空を見上げて
トップページ » リーフ改造
リーフ改造

第9回大阪モーターショー展示車(5)追記/EV研

第9回大阪モーターショー展示車(5)追記
EV研

アクアライズEV研究会=リーファー・ドット・ユーエス
ここをクリックでこのページだけ表示
---最新ページ更新---
【第9回大阪モーターショー展示車(5)追記/EV研】
日産リーフは今日も行く...ψ^c_^)ゞ

<【LYCEE】日産リーフでエコライフ>ページへ
□■□バックナンバー□■□
Google
リーフ改造 モーターショー <第9回大阪モーターショー展示車(5)/EV研>検索ボタン
Google<リーフ改造 カーラッピング>で画像検索

このアクアライズEV研究会のサイト検索は
日産リーフ改造>又は
リーフ改造>と入力してください。
『リーフカーラッピング』のYahoo!検索は、
▼ここをクリック



  今回の紹介ブログは、『第9回大阪モーターショー展示車(5)追記/EV研』です。

  タイトル「第9回大阪モーターショー」関連では、このページを含んで、以下の
第9回大阪モーターショー展示車(5)追記/EV研
第9回大阪モーターショー展示車(5)/EV研
第9回大阪モーターショー展示車(4)追記/EV研
第9回大阪モーターショー展示車(4)/EV研
第9回大阪モーターショー展示車(3)追記/EV研
第9回大阪モーターショー展示車(3)/EV研
第9回大阪モーターショー展示車(2)追記/EV研
第9回大阪モーターショー展示車(2)/EV研
第9回大阪モーターショー展示車(追記)/EV研
第9回大阪モーターショー展示車/EV研
大阪モーターショー/EVリーフ改造研
各ブログでシリーズ紹介しています。

  モーターショー関連ブログファイルは、最近では、東京モーターショーについてのブログ記事、
やったぜ!ニッサン!/東京モーターショー2015
日産IDSコンセプト(5)/東京モーターショー2015
日産IDSコンセプト(4)/東京モーターショー2015
日産IDSコンセプト(3)/東京モーターショー2015
日産IDSコンセプト(2)/東京モーターショー2015
日産IDSコンセプト/東京モーターショー2015
などがあります。
  あわせてご覧いただければ幸いです。


※本ブログは、私たちボランティア団体である当アクアライズEV研究会(別名:「リーフEV研」や「リーフ改造研」や「リーフ改造EV研」や「EV研究会」や「EV研」や「AREV神戸」)が中心となって作成。特定非営利活動促進法に基づき法人格を得た団体(特定非営利活動法人)NPO法人エコ・レボリューション(NPO法人エコ・レボリューションCOMまたはNPO法人エコ・レボリューションNET、そしてNPO法人エコ・レボリューションINFO)の傘下で活動しています。

※以下で紹介する画像は、本NPO法人エコ・レボリューションが撮影した画像以外は、各関係団体の使用許諾または使用ルールにしたがって使用しています。

■記事『第9回大阪モーターショー展示車(5)/EV研』

※当ページでは、主にEV電気自動車の記事を取り扱っています。今回ICEV(ガソリン・エンジン車)やHV(ハイブリッド車)やFCV(燃料電池車)などを題材にしていますが、乏しい知識や勉強不足のために生じる間違いや誤解や不適切な表現などがあればご容赦くださいませ。


  2015年12月4日(金)〜12月7日(月)にインテックス大阪(大阪市住之江区南港北1-5-102)で第9回大阪モーターショーを見てきました。以下に撮影した画像を紹介しています。

【第9回大阪モーターショー展示車(5)/EV研 01】
第9回大阪モーターショー展示車(5)/EV研01
第9回大阪モーターショー展示車(5)/EV研画像01
想像を超える明日がここに。―Meet The Future―がテーマ♪

マクラーレン・スーパーシリーズ・650Sスパイダー
McLAREN SUPER SERIES 650S SPIDER
ガソリン車の高級スポーツカー
今回の大阪モーターショーでは、
マクラーレンの最新モデル2台が出展されていた。
ブースには、「ASTON MARTIN HAKKO」の
反対側の壁面に「McLAREN OSAKA」の表示があり、
アストン・マーティンやマクラーレンを販売する
八光カーグループだ。展示されているクルマは、
マクラーレン・スーパーシリーズ最新モデルの
『650S スパイダー』と『570S クーペ』の2台。
11月の名古屋モーターショーと同じ車種だが、
名古屋の650Sスパイダーはオレンジ色。
今回大阪モーターショーでは、
ワインレッドカラーの650Sスパイダーだ。
マクラーレン・スーパーシリーズ・650Sスパイダーは、
サーキット走行も楽しめるスーパーカー。
最大トルク678Nmを発揮する3.8リットルV8ツインターボ
と7速デュアルクラッチ式ギアボックスを搭載。
最高出力650ps、0-100kmは3.0秒、
最高速度329km/hと、スーパースポーツカーの
中でもトップレベルのパフォーマンスを誇る。
ボディはカーボンモノコックセルに
前後アルミ製ストラクチャー構造。
車重はわずか1341kgの軽量。
車両本体価格は3443万円で、展示車はオプション込み
3867万6250円とスーパーカーに相応しい価格だ。


【第9回大阪モーターショー展示車(5)/EV研 02】
第9回大阪モーターショー展示車(5)/EV研02
第9回大阪モーターショー展示車(5)/EV研画像02
想像を超える明日がここに。―Meet The Future―がテーマ♪

日産リーフ新型2015
NISSAN NEW LEAF 2015
EV電気自動車
日産リーフ は走行距離を約30%向上するとともに
自動ブレーキを標準装備した♪
2010年年末に発売されて以来、日産リーフは
グローバル累計で18万台以上が販売され、
販売台数世界No.1のEVの頂点に立っている。
今回「日産リーフ」がマイナーチェンジされたが、
当アクアライズEV研究会で「新型リーフ2015」と
呼んでいる。「新型リーフ2015」は従来の
24キロワットのリチウムイオンバッテリーを
30キロワットにして、一充電走行距離の向上を
実現するとともに、「自動ブレーキ」を全車標準とし、
安全性能を向上。一充電走行距離が280km
(社内測定値)となるグレードを追加し、
衝突回避および衝突時の被害低減を支援する
「エマージェンシーブレーキ」、走行中の
車線逸脱回避を支援する「LDW(車線逸脱警報)」を
全車標準装備して、タンジェリン・オレンジで
ルーフが黒いバージョンのリーフがイメージカラー車だ。
マイナーチェンジの「新型リーフ2015」車は、
2015年11月に日本で発表され、
2015年12月24日から発売予定だ。


【第9回大阪モーターショー展示車(5)/EV研 03】
第9回大阪モーターショー展示車(5)/EV研03
第9回大阪モーターショー展示車(5)/EV研画像03
想像を超える明日がここに。―Meet The Future―がテーマ♪

ホンダ(四輪)クラリティ
HONDA CLARITY FUEL CELL
ホンダのFCV燃料電池車
「第44回東京モーターショー2015」で世界初披露
されたHondaホンダの新型燃料電池自動車
「CLARITY FUEL CELL(クラリティ フューエル セル)」
市販予定車が2016年3月から日本で
リース販売を開始する。ホンダの新型燃料電池自動車「CLARITY FUEL CELL(クラリティ フューエル セル)は、
ガソリン車同等の使い勝手とFCVならではの
魅力を高次元で融合し、将来にわたってFCVの
ベンチマークとなりえる高い価値をもったセダンだ。
Hondaホンダ独創の技術により搭載している
燃料電池スタックは従来型より33%の小型化を
図りながら出力は100kW以上、出力密度は3.1kW/L
と従来比で約60%の向上を実現。
燃料電池パワートレインを、V6エンジンと
同等サイズまでコンパクト化し、世界で初めて
セダンのボンネット内に集約した。
これにより、大人5人が快適に座れる、
ゆとりあるフルキャビンパッケージを実現している。
一回当たりの水素充填時間は3分程度。
さらに最高出力130kWの高出力モーターにより
電動車ならではのダイレクトでレスポンスの良い
爽快なドライブフィールと高い静粛性を両立している。
加えて、外部給電器「Power Exporter 9000」を
組み合わせることで、「走る電源」として
災害時などにクルマが作る電力をコミュニティに
提供することができる。
Hondaホンダ公式ページより引用して一部編集。


【第9回大阪モーターショー展示車(5)/EV研 04】
第9回大阪モーターショー展示車(5)/EV研04
第9回大阪モーターショー展示車(5)/EV研画像04
想像を超える明日がここに。―Meet The Future―がテーマ♪

三菱自動車工業株式会社
MITSUBISHI eX Concept
三菱の電気SUVコンセプトカー
第44回東京モーターショー2015において、
「Driving Beyond SUVと電気の力で、一歩先へ。」を
テーマに、次世代EVシステムを採用した
コンパクトSUVのコンセプトカー
『MITSUBISHI eX Concept』が
三菱自動車工業株式会社から世界初披露された。
三菱の電気SUVコンセプトカー公式ページを引用すると、
<EVの進化とSUVの心躍る魅力を一台に。
次世代コンパクトSUV。『MITSUBISHI eX Concept』は、
次世代EVシステムを採用したコンパクトSUVの
コンセプトカーです。デザインでは、コンパクトSUVに
シューティングブレークのもつ上質さとクーペスタイル
を融合させ、キビキビと街を疾走する
スポーツクロスオーバースタイルを提案しています。
また、フロントはデザインコンセプト
「ダイナミックシールド」をベースに、
新しいデザインを提案。エクステリア、インテリアの
すべてでこれからの三菱自動車のデザインの
方向性を示しています。次世代EVシステムは
大容量・高性能バッテリーと小型・高出力モーター
などで構成し、システム自体の軽量・高効率化は
もちろん、車体側でも軽量化を推進し、
航続距離400kmを実現します。
駆動用バッテリーを車両下部にレイアウトする
ことで低重心化を図り、ツインモーター4WD
及び車両運動統合制御システム「S-AWC」により、
意のままの操縦性と卓越した安定性を発揮。
一歩先へ踏み出せる、次世代コンパクトSUVと
しています。さらに、次世代の情報システムを
活用したコネクティッドカー技術や
先進の予防安全技術を組み合わせた
自動運転技術も採用しました。
危険を察知すると安全機能を最適に作動させたり、
故障や異常を早期に検出して修理や整備を促す
安心機能も充実させています。>


【第9回大阪モーターショー展示車(5)/EV研 05】
第9回大阪モーターショー展示車(5)/EV研05
第9回大阪モーターショー展示車(5)/EV研画像05
想像を超える明日がここに。―Meet The Future―がテーマ♪

トヨタMIRAI
TOYOTA FUEL CELL MIRAI
トヨタのFCV燃料電池車
トヨタMIRAIの公式ページより引用すると、
<メーカー希望小売価格
¥7,236,000(消費税込み)
一充填走行距離(参考値) 約650km
(JC08モード走行パターンによるトヨタ測定値)
ハイブリッドカーを世界に広めたトヨタの
次のイノベーションです。
世界初の量産型ハイブリッドカーを発売したトヨタ。
その次のチャレンジが、燃料電池自動車の
一般向け発売です。
1992年からの開発が実を結びました。
水素で作った電気で走ります。
ガソリンを使わないから、走行時に排出ガスを出しません。
走行時に、地球温暖化の原因となるCO2を出しません。
排出するのは、水素と酸素が結びついて出来た水だけ。
走行中に、大気を汚染することがありません。
燃料補給は、「水素ステーション」で。
短く充填、長くドライブ。
一回あたり水素充填時間は3分程度。
一充填走行距離(参考値)は約650km。
使い勝手は、ガソリン車と変わりません。
今後、多くの水素ステーションの整備が
予定されています。
水素って大丈夫?・・・さまざまな検証の結果、
ガソリン車と同等の安全性を確保しています。
あたらしいエネルギーには、 あたらしいデザインを。
コンセプトは「知恵をカタチに。」
MIRAIには、燃料電池自動車ならではの機能があります。
「空気から水へ」を表現するサイドグリル
新しいエネルギーを吸う知恵から、
カタチを生み出しました。
エンジンが無い。
すなわち、静か。 でも、静かだからおとなしい走り。
というイメージは捨ててください。
静かな化学反応が、大きな力を生み出します。
電気モーターによる、パワフルでスムーズな
加速をお楽しみください。
つくりたいのは、もっといい社会。
トヨタの次のチャレンジです。
MIRAIという名前には、
「クルマの、地球の、そして子供たちの未来のために」
という思いがこもっています。
水素社会の基礎が整うのは、まだ先のことです。
長い長いチャレンジになりますが、
それでも、トヨタは踏み出します。>



今回で「大阪モーターショー展示車/EV研」シリーズは完結です。

□テキスト編集:Hiro & Megima__


  以上、第9回大阪モーターショー展示車(5)/EV研の各画像はクリックで全て640x480pxlsに拡大します。

※本ブログの紹介画像5枚を440x330ピクセルのスライドショーで見られます。

※本ブログシリーズのすべての画像25枚をスライドショー200x150pxlsで見られます。

段落ライン/第9回大阪モーターショー展示車(5)/EV研
★アクアライズEV研究会情報

  当アクアライズEV研究会は、自分だけの<マイ・オンリー>日産リーフ改造カスタムカーや日産リーフ改造製作にご興味のあるリーフ乗り=リーファーの方のご相談を承っております。※当アクアライズEV研究会は車好き・改造好き・EV大好き同好会で情報収集や発信の場です。販売等の営業行為は一切行っておりません。

<NEW>吹きだし/第9回大阪モーターショー展示車(5)/EV研
株式会社東洋マーク製作所提供、アクアライズEV研究会製作、日産リーフX白を新作の日産リーフ改造カスタムカー<ジェムニー>のエスプリを継承して更にパワーアップ!幸田幸@映画の森てんこ森デザインとデザイン監修した、東洋マークジェイトリム大阪のプロスタッフおススメのベーシックバージョン<ジズモエウロ・カメレオン>号、そして2015年4月末リーフスポーツカスタム<ZESPO ゼスポ>号を完成!

※2014年9月13日<リニューアル・オープン/日産大阪和泉中央>で初公開した日産リーフ改造カスタムコンプリートカー黄色のリーフ『ジェムニー GEMNEA』について詳しい情報は・・・⇒こちらから

  私たちアクアライズEV研究会=リーファー・ドット・ユーエスは、2014年11月現在までに、日産リーフ改造カスタムコンプリートカーとして日産リーフをドレスアップ!<ハヤブサ>号<メキルメ>号<メキルメラッコ>号<ラプソディア>号<ハヤブサ隼HBR>号<ジオペット号>号<ジオノア-R>号<ジオノア-B>号や<ジェムニー>号、そして<ジズモエウロ・カメレオン>号<ZESPO ゼスポ>号などを手がけ、ご縁あって、その数台を日産大阪販売株式会社和歌山日産自動車株式会社の各店舗で展示しています。また2015年7月現在、リーフスポーツカスタム<ZESPO ゼスポ>号のエスプリを継承した大阪岸和田南店所有<Love Earth 100EV>号を無料貸出しされています。また、2015年お盆前にはリーフカスタム車に<電動サンルーフ>を装着いたしました!

  当アクアライズEV研究会=リーファー・ドット・ユーエスの日産リーフ改造カスタムカーの各号は、ご依頼で持ち回りしている場合がありますので、ご覧いただくには、必ず前もって<info@leafar.us>又は<aquarise@live.jp>にメールを下さいますように、お願い申し上げます。


◆撮影:NPO法人エコ・レボリューション&アクアライズEV研究会
◆Webプロモーション:アクアライズEV研究会、NPO法人エコ・レボリューション 
◆Web出版:エイブル出版/松本正
◆Web校正:北洞一雄
◆Web監修:北洞吉雄

★お問い合わせは、以下のアドレス(小沢)まで
aquarise@live.jp


第9回大阪モーターショー展示車(5)/EV研=リーフ改造/アクアライズEV研究会


borocsoborocso  at 12:00 この記事をクリップ! 

第9回大阪モーターショー展示車(4)追記/EV研

第9回大阪モーターショー展示車(4)追記
EV研

アクアライズEV研究会=リーファー・ドット・ユーエス
ここをクリックでこのページだけ表示
---最新ページ更新---
【第9回大阪モーターショー展示車(4)/EV研】
日産リーフは今日も行く...ψ^c_^)ゞ

<【LYCEE】日産リーフでエコライフ>ページへ
□■□バックナンバー□■□
Google
リーフ改造 モーターショー <第9回大阪モーターショー展示車(4)/EV研>検索ボタン
Google<リーフ改造 カーラッピング>で画像検索

このアクアライズEV研究会のサイト検索は
日産リーフ改造>又は
リーフ改造>と入力してください。
『リーフカーラッピング』のYahoo!検索は、
▼ここをクリック



  今回の紹介ブログは、『第9回大阪モーターショー展示車(4)追記/EV研』です。

  タイトル「第9回大阪モーターショー」関連では、以下の
第9回大阪モーターショー展示車(4)/EV研
第9回大阪モーターショー展示車(3)追記/EV研
第9回大阪モーターショー展示車(3)/EV研
第9回大阪モーターショー展示車(2)追記/EV研
第9回大阪モーターショー展示車(2)/EV研
第9回大阪モーターショー展示車(追記)/EV研
第9回大阪モーターショー展示車/EV研
大阪モーターショー/EVリーフ改造研
各ブログでシリーズ紹介しています。

  モーターショー関連ブログファイルは、最近では、東京モーターショーについてのブログ記事、
やったぜ!ニッサン!/東京モーターショー2015
日産IDSコンセプト(5)/東京モーターショー2015
日産IDSコンセプト(4)/東京モーターショー2015
日産IDSコンセプト(3)/東京モーターショー2015
日産IDSコンセプト(2)/東京モーターショー2015
日産IDSコンセプト/東京モーターショー2015
などがあります。
  あわせてご覧いただければ幸いです。


※本ブログは、私たちボランティア団体である当アクアライズEV研究会(別名:「リーフEV研」や「リーフ改造研」や「リーフ改造EV研」や「EV研究会」や「EV研」や「AREV神戸」)が中心となって作成。特定非営利活動促進法に基づき法人格を得た団体(特定非営利活動法人)NPO法人エコ・レボリューション(NPO法人エコ・レボリューションCOMまたはNPO法人エコ・レボリューションNET、そしてNPO法人エコ・レボリューションINFO)の傘下で活動しています。

※以下で紹介する画像は、本NPO法人エコ・レボリューションが撮影した画像以外は、各関係団体の使用許諾または使用ルールにしたがって使用しています。

■記事『第9回大阪モーターショー展示車(4)/EV研』

※当ページでは、主にEV・電気自動車の記事を取り扱っています。今回ガソリン車やHV(ハイブリッド車)やFCV(燃料電池車)などを題材にしていますが、乏しい知識や勉強不足のために生じる間違いや誤解や不適切な表現などがあればご容赦くださいませ。


  2015年12月4日(金)〜12月7日(月)にインテックス大阪(大阪市住之江区南港北1-5-102)で第9回大阪モーターショーを見てきました。以下に撮影した画像を紹介しています。

【第9回大阪モーターショー展示車(4)/EV研 01】
第9回大阪モーターショー展示車(4)/EV研01
第9回大阪モーターショー展示車(4)/EV研画像01
想像を超える明日がここに。―Meet The Future―がテーマ♪

ニッサン コンセプト2020 ビジョン グランツーリスモ
フルスケールモデル
新ボディカラー「Fire Knight(ファイアーナイト)」
「ニッサン コンセプト2020 ビジョン グランツーリスモ」
の公式サイト
を引用・編集すると、
<日産自動車は「グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード2014」にて初公開した
「ニッサン コンセプト2020 ビジョン グランツーリスモ」
のフルスケールモデルを
第44回東京モーターショー2015にて展示した。
日産はその80年に及ぶ歴史の中で、
つねにスポーツドライビングの可能性を探ってきた。
特にグランドツーリングを志向した
GTカーにおいては、他の追随を許さない
絶対的パフォーマンスと、日常域の快適性を両立し、
独自のブランドを築いてきた。
そしてここに来るべき近未来をイメージした
次世代のGTコンセプト、
「NISSAN CONCEPT 2020 Vision Gran Turismo(日産コンセプト2020 ビジョン グランツーリスモ)」を登場させた。>


【第9回大阪モーターショー展示車(4)/EV研 02】
第9回大阪モーターショー展示車(4)/EV研02
第9回大阪モーターショー展示車(4)/EV研画像02
想像を超える明日がここに。―Meet The Future―がテーマ♪

日産「TEATRO for DAYZ」
軽EVコンセプトカー「TEATRO for DAYZ」
「テアトロ フォー デイズ」公式サイトを引用すると、
<“繋がり”と“シェア”を自由に楽しめる
ムービングデジタルガジェット
次世代カスタマーがワクワクするような
クルマを生み出す。そのために必要だったのは、
今日までのクルマの概念にとらわれず、
新たな価値を構築していくことでした。
「TEATRO for DAYZ」(テアトロ for デイズ)は、
日本の軽自動車カテゴリーに、
これまで誰も想像したことのない機能を凝縮。
モバイル世代のライフスタイルに溶け込む、
画期的なガジェットになりうるクルマの提案です。>


【第9回大阪モーターショー展示車(4)/EV研 03】
第9回大阪モーターショー展示車(4)/EV研03
第9回大阪モーターショー展示車(4)/EV研画像03
想像を超える明日がここに。―Meet The Future―がテーマ♪

日産IDSコンセプト
Nissan IDS Concept
日産が目指す未来の電気自動車と
自動運転を具現化した革新的コンセプトカー
日産IDSコンセプトの公式サイトを引用すると
<日産が目指す未来の電気自動車と自動運転を
具現化した革新的コンセプトカー自動車の
誕生以来、運転はドライバーの役目であることを
疑う人は、ほとんどいませんでした。
しかし、遠くない将来、自動車の運転のあり方に
革新的な変化が起こります。
「日産リーフ」、「e-NV200」を通じて
電気自動車の開発・普及を牽引してきた
日産自動車は、進化した車両制御技術、
安全技術と最新のAI(人工知能)技術を統合した
自動運転技術で、自動運転車の実用化を
リードしていきます。
「ニッサンIDSコンセプト」は、日産ブランドが
目指す自動運転の方向性を示したクルマであり、
電気自動車(ゼロ・エミッション)の将来を
予見させるコンセプトカーです。
202X年、この「ニッサンIDSコンセプト」の技術は、
現実のクルマに搭載され、世界の様々な街で
見かけるようになることでしょう。>


【第9回大阪モーターショー展示車(4)/EV研 04】
第9回大阪モーターショー展示車(4)/EV研04
第9回大阪モーターショー展示車(4)/EV研画像04
想像を超える明日がここに。―Meet The Future―がテーマ♪

日産ハイブリッドEV「グリップス コンセプト」
NISSAN GRIPZ CONCEPT
日本初公開となる「グリップス コンセプト」は、
搭載するガソリンエンジンを駆動力としては
一切使わずに、エンジンで発電した電気で
日産「リーフ」でも使っている大容量モーターを
動かして走行するシリーズハイブリッドEV
「Pure Drive e-Power」をパワートレーンに採用。
最高出力80kW、最大トルク254Nmを生み出す
モーターにより、スムーズで力強く加速するほか、
高い静粛性と良好な燃費も実現する。


【第9回大阪モーターショー展示車(4)/EV研 05】
第9回大阪モーターショー展示車(4)/EV研05
第9回大阪モーターショー展示車(4)/EV研画像05
想像を超える明日がここに。―Meet The Future―がテーマ♪

The new Mercedes-AMG GT
メルセデス・ベンツのガソリン車の
新スポーツカー・AMG GT
メルセデス・ベンツ日本公式サイトを引用すると、
新開発4リッターV型8気筒ツインターボエンジン、
革新的な構造のアルミニウムスペースフレーム、
理想的な前後重量配分、Mercedes-AMGの
伝統と情熱のすべてが結晶した、
魂がふるえるほどの歓喜の瞬間。
The new Mercedes-AMG GTいよいよ登場!



・・・次回の『大阪モーターショー展示車(5)/EV研』につづく


□テキスト編集:Hiro & Megima__


  以上、第9回大阪モーターショー展示車(4)/EV研の各画像はクリックで全て640x480pxlsに拡大します。

※本ブログの紹介画像5枚を440x330ピクセルのスライドショーで見られます。

※本ブログシリーズのすべての画像25枚をスライドショー200x150pxlsで見られます。

段落ライン/第9回大阪モーターショー展示車(4)/EV研
★アクアライズEV研究会情報

  当アクアライズEV研究会は、自分だけの<マイ・オンリー>日産リーフ改造カスタムカーや日産リーフ改造製作にご興味のあるリーフ乗り=リーファーの方のご相談を承っております。※当アクアライズEV研究会は車好き・改造好き・EV大好き同好会で情報収集や発信の場です。販売等の営業行為は一切行っておりません。

<NEW>吹きだし/第9回大阪モーターショー展示車(4)/EV研
株式会社東洋マーク製作所提供、アクアライズEV研究会製作、日産リーフX白を新作の日産リーフ改造カスタムカー<ジェムニー>のエスプリを継承して更にパワーアップ!幸田幸@映画の森てんこ森デザインとデザイン監修した、東洋マークジェイトリム大阪のプロスタッフおススメのベーシックバージョン<ジズモエウロ・カメレオン>号、そして2015年4月末リーフスポーツカスタム<ZESPO ゼスポ>号を完成!

※2014年9月13日<リニューアル・オープン/日産大阪和泉中央>で初公開した日産リーフ改造カスタムコンプリートカー黄色のリーフ『ジェムニー GEMNEA』について詳しい情報は・・・⇒こちらから

  私たちアクアライズEV研究会=リーファー・ドット・ユーエスは、2014年11月現在までに、日産リーフ改造カスタムコンプリートカーとして日産リーフをドレスアップ!<ハヤブサ>号<メキルメ>号<メキルメラッコ>号<ラプソディア>号<ハヤブサ隼HBR>号<ジオペット号>号<ジオノア-R>号<ジオノア-B>号や<ジェムニー>号、そして<ジズモエウロ・カメレオン>号<ZESPO ゼスポ>号などを手がけ、ご縁あって、その数台を日産大阪販売株式会社和歌山日産自動車株式会社の各店舗で展示しています。また2015年7月現在、リーフスポーツカスタム<ZESPO ゼスポ>号のエスプリを継承した大阪岸和田南店所有<Love Earth 100EV>号を無料貸出しされています。また、2015年お盆前にはリーフカスタム車に<電動サンルーフ>を装着いたしました!

  当アクアライズEV研究会=リーファー・ドット・ユーエスの日産リーフ改造カスタムカーの各号は、ご依頼で持ち回りしている場合がありますので、ご覧いただくには、必ず前もって<info@leafar.us>又は<aquarise@live.jp>にメールを下さいますように、お願い申し上げます。


◆撮影:NPO法人エコ・レボリューション&アクアライズEV研究会
◆Webプロモーション:アクアライズEV研究会、NPO法人エコ・レボリューション 
◆Web出版:エイブル出版/松本正
◆Web校正:北洞一雄
◆Web監修:北洞吉雄

★お問い合わせは、以下のアドレス(小沢)まで
aquarise@live.jp


第9回大阪モーターショー展示車(4)/EV研=リーフ改造/アクアライズEV研究会


borocsoborocso  at 12:00 この記事をクリップ! 

第9回大阪モーターショー展示車(2)追記/EV研

第9回大阪モーターショー展示車(2)追記
EV研

アクアライズEV研究会=リーファー・ドット・ユーエス
ここをクリックでこのページだけ表示
---最新ページ更新---
【第9回大阪モーターショー展示車(2)/EV研】
日産リーフは今日も行く...ψ^c_^)ゞ

<【LYCEE】日産リーフでエコライフ>ページへ
□■□バックナンバー□■□
Google
リーフ改造 モーターショー <第9回大阪モーターショー展示車(2)/EV研>検索ボタン
Google<リーフ改造 カーラッピング>で画像検索

このアクアライズEV研究会のサイト検索は
日産リーフ改造>又は
リーフ改造>と入力してください。
『リーフカーラッピング』のYahoo!検索は、
▼ここをクリック



  今回の紹介ブログは、『第9回大阪モーターショー展示車(2)追記/EV研』です。

 先ほどアップした『第9回大阪モーターショー展示車(2)/EV研』ブログのプチコメント・テキスト追記版です。
  大阪モーターショーについては、すでにアップしてある
第9回大阪モーターショー展示車(追記)/EV研
第9回大阪モーターショー展示車/EV研
大阪モーターショー/EVリーフ改造研
各ブログからシリーズで紹介しています。

  モーターショー関連ブログファイルは、最近では、東京モーターショーについてのブログ記事、
やったぜ!ニッサン!/東京モーターショー2015
日産IDSコンセプト(5)/東京モーターショー2015
日産IDSコンセプト(4)/東京モーターショー2015
日産IDSコンセプト(3)/東京モーターショー2015
日産IDSコンセプト(2)/東京モーターショー2015
日産IDSコンセプト/東京モーターショー2015
などがあります。
  あわせてご覧いただければ幸いです。


※本ブログは、私たちボランティア団体である当アクアライズEV研究会(別名:「リーフEV研」や「リーフ改造研」や「リーフ改造EV研」や「EV研究会」や「EV研」や「AREV神戸」)が中心となって作成。特定非営利活動促進法に基づき法人格を得た団体(特定非営利活動法人)NPO法人エコ・レボリューション(NPO法人エコ・レボリューションCOMまたはNPO法人エコ・レボリューションNET、そしてNPO法人エコ・レボリューションINFO)の傘下で活動しています。

※以下で紹介する画像は、本NPO法人エコ・レボリューションが撮影した画像以外は、各関係団体の使用許諾または使用ルールにしたがって使用しています。

■記事『第9回大阪モーターショー展示車(2)/EV研』

※当ページでは、主にEV・電気自動車の記事を取り扱っています。今回ガソリン車やHV(ハイブリッド車)やFCV(燃料電池車)などを題材にしていますが、乏しい知識や勉強不足のために生じる間違いや誤解や不適切な表現などがあればご容赦くださいませ。


  2015年12月4日(金)〜12月7日(月)にインテックス大阪(大阪市住之江区南港北1-5-102)で第9回大阪モーターショーを見てきました。以下に撮影した画像を紹介しています。

【第9回大阪モーターショー展示車(2)/EV研 01】
第9回大阪モーターショー展示車(2)/EV研01
第9回大阪モーターショー展示車(2)/EV研画像01
想像を超える明日がここに。―Meet The Future―がテーマ♪

立命館大学デザイン科学研究センターDML
ヤナセのEV(電気自動車)スマート
立命館大学デザイン科学研究センターDMLでは、
ヤナセなどの複数の企業コラボレーションして
「未来型スマイル・コミュニティ」のあるべき姿を
表現。「スマイル」と「モビリティ」をキーワードに、
学生たちがワークショップを行います。


【第9回大阪モーターショー展示車(2)/EV研 02】
第9回大阪モーターショー展示車(2)/EV研02
第9回大阪モーターショー展示車(2)/EV研画像02
想像を超える明日がここに。―Meet The Future―がテーマ♪

EVジャパン
鉛バッテリーの電気自動車バス=EVバス
EVジャパンは、今まで培ってきた知恵と技術を
基に快適な環境づくりに向けて
電気自動車の開発を行っています。
2015年秋に完成した11人乗り電気自動車バス、
EVコミューターともいうべきECOMOSエコモス。
電気自動車EVバスECOMOSエコモスは、
安全性・完成度の高い日本国内初の
量産型電気自動車バス=EVバスです。
電気自動車EVバスECOMOSエコモスは、
企画から設計・開発までEVジャパン社の
一貫生産によるEVバスです。


【第9回大阪モーターショー展示車(2)/EV研 03】
第9回大阪モーターショー展示車(2)/EV研03
第9回大阪モーターショー展示車(2)/EV研画像03
想像を超える明日がここに。―Meet The Future―がテーマ♪

トヨタ FCV PLUS
近未来の燃料電池車 FCVプラス
TOYOTA FCV PLUS=燃料電池車(FCV)を
提示するFCVプラスは、現在売り出されている
燃料電池車MIRAIミライの10数年後の20XX年、
そう遠くない時代の水素社会とクルマの可能性である。
クルマから電気の供給、いわゆるV2H、
日産リーフリーフ・ツー・ホームのFCV版だ。
そして他のEV電気自動車と電気を共有でき、
EV電気自動車のように使用済みバッテリー
(Second-Life Batteriesセカンドライフ・バッテリー)を
再利用できるのと同じように、車両での役目を終えた
燃料電池を発電装置として再利用するものだ。
FCVプラスのプラスというのは
そういう付加価値のついた未来志向のクルマである。
これこそCOP21事案の地球温暖化対策
相応しいコンセプトである。
天下世界のトヨタとして、日産と比べて
本格的にEV事業に参画していないのは
どう云う訳か分からないけど、いろいろお家の事情が
あるのだろうけど、日産リーフよりもっとカッコ良い
日産IDSを上回るEV電気自動車を作ってほしいわ!
もしEV電気自動車が作れないなら、
円安プラスVWショックで利益がさらに拡大して、
有り余っているかもしれない潤沢な資金力で、
せめてもっと急速充電器をあちこちに設置して
日産と三菱を助けてあげてほしいな、なんちゃって。
勝手なこと書いてゴメンナサイ。


【第9回大阪モーターショー展示車(2)/EV研 04】
第9回大阪モーターショー展示車(2)/EV研04
第9回大阪モーターショー展示車(2)/EV研画像04
想像を超える明日がここに。―Meet The Future―がテーマ♪

ダイハツ テンポ TEMPO
ガソリン軽自動車の商用車
ダイハツ工業は、2015年10月29日(木)から
11月8日(日)の第44回東京モーターショー
市販車10台に加え、4台のコンセプトカーを
世界初公開。このテンポTEMPOは、
ダジャレの「店舗」かも?で軽商用車の新しい形
としてFFプラットフォームを最大限に活用した
「新ジャンルスペース系商用車」として
提案していて面白い、結構人目を集めていた。


【第9回大阪モーターショー展示車(2)/EV研 05】
第9回大阪モーターショー展示車(2)/EV研05
第9回大阪モーターショー展示車(2)/EV研画像05
想像を超える明日がここに。―Meet The Future―がテーマ♪

株式会社ホワイトハウスオートモービル
SLINGSHOTスリングショットの
ガソリン車・三輪自動車ロードスター
12/4(金)〜7(月) 「第9回 大阪モーターショー」で
ポラリス、スリングショット、インディアン、
ヴィクトリー4ブランドを出展。
画像は、ホワイトハウスオートモービルが
車両・製品輸入事業として販売している。
カッコ良かったよ。



・・・次回の『大阪モーターショー展示車(3)/EV研』につづく


□テキスト編集:Hiro & Megima__


  以上、第9回大阪モーターショー展示車(2)/EV研の各画像はクリックで全て640x480pxlsに拡大します。

※本ブログの紹介画像5枚を440x330ピクセルのスライドショーで見られます。

※本ブログシリーズのすべての画像25枚をスライドショー200x150pxlsで見られます。

段落ライン/第9回大阪モーターショー展示車(2)/EV研
★アクアライズEV研究会情報

  当アクアライズEV研究会は、自分だけの<マイ・オンリー>日産リーフ改造カスタムカーや日産リーフ改造製作にご興味のあるリーフ乗り=リーファーの方のご相談を承っております。※当アクアライズEV研究会は車好き・改造好き・EV大好き同好会で情報収集や発信の場です。販売等の営業行為は一切行っておりません。

<NEW>吹きだし/第9回大阪モーターショー展示車(2)/EV研
株式会社東洋マーク製作所提供、アクアライズEV研究会製作、日産リーフX白を新作の日産リーフ改造カスタムカー<ジェムニー>のエスプリを継承して更にパワーアップ!幸田幸@映画の森てんこ森デザインとデザイン監修した、東洋マークジェイトリム大阪のプロスタッフおススメのベーシックバージョン<ジズモエウロ・カメレオン>号、そして2015年4月末リーフスポーツカスタム<ZESPO ゼスポ>号を完成!

※2014年9月13日<リニューアル・オープン/日産大阪和泉中央>で初公開した日産リーフ改造カスタムコンプリートカー黄色のリーフ『ジェムニー GEMNEA』について詳しい情報は・・・⇒こちらから

  私たちアクアライズEV研究会=リーファー・ドット・ユーエスは、2014年11月現在までに、日産リーフ改造カスタムコンプリートカーとして日産リーフをドレスアップ!<ハヤブサ>号<メキルメ>号<メキルメラッコ>号<ラプソディア>号<ハヤブサ隼HBR>号<ジオペット号>号<ジオノア-R>号<ジオノア-B>号や<ジェムニー>号、そして<ジズモエウロ・カメレオン>号<ZESPO ゼスポ>号などを手がけ、ご縁あって、その数台を日産大阪販売株式会社和歌山日産自動車株式会社の各店舗で展示しています。また2015年7月現在、リーフスポーツカスタム<ZESPO ゼスポ>号のエスプリを継承した大阪岸和田南店所有<Love Earth 100EV>号を無料貸出しされています。また、2015年お盆前にはリーフカスタム車に<電動サンルーフ>を装着いたしました!

  当アクアライズEV研究会=リーファー・ドット・ユーエスの日産リーフ改造カスタムカーの各号は、ご依頼で持ち回りしている場合がありますので、ご覧いただくには、必ず前もって<info@leafar.us>又は<aquarise@live.jp>にメールを下さいますように、お願い申し上げます。


◆撮影:NPO法人エコ・レボリューション&アクアライズEV研究会
◆Webプロモーション:アクアライズEV研究会、NPO法人エコ・レボリューション 
◆Web出版:エイブル出版/松本正
◆Web校正:北洞一雄
◆Web監修:北洞吉雄

★お問い合わせは、以下のアドレス(小沢)まで
aquarise@live.jp


第9回大阪モーターショー展示車(2)/EV研=リーフ改造/アクアライズEV研究会


borocsoborocso  at 12:00 この記事をクリップ! 

第9回大阪モーターショー展示車/EV研

第9回大阪モーターショー展示車(追記)
EV研

アクアライズEV研究会=リーファー・ドット・ユーエス
ここをクリックでこのページだけ表示
---最新ページ更新---
【第9回大阪モーターショー展示車/EV研】
日産リーフは今日も行く...ψ^c_^)ゞ

<【LYCEE】日産リーフでエコライフ>ページへ
□■□バックナンバー□■□
Google
リーフ改造 モーターショー <第9回大阪モーターショー展示車/EV研>検索ボタン
Google<リーフ改造 カーラッピング>で画像検索

このアクアライズEV研究会のサイト検索は
日産リーフ改造>又は
リーフ改造>と入力してください。
『リーフカーラッピング』のYahoo!検索は、
▼ここをクリック



  本日の紹介ブログは、『第9回大阪モーターショー展示車(追記)/EV研』ブログです。
  先程約一時間前にアップした『第9回大阪モーターショー展示車/EV研』のプチコメント追記ブログです。
  『大阪モーターショー/EVリーフ改造研』ブログの続きです。

  モーターショー関連ブログファイルは、最近では、東京モーターショーについてのブログ記事、
やったぜ!ニッサン!/東京モーターショー2015
日産IDSコンセプト(5)/東京モーターショー2015
日産IDSコンセプト(4)/東京モーターショー2015
日産IDSコンセプト(3)/東京モーターショー2015
日産IDSコンセプト(2)/東京モーターショー2015
日産IDSコンセプト/東京モーターショー2015
などがあります。
  あわせてご覧いただければ幸いです。


※本ブログは、私たちボランティア団体である当アクアライズEV研究会(別名:「リーフEV研」や「リーフ改造研」や「リーフ改造EV研」や「EV研究会」や「EV研」や「AREV神戸」)が中心となって作成。特定非営利活動促進法に基づき法人格を得た団体(特定非営利活動法人)NPO法人エコ・レボリューション(NPO法人エコ・レボリューションCOMまたはNPO法人エコ・レボリューションNET、そしてNPO法人エコ・レボリューションINFO)の傘下で活動しています。

※以下で紹介する画像は、本NPO法人エコ・レボリューションが撮影した画像以外は、各関係団体の使用許諾または使用ルールにしたがって使用しています。

■記事『第9回大阪モーターショー展示車/EV研』


  2015年12月4日(金)〜12月7日(月)にインテックス大阪(大阪市住之江区南港北1-5-102)で第9回大阪モーターショーを見てきました。以下に撮影した画像を紹介します。

【第9回大阪モーターショー展示車/EV研 01】
第9回大阪モーターショー展示車/EV研01
第9回大阪モーターショー展示車/EV研画像01
想像を超える明日がここに。―Meet The Future―がテーマ♪

これはアメリカのEV電気自動車。
大阪モーターショーの展示車では
ありません。アメリカのEVメーカー・テスラ社は
東京モーターショー同様、大阪モーターショーに
今年2015年は参加していません。
テスラモデルS・P85+(ピー85プラス)
一回の充電で500km以上の航続距離です。
85キロワットのリチウムイオンを積んでいます。
新型リーフ2015もこのくらいの電池は無理なら
せめて最低50キロワットは積んでほしいかも・・・。


【第9回大阪モーターショー展示車/EV研 02】
第9回大阪モーターショー展示車/EV研02
第9回大阪モーターショー展示車/EV研画像02
想像を超える明日がここに。―Meet The Future―がテーマ♪

ワーゲンバス仕様、フレンチバス仕様、
ロコバス仕様などのかわいいキャルルックの
軽自動車を製作・販売している
キャルルック専門店『キャルステージ』。
軽のガソリン車のカスタムカー、
いわゆる可愛い系の販売力のある改造車。
当アクアライズEV研究会泉北スタジオの
メンバーが何回かお店に出向いて
日産e-NV200の実車を乗って行って
キャンパー製作の件で親切なスタッフさんから
ご助言をいただいたことがある。


【第9回大阪モーターショー展示車/EV研 03】
第9回大阪モーターショー展示車/EV研03
第9回大阪モーターショー展示車/EV研画像03
想像を超える明日がここに。―Meet The Future―がテーマ♪

キャンピングカー長野
ガソリン車日産NV-200をベースにした
キャンピングカー
社長さんと日産e-NV200キャンピングカーのお話
ガソリンのキャンピングカーはキャンプ場の
空気や生活廃棄物で地域汚染をする。
ハード面ではEV電気自動車が最適、
そして精神面では地域を汚さないという
キャンパーの最低限エチケットを身に付けて、
次回も楽しくお邪魔しようというマナーが大切。
実際、キャンピングカー長野さんや
東京大阪キャンピングカー・プラザANNEXさんが
そういうお客様に日産e-NV200キャンパーを
数台手掛けて、販売実績を増加しているとか、
いろいろお話しして盛り上がったそうだとか♪
今度の新作では是非とも日産e-NV200
環境に優しいEVキャンパーを製作してほしいな。


【第9回大阪モーターショー展示車/EV研 04】
第9回大阪モーターショー展示車/EV研04
第9回大阪モーターショー展示車/EV研画像04
想像を超える明日がここに。―Meet The Future―がテーマ♪

アローズコーポレーションから
走る蓄電池日産リーフと京セラ太陽光発電と
ニチコンのパワーステーション
組み合わせてソーラー&リーフ・ツー・ホーム
エコハウスを提案。
COP21事案の地球温暖化対策に合わせて
日本のこれからの住宅やビルは
エコロジー&エコノミーのダブルエコで♪
約1250万人対象に支給されるという低所得の
年金受給者に対する給付金、総額約3.3兆円の
2015年度補正予算案も良いけど、
政府がEV+ソーラー+V2H=Wエコハウス
のために補正予算を組んで頂いて、
国がWエコハウスの御旗を振って、
すべての地方自治体で補助金を出せば、
地球温暖化対策に劇的効果があるかも・・・。
すると安倍さんの評価がもっと良くなって
さらに支持率アップにつながるかも・・・。


【第9回大阪モーターショー展示車/EV研 05】
第9回大阪モーターショー展示車/EV研05
第9回大阪モーターショー展示車/EV研画像05
想像を超える明日がここに。―Meet The Future―がテーマ♪

ルノーのブース
ガソリン車ルーテシア・インテンス
フランスルノー(ルノーアライアンス)からは
いくつかEV(電気自動車)が発売されているが、
日本にはまだ輸入はされていない。
フランスにあるカングーEV(電気自動車)は
イケていると思うけど・・・。
ガソリン車のルノー車は日産大阪岸和田南店
ルノー大阪城ルノー箕面で販売されている。



・・・次回の『大阪モーターショー展示車(2)/EV研』につづく


□テキスト編集:Hiro & Megima__


  以上、第9回大阪モーターショー展示車/EV研の各画像はクリックで全て640x480pxlsに拡大します。

※本ブログの紹介画像5枚を440x330ピクセルのスライドショーで見られます。

※本ブログシリーズのすべての画像25枚をスライドショー200x150pxlsで見られます。

段落ライン/第9回大阪モーターショー展示車/EV研
★アクアライズEV研究会情報

  当アクアライズEV研究会は、自分だけの<マイ・オンリー>日産リーフ改造カスタムカーや日産リーフ改造製作にご興味のあるリーフ乗り=リーファーの方のご相談を承っております。※当アクアライズEV研究会は車好き・改造好き・EV大好き同好会で情報収集や発信の場です。販売等の営業行為は一切行っておりません。

<NEW>吹きだし/第9回大阪モーターショー展示車/EV研
株式会社東洋マーク製作所提供、アクアライズEV研究会製作、日産リーフX白を新作の日産リーフ改造カスタムカー<ジェムニー>のエスプリを継承して更にパワーアップ!幸田幸@映画の森てんこ森デザインとデザイン監修した、東洋マークジェイトリム大阪のプロスタッフおススメのベーシックバージョン<ジズモエウロ・カメレオン>号、そして2015年4月末リーフスポーツカスタム<ZESPO ゼスポ>号を完成!

※2014年9月13日<リニューアル・オープン/日産大阪和泉中央>で初公開した日産リーフ改造カスタムコンプリートカー黄色のリーフ『ジェムニー GEMNEA』について詳しい情報は・・・⇒こちらから

  私たちアクアライズEV研究会=リーファー・ドット・ユーエスは、2014年11月現在までに、日産リーフ改造カスタムコンプリートカーとして日産リーフをドレスアップ!<ハヤブサ>号<メキルメ>号<メキルメラッコ>号<ラプソディア>号<ハヤブサ隼HBR>号<ジオペット号>号<ジオノア-R>号<ジオノア-B>号や<ジェムニー>号、そして<ジズモエウロ・カメレオン>号<ZESPO ゼスポ>号などを手がけ、ご縁あって、その数台を日産大阪販売株式会社和歌山日産自動車株式会社の各店舗で展示しています。また2015年7月現在、リーフスポーツカスタム<ZESPO ゼスポ>号のエスプリを継承した大阪岸和田南店所有<Love Earth 100EV>号を無料貸出しされています。また、2015年お盆前にはリーフカスタム車に<電動サンルーフ>を装着いたしました!

  当アクアライズEV研究会=リーファー・ドット・ユーエスの日産リーフ改造カスタムカーの各号は、ご依頼で持ち回りしている場合がありますので、ご覧いただくには、必ず前もって<info@leafar.us>又は<aquarise@live.jp>にメールを下さいますように、お願い申し上げます。


◆撮影:NPO法人エコ・レボリューション&アクアライズEV研究会
◆Webプロモーション:アクアライズEV研究会、NPO法人エコ・レボリューション 
◆Web出版:エイブル出版/松本正
◆Web校正:北洞一雄
◆Web監修:北洞吉雄

★お問い合わせは、以下のアドレス(小沢)まで
aquarise@live.jp


第9回大阪モーターショー展示車/EV研=リーフ改造/アクアライズEV研究会


borocsoborocso  at 12:00 この記事をクリップ! 

東洋マークEVステッカー@日産リーフ改造

2014年冬休み(12/28〜1/3)だけの特別掲載記事
編集:by日産リーフ改造にハマッている幸田幸
東洋マークEVステッカー
日産リーフ改造

アクアライズEV研究会=リーファー・ドット・ユーエス
このページを単独で表示するにはここをクリック!
---最新ページ更新---
【東洋マークEVステッカー@日産リーフ改造】
日産リーフは今日も行く...ψ^c_^)ゞ

<【LYCEE】日産リーフでエコライフ>ページへ
□■□バックナンバー□■□
Google
リーフ改造 長距離運転 <東洋マークEVステッカー@日産リーフ改造>検索ボタン
Google<リーフ改造 カーラッピング>で画像検索

このアクアライズEV研究会のサイト検索は
日産リーフ改造>又は
リーフ改造>と入力してください。
『リーフカーラッピング』のYahoo!検索は、
▼ここをクリック


 本日の紹介は、
 <東洋マークEVステッカー@日産リーフ改造>です。

 2014年9月8日(月)に、日産大阪販売岸和田南店東洋マーク製の<LOVE EARTH 100% EV>EVステッカーキャンペーンを行いました♪
 そして昨日『リーファーの一期一会/日産岸和田南@リーファーUS』というページを作成してアップしています。お読みくだされば幸いです♪

 当アクアライズEV研究会=リーファーUS(リーファー・ドット・ユーエス)の日産リーフカスタムカー(法定遵守改造車)、我らリーファー自慢の<ラプソディア>号は、毎週土日又は祭日に日産大阪販売株式会社岸和田南店で展示しております。



 元々、このアクアライズEV研究会は、電気自動車=EVコンバートに関心があり、車好きが嵩じて実際にEVを製作した経験があります。でも2010年に日産リーフが売り出されて購入して以来、『速い、運転が楽、賢い、エコノミー&エコロジー』という<日産リーフ凄いぞ五自慢(ごじまん)>に圧倒されました。今ではグループで6台を法定遵守改造してそれぞれ所有しています。そのうち主に3台を日産のお店で<日産リーフ改造カスタムカー>として展示させてもらっています。

 ウチの仲間には、車の買換えは絶対リーフ、みんなでリーフに乗ってゼロエミッションを実践して地球環境の悪化を少しでも食い止めよう!なんちゃって、建前ですが(笑)。
 日産のリーフキャンペーンのCM“ガソリン消費量ゼロ”にミョーに納得!ガソリンゼロの節約カー生活を楽しめば、グローバルな活動をしていることになると思って実践しています。
 日産リーフの営業マンではありませんが、少しでも多くの人に日産リーフに乗ってほしいなという熱き思いです。

 それで現在は積極的に<日産リーフの同好会>的<日産リーフ応援団>をしています。ホムペもいつの間にか<日産リーフ改造>というキーワードでGoogleウェブ検索でトップになってしまいました。

 もちろん毎週、何通かのメールをいただきます。この場をお借りして申し上げますが、当アクアライズEV研究会は、販売や修理や取り付け作業などは一切行いません。
 出来る限り、私たちの知る限り、日産リーフに関する情報を提供します。私たちで分からないときは、日産や正規ディーラー、そして信頼しているカーショップさんやオートバックスやイエローハットやタイヤ館などのカー用品量販店さんなどからも情報をもらいます。

 今回の東洋マークの<LOVE EARTH 100% EV>のEVステッカーキャンペーンでは、幸田幸@映画の森てんこ森さんがデザイン・製作監修して、実際は株式会社東洋マーク製作所の山本篤社長さんが自ら製作印刷包装したブランニュー・ステッカー(シール)を使用しました。※東洋マークのステッカー一覧はこちら。

 因みに株式会社東洋マーク製作所の山本篤社長さんもリーフ大好きリーファーです。今回この東洋マークの<LOVE EARTH 100% EV>のEVステッカーキャンペーンは、山本篤社長さんの故郷でもある大阪府岸和田市にある日産大阪販売岸和田南店のご許可を得て、初めてさせていただきました。

 お店のスタッフの皆様にはご協力頂きまして本当にありがとうございました♪


文章作成&テキスト:中塚裕@アクアライズEV研究会


※以下、東洋マークEVステッカー@日産リーフ改造の各画像はクリックで全て640x480pxlsに拡大します。

【東洋マークEVステッカー@日産リーフ改造 01】

東洋マークEVステッカー@日産リーフ改造01
日産リーフ改造デザイナー幸田幸@映画の森てんこ森と車ステッカー製作日本一の名門老舗(しにせ)株式会社<東洋マーク製作所>山本篤社長とのコラボで完成した<LOVE EARTH 100% EV>のステッカー♪


【東洋マークEVステッカー@日産リーフ改造 02】
東洋マークEVステッカー@日産リーフ改造02
日産リーフ改造デザイナー幸田幸@映画の森てんこ森と車ステッカー製作日本一の名門老舗(しにせ)株式会社<東洋マーク製作所>山本篤社長とのコラボで完成した<LOVE EARTH 100% EV>のステッカー♪


【東洋マークEVステッカー@日産リーフ改造 03】
東洋マークEVステッカー@日産リーフ改造03
日産リーフ改造デザイナー幸田幸@映画の森てんこ森と車ステッカー製作日本一の名門老舗(しにせ)株式会社<東洋マーク製作所>山本篤社長とのコラボで完成した<LOVE EARTH 100% EV>のステッカー♪


【東洋マークEVステッカー@日産リーフ改造 04】
東洋マークEVステッカー@日産リーフ改造04
日産リーフ改造デザイナー幸田幸@映画の森てんこ森と車ステッカー製作日本一の名門老舗(しにせ)株式会社<東洋マーク製作所>山本篤社長とのコラボで完成した<LOVE EARTH 100% EV>のステッカー♪


【東洋マークEVステッカー@日産リーフ改造 05】
東洋マークEVステッカー@日産リーフ改造05
日産リーフ改造デザイナー幸田幸@映画の森てんこ森と車ステッカー製作日本一の名門老舗(しにせ)株式会社<東洋マーク製作所>山本篤社長とのコラボで完成した<LOVE EARTH 100% EV>のステッカー♪


【東洋マークEVステッカー@日産リーフ改造 06】
東洋マークEVステッカー@日産リーフ改造06
日産リーフ改造デザイナー幸田幸@映画の森てんこ森と車ステッカー製作日本一の名門老舗(しにせ)株式会社<東洋マーク製作所>山本篤社長とのコラボで完成した<LOVE EARTH 100% EV>のステッカー♪


※以上の本文中の画像はクリックで全て640x480pxlsに拡大します。
※以上の表示画像5枚をスライドショー480x360pxlsで見られます。

<NEW>吹きだし/東洋マークEVステッカー@日産リーフ改造
※アクアライズEV研究会製作、日産リーフS黒を新作の日産リーフ改造カスタムカー<ジオノア-R>のエスプリを継承!幸田幸@映画の森てんこ森デザインとデザイン監修した、ジェイトリム大阪のプロスタッフおススメのベーシックバージョン<ジオノア-Rb>完成

 当アクアライズEV研究会は、自分だけの<マイ・オンリー>日産リーフ改造カスタムカーや日産リーフ改造製作にご興味のあるリーフ乗り=リーファーの方のご相談も承っております。

 私たちアクアライズEV研究会=リーファー・ドット・ユーエスは、2014年9月9日現在までに<ハヤブサ>号<メキルメ>号<メキルメラッコ>号<ラプソディア>号<ハヤブサ隼HBR>号<ジオペット号>号<ジオノア-R>号や<ジオノア-B>号などを手がけ、ご縁あって、その数台を日産大阪販売株式会社和歌山日産自動車株式会社の各店舗で展示しています。

 当アクアライズEV研究会=リーファー・ドット・ユーエスの日産リーフ改造カスタムカーの各号は、ご依頼で持ち回りしている場合がありますので、ご覧いただくには、必ず前もって<info@leafar.us>又は<aquarise@live.jp>にメールを下さいますように、お願い申し上げます。


<東洋マーク製作所>会社とアクセス案内
株式会社東洋マーク製作所会社案内/東洋マークEVステッカー@日産リーフ改造
ここ又は画像クリックで640x640ピクセルに拡大

【会社概要】
□商号:株式会社 東洋マーク製作所
□本社・工場:〒581-0064 大阪府八尾市跡部本町1-1-27
□TEL:072-924-0811(代)
□FAX:072-924-0812
□URL:http://toyo-mark.co.jp/index.html
□設立:昭和37年4月1日
□資本金:10,000,000円
□代表取締役社長:山本 篤
□取引銀行:三井住友銀行八尾支店、みずほ銀行平野支店、大阪商工信用金庫八尾南支店
□営業品目:各種ステッカーの企画・製造・販売、自動車用装飾品の企画・製造・販売、各種印刷物の企画・製造・販売、販促物等の企画・製造・販売
□営業拠点
★東洋マーク製作所本社・工場:
 〒581-0064
 大阪府八尾市跡部本町1-1-27 (地図はこちら)
 TEL:072-924-0811(代) FAX:072-924-0812
★東洋マーク製作所第2工場:
 〒581-0064
 大阪府八尾市跡部本町1-4-7 (地図はこちら)
★東洋マーク製作所第3工場:
 〒581-0064
 大阪府八尾市跡部本町1-8-1 (地図はこちら)
★東洋マーク製作所東京支店:
 〒116-0014 東京都荒川区東日暮里5-43-9
 アートスリー日暮里1F (地図はこちら)
 TEL:03-3803-7213 FAX:03-3803-7214
□製品案内:
 ★東洋マークのステッカー
 ★東洋マークのステッカー一覧
 ★東洋マークのアルコール検知器一覧
 ★お客様の感想や感動の声
□製品のお問い合わせ:
★電話:072-924-0811(代)
★ファクス:072-924-0812
★WEBフォーム:こちらから⇒
★東洋マークのアルコールチェッカーのメンテナンス:こちらから⇒

◆ロケ:日産大阪販売株式会社岸和田南店
◆車両提供:アクアライズEV研究会泉北スタジオ
◆プロモート:リーファーUSインターナショナル
◆ステッカー提供:株式会社東洋マーク製作所
◆画像撮影:アクアライズEV研究会
◆Web出版:エイブル出版/松本正
◆Web校正:北洞一雄
◆Web監修:北洞吉雄

★お問い合わせは、以下のアドレス(小沢)まで
aquarise@live.jp

info@leafar.us
東洋マークEVステッカー@日産リーフ改造/電気自動車新リーフカスタム展示=リーフの改造/アクアライズEV研究会


borocsoborocso  at 12:00 この記事をクリップ! 

紀州くどやま真田そば@リーフ改造

2014年冬休み(12/28〜1/3)だけの特別掲載記事
編集:by日産リーフ改造にハマッている幸田幸
紀州くどやま真田そば
リーフ改造

アクアライズEV研究会=リーファー・ドット・ユーエス
このページを単独で表示するにはここをクリック!
---最新ページ更新---
【紀州くどやま真田そば/リーフ改造】
日産リーフは今日も行く...ψ^c_^)ゞ

<【LYCEE】日産リーフでエコライフ>ページへ
□■□バックナンバー□■□
Google
リーフ改造 長距離運転 <紀州くどやま真田そば/リーフ改造>検索ボタン
Google<リーフ改造 カーラッピング>で画像検索

このアクアライズEV研究会のサイト検索は
日産リーフ改造>又は
リーフ改造>と入力してください。
『リーフカーラッピング』のYahoo!検索は、
▼ここをクリック


 本日の紹介は、<紀州くどやま真田そば/リーフ改造>です。
 年の終わり大晦日には、晦日そば・年越し蕎麦です。
 今年は、和歌山県伊都郡九度山町九度山にある「紀州九度山真田そば」を紹介します。

 画像は2014年6月25日(水)撮影したものです。
 和歌山県伊都郡九度山町九度山にある道の駅「柿の郷くどやま」で<リーフ急速充電/和歌山九度山@リーフカスタム>を紹介し、<リーファーUS>サイトでも別ファイルで『和歌山県EV充電器情報 道の駅「柿の郷くどやま」急速充電器』を掲載しております。

 因みに、晦日そばについては以下の動画『晦日そば@映画の森てんこ森』を作成してあります。この動画に出てくる「そば」も以下のページで紹介しています。
 *年越しそばレシピ@映画の森てんこ森
 *にしんそばレシピ@映画の森てんこ森
 *肉そば@映画の森てんこ森
 *カレー黒そば@映画の森てんこ森
 *創作・鯉甘煮そば@映画の森てんこ森
 *きつねそば@映画の森てんこ森
 *かき揚げそば@映画の森てんこ森
 *にしんそば@映画の森てんこ森
 *年越しそば@映画の森てんこ森
 *天ぷらそば@映画の森てんこ森
□映画の森てんこ森=YouTube動画映像
晦日そばかき揚げきつね@映画の森てんこ森

 あわせてご覧頂ければ幸いです。

◆記事紀州くどやま真田そば/リーフ改造

 ざるそば 700円♪
 幸村御膳 2100円♪
 天ぷらそば 1100円♪
 つけ鴨そば 1300円♪

 <そば好きが注目する店。コシが強く、のどごしのいい「紀州九度山真田そば」が落ち着いた座敷で味わえる>とどこかのページで案内がありました。
 確かにその通りです・・・(^u^)♪
 美味しいです・・・ヽ(^。^)ノ♪

 ここは<そば処幸村庵>
□所在地:和歌山県伊都郡九度山町九度山1404
□電話:0736-54-3751
□営業日:通年
□営業時間:11:00〜17:30(閉店18:00)
□休日:月曜(GW・盆時期は営業)
□アクセス:南海高野線九度山駅から徒歩10分
□駐車場:あり(無料)

 <そば処幸村庵>は、真田昌幸、真田幸村親子がこの九度山に蟄居させられた屋敷跡の真田庵の東隣に位置しています。九度山町の新たな特産品として今後発展していければとの思いを込めて、信州真田仕込み「紀州九度山真田そば」と名打ち、2010年10月29日に誕生したそば店です。九度山町企画部地域振興局地域政策課や九度山町まちなか活性化協議会、(財)九度山町柿の里振興公社などが「真田」をキーワードにした町おこしに取り組んでいます。

 実は、撮影したARIDAは、九度山町や道の駅「柿の郷くどやま」やこの<そば処幸村庵>には何度か訪れています。電子レンジ簡易ベッド、そして家電製品が使えるDC/ACインバーター家庭用コンセントを搭載した“走る蓄電池”又は車中泊のできる“移動ホテル”又は“ちょっと手を伸ばせばなんでもとれる”=“寛げるマイルーム”である“スーパーカー”?電気自動車EV日産リーフ改造カスタムカー<MARIDA>で、です。


【真田幸村についてプチ歴史】

 1600年東軍徳川家康×西軍石田光成の関ヶ原で敗北を喫した西軍の武将真田昌幸と信繁(通称:真田幸村)は、本来なら敗軍の将として死罪を命じられるところだったが、東軍側の真田信之とその舅である本多忠勝の取り成しで、ここ紀伊国九度山に流刑される。
 慶長19年(1614年)、方広寺鐘銘事件をきっかけに徳川氏と豊臣氏の関係が悪化する。大名の加勢が期待できない豊臣家は浪人を集める策を採り、九度山の信繁(通称:真田幸村)の元にも使者を派遣して黄金200枚、銀30貫を贈った。信繁(通称:真田幸村)は国許の上田にいる父・昌幸の旧臣たちに参戦を呼びかけ、九度山を脱出して子の大助幸昌と共に大坂城に入った。
 大坂で信繁(通称:真田幸村)の率いた軍は、鎧を赤で統一していたという(真田の赤備え)。〔Wikipedia引用・編集〕
 
 因みに、この有名な真田幸村は信繁といい、当時の呼び名は幸村ではなかったようだ。真田氏の家紋は六連銭(通称、六文銭)を表しており、「不惜身命」を意味する。六文銭、六道銭は、仏教で言う三途川の渡河料金として六文が冥銭とされることが多い。この「紀州九度山真田そば」を提供する<そば処幸村庵>にもお店のシンボルマークにしているようだ。

テキスト:中塚裕@EV研究会


 以下、紀州くどやま真田そば/リーフ改造の各画像はクリックで全て640x480pxlsに拡大します。


【紀州くどやま真田そば/リーフ改造 01】

紀州くどやま真田そば/リーフ改造01
紀州くどやま真田そば/リーフ改造画像01
日産リーフ改造<MARIDA>号で行く信州真田仕込みそば処幸村庵♪



【紀州くどやま真田そば/リーフ改造 02】
紀州くどやま真田そば/リーフ改造02
紀州くどやま真田そば/リーフ改造画像02
日産リーフ改造<MARIDA>号で行く信州真田仕込みそば処幸村庵♪



【紀州くどやま真田そば/リーフ改造 03】
紀州くどやま真田そば/リーフ改造03
紀州くどやま真田そば/リーフ改造画像03
日産リーフ改造<MARIDA>号で行く信州真田仕込みそば処幸村庵♪



【紀州くどやま真田そば/リーフ改造 04】
紀州くどやま真田そば/リーフ改造04
紀州くどやま真田そば/リーフ改造画像04
日産リーフ改造<MARIDA>号で行く信州真田仕込みそば処幸村庵♪



【紀州くどやま真田そば/リーフ改造 05】
紀州くどやま真田そば/リーフ改造05
紀州くどやま真田そば/リーフ改造画像05
日産リーフ改造<MARIDA>号で行く信州真田仕込みそば処幸村庵♪



※以上の本文中の画像はクリックで全て640x480pxlsに拡大します。
※本ページの表示画像5枚をスライドショー480x360pxlsで見られます。


<NEW>吹きだし/紀州くどやま真田そば/リーフ改造
★アクアライズEV研究会製作、日産リーフS黒を新作の日産リーフ改造カスタムカー<ジオノア-R>のエスプリを継承!幸田幸@映画の森てんこ森デザインとデザイン監修した、ジェイトリム大阪のプロスタッフおススメのベーシックバージョン<ジオノア-Rb>完成

★日産リーフ改造カスタムコンプリートカー黄色のリーフ『ジェムニー』完成!詳しい情報は・・・⇒現在鋭意・順次作成中

 当アクアライズEV研究会は、自分だけの<マイ・オンリー>日産リーフ改造カスタムカーや日産リーフ改造製作にご興味のあるリーフ乗り=リーファーの方のご相談を承っております。

 私たちアクアライズEV研究会=リーファー・ドット・ユーエスは、本日現在までに<ハヤブサ>号<メキルメ>号<メキルメラッコ>号<ラプソディア>号<ハヤブサ隼HBR>号<ジオペット号>号<ジオノア-R>号<ジオノア-B>号や<ジェムニー>号<ジズモエウロ・カメレオン>号などを手がけ、ご縁あって、その数台を日産大阪販売株式会社和歌山日産自動車株式会社の各店舗で展示しています。

 当アクアライズEV研究会=リーファー・ドット・ユーエスの日産リーフ改造カスタムカーの各号は、ご依頼で持ち回りしている場合がありますので、ご覧いただくには、必ず前もって<info@leafar.us>又は<aquarise@live.jp>にメールを下さいますように、お願い申し上げます。

◆車両名称:日産リーフG改造カスタム<MARIDA>号
◆画像提供:有田光伸@和歌山日産自動車
◆画像編集:中塚裕@アクアライズEV研究会
◆プロモート:リーファーUSインターナショナル
◆Web出版:エイブル出版/松本正
◆Web校正:北洞一雄
◆Web監修:北洞吉雄

★お問い合わせは、以下のアドレス(小沢)まで
aquarise@live.jp

info@leafar.us

紀州くどやま真田そば/リーフ改造/電気自動車新リーフカスタム展示=リーフの改造/アクアライズEV研究会


borocsoborocso  at 00:00 この記事をクリップ! 

EVテスラとジェムニー/リーフ改造

2014年冬休み(12/28〜1/3)だけの特別掲載記事
編集:by日産リーフ改造にハマッている幸田幸
EVテスラとジェムニー
リーフ改造

アクアライズEV研究会=リーファー・ドット・ユーエス
このページを単独で表示するにはここをクリック!
---最新ページ更新---
【EVテスラとジェムニー/リーフ改造】
日産リーフは今日も行く...ψ^c_^)ゞ

<【LYCEE】日産リーフでエコライフ>ページへ
□■□バックナンバー□■□
Google
リーフ改造 カスタム <EVテスラとジェムニー/リーフ改造>検索ボタン
Google<リーフ改造 カーラッピング>で画像検索

このアクアライズEV研究会のサイト検索は
日産リーフ改造>又は
リーフ改造>と入力してください。
『リーフカーラッピング』のYahoo!検索は、
▼ここをクリック


 本日は、『EVテスラとジェムニー/リーフ改造』の紹介です。
 アメリカ合衆国のEV=電気自動車を代表するテスラが、アクアライズEV研究会と東洋マーク・リーファーUSインターナショナルの招きで大阪日産岸和田南店にやって来ました!

 アメリカのEVテスラと日本EV日産リーフの改造車とゴタイメ〜ン♪



 この後作成した、米国の代表するEV電気自動車テスラ(テスラS)についての記事は、
 【テスラ試乗会】シリーズとして、
テスラ試乗大好評/テスラ大阪
テスラ試乗会/テスラ大阪
テスラ試乗会(2)/テスラ大阪
の3作を紹介、
 また【テスラ大阪】シリーズとして
テスラ大阪/リーフ改造EV研究会
テスラ大阪(2)/リーフ改造EV研究会
の2作を紹介し、
 【EVテスラ】シリーズとして
EVテスラとジェムニー/リーフ改造
EVテスラ/アクアライズEV研究会
EVテスラ(2)/アクアライズEV研究会
EVテスラ(3)/アクアライズEV研究会
EVテスラ(4)/アクアライズEV研究会
の5作を紹介してあります。
 そして【テスラ充電】シリーズとして
テスラ200V充電器/EV研究会
リーフ200Vテスラ充電/EV研究会
の2作を作成。

 合計12作、あわせてご覧頂ければ幸いです。

■記事『EVテスラとジェムニー/リーフ改造』

 正確にはアメリカ合衆国のEV=電気自動車メーカーであるテスラモーターズのModel Sの自動運転機能&デュアルモーターAWD車と日本EV=電気自動車メーカー日産自動車のリーフXのドレスアップ改造カスタムコンプリートカー<ジェムニー>が、日産大阪販売株式会社岸和田南店で対面しました!

 テスラモーターズからはテスラ大阪のJames Williams マネージャーさんと日産大阪販売株式会社岸和田南店からはGT-Rマイスター小材課長さんが名刺交換をして互いのEVについて情報交換して親交を深めました。

 さて、テスラの<Model S>が初めて世に出たときは、EV=電気自動車に関わる私たちにとって衝撃でした!

<Model Sは、世界初のプレミアム電気自動車セダンです。電気自動車としてゼロから設計されたModel Sは、最大500kmまでの前例のない航続距離を提供し、一滴のガソリンも使うことなく4.6秒で時速100kmまで加速することができます。>とありました。

 テスラ・モーターズのEV電気自動車「モデルS」は、米国ですでに2012年から発売。外観は、イタリアの高級スポーツカー「マセラティ」。0-100kmは日産自動車のGT―R(2.7秒)やフェラーリ(3秒)には及びませんが市販のスポーツカータイプと比べ物になりません。そしてドアハンドルがドアの中に埋め込まれていて、オーナードライバーが手をかざすとドアハンドルがせり出してきます。走行中の空気抵抗軽減を考えた仕掛けです。そして車の前後にトランクルーム。便利デス!

 日本版テスラは全て右ハンドル。運転席に座ると、ナビモニターが横にも縦にも長く、でっかい!タブレットPC端末大の液晶パネルがコンソールの中央にある。ダッシュボードの周辺にスイッチはほとんどなく、エアコンやオーディオのオンオフやルーフウインドウの開閉などはタッチパネルで操作します。インターネットに常時接続して、グーグルマップでナビゲーションしたり、様々な情報を検索したりできます。「正に走るITだわ!」と大きな感動を覚えた記憶はまだ新しいです!

 そしてテスラは更に進化します。

 2014年12月現在のテスラモーターズの公式ページを見ると、<Model S 排気量ゼロ。妥協ゼロ。
モデルSに新機能。自動運転機能&デュアルモーターAWD登場!
デュアルモーターAWDの時速100kmまで加速:3.4 秒
シート数:5+2
排気量ゼロ:0
航続距離:最大 440 km>
とあります。

 日産リーフも自動運転機能やバッテリー増量やデュアルモーター4WDの採用も考えて、早急に実現してほしいものです!

 ちなみに、テスラと対面した日産リーフXのドレスアップ改造カスタムコンプリートカー<黄色のジェムニー>は、先日ブレーキキャリパーロゴ<Zismo Euro ジズモ・エウロ>を装着しました。この日産リーフ改造カスタムドレスアップカー<リーフ黄色カスタム=ジェムニー GEMNEA>の関連ページは、今までに
キャリパーロゴ/日産リーフ改造
キャリパーロゴ(2)/日産リーフ改造
キャリパーロゴ(3)/日産リーフ改造
リーフEVステッカー/東洋マーク
DOG IN CARステッカー/東洋マーク@リーフ改造
DOG IN CARステッカー/東洋マーク@リーフ改造(2)
サイドガーニッシュ/日産リーフ改造
リーフ大商談会/日産大阪岸和田南
リーフ大商談会(2)/日産大阪岸和田南
リーフ急速充電/和歌山日産大浦@リーフカスタム(2)
リーフ急速充電/日産大阪川西@リーフカスタム
リーフ急速充電/日産大阪泉北@リーフカスタム
リーフ急速充電/日産大阪鳳南(1)@リーフカスタム
リーフ急速充電/日産大阪鳳南(2)@リーフカスタム
リーフ急速充電/日産大阪高石@リーフカスタム
リーフ急速充電/日産大阪堺店
リーフ黄色ラッピング/ドアミラー(1)
リーフ黄色ラッピング/ドアミラー(2)
リーフシートカバー/黄色@リーフカスタム
リーフ展示コーナー/日産大阪堺店
リーフ黄色/日産大阪岸和田南
リーフ黄色/ジェムニー仕様
日産リーフ黄色/ジェムニー
決算セール/日産大阪泉大津店
リニューアル・オープン/日産大阪和泉中央
等があります。
 ついでにご覧いただければ幸いです。



 以下、EVテスラとジェムニー/リーフ改造の各画像はクリックで全て640x480pxlsに拡大します。


【EVテスラとジェムニー/リーフ改造 01】

EVテスラとジェムニー/リーフ改造01
EVテスラとジェムニー/リーフ改造画像01
アメリカのEVテスラと日本EV日産リーフの改造車とゴタイメ〜ン♪
アメリカ合衆国のEV=電気自動車を代表するテスラが、
アクアライズEV研究会の招きで
大阪日産岸和田南店にやって来ました!



【EVテスラとジェムニー/リーフ改造 02】
EVテスラとジェムニー/リーフ改造02
EVテスラとジェムニー/リーフ改造画像02
アメリカのEVテスラと日本EV日産リーフの改造車とゴタイメ〜ン♪
ドレスアップ日産リーフ改造カスタムコンプリートカー
<GEMNEA ジェムニー>とテスラモーラーズのモデルS!



【EVテスラとジェムニー/リーフ改造 03】
EVテスラとジェムニー/リーフ改造03
EVテスラとジェムニー/リーフ改造画像03
アメリカのEVテスラと日本EV日産リーフの改造車とゴタイメ〜ン♪
テスラモーターズ大阪のJames Williams マネージャーさんと
日産大阪販売株式会社岸和田南店のGT-Rマイスター小材課長さん。



【EVテスラとジェムニー/リーフ改造 04】
EVテスラとジェムニー/リーフ改造04
EVテスラとジェムニー/リーフ改造画像04
アメリカのEVテスラと日本EV日産リーフの改造車とゴタイメ〜ン♪
モデルSに新機能登場!
自動運転機能&デュアルモーターAWD♪
デュアルモーターAWDの時速100kmまで加速:3.4 秒♪
航続距離:最大 440 km♪



【EVテスラとジェムニー/リーフ改造 05】
EVテスラとジェムニー/リーフ改造05
EVテスラとジェムニー/リーフ改造画像05
日産リーフもテスラに負けずに自動運転機能搭載や
バッテリー増量やデュアルモーター4WDも採用してほしい!♪



※以上の本文中の画像はクリックで全て640x480pxlsに拡大します。

※本ページの表示画像5枚をスライドショー480x360pxlsで見られます。


段落ライン/EVテスラとジェムニー/リーフ改造
★アクアライズEV研究会情報

 当アクアライズEV研究会は、自分だけの<マイ・オンリー>日産リーフ改造カスタムカーや日産リーフ改造製作にご興味のあるリーフ乗り=リーファーの方のご相談を承っております。

<NEW>吹きだし/EVテスラとジェムニー/リーフ改造
※アクアライズEV研究会製作、日産リーフS黒を新作の日産リーフ改造カスタムカー<ジオノア-R>のエスプリを継承!幸田幸@映画の森てんこ森デザインとデザイン監修した、ジェイトリム大阪のプロスタッフおススメのベーシックバージョン<ジオノア-Rb>完成

※2014年9月13日<リニューアル・オープン/日産大阪和泉中央>で初公開した日産リーフ改造カスタムコンプリートカー黄色のリーフ『ジェムニー GEMNEA』について詳しい情報は・・・⇒現在鋭意・順次作成中(一部完成)

 私たちアクアライズEV研究会=リーファー・ドット・ユーエスは、2014年11月までに、日産リーフ改造カスタムコンプリートカーとして日産リーフをドレスアップ!<ハヤブサ>号<メキルメ>号<メキルメラッコ>号<ラプソディア>号<ハヤブサ隼HBR>号<ジオペット号>号<ジオノア-R>号<ジオノア-B>号や<ジェムニー>号などを手がけ、ご縁あって、その数台を日産大阪販売株式会社和歌山日産自動車株式会社の各店舗で展示しています。

 当アクアライズEV研究会=リーファー・ドット・ユーエスの日産リーフ改造カスタムカーの各号は、ご依頼で持ち回りしている場合がありますので、ご覧いただくには、必ず前もって<info@leafar.us>又は<aquarise@live.jp>にメールを下さいますように、お願い申し上げます。


◆ロケ:日産大阪販売株式会社岸和田南店
◆テスラ車両提供:テスラモータース大阪
◆リーフ車両提供:アクアライズEV研究会神戸
◆画像撮影:アクアライズEV研究会
◆プロモート:リーファーUSインターナショナル
◆Web出版:エイブル出版/松本正
◆Web校正:北洞一雄
◆Web監修:北洞吉雄

★お問い合わせは、以下のアドレス(小沢)まで
aquarise@live.jp


EVテスラとジェムニー/リーフ改造=リーフ改造/アクアライズEV研究会


borocsoborocso  at 12:00 この記事をクリップ! 

リーフ黄色/ジェムニー仕様@日産リーフ改造

2014年冬休み(12/28〜1/3)だけの特別掲載記事
編集:by日産リーフ改造にハマッている幸田幸
リーフ黄色/ジェムニー仕様
日産リーフ改造カスタム

アクアライズEV研究会=リーファー・ドット・ユーエス
このページを単独で表示するにはここをクリック!
---最新ページ更新---
【リーフ黄色/ジェムニー仕様】
日産リーフは今日も行く...ψ^c_^)ゞ

<【LYCEE】日産リーフでエコライフ>ページへ
□■□バックナンバー□■□
Google
リーフ改造 カスタム <リーフ黄色/ジェムニー仕様>検索ボタン
Google<リーフ改造 カーラッピング>で画像検索

このアクアライズEV研究会のサイト検索は
日産リーフ改造>又は
リーフ改造>と入力してください。
『リーフカーラッピング』のYahoo!検索は、
▼ここをクリック


 本日の紹介は、
 <リーフ黄色/ジェムニー仕様>です。

 『リーフ黄色/ジェムニー仕様 GEMNEA』は、
★9月20日(土)〜22(月)日産大阪岸和田南店で展示公開決定♪


又 『リーフ黄色/ジェムニー仕様 GEMNEA』は、
9月12日(金)〜13(土)日産大阪和泉中央店、
リニューアル・オープン/日産大阪和泉中央>で当日の画像紹介
9/14(日)、15(祝)日産大阪泉大津店にて展示!
決算セール/日産大阪泉大津店>で当日の画像紹介
しました♪


 『リーフ黄色/ジェムニー仕様 GEMNEA』は、日産リーフのグレードXをカスタムした、いわば日産リーフ改造カスタムコンプリートカー<ジェムニー>の仕様です。
日産リーフ改造カスタムカー
【ジェムニー】仕様

 2014年秋の新作発表(9/13〜15、9/20〜23)

designed by 幸田幸
品目とメーカー 数量
カーラッピング(ジェイトリム大阪) 1式
EV用カーステッカー(東洋マーク) 1式
本革シートカバー黄色(クラッチオ)
1セット
シートカバー取説とヘラ(クラッチオ)
1セット
足元灯ブルー(エーモン)
1セット
モーションアイライン・ブルー(エーモン)
1セット
ドルフィンアンテナ黒(ビート・ソニック)
1個
キャリパー左右前後(東洋マークUS) 1セット
LEDライト(ルームライトとラッゲージライト)
1セット
地上波フルセグ⇔ワンセグチューナー(ユニデン)
1セット
カロッツェリア9インチモニター(パイオニア)
1セット
サスペンション(RSR) 1セット
アルミホイールSE12(ブリジストン) 1セット
★日産リーフ純正車両オプション
ETCユニットとセットアップ(純正OP) 1セット
イルミネーション付きエンブレムとON/OFFスイッチ(純正OP)
1セット
スタイリッシュドアミラーウインカー(純正OP) 1セット
ウインドウ撥水12ヶ月(純正OP) 1セット
フロアカーペット(純正OP) 1セット
カーフィルム(最濃色)(純正OP) 1セット
LEDフォグランプ(純正OP) 1セット
ハイパーホワイトクリアランスバルブ(純正OP) 1セット
セーフティイルミネーション左右前後(純正OP) 1セット
コーナーセンサー(フロント+リア)(純正OP) 1セット
ボディーカバー(純正OP) 1セット
イルミネーション付きナンバープレート(純正OP) 1セット
キッキングプレート(純正OP) 1セット

 日産リーフ改造カスタムコンプリートカー『ジェムニー』の腹案は、昨年2013年日産大阪株式会社岸和田南店のGT-Rマイスター小材(こざい)課長さんと当アクアライズEV研究会スタッフとの日産リーフ談義の中から生まれました。
 リーフ80周年特別仕様キャンペーン車の日産リーフに黄色のリーフが無いので、日産リーフ改造カスタムコンプリートカーとしてアクアライズEV研究会が黄色の日産リーフ改造カスタムコンプリートカーを意匠工夫してリリースしよう!
 ってな乗りで幸田幸@映画の森てんこ森さんにデザインを依頼。
 そしてリーフのグレードXの黒をベースにリーファー幸田幸さんがデザインしたのがこれ!
 日産リーフ改造カスタムコンプリートカー『ジェムニー』ですッ。カッコよく男の子ッぽく作るのに苦労したそうです・・・

※日産リーフ改造カスタムコンプリートカー『ジェムニー』製作の色々な詳しい情報は・・・⇒現在作成中


※以下のリーフ黄色/ジェムニー仕様の紹介画像はクリックで全て1280x960pxlsに拡大します。

【リーフ黄色/ジェムニー仕様】

リーフ黄色/ジェムニー仕様仕様
<リーフ黄色/ジェムニー仕様 GEMNEA>は、日産リーフ改造カスタムコンプリートカー♪リーフは速く凄い出足、賢い、音が静かで運転が楽、ガゾリン代ゼロ円、財布と地球に優しいエコ&エコのWエコ!4年乗ればアクアよりずっと安上がり!


<NEW>吹きだし/リーフ黄色/ジェムニー仕様
※アクアライズEV研究会製作、日産リーフS黒を新作の日産リーフ改造カスタムカー<ジオノア-R>のエスプリを継承!幸田幸@映画の森てんこ森デザインとデザイン監修した、ジェイトリム大阪のプロスタッフおススメのベーシックバージョン<ジオノア-Rb>完成

段落ライン/リーフ黄色/ジェムニー仕様

 当アクアライズEV研究会は、自分だけの<マイ・オンリー>日産リーフ改造カスタムカーや日産リーフ改造製作にご興味のあるリーフ乗り=リーファーの方のご相談も承っております。

 私たちアクアライズEV研究会=リーファー・ドット・ユーエスは、2014年9月30日現在までに<ハヤブサ>号<メキルメ>号<メキルメラッコ>号<ラプソディア>号<ハヤブサ隼HBR>号<ジオペット号>号<ジオノア-R>号<ジオノア-B>号や<ジェムニー>号などを手がけ、ご縁あって、その数台を日産大阪販売株式会社和歌山日産自動車株式会社の各店舗で展示しています。※2014年10月1日(水)更新

 当アクアライズEV研究会=リーファー・ドット・ユーエスの日産リーフ改造カスタムカーの各号は、ご依頼で持ち回りしている場合がありますので、ご覧いただくには、必ず前もって<info@leafar.us>又は<aquarise@live.jp>にメールを下さいますように、お願い申し上げます。

★リーフ黄色/ジェムニー仕様展示案内

★日産大阪販売株式会社 岸和田南店
□住所:〒596-0823 大阪府岸和田市下松町1-5-7
□日産リーフ・カスタムEV販売担当:GT-Rマイスター小材(こざい)課長
□Tel.072-439-3281
□Fax.072-439-3287
□URL:WEB公式サイト
アクセスマップはこちらから⇒

日産大阪販売株式会社和泉中央店
□住所:〒594-1151 大阪府和泉市唐国町3-15-45
□リーフ担当:飯田工場長・副店長(画像)
□営業担当:武村カーライフアドバイザー
□Tel.0725-54-3923 Fax.0725-51-2320
□URL:WEB公式サイト
アクセス・マップ

日産大阪販売株式会社泉大津店
□住所:〒595-0032 大阪府泉大津市穴田77番地1号
□営業担当:島田課長・カーライフアドバイザー(画像)
□Tel.0725-21-4321 Fax.0725-21-4326
□URL:WEB公式サイト
アクセス・マップ

★日産大阪のおトクな情報はこちらから!

日産大阪販売株式会社公式ページ
 http://www.nissan-osaka.co.jp/index.html

◆ロケ:日産大阪販売蠕大津店、和泉中央店、アクアライズEV研究会泉北スタジオ
◆車両:日産リーフ改造カスタムカー<ジェムニー>
◆車両提供:アクアライズEV研究会神戸
◆車両デザイン:幸田幸@映画の森てんこ森
◆画像撮影:アクアライズEV研究会
◆Web出版:エイブル出版/松本正
◆Web校正:北洞一雄
◆Web監修:北洞吉雄

★お問い合わせは、以下のアドレス(小沢)まで
aquarise@live.jp


リーフ黄色/ジェムニー仕様=リーフ改造/アクアライズEV研究会


borocsoborocso  at 12:00 この記事をクリップ! 

リーフ改造クリスマス@EV研究会

2014年冬休み(12/28〜1/3)だけの特別掲載記事
編集:by日産リーフ改造にハマッている幸田幸
リーフ改造クリスマス
EV研究会

アクアライズEV研究会=リーファー・ドット・ユーエス
このページを単独で表示するにはここをクリック!
---最新ページ更新---
【リーフ改造クリスマス/EV研究会】
日産リーフは今日も行く...ψ^c_^)ゞ

<【LYCEE】日産リーフでエコライフ>ページへ
□■□バックナンバー□■□
Google
リーフ改造 カスタム <リーフ改造クリスマス/EV研究会>検索ボタン
Google<リーフ改造 カーラッピング>で画像検索

このアクアライズEV研究会のサイト検索は
日産リーフ改造>又は
リーフ改造>と入力してください。
『リーフカーラッピング』のYahoo!検索は、
▼ここをクリック


 本日は、『リーフ改造クリスマス/EV研究会』の紹介です。

 今年は日産大阪販売株式会社岸和田南店や店長さまはじめ多くのスタッフの方々にお世話になりました。

 そしてこのページをご覧の多くの皆さま方には、ご訪問頂いて誠にありがとうございます。
 本ページをお借りして御礼申し上げます。



■記事『リーフ改造クリスマス/EV研究会』

 さて、本日『リーフ改造クリスマス/EV研究会』とは、変なタイトルですが、紹介している画像は、先日今年2014年のクリスマスイヴに撮影したもので、実は私、中塚裕(ペンネーム)の誕生日が12月24日のクリスマスイヴです。

 クリスマスイヴには、クリスチャンじゃないうちのスタッフも毎年クリスマスケーキ(※このページのめん吉氏は昨年他界致しました)を買って家族や友人と『メリー・クリスマス!』とお祝いするそうです。
 お蔭様でクリスマスイヴ生まれの私も祝ってもらっているようで、この季節になるといつもウレシイ♪です。

 今年はさらに嬉しいことに、日産岸和田南店で、幸田幸(こうださち)@映画の森てんこ森さんがデザインとデザイン監修した、新作改造リーフを撮影してスタジオに戻ると、ウチのスタッフが私のためにケーキを買って祝ってくれました!そしてみんなでマカナイB級料理♪とってもウレシカッタ♪美味しかった♪感激!です。

 ちなみにケーキに五月蝿いスタッフが言うには、クリスマスケーキは日頃美味しいラウンドを作っている評判のお店でも案外不味い!だからクリスマスケーキではなくて、誕生日ケーキを前もって注文して頼んでおいて、それにクリスマス飾りを盛り付ければ美味しくて豪華になるのだとか・・・なるほど納得!その点私のはクリスマスケーキ=誕生日ケーキなので手間が省けるかも・・・。

 その時のケーキの写メールをファイル化したのがこれです!
 写メールの白リーフは新作の改造リーフ♪
 名前は<ジズモエウロ・カメレオン>といいます。
 今年何台もリーフの改造カスタムデザインを手がけた幸田幸@映画の森てんこ森さんがカスタマイズとネーミング、産みの親です。

 まだ18インチのワークのホイールと18インチ・ヨコハマエコタイヤの装着とキャリパー赤とロゴ入れ作業は出来ていませんが、ピットに置いておくのはモッタイナイので、2014年12月20日(土)から26日(金)の午後まで約一週間日産大阪販売株式会社岸和田南店で展示していたそうです。

 実は<ジズモエウロ・カメレオン>のネットデビューは、2015年お正月以降の発表予定ですが、私の写メールで流出してしまってスミマセン。
 ・・・事後報告して叱られるかも・・・。その分、来年改めてしっかり画像やテキストでファイルを起して詳しく発表します!
 その時は宜しくご閲覧くださいますようお願いいたします。

 皆様、来年未年(ひつじどし)、良いお年をお迎えくださいますようお祈り申し上げます。



 以下、リーフ改造クリスマス/EV研究会の各画像はクリックで全てそれぞれの元サイズに拡大します。


【リーフ改造クリスマス/EV研究会 01】

リーフ改造クリスマス/EV研究会01
リーフ改造クリスマス/EV研究会画像01
画像クリックで640x960pxlsに拡大します。



【リーフ改造クリスマス/EV研究会 02】
リーフ改造クリスマス/EV研究会02
リーフ改造クリスマス/EV研究会画像02
画像クリックで1280x960pxlsに拡大します。



【リーフ改造クリスマス/EV研究会 03】
リーフ改造クリスマス/EV研究会03
リーフ改造クリスマス/EV研究会画像03
画像クリックで1280x960pxlsに拡大します。



※以上の本文中の画像はクリックで全て640x480pxlsに拡大します。

※本ページの表示画像2枚をスライドショー600x450pxlsで見られます。




※以下は、主に映画の森てんこ森で掲載しているクリスマス関連の記事や映画解説ファイルのリストです。
コンビニXmasケーキ@映画の森てんこ森
サン・ピエトロ大聖堂ベートーヴェン@映画の森てんこ森
同志社大学のクリスマスツリー
きよしこの夜@映画の森てんこ森
きよしこの夜歌詞@映画の森てんこ森
きよしこの夜Silent Night歌詞@映画の森てんこ森
きよしこの夜歌詞@映画の森てんこ森
きよしこの夜@映画の森てんこ森
クリスマス・ストーリーズ@映画の森てんこ森
メリークリスマス@映画の森てんこ森
『サンタが町にやって来る』歌詞日本語訳@映画の森てんこ森
ラスト・クリスマス(ワム!)@映画の森てんこ森
クリスマス飾り@映画の森てんこ森
バームクーヘン@映画の森てんこ森
クリスマスツリー@映画の森てんこ森
クリスマスケーキとチョコ@映画の森てんこ森

【幸田幸のクリスマス関連の映画解説】
八月のクリスマス@映画の森てんこ森
サンタクロース・リターンズ! クリスマス危機一髪@映画の森てんこ森
バッドサンタ@映画の森てんこ森
シザーハンズ@映画の森てんこ森
エルフ 〜サンタの国からやってきた〜@映画の森てんこ森
NOEL ノエル@映画の森てんこ森
ナイトメアー・ビフォア・クリスマス@映画の森てんこ森
ポーラー・エクスプレス@映画の森てんこ森
戦場のアリア@映画の森てんこ森
ラブ・アクチュアリー@映画の森てんこ森
幸せのポートレート@映画の森てんこ森
忘れられない人@映画の森てんこ森
セレンディピティ@映画の森てんこ森
キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン@映画の森てんこ森
ハッピー・フライト@映画の森てんこ森
8人の女たち@映画の森てんこ森

段落ライン/リーフ改造クリスマス/EV研究会
★アクアライズEV研究会情報

 当アクアライズEV研究会は、自分だけの<マイ・オンリー>日産リーフ改造カスタムカーや日産リーフ改造製作にご興味のあるリーフ乗り=リーファーの方のご相談を承っております。

<NEW>吹きだし/リーフ改造クリスマス/EV研究会
※アクアライズEV研究会製作、日産リーフS黒を新作の日産リーフ改造カスタムカー<ジオノア-R>のエスプリを継承!幸田幸@映画の森てんこ森デザインとデザイン監修した、ジェイトリム大阪のプロスタッフおススメのベーシックバージョン<ジオノア-Rb>完成

※2014年9月13日<リニューアル・オープン/日産大阪和泉中央>で初公開した日産リーフ改造カスタムコンプリートカー黄色のリーフ『ジェムニー GEMNEA』について詳しい情報は・・・⇒現在鋭意・順次作成中(一部完成)

 私たちアクアライズEV研究会=リーファー・ドット・ユーエスは、2014年11月までに、日産リーフ改造カスタムコンプリートカーとして日産リーフをドレスアップ!<ハヤブサ>号<メキルメ>号<メキルメラッコ>号<ラプソディア>号<ハヤブサ隼HBR>号<ジオペット号>号<ジオノア-R>号<ジオノア-B>号や<ジェムニー>号。そして<ジズモエウロ・カメレオン>などを手がけ、ご縁あって、その数台を日産大阪販売株式会社和歌山日産自動車株式会社の各店舗で展示しています。

 当アクアライズEV研究会=リーファー・ドット・ユーエスの日産リーフ改造カスタムカーの各号は、ご依頼で持ち回りしている場合がありますので、ご覧いただくには、必ず前もって<info@leafar.us>又は<aquarise@live.jp>にメールを下さいますように、お願い申し上げます。


◆ロケ:日産岸和田南店&EV研究会和泉オフィス
◆車両:日産リーフ改造カスタム<ジズモエウロ・カメレオン>号
&<ジェムニー>号
◆車両提供:東洋マーク&アクライズEV研究会神戸
◆画像撮影:中塚裕@アクアライズEV研究会
◆プロモート:リーファーUSインターナショナル
◆Web出版:エイブル出版/松本正
◆Web校正:北洞一雄
◆Web監修:北洞吉雄

★お問い合わせは、以下のアドレス(小沢)まで
aquarise@live.jp


リーフ改造クリスマス/EV研究会=リーフ改造/アクアライズEV研究会


borocsoborocso  at 12:00 この記事をクリップ!