん」を頼んだときには天かす(てんかす、テンカス、天カス、天滓)はありがたく頂くことにしている。

 因みに、このような良心的な店には「むじな」のメニューもない。

 えっ?「むじな」ってなんやて?

 きつねうどんに天かす(てんかす、テンカス、天カス、天滓)を入れたうどんや。

 そやから、きつねうどん頼んで、出てきたきつねに天かす(てんかす、テンカス、天カス、天滓)を入れたら、もうそれは「きつね」やのうて「むじな」に変わっているんやで。

 なんや、きつねに化かされたような話やな。


←前のページ「小エビかき揚げきつねうどん」に戻る


【天かすうどん】関係参考資料

たぬき (麺類) - Wikipedia
 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%9F%E3%81%AC%E3%81%8D_(%E9%BA%BA%E9%A1%9E)
天かす - Wikipedia
 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%8F%9A%E3%81%92%E7%8E%89



この記事のTOPへ▲

饂飩長屋麺場吉次郎で使っている「めん吉」割箸

@キャツピ&めん吉の【ぼろくそパパの独り言】
幸田幸@映画の森てんこ森のパパ・キャツピ&めん吉の【ぼろくそパパの独り言】


borocsoborocso  at 20:00
トラックバックURL
コメントを書く




情報を記憶: 評価:  顔   星