空を見上げて
トップページ » バレット
バレット

バレットの完全ネタバレ@映画の森てんこ森


【恭子の動画映像ブログ】 2013年6月1日(土)公開予定
最新映画のネタバレ/あらすじ・ストーリー・結末のネタバレ・完全ネタバレ
※この欄のイラストは「NOM's FOODS iLLUSTRATED」さまより使用許諾を得ています。(c)映画の森てんこ森/F・恭子
更新版
F・恭子のブロードバンドブログnew バレットの完全ネタバレ

映画『 バレット 』の解説
※クリックでYouTube『バレット (2012) BULLET TO THE HEAD』予告編へ
映画『 バレット 』の予告編
※動画はWarnerBrosPicturesへリンクで掲載
(C)2012 The Estate of Redmond Barry LLC.All right reserved.

| 「目次」Topページ | 本ページ更新 | 本ページ最終更新 |
バレット/映画『 バレット BULLET TO THE HEAD 』あらすじ・ストーリーのネタバレ/結末まで完全ネタバレ

by ネタバレンタイン犬@映画の森てんこ森 バレットの完全ネタバレ
バレットの完全ネタバレ
 今日のタイトルは「バレットの完全ネタバレ」です。
 そしてYouTube動画映像版は映画『バレット』の予告編です。
 映画『 バレット (2012) BULLET TO THE HEAD 』の映画解説はこちらから。
 このページは、幸田幸@映画の森てんこ森が、日本公開前の映画を海外の劇場やDVDで鑑賞して作文したり、『 バレット (2012) BULLET TO THE HEAD 』のWikipedia英語版プロットや、海外映画情報(あらすじ・ストーリー・ネタバレ等)を大雑把に日本語訳して編集、纏めたものです。

映画『バレット』の劇場公開
 2013年6月1日(土)より、新宿ピカデリー他全国ロードショー!!

ネタバレご注意:あらすじ・ストーリー・結末まで、ネタバレ満開ですので、映画『 バレット (2012) BULLET TO THE HEAD 』をまだご覧になっていない方はネタバレにご注意ください。
 Warning!The items below here contain information that may give away important plot points. You may not want to read any further if you've not already seen this title.

★製作陣スタッフや登場人物キャスト、映画解説やポスター等の情報は以下を参照してください。
◆バレット@映画の森てんこ森
http://coda21.net/eiga3mai/2012/BULLET_TO_THE_HEAD.htm
◆livedoor版【映画『バレット』@映画の森てんこ森】
http://blog.livedoor.jp/borocso/archives/1856285.html
◆livedoor版【バレットのスタッフ&キャスト】
http://blog.livedoor.jp/borocso/archives/1856119.html
◆livedoor版【『バレット』スタッフフィルモ】
http://blog.livedoor.jp/borocso/archives/1856118.html
◆livedoor版【ウォルター・ヒル@映画の森てんこ森】
http://blog.livedoor.jp/borocso/archives/1856121.html
◆livedoor版【ジョエル・シルヴァー@映画の森てんこ森】
http://blog.livedoor.jp/borocso/archives/1856122.html
◆livedoor版【『バレット』視覚効果監修@映画の森てんこ森】
http://blog.livedoor.jp/borocso/archives/1856124.html
◆livedoor版【『バレット』キャストフィルモ@映画の森てんこ森】
http://blog.livedoor.jp/borocso/archives/1856128.html
◆livedoor版【バレットの映画解説】
http://blog.livedoor.jp/borocso/archives/1856283.html
◆BK版【映画「バレット」ポスター】
http://coda21.net/broadband/blog2013_05/130528.htm
◆livedoor版<映画「バレット」ポスター@映画の森てんこ森>
http://blog.livedoor.jp/borocso/archives/1856463.html
◆livedoor版<ネタバレ映画/バレット@映画の森てんこ森>
http://blog.livedoor.jp/borocso/archives/1856449.html
◆livedoor版<ネタバレ結末/バレット@映画の森てんこ森>
http://blog.livedoor.jp/borocso/archives/1856450.html
◆BK版<バレットのネタバレ@映画の森てんこ森>
http://coda21.net/broadband/blog2013_06/130604.htm
◆livedoor版<バレットの完全ネタバレ@映画の森てんこ森>
http://blog.livedoor.jp/borocso/archives/1856459.html

【バレット/あらすじ結末まで完全ネタバレ 第01段落】
 銃弾・弾丸という意味の“バレット”。『 バレットモンク (2003) BULLETPROOF MONK 』『 ライディング・ザ・ブレット (2004) RIDING THE BULLET 』『 さらば復讐の狼たちよ (2010) 譲子弾飛(原題) / LET THE BULLETS FLY 』等のタイトルにもある。この映画の原題は“Bullet to the Head”(頭に弾丸を)だ。

【バレット/あらすじ結末まで完全ネタバレ 第02段落】
 “殺し屋”を演じるシルヴェスター・スタローン。ここでは、殺し屋を稼業としているのに刑事と手を組んで悪徳警察やマフィアと戦う、やはり正義っぽい役のシルヴェスター・スタローンである。

【バレット/あらすじ結末まで完全ネタバレ 第03段落】
 『バレット』の始まりは、ワシントンDC首都警察のテイラー・クォン刑事(サン・カン)が誰かを待っているシーンから。そこに車がやって来て止まり、テイラー・クォン刑事を乗せる。すると、その車の運転手は刑事に拳銃を突きつける。

【バレット/あらすじ結末まで完全ネタバレ 第04段落】
 あわや発砲、という時、どこからともなくジェームズ・ボノモ通称ジミー・ボボ(シルヴェスター・スタローン)が悪者たちを射殺して、テイラー・クォン刑事を救う。そこにジミー・ボボのナレーション「デカを救ったのは初めてだ。」 でも、なぜそうしたか自分でも分からない。

【バレット/あらすじ結末まで完全ネタバレ 第05段落】
 そこからシーンは一週間ほど前に遡る。腐敗した元刑事のハンク・グリーリー(ホルト・マッキャラニー)がルイジアナ州ニューオーリンズの高級ホテルのスイートルームで、酒を飲んでコカインを吸い、シャワー中の売春婦が出てくるのを待っている。

【バレット/あらすじ結末まで完全ネタバレ 第06段落】
 スタローン扮する殺し屋ジミー・ボボと相棒のルイス・ブランチャード(ジョン・セダ)が車でこのホテルへ乗り付けた。二人はハンク・グリーリーの部屋を警官を装ってノックする。ハンク・グリーリーは、今から女と寝るところだから令状がなければ邪魔するなと言う。

【バレット/あらすじ結末まで完全ネタバレ 第07段落】
 でも二人は突入。更に暴言を浴びて、相棒のルイスがハンク・グリーリーの胸部を二回撃ってサッサと仕事を済ました。ジミーは、強盗に見せかけるように腕時計を外し財布も奪っておくように指示。更に、バスルームをチェックする。

【バレット/あらすじ結末まで完全ネタバレ 第08段落】
 そこにはローラ(ヴェロニカ・ロザーティ)という売春婦が怯えて震えていた。何も見なかったから殺さないで、という彼女は背中にヒョウのタトゥーがある女だった。ジミーは彼女に拳銃を向ける。ルイスはバスルームで銃声が聞こえる。相棒ジミーは女を始末したんだな。

【バレット/あらすじ結末まで完全ネタバレ 第09段落】
 出し抜けに、死んだと思ったハンク・グリーリーが立ち上がり、ルイスと格闘になる。ルイスは拳銃に手が届かない。そこにジミーが戻って、ハンク・グリーリーの頭部を撃ち抜き仕事は終了した。川にハンク・グリーリーの私物や拳銃を捨てる。

【バレット/あらすじ結末まで完全ネタバレ 第10段落】
 二人はこの仕事代を受け取ったら暫く鳴りを潜めて親の顔でも見に休暇を取ろうと語る。そして、ジミーがあの売春婦を殺さなかったことが判明する。ルイスは生きた目撃者をそのままにしたのはいただけない、と難色を示すが、ジミーの哲学は、女子供は殺さない、なのだ。

【バレット/あらすじ結末まで完全ネタバレ 第11段落】
 殺しの仕事代を受取りに二人はケイジャン・ロック・バーに出向く。ルイスはビール、ジミーにはウィスキーを。でもジミーの好物のウィスキー“バレット”はなかったけれど。因みに、“バレット(日本ではブレット)”というのは、綴りは“Bulleit”だけど発音は映画タイトル“バレット bullet”と同じで、ケンタッキー・ストレート・バーボン・ウイスキーだ。

【バレット/あらすじ結末まで完全ネタバレ 第12段落】
 仲介人ロニー・アール(ブライアン・ヴァン・ホルト)の来るのが遅ければ帰るぞとジミーは言い、トイレに入る。そこへ、殺し屋キーガン(ジェイソン・モモア)が独りになったルイスをカーブ刃で襲う。胴体に致命傷を負わされたルイスは息絶える。

【バレット/あらすじ結末まで完全ネタバレ 第13段落】
 殺し屋キーガンは次はジミーを狙いにトイレに向うが、ジミーは気付いて優勢に立ち、殺し屋キーガンを撃ってバーから逃走する。ルイスを見に行くが、こと切れていた。銃撃の音は、バンドの音(クローフィッシュホロー・バンド:アンドリュー・オスティン=ピーターソン、ポール・エサレッジ、ロバート・カヴァン・カルース、ルイ・ミショー、アンドレ・ミショー)でかき消されていた。

【バレット/あらすじ結末まで完全ネタバレ 第14段落】
 キーガンは翌日、雇い主のロバート・ヌコモ・モレル(アドウェール・アキノエ=アグバエ)とモレルの弁護士マーカス・バプティスト(クリスチャン・スレイター)と会う。バプティストは、ハンク・グリーリーはモレルをゆすろうとしていたこと、及び地元のマフィア、ベイビージャック・ルモアーヌ(ダグラス・M・グリフィン)にモレルの不法稼業を詳細に述べたファイルを渡したことを明かす。

【バレット/あらすじ結末まで完全ネタバレ 第15段落】
 キーガンはベイビージャックと部下を殺害して、そのファイルを取り戻す。そんな頃、冒頭で映ったワシントンDC首都警察のテイラー・クォン刑事がニューオーリンズに到着。ハンク・グリーリーの死亡事件の捜査のためである。

【バレット/あらすじ結末まで完全ネタバレ 第16段落】
 ハンク・グリーリーの死は強盗が失敗したためと当初は考えられたが、クォン刑事はルブルトン警部補(デイン・ローズ)と会って、ハンク・グリーリーは暗殺されたのだと売春婦ローラが ・・・結末までのネタバレを読む・・・>>










以上。
※<バレットの完全ネタバレ>のテキストは、<『BULLET TO THE HEAD』-Wikipedia英語版、『BULLET TO THE HEAD』-IMDb、『BULLET TO THE HEAD』関連サイト英語版の翻訳、映画『バレット』-Wikipedia、『バレット』EPK、公式サイト・関連サイト等を引用。
※本ファイル<バレットの完全ネタバレ>には間違いがある場合がありますので、お読みになる方は、どうかご了承くださいませ。

テキスト:幸田幸


 ■恭子の動画映像ブログ
 http://coda21.net/broadband/index.htm

注目の映画・DVD・映像動画はこちら・・・▼
 ★映画の森てんこ森 http://coda21.net/

 映画の森てんこ森のその他の映像・動画コンテンツを見る・・・>>
【B級グルメ@映画の森てんこ森】=YouTube動画サイト

| 「目次」Topページ | 本ページ更新 | 本ページ最終更新 |

更新ブログはここをクリック


映画解説・レヴュータイトル一覧表
映画の森てんこ森 バナー03

映画の森てんこ森 coda21幸田幸 クレジット バナー01


幸のイタリア旅行のHPへ幸田幸のイタリア旅行バナーボタン01クリックで「旅行の森てんこ森」のページに進む。
幸のイタリア旅行のHPへ

★テキスト中心対応(T)版 (28Kbps〜56Kbps) ■800×600画面 ■文字サイズ(小) ■IE4以上推奨
★ブロードバンド対応(B)版 (ADSL以上) ■800×600画面 ■文字サイズ(小) ■IE6推奨

★ MacNN や WinNN では、動作や表示 がWindows IE と異なる場合があります。ご了承下さい。

※右欄のイラストは「NOM's FOODS iLLUSTRATED」さまへ使用許諾申請済
Images Courtesy of <http://homepage1.nifty.com/NOM/index.htm>

表紙目次読む映画試写会レヴュー観たい度映画予告編エッセイ日誌試写会情報
リンク集映画ゲーム思い出映画
| 映画レヴュー10000字超 | 映画解説タイトル一覧表 |
幸のカレンダーぼろくそパパの独り言 | livedoorブログ | 旅行の森てんこ森 |
ブロードバンドB版 | 恭子の動画映像ブログ | 恭子の「YouTube」 | サイト内検索 |
© 2002-2013 Sachi CODA at Eigano-Mori Tenko-Mori, CODA21. All Rights Reserved.



borocsoborocso  at 12:00 この記事をクリップ! 

ネタバレ結末/バレット@映画の森てんこ森

ネタバレ結末/バレット@映画の森てんこ森
 映画の森てんこ森■映画解説と予告編とレヴュー■映画ネタバレ
バレット
BULLET TO THE HEAD
| 「映画の森てんこ森」表紙 | 新作映画Top | タイトル一覧 | 本ページ更新 |
ネタバレ結末/バレット
ネタバレ注意@映画の森てんこ森
ストーリー展開の前知識やネタバレがお好みでない方は、読まないで下さい。
■ネタバレ結末/バレット@映画の森てんこ森
【『バレット』ネタバレ】
ネタバレご注意:以下の<ネタバレ結末/バレット@映画の森てんこ森>のあらすじ・ストーリー・結末にはネタバレが含まれています。映画『 バレット (2012) BULLET TO THE HEAD 』をまだご覧になっていない方は、どうかネタバレにご注意ください。

★『 バレット 』劇場公開情報
 2013年6月1日(土)より、新宿ピカデリー他全国ロードショー!!
 ※日本配給情報: 劇場公開(松竹)

<ネタバレ映画/バレット>の仕切り線

▲ここまでの<ネタバレ映画/バレット@映画の森てんこ森>のあらすじはこちらから・・・

【ネタバレ結末/バレット 第21段落】
 クォン刑事の受けた銃の怪我を薬の“専門技術”で手当てしてやってくれと言う父ジミーに、お父さん、足を洗うと言っているのに、と父を諭す娘。これが最後だから、と答える父。クォン刑事の問いに、娘リサは医学部に一年間いたとジミーは答え、リサは刑事の身体から弾丸を取り除いてやる。

【ネタバレ結末/バレット 第22段落】
 彼らが次に向かったのはマッサージパーラー(女性のマッサージ師:アンドレア・フランクル)で、ここでジミーは仲介人ロニー・アールに詰め寄る。ロニー・アールはジミーを殺そうとするが、ジミーは拳銃がつっかえたけれどもロニーを何とか殺害。実はその拳銃はクォン刑事が撃針を抜いていたのだった。

【ネタバレ結末/バレット 第23段落】
 このためジミーは危うく命を落とすところだったので、ジミーはクォン刑事と対決するが、クォン刑事は警察官だからジミーがどんどん人殺しをするのを見逃せなかったのだ。ジミーは、真実が欲しいならば二人は協力していく必要があると言う。クォン刑事も意見が一致。

【ネタバレ結末/バレット 第24段落】
 クォン刑事はワシントン首都警察に連絡して、モレルの弁護士マーカス・バプティストの住所を知る。バプティストはコスプレショーのパーティを開いていたので、二人は早速、仮面を買いに急ぐ。悪徳警官のタウン刑事(マーカス・ライル・ブラウン)の警備が敷かれているが、二人は進めていく。

【ネタバレ結末/バレット 第25段落】
 二人は早速モレルの弁護士マーカス・バプティストを拉致してジミーの家に連行する。ここでバプティストは色々なことを吐かされる。オフィスビルを建築するために住宅団地を手に入れて壊すというモレルの計画の詳細も吐かされるし、キーガンというのはモレルの実行犯として雇われた元傭兵だという事実も暴露させられた。

【ネタバレ結末/バレット 第26段落】
 その後ジミーはバプティストの頭を撃ち抜く。キーガンはバプティストのケータイからジミーの家を突き止める。しかしジミー・ボボとクォン刑事は逃走して、爆弾を破裂させてキーガンの部下を殺害する。そんなキーガンはジミーを目の仇にして、ますます殺すのに躍起となるのだ。

【ネタバレ結末/バレット 第27段落】
 クォン刑事はルブルトン警部補と落ち合って捜査内容を知らせるが、何とルブルトン警部補もモレルに雇われていたのだ。ルブルトン警部補はクォン刑事を殺そうとする。そこをジミーがクォン刑事を救う。これが映画冒頭のシーンだ。

【ネタバレ結末/バレット 第28段落】
 ここから二人は暫く鳴りを潜めようと、ジミーの娘リサの刺青店に赴く。後にジミーはクォン刑事にこう語る。リサの母親は売春婦で、15年前に死亡したこと。俺は生活費だけは渡せたけれど父親らしいことは出来ずに来た。殺し屋の父に売春婦の母。でも全うな娘になれてよかった、と。

【ネタバレ結末/バレット 第29段落】
 その頃、キーガンはジミーに娘がいることを突き止めて、リサの刺青店に向う。タトゥー客(ティファニー・レイフら)二人が居合わせたがキーガンは彼らも倒してリサを拉致していく。そしてジミーに、娘とモレルのUSBフラッシュメモリーとを取引きしようと言ってきた。

【ネタバレ結末/バレット 第30段落】
 ジミーはその取引きに応じて、ひと気の無い倉庫で落ち合い、フラッシュメモリーを渡して娘リサを取り戻す。その際クォン刑事も潜入してモレルを逮捕しようとしている。ジミーが去るのを許されるとキーガンは激怒して、モレルと部下を殺害する。キーガンはフラッシュメモリーとノート型パソコンを奪っていく・・・

▲TOPへ

◆ここからは、最後の結末まで書いていて完全にネタバレしていますので、ストーリー全体が分ります。御注意下さい。
 ATTN: This review reveals the movie content. Please don't say that I didn't say !


★以下のネタバレ日本語訳は、映画『バレット』の公開日2013年6月1日(土)の翌日、又は翌日以降に公開予定ですが、映画をご覧になる前に、前もって<ストーリー/あらすじ/結末までの完全ネタバレ日本語版>をお読みになりたい方は、以下をクリックしてください。

 ・・・結末までの完全ネタバレはこちらから・・・⇒

★130603ネタバレ結末/バレット
 ・・・結末までの完全ネタバレ(幸田幸ブログ版)はこちらから・・・⇒

 http://coda21.publog.jp/archives/28891435.html


【感謝とお願い】多くの皆様にこのネタバレコーナーにアクセス頂き、ありがとうございますm(__)m
 もしクリックしてもネタバレファイルにジャンプしない場合は、映画会社や配給会社への配慮として、まだリンクを貼っていない期間です。リクエスト・メールが多い場合は(お返事は出せませんが)、タイミングを見計らって、映画公開一週間前にはアップしますので、どうかご了承ください。

 本ファイル<ネタバレ結末/バレット>や、このページの他の「ネタバレ」コンテンツは、先行公開されている海外の映画作品を劇場鑑賞やDVD鑑賞したり、<Wikipedia>英語版の記事やその他の海外映画情報を幸田幸@映画の森てんこ森が翻訳編集したりして、ネタバレ版テキストを作成・アップしています。<ネタバレ結末/バレット>のあらすじに私の鑑賞誤解があったり、文章表現が稚拙であったり、直訳的だったり、翻訳ミスがある場合がありますので、どうかご了承くださいますようにお願い申し上げます。
以上。

※参考資料:映画『バレット』-Wikipedia、『BULLET TO THE HEAD』-Wikipedia英語版、『BULLET TO THE HEAD』-IMDb、『バレット』EPK、公式サイト
| ←前の閲覧ページに戻る |▲TOP | ▲目次 |
映画の森てんこ森代表:幸田幸
coda_sati@hotmail.com
「映画の森てんこ森」へ 「旅行の森てんこ森」へ
映画解説・レヴュータイトル一覧表へ
映画の森てんこ森 バナー03

映画の森てんこ森 coda21幸田幸 クレジット バナー01
幸のイタリア各都市情報へ
旅行の森てんこ森 バナー03
136x70
本サイトの作文、データ及び画像などのコンテンツの無断転用はお控え下さい。
貴サイトへの御掲載についてはメールにてお知らせ頂ければ幸いです。
© 2002-2013 Sachi CODA at Eigano-Mori Tenko-Mori, CODA21. All Rights Reserved.



borocsoborocso  at 12:00 この記事をクリップ! 

映画「バレット」ポスター@映画の森てんこ森

coda21 観たい度映画のポスター@映画の森てんこ森
「観たい映画ポスター」アニメロゴ@映画の森てんこ森
表紙目次読む映画試写会レヴュー観たい度映画予告編エッセイ日誌試写会情報
リンク集映画ゲーム思い出映画
| 映画レヴュー10000字超 | 映画解説タイトル一覧表 |
幸のカレンダーぼろくそパパの独り言 | livedoorブログ | 旅行の森てんこ森 |
ブロードバンドB版 | 恭子の動画映像ブログ | 恭子の「YouTube」 | サイト内検索 |
★映画の森てんこ森★

映画『バレット』ポスター
映画『 バレット (2012) BULLET TO THE HEAD 』
★映画『バレット』の解説はこちら⇒
★映画『バレット』の予告編はこちら⇒
★映画『バレット』ネタバレlivedoor版はこちら⇒
★映画『バレット』ネタバレの恭子版はこちら⇒
■映画『バレット』の劇場公開情報
2013年6月1日(土)より、
新宿ピカデリー他全国ロードショー!!

| 「目次」Topページ | 本ページ更新 | 本ページ最終更新 |

映画『バレット』のポスター(1)
映画『バレット BULLET TO THE HEAD』ポスター(1)

▼ポスター画像クリックで拡大します。
(C)2012 The Estate of Redmond Barry LLC.All right reserved.
「バレット」ポスター01

※ポスター、又はここをクリックでポスター(1)を860x1280pxlsのポスターに拡大。

映画『バレット』のポスター(2)
映画『バレット BULLET TO THE HEAD』ポスター(2)

▼ポスター画像クリックで拡大します。
(C)2012 The Estate of Redmond Barry LLC.All right reserved.
「バレット」ポスター02

※ポスター、又はここをクリックで(2)を960x1280pxlsのポスターに拡大。

映画『バレット』のポスター(3)
映画『バレット BULLET TO THE HEAD』ポスター(3)

▼ポスター画像クリックで拡大します。
(C)2012 The Estate of Redmond Barry LLC.All right reserved.
「バレット」ポスター03

※ポスター、又はここをクリックで(3)を900x1280pxlsのポスターに拡大。

映画『バレット』のポスター(4)
映画『バレット BULLET TO THE HEAD』ポスター(4)

▼ポスター画像クリックで拡大します。
(C)2012 The Estate of Redmond Barry LLC.All right reserved.
「バレット」ポスター04

※ポスター、又はここをクリックで(4)を900x1280pxlsのポスターに拡大。

映画『バレット』のポスター(5)
映画『バレット BULLET TO THE HEAD』ポスター(5)

▼ポスター画像クリックで拡大します。
(C)2012 The Estate of Redmond Barry LLC.All right reserved.
「バレット」ポスター05

※ポスター、又はここをクリックで(5)を1280x960pxlsのポスターに拡大。

映画『バレット』のポスター(6)
映画『バレット BULLET TO THE HEAD』ポスター(6)

▼ポスター画像クリックで拡大します。
(C)2012 The Estate of Redmond Barry LLC.All right reserved.
「バレット」ポスター06

※ポスター、又はここをクリックで(6)を1280x890pxlsのポスターに拡大。

映画『バレット』のポスター(7)
映画『バレット BULLET TO THE HEAD』ポスター(7)

▼ポスター画像クリックで拡大します。
(C)2012 The Estate of Redmond Barry LLC.All right reserved.
「バレット」ポスター07

※ポスター、又はここをクリックで(7)を1280x890pxlsのポスターに拡大。

★映画『バレット』の詳しい映画情報はこちら⇒
★映画『バレット』のネタバレはこちら⇒

▲TOPへ
編集:志賀まなみ
「映画の森てんこ森」へ 「旅行の森てんこ森」へ
映画解説・レヴュータイトル一覧表へ
映画の森てんこ森 バナー03

映画の森てんこ森 coda21幸田幸 クレジット バナー01
幸のイタリア各都市情報へ
旅行の森てんこ森 バナー03
136x70
本サイトの作文、データ及び画像などのコンテンツの無断転用はお控え下さい。
(c)2002-2013 Eigano-Mori Tenko-Mori, CODA21. All Rights Reserved.


borocsoborocso  at 12:00 この記事をクリップ! 

バレット@映画の森てんこ森

バレット@映画の森てんこ森
 | 表紙 | 目次 | 読む映画試写会 | レヴュー | 観たい度映画 | 予告編 | エッセイ | 日誌 | 試写会情報 |
リンク集 | 映画ゲーム思い出映画| 映画レヴュー10000字超 | 映画解説タイトル一覧表 |
幸のカレンダー | ぼろくそパパの独り言 | livedoorブログ | 旅行の森てんこ森 |
ブロードバンドB版 | 恭子の動画映像ブログ | 恭子の「YouTube」 | サイト内検索 |
 映画の森てんこ森■映画解説と予告編とレヴュー
バレット (2012)
BULLET TO THE HEAD
※クリックでYouTube『バレット BULLET TO THE HEAD』予告編へ
▲上のスライドショーを初めから見る
※予告編はYouTube「リンク」モードで掲載。Trailer Courtesy of WarnerBrosPictures
(C)2012 The Estate of Redmond Barry LLC.All right reserved.
| 「目次」Topページ | 「B版」Topページ | 本ページ更新 | 本ページ最終更新 |
【 目次 】
■映画『 バレット (2012) BULLET TO THE HEAD 』の映画データ
■映画『 バレット (2012) BULLET TO THE HEAD 』の解説
 ネタバレが含まれている場合があります。
■映画『 バレット (2012) BULLET TO THE HEAD 』のフィルモ&トリビア
■映画『 バレット (2012) BULLET TO THE HEAD 』のスタッフとキャスト
□映画『 バレット (2012) BULLET TO THE HEAD 』のキャスト/登場人物
■映画『 バレット (2012) BULLET TO THE HEAD 』のあらすじ・ストーリー
■映画『 バレット (2012) BULLET TO THE HEAD 』の<ネタバレ/もっと詳しく>
 <ネタバレ/もっと詳しく>は映画『 バレット (2012) BULLET TO THE HEAD 』の「テキストによる映画の再現」レヴュー(あらすじとネタバレ)です。
 ※ご注意:映画『 バレット (2012) BULLET TO THE HEAD 』の内容やネタバレがお好みでない方は読まないで下さい。
■映画『 バレット (2012) BULLET TO THE HEAD 』のWikipedia情報
■映画『 バレット (2012) BULLET TO THE HEAD 』の評論×感想
映画『 バレット (2012) BULLET TO THE HEAD 』予告編や関連映像映画『 バレット 』の予告編や関連映像を観る→
映画『 バレット (2012) BULLET TO THE HEAD 』ビデオ動画映像映画『 バレット 』の色々なビデオ映像を観る→
映画『 バレット (2012) BULLET TO THE HEAD 』写真・スチル画像映画『 バレット 』の色々な写真やスチルを観る→
映画『 バレット (2012) BULLET TO THE HEAD 』ポスター画像映画『 バレット 』の色々なポスターを観る→
■映画『 バレット (2012) BULLET TO THE HEAD 』の更新記録

映画『 バレット 』あらすじ・ストーリーのネタバレ/結末まで完全ネタバレ

by ネタバレンタイン犬@映画の森てんこ森 映画『バレット』のネタバレ⇒別ファイル「バレットのネタバレ」へ
★2013年6月1日(土)より、新宿ピカデリー他全国ロードショー!!


>>
「映画解説・レヴュータイトル一覧表」へ(画面の切り替え)
■映画『 バレット (2012) BULLET TO THE HEAD 』の映画データ
バレット
映画『 バレット (2012) BULLET TO THE HEAD 』ポスター
Links:  Official Web Site(日本語)
Official Web Site(英語)
Trailers:  日本語予告編
海外予告編
IMDb予告編

Poster Courtesy of IMDb
※クリックでポスター拡大
860x1280画像1枚)


★海外の色々なポスターは
こちらをクリック↓
■邦題:バレット
■英語題:BULLET TO THE HEAD
■メディア:映画/カラー
■上映時間:91 分
■製作国:アメリカ合衆国
■言語:英語
■制作会社:Dark Castle Entertainment(ダーク・キャッスル・エンタテインメント)、IM Global(IM・グローバル)、After Dark Films(アフター・ダーク・フィルムズ)、Automatik Entertainment(オートマティク・エンタテインメント)、EMJAG Productions(EMJAG・プロダクションズ)、Headshot Films(ヘッドショット・フィルムズ)、Millar Gough Ink(ミラー・ガフ・インク)、Silver Reel(シルヴァー・リール)
■製作年:2012年
■製作費:$55,000,000 (推定)
■興行収入:国内=$9,489,829 (2013年5月22日現在)
■海外興行収入:N/A
■全世界興行収入:$9,489,829 ※2013年5月22日現在調査
■アメリカ公開年月:2013年1月29日プレミア(New York City, New York)、2013年2月1日全米公開
■日本公開年月:2013年6月1日(土)全国公開
■日本配給情報:劇場公開(松竹)
■ジャンル:アクション/犯罪/サスペンス
■映倫:R15+
■公式サイト(日本)
 『バレット
 http://bullet-movie.jp/
■公式サイト(英語版)
 『BULLET TO THE HEAD
 http://bullettothehead.warnerbros.com/(英語)
■IMDb情報
 『BULLET TO THE HEAD
 http://www.imdb.com/title/tt1308729/
■キャッチコピー:
 40年間
 生きるために撃ってきた
■劇場公開情報:2013年6月1日(土)
 2013年6月1日(土)より、新宿ピカデリー他全国ロードショー!!

※旧作の映画は公式サイトや予告編は閉鎖・削除される場合がありますのでご了承ください。
編集:小沢栄三 
© Images copyright their respective owners; usually the distributor of the above titled movie unless otherwise noted.
| ←前の閲覧ページに戻る |▲TOP | ▲予告編 | ▲目次 |
映画の森てんこ森代表:幸田幸
coda_sati@hotmail.com
「映画の森てんこ森」へ 「旅行の森てんこ森」へ
映画解説・レヴュータイトル一覧表へ
映画の森てんこ森 バナー03

映画の森てんこ森 coda21幸田幸 クレジット バナー01
幸のイタリア各都市情報へ
旅行の森てんこ森 バナー03
136x70
本サイトの作文、データ及び画像などのコンテンツの無断転用はお控え下さい。
貴サイトへの御掲載についてはメールにてお知らせ頂ければ幸いです。
© 2002-2013 Sachi CODA at Eigano-Mori Tenko-Mori, CODA21. All Rights Reserved.



borocsoborocso  at 12:00 この記事をクリップ! 

ネタバレ映画/バレット@映画の森てんこ森

ネタバレ映画/バレット@映画の森てんこ森
 映画の森てんこ森■映画解説と予告編とレヴュー■映画ネタバレ
バレット
BULLET TO THE HEAD
| 「映画の森てんこ森」表紙 | 新作映画Top | タイトル一覧 | 本ページ更新 |
ネタバレ映画/バレット
ネタバレ注意@映画の森てんこ森
ストーリー展開の前知識やネタバレがお好みでない方は、読まないで下さい。
■ネタバレ映画/バレット@映画の森てんこ森
 GoogleやYahoo!の検索エンジンで、映画の森てんこ森のネタバレファイルをお探しの場合は、
ネタバレ バレット>又は
バレット ネタバレ>と入力してください。

【『バレット』ネタバレ】
ネタバレご注意:以下の<ネタバレ映画/バレット@映画の森てんこ森>のあらすじ・ストーリー・結末にはネタバレが含まれています。映画『 バレット (2012) BULLET TO THE HEAD 』をまだご覧になっていない方は、どうかネタバレにご注意ください。
 Warning!Plot synopsis, storyline and story-end items below here contain information that may give away important plot points. You may not want to read any further if you've not already seen this title.

★『 バレット 』劇場公開情報
 2013年6月1日(土)より、新宿ピカデリー他全国ロードショー!!
 ※日本配給情報: 劇場公開(松竹)


 本ファイル<ネタバレ映画/バレット>や、このページの他の「ネタバレ」コンテンツは、先行公開されている海外の映画作品を劇場鑑賞やDVD鑑賞したり、<Wikipedia>英語版の記事やその他の海外映画情報を幸田幸@映画の森てんこ森が翻訳編集したりして、ネタバレ版テキストを作成・アップしています。<ネタバレ映画/バレット>のあらすじに私の鑑賞誤解があったり、文章表現が稚拙であったり、直訳的だったり、翻訳ミスがある場合がありますので、どうかご了承くださいますようにお願い申し上げます。

<ネタバレ映画/バレット>の仕切り線

【ネタバレ映画/バレット あらすじ結末まで 第01段落】
 銃弾・弾丸という意味の“バレット”。『 バレットモンク (2003) BULLETPROOF MONK 』『 ライディング・ザ・ブレット (2004) RIDING THE BULLET 』『 さらば復讐の狼たちよ (2010) 譲子弾飛(原題) / LET THE BULLETS FLY 』等のタイトルにもある。この映画の原題は“Bullet to the Head”(頭に弾丸を)だ。

【ネタバレ映画/バレット あらすじ結末まで 第02段落】
 “殺し屋”を演じるシルヴェスター・スタローン。ここでは、殺し屋を稼業としているのに刑事と手を組んで悪徳警察やマフィアと戦う、やはり正義っぽい役のシルヴェスター・スタローンである。

【ネタバレ映画/バレット あらすじ結末まで 第03段落】
 『バレット』の始まりは、ワシントンDC首都警察のテイラー・クォン刑事(サン・カン)が誰かを待っているシーンから。そこに車がやって来て止まり、テイラー・クォン刑事を乗せる。すると、その車の運転手は刑事に拳銃を突きつける。

【ネタバレ映画/バレット あらすじ結末まで 第04段落】
 あわや発砲、という時、どこからともなくジェームズ・ボノモ通称ジミー・ボボ(シルヴェスター・スタローン)が悪者たちを射殺して、テイラー・クォン刑事を救う。そこにジミー・ボボのナレーション「デカを救ったのは初めてだ。」 でも、なぜそうしたか自分でも分からない。

【ネタバレ映画/バレット あらすじ結末まで 第05段落】
 そこからシーンは一週間ほど前に遡る。腐敗した元刑事のハンク・グリーリー(ホルト・マッキャラニー)がルイジアナ州ニューオーリンズの高級ホテルのスイートルームで、酒を飲んでコカインを吸い、シャワー中の売春婦が出てくるのを待っている。

【ネタバレ映画/バレット あらすじ結末まで 第06段落】
 スタローン扮する殺し屋ジミー・ボボと相棒のルイス・ブランチャード(ジョン・セダ)が車でこのホテルへ乗り付けた。二人はハンク・グリーリーの部屋を警官を装ってノックする。ハンク・グリーリーは、今から女と寝るところだから令状がなければ邪魔するなと言う。

【ネタバレ映画/バレット あらすじ結末まで 第07段落】
 でも二人は突入。更に暴言を浴びて、相棒のルイスがハンク・グリーリーの胸部を二回撃ってサッサと仕事を済ました。ジミーは、強盗に見せかけるように腕時計を外し財布も奪っておくように指示。更に、バスルームをチェックする。

【ネタバレ映画/バレット あらすじ結末まで 第08段落】
 そこにはローラ(ヴェロニカ・ロザーティ)という売春婦が怯えて震えていた。何も見なかったから殺さないで、という彼女は背中にヒョウのタトゥーがある女だった。ジミーは彼女に拳銃を向ける。ルイスはバスルームで銃声が聞こえる。相棒ジミーは女を始末したんだな。

【ネタバレ映画/バレット あらすじ結末まで 第09段落】
 出し抜けに、死んだと思ったハンク・グリーリーが立ち上がり、ルイスと格闘になる。ルイスは拳銃に手が届かない。そこにジミーが戻って、ハンク・グリーリーの頭部を撃ち抜き仕事は終了した。川にハンク・グリーリーの私物や拳銃を捨てる。

【ネタバレ映画/バレット あらすじ結末まで 第10段落】
 二人はこの仕事代を受け取ったら暫く鳴りを潜めて親の顔でも見に休暇を取ろうと語る。そして、ジミーがあの売春婦を殺さなかったことが判明する。ルイスは生きた目撃者をそのままにしたのはいただけない、と難色を示すが、ジミーの哲学は、女子供は殺さない、なのだ。

【ネタバレ映画/バレット あらすじ結末まで 第11段落】
 殺しの仕事代を受取りに二人はケイジャン・ロック・バーに出向く。ルイスはビール、ジミーにはウィスキーを。でもジミーの好物のウィスキー“バレット”はなかったけれど。因みに、“バレット(日本ではブレット)”というのは、綴りは“Bulleit”だけど発音は映画タイトル“バレット bullet”と同じで、ケンタッキー・ストレート・バーボン・ウイスキーだ。

【ネタバレ映画/バレット あらすじ結末まで 第12段落】
 仲介人ロニー・アール(ブライアン・ヴァン・ホルト)の来るのが遅ければ帰るぞとジミーは言い、トイレに入る。そこへ、殺し屋キーガン(ジェイソン・モモア)が独りになったルイスをカーブ刃で襲う。胴体に致命傷を負わされたルイスは息絶える。

【ネタバレ映画/バレット あらすじ結末まで 第13段落】
 殺し屋キーガンは次はジミーを狙いにトイレに向うが、ジミーは気付いて優勢に立ち、殺し屋キーガンを撃ってバーから逃走する。ルイスを見に行くが、こと切れていた。銃撃の音は、バンドの音(クローフィッシュホロー・バンド:アンドリュー・オスティン=ピーターソン、ポール・エサレッジ、ロバート・カヴァン・カルース、ルイ・ミショー、アンドレ・ミショー)でかき消されていた。

【ネタバレ映画/バレット あらすじ結末まで 第14段落】
 キーガンは翌日、雇い主のロバート・ヌコモ・モレル(アドウェール・アキノエ=アグバエ)とモレルの弁護士マーカス・バプティスト(クリスチャン・スレイター)と会う。バプティストは、ハンク・グリーリーはモレルをゆすろうとしていたこと、及び地元のマフィア、ベイビージャック・ルモアーヌ(ダグラス・M・グリフィン)にモレルの不法稼業を詳細に述べたファイルを渡したことを明かす。

【ネタバレ映画/バレット あらすじ結末まで 第15段落】
 キーガンはベイビージャックと部下を殺害して、そのファイルを取り戻す。そんな頃、冒頭で映ったワシントンDC首都警察のテイラー・クォン刑事がニューオーリンズに到着。ハンク・グリーリーの死亡事件の捜査のためである。

【ネタバレ映画/バレット あらすじ結末まで 第16段落】
 ハンク・グリーリーの死は強盗が失敗したためと当初は考えられたが、クォン刑事はルブルトン警部補(デイン・ローズ)と会って、ハンク・グリーリーは暗殺されたのだと売春婦ローラが証言していると聞く。ローラのヒョウの刺青を見て、クォン刑事はロシアの売春組織が関与していると気付く。

【ネタバレ映画/バレット あらすじ結末まで 第17段落】
 クォン刑事は死体保管所(検死官代理:ダナ・ミッシェル・グーリエ)に向かい、ルイス・ブランチャードの遺体を見る。鮮やかな手口、しかし、苦しい死に方の殺し方だった。その身元を知ると、ハンク・グリーリーの暗殺犯はルイス・ブランチャードとジミー・ボボだとクォン刑事は推測する。

【ネタバレ映画/バレット あらすじ結末まで 第18段落】
 クォン刑事の帰り際、ここでは拳銃の所持は許可されていないとルブルトン警部補は言って、クォン刑事から拳銃を取り上げた。その頃、ジミーは相棒ルイスを偲んでいた。六年間一緒に仕事をしてプロだったルイス。ジミーは恩義を感じて、復讐を誓う。ルイスの形見のナイフもその復讐に使うつもりだ。

【ネタバレ映画/バレット あらすじ結末まで 第19段落】
 クォン刑事はジミー・ボボとバーで落ち合う。ここ(バーテンダー:ジャクソン・ビールズ)でもケンタッキー・ストレート・バーボン・ウイスキー“バレット”の会話が出てくる。クォン刑事はお前らのしたことは分かっているからな、と伝える。

【ネタバレ映画/バレット あらすじ結末まで 第20段落】
 先に席を立ったジミーを尾行しようとしたクォン刑事は二人の悪徳警察官に襲われる。それは、ハンク・グリーリー殺害事件の捜査を進めないようにモレルが命じたものだった。そこにジミーが現れクォン刑事を救出し、娘のところへ連れて行ってやる。ジミー・ボボの娘リサ・ボノモ通称リサ・ボボ(サラ・シャヒ)はタトゥー店を営んでいるのだ・・・

▲TOPへ

◆ここからは、結末まで書いてネタバレしていますので、ストーリー全体が分ります。御注意下さい。
 ATTN: This review reveals the movie content. Please don't say that I didn't say !


★以下のネタバレ日本語訳は、映画『バレット』の公開日2013年6月1日(土)の翌日、又は翌日以降に公開予定ですが、映画をご覧になる前に、前もって<ストーリー/あらすじ/結末までの完全ネタバレ日本語版>をお読みになりたい方は、以下をクリックしてください。

 ・・・続きは<ネタバレ結末/バレット>をお読みください⇒


【感謝とお願い】多くの皆様にこのネタバレコーナーにアクセス頂き、ありがとうございますm(__)m
 GoogleやYahoo!の検索エンジンで、映画の森てんこ森のネタバレファイルをお探しの場合は
ネタバレ バレット>又は
バレット ネタバレ>と入力してください。

 もしクリックしてもネタバレファイルにジャンプしない場合は、映画会社や配給会社への配慮として、まだリンクを貼っていない期間です。リクエスト・メールが多い場合は(お返事は出せませんが)、タイミングを見計らって、映画公開一週間前にはアップしますので、どうかご了承ください。
以上。

※参考資料:映画『バレット』-Wikipedia、『BULLET TO THE HEAD』-Wikipedia英語版、『BULLET TO THE HEAD』-IMDb、『バレット』EPK、公式サイト
| ←前の閲覧ページに戻る |▲TOP | ▲目次 |
映画の森てんこ森代表:幸田幸
coda_sati@hotmail.com
「映画の森てんこ森」へ 「旅行の森てんこ森」へ
映画解説・レヴュータイトル一覧表へ
映画の森てんこ森 バナー03

映画の森てんこ森 coda21幸田幸 クレジット バナー01
幸のイタリア各都市情報へ
旅行の森てんこ森 バナー03
136x70
本サイトの作文、データ及び画像などのコンテンツの無断転用はお控え下さい。
貴サイトへの御掲載についてはメールにてお知らせ頂ければ幸いです。
© 2002-2013 Sachi CODA at Eigano-Mori Tenko-Mori, CODA21. All Rights Reserved.



borocsoborocso  at 23:00 この記事をクリップ! 

バレットの解説@映画の森てんこ森

バレットの解説@映画の森てんこ森
 映画の森てんこ森■映画解説
バレットの解説
BULLET TO THE HEAD
| 「映画の森てんこ森」表紙 | 新作映画Top | タイトル一覧 | 本ページ更新 |
■バレットの解説
【映画『バレット』解説】#01
 映画『 バレット (2012) BULLET TO THE HEAD 』は、アレクシス・ノラン(英語版)によるフランスのグラフィックノベル『Du Plomb Dans La Tete』を原作とし、ウォルター・ヒルが監督した2012年のアメリカ合衆国のアクション映画である。アメリカ合衆国では、2013年1月29日プレミア(New York City, New York)、2013年2月1日全米公開。日本では、2013年6月1日(土)より、松竹より配給、全国公開される予定だ。

 本作『 バレット (2012) BULLET TO THE HEAD 』のポスターのキャッチコピーは、
 <40年間
 生きるために撃ってきた>

【映画『バレット』解説】#02
 ★映画『 バレット (2012) BULLET TO THE HEAD 』の指揮を執る監督は、本映画『 バレット (2012) BULLET TO THE HEAD 』他、『 プロメテウス (2012) PROMETHEUS 』『 デッドロック (2002) UNDISPUTED 』『 スーパーノヴァ (2000) 』『 ストリート・オブ・ファイヤー (1984) 』『 エイリアン (1979) 』等のウォルター・ヒル Walter Hill
 ★原作は、マッツこと、アレクシス・ノラン Matz(Alexis Nolent) の「BULLET TO THE HEAD」。
 ★原作イラストは、コリン・ウィルソン Colin Wilson
 ★脚本は、本映画『 バレット (2012) BULLET TO THE HEAD 』他、『 ウォール・ストリート (2010) WALL STREET: MONEY NEVER SLEEPS 』『 ネバー・ダイ・アローン (2004) NEVER DIE ALONE 』等のプロデューサーのアレサンドロ・キャモン Alessandro Camon
 ★製作には、本映画『 バレット (2012) BULLET TO THE HEAD 』他、『 ヤング・スーパーマン 』シリーズの企画・製作総指揮でも有名、『 アイ・アム・ナンバー4 (2011) I AM NUMBER FOUR 』『 ハービー/機械じかけのキューピッド (2005) HERBIE: FULLY LOADED 』『 スパイダーマン2 (2002) SPIDER-MAN 2 』『 シャンハイ・ナイト (2003) SHANGHAI KNIGHTS 』『 シャンハイ・ヌーン (2000) SHANGHAI NOON 』等のアルフレッド・ガフ Alfred Gough、『 ボーダー (2008) 』『 フェイク シティ ある男のルール (2008) 』等のアレクサンドラ・ミルチャン Alexandra Milchan、『 アイ・アム・ナンバー4 (2011) I AM NUMBER FOUR 』『 スパイダーマン2 (2002) SPIDER-MAN 2 』『 シャンハイ・ナイト (2003) SHANGHAI KNIGHTS 』『 シャンハイ・ヌーン (2000) SHANGHAI NOON 』等のマイルズ・ミラー Miles Millar、『 エクスペンダブルズ2 (2012) THE EXPENDABLES 2 』『 エクスペンダブルズ (2010) THE EXPENDABLES 』等のケヴィン・キング・テンプルトン Kevin King Templeton、そして『 シャーロック・ホームズ シャドウ ゲーム (2011) SHERLOCK HOLMES: A GAME OF SHADOWS 』『 アンノウン (2011) UNKNOWN 』『 シャーロック・ホームズ (2009) SHERLOCK HOLMES 』『 Vフォー・ヴェンデッタ (2006) V FOR VENDETTA 』『 キスキス,バンバン (2005) KISS KISS, BANG BANG 』『 蝋人形の館 (2005) HOUSE OF WAX 』『 マトリックス レボリューションズ (2003) THE MATRIX REVOLUTIONS 』『 マトリックス リローデッド (2003) THE MATRIX RELOADED 』『 ブラック・ダイヤモンド (2003) CRADLE 2 THE GRAVE 』『 ゴーストシップ (2002) GHOST SHIP 』『 ロミオ・マスト・ダイ (2000) ROMEO MUST DIE 』『 マトリックス (1999) THE MATRIX 』『 リーサル・ウェポン4 (1998) LETHAL WEAPON 4 』等数多くヒット作を手がけた大御所プロデューサーのジョエル・シルヴァー Joel Silver
 ★製作総指揮には、本映画『 バレット (2012) BULLET TO THE HEAD 』他、『 SAFE/セイフ (2012) SAFE 』『 GOAL!2 (2007) 』等のスチュアート・フォード Stuart Ford、『 “アイデンティティー” (2003) IDENTITY 』『 クリスティーナの好きなコト (2002) THE SWEETEST THING 』等のスチュアート・M・ベッサー Stuart M. Besser、『 SAFE/セイフ (2012) SAFE 』『 スカイライン-征服- (2010) 』等のブライアン・カヴァナー=ジョーンズ Brian Kavanaugh-Jones、『 SAFE/セイフ (2012) SAFE 』『 ベッカムに恋して (2002) BEND IT LIKE BECKHAM 』等のディーパック・ナヤール Deepak Nayar、『 ユニバーサル・ソルジャー 殺戮の黙示録 (2012) 』等のボビー・ランゲロフ Bobby Ranghelov、『 ダンジョン&ドラゴン (2000) 』等のコートニー・ソロモン Courtney Solomon、そして『 シャンハイ (2010) SHANGHAI 』等のスティーヴン・スクイランテ Steven Squillante
 ★音楽は、本映画『 バレット (2012) BULLET TO THE HEAD 』他、スティーヴ・マッツァーロ Steve Mazzaro
 ★撮影監督は、本映画『 バレット (2012) BULLET TO THE HEAD 』他、『 アメリカン・パイ3: ウェディング大作戦 (2003) AMERICAN WEDDING 』『 デッドロック (2002) UNDISPUTED 』等のロイド・エイハーン二世 Lloyd Ahern II
 ★編集は、本映画『 バレット (2012) BULLET TO THE HEAD 』他、『 アンノウン (2011) UNKNOWN 』『 ジャンパー (2008) JUMPER 』『 リベリオン (2002) EQUILIBRIUM 』等のティモシー・アルヴァーソン Timothy Alverson
 ★プロダクション・デザインは、本映画『 バレット (2012) BULLET TO THE HEAD 』他、『 ワイルド・バレット (2006) 』等のトビー・コーベット Toby Corbett
 ★衣装デザインは、本映画『 バレット (2012) BULLET TO THE HEAD 』他、『 プリースト (2011) PRIEST 』『 SUPER 8/スーパーエイト (2011) SUPER 8 』『 モーツァルトとクジラ (2005) MOZART AND THE WHALE / CRAZY IN LOVE 』等のハー・ヌウィン Ha Nguyen
 ★視覚効果監修(VFXスーパーヴァイザー)は、『 悪いことしましョ! (2000) BEDAZZLED 』『 エアフォース・ワン (1997) AIR FORCE ONE 』等のリチャード・エドランド Richard Edlund、『 人生の特等席 (2012) TROUBLE WITH THE CURVE 』『 あの頃ペニー・レインと (2000) ALMOST FAMOUS 』等のフィリップ・ファイナー Phillip Feiner、『 ステップフォード・ワイフ (2004) THE STEPFORD WIVES 』『 ワイルド・スピードX2 (2003) 2 FAST 2 FURIOUS 』『 タキシード (2002) THE TUXEDO 』等のヘレナ・パッカー Helena Packer、そしてグレン・リチャード・コテ Glenn Richard Cote

【映画『バレット』解説】#03
 『 バレット (2012) BULLET TO THE HEAD 』のキャストは、
 ★ジェームズ・ボノモ通称ジミー・ボボ役には、『 エクスペンダブルズ2 (2012) THE EXPENDABLES 2 』『 エクスペンダブルズ (2010) THE EXPENDABLES 』『 TAXi 3 (2003) TAXI 3 』『 シルベスター・スタローン ザ・ボディガード (2002) AVENGING ANGELO 』『 ランボー (1982) 』『 ロッキー (1976) 』等のシルヴェスター・スタローン Sylvester Stallone
 ★DC首都警察テイラー・クォン刑事役には、『 ワイルド・スピード MEGA MAX (2011) FAST FIVE 』等のサン・カン Sung Kang
 ★リサ・ボノモ通称リサ・ボボ役には、『 リーガルに恋して (シーズン1〜2) (2011〜2012)<TV> 』のケイト・リード役や『 アダルト♂スクール (2003) OLD SCHOOL 』等のサラ・シャヒ Sarah Shahi
 ★マーカス・バプティスト役には、『 アローン・イン・ザ・ダーク (2005) ALONE IN THE DARK 』『 マインドハンター (2004) MINDHUNTERS 』『 ヘッドハンター (2004) PURSUED 』等のクリスチャン・スレイター Christian Slater
 ★ロバート・ヌコモ・モレル役には、『 遊星からの物体X ファーストコンタクト (2011) THE THING 』『 ゲット・リッチ・オア・ダイ・トライン (2005) GET RICH OR DIE TRYIN' 』『 アウト・オブ・タイム (2004) NINE LIVES / UNSTOPPABLE 』『 ボーン・アイデンティティー (2002) THE BOURNE IDENTITY 』『 ハムナプトラ2/黄金のピラミッド (2001) THE MUMMY RETURNS 』等のアドウェール・アキノエ=アグバエ Adewale Akinnuoye-Agbaje
 ★殺し屋キーガン役には、茶の間の人気ドラマ『 スターゲイト:アトランティス (シーズン2〜5) (2005〜2009)<TV> 』のロノン・デックス役、そして『 コナン・ザ・バーバリアン (2011) 』等のジェイソン・モモア Jason Momoa

【映画『バレット』解説】#04
 本映画『 バレット (2012) BULLET TO THE HEAD 』は、数多くのアクション作品を手がけてきたウォルター・ヒルとシルベスター・スタローン(シルヴェスター・スタローン)の初顔合わせで贈るアクション映画。
 生きるために“殺し”を稼業として続けてきたジミー・ボボが、相棒の復讐のために手を組んだのは、若き堅物刑事テイラー。悪名高い殺し屋と、かたくなに正義を信じる刑事。掟破りのコンビの前に立ちはだかったのは、警察、マフィア、そして若さも凶暴性もジミーを遥かに凌駕する究極のヒットマンだった・・・
 本映画『 バレット (2012) BULLET TO THE HEAD 』の監督は、ハリウッド最後の伝説、ウォルター・ヒル。『ウォリアーズ』『48時間』『ストリート・オブ・ファイヤー』など、70年代から映画史に輝く幾多のマスターピースを送りだし、世界中の映画人のリスペクトを受けてきた名匠が、シルヴェスター・スタローンの30年を越えるラブコールを受け、10年ぶりに監督復帰!その真骨頂ともいえるエンタテインメント性と、独自の“男の美学”の融合した世界を描きだす。
 本映画『 バレット (2012) BULLET TO THE HEAD 』の製作には、『 リーサル・ウェポン (1987) 』『 ダイ・ハード (1988) 』『 マトリックス (1999) THE MATRIX 』等の時代を代表する作品のみならず、シルベスター・スタローン(シルヴェスター・スタローン)、ウォルター・ヒルとも数多くの大ヒットを生み出してきた名プロデューサー、ジョエル・シルヴァー。共演は、『 ワイルド・スピード MEGA MAX (2011) FAST FIVE 』シリーズのサン・カン、『コナン・ザ・バーバリアン』でシュワルツェネッガーから、稀代のキャラクター、コナンを引き継いだジェイソン・モモア、クリスチャン・スレイターら骨太なキャストが、ウォルター・ヒルの“男の世界”を体現するため集まった。

【映画『バレット』解説】#05
 本映画『 バレット (2012) BULLET TO THE HEAD 』は、アレクシス・ノランによるフランスのグラフィックノベル『Du Plomb Dans La Tete(フランス語の意味=頭に弾丸)』を原作とし、アレサンドロ・キャモンが脚本を執筆した。
 本映画『 バレット (2012) BULLET TO THE HEAD 』は、『 アイ・アム・ナンバー4 (2011) I AM NUMBER FOUR 』の製作チームが手がけている。映画を手がけたエグゼクティブは、「(この映画は)まさに私たちのビジネスモデルに合ったテンポの速く、普遍的テーマのプロジェクトである。シルヴェスター・スタローンは、国際的なアイコンであり、我々は彼と一緒に働けることに本当に興奮している」と述べた。
 本映画『 バレット (2012) BULLET TO THE HEAD 』は、元々は『 マインドハンター (2004) MINDHUNTERS 』のウェイン・クラマーが監督する予定であったが、スタローンが映画をよりダークな作風にすることを望んだために降板した。
 本映画『 バレット (2012) BULLET TO THE HEAD 』は、『 パニッシャー (2004) THE PUNISHER 』のトーマス・ジェーンが元々演じる予定であったテイラー・クォン刑事役はサン・カンに変更された。これはプロデューサーのジョエル・シルヴァーが、幅広い視聴者にアピールするためにより「エスニックな」俳優の必要性を主張したために決まったためだ。
 本映画『 バレット (2012) BULLET TO THE HEAD 』の撮影は、2011年6月27日にアメリカ合衆国のニューオーリンズで始まった。

 スタローン新章開始!
 シルヴェスター・スタローンとウォルター・ヒル。21世紀、遂に実現する奇跡の初タッグ。映画史上の生ける伝説二人の情熱が、悪=殺し屋ジェームズ・ボノモ(通称ジミー・ボボ)の鮮烈な生き様をスクリーンに撃ち放つ!
 ハリウッド最後の伝説:ウォルター・ヒル監督との初タッグで放つ<悪>の弾丸!
 是非、劇場でご覧下さい!


※livedoor版【バレットの解説@映画の森てんこ森】
※参考資料:『バレット』EPK、公式サイト『バレット』、『バレット BULLET TO THE HEAD』-Wikipedia

Text編集:安藤奈津

| ←前の閲覧ページに戻る |▲TOP | ▲目次 |
映画の森てんこ森代表:幸田幸
coda_sati@hotmail.com
「映画の森てんこ森」へ 「旅行の森てんこ森」へ
映画解説・レヴュータイトル一覧表へ
映画の森てんこ森 バナー03

映画の森てんこ森 coda21幸田幸 クレジット バナー01
幸のイタリア各都市情報へ
旅行の森てんこ森 バナー03
136x70
本サイトの作文、データ及び画像などのコンテンツの無断転用はお控え下さい。
貴サイトへの御掲載についてはメールにてお知らせ頂ければ幸いです。
© 2002-2013 Sachi CODA at Eigano-Mori Tenko-Mori, CODA21. All Rights Reserved.



borocsoborocso  at 11:00 この記事をクリップ! 

『バレット』キャストフィルモ@映画の森てんこ森

『バレット』キャストフィルモ@映画の森てんこ森
 映画の森てんこ森■映画『バレット』
『バレット』キャストフィルモ
BULLET TO THE HEAD
| 「映画の森てんこ森」表紙 | 新作映画Top | タイトル一覧 | 本ページ更新 |
■『バレット』キャストフィルモ
 以下の映画『バレット』のキャスト(cast)のフィルモグラフィーは、<『 バレット 』キャストフィルモ>として主なキャストを番号整理しています。
 ※ネタバレご注意:以下の『 バレット (2012) BULLET TO THE HEAD 』(画面切替)のスタッフのフィルモグラフィーにはネタバレが含まれている場合があります。映画『バレット』(画面切替)をまだご覧になっていない方はご注意ください。

●『バレット』キャストフィルモ#01★シルヴェスター・スタローン Sylvester Stallone
 本映画『 バレット (2012) BULLET TO THE HEAD 』で、主人公のジミー・ボノモ役を演じるシルヴェスター・スタローン Sylvester Stallone は、1946/07/06生まれ、アメリカ合衆国ニューヨーク州ニューヨーク出身。シルヴェスター・スタローンのフィルモグラフィーを見ると、
 【フィルモグラフィー】
バレット (2012) BULLET TO THE HEAD 』 ジミー・ボノモ(ジェームズ・ボノモ通称ジミー・ボボ)
エクスペンダブルズ2 (2012) THE EXPENDABLES 2 』 脚本/バーニー・ロス
『 Mr.ズーキーパーの婚活動物園 (2011)<未> 』 声の出演
エクスペンダブルズ (2010) THE EXPENDABLES 』 監督/脚本/バーニー・ロス
『 スタローン in ハリウッド・トラブル (2009)<未> 』
『 ランボー 最後の戦場 (2008) 』 監督/脚本/ジョン・ランボー
『 ロッキー・ザ・ファイナル (2006) 』 監督/脚本/ロッキー・バルボア
『 ラスベガス (シーズン2) (2004〜2005)<TV> 』 出演
シェイド (2003) SHADE 』 ディーン
『 スパイキッズ3-D:ゲームオーバー (2003) 』 トイメイカー
TAXi 3 (2003) TAXI 3
『 アート・オブ・アクション マーシャル・アーツ・フィルムの変還 (2002)<TVM> 』
シルベスター・スタローン ザ・ボディガード (2002) AVENGING ANGELO 』 フランキー・デラーノ
D-TOX (2002) 』 ジェイク・マロイ
ドリヴン (2001) 』 脚本/製作/ジョー・タント
追撃者 (2000)
『 アラン・スミシー・フィルム (1998)<未> 』
『 ジャッキー・チェン マイ・ストーリー (1998)<OV> 』
『 アンツ (1998)  』 声の出演
『 コップランド (1997) 』 フレディ
『 デイライト (1996) 』 キット・ラトゥーラ
『 暗殺者 (1995) 』
『 ジャッジ・ドレッド (1995) 』 ジャッジ・ドレッド
『 スペシャリスト (1994) 』
デモリションマン (1993) 』 ジョン・スパルタン
クリフハンガー (1993) 』 脚本/ゲイブ・ウォーカー
『 刑事ジョー/ママにお手あげ (1992) 』
『 オスカー (1991) 』
『 ロッキー5/最後のドラマ (1990) 』 脚本/ ロッキー
『 シルベスター・スタローンの レインボー (1989)<未> 』
『 デッドフォール (1989) 』 レイモンド・タンゴ
『 ロックアップ (1989) 』
『 ランボー3/怒りのアフガン (1988) 』 脚本/ジョン・ランボー
『 オーバー・ザ・トップ (1987) 』 脚本/出演
『 コブラ (1986) 』 脚本/コブラ
ロッキー4/炎の友情 (1985) 』 監督/脚本/ロッキー
ランボー/怒りの脱出 (1985) 』 脚本/ジョン・J・ランボー
『 クラブ・ラインストーン/今夜は最高! (1984) 』 脚本/出演
ステイン・アライブ (1983) 』 監督/脚本/製作/カメオ出演
『 ランボー (1982) 』 脚本/製作/ジョン・J・ランボー
ロッキー3 (1982) 』 監督/脚本/ロッキー
『 ナイトホークス (1981) 』
『 勝利への脱出 (1980) 』
ロッキー2 (1979) 』 監督/脚本/ロッキー
『 パラダイス・アレイ (1978) 』 監督/脚本/原作/出演
『 フィスト (1978) 』 脚本/出演
ロッキー (1976) 』 脚本/ロッキー
『 ビッグ・ボス (1975) 』
『 デス・レース2000年 (1975) 』 マシンガン・ジョー
『 さらば愛しき女よ (1975) 』
『 ブルックリンの青春 (1974)<未> 』
『 レベル (1973)<未> 』
『 ウディ・アレンのバナナ (1971)<未> 』
『 ザ・イタリアン・スタローン (1970)<未> 』 スタッド
等の映画作品がある。


●『バレット』キャストフィルモ#02★サン・カン Sung Kang
 本映画『 バレット (2012) BULLET TO THE HEAD 』で、DC首都警察テイラー・クォン刑事役を演じるサン・カン Sung Kang は、1972/04/08生まれ、アメリカ合衆国ジョージア州出身。サン・カンのフィルモグラフィーを見ると、
 【フィルモグラフィー】
バレット (2012) BULLET TO THE HEAD 』 DC首都警察テイラー・クォン刑事
ワイルド・スピード MEGA MAX (2011) FAST FIVE 』 ハン・ルエ
『 メンタル:癒しのカルテ (2009)<TV> 』 出演
『 ニンジャ・アサシン (2009) 』
『 ワイルド・スピード MAX (2009) 』 ハン・ルエ
『 ナイトライダー ネクスト (2008〜2009)<TV> 』 出演
『 CSI:9 科学捜査班 (2008〜2009)<TV> 』 出演
『 名探偵モンク6 (2008〜2009)<TV> 』 出演
『 阿呆遊戯 ブルース・リーを探せ! (2007)<未> 』
『 ダイ・ハード4.0 (2007) 』
『 交渉人 〜Standoff (2006〜2007)<TV> 』 出演
『 CSI:マイアミ5 (2006〜2007)<TV> 』 出演
『 ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT (2006) 』 ハン
『 WITHOUT A TRACE/FBI 失踪者を追え! (シーズン3) (2004〜2005)<TV> 』 出演
『 コールドケース2 (2004〜2005)<TV> 』 出演
『 レッド・ブレイド (2004)<未> 』
『 ザ・シールド 〜ルール無用の警察バッジ〜 (シーズン2) (2003)<TV> 』 出演
『 NYPD BLUE 〜ニューヨーク市警15分署 (シーズン8) (2001)<TV> 』 出演
等の映画・TV作品がある。


●『バレット』キャストフィルモ#03★サラ・シャヒ Sarah Shahi
 本映画『 バレット (2012) BULLET TO THE HEAD 』で、リサ・ボノモ(通称リサ・ボボ)役を演じるサラ・シャヒ Sarah Shahi は、1980/01/10生まれ、アメリカ合衆国テキサス州出身。サラ・シャヒのフィルモグラフィーを見ると、
 【フィルモグラフィー】
『 リーガルに恋して (シーズン2) (2012)<TV> 』 ケイト・リード
バレット (2012) BULLET TO THE HEAD 』 リサ・ボノモ(通称リサ・ボボ)
『 ダメ男がモテる本当の理由 (2011)<未> 』
『 リーガルに恋して (シーズン1) (2011)<TV> 』 ケイト・リード
『 ケイト・レディが完璧(パーフェクト)な理由(ワケ) (2011) 』
『 サイク/名探偵はサイキック? (シーズン4) (2009〜2010)<TV> 』 ルビー
『 Life 真実へのパズル (シーズン2) (2008〜2009)<TV> 』 ダニ・リース
『 Life 真実へのパズル (シーズン1) (2007)<TV> 』 ダニ・リース
『 ザ・ソプラノズ/哀愁のマフィア (第6シーズン) (2006〜2007)<TV> 』 出演
『 Lの世界 (シーズン3) (2006)<TV> 』 カルメン・デ・ラ・ピカ・モラレス
『 SUPERNATURAL スーパーナチュラル (シーズン1) (2005〜2006)<TV> 』 出演
『 Lの世界 (シーズン2) (2005)<TV> 』 カルメン・デ・ラ・ピカ・モラレス
『 ER X 緊急救命室 (第10シーズン) (2003〜2004)<TV> 』 出演
アダルト♂スクール (2003) OLD SCHOOL
『 エイリアス/2重スパイの女 (2001〜2002)<TV> 』 ジェニー
『 ボストン・パブリック (シーズン1) (2000〜2001)<TV> 』 出演
等の映画・TV作品がある。


●『バレット』キャストフィルモ#04★クリスチャン・スレイター Christian Slater
 本映画『 バレット (2012) BULLET TO THE HEAD 』で、マーカス・バプティスト役を演じるクリスチャン・スレイター Christian Slater は、1969/08/18生まれ、アメリカ合衆国ニューヨーク州ニューヨーク出身。クリスチャン・スレイターのフィルモグラフィーを見ると、
 【フィルモグラフィー】
バレット (2012) BULLET TO THE HEAD 』 マーカス・バプティスト
『 ソルジャーズ・アイランド (2012) 』 クレイグ
『 クロス・オーバー (2011)<未> 』
『 ザ・マーダー (2011)<未> 』 ヴコヴィッチFBI捜査官
『 プレイバック (2011)<未> 』
『 ドン底女子のハッピー・スキャンダル (2011)<未> 』
『 スティーブン・キング ドランのキャデラック (2009)<未> 』
『 クロス・ゲーム (2009)<未> 』
『 ラリーのミッドライフ★クライシス (シーズン7) (2009)<TV> 』 出演
『 チェイス・ヴァニッシャー (2008)<OV> 』
『 スリップストリーム (2007)<未> 』
『 プリンス・オブ・アーク (2007)<未>  』 声の』
『 その男は、静かな隣人 (2007)<未> 』
『 マイネーム・イズ・アール (シーズン2) (2006〜2007)<TV> 』 出演
『 ボビー (2006) 』 ティモンズ
『 インビジブル2 (2006) 』 マイケル・グリフィン
『 陰謀のターゲット (2005)<未> 』 製作総指揮/出演
アローン・イン・ザ・ダーク (2005) ALONE IN THE DARK 』 エドワード・カンビー
『 レッド・イノセンス (2004)<未> 』
『 チャーチルズ・ウォー (2004)<未> 』
マインドハンター (2004) MINDHUNTERS 』 JD
ヘッドハンター (2004) PURSUED 』 ヴィンセント・パーマー
ボブ・ディランの頭のなか (2003) MASKED AND ANONYMOUS
『 ザ・ホワイトハウス4 (2002〜2003)<TV> 』 ジャック・リース少佐
『 エイリアス2 (2002〜2003)<TV> 』 ニール・キャプラン
ハードキャッシュ (2002) HARD CASH / RUN FOR THE MONEY 』 テイラー
ウインドトーカーズ (2002) WINDTALKERS 』 オックス・アンダーソン
ズーランダー (2001) ZOOLANDER
『 クライム&ダイヤモンド (2001) 』 トレバー・フィンチ
スコーピオン (2001) 』 ハンソン
ザ・コンテンダー (2000)
『 ベリー・バッド・ウェディング (1998) 』
『 フラッド (1998) 』
『 バジル (1997) 』 製作/ジョン
オースティン・パワーズ (1997) AUSTIN POWERS: INTERNATIONAL MAN OF MYSTERY
『 ジュリアン・ポーの涙 (1997) 』
『 ミュージアム・オブ・ラブ (1996)<TVM> 』 監督
『 ブロークン・アロー (1996) 』 ライリー・ヘイル大尉
『 マンハッタン花物語 (1995) 』
『 SUPER MODEL’S CATWALK (1995) 』
『 告発 (1995) 』
『 ジミー・ハリウッド (1994)<未> 』
インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア (1994) 』 ダニエル
『 トゥルー・ロマンス (1993) 』 クラレンス・ウォリー
忘れられない人 (1993) UNTAMED HEART 』 アダム
『 不思議の森の妖精たち (1992)  』 声の』
『 ハートブレイク・タウン (1992) 』
『 カフス! (1992) 』 ジョージ・カフス
『 スター・トレックVI/未知の世界 (1991) 』 エクセルシオ上官
『 モブスターズ/青春の群像 (1991) 』
『 ロビン・フッド (1991) 』
『 今夜はトーク・ハード (1990) 』
『 ローリング・キッズ (1990) 』
『 フロム・ザ・ダークサイド/3つの闇の物語 (1990) 』
『 スウィート・ロード (1989) 』
『 ヘザース/ベロニカの熱い日 (1989) 』
『 宇宙への選択 (1989) 』
『 クリスチャン・スレーターの 愛が欲しくてたまらない (1988)<TVM> 』
『 ヤングガン2 (1988) 』
薔薇の名前 (1986)
『 ビリージーンの伝説 (1985)<未> 』 ビンクス
『 フロム・ザ・ダークサイド/ある頑固者の死 (1984)<TV> 』
『 ハンク・ウィリアムスJr.物語 偉大なる父へ (1983)<TVM> 』 
等の映画・TV作品がある。


●『バレット』キャストフィルモ#05★アドウェール・アキノエ=アグバエ Adewale Akinnuoye-Agbaje
 本映画『 バレット (2012) BULLET TO THE HEAD 』で、 ロバート・ヌコモ・モレル役を演じるアドウェール・アキノエ=アグバエ Adewale Akinnuoye-Agbaje は、1967/08/22生まれ、イギリスのロンドン出身。アドウェール・アキノエ=アグバエのフィルモグラフィーを見ると、
【フィルモグラフィー】
バレット (2012) BULLET TO THE HEAD 』 ロバート・ヌコモ・モレル
遊星からの物体X ファーストコンタクト (2011) THE THING 』 デレク・ジェイムソン
『 ファースター 怒りの銃弾 (2010) 』
『 名探偵モンク7 (2009)<TV> 』
『 G.I.ジョー (2009) 』
『 LOST (シーズン2) (2005〜2006)<TV> 』 ミスター・エコー
ゲット・リッチ・オア・ダイ・トライン (2005) GET RICH OR DIE TRYIN' 』 マジェスティック
アウト・オブ・タイム (2004) NINE LIVES / UNSTOPPABLE 』 ジュノー
ボーン・アイデンティティー (2002) THE BOURNE IDENTITY 』 ニクワナ・ウォンボシ
ハムナプトラ2/黄金のピラミッド (2001) THE MUMMY RETURNS 』 ロック・ナー
『 OZ/オズ (シーズン4) (2000〜2001)<TV> 』 サイモン・アデビシ
『 OZ/オズ (シーズン3) (1999)<TV> 』 サイモン・アデビシ
『 OZ/オズ (シーズン2) (1998)<TV> 』 サイモン・アデビシ
『 レジョネア 戦場の狼たち (1998) 』 ルーサー
『 ディープ・シー20000 (1997)<未> 』
『 OZ/オズ (シーズン1) (1997)<TV> 』 サイモン・アデビシ
『 NO EXIT(ノーイグジット)海上の惨劇 (1996)<TVM> 』
『 ジム・キャリーのエースにおまかせ (1995) 』
『 コンゴ (1995) 』
等の映画・TV作品がある。


●『バレット』キャストフィルモ#06★ジェイソン・モモア Jason Momoa
 本映画『 バレット (2012) BULLET TO THE HEAD 』で、殺し屋キーガン役を演じるジェイソン・モモア Jason Momoa は、1979/08/01生まれ、アメリカ合衆国ハワイ州ホノルル出身。ジェイソン・モモアのフィルモグラフィーを見ると、
 【フィルモグラフィー】
バレット (2012) BULLET TO THE HEAD 』 殺し屋キーガン
『 ゲーム・オブ・スローンズ (2011)<TV> 』 カール・ドロゴ
『 コナン・ザ・バーバリアン (2011) 』 コナン
『 スターゲイト:アトランティス (シーズン5) (2008〜2009)<TV> 』 ロノン・デックス
『 スターゲイト:アトランティス (シーズン4) (2007〜2008)<TV> 』 ロノン・デックス
『 スターゲイト:アトランティス (シーズン3) (2006〜2007)<TV> 』 ロノン・デックス
『 スターゲイト:アトランティス (シーズン2) (2005〜2006)<TV> 』 ロノン・デックス
『 NORTH SHORE ノース・ショア (2004〜2005)<TV> 』 フランキー・ソー
『 ジョンソン一家の ババババケーション (2004)<未> 』
等の映画・TV作品がある。


※『BULLET TO THE HEAD』-Wikipedia、『BULLET TO THE HEAD』-IMDb、『バレット』EPK、公式サイト引用
| ←前の閲覧ページに戻る |▲TOP | ▲目次 |
映画の森てんこ森代表:幸田幸
coda_sati@hotmail.com
「映画の森てんこ森」へ 「旅行の森てんこ森」へ
映画解説・レヴュータイトル一覧表へ
映画の森てんこ森 バナー03

映画の森てんこ森 coda21幸田幸 クレジット バナー01
幸のイタリア各都市情報へ
旅行の森てんこ森 バナー03
136x70
本サイトの作文、データ及び画像などのコンテンツの無断転用はお控え下さい。
貴サイトへの御掲載についてはメールにてお知らせ頂ければ幸いです。
© 2002-2013 Sachi CODA at Eigano-Mori Tenko-Mori, CODA21. All Rights Reserved.



borocsoborocso  at 01:00 この記事をクリップ! 

『バレット』視覚効果監修@映画の森てんこ森

『バレット』視覚効果監修@映画の森てんこ森
 映画の森てんこ森■映画『バレット』
『バレット』視覚効果監修
BULLET TO THE HEAD
| 「映画の森てんこ森」表紙 | 新作映画Top | タイトル一覧 | 本ページ更新 |
■『バレット』スタッフフィルモ
 以下の映画『バレット』の視覚効果監修のフィルモグラフィーは、<『 バレット 』スタッフフィルモ>として番号整理しています。
 ※ネタバレご注意:以下の『 バレット (2012) BULLET TO THE HEAD 』(画面切替)のスタッフのフィルモグラフィーにはネタバレが含まれている場合があります。映画『バレット (2012) BULLET TO THE HEAD』(画面切替)をまだご覧になっていない方はご注意ください。

●『バレット』スタッフフィルモ#22◆リチャード・エドランド Richard Edlund
 本映画『 バレット (2012) BULLET TO THE HEAD 』で、視覚効果監修=VFX(ヴィジュアル・エフェクト・スーパーバイザー)を務めるリチャード・エドランド Richard Edlund は、1940/12/06生まれ、アメリカ合衆国ノースダコタ州ファーゴ出身。2013年5月21日現在で、40本の映画作品の視覚効果の色々な作業に関わっている。アカデミー賞を、『 スター・ウォーズ/帝国の逆襲 (1980) 』で特別業績賞(視覚効果)と『 レイダース/失われたアーク《聖櫃》 (1981) 』で視覚効果賞の2回獲得しているオスカー・アーティストである。リチャード・エドランドのフィルモグラフィーを見ると、
【フィルモグラフィー】
バレット (2012) BULLET TO THE HEAD 』 視覚効果監修
悪いことしましョ! (2000) BEDAZZLED 』 視覚効果監修
エアフォース・ワン (1997) AIR FORCE ONE 』 特殊効果
『 スター・ウォーズ/ジェダイの復讐 特別篇 (1997) 』 特撮
『 スター・ウォーズ/帝国の逆襲 特別篇 (1997) 』 特撮
『 スター・ウォーズ 特別篇 (1997) 』 特撮
『 スピーシーズ/種の起源 (1995) 』 特撮
『 エイリアン3 (1992) 』 特撮
ゴースト/ニューヨークの幻 (1990) 』 特撮
『 クライシス2050 (1990) 』 SFX/プロデューサー/特撮監督
ダイ・ハード (1988) 』 特撮
『 ビル・コスビーのそれ行けレオナルド (1987)<未> 』 特撮
『 マスターズ/超空の覇者 (1987) 』 特撮
天使とデート (1987) 』 特撮
『 ドラキュリアン (1987) 』 特撮
『 太陽の7人 (1986) 』 特撮
『 ミリィ/少年は空を飛んだ (1986) 』 特撮
『 ポルターガイスト2 (1986) 』 特撮
フライトナイト (1985) 』 特撮
『 2010年 (1984) 』 特撮
ゴーストバスターズ (1984) 』 特撮
『 スター・ウォーズ/ジェダイの復讐 (1983) 』 特撮
ポルターガイスト (1982) 』 特撮
レイダース/失われたアーク《聖櫃》 (1981) 』 特撮
『 スター・ウォーズ/帝国の逆襲 (1980) 』 特撮
等の映画作品がある。


●『バレット』スタッフフィルモ#23◆フィリップ・ファイナー Phillip Feiner
 本映画『 バレット (2012) BULLET TO THE HEAD 』で、視覚効果監修=VFX(ヴィジュアル・エフェクト・スーパーバイザー)を務めるフィリップ・ファイナー Phillip Feiner は、2013年5月21日現在で、8本の映画作品の視覚効果の色々な作業に関わっている。フィリップ・ファイナーのフィルモグラフィーを見ると、映画の森てんこ森では、
【フィルモグラフィー】
バレット (2012) BULLET TO THE HEAD 』 視覚効果監修
人生の特等席 (2012) TROUBLE WITH THE CURVE 』 視覚効果監修
あの頃ペニー・レインと (2000) ALMOST FAMOUS 』 (production executive: Pacific Title Digital - as Phil Feiner)
等の映画作品がある。


●『バレット』スタッフフィルモ#24◆ヘレナ・パッカー Helena Packer
 本映画『 バレット (2012) BULLET TO THE HEAD 』で、視覚効果監修=VFX(ヴィジュアル・エフェクト・スーパーバイザー)を務めるヘレナ・パッカー Helena Packer は、2013年5月21日現在で、23本の映画作品の視覚効果の色々な作業に関わっている。ヘレナ・パッカーのフィルモグラフィーを見ると、映画の森てんこ森では、
【フィルモグラフィー】
バレット (2012) BULLET TO THE HEAD 』 視覚効果監修
ステップフォード・ワイフ (2004) THE STEPFORD WIVES 』 (視覚効果監修: Whodoo EFX)
ワイルド・スピードX2 (2003) 2 FAST 2 FURIOUS 』 (デジタル・エフェクト・スーパーバイザー: WhoDoo EFX)
タキシード (2002) THE TUXEDO 』 (視覚効果監修: WhoDoo EFX)
ビッグ・マネー (2001) What's The Worst That Could Happen? 』 視覚効果監修
エアフォース・ワン (1997) AIR FORCE ONE 』 (デジタル・コンポジター: Boss Film - uncredited)
等の映画作品がある。


●『バレット』スタッフフィルモ#25◆グレン・リチャード・コテ Glenn Richard Cote
 本映画『 バレット (2012) BULLET TO THE HEAD 』で、視覚効果監修=VFX(ヴィジュアル・エフェクト・スーパーバイザー)を務めるグレン・リチャード・コテ Glenn Richard Cote は、1964/11/10生まれ、アメリカ合衆国出身。2013年5月21日現在で、5本の映画作品の視覚効果の色々な作業に関わっている。グレン・リチャード・コテのフィルモグラフィーを見ると、映画の森てんこ森では、
【フィルモグラフィー】
バレット (2012) BULLET TO THE HEAD 』 視覚効果監修
等の映画作品がある。


※『BULLET TO THE HEAD』-Wikipedia、『BULLET TO THE HEAD』-IMDb、『バレット』EPK、公式サイト引用
| ←前の閲覧ページに戻る |▲TOP | ▲目次 |
映画の森てんこ森代表:幸田幸
coda_sati@hotmail.com
「映画の森てんこ森」へ 「旅行の森てんこ森」へ
映画解説・レヴュータイトル一覧表へ
映画の森てんこ森 バナー03

映画の森てんこ森 coda21幸田幸 クレジット バナー01
幸のイタリア各都市情報へ
旅行の森てんこ森 バナー03
136x70
本サイトの作文、データ及び画像などのコンテンツの無断転用はお控え下さい。
貴サイトへの御掲載についてはメールにてお知らせ頂ければ幸いです。
© 2002-2013 Sachi CODA at Eigano-Mori Tenko-Mori, CODA21. All Rights Reserved.



borocsoborocso  at 00:50 この記事をクリップ! 

ジョエル・シルヴァー@映画の森てんこ森

ジョエル・シルヴァー@映画の森てんこ森
 映画の森てんこ森■映画『バレット』
ジョエル・シルヴァー
BULLET TO THE HEAD
| 「映画の森てんこ森」表紙 | 新作映画Top | タイトル一覧 | 本ページ更新 |
■『バレット』スタッフフィルモ
 以下のジョエル・シルヴァー Joel Silver のフィルモグラフィーは、<『 バレット 』スタッフフィルモ>として番号整理しています。
 ※ネタバレご注意:以下の『 バレット (2012) BULLET TO THE HEAD 』(画面切替)のスタッフのフィルモグラフィーにはネタバレが含まれている場合があります。映画『バレット (2012) BULLET TO THE HEAD』(画面切替)をまだご覧になっていない方はご注意ください。

●『バレット』スタッフフィルモ#09◆ジョエル・シルヴァー Joel Silver
 本映画『 バレット (2012) BULLET TO THE HEAD 』で、製作プロデューサーのジョエル・シルヴァー Joel Silver は1952/07/14生まれ、アメリカのニュージャージー州出身。『リーサル・ウェポン』、『ダイ・ハード』、『マトリックス』の各シリーズなど、実力ある監督たちと組み、派手な視覚効果を満載したアクション映画を製作して知られる人物である。ジョエル・シルヴァーはニュージャージー州サウスオレンジで育った。彼は同州メープルウッドにある名門コロンビア高校に在籍中、友人らとフリスビーをしているうちに「アルティメット・フリスビー」(現在のアルティメット)という競技の創始者の一人になった。1970年にペンシルベニア州のラファイエット・カレッジ進学後、彼は初の大学アルティメットチームを結成している。彼は映画教育などで知られるニューヨーク大学の芸術学部、ティッシュ・スクール・オブ・アーツで学位号を得た。彼は映画界に進んだ。ローレンス・ゴードンの製作会社「ローレンス・ゴードン・ピクチャーズ」で働き、最初に名前がクレジットされた映画は1979年のウォルター・ヒル監督の映画『ウォリアーズ』だった。1980年代以後、ゴードンの下で『48時間』(1982年)、『ストリート・オブ・ファイヤー』(1984年)などのアクション映画を製作して成功し、1985年には自身の製作会社「シルバー・ピクチャーズ」を設立した。ジョエル・シルヴァーは、シルヴァー・ピクチャーズを率いるほか、1999年にロバート・ゼメキスと共同でホラー映画専門の制作会社ダーク・キャッスル・エンターテインメントを設立している。ジョエル・シルヴァーのフィルモグラフィーを見ると、
【フィルモグラフィー】
バレット (2012) BULLET TO THE HEAD 』 製作
シャーロック・ホームズ シャドウ ゲーム (2011) SHERLOCK HOLMES: A GAME OF SHADOWS 』 製作
アンノウン (2011) UNKNOWN 』 製作
『 ルーザーズ (2010)<未> 』 製作
『 ザ・ウォーカー (2010) 』 製作
『 ヒルズ・ラン・レッド -殺人の記録- (2009)<未> 』 製作総指揮
シャーロック・ホームズ (2009) SHERLOCK HOLMES 』 製作
『 ニンジャ・アサシン (2009) 』 製作
『 ホワイトアウト (2009) 』 製作
『 エスター (2009) 』 製作
『 スプライス (2008) 』 製作総指揮
『 ロックンローラ (2008) 』 製作
『 スピード・レーサー (2008) 』 製作
『 TATARI タタリ/呪いの館 (2007)<OV> 』 製作総指揮
『 ブラザーサンタ (2007) 』 製作
『 ブレイブ ワン (2007) 』 製作
『 インベージョン (2007) 』 製作
『 リーピング (2007) 』 製作
『 アントラージュ★オレたちのハリウッド (シーズン3) (2006〜2007)<TV> 』 出演
『 ヴェロニカ・マーズ (シーズン3) (2006〜2007)<TV> 』 製作総指揮
『 ヴェロニカ・マーズ (シーズン2) (2005〜2006)<TV> 』 製作総指揮
Vフォー・ヴェンデッタ (2006) V FOR VENDETTA 』 製作
キスキス,バンバン (2005) KISS KISS, BANG BANG 』 製作
蝋人形の館 (2005) HOUSE OF WAX 』 製作
『 ヴェロニカ・マーズ (シーズン1) (2004〜2005)<TV> 』 製作総指揮
『 24エスケープ (2004)<TVM> 』 製作総指揮
『 キアヌ・リーブス リローデッド・フォー・サクセス (2003)<OV> 』 出演
『 これがアクション映画だ! (2003)<TVM> 』 出演
ゴシカ (2003) GOTHIKA 』 製作
マトリックス レボリューションズ (2003) THE MATRIX REVOLUTIONS 』 製作
マトリックス リローデッド (2003) THE MATRIX RELOADED 』 製作
『 アニマトリックス (2003)  』 製作総指揮
ブラック・ダイヤモンド (2003) CRADLE 2 THE GRAVE 』 製作
『 ラナウェイ・ジェーン (2002)<TVM> 』 製作総指揮
ゴーストシップ (2002) GHOST SHIP 』 製作
『 JUSTICE 必殺 (2001)<未> 』 製作
『 マトリックス リビジデッド (2001)<OV> 』 出演/製作総指揮
『 デス・ヴィレッジ (2001)<未> 』 製作総指揮
13ゴースト (2001) THIR13EN GHOSTS / 13 GHOSTS 』 製作
ソードフィッシュ (2001) 』 製作
DENGEKI 電撃 (2001) 』 製作
『 ダンジョン&ドラゴン (2000) 』 製作総指揮
ロミオ・マスト・ダイ (2000) ROMEO MUST DIE 』 製作
『 TATARI タタリ (1999) 』 製作
マトリックス (1999) THE MATRIX 』 製作
『 ブルズ・アイ (1998)<未> 』 製作
リーサル・ウェポン4 (1998) LETHAL WEAPON 4 』 製作
『 クロニクル 倒錯科学研究所 (1997)<TV> 』 製作総指揮
『 ザ・クリーナー (1997) 』 製作
『 ファーザーズ・デイ (1997) 』 製作
『 陰謀のセオリー (1997) 』 製作
『 エグゼクティブ・デシジョン (1996) 』 製作
『 スクリーンのかなた/アメリカ映画100年史 (1995)<TVM> 』 製作総指揮
『 デーモン・ナイト (1995)<未> 』 製作総指揮
『 ボーデロ・オブ・ブラッド/血まみれの売春宿 (1995)<未> 』 製作総指揮
『 W.E.I.R.D. WORLD ウィアード・ワールド (1995)<TVM> 』 製作総指揮
『 フェア・ゲーム (1995) 』 製作
『 暗殺者 (1995) 』 製作
『 リッチー・リッチ (1994) 』 製作
『 ゴブリン (1993)<TVM> 』 製作総指揮
『 ダーク・プロフェシー (1993)<TVM> 』 製作総指揮
『 ルシファー (1993)<TVM> 』 製作総指揮
デモリションマン (1993) 』 製作
『 新ハリウッド・ナイトメア(4) (1992)<TVM> 』
『 リーサル・ウェポン3 (1992) 』 製作
『 ハリウッド・ナイトメア(1) (1991)<TVM> 』 製作総指揮
『 ハリウッド・ナイトメア(2) (1991)<TVM> 』 製作総指揮
『 ハリウッド・ナイトメア(3) (1991)<TVM> 』 製作総指揮
『 ハリウッド・ナイトメア(4) (1991)<TVM> 』 製作総指揮
『 ハリウッド・アドベンチャー/3つの扉 (1991)<TVM> 』 製作総指揮
『 リコシェ (1991) 』 製作
『 ラスト・ボーイスカウト (1991) 』 製作
『 フィアー・ナイト (1990)<TVM> 』 製作総指揮
『 私立探偵パーカー・ケイン (1990)<TVM> 』 製作総指揮
『 ハドソン・ホーク (1990) 』 製作
『 プレデター2 (1990) 』 製作
『 フォード・フェアレーンの冒険 (1990) 』 製作
ダイ・ハード2 (1990) 』 製作
『 スクリーム (1989)<TVM> 』 製作総指揮
『 ミステリーズ・パーティ (1989)<TVM> 』 製作総指揮
『 リーサル・ウェポン2/炎の約束 (1989) 』 製作
『 ロードハウス/孤独の街 (1989) 』 製作
ダイ・ハード (1988) 』 製作
『 アクション・ジャクソン/大都会最前線 (1987) 』 製作
シュワルツェネッガー/プレデター (1987) 』 製作
『 リーサル・ウェポン (1987) 』 製作
『 ジャンピン・ジャック・フラッシュ (1986) 』 製作
『 ときめきサイエンス (1985) 』 製作
『 コマンドー (1985) 』 製作
『 マイナー・ブラザース/史上最大の賭け (1985) 』 製作
『 ストリート・オブ・ファイヤー (1984) 』 製作
『 新・ジキル博士とハイド氏 (1982)<未> 』 製作総指揮
『 48時間 (1982) 』 製作
『 ザナドゥ (1980) 』 製作
『 ウォリアーズ (1979) 』 製作補
等の映画・TV作品がある。


※『BULLET TO THE HEAD』-Wikipedia、『BULLET TO THE HEAD』-IMDb、『バレット』EPK、公式サイト引用
| ←前の閲覧ページに戻る |▲TOP | ▲目次 |
映画の森てんこ森代表:幸田幸
coda_sati@hotmail.com
「映画の森てんこ森」へ 「旅行の森てんこ森」へ
映画解説・レヴュータイトル一覧表へ
映画の森てんこ森 バナー03

映画の森てんこ森 coda21幸田幸 クレジット バナー01
幸のイタリア各都市情報へ
旅行の森てんこ森 バナー03
136x70
本サイトの作文、データ及び画像などのコンテンツの無断転用はお控え下さい。
貴サイトへの御掲載についてはメールにてお知らせ頂ければ幸いです。
© 2002-2013 Sachi CODA at Eigano-Mori Tenko-Mori, CODA21. All Rights Reserved.



borocsoborocso  at 00:40 この記事をクリップ! 

ウォルター・ヒル@映画の森てんこ森

ウォルター・ヒル@映画の森てんこ森
 映画の森てんこ森■映画『バレット』
ウォルター・ヒル
BULLET TO THE HEAD
| 「映画の森てんこ森」表紙 | 新作映画Top | タイトル一覧 | 本ページ更新 |
■ウォルター・ヒル
 以下の映画『バレット』監督ウォルター・ヒル Walter Hill のフィルモグラフィーは、<『 バレット 』スタッフフィルモ>として番号整理しています。
 ※ネタバレご注意:以下の『 バレット (2012) BULLET TO THE HEAD 』(画面切替)のスタッフのフィルモグラフィーにはネタバレが含まれている場合があります。映画『バレット (2012) BULLET TO THE HEAD』(画面切替)をまだご覧になっていない方はご注意ください。

●ウォルター・ヒル#01◆ウォルター・ヒル Walter Hill
 本映画『 バレット (2012) BULLET TO THE HEAD 』で、監督として指揮を執るウォルター・ヒル Walter Hill は、映画監督、脚本家、映画プロデューサー。1942/01/10生まれ、アメリカ合衆国カリフォルニア州ロング・ビーチ出身。ミシガン州立大学で文学と美術を専攻、卒業後は建設と石油採掘業に従事する傍ら脚本を書き、1972年、『殺人者にラブ・ソングを』で脚本家としてデビュー。『ゲッタウェイ』『マッキントッシュの男』にも脚本家として参加する。1975年、『ストリート・ファイター』で監督デビュー。男臭い映画とハードな描写で評価が高い。『エイリアン』シリーズでは製作総指揮として参加している。最近では、製作プロデューサーとして『 プロメテウス (2012) PROMETHEUS 』に参加している。ウォルター・ヒルのフィルモグラフィーを見ると、
【フィルモグラフィー】
バレット (2012) BULLET TO THE HEAD 』 監督
プロメテウス (2012) PROMETHEUS 』 製作
『 AVP2 エイリアンズVS. プレデター (2007) 』 製作
『 ブロークン・トレイル 遥かなる旅路 (2006)<TVM> 』 監督/製作
『 映画の巨人 ジョン・フォード (2006)<OV> 出演
『 デッドウッド 〜銃とSEXとワイルドタウン (シーズン1) (2004)<TV> 』 監督
エイリアンVS. プレデター (2004) ALIEN VS. PREDATOR 』 製作
デッドロック (2002) UNDISPUTED 』 監督/脚本/製作
『 デス・ヴィレッジ (2001)<未> 』 製作
スーパーノヴァ (2000) 』 監督
『 クロニクル 倒錯科学研究所 (1997)<TV> 』 製作総指揮
『 宣告 (1990) 』 監督
『 エイリアン4 (1997) 』 製作
『 ラストマン・スタンディング (1996) 』 監督/脚本/製作
『 デーモン・ナイト (1995)<未> 』 製作総指揮
『 ワイルド・ビル (1995)<未> 』 監督/脚本
『 ボーデロ・オブ・ブラッド/血まみれの売春宿 (1995)<未> 』 製作総指揮
『 W.E.I.R.D. WORLD ウィアード・ワールド (1995)<TVM> 』 製作総指揮
『 ゲッタウェイ (1994) 』 脚本
『 ゴブリン (1993)<TVM> 』 製作総指揮
『 ダーク・プロフェシー (1993)<TVM> 』 製作総指揮
『 ルシファー (1993)<TVM> 』 製作総指揮
『 ジェロニモ (1993) 』 監督/製作
『 トレスパス (1992) 』 監督
『 エイリアン3 (1992) 』 脚本/ 製作
『 ハリウッド・ナイトメア(1) (1991)<TVM> 』 製作総指揮
『 ハリウッド・ナイトメア(2) (1991)<TVM> 』 製作総指揮
『 ハリウッド・ナイトメア(3) (1991)<TVM> 』 監督/製作総指揮
『 ハリウッド・ナイトメア(4) (1991)<TVM> 』 製作総指揮
『 ハリウッド・アドベンチャー/3つの扉 (1991)<TVM> 』 製作総指揮
『 フィアー・ナイト (1990)<TVM> 』 監督/製作総指揮
『 48時間PART2/帰って来たふたり (1990) 』 監督
『 スクリーム (1989)<TVM> 』 監督/製作総指揮
『 ミステリーズ・パーティ (1989)<TVM> 』 製作総指揮
『 ジョニー・ハンサム (1989) 』 監督
『 シュワルツェネッガー/レッドブル (1988) 』 監督/脚本/原案/製作
『 ダブルボーダー (1987) 』 監督
『 エイリアン2/完全版 (1986)<未> 』 製作総指揮
『 クロスロード (1986) 』 監督
『 エイリアン2 (1986) 』 製作総指揮
『 ブルー・シティ/非情の街 (1985)<未> 』 脚本/製作
『 マイナー・ブラザース/史上最大の賭け (1985) 』 監督
ストリート・オブ・ファイヤー (1984) 』 監督/脚本
『 48時間 (1982) 』 監督/脚本
『 サザン・コンフォート/ブラボー小隊 恐怖の脱出 (1981)<未> 』 監督/脚本
『 ロング・ライダーズ (1980) 』 監督
『 エイリアン/ディレクターズ・カット (1979) 』 製作
『 ウォリアーズ (1979) 』 監督/脚本
エイリアン (1979) 』 製作
『 ザ・ドライバー (1978) 』 監督/脚本
『 女刑事J・Jケーン (1977)<TVM> 』 脚本
『 女刑事JJケーン (1977)<TV> 』 脚本
『 ハーパー探偵シリーズ/新・動く標的 (1975) 』 脚本
『 ストリートファイター (1975) 監督/脚本
『 おかしなおかしな大泥棒 (1973) 』 脚本
『 マッキントッシュの男 (1972) 』 脚本
『 殺人者にラブ・ソングを (1972) 』 脚本
『 ゲッタウェイ (1972) 』 脚本
等の映画・TV作品がある。


※『BULLET TO THE HEAD』-Wikipedia、『BULLET TO THE HEAD』-IMDb、『バレット』EPK、公式サイト引用
| ←前の閲覧ページに戻る |▲TOP | ▲目次 |
映画の森てんこ森代表:幸田幸
coda_sati@hotmail.com
「映画の森てんこ森」へ 「旅行の森てんこ森」へ
映画解説・レヴュータイトル一覧表へ
映画の森てんこ森 バナー03

映画の森てんこ森 coda21幸田幸 クレジット バナー01
幸のイタリア各都市情報へ
旅行の森てんこ森 バナー03
136x70
本サイトの作文、データ及び画像などのコンテンツの無断転用はお控え下さい。
貴サイトへの御掲載についてはメールにてお知らせ頂ければ幸いです。
© 2002-2013 Sachi CODA at Eigano-Mori Tenko-Mori, CODA21. All Rights Reserved.



borocsoborocso  at 00:20 この記事をクリップ! 

バレットのスタッフ&キャスト@映画の森てんこ森

バレットのスタッフ&キャスト@映画の森てんこ森
 映画の森てんこ森■映画スタッフとキャスト
バレットのスタッフ&キャスト
BULLET TO THE HEAD
| 「映画の森てんこ森」表紙 | 新作映画Top | タイトル一覧 | 本ページ更新 |
■バレットのスタッフとキャスト
以下は、映画『 バレット (2012) BULLET TO THE HEAD 』のスタッフとキャストのリストです。
★映画『バレット』(画面切替)の詳しい情報はこちらをクリック⇒

【映画『バレット』のスタッフ】
監督 Directed by:ウォルター・ヒル Walter Hill
原作 Graphic Novel:マッツ(アレクシス・ノラン) Matz(Alexis Nolent) 「BULLET TO THE HEAD」
原作イラスト Graphic Novel Illustrated by:コリン・ウィルソン Colin Wilson
脚本 Screenplay by:アレサンドロ・キャモン Alessandro Camon
製作 Produced by:アルフレッド・ガフ Alfred Gough
   アレクサンドラ・ミルチャン Alexandra Milchan
   マイルズ・ミラー Miles Millar
   ジョエル・シルヴァー Joel Silver
   ケヴィン・キング・テンプルトン Kevin King Templeton
製作総指揮 Executive Producer:スチュアート・フォード Stuart Ford
   スチュアート・M・ベッサー Stuart M. Besser
   ブライアン・カヴァナー=ジョーンズ Brian Kavanaugh-Jones
   ディーパック・ナヤール Deepak Nayar
   ボビー・ランゲロフ Bobby Ranghelov
   コートニー・ソロモン Courtney Solomon
   スティーヴン・スクイランテ Steven Squillante
音楽 Original Music by:スティーヴ・マッツァーロ Steve Mazzaro
撮影 Cinematography by:ロイド・エイハーン二世 Lloyd Ahern II
編集 Film Editing by:ティモシー・アルヴァーソン Timothy Alverson
プロダクション・デザイン Production Design by:トビー・コーベット Toby Corbett
衣装デザイン Costume Design by:ハー・ヌウィン Ha Nguyen
視覚効果監修 Visual Effects Supervisor:グレン・リチャード・コテ Glenn Richard Cote
   リチャード・エドランド Richard Edlund
   フィリップ・ファイナー Phillip Feiner
   ヘレナ・パッカー Helena Packer


【映画『バレット』のキャスト】
出演・Cast (in credits order)
   シルヴェスター・スタローン Sylvester Stallone ... James "Jimmy Bobo" Bonomo ジェームズ・ボノモ通称ジミー・ボボ
   サン・カン Sung Kang ... Detective Taylor Kwon DC首都警察テイラー・クォン刑事
   サラ・シャヒ Sarah Shahi ... Lisa Bonomo リサ・ボノモ通称リサ・ボボ
   アドウェール・アキノエ=アグバエ Adewale Akinnuoye-Agbaje ... Robert Nkomo Morel ロバート・ヌコモ・モレル
   ジェイソン・モモア Jason Momoa ... Keegan 殺し屋キーガン
   クリスチャン・スレイター Christian Slater ... Marcus Baptiste マーカス・バプティスト
   ジョン・セダ Jon Seda ... Louis Blanchard ルイス・ブランチャード
   ホルト・マッキャラニー Holt McCallany ... Hank Greely ハンク・グリーリー
   ブライアン・ヴァン・ホルト Brian Van Holt ... Ronnie Earl 仲介人ロニー・アール
   ヴェロニカ・ロザーティ Weronika Rosati ... Lola ローラ
   デイン・ローズ Dane Rhodes ... LT. Lebreton ルブルトン警部補
   マーカス・ライル・ブラウン Marcus Lyle Brown ... Detective Towne タウン刑事
   アンドリュー・オースティン=ピーターソン Andrew Austin-Peterson ... Crawfish Hollow Band クローフィッシュホロー・バンド
   ポール・エサレッジ Paul Etheredge ... Crawfish Hollow Band クローフィッシュホロー・バンド
   ロバート・カヴァン・カルース Robert Cavan Carruth ... Crawfish Hollow Band クローフィッシュホロー・バンド
   ルイ・ミショー Louis Michot ... Crawfish Hollow Band クローフィッシュホロー・バンド
   アンドレ・ミショー Andre Michot ... Crawfish Hollow Band クローフィッシュホロー・バンド
   レイシー・ミンチュー Lacey Minchew ... Crawfish Hollow Bartender クローフィッシュホローのバーテンダー
   ドミニク・ドブネイ Dominique DuVernay ... Waitress ウェイトレス
   ダナ・ミッシェル・グーリエ Dana Michelle Gourrier ... Deputy Coroner 検死官代理(as Dana Gourrier)
   ロバート・ラリヴィエール Robert Larriviere ... Forensic Scientist 法廷の科学者
   ドン・イェッソ Don Yesso ... St. Charles Bartender セント・チャールズのバーテンダー
   ダグラス・M・グリフィン Douglas M. Griffin ... Baby Jack Lemoyne ベイビージャック・ルモアーヌ
   ティファニー・レイフ Tiffany Reiff ... Tattoo Customer タトゥー客
   ジャクソン・ビールズ Jackson Beals ... French Lick Bartender バーテンダー
   ドナ・ドゥプランティエ Donna Duplantier ... Newscaster ニュースキャスター
   アンドレア・フランクル Andrea Frankle ... Masseuse 女性のマッサージ師
   テリー・ワイブル Teri Wyble ... Belle ベル
   ドン・タイ・ティラタダ Don Thai Theerathada ... Kim キム(as Don Tai)
   リン・オーディング Lin Oeding ... Lee リー
   ミロス・ミルチェヴィッチ Milos Milicevic ... Tall Goon 背の高い暴力団員
   カラ・バウマン Kara Bowman ... Medic 医学生


※スタッフ・キャスト及び登場人物の呼称が正確でない場合がありますのでご了承ください。
※参考資料:『BULLET TO THE HEAD 』-IMDb、映画『バレット』-Wikipedia、『BULLET TO THE HEAD』-Wikipedia英語版、『バレット』EPK、公式サイト
| ←前の閲覧ページに戻る |▲TOP | ▲目次 |
映画の森てんこ森代表:幸田幸
coda_sati@hotmail.com
「映画の森てんこ森」へ 「旅行の森てんこ森」へ
映画解説・レヴュータイトル一覧表へ
映画の森てんこ森 バナー03

映画の森てんこ森 coda21幸田幸 クレジット バナー01
幸のイタリア各都市情報へ
旅行の森てんこ森 バナー03
136x70
本サイトの作文、データ及び画像などのコンテンツの無断転用はお控え下さい。
貴サイトへの御掲載についてはメールにてお知らせ頂ければ幸いです。
© 2002-2013 Sachi CODA at Eigano-Mori Tenko-Mori, CODA21. All Rights Reserved.



borocsoborocso  at 00:10 この記事をクリップ! 

『バレット』スタッフフィルモ@映画の森てんこ森

『バレット』スタッフフィルモ@映画の森てんこ森
 映画の森てんこ森■映画『バレット』
『バレット』スタッフフィルモ
BULLET TO THE HEAD
| 「映画の森てんこ森」表紙 | 新作映画Top | タイトル一覧 | 本ページ更新 |
■『バレット』スタッフフィルモ
 以下の映画『バレット』のスタッフ(crew)のフィルモグラフィーは、<『 バレット 』スタッフフィルモ>として番号整理しています。
 ※ネタバレご注意:以下の『 バレット (2012) BULLET TO THE HEAD 』(画面切替)のスタッフのフィルモグラフィーにはネタバレが含まれている場合があります。映画『バレット (2012) BULLET TO THE HEAD』(画面切替)をまだご覧になっていない方はご注意ください。

●『バレット』スタッフフィルモ#01◆ウォルター・ヒル Walter Hill
 本映画『 バレット (2012) BULLET TO THE HEAD 』で、監督として指揮を執るウォルター・ヒル Walter Hill は、・・・続きを読む⇒


●『バレット』スタッフフィルモ#02◆マッツ Matz=アレクシス・ノラン Alexis Nolent
 本映画『 バレット (2012) BULLET TO THE HEAD 』で、原作者であるマッツ Matz こと、アレクシス・ノラン Alexis Nolent は、フランスのルアン出身の作家である。マッツ Matz こと、アレクシス・ノランのフィルモグラフィーを見ると、
【フィルモグラフィー】
バレット (2012) BULLET TO THE HEAD 』 原作
等の映画作品がある。


●『バレット』スタッフフィルモ#03◆コリン・ウィルソン Colin Wilson
 本映画『 バレット (2012) BULLET TO THE HEAD 』で、原作イラストを担当しているコリン・ウィルソン Colin Wilson は、1949/10/31生まれ、 ニュージーランド出身。コリン・ウィルソンのフィルモグラフィーを見ると、
【フィルモグラフィー】
バレット (2012) BULLET TO THE HEAD 』 原作イラスト
等の映画作品がある。


●『バレット』スタッフフィルモ#04◆アレサンドロ・キャモン Alessandro Camon
 本映画『 バレット (2012) BULLET TO THE HEAD 』で、脚本を担当しているアレサンドロ・キャモン Alessandro Camon のフィルモグラフィーを見ると、
【フィルモグラフィー】
バレット (2012) BULLET TO THE HEAD 』 脚本
ウォール・ストリート (2010) WALL STREET: MONEY NEVER SLEEPS 』 製作総指揮
『 メッセンジャー (2009) 』 脚本
『 バッド・ルーテナント (2009) 』 製作総指揮
『 シスターズ (2006) 』 製作
『 毛皮のエロス/ダイアン・アーバス 幻想のポートレイト (2006) 』 製作総指揮
『 サンキュー・スモーキング (2006) 』 製作総指揮
『 アンダートウ 決死の逃亡 (2004)<未> 』 製作総指揮
ネバー・ダイ・アローン (2004) NEVER DIE ALONE 』 製作
『 THE CROW/ザ・クロウ (1996) 』 製作総指揮
等の映画作品がある。


●『バレット』スタッフフィルモ#05◆アルフレッド・ガフ Alfred Gough
 本映画『 バレット (2012) BULLET TO THE HEAD 』で、製作プロデューサーのアルフレッド・ガフ Alfred Gough は、TVの『 ヤング・スーパーマン 』シリーズの企画・製作総指揮でも有名な人だ。アルフレッド・ガフのフィルモグラフィーを見ると、
【フィルモグラフィー】
バレット (2012) BULLET TO THE HEAD 』 製作
『 新チャーリーズ・エンジェル (2011)<TV> 』 企画/製作総指揮
アイ・アム・ナンバー4 (2011) I AM NUMBER FOUR 』 脚本
『 ヤング・スーパーマン (ファイナル・シーズン) (2010〜2011)<TV> 』 企画
『 ヤング・スーパーマン (シーズン9) (2009〜2010)<TV> 』 企画
『 ハンナ・モンタナ/ザ・ムービー (2009) 』 製作
『 ヤング・スーパーマン (シーズン8) (2008〜2009)<TV> 』 企画
『 ハムナプトラ3 呪われた皇帝の秘宝 (2008) 』脚本
『 ヤング・スーパーマン (シーズン7) (2007〜2008)<TV> 』 企画/製作総指揮
『 ヤング・スーパーマン (シーズン6) (2006〜2007)<TV> 』 企画/製作総指揮
『 ストーリー・オブ・スーパーマン 〜スーパーマンの全て〜 (2006)<TVM> 』 出演
『 ヤング・スーパーマン (シーズン5) (2005〜2006)<TV> 』 企画/製作総指揮
ハービー/機械じかけのキューピッド (2005) HERBIE: FULLY LOADED 』脚本
スパイダーマン2 (2002) SPIDER-MAN 2 』 原案
『 ヤング・スーパーマン (シーズン3) (2003〜2004)<TV> 』 企画/製作総指揮
シャンハイ・ナイト (2003) SHANGHAI KNIGHTS 』 キャラクター創造/脚本
『 ヤング・スーパーマン (シーズン2) (2002〜2003)<TV> 』 企画/製作総指揮
『 ショウタイム (2002) 』脚本
『 ヤング・スーパーマン (シーズン1) (2001〜2002)<TV> 』 企画/製作総指揮
シャンハイ・ヌーン (2000) SHANGHAI NOON 』 脚本
『 ブルズ・アイ (1998) 』脚本
『 タイムコップ ネクストレベル (1997)<TVM> 』 脚本
等の映画・TV作品がある。


●『バレット』スタッフフィルモ#06◆アレクサンドラ・ミルチャン Alexandra Milchan
 本映画『 バレット (2012) BULLET TO THE HEAD 』で、製作プロデューサーのアレクサンドラ・ミルチャン Alexandra Milchan のフィルモグラフィーを見ると、
【フィルモグラフィー】
バレット (2012) BULLET TO THE HEAD 』 製作
『 ボーダー (2008) 』 製作
『 フェイク シティ ある男のルール (2008) 』 製作
『 ミラーズ (2008) 』 製作
『 チャプター27 (2007) 』 製作
『 グッバイ・ラバー (1999) 』 製作
等の映画作品がある。


●『バレット』スタッフフィルモ#07◆マイルズ・ミラー Miles Millar
 本映画『 バレット (2012) BULLET TO THE HEAD 』で、製作プロデューサーのマイルズ・ミラー Miles Millar のフィルモグラフィーを見ると、
【フィルモグラフィー】
バレット (2012) BULLET TO THE HEAD 』 製作
『 新チャーリーズ・エンジェル (2011)<TV> 』 企画/製作総指揮
アイ・アム・ナンバー4 (2011) I AM NUMBER FOUR 』 脚本
『 ヤング・スーパーマン (ファイナル・シーズン) (2010〜2011)<TV> 』 企画
『 ヤング・スーパーマン (シーズン9) (2009〜2010)<TV> 』 企画
『 ハンナ・モンタナ/ザ・ムービー (2009) 』 製作
『 ヤング・スーパーマン (シーズン8) (2008〜2009)<TV> 』 企画
『 ハムナプトラ3 呪われた皇帝の秘宝 (2008) 』脚本
『 ヤング・スーパーマン (シーズン7) (2007〜2008)<TV> 』 企画/製作総指揮
『 ヤング・スーパーマン (シーズン6) (2006〜2007)<TV> 』 企画/製作総指揮
『 ストーリー・オブ・スーパーマン 〜スーパーマンの全て〜 (2006)<TVM> 』 出演
『 ヤング・スーパーマン (シーズン5) (2005〜2006)<TV> 』 企画/製作総指揮
ハービー/機械じかけのキューピッド (2005) HERBIE: FULLY LOADED 』脚本
スパイダーマン2 (2002) SPIDER-MAN 2 』 原案
『 ヤング・スーパーマン (シーズン3) (2003〜2004)<TV> 』 企画/製作総指揮
シャンハイ・ナイト (2003) SHANGHAI KNIGHTS 』 キャラクター創造/脚本
『 ヤング・スーパーマン (シーズン2) (2002〜2003)<TV> 』 企画/製作総指揮
『 ショウタイム (2002) 』脚本
『 ヤング・スーパーマン (シーズン1) (2001〜2002)<TV> 』 企画/製作総指揮
シャンハイ・ヌーン (2000) SHANGHAI NOON 』 脚本
『 ブルズ・アイ (1998) 』脚本
等の映画・TV作品がある。


●『バレット』スタッフフィルモ#08◆ケヴィン・キング・テンプルトン Kevin King Templeton
 本映画『 バレット (2012) BULLET TO THE HEAD 』で、製作プロデューサーのケヴィン・キング・テンプルトン Kevin King Templeton 又は、ケヴィン・キング=テンプルトン?Kevin King-Templeton のフィルモグラフィーを見ると、
【フィルモグラフィー】
バレット (2012) BULLET TO THE HEAD 』 製作
エクスペンダブルズ2 (2012) THE EXPENDABLES 2 』 製作
エクスペンダブルズ (2010) THE EXPENDABLES 』 製作
『 ランボー 最後の戦場 (2008) 』 製作
等の映画作品がある。


●『バレット』スタッフフィルモ#09◆ジョエル・シルヴァー Joel Silver
 本映画『 バレット (2012) BULLET TO THE HEAD 』で、製作プロデューサーのジョエル・シルヴァー Joel Silver は、・・・続きを読む⇒


●『バレット』スタッフフィルモ#10◆スチュアート・フォード Stuart Ford
 本映画『 バレット (2012) BULLET TO THE HEAD 』で、製作総指揮を担当しているスチュアート・フォード Stuart Ford のフィルモグラフィーを見ると、
【フィルモグラフィー】
バレット (2012) BULLET TO THE HEAD 』 製作総指揮
SAFE/セイフ (2012) SAFE 』 製作総指揮4
『 GOAL!3 STEP 3 ワールドカップの友情 (2009)<未> 』 製作総指揮
『 GOAL!2 (2007) 』 製作総指揮
等の映画・TV作品がある。


●『バレット』スタッフフィルモ#11◆スチュアート・M・ベッサー Stuart M. Besser
 本映画『 バレット (2012) BULLET TO THE HEAD 』で、製作総指揮を担当しているスチュアート・M・ベッサー Stuart M. Besser、又はスチュアート・ベッサー Stuart Besser のフィルモグラフィーを見ると、
【フィルモグラフィー】
バレット (2012) BULLET TO THE HEAD 』 製作総指揮
『 だれもがクジラを愛してる。 (2012) 』 製作総指揮
『 ルーザーズ (2010)<未> 』 製作総指揮
『 3時10分、決断のとき (2007) 』 製作総指揮
『 ハニーVS.ダーリン 2年目の駆け引き (2006)<未> 』 製作総指揮
“アイデンティティー” (2003) IDENTITY 』 製作総指揮
『 恋する40days (2002)<未> 』 共同製作
クリスティーナの好きなコト (2002) THE SWEETEST THING 』 製作総指揮
スクリーム3 (2000) 』 共同製作/製作総指揮
『 Dr.ギグルス (1993) 』 製作
『 壁の中に誰かがいる (1991) 』 製作
等の映画作品がある。


●『バレット』スタッフフィルモ#12◆ブライアン・カヴァナー=ジョーンズ Brian Kavanaugh-Jones
 本映画『 バレット (2012) BULLET TO THE HEAD 』で、製作総指揮を担当しているブライアン・カヴァナー=ジョーンズ Brian Kavanaugh-Jones のフィルモグラフィーを見ると、
【フィルモグラフィー】
バレット (2012) BULLET TO THE HEAD 』 製作総指揮
『 ベイビー・メイク 私たちのしあわせ計画 (2012)<未> 』 製作
『 フッテージ (2012) 』 製作
SAFE/セイフ (2012) SAFE 』 製作総指揮
『 テイク・シェルター (2011) 』 製作総指揮
『 インシディアス (2010) 』 製作総指揮
『 スカイライン-征服- (2010) 』 製作総指揮
等の映画作品がある。


●『バレット』スタッフフィルモ#13◆ディーパック・ナヤール Deepak Nayar
 本映画『 バレット (2012) BULLET TO THE HEAD 』で、製作総指揮を担当しているディーパック・ナヤール Deepak Nayar又は、ディーパック・ネイヤー Deepak Nayar のフィルモグラフィーを見ると、
【フィルモグラフィー】
バレット (2012) BULLET TO THE HEAD 』 製作総指揮
SAFE/セイフ (2012) SAFE 』 製作総指揮
『 タッカーとデイル 史上最悪にツイてないヤツら (2010) 』 製作
シティ・オブ・ゴースト (2002) CITY OF GHOSTS 』 製作
ベッカムに恋して (2002) BEND IT LIKE BECKHAM 』 製作
ミリオンダラー・ホテル (2000) 』 製作
『 エンド・オブ・バイオレンス (1997) 』 製作
『 パラドックス (1995)<TVM> 』 製作
『 オン・ジ・エアー (1991)<TV> 』 製作
等の映画・TV作品がある。


●『バレット』スタッフフィルモ#14◆ボビー・ランゲロフ Bobby Ranghelov
 本映画『 バレット (2012) BULLET TO THE HEAD 』で、製作総指揮を担当しているボビー・ランゲロフ Bobby Ranghelov 又は、ボリスラフ・ランゲロフ Borislav Ranghelov のフィルモグラフィーを見ると、
【フィルモグラフィー】
バレット (2012) BULLET TO THE HEAD 』 製作総指揮
『 ドルフ・ラングレン ダブル・トリガー (2012)<未> 』 製作総指揮
『 ユニバーサル・ソルジャー 殺戮の黙示録 (2012) 』 製作総指揮
『 ザ・レッジ -12時の死刑台- (2011) 』 製作総指揮
等の映画作品がある。


●『バレット』スタッフフィルモ#15◆コートニー・ソロモン Courtney Solomon
 本映画『 バレット (2012) BULLET TO THE HEAD 』で、製作総指揮を担当しているコートニー・ソロモン Courtney Solomon は、1971/09/01生まれ、 カナダのオンタリオ州トロント出身。コートニー・ソロモンのフィルモグラフィーを見ると、
【フィルモグラフィー】
バレット (2012) BULLET TO THE HEAD 』 製作総指揮
『 トランジット (2012)<未> 』 製作
『 ドラゴン・アイズ (2012)<未> 』 製作総指揮
『 ドルフ・ラングレン ダブル・トリガー (2012)<未> 』 製作総指揮
『 ユニバーサル・ソルジャー 殺戮の黙示録 (2012) 』 製作総指揮
『 51 【フィフティ・ワン】 (2011)<未> 』 製作
『 ザ・プロジェクト (2011)<未> 』 製作
『 デスゲーム 〜処刑監獄〜 (2011)<未> 』 製作総指揮
『 ホーンテッド・グラウンド (2011)<未> 』 製作総指揮
『 ザ・フィールド (2011) 』 製作
『 豚小屋 (2009)<未> 』 製作総指揮
『 ダウト 〜偽りの代償〜 (2009)<未> 』 製作総指揮
『 ユニバーサル・ソルジャー:リジェネレーション (2009) 』 製作総指揮
『 キャプティビティ (2007) 』 製作総指揮
『 アメリカン・ホーンティング (2006) 』 監督/脚本/製作
『 ダンジョン&ドラゴン2 (2005) 』 製作総指揮
ダンジョン&ドラゴン (2000) 』 監督/製作
等の映画作品がある。


●『バレット』スタッフフィルモ#16◆スティーヴン・スクイランテ Steven Squillante
 本映画『 バレット (2012) BULLET TO THE HEAD 』で、製作総指揮を担当しているスティーヴン・スクイランテ Steven Squillante のフィルモグラフィーを見ると、
【フィルモグラフィー】
バレット (2012) BULLET TO THE HEAD 』 製作総指揮
『 ジャスト・ア・ヒーロー (2011)<未> 』 製作総指揮
シャンハイ (2010) SHANGHAI 』 製作総指揮
等の映画作品がある。


●『バレット』スタッフフィルモ#17◆スティーヴ・マッツァーロ Steve Mazzaro
 本映画『 バレット (2012) BULLET TO THE HEAD 』で、音楽を担当しているスティーヴ・マッツァーロ Steve Mazzaro のフィルモグラフィーを見ると、
【フィルモグラフィー】
バレット (2012) BULLET TO THE HEAD 』 音楽
等の映画作品がある。


●『バレット』スタッフフィルモ#18◆ロイド・エイハーン二世 Lloyd Ahern II
 本映画『 バレット (2012) BULLET TO THE HEAD 』で、撮影を担当しているロイド・エイハーン二世 Lloyd Ahern II 、又はロイド・エイハーン Lloyd Ahern は、1942/06/07生まれ。ロイド・エイハーン二世のフィルモグラフィーを見ると、
【フィルモグラフィー】
バレット (2012) BULLET TO THE HEAD 』 撮影
『 ゴシップ・チアガール (2008)<TVM> 』 撮影
『 ブロークン・トレイル 遥かなる旅路 (2006)<TVM> 』 撮影
『 ペナルティ・パパ (2005)<未> 』 撮影
アメリカン・パイ3: ウェディング大作戦 (2003) AMERICAN WEDDING 』 撮影
デッドロック (2002) UNDISPUTED 』 撮影
『 アンディ・ガルシア 沈黙の行方 (2001)<未> 』 撮影
スーパーノヴァ (2000) 』 撮影
『 待ちきれなくて… (1998)<未> 』 撮影
『 乱気流/タービュランス (1997) 』 撮影
『 ラストマン・スタンディング (1996) 』 撮影
『 ピケット・フェンス ブロック捜査メモ (第4シーズン) (1995〜1996)<TV> 』 音楽
『 ワイルド・ビル (1995)<未> 』 撮影
『 ピケット・フェンス ブロック捜査メモ (第3シーズン) (1994〜1995)<TV> 』 音楽
『 エイリアン・ネイション2 (1994)<TVM> 』 撮影
『 死の渓谷 (1994)<未> 』 撮影
『 ピケット・フェンス ブロック捜査メモ (第2シーズン) (1993〜1994)<TV> 』 音楽
『 ジェロニモ (1993) 』 撮影
『 ピケット・フェンス ブロック捜査メモ (第1シーズン) (1992〜1993)<TV> 』 音楽
『 トレスパス (1992) 』 撮影
『 愛と追憶の大地 (1991)<TVM>
等の映画・TV作品がある。


●『バレット』スタッフフィルモ#19◆ティム・アルヴァーソン Tim Alverson
 本映画『 バレット (2012) BULLET TO THE HEAD 』で、編集を担当しているティム・アルヴァーソン Tim Alverson 、又はティモシー・アルヴァーソン Timothy Alverson のフィルモグラフィーを見ると、
【フィルモグラフィー】
バレット (2012) BULLET TO THE HEAD 』 編集
アンノウン (2011) UNKNOWN 』 編集
『 エスター (2009) 』 編集
ジャンパー (2008) JUMPER 』 編集
『 インパクト・ポイント 狙われたビーチの妖精 (2008)<未> 』 編集
『 シャッター (2008) 』 編集
『 D-WARS ディー・ウォーズ (2007) 』 編集
リベリオン (2002) EQUILIBRIUM 』 編集
等の映画作品がある。


●『バレット』スタッフフィルモ#20◆トビー・コーベット Toby Corbett
 本映画『 バレット (2012) BULLET TO THE HEAD 』で、プロダクションデザインを担当しているトビー・コーベット(トビー・コルベット) Toby Corbett のフィルモグラフィーを見ると、
【フィルモグラフィー】
バレット (2012) BULLET TO THE HEAD
『 バッド・ルーテナント (2009) 』 プロダクションデザイン
『 正義のゆくえ I.C.E.特別捜査官 (2009) 』 プロダクションデザイン
『 ワイルド・バレット (2006) 』 プロダクションデザイン
『 EAST MEETS WEST (1995) 』 美術
『 子鹿物語 (1994)<TVM> 』 プロダクションデザイン
等の映画作品がある。


●『バレット』スタッフフィルモ#21◆ハー・ヌウィン Ha Nguyen
 本映画『 バレット (2012) BULLET TO THE HEAD 』で、衣装デザインを担当しているハー・ヌウィン Ha Nguyen のフィルモグラフィーを見ると、
【フィルモグラフィー】
バレット (2012) BULLET TO THE HEAD 』 衣装デザイン
プリースト (2011) PRIEST 』 衣装デザイン
SUPER 8/スーパーエイト (2011) SUPER 8 』 衣装デザイン
『 さよなら。いつかわかること (2007) 』 衣装デザイン
『 ザ・シューター/極大射程 (2007) 』 衣装デザイン
モーツァルトとクジラ (2005) MOZART AND THE WHALE / CRAZY IN LOVE 』 衣装デザイン
『 陰謀のセオリー (1997) 』 衣装デザイン
『 ピラニア (1978) 』 衣装デザイン
等の映画作品がある。


●『バレット』スタッフフィルモ#22◆リチャード・エドランド Richard Edlund
 視覚効果監修のリチャード・エドランド Richard Edlund は、・・・続きを読む⇒


●『バレット』スタッフフィルモ#23◆フィリップ・ファイナー Phillip Feiner
 視覚効果監修のフィリップ・ファイナー Phillip Feiner は、・・・続きを読む⇒


●『バレット』スタッフフィルモ#24◆ヘレナ・パッカー Helena Packer
 視覚効果監修のヘレナ・パッカー Helena Packer は、・・・続きを読む⇒


●『バレット』スタッフフィルモ#25◆グレン・リチャード・コテ Glenn Richard Cote
 視覚効果監修のグレン・リチャード・コテ Glenn Richard Cote は、・・・続きを読む⇒


※『BULLET TO THE HEAD』-Wikipedia、『BULLET TO THE HEAD』-IMDb、『バレット』EPK、公式サイト引用
| ←前の閲覧ページに戻る |▲TOP | ▲目次 |
映画の森てんこ森代表:幸田幸
coda_sati@hotmail.com
「映画の森てんこ森」へ 「旅行の森てんこ森」へ
映画解説・レヴュータイトル一覧表へ
映画の森てんこ森 バナー03

映画の森てんこ森 coda21幸田幸 クレジット バナー01
幸のイタリア各都市情報へ
旅行の森てんこ森 バナー03
136x70
本サイトの作文、データ及び画像などのコンテンツの無断転用はお控え下さい。
貴サイトへの御掲載についてはメールにてお知らせ頂ければ幸いです。
© 2002-2013 Sachi CODA at Eigano-Mori Tenko-Mori, CODA21. All Rights Reserved.



borocsoborocso  at 00:00 この記事をクリップ!