空を見上げて
トップページ » 12/15(月)和風ハンバーグ

12/15(月)和風ハンバーグ

表紙サブタイトル@キャツピ&めん吉の【ぼろくそパパの独り言】
 このブログは幸田幸@映画の森てんこ森のパパ
=屋根裏部屋のピアノ弾きchiazpi(キャツピ)&
饂飩長屋の麺場吉次郎(めん吉=メンキチ)」が綴る
【ぼろくそパパの独り言】です。

画像クリックで拡大 Click to enlarge this pict.⇒
12/15(月)【和風ハンバーグ】一手間かけてハンバーグを焼いた後うどんダシで煮込み山葵醤油やゴマだれで頂く@キャツピ&めん吉の【ぼろくそパパの独り言】

     ▼クリックで拡大640x480pxlsします。
【ぼろくそパパの独り言】:和風ハンバーグ
記事作成:幸田幸@映画の森てんこ森のパパ・キャツピ&めん吉
記事編集日:2008年12月15日(月)
饂飩長屋麺場吉次郎で使っている「めん吉」割箸

@キャツピ&めん吉の【ぼろくそパパの独り言】
<<<前のページ「12/14(日)カラオケ」 ■このページ「和風ハンバーグ

12月Dec.
<<< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>>

 今日のブログは「12/15(月)和風ハンバーグ」。トップ画像は「和風ハンバーグ」ダ。画像又はここをクリックすると640x480ピクセルの拡大画像が見れるで。きんの(昨日)のブログはワイめん吉担当の「12/14(日)カラオケ」で、今日のブログは「和風ハンバーグ」。「和風ハンバーグ」もワイめん吉の担当ダ。

 今日はワイが好んで食べる和風ハンバーグを紹介するで。冷蔵庫整理して残り物利用、材料十分なかったけど、ハンバーグなら簡単に出来るんでお昼にこさえて(作って)喰った。
 これがワイがしばしば食べる「めん吉好み・材料ちょっと手抜き和風ハンバーグ」ダ。

 ハンバーグは日本ではなくてはならない料理の一つ。子供から大人まで無難に食べられる安上がりで栄養価の高い食べ物だ。西洋料理のハンバーグステーキにしても良し、トマトやカレーで煮込んでも良し、和風ハンバーグ料理にしても良し。ハンバーグの材料や調理方法はさまざまだ。

 一応醤油でお世話になっているキッコーマンのホムペでハンバーグの色々なレシピがあったのでこの下に引用紹介する。

ハンバーグのレシピ名 エネルギー 時間 食のタイプ
あっさり和風ハンバーグ 278kcal 20分 和風ハンバーグ
新ごぼう入り和風ハンバーグ 413kcal 20分 和風ハンバーグ
ハンバーグステーキ 532kcal 45分 洋風ハンバーグ
ハンバーグのパイ包み焼き 501kcal 40分 洋風ハンバーグ
ミニハンバーグ 301kcal 20分 洋風ハンバーグ
ゆり根入りハンバーグ 519kcal 30分 洋風ハンバーグ
和風おろしハンバーグ 410kcal 20分 和風ハンバーグ
和風変わりハンバーグ 412kcal 40分 和風ハンバーグ
和風照り焼きハンバーグ 411kcal 20分 和風ハンバーグ
つぶつぶコーンバーグ 333kcal 25分+ 和風ハンバーグ
鶏つくねバーグ 270kcal 30分 和風ハンバーグ
鶏のおろしハンバーグ 293kcal 20分 和風ハンバーグ
鶏ひき肉の和風ハンバーグ 425kcal 30分 和風ハンバーグ
いわしのハンバーグ 224kcal 30分 和風ハンバーグ
おから入りハンバーグ 380kcal 25分 和風ハンバーグ
豆腐ハンバーグ 365kcal 30分 和風ハンバーグ


 うん、勉強になるな。
 どれも一応レシピ通り作ると中々イケル。
 このキッコーマンのハンバーグ洋風和風のレシピ、少し料理する人なら簡単に出来てレトルトよりは間違いなく旨いんで挑戦してみる価値はあるで。

 さて、前置きはさておき、下の和風ハンバーグの画像を見ておくんなはれ。
 これからワイのボロクソ旨い一味違う「和風ハンバーグ」山葵(ワサビ・わさび)とごまだれ賞味の作り方を紹介しまっせ。


12/15(月)【和風ハンバーグ】一手間かけてハンバーグを焼いた後うどんダシで煮込み山葵醤油やゴマだれで頂く@キャツピ&めん吉の【ぼろくそパパの独り言】

    ▼クリックで1280x960pxlsに拡大します。
▼画像またはここをクリックで1280x960pxls.に拡大
※拡大画像を見るには、画像又はここをクリック後表示された画像に
カーソルをおき矢印または虫眼鏡をクリックしてください。


 ワイめん吉好みの和風ハンバーグはほんの一手間かけて、ファミレスやちょっとした創作料理店よりは旨いハンバーグが安く家庭で頂けるので楽しみながら作れる。
 普通ハンバーグは、主にひき肉とタマネギ、時にはニンジンのみじん切りなどの野菜と塩コショウなどの香辛料を加え、卵とパン粉を混ぜてこね合わせて焼くのが一般的なレシピだが、ワイの和風ハンバーグのレシピはパン粉を入れない、うどんダシ昆布を入れて焼いてからうどんだし
で煮込む点が大きな特徴やな。

▼(1)牛と豚の合い挽きミンチにみじん切りのタマネギとねぎに塩コショウ砂糖少々。パン粉は入れない。鶏肉を加えても良い。冷蔵庫に豆腐が残っていれば少し加えても良い。ジャガイモを下ろして入れたり、ニンジンやキャベツやしょうがやエリンギなどのきのこ類などをみじん切りにして入れるなど、野菜は自分で考えてアレンジすれば味が少しづつ変ってバラエティに富んで楽しい。
▼(2)つなぎに卵とメリケン粉と牛乳少し。そしてうどんだしを出した昆布を2〜3ミリ四方に小さく切って加える。昆布のぬめりが微妙に作用する。メン吉の和風ハンバーグはこの過程は省けない。
▼(3)しっかりこねて楕円形に整形する。
(4)フライパンを温め、油・オリーブ油を半々に入れ、ごま油を少し加える。豚肉は油が出るので油は多く入れ過ぎないように注意。
▼(5)油の按配が出来れば焼き始める。弱火にしてガラス蓋をする。中身が見えるようにガラス蓋のほうが良い。
▼(6)表面が色づき始めると形を崩さないようひっくり返す。そして表面を優しく押さえて気持ちだけ平たくする。
▼(7)裏面も返して蓋をする。弱火で両面がこんがり色になるまで盛り付けの添え物の準備をして待つ。焦げ色になってもかまわない。
▼(8)いい加減で火を強めて日本酒を入れてアルコールを飛ばし、直ぐにうどんだしをハンバーグが半身浴するぐらい入れ、野菜ジュースを少し入れて煮込む。
▼(9)甘さと辛さを醤油みりんを入れて調節して1〜2分煮込んでいくとハンバーグの色が少し薄くなって出来上がり!ハンバーグに爪楊枝で穴をいくつかあけ、この煮込んだ汁を流し込むようにかける。残った汁は野菜スープやラーメンのスープに利用できる。
 
 出来上がったハンバーグは既に和風だが、添える野菜に白菜やキュウリやナスの浅漬けなど出来るだけ緑・黄色・赤・紫の色を添えるよう考える。
 山葵(ワサビ・わさび)とごまだれを用意する。
 山葵(ワサビ・わさび)を多めに盛る、ごまだれは市販のでも十分使える。

 以上。


 因みに、随分前にNHKでモンゴルの英雄チンギス・ハン(成吉思汗)の番組を見たことがある。その中で、モンゴル・タタール人が食べていた生肉料理タルタルは、西洋はドイツのハンブルグ(Hamburg)で生肉を焼き上げて姿を変えハンバーガーという名になって世界に広がる。一方生肉タルタルは韓国のユッケまで行き着く。東洋の果て日本は西洋に目がいっていたので、ハンブルグから始まったハンバーガーを受け入れて、今ではどこにでもアメリカ産マクド(マクドナルド)のハンバーガー店がある。そして今では韓国と日本でもユッケとハンバーガーの店が両立している。
 モンゴルの英雄チンギス・ハン(成吉思汗)の世界制覇の帝国の夢は失敗に終わったが、チンギス・ハン(成吉思汗)の世界制覇の夢が、武力による世界制覇ではなく、タルタル=ハンバーグ=ハンバーガーという食文化によってなされたと言えるという面白い話で、うん、成る程と合点したことがある。

 こう考えると、ハンバーグは奥が深い。これから喰うのもしっかり噛み締めて頂こう!

 しかし、チンギス・ハン(成吉思汗)の世界制覇・帝国の夢は生肉で象徴されるとは、ハンバーグは肉だけに、これがホンマの「皮肉」やがな。




←前のページ「12/14(日)カラオケ」に戻る



【和風ハンバーグ】関係参考資料

ハンバーグ - Wikipedia
 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8F%E3%83%B3%E3%83%90%
E3%83%BC%E3%82%B0
ユッケ - Wikipedia
 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A6%E3%83%83%E3%82%B1
マクドナルド - Wikipedia
 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%82%AF%E3%83%89%
E3%83%8A%E3%83%AB%E3%83%89
ハンバーグ - レシピ情報 - Yahoo!グルメ
 http://recipe.gourmet.yahoo.co.jp/T001139/
ハンバーグ 料理レシピ/ホームクッキング【キッコーマン】
 http://www.kikkoman.co.jp/homecook/search/theme/result_01
hanba-gu.html


この記事のTOPへ▲

饂飩長屋麺場吉次郎で使っている「めん吉」割箸

@キャツピ&めん吉の【ぼろくそパパの独り言】
幸田幸@映画の森てんこ森のパパ・キャツピ&めん吉の【ぼろくそパパの独り言】


borocsoborocso  at 21:59
トラックバックURL
コメントを書く




情報を記憶: 評価:  顔   星