空を見上げて
トップページ » 幸田幸
幸田幸

ラ・ラ・ランドの完全ネタバレ@幸田幸


【恭子の動画映像ブログ】
最新映画のネタバレ/あらすじ・ストーリー・結末のネタバレ・完全ネタバレ
※この欄のイラストは「NOM's FOODS iLLUSTRATED」さまより使用許諾を得ています。(c)映画の森てんこ森/F・恭子
更新版
F・恭子のブロードバンドブログnew ラ・ラ・ランドの完全ネタバレ

映画『 ラ・ラ・ランド 』の解説
※クリックでYouTube『ラ・ラ・ランド LA LA LAND』予告編へ
画像にポインタを置くと別のスライドショーが見れます
▲親ページのスライドショーを初めから見る
▲本ネタバレのスライドショーを見てみる
画像クリックで本予告編YouTube版を見る
ここをクリックで別の予告編YouTube版を見る
ここをクリックでフランス語の予告編を見る
ここをクリックで仏語字幕の予告編YouTube版を見る
ここをクリックでイタリア語予告編YouTube版を見る
ここをクリックで伊語字幕の予告編YouTube版を見る
ここをクリックでスペイン語の予告編YouTube版を見る
ここをクリックで西語字幕の予告編YouTube版を見る
ここをクリックでドイツ語の予告編YouTube版を見る
ここをクリックで独語字幕の予告編YouTube版を見る
ここをクリックで日本語予告編YouTube版を見る
ここをクリックで別の日本語予告編YouTube版を見る
※予告編はYouTube「リンク」モードで掲載。
Trailer Courtesy of SUMMIT ENTERTAINMENT
(C)2016 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved.



| 「目次」Topページ | 本ページ更新 | 話題の映画Check♪ |
ラ・ラ・ランド/映画『 ラ・ラ・ランド LA LA LAND 』あらすじ・ストーリーのネタバレ/結末まで完全ネタバレ

by ネタバレンタイン犬@映画の森てんこ森 ラ・ラ・ランドの完全ネタバレ
ラ・ラ・ランドの完全ネタバレ
 今日のタイトルは「ラ・ラ・ランドの完全ネタバレ」です。
 そしてYouTube動画映像版は映画『ラ・ラ・ランド』の予告編です。
 映画『 ラ・ラ・ランド (2016) LA LA LAND 』の映画解説はこちらから。
 このページは、幸田幸@映画の森てんこ森が、日本公開前の映画を海外の劇場やDVDで鑑賞して作文したり、『 ラ・ラ・ランド (2016) LA LA LAND 』のWikipedia英語版プロットや、海外映画情報(あらすじ・ストーリー・ネタバレ等)を大雑把に日本語訳して編集、纏めたものです。

映画『ラ・ラ・ランド』の劇場公開
 2017年2月24日(金)より、全国ロードショー!!
 ※日本配給情報:劇場公開(ギャガ=ポニーキャニオン)

ネタバレご注意:あらすじ・ストーリー・結末まで、ネタバレ満開ですので、映画『 ラ・ラ・ランド (2016) LA LA LAND 』をまだご覧になっていない方はネタバレにご注意ください。
 Warning!The items below here contain information that may give away important plot points. You may not want to read any further if you've not already seen this title.

【ラ・ラ・ランドの完全ネタバレ 第01段落】
 映画『 ラ・ラ・ランド (2016) LA LA LAND 』の始まりは、米国はカリフォルニア州ロサンゼルスの渋滞した105/110インターチェンジ付近。どの車内でも音楽をかけている。その中の一台から若い女性が下りて“Another Day of Sun”を歌い出した。この105/110インターでは暑い最中に二日間の撮影。

【ラ・ラ・ランドの完全ネタバレ 第02段落】
 映画『ラ・ラ・ランド』のヒロインとなるミア・ドーラン(エマ・ストーン:『 バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡) (2014) BIRDMAN OR (THE UNEXPECTED VIRTUE OF IGNORANCE) 』等)だ。カリフォルニアの快晴の素晴らしさをミュージカル風に歌い上げるミア。

【ラ・ラ・ランドの完全ネタバレ 第03段落】
 ミアに続いて、他の車からも皆おりてきて(高速道路のダンサー:『 シンデレラ・ストーリー (2004) A CINDERELLA STORY 』のレシュマ・ガジャール、『 ロック・オブ・エイジズ (2012) ROCK OF AGES 』のネイサン・プレヴォーら)、車の上でシンクロでダンスしたりジャンプしたり声を張り上げたりする。

【ラ・ラ・ランドの完全ネタバレ 第04段落】
 今は冬。でも舞台となるLAでは目映い陽気だ。タイトルの「LA LA LAND」の「LA」とは、ロサンゼルス Los Angeles の略称LAであり、「LA LA LAND」はロサンゼルス、主にハリウッド地域の愛称であるし、陶酔しハイになる状態も表すし、夢の国・現実離れした世界・おとぎの国の意味もある。

【ラ・ラ・ランドの完全ネタバレ 第05段落】
 渋滞が収まりミアは愛車プリウスにまた乗り込む。そして止まったまま誰かに電話で話している様子。別の旧式車1982年型ビュイック・リヴィエラ・コンバーチブルの男が「進めよ」とクラクションを鳴らした。すると、ミアは実は電話しているのでなくて、オーディションの稽古をしているのだと分かる。

【ラ・ラ・ランドの完全ネタバレ 第06段落】
 その男、セバスチャン・ワイルダー愛称セブ(ライアン・ゴズリング:『 ロスト・リバー (2014) LOST RIVER 』等)はミアの車を回り込んで睨み、ミアはやっと自分が交通の妨げになっているのだと気づいた始末だ。これがセブとミアの出会いの第一歩。

【ラ・ラ・ランドの完全ネタバレ 第07段落】
 ミアはワーナーブラザースの映画スタジオのカフェで働いている女優志望の若い女性バリスタだ。今日も女優(アミー・コン)やスタジオ従業員に日々コーヒーを出して働きながら、いつかは私も、と虎視眈々である。映画スターは「無料で結構です」と言われ、その代わりにチップを優雅に置いていき、ゴルフカートに乗って付き添われていくというセレブな姿。

【ラ・ラ・ランドの完全ネタバレ 第08段落】
 因みにこのコーヒーショップは実在のものでない。ロサンゼルスタイムズによると、ここは壁をルシル・ボールやスペンサー・トレイシーといった俳優の古い写真を配して塗り込み、『 カサブランカ (1942) CASABLANCA 』で使用された“歴史的に名高い窓”の通りの向かいの敷地に偽物カフェを設えたのだそうだ。

【ラ・ラ・ランドの完全ネタバレ 第09段落】
 夢追い人の街ラ・ラ・ランド、夢を叶えたい人々が集まる街ラ・ラ・ランド。オーディションに出られるようついていこうと必死のミアを、店長(テリー・ウォルターズ)は厳重に止める。でもミアは急いだ挙げ句に客(トム・シェルトン)とぶつかってコーヒーをこぼし、ブラウスが茶色に染まってしまった。

【ラ・ラ・ランドの完全ネタバレ 第10段落】
 赤いジャケットを羽織ってミアはオーディションにやっと臨む。感情を込めて台詞を披露するのに、オーディションのキャスティングディレクター(シンダ・アダムズ)は用事ができると、慇懃無礼にミアを帰らせた。こんな風にミアは何度オーディションを受けても落ちてばかり。・・・結末までのネタバレを読む・・・







以上
※<ラ・ラ・ランド>のテキストは、<『LA LA LAND』-Wikipedia英語版、『LA LA LAND』-IMDb、『LA LA LAND』関連サイト英語版の翻訳、映画『ラ・ラ・ランド』-Wikipedia、『ラ・ラ・ランド』EPK、公式サイト・関連サイト等を引用。
※本ファイル<ラ・ラ・ランド>には間違いがある場合がありますので、お読みになる方は、どうかご了承くださいませ。

テキスト:幸田幸


 ■恭子の動画映像ブログ
 http://coda21.net/broadband/index.htm

注目の映画・DVD・映像動画はこちら・・・▼
 ★映画の森てんこ森 http://coda21.net/

 映画の森てんこ森のその他の映像・動画コンテンツを見る・・・>>
【B級グルメ@映画の森てんこ森】=YouTube動画サイト

| 「目次」Topページ | 本ページ更新 | 本ページ最終更新 |


更新ブログはここをクリック



映画解説・レヴュータイトル一覧表
映画の森てんこ森 バナー03

映画の森てんこ森 coda21幸田幸 クレジット バナー01


幸のイタリア旅行のHPへ幸田幸のイタリア旅行バナーボタン01クリックで「旅行の森てんこ森」のページに進む。
幸のイタリア旅行のHPへ

★テキスト中心対応(T)版 (28Kbps〜56Kbps) ■800×600画面 ■文字サイズ(小) ■IE4以上推奨
★ブロードバンド対応(B)版 (ADSL以上) ■800×600画面 ■文字サイズ(小) ■IE6推奨

★ MacNN や WinNN では、動作や表示 がWindows IE と異なる場合があります。ご了承下さい。

※右欄のイラストは「NOM's FOODS iLLUSTRATED」さまへ使用許諾申請済
Images Courtesy of <http://homepage1.nifty.com/NOM/index.htm>

表紙目次読む映画試写会レヴュー観たい度映画予告編エッセイ日誌試写会情報
リンク集映画ゲーム思い出映画
| 映画レヴュー10000字超 | 映画解説タイトル一覧表 |
幸のカレンダーぼろくそパパの独り言 | livedoorブログ | 旅行の森てんこ森 |
ブロードバンドB版 | 恭子の動画映像ブログ | 恭子の「YouTube」 | サイト内検索 |
© 2002-2017 Sachi CODA at Eigano-Mori Tenko-Mori, CODA21. All Rights Reserved.



borocsoborocso  at 12:00 この記事をクリップ! 

ネタバレ結末/ラ・ラ・ランド@映画の森てんこ森

ネタバレ結末/ラ・ラ・ランド@映画の森てんこ森
表紙目次映画解説タイトル一覧 | 幸のネタバレ映画 | 幸のカスタムカー |
 ■映画ネタバレ□ネタバレ結末/ラ・ラ・ランド@映画の森てんこ森
ネタバレ結末/ラ・ラ・ランド@映画の森てんこ森ラ・ラ・ランド (2016)
LA LA LAND
| 「映画の森てんこ森」表紙 | 新作映画Top | タイトル一覧 | 本ページ更新 |
ネタバレ結末/ラ・ラ・ランド@映画の森てんこ森
ネタバレ注意<ネタバレ結末/ラ・ラ・ランド>@映画の森てんこ森
ストーリー展開の前知識やネタバレがお好みでない方は、読まないで下さい。
■ネタバレ結末/ラ・ラ・ランド@映画の森てんこ森
【『ラ・ラ・ランド』ネタバレ】
ネタバレご注意:以下の<ネタバレ結末/ラ・ラ・ランド@映画の森てんこ森>のあらすじ・ストーリー・結末にはネタバレが含まれています。映画『 ラ・ラ・ランド (2016) LA LA LAND 』をまだご覧になっていない方は、どうかネタバレにご注意ください。

★映画『ラ・ラ・ランド』公開情報
 2017年2月24日(金)より、全国ロードショー!!
 ※日本配給情報:劇場公開(ギャガ=ポニーキャニオン)


<ネタバレ結末/ラ・ラ・ランド@映画の森てんこ森>の仕切り線

▲ここまでの<ネタバレ映画/ラ・ラ・ランド@映画の森てんこ森>はこちらから・・・(新規ウインドウで表示)

ネタバレ結末/ラ・ラ・ランド@映画の森てんこ森

【ラ・ラ・ランド/あらすじ結末までネタバレ満開 第47段落】
 夏になった。ミアとセブは付き合っている。ミアはあれからも幾つものオーディションに落ち、セブが提案したように自分で作品を執筆している。それは一人芝居になるそうだ。セブはジャズクラブ、ライトハウスで定期的な“Summer Montage”ピアノ演奏の仕事に就いている。

【ラ・ラ・ランド/あらすじ結末までネタバレ満開 第48段落】
 二人は同居を始める。ミアがセブの究極の目標を尋ねると、いつか自分の店を持ち、大好きなジャズを思う存分演奏したいのだ、それも、今はサンバとタパスの店に変わってしまった所を取り戻してジャズクラブを開店したいのだ、と語る。

【ラ・ラ・ランド/あらすじ結末までネタバレ満開 第49段落】
 セブの高校の同級生で以前はバンドを一緒にやっていたキース(ジョン・レジェンド:本映画『ラ・ラ・ランド』製作総指揮でもあり、『 ジャンゴ 繋がれざる者 (2012) DJANGO UNCHAINED 』等のサントラも担当 )が仕事の話を持ってきた。

【ラ・ラ・ランド/あらすじ結末までネタバレ満開 第50段落】
 一回一回の契約に基づいて行なうジャズ演奏の仕事で、ジャズバンドでキーボード奏者になれば週給1000ドル(現換算で約12万円)の収入は固いという。自分の志すジャズピアノではないし、そのバンドがポップス指向なのに狼狽えて、セブは断る。

【ラ・ラ・ランド/あらすじ結末までネタバレ満開 第51段落】
 所で、ミアの書いた台本を読んだセブはその秀逸さに目を見張り、実行するようミアの背中を押す。ミアは劇場を借り上げて一人芝居(『 満ち潮の時 (2004) QUAND LA MER MONTE... 』参照)を実現しようと進める。

【ラ・ラ・ランド/あらすじ結末までネタバレ満開 第52段落】
 夜、ミアが母親(ミーガン・フェイ:『 フル・フロンタル (2002) FULL FRONTAL 』等)と電話で話しているのを聞いてしまったセブ。母親がセバスチャンのことを聞くので、言い訳がましく、彼はジャズクラブを開店する計画だ、でも資金はまだ無い、でも、貯めているから、とミアが嘘の貯金話をしてでも母を説得しようとしている。

【ラ・ラ・ランド/あらすじ結末までネタバレ満開 第53段落】
 それを聞いたセブは頭が混乱し、キースの誘いの仕事を受けることに決めた。しかしセブの演奏法がジャズそのものであって現代風にしないから、困られる。ミアの方では一人芝居用の劇場を借りる手配をしている。そしてミアはセブのバンドのコンサートに行ってみた。

【ラ・ラ・ランド/あらすじ結末までネタバレ満開 第54段落】
 ジャズ風に始まったその曲“START A FIRE”は若者に受けるようにモダンな曲風に途中から変わり、キーボード演奏しているセブの顔は楽しんでいるふうには到底見えない。夢を諦めたのか、とミアは驚き、心を痛める。

【ラ・ラ・ランド/あらすじ結末までネタバレ満開 第55段落】
 秋だ。ミアは自分の一人芝居の上演を大勢にEメールで知らせている。セブは演奏ツアーから久しぶりに帰宅した。ミアはセブがバンドを嫌々しているのが分かっているから、将来の目標を再確認する。セブは、一定の職に就くのを君が欲したのだろ、その為にしているんだ、と言い張る。

【ラ・ラ・ランド/あらすじ結末までネタバレ満開 第56段落】
 ミアは、自分の嫌いなことはしないで、以前のようにピアノ演奏していたクラブに集中すればいいのに、と言う。自分が女優になれなくて、バンドにいて君と同じレベルに僕が落ち込んでほしくないのだろ、と言い返すセブ。人生の目標を巡って二人は言い争い、久しぶりのディナーは決裂という結果に終わった。

【ラ・ラ・ランド/あらすじ結末までネタバレ満開 第57段落】
 ミアの一人芝居の上演初日。セブは勿論観に行く約束をしていた。しかし、キースから今夜はバンドのスチール写真の撮影があると念を押される。まさか今夜が撮影日とは忘れていたセブ。どうしても抜けられず、ミアの芝居を観に行けない。

【ラ・ラ・ランド/あらすじ結末までネタバレ満開 第58段落】
 セブの撮影はアリスタ(マイルズ・アンダーソン)という気に障る写真家によってなされ、変なポーズを注文をされたり。その頃ミアは一人芝居をしているが、観客はほんの十人ほど。当然、セブが客席にいないのは丸わかりである。

【ラ・ラ・ランド/あらすじ結末までネタバレ満開 第59段落】
 客の少なさに幻滅し、更にそれに追い打ちをかけるように、舞台裏に行くと、ミアの女優としての資質と芝居への酷評が聞こえてしまう。セブが劇場に到着したのは芝居がとうに終わりミアが出ていく時だった。セブは観に来れなかったことを謝る。ミアは完全に自信を失っていた。

【ラ・ラ・ランド/あらすじ結末までネタバレ満開 第60段落】
 この六年間は何だったんでしょう、女優になるなんて無い物ねだりだったんだわ、と嘆くミア。チケットが売れていないから劇場の借り賃すら払えない。あぁ〜、人生やり直し。帰るわ。この「帰る」とは二人のLAの住まいの意味でなく、ネバダ(『 ハッピー・フライト (2003) VIEW FROM THE TOP 』参照)の実家のことであった。

【ラ・ラ・ランド/あらすじ結末までネタバレ満開 第61段落】
 ミアは生まれ育ったネバダ州ボルダーシティ<『 ラスト・ベガス (2013) LAST VEGAS 』等のラスベガスから22マイル/約35kmの小さな町>へ飛行機で去っていった。それからはセブはLAのアパートで独り暮らし。暫くしてセブのアパートに、ミアはいますか、と電話がかかる。

【ラ・ラ・ランド/あらすじ結末までネタバレ満開 第62段落】
 実はミアのあの一人芝居の観客十人の中に、キャスティングディレクターがいて、ミアの実力を買ったのだった。明日の晩の映画のオーディションに是非いらっしゃい、ということだ。セブはボルダーシティまで車で飛ばす<LAからも約250マイル/約400km>。車で4時間余りで深夜に着いた。

【ラ・ラ・ランド/あらすじ結末までネタバレ満開 第63段落】
 家は、伯母の話の中で「向かいが図書館」だと聞いていたのが唯一の情報で、無事に見つけられた。キャスティングディレクターの目に留まって招かれ、オーディションは明日の午後5時からであることを教えるが、ミアは再度落ちて嫌な思いをするのが怖くてなかなか決心できない。

【ラ・ラ・ランド/あらすじ結末までネタバレ満開 第64段落】
 じゃ、朝6時に迎えに来るから、出てきていれば車に乗せてLAに帰ろう、出ていなければ僕独りで帰る、ということにしてその夜は別れる。果たして早朝6時。二人分のコーヒーの用意をしていたミアは少し遅れて、一瞬、出てこないかと思われ、車は出発した。でも大丈夫、乗せられた。

【ラ・ラ・ランド/あらすじ結末までネタバレ満開 第65段落】
 一路カリフォルニアへと車を飛ばす。オーディション会場。キャスティングディレクターのエイミー・ブラント(ヴァレリー・レイ・ミラー)のその助手(ニコール・ウルフ)は、ミアを客席から見ていたから初対面でなく、優しく扱ってくれる。

【ラ・ラ・ランド/あらすじ結末までネタバレ満開 第66段落】
 映画はリハーサルが3ヵ月、撮影がパリ(『 ミッドナイト・イン・パリ (2011) MIDNIGHT IN PARIS 』参照)で4ヵ月。昔のフランス映画風に脚本は無い。だからこのオーディションでは、あなた自身の話を聞かせてください、ということだ。

【ラ・ラ・ランド/あらすじ結末までネタバレ満開 第67段落】
 ミアはちょっと考えてから、伯母が嘗てパリに住んでいた話をし始めた。このモノローグは歌“Audition/The Fools Who Dream”に変わり、パリが夢見る人達の場所(『 ドリーマーズ (2003) THE DREAMERS 』参照)であること、自分が伯母の影響で女優になる夢を持ったことを歌い上げる。

【ラ・ラ・ランド/あらすじ結末までネタバレ満開 第68段落】
 ミアとセブは別離期間の穴埋めをするように、グリフィス天文台に向かった。二人の関係については確立はしていないけれど、僕が君の脚を引っ張るようにはなりたくない、と言うセブ。オーディションの結果を怖がるミアにセブは、きっと受かるから、この好機を見逃さずに全身全霊で突き進むよう勇気づける。・・・続く

▲TOPへ

◆ここからは、最後の結末まで書いていて完全にネタバレしていますので、ストーリー全体が分ります。御注意下さい。
 ATTN: This review reveals the movie content. Please don't say that I didn't say !


★以下のネタバレ日本語訳は、映画『ラ・ラ・ランド』の公開日2017年2月24日(金)の翌日、又は翌日以降に公開予定ですが、映画をご覧になる前に、前もって<ストーリー/あらすじ/結末までの完全ネタバレ日本語版>をお読みになりたい方は、以下をクリックしてください。

 ・・・結末までの完全ネタバレはこちらから・・・⇒(画面入替表示)


【感謝とお願い】多くの皆様にこのネタバレコーナーにアクセス頂き、ありがとうございますm(__)m
 もしクリックしてもネタバレファイルにジャンプしない場合は、映画会社や配給会社への配慮として、まだリンクを貼っていない期間です。リクエスト・メールが多い場合は(お返事は出せませんが)、タイミングを見計らって適宜に、遅くても映画公開一週間前にはアップするつもりです。どうかご了承ください。

 本ファイル<ネタバレ結末/ラ・ラ・ランド@映画の森てんこ森>や、このページの他の「ネタバレ」コンテンツは、先行公開されている海外の映画作品を劇場鑑賞やDVD鑑賞したり、<Wikipedia>英語版の記事やその他の海外映画情報を幸田幸@映画の森てんこ森が翻訳編集したりして、ネタバレ版テキストを作成・アップしています。<ネタバレ結末/ラ・ラ・ランド@映画の森てんこ森>のあらすじに私の鑑賞誤解があったり、文章表現が稚拙であったり、直訳的だったり、翻訳ミスがある場合がありますので、どうかご了承くださいますようにお願い申し上げます。
以上。

※参考資料:映画『ラ・ラ・ランド』-Wikipedia、『LA LA LAND』-Wikipedia英語版、『LA LA LAND』-IMDb、『ラ・ラ・ランド』EPK、公式サイト
| ←前の閲覧ページに戻る |▲TOP | ▲目次 |
映画の森てんこ森代表:幸田幸
coda_sati@hotmail.com
「映画の森てんこ森」へ 「旅行の森てんこ森」へ
映画解説・レヴュータイトル一覧表へ
映画の森てんこ森 バナー03

映画の森てんこ森 coda21幸田幸 クレジット バナー01
幸のイタリア各都市情報へ
旅行の森てんこ森 バナー03
136x70
本サイトの作文、データ及び画像などのコンテンツの無断転用はお控え下さい。
貴サイトへの御掲載についてはメールにてお知らせ頂ければ幸いです。
© 2002-2017 Sachi CODA at Eigano-Mori Tenko-Mori, CODA21. All Rights Reserved.



borocsoborocso  at 12:00 この記事をクリップ! 

ネタバレ映画/ラ・ラ・ランド@映画の森てんこ森

ネタバレ映画/ラ・ラ・ランド(あらすじ結末)@映画の森てんこ森
表紙目次映画解説タイトル一覧 | 幸のネタバレ映画 | 幸のカスタムカー |
 映画ネタバレ■ネタバレ映画/ラ・ラ・ランド(あらすじ結末)
ネタバレ映画/ラ・ラ・ランド@映画の森てんこ森ラ・ラ・ランド (2016)
LA LA LAND
| 「映画の森てんこ森」表紙 | 新作映画Top | タイトル一覧 | 本ページ更新 |
ネタバレ映画/ラ・ラ・ランド(あらすじ結末)
ネタバレ注意<ネタバレ映画/ラ・ラ・ランド@映画の森てんこ森>
ストーリー展開の前知識やネタバレがお好みでない方は、読まないで下さい。
■ネタバレ映画/ラ・ラ・ランド(あらすじ結末)@映画の森てんこ森
 GoogleやYahoo!の検索エンジンで、映画の森てんこ森のネタバレファイルをお探しの場合は、
ネタバレ ラ・ラ・ランド>又は
ラ・ラ・ランド ネタバレ>と入力してください。

【『ラ・ラ・ランド』ネタバレ】
ネタバレご注意:以下の<ネタバレ映画/ラ・ラ・ランド(あらすじ結末)@映画の森てんこ森>のあらすじ・ストーリー・結末にはネタバレが含まれています。映画『 ラ・ラ・ランド (2016) LA LA LAND 』をまだご覧になっていない方は、どうかネタバレにご注意ください。

★映画『ラ・ラ・ランド』公開情報
 2017年2月24日(金)より、全国ロードショー!!
 ※日本配給情報:劇場公開(ギャガ=ポニーキャニオン)


<ネタバレ映画/ラ・ラ・ランド@映画の森てんこ森>の仕切り線

▲ここまでの<映画『ラ・ラ・ランド』あらすじ@映画の森てんこ森>のテキストはこちらから・・・(新規ウインドウで表示)

ネタバレ映画/ラ・ラ・ランド

【ラ・ラ・ランド/あらすじ結末までネタバレ満開 第24段落】
 ア・フロック・オブ・シーガルズ<イギリスのニューウェーブ、 ニューロマンティック・バンド>の“I Ran”を“I never thought I’d meet a girl like you… and I ran, I ran so far away.(君みたいな女の子と会えるなんて思っていなかった・・・僕は遠く遠くへ走った)”という意味ありげな歌詞をつけて演奏する80年代カバーバンド。

【ラ・ラ・ランド/あらすじ結末までネタバレ満開 第25段落】
 セブもミアの顔を覚えていたようで、その後、二人はお喋りを交わす。僕は“厳粛な音楽家”だから、“I Ran”なんて曲はリクエストしないでよ、とか、私は今週“厳粛な音楽家”の役のオーディションにその服、借りていこうかしら、と茶化したり。

【ラ・ラ・ランド/あらすじ結末までネタバレ満開 第26段落】
 ミアは訊かれてワーナーブラザースの映画スタジオのカフェで働いていることを話すと、役者になりたいならバリスタをしていたら駄目だとセブは非難するけれど、ミアは勝ち気な性格だから、偉そうにしている。

【ラ・ラ・ランド/あらすじ結末までネタバレ満開 第27段落】
 このイベントが終わっても脚本家はミアにまた長話ししようとするから、帰ろうとしているセブを呼び止めて、駐車している山ほどの車からミアのプリウスを探す。こうして何度も偶然に出会うって不思議ね、と言うミアに、セブは、そんなこと全く普通だとポーカーフェース。

【ラ・ラ・ランド/あらすじ結末までネタバレ満開 第28段落】
 そうしているうちに二人は峡谷の頂上に来ていた。眼下はロサンゼルスの街がピンク色の夕焼けに染まって夢のよう。ここはマウント・ハリウッド・ドライブのキャシーズコーナーという、地元で有名な夜景の名所で、街灯とベンチを撮影用に設置したそうだ。この“マジックアワー<日没後に数十分程体験できる薄明の時間帯を指す撮影用語>”のシーンはワンテイク<長回し>で撮影された。

【ラ・ラ・ランド/あらすじ結末までネタバレ満開 第29段落】
 セブは“A Lovely Night”を歌い始める。ライアン・ゴズリングはピアノ演奏を全部こなすだけでなく繊細で甘い歌声も披露する。ミアはヒール靴から途中でテニスシューズに履き替えて歌に加わった。

【ラ・ラ・ランド/あらすじ結末までネタバレ満開 第30段落】
 二人はフレッド・アステア(「パリの映画館」参照)&ジンジャー・ロジャース的なタップダンスをし始める。このシーンは大層美しく、映画史上に残る傑作シーンだと評されているくらいだ。

【ラ・ラ・ランド/あらすじ結末までネタバレ満開 第31段落】
 その直後に、ミアの彼氏グレッグ・アーネスト(フィン・ウィットロック:『 ノア 約束の舟 (2014) NOAH 』等)から電話。デートしたのはほんの数か月。グレッグとの仲はあまり上手くいっていない。この後、ミアは自分の車で走り去り、セブとは何の連絡方法もないまま別れた。

【ラ・ラ・ランド/あらすじ結末までネタバレ満開 第32段落】
 ミアの次のオーディション。最初は医師の役で、専門用語が分からないまま台詞を言う。次は警察官の役で、やはり専門用語は空回り。次は高校生を教える白人教師の役で、下手さに配役助手のサラ(アンナ・チャゼル。デイミアン・チャゼル監督の妹)も呆れ顔。

【ラ・ラ・ランド/あらすじ結末までネタバレ満開 第33段落】
 またオーディションが上手くいかず、コーヒーショップに戻って働くミアは、何度も挫折しては傷つくピュアな心の持ち主だ。この日も横柄な客の対応や店長から指示の出勤日がオーディションと重なること等に困り果てていた。すると、セバスチャンが来ていた!

【ラ・ラ・ランド/あらすじ結末までネタバレ満開 第34段落】
 お互い何の連絡方法も教えていなかったけれど、このカフェのことだけは話していたから来れたのだ。セブは映画スタジオの敷地に忍び込んだことをおどけて話し、10分後のミアの仕事帰りに一緒に店を出た。外では映画撮影。

【ラ・ラ・ランド/あらすじ結末までネタバレ満開 第35段落】
 ミアがどうして女優になりたいのかをセブが尋ねると、ネバダ州の伯母が女優だったので、遊びに行ってはよく、家の向かいの図書館で昔の映画を調べたのだと話す。芝居の脚本を書いて上演もしたし、ずっと女優になりたいと思っているのだと語るミア。

【ラ・ラ・ランド/あらすじ結末までネタバレ満開 第36段落】
 この前のオーディションが“Dangerous Minds” meets “The OC”というショーのものだとミアが話すと、それならオーディションで辛い目に遭わないよう自分で題材は書けばいい、とセブ。

【ラ・ラ・ランド/あらすじ結末までネタバレ満開 第37段落】
 因に、“Dangerous Minds(デンジャラス・マインド/卒業の日まで)”は1995年のアメリカ合衆国の映画。そして“The OC(ジ・オーシー)”とはアメリカ合衆国のFOXネットワークで2003年から放送された、オレンジ・カウンティ(オレンジ郡)の高級住宅街ニューポートビーチが舞台の大ヒットのTVドラマ。

【ラ・ラ・ランド/あらすじ結末までネタバレ満開 第38段落】
 セブが自分で題材は書けばいい、と言った時に、ジャズミュージシャン、ルイ・アームストロングみたいに、とも言ったので、ミアは実はジャズは好きではないので、と仕方なく明かした。そこでセブは、ジャズクラブにミアを連れて行ってあげよう、という気になった。

【ラ・ラ・ランド/あらすじ結末までネタバレ満開 第39段落】
 ライトハウス<灯台>という名のジャズクラブでは、セブはバンドと共にステージ上でジャズピアニストとして“City of Stars”を演奏する。それを身近に見て聞いて、ミアは自然と身体がスイングしてきた。本当はジャズが好きなんだ、とミアは悟る。

【ラ・ラ・ランド/あらすじ結末までネタバレ満開 第40段落】
 そこへ電話が。先日の“Dangerous Minds” meets “The OC”のオーディションの結果の件だ。ジェームズ・ディーン主演の『 理由なき反抗 (1955) 』を引用してそんな感じの作品だとセブが教えてあげるが、ミアは分からないようだ。

【ラ・ラ・ランド/あらすじ結末までネタバレ満開 第41段落】
 ミアが『理由なき反抗』を観ていないのだと気付いたセブは、リアルト劇場で上演中だから今週末に一緒に観に行こうと誘い、この日は別れた。後日、ミアに電話がまたかかってきて、あの役につけたと思って嬉しがる。しかし今回も失敗に終わる。

【ラ・ラ・ランド/あらすじ結末までネタバレ満開 第42段落】
 ミアが帰宅してリアルト劇場へ行く支度をしていると、彼氏グレッグが迎えに来た。友人とのディナーにお呼ばれしていたのをミアは忘れていたのだ。セブへの連絡方法がなく、仕方なくそちらへ行くことになった。リアルト劇場ではセブが待ち続けているのだが。

【ラ・ラ・ランド/あらすじ結末までネタバレ満開 第43段落】
 ディナーでは、ジョシュ(ジョシュ・ペンス:『 ダークナイト ライジング (2012) THE DARK KNIGHT RISES 』等)とジョシュのフィアンセ(ニコール・クロン)とグレッグの話にミアはうんざりし、スピーカーからジャズの曲が流れているのに触発されたミアはレストランを飛び出す。ロケはジャー・ レストラン。

【ラ・ラ・ランド/あらすじ結末までネタバレ満開 第44段落】
 ミアが映画館に到着した頃には『理由なき反抗』は開演し、セブは入館していて真っ暗でどこに座っているのか分からない。ミアは大胆にもステージに上がってセブに見つけてもらう。隣り合って座り、スクリーンは『理由なき反抗』のグリフィス天文台の夜景のシーン。

【ラ・ラ・ランド/あらすじ結末までネタバレ満開 第45段落】
 ロマンチックに美しいそのシーンの最中、二人の手はそっとそっと近づき、触れ合い、キスへ、という瞬間、場内が明るくなってしまった。だからその後、セブはそのグリフィス天文台<ロサンゼルスのグリフィス公園内にある天文台>の映画と同じ場所にミアを連れ出して座る。

【ラ・ラ・ランド/あらすじ結末までネタバレ満開 第46段落】
 “City of Stars”をセブが歌って二人は踊り、プラネタリウムの中では空中遊泳のように浮かんで、満天の星と同じ空間にいる。“Planetarium”の曲。幻想的で実に美しいシーンだ。ここで遂に二人はキスを交わす。・・・続く

▲TOPへ

◆ここからは、結末まで書いてネタバレしていますので、ストーリー全体が分ります。御注意下さい。
 ATTN: This review reveals the movie content. Please don't say that I didn't say !


★以下のネタバレ日本語訳は、映画『ラ・ラ・ランド』の公開日2017年2月24日(金)の翌日、又は翌日以降に公開予定ですが、映画をご覧になる前に、前もって<ストーリー/あらすじ/結末までの完全ネタバレ日本語版>をお読みになりたい方は、以下をクリックしてください。

 ・・・続きは、2/17公開<ネタバレ結末/ラ・ラ・ランド>をお読みください⇒(画面入替表示)


【感謝とお願い】多くの皆様にこのネタバレコーナーにアクセス頂き、ありがとうございますm(__)m
 GoogleやYahoo!の検索エンジンで、映画の森てんこ森のネタバレファイルをお探しの場合は
ネタバレ ラ・ラ・ランド>又は
ラ・ラ・ランド ネタバレ>と入力してください。

 もしクリックしてもネタバレファイルにジャンプしない場合は、映画会社や配給会社への配慮として、まだリンクを貼っていない期間です。リクエスト・メールが多い場合は(お返事は出せませんが)、タイミングを見計らって、映画公開一週間前にはアップしますので、どうかご了承ください。
以上。

※参考資料:映画『ラ・ラ・ランド』-Wikipedia、『LA LA LAND』-Wikipedia英語版、『LA LA LAND』-IMDb、『ラ・ラ・ランド』EPK、公式サイト
| ←前の閲覧ページに戻る |▲TOP | ▲目次 |
映画の森てんこ森代表:幸田幸
coda_sati@hotmail.com
「映画の森てんこ森」へ 「旅行の森てんこ森」へ
映画解説・レヴュータイトル一覧表へ
映画の森てんこ森 バナー03

映画の森てんこ森 coda21幸田幸 クレジット バナー01
幸のイタリア各都市情報へ
旅行の森てんこ森 バナー03
136x70
本サイトの作文、データ及び画像などのコンテンツの無断転用はお控え下さい。
貴サイトへの御掲載についてはメールにてお知らせ頂ければ幸いです。
© 2002-2017 Sachi CODA at Eigano-Mori Tenko-Mori, CODA21. All Rights Reserved.



borocsoborocso  at 12:00 この記事をクリップ! 

映画『ラ・ラ・ランド』あらすじ@映画の森てんこ森

映画『ラ・ラ・ランド』あらすじ@映画の森てんこ森
表紙目次映画解説タイトル一覧 | 幸のネタバレ映画 | 幸のカスタムカー |
 ■映画ネタバレ/映画『ラ・ラ・ランド』あらすじ
映画『ラ・ラ・ランド』あらすじ@映画の森てんこ森 by 幸田幸ラ・ラ・ランド (2016)
LA LA LAND
| 「映画の森てんこ森」表紙 | 新作映画Top | タイトル一覧 | 本ページ更新 |
映画『ラ・ラ・ランド』あらすじ
ネタバレ注意<映画『ラ・ラ・ランド』あらすじ>@映画の森てんこ森
ストーリー展開の前知識やネタバレがお好みでない方は、読まないで下さい。
■映画『ラ・ラ・ランド』あらすじ@映画の森てんこ森
 GoogleやYahoo!の検索エンジンで、映画の森てんこ森のネタバレファイルをお探しの場合は、
ネタバレ ラ・ラ・ランド>又は
ラ・ラ・ランド ネタバレ>と入力してください。

【『ラ・ラ・ランド』ネタバレ】
ネタバレご注意:以下の<映画『ラ・ラ・ランド』あらすじ@映画の森てんこ森>のあらすじ・ストーリー・結末にはネタバレが含まれています。映画『 ラ・ラ・ランド (2016) LA LA LAND 』をまだご覧になっていない方は、どうかネタバレにご注意ください。
 Warning!Plot synopsis, storyline and story-end items below here contain information that may give away important plot points. You may not want to read any further if you've not already seen this title.

★映画『ラ・ラ・ランド』公開情報
 2017年2月24日(金)より、全国ロードショー!!
 ※日本配給情報:劇場公開(ギャガ=ポニーキャニオン)


<映画『ラ・ラ・ランド』あらすじ@映画の森てんこ森>の仕切り線

▼▼▼映画『ラ・ラ・ランド』あらすじ▼▼▼

【ラ・ラ・ランド/あらすじ結末までネタバレ満開 第01段落】
 映画『 ラ・ラ・ランド (2016) LA LA LAND 』の始まりは、米国はカリフォルニア州ロサンゼルスの渋滞した105/110インターチェンジ付近。どの車内でも音楽をかけている。その中の一台から若い女性が下りて“Another Day of Sun”を歌い出した。この105/110インターでは暑い最中に二日間の撮影。

【ラ・ラ・ランド/あらすじ結末までネタバレ満開 第02段落】
 映画『ラ・ラ・ランド』のヒロインとなるミア・ドーラン(エマ・ストーン:『 バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡) (2014) BIRDMAN OR (THE UNEXPECTED VIRTUE OF IGNORANCE) 』等)だ。カリフォルニアの快晴の素晴らしさをミュージカル風に歌い上げるミア。

【ラ・ラ・ランド/あらすじ結末までネタバレ満開 第03段落】
 ミアに続いて、他の車からも皆おりてきて(高速道路のダンサー:『 シンデレラ・ストーリー (2004) A CINDERELLA STORY 』のレシュマ・ガジャール、『 ロック・オブ・エイジズ (2012) ROCK OF AGES 』のネイサン・プレヴォーら)、車の上でシンクロでダンスしたりジャンプしたり声を張り上げたりする。

【ラ・ラ・ランド/あらすじ結末までネタバレ満開 第04段落】
 今は冬。でも舞台となるLAでは目映い陽気だ。タイトルの「LA LA LAND」の「LA」とは、ロサンゼルス Los Angeles の略称LAであり、「LA LA LAND」はロサンゼルス、主にハリウッド地域の愛称であるし、陶酔しハイになる状態も表すし、夢の国・現実離れした世界・おとぎの国の意味もある。

【ラ・ラ・ランド/あらすじ結末までネタバレ満開 第05段落】
 渋滞が収まりミアは愛車プリウスにまた乗り込む。そして止まったまま誰かに電話で話している様子。別の旧式車1982年型ビュイック・リヴィエラ・コンバーチブルの男が「進めよ」とクラクションを鳴らした。すると、ミアは実は電話しているのでなくて、オーディションの稽古をしているのだと分かる。

【ラ・ラ・ランド/あらすじ結末までネタバレ満開 第06段落】
 その男、セバスチャン・ワイルダー愛称セブ(ライアン・ゴズリング:『 ロスト・リバー (2014) LOST RIVER 』等)はミアの車を回り込んで睨み、ミアはやっと自分が交通の妨げになっているのだと気づいた始末だ。これがセブとミアの出会いの第一歩。

【ラ・ラ・ランド/あらすじ結末までネタバレ満開 第07段落】
 ミアはワーナーブラザースの映画スタジオのカフェで働いている女優志望の若い女性バリスタだ。今日も女優(アミー・コン)やスタジオ従業員に日々コーヒーを出して働きながら、いつかは私も、と虎視眈々である。映画スターは「無料で結構です」と言われ、その代わりにチップを優雅に置いていき、ゴルフカートに乗って付き添われていくというセレブな姿。

【ラ・ラ・ランド/あらすじ結末までネタバレ満開 第08段落】
 因みにこのコーヒーショップは実在のものでない。ロサンゼルスタイムズによると、ここは壁をルシル・ボールやスペンサー・トレイシーといった俳優の古い写真を配して塗り込み、『 カサブランカ (1942) CASABLANCA 』で使用された“歴史的に名高い窓”の通りの向かいの敷地に偽物カフェを設えたのだそうだ。

【ラ・ラ・ランド/あらすじ結末までネタバレ満開 第09段落】
 夢追い人の街ラ・ラ・ランド、夢を叶えたい人々が集まる街ラ・ラ・ランド。オーディションに出られるようついていこうと必死のミアを、店長(テリー・ウォルターズ)は厳重に止める。でもミアは急いだ挙げ句に客(トム・シェルトン)とぶつかってコーヒーをこぼし、ブラウスが茶色に染まってしまった。

【ラ・ラ・ランド/あらすじ結末までネタバレ満開 第10段落】
 赤いジャケットを羽織ってミアはオーディションにやっと臨む。感情を込めて台詞を披露するのに、オーディションのキャスティングディレクター(シンダ・アダムズ)は用事ができると、慇懃無礼にミアを帰らせた。こんな風にミアは何度オーディションを受けても落ちてばかり。

【ラ・ラ・ランド/あらすじ結末までネタバレ満開 第11段落】
 主人公のセバスチャン・ワイルダー愛称セブはその後、ジャズクラブの店がたたまれるのを目にする。有名なジャズミュージシャン達が演奏していたジャズクラブである。

【ラ・ラ・ランド/あらすじ結末までネタバレ満開 第12段落】
 寂れたアパートに帰宅すると、ジャズクラブが閉鎖して通りから拾ってきたスツールに姉ローラ(ローズマリー・デウィット:『 シンデレラマン (2005) CINDERELLA MAN 』等)が両足を乗せるのを見て怒る。大好きなジャズミュージシャン達が腰を掛けていたスツールだからだ。

【ラ・ラ・ランド/あらすじ結末までネタバレ満開 第13段落】
 このことからも分かるように、セブはジャズが大好きなのだ。セブは売れないジャズピアニストで、お気に入りのクラブが閉鎖してサンバとタパスの店に変わるのを嘆く。そんな弟に、姉ローラは、請求書がたまっているからお金を稼ぎなさいと発破をかける。

【ラ・ラ・ランド/あらすじ結末までネタバレ満開 第14段落】
 一方、ミアは三人の女優の卵たち、アレクシス(ジェシカ・ローテ)、ケイトリン(ソノヤ・ミズノ)、トレイシー(キャリー・ヘルナンデス)と暮らしている。スタッコ仕上げのピンクの壁のこのアパート、LAロングビーチ界隈の風情を醸し出すスペイン風コロニアル様式のこの建物に白羽の矢が立ったそうだ。

【ラ・ラ・ランド/あらすじ結末までネタバレ満開 第15段落】
 家に戻ると、彼女らにオーディションのことを訊かれ、答えたくもない。すると、ハリウッド・ヒルズ(『 マルホランド・ドライブ (2001) MULHOLLAND DR. / MULHOLLAND DRIVE 』参照)の映画界実力者の邸宅でパーティーがあるから、と誘われる。ミアは行き気がしない。

【ラ・ラ・ランド/あらすじ結末までネタバレ満開 第16段落】
 でも、“Someone in the Crowd”の歌で、誰かに見出されるかも、と言われて、出席することに。ハリウッドパーティーは派手で、ダンス(スコット・ヒスロップら:『 L.A. ギャング ストーリー (2012) GANGSTER SQUAD 』等)やシャンペンで溢れかえり、年長者がミアを口説いたり。でも特に収穫はなかった。

【ラ・ラ・ランド/あらすじ結末までネタバレ満開 第17段落】
 帰り、ミアは愛車が駐車違反で牽引されるという不運に見舞われて、ローレル・キャニオン(『 しあわせの法則 (2002) LAUREL CANYON 』参照)をヒール姿で歩いて帰る羽目になる。これが運命だった。

【ラ・ラ・ランド/あらすじ結末までネタバレ満開 第18段落】
 その頃、リプトンズというレストランでは、セバスチャンがレストランの経営者ビル(J・K・シモンズ:『 ターミネーター:新起動/ジェニシス (2015) TERMINATOR: GENISYS 』等)にピアノ演奏の曲目で一悶着している。ロケは実際はスモークハウス・レストランで。

【ラ・ラ・ランド/あらすじ結末までネタバレ満開 第19段落】
 客のリクエスト曲だけ弾け、と命じる経営者ビルの意向を無視して、セバスチャンはクリスマス曲を数曲弾いてから、自らのオリジナル曲を演奏するのだ。幻想的なシーン。ほの暗い照明の中、スポットライトを浴びて“Mia and Sebastian's Theme”のピアノ演奏するセバスチャン。

【ラ・ラ・ランド/あらすじ結末までネタバレ満開 第20段落】
 ライアン・ゴズリングは3ヶ月間かけてピアノを習得し、全編吹き替え無しでピアノ演奏している。凄い!偉い!リプトンズからその美しいジャズナンバーのピアノ演奏が正に聞こえてきて、ミアは吸い込まれるように店に一歩踏み入れる。

【ラ・ラ・ランド/あらすじ結末までネタバレ満開 第21段落】
 セバスチャンが弾き終えると、経営者ビルは、クリスマスだから、というセブの哀願も聞き入れずにクビにした。このやり取りの一部始終をミアは見ていて、セブが通り過ぎたとき、凄く感動しましたと口にしようとするけれど、セブは嫌な顔をして出て行った。

【ラ・ラ・ランド/あらすじ結末までネタバレ満開 第22段落】
 舞台は春に変わる。あるプールパーティーで、ミアが自称・脚本家カルロ(ジェイソン・フュークス)を紹介されると、カルロは長々と自慢話をするので、ミアは80年代の歌のカバーバンド(D・A・ウォーラックら)の方に逃げて行った。

【ラ・ラ・ランド/あらすじ結末までネタバレ満開 第23段落】
 そのバンドはアーハ<ノルウェーのバンド>の“Take On Me”のカバー曲を歌っている。よく見ると、バンドのキーボード奏者が何とセバスチャン。身なりも80年代風にしたセバスチャン。リクエスト曲を訊かれたので、ミアは“I Ran”と叫ぶ。・・・続く

▲TOPへ

◆ここからは、結末まで書いてネタバレしていますので、ストーリー全体が分ります。御注意下さい。
 ATTN: This review reveals the movie content. Please don't say that I didn't say !


★以下のネタバレ日本語訳は、映画『ラ・ラ・ランド』の公開日2017年2月24日(金)の翌日、又は翌日以降に公開予定ですが、映画をご覧になる前に、前もって<ストーリー/あらすじ/結末までの完全ネタバレ日本語版>をお読みになりたい方は、以下をクリックしてください。

 ・・・続きは、2/16公開<ネタバレ映画/ラ・ラ・ランド>をお読みください⇒(画面入替表示)


【感謝とお願い】多くの皆様にこのネタバレコーナーにアクセス頂き、ありがとうございますm(__)m
 GoogleやYahoo!の検索エンジンで、映画の森てんこ森のネタバレファイルをお探しの場合は
ネタバレ ラ・ラ・ランド>又は
ラ・ラ・ランド ネタバレ>と入力してください。

 もしクリックしてもネタバレファイルにジャンプしない場合は、映画会社や配給会社への配慮として、まだリンクを貼っていない期間です。リクエスト・メールが多い場合は(お返事は出せませんが)、タイミングを見計らって、映画公開一週間前にはアップしますので、どうかご了承ください。
以上。


※参考資料:映画『ラ・ラ・ランド』-Wikipedia、『LA LA LAND』-Wikipedia英語版、『LA LA LAND』-IMDb、『ラ・ラ・ランド』EPK、公式サイト
| ←前の閲覧ページに戻る |▲TOP | ▲目次 |
映画の森てんこ森代表:幸田幸
coda_sati@hotmail.com
「映画の森てんこ森」へ 「旅行の森てんこ森」へ
映画解説・レヴュータイトル一覧表へ
映画の森てんこ森 バナー03

映画の森てんこ森 coda21幸田幸 クレジット バナー01
幸のイタリア各都市情報へ
旅行の森てんこ森 バナー03
136x70
本サイトの作文、データ及び画像などのコンテンツの無断転用はお控え下さい。
貴サイトへの御掲載についてはメールにてお知らせ頂ければ幸いです。
© 2002-2017 Sachi CODA at Eigano-Mori Tenko-Mori, CODA21. All Rights Reserved.



borocsoborocso  at 12:00 この記事をクリップ! 

ラ・ラ・ランドのストーリー@映画の森てんこ森

ラ・ラ・ランド@映画の森てんこ森
表紙目次映画解説タイトル一覧 | 幸のネタバレ映画 | 幸のカスタムカー |
 | 読む映画試写会 | レヴュー | 観たい度映画 | 予告編 | エッセイ | 日誌 | 試写会情報 |
リンク集 | 映画ゲーム思い出映画| 映画レヴュー10000字超 |
幸のカレンダー | ぼろくそパパの独り言 | livedoorブログ | 旅行の森てんこ森 |
ブロードバンドB版 | 恭子の動画映像ブログ | 恭子の「YouTube」 | 幸のネタバレブログ | サイト内検索 |
 映画の森てんこ森■映画解説と予告編とレヴュー
ラ・ラ・ランド (2016)
LA LA LAND
※クリックでYouTube『ラ・ラ・ランド LA LA LAND』予告編へ
▲上のスライドショーを初めから見る
▲ネタバレのスライドショーを見てみる
画像クリックで本予告編YouTube版が見れます。
ここをクリックで別の予告編YouTube版が見れます。
ここをクリックで日本語の予告編YouTube版が見れます。
※予告編はYouTube「リンク」モードで掲載。
Trailer Courtesy of SUMMIT ENTERTAINMENT

(C)2016 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved.
| 「目次」Topページ | 「B版」Topページ | 本ページ更新 | 本ページ最終更新 |
© Images copyright their respective owners; usually the distributor of the above titled movie unless otherwise noted.
| ←前の閲覧ページに戻る |▲TOP | ▲予告編 | ▲目次 |
■映画『 ラ・ラ・ランド (2016) LA LA LAND 』のあらすじ・ストーリー
ネタバレご注意:以下の映画『 ラ・ラ・ランド (2016) LA LA LAND 』のあらすじ・ストーリーにはネタバレが含まれている場合があります。映画『ラ・ラ・ランド』をまだご覧になっていない方は、どうかネタバレにご注意ください。
 Warning!Plot synopsis and storyline items below here contain information that may give away important plot points. You may not want to read any further if you've not already seen this title.

【映画『ラ・ラ・ランド』あらすじ/ストーリー 第01段落】 ネタバレ配慮
 夢追い人の街L.A.(ロサンゼルス)、夢を叶えたい人々が集まる街ロサンゼルス。

【映画『ラ・ラ・ランド』あらすじ/ストーリー 第02段落】 ネタバレ配慮
 タイトルの「LA LA LAND」の「LA」とは、ロサンゼルス Los Angeles の略称LAであるから、「LA LA LAND」はロサンゼルス、主にハリウッド地域の愛称であるし、陶酔しハイになる状態も表すし、夢の国・現実離れした世界・おとぎの国の意味もある。

【映画『ラ・ラ・ランド』あらすじ/ストーリー 第03段落】 ネタバレ配慮
 女優志望ミア・ドーラン(エマ・ストーン)は映画スタジオのカフェで働いて、何度オーディションを受けても落ちてばかり。ある日、ミアは場末の店で、あるピアニストの演奏に魅せられる。

【映画『ラ・ラ・ランド』あらすじ/ストーリー 第04段落】 ネタバレ配慮
 彼はセバスチャン・ワイルダー愛称セブ(ライアン・ゴズリング)という売れないジャズピアニストで、いつか自分の店を持ち、大好きなジャズを思う存分演奏したいと願っていた。

【映画『ラ・ラ・ランド』あらすじ/ストーリー 第05段落】 ネタバレ配慮
 ライアン・ゴズリングは繊細で甘い歌声を披露すると共に、3カ月間かけてピアノを習得、全編吹き替え無しの魂をこめた演奏で魅了するのだから凄い。

【映画『ラ・ラ・ランド』あらすじ/ストーリー 第06段落】 ネタバレ配慮
 やがて二人は恋に落ち、互いの夢を応援し合う。この映画、ハッピーエンドに終わるに決まっている?でも、そこがチョット普通のハッピーエンドとは異なる。

【映画『ラ・ラ・ランド』あらすじ/ストーリー 第07段落】 ネタバレ配慮
 セブが店の資金作りのために入ったバンドが成功したことから、二人の心はすれ違い始める。

【映画『ラ・ラ・ランド』あらすじ/ストーリー 第08段落】 ネタバレ配慮
 ミアは勝ち気な性格だが、恋と夢には真っすぐ。全力で恋に飛び込むキュートな姿と、何度も挫折して傷つくピュアな心が印象的だ。

【映画『ラ・ラ・ランド』あらすじ/ストーリー 第09段落】 ネタバレ配慮
 セブは他人の言うことなんか気にしない自信家。しかし、愛する人のために夢を諦めようかと迷い、切ない想いを抱く。

【映画『ラ・ラ・ランド』あらすじ/ストーリー 第10段落】 ネタバレ配慮
 この映画に恋せずにいられない最大の理由、それは、高揚と陶酔の先にある、観るもの全ての感情を揺さぶる予想だにしない大仕掛けそれこそが……、ようこそ、ラ・ラ・ランドへ! 感動のラストとは――。

▼映画『ラ・ラ・ランド』のネタバレ/もっと詳しくは以下のこちらから・・・⇒

※参考資料:『LA LA LAND』-Wikipedia、『LA LA LAND』-IMDb、『ラ・ラ・ランド』EPK、公式サイト
| ←前の閲覧ページに戻る |▲TOP | ▲予告編 | ▲目次 |
映画の森てんこ森代表:幸田幸
coda_sati@hotmail.com
「映画の森てんこ森」へ 「旅行の森てんこ森」へ
映画解説・レヴュータイトル一覧表へ
映画の森てんこ森 バナー03

映画の森てんこ森 coda21幸田幸 クレジット バナー01
幸のイタリア各都市情報へ
旅行の森てんこ森 バナー03
136x70
本サイトの作文、データ及び画像などのコンテンツの無断転用はお控え下さい。
貴サイトへの御掲載についてはメールにてお知らせ頂ければ幸いです。
© 2002-2017 Sachi CODA at Eigano-Mori Tenko-Mori, CODA21. All Rights Reserved.



borocsoborocso  at 12:00 この記事をクリップ! 

ラ・ラ・ランド解説(3)@映画の森てんこ森

ラ・ラ・ランド@映画の森てんこ森
表紙目次映画解説タイトル一覧 | 幸のネタバレ映画 | 幸のカスタムカー |
 | 読む映画試写会 | レヴュー | 観たい度映画 | 予告編 | エッセイ | 日誌 | 試写会情報 |
リンク集 | 映画ゲーム思い出映画| 映画レヴュー10000字超 |
幸のカレンダー | ぼろくそパパの独り言 | livedoorブログ | 旅行の森てんこ森 |
ブロードバンドB版 | 恭子の動画映像ブログ | 恭子の「YouTube」 | 幸のネタバレブログ | サイト内検索 |
 映画の森てんこ森■映画解説と予告編とレヴュー
ラ・ラ・ランド (2016)
LA LA LAND
※クリックでYouTube『ラ・ラ・ランド LA LA LAND』予告編へ
▲上のスライドショーを初めから見る
▲ネタバレのスライドショーを見てみる
画像クリックで本予告編YouTube版が見れます。
ここをクリックで別の予告編YouTube版が見れます。
ここをクリックで日本語の予告編YouTube版が見れます。
※予告編はYouTube「リンク」モードで掲載。
Trailer Courtesy of SUMMIT ENTERTAINMENT

(C)2016 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved.
| 「目次」Topページ | 「B版」Topページ | 本ページ更新 | 本ページ最終更新 |
© Images copyright their respective owners; usually the distributor of the above titled movie unless otherwise noted.
| ←前の閲覧ページに戻る |▲TOP | ▲予告編 | ▲目次 |
■映画『 ラ・ラ・ランド (2016) LA LA LAND 』の解説
【映画『ラ・ラ・ランド』解説<cast>】
 本映画『 ラ・ラ・ランド (2016) LA LA LAND 』の出演・キャストを紹介すると、
 ★セバスチャン・ワイルダー役を演じるのは、『 ロスト・リバー (2014) LOST RIVER 』『 死霊館 (2013) THE CONJURING 』作詞『 L.A. ギャング ストーリー (2012) GANGSTER SQUAD 』『 ドライヴ (2011) DRIVE 』『 ラブ・アゲイン (2011) CRAZY, STUPID, LOVE. 』『 ブルーバレンタイン (2010) BLUE VALENTINE 』『 ステイ (2005) STAY 』『 きみに読む物語 (2004) THE NOTEBOOK 』『 16歳の合衆国 (2003) THE UNITED STATES OF LELAND 』『 タイタンズを忘れない (2000) 』等のライアン・ゴズリング Ryan Gosling
 ★ミア・ドーラン役は、『 バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡) (2014) BIRDMAN OR (THE UNEXPECTED VIRTUE OF IGNORANCE) 』『 アメイジング・スパイダーマン2 (2014) THE AMAZING SPIDER-MAN 2 』『 L.A. ギャング ストーリー (2012) GANGSTER SQUAD 』『 アメイジング・スパイダーマン (2012) THE AMAZING SPIDER-MAN 』『 ヘルプ 〜心がつなぐストーリー〜 (2011) THE HELP 』『 ラブ・アゲイン (2011) CRAZY, STUPID, LOVE. 』『 ステイ・フレンズ (2011) FRIENDS WITH BENEFITS 』等のエマ・ストーン Emma Stone。
 ★キース役は、本映画『 ラ・ラ・ランド (2016) LA LA LAND 』製作総指揮でもあり『 ジャンゴ 繋がれざる者 (2012) DJANGO UNCHAINED 』『 ラブ・アゲイン (2011) CRAZY, STUPID, LOVE. 』『 Be Cool/ビー・クール (2005) BE COOL 』『 バイバイ、ママ (2005) LOVERBOY 』『 最後の恋のはじめ方 (2005) HITCH 』『 コーチ・カーター (2005) COACH CARTER 』『 ランダウン ロッキング・ザ・アマゾン (2003) THE RUNDOWN 』等の劇中歌の作詞や演奏を担当したジョン・レジェンド John Legend
 ★グレッグ・アーネスト役は、『 ノア 約束の舟 (2014) NOAH 』『 ニューヨーク 冬物語 (2014) WINTER'S TALE 』等のフィン・ウィットロック Finn Wittrock
 ★レストランの経営者ビル役は、『 ターミネーター:新起動/ジェニシス (2015) TERMINATOR: GENISYS 』『 とらわれて夏 (2013) LABOR DAY 』『 ダークスカイズ (2013) DARK SKIES 』『 ヤング≒アダルト (2011) YOUNG ADULT 』『 トゥルー・グリット (2010) TRUE GRIT 』『 スパイダーマン2 (2004) SPIDER-MAN 2 』『 レディ・キラーズ (2004) THE LADYKILLERS 』『 オーシャン・オブ・ファイヤー (2004) HIDALGO 』『 スパイダーマン (2002) SPIDER-MAN 』『 ザ・メキシカン (2001) 』『 ギフト (2000) THE GIFT 』『 オータム・イン・ニューヨーク (2000) 』『 サイダーハウス・ルール (1999) THE CIDER HOUSE RULES 』等のJ・K・シモンズ J.K. Simmons
 ★デヴィッド役は、『 マネー・ゲーム (2000) 』等のトム・エヴェレット・スコット Tom Everett Scott
 ★セバスチャンの姉ローラ役は、『 シンデレラマン (2005) CINDERELLA MAN 』等のローズマリー・デウィット Rosemarie DeWitt
 ★ミアの母親役は、『 フル・フロンタル (2002) FULL FRONTAL 』『 カントリー・ベアーズ (2002) THE COUNTRY BEARS 』『 マグノリア (1999) MAGNOLIA 』等のミーガン・フェイ Meagen Fay
 ★ハリー役は、『 運命の女 (2002) UNFAITHFUL 』等のデイモン・ガプトン Damon Gupton
 ★ジョシュ役は、『 L.A. ギャング ストーリー (2012) GANGSTER SQUAD 』 『 ダークナイト ライジング (2012) THE DARK KNIGHT RISES 』『 バトルシップ (2012) BATTLESHIP 』『 ソーシャル・ネットワーク (2010) THE SOCIAL NETWORK 』等のジョシュ・ペンス Josh Pence
 ★クライド役は、『 キック・アス (2010) KICK-ASS 』『 ムーラン・ルージュ (2001) MOULIN ROUGE! 』『 ボーン・コレクター (1999) THE BONE COLLECTOR 』『 ロミオ&ジュリエット (1996) WILLIAM SHAKESPEAR'S ROMEO & JULIET / ROMEO + JULIET 』等のマリウス・デ・ヴリーズ Marius De Vries
 ★ラジオDJ役は、『 ワイルド・スピード (2001) 』『 25年目のキス (1999) NEVER BEEN KISSED 』等のデヴィッド・ダグラス David Douglas
 ★コーヒーショップの新店長役は、『 バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生 (2016) BATMAN v SUPERMAN: DAWN OF JUSTICE 』『 スター・トレック イントゥ・ダークネス (2013) STAR TREK INTO DARKNESS 』等のキフ・ヴァンデンヒューヴェル Kiff VandenHeuvel
 ★高速道路のダンサー役は、『 シンデレラ・ストーリー (2004) A CINDERELLA STORY 』『 アメリカン・ビューティー (1999) AMERICAN BEAUTY 』等でもダンスするレシュマ・ガジャール Reshma Gajjar
 ★高速道路のダンサー役は、『 L.A. ギャング ストーリー (2012) GANGSTER SQUAD 』『 ホット・チック (2002) THE HOT CHICK 』等でもダンスするクリス・モス Chris Moss
 ★高速道路のダンサー役は、『 ロック・オブ・エイジズ (2012) ROCK OF AGES 』『 Be Cool/ビー・クール (2005) BE COOL 』『 オースティン・パワーズ ゴールドメンバー (2002) AUSTIN POWERS IN GOLDMEMBER 』『 ブギーナイツ (1997) BOOGIE NIGHTS 』等でもダンスするネイサン・プレヴォー Nathan Prevost
 ★ハリウッドパーティのダンサー役は、『 L.A. ギャング ストーリー (2012) GANGSTER SQUAD 』『 ロック・オブ・エイジズ (2012) ROCK OF AGES 』『 ジーリ (2003) GIGLI 』『 タイタニック (1997) TITANIC 』等でもダンスするスコット・ヒスロップ Scott Hislop
 ★その他のキャストのもっと詳しくはこちらから・・・⇒


※livedoor版【ラ・ラ・ランドの解説@映画の森てんこ森】
※参考資料:『ラ・ラ・ランド』EPK、公式サイト『ラ・ラ・ランド』、『ラ・ラ・ランド LA LA LAND』-Wikipedia

Text編集:安藤奈津

| ←前の閲覧ページに戻る |▲TOP | ▲予告編 | ▲目次 |
映画の森てんこ森代表:幸田幸
coda_sati@hotmail.com
「映画の森てんこ森」へ 「旅行の森てんこ森」へ
映画解説・レヴュータイトル一覧表へ
映画の森てんこ森 バナー03

映画の森てんこ森 coda21幸田幸 クレジット バナー01
幸のイタリア各都市情報へ
旅行の森てんこ森 バナー03
136x70
本サイトの作文、データ及び画像などのコンテンツの無断転用はお控え下さい。
貴サイトへの御掲載についてはメールにてお知らせ頂ければ幸いです。
© 2002-2017 Sachi CODA at Eigano-Mori Tenko-Mori, CODA21. All Rights Reserved.



borocsoborocso  at 12:00 この記事をクリップ! 

ラ・ラ・ランド解説(2)@映画の森てんこ森

ラ・ラ・ランド@映画の森てんこ森
表紙目次映画解説タイトル一覧 | 幸のネタバレ映画 | 幸のカスタムカー |
 | 読む映画試写会 | レヴュー | 観たい度映画 | 予告編 | エッセイ | 日誌 | 試写会情報 |
リンク集 | 映画ゲーム思い出映画| 映画レヴュー10000字超 |
幸のカレンダー | ぼろくそパパの独り言 | livedoorブログ | 旅行の森てんこ森 |
ブロードバンドB版 | 恭子の動画映像ブログ | 恭子の「YouTube」 | 幸のネタバレブログ | サイト内検索 |
 映画の森てんこ森■映画解説と予告編とレヴュー
ラ・ラ・ランド (2016)
LA LA LAND
※クリックでYouTube『ラ・ラ・ランド LA LA LAND』予告編へ
▲上のスライドショーを初めから見る
▲ネタバレのスライドショーを見てみる
画像クリックで本予告編YouTube版が見れます。
ここをクリックで別の予告編YouTube版が見れます。
ここをクリックで日本語の予告編YouTube版が見れます。
※予告編はYouTube「リンク」モードで掲載。
Trailer Courtesy of SUMMIT ENTERTAINMENT

(C)2016 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved.
| 「目次」Topページ | 「B版」Topページ | 本ページ更新 | 本ページ最終更新 |
© Images copyright their respective owners; usually the distributor of the above titled movie unless otherwise noted.
| ←前の閲覧ページに戻る |▲TOP | ▲予告編 | ▲目次 |
■映画『 ラ・ラ・ランド (2016) LA LA LAND 』の解説
【映画『ラ・ラ・ランド』解説<crew>】
 本映画『 ラ・ラ・ランド (2016) LA LA LAND 』のスタッフは比較的若年層のスタッフが結集して夢のような映画を創り上げた!
 ●監督は、本映画『 ラ・ラ・ランド (2016) LA LA LAND 』で映画の森てんこ森で初めて紹介する『セッション (2014)』のデイミアン・チャゼル Damien Chazelle
 ●脚本は、本映画『 ラ・ラ・ランド (2016) LA LA LAND 』監督兼任の上記デイミアン・チャゼル Damien Chazelle
 ●製作は、本映画『 ラ・ラ・ランド (2016) LA LA LAND 』他『 エターナル・サンシャイン (2004) ETERNAL SUNSHINE OF THE SPOTLESS MIND 』等のフレッド・バーガー Fred Bergerと、本映画『 ラ・ラ・ランド (2016) LA LA LAND 』で映画の森てんこ森で初めて紹介するゲイリー・ギルバート Gary Gilbert並びにジョーダン・ホロウィッツ Jordan Horowitzと、本映画『 ラ・ラ・ランド (2016) LA LA LAND 』他『 ロスト・リバー (2014) LOST RIVER 』『 イントゥ・ザ・ウッズ (2014) INTO THE WOODS 』『 ニューヨーク 冬物語 (2014) WINTER'S TALE 』『 ドライヴ (2011) DRIVE 』『 ダンス・レボリューション (2003) HONEY 』『 キューティ・ブロンド/ハッピーMAX (2003) LEGALLY BLONDE 2: RED, WHITE & BLONDE 』『 プッシーキャッツ (2001) 』『 キューティ・ブロンド (2001) LEGALLY BLONDE 』等のマーク・プラット Marc Platt
 ●製作総指揮は、本映画『 ラ・ラ・ランド (2016) LA LA LAND 』他『 とらわれて夏 (2013) LABOR DAY 』『 ムースポート (2004) WELCOME TO MOOSEPORT 』等のマイケル・ビューグ Michael Beuggと、本映画『 ラ・ラ・ランド (2016) LA LA LAND 』に出演もして『 ジャンゴ 繋がれざる者 (2012) DJANGO UNCHAINED 』『 ラブ・アゲイン (2011) CRAZY, STUPID, LOVE. 』『 Be Cool/ビー・クール (2005) BE COOL 』『 バイバイ、ママ (2005) LOVERBOY 』『 最後の恋のはじめ方 (2005) HITCH 』『 コーチ・カーター (2005) COACH CARTER 』『 ランダウン ロッキング・ザ・アマゾン (2003) THE RUNDOWN 』等のBGMでも貢献するジョン・レジェンド John Legendと、本映画『 ラ・ラ・ランド (2016) LA LA LAND 』他『 ジャスト・マリッジ (2003) JUST MARRIED 』等のサッド・ラッキンビル Thad Luckinbillトレント・ラッキンビル Trent Luckinbillの双子兄弟と、本映画『 ラ・ラ・ランド (2016) LA LA LAND 』他『 レーシング・ストライプス (2005) RACING STRIPES 』『 ラブ・ドント・コスト・ア・シング (原題) (2003) LOVE DON'T COST A THING 』『 インソムニア (2002) INSOMNIA 』『 マリー・アントワネットの首飾り (2001) THE AFFAIR OF THE NECKLACE 』等のモリー・スミス Molly Smithと、本映画『 ラ・ラ・ランド (2016) LA LA LAND 』で映画の森てんこ森で初めて紹介するマイク・ジャクソン Mike Jackson並びにジャスミン・マクグレイド Jasmine McGlade並びにタイ・スティクロリス Ty Stiklorius
 ●音楽は、本映画『 ラ・ラ・ランド (2016) LA LA LAND 』で映画の森てんこ森で初めて紹介するジャスティン・ハーウィッツ Justin Hurwitz
 ●撮影監督は、本映画『 ラ・ラ・ランド (2016) LA LA LAND 』他、『 ハンガー・ゲーム2 (2013) THE HUNGER GAMES: CATCHING FIRE 』等のリヌス・サンドグレン Linus Sandgren
 ●編集は、本映画『 ラ・ラ・ランド (2016) LA LA LAND 』他、『 クライモリ (2003) WRONG TURN 』『 ショコラーデ (1998) MESCHUGGE (原題) / THE GIRAFFE (英題) 』等のトム・クロス Tom Cross
 ●プロダクションデザインは、本映画『 ラ・ラ・ランド (2016) LA LA LAND 』他、『 コラテラル (2004) COLLATERAL 』『 キル・ビル Vol.2 (2004) KILL BILL: VOL. 2 』『 キル・ビル (2003) KILL BILL: VOLUME 1 』『 グッド・ガール (2002) THE GOOD GIRL 』『 ザ・ロイヤル・テネンバウムズ (2001) THE ROYAL TENENBAUMS 』『 ザ・プロフェッショナル (2001) 』『 偶然の恋人 (2000) 』『 パルプ・フィクション (1994) 』等のデヴィッド・ワスコ David Wasco
 ●衣装デザインは、本映画『 ラ・ラ・ランド (2016) LA LA LAND 』他、『 インターステラー (2014) INTERSTELLAR 』『 L.A. ギャング ストーリー (2012) GANGSTER SQUAD 』『 カウボーイ&エイリアン (2011) COWBOYS & ALIENS 』『 トゥルー・グリット (2010) TRUE GRIT 』『 アイアンマン2 (2010) IRON MAN 2 』『 シリアスマン (2009) A SERIOUS MAN 』『 奥さまは魔女 (2005) BEWITCHED 』『 ターミナル (2004) THE TERMINAL 』『 レディ・キラーズ (2004) THE LADYKILLERS 』『 ディボース・ショウ (2003) INTOLERABLE CRUELTY 』『 ハッピー・フライト (2003) VIEW FROM THE TOP 』『 キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン (2002) CATCH ME IF YOU CAN 』『 ムーンライト・マイル (2002) MOONLIGHT MILE 』『 ゴーストワールド (2001) 』『 バーバー (2001) THE MAN WHO WASN'T THERE 』『 オー・ブラザー! (2000) 』『 ファーゴ (1996) FARGO 』等のメアリー・ゾフレス Mary Zophres
 ●視覚効果監修は、本映画『 ラ・ラ・ランド (2016) LA LA LAND 』他『 ブラック・スキャンダル (2015) BLACK MASS 』『 アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン (2015) AVENGERS: AGE OF ULTRON 』『 エクスペンダブルズ3 ワールドミッション (2014) THE EXPENDABLES 3 』『 それでも夜は明ける (2013) 12 YEARS A SLAVE 』『 恋愛だけじゃダメかしら? (2012) WHAT TO EXPECT WHEN YOU'RE EXPECTING 』『 タイタンの逆襲 (2012) WRATH OF THE TITANS 』『 インモータルズ -神々の戦い- (2011) IMMORTALS 』『 ミッシング ID (2011) ABDUCTION 』『 SUPER 8/スーパーエイト (2011) SUPER 8 』『 ガリバー旅行記 (2010) GULLIVER'S TRAVELS 』『 ヒア アフター (2010) HEREAFTER 』『 アイアンマン (2008) IRON MAN 』『 ジャンパー (2008) JUMPER 』『 ゴースト・ライダー (2007) GHOST RIDER 』『 ディパーテッド (2006) THE DEPARTED 』『 シャークボーイ&マグマガール 3−D (2005) THE ADVENTURES OF SHARKBOY AND LAVAGIRL IN 3-D 』『 シン・シティ (2005) SIN CITY 』等のクリス・ルドゥー Chris LeDouxと、映画『 ラ・ラ・ランド (2016) LA LA LAND 』他『 ブラック・スキャンダル (2015) BLACK MASS 』『 イントゥ・ザ・ウッズ (2014) INTO THE WOODS 』『 それでも夜は明ける (2013) 12 YEARS A SLAVE 』『 スター・トレック イントゥ・ダークネス (2013) STAR TREK INTO DARKNESS 』『 ヒューゴの不思議な発明 (2011) HUGO 』『 ワイルド・スピード MEGA MAX (2011) FAST FIVE 』『 アリス・イン・ワンダーランド (2010) ALICE IN WONDERLAND 』『 アイアンマン (2008) IRON MAN 』等のティム・ルドゥー Tim LeDouxと、映画『 ラ・ラ・ランド (2016) LA LA LAND 』他『 ターミネーター:新起動/ジェニシス (2015) TERMINATOR: GENISYS 』『 フォーカス (2015) FOCUS 』『 47RONIN (2013) 47 RONIN 』『 ローン・レンジャー (2013) THE LONE RANGER 』『 L.A. ギャング ストーリー (2012) GANGSTER SQUAD 』『 トータル・リコール (2012) TOTAL RECALL 』『 ダーク・シャドウ (2012) DARK SHADOWS 』『 タイタンの逆襲 (2012) WRATH OF THE TITANS 』『 SUPER 8/スーパーエイト (2011) SUPER 8 』『 アイ・アム・ナンバー4 (2011) I AM NUMBER FOUR 』『 スリーデイズ (2010) THE NEXT THREE DAYS 』『 アンストッパブル (2010) UNSTOPPABLE 』『 トランスフォーマー/リベンジ (2009) TRANSFORMERS: REVENGE OF THE FALLEN 』『 トランスフォーマー (2007) TRANSFORMERS 』『 エミリー・ローズ (2005) THE EXORCISM OF EMILY ROSE 』等のジョン・L・ウェックワース John L. Weckworth
 ●製作スタッフのもっと詳しくはこちらから・・・⇒


※livedoor版【ラ・ラ・ランドの解説@映画の森てんこ森】
※参考資料:『ラ・ラ・ランド』EPK、公式サイト『ラ・ラ・ランド』、『ラ・ラ・ランド LA LA LAND』-Wikipedia

Text編集:安藤奈津

| ←前の閲覧ページに戻る |▲TOP | ▲予告編 | ▲目次 |
映画の森てんこ森代表:幸田幸
coda_sati@hotmail.com
「映画の森てんこ森」へ 「旅行の森てんこ森」へ
映画解説・レヴュータイトル一覧表へ
映画の森てんこ森 バナー03

映画の森てんこ森 coda21幸田幸 クレジット バナー01
幸のイタリア各都市情報へ
旅行の森てんこ森 バナー03
136x70
本サイトの作文、データ及び画像などのコンテンツの無断転用はお控え下さい。
貴サイトへの御掲載についてはメールにてお知らせ頂ければ幸いです。
© 2002-2017 Sachi CODA at Eigano-Mori Tenko-Mori, CODA21. All Rights Reserved.



borocsoborocso  at 12:00 この記事をクリップ! 

ラ・ラ・ランド解説@映画の森てんこ森

ラ・ラ・ランド@映画の森てんこ森
表紙目次映画解説タイトル一覧 | 幸のネタバレ映画 | 幸のカスタムカー |
 | 読む映画試写会 | レヴュー | 観たい度映画 | 予告編 | エッセイ | 日誌 | 試写会情報 |
リンク集 | 映画ゲーム思い出映画| 映画レヴュー10000字超 |
幸のカレンダー | ぼろくそパパの独り言 | livedoorブログ | 旅行の森てんこ森 |
ブロードバンドB版 | 恭子の動画映像ブログ | 恭子の「YouTube」 | 幸のネタバレブログ | サイト内検索 |
 映画の森てんこ森■映画解説と予告編とレヴュー
ラ・ラ・ランド (2016)
LA LA LAND
※クリックでYouTube『ラ・ラ・ランド LA LA LAND』予告編へ
▲上のスライドショーを初めから見る
▲ネタバレのスライドショーを見てみる
画像クリックで本予告編YouTube版が見れます。
ここをクリックで別の予告編YouTube版が見れます。
ここをクリックで日本語の予告編YouTube版が見れます。
※予告編はYouTube「リンク」モードで掲載。
Trailer Courtesy of SUMMIT ENTERTAINMENT

(C)2016 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved.
| 「目次」Topページ | 「B版」Topページ | 本ページ更新 | 本ページ最終更新 |
© Images copyright their respective owners; usually the distributor of the above titled movie unless otherwise noted.
■映画『 ラ・ラ・ランド (2016) LA LA LAND 』の解説
【映画『ラ・ラ・ランド』解説】#01
 映画『 ラ・ラ・ランド (2016) LA LA LAND 』は、デイミアン・チャゼルが監督し、マーク・プラットらが製作した2016年のアメリカ合衆国のロマンス/ミュージカル映画。製作国アメリカ合衆国では2016年9月2日テルライド映画祭、2016年12月9日限定公開、2016年12月25日クリスマス全米公開。日本では、2017年2月24日(金)、ギャガ=ポニーキャニオンより配給、全国公開される予定だ。

 本映画『 ラ・ラ・ランド (2016) LA LA LAND 』のポスターのキャッチコピーは、
 <観るもの全てが恋に落ちる、極上のミュージカル・エンターテインメント
 本年度アカデミー賞大本命!>


【映画『ラ・ラ・ランド』解説】#02
 本映画『 ラ・ラ・ランド (2016) LA LA LAND 』は、映画と恋に落ちた若き天才監督デイミアン・チャゼルが創り出した圧巻のミュージカル映画。歌・音楽・ダンス・物語――全てがオリジナル。この鮮やかでどこか懐かしく夢のように美しい映像世界で、一度聞いたら耳から離れないメロディアスな楽曲に乗せて繰り広げられるのは、リアルで切ない現代のロマンス。ジャズピアニストの主人公に扮する主演ライアン・ゴズリングが全編吹き替え無しでピアノ演奏するのは凄い!
 『ラ・ラ・ランド』は2月全国超拡大ロードショー!


【映画『ラ・ラ・ランド』解説】#おススメ
 本映画『 ラ・ラ・ランド (2016) LA LA LAND 』は2016年度ゴールデン・グローブで、作品賞(コメディ/ミュージカル)、男優賞(コメディ/ミュージカル) ライアン・ゴズリング、女優賞(コメディ/ミュージカル) エマ・ストーン 、監督賞 デイミアン・チャゼル、脚本賞 デイミアン・チャゼル、音楽賞、歌曲賞 “City of Stars”に輝いた。
 本映画『 ラ・ラ・ランド (2016) LA LA LAND 』は来る2017年2月26日発表の2016年度第89回アカデミー賞でも13部門14賞にノミネートされている。作品賞、主演男優賞 ライアン・ゴズリング、主演女優賞 エマ・ストーン、監督賞 デイミアン・チャゼル、脚本賞、撮影賞、作曲賞、歌曲賞 “Audition (The Fools Who Dream)”(曲)並びにジャスティン・ハーウィッツ “City of Stars”(曲)、美術賞、衣装デザイン賞、音響賞(編集)、音響賞(調整)、編集賞の13部門14賞ノミネーションである(2017.2.1現在)。
 是非、『 ラ・ラ・ランド (2016) LA LA LAND 』は映画館の大画面と音響でご覧下さい!

※livedoor版【ラ・ラ・ランドの解説@映画の森てんこ森】
※参考資料:『ラ・ラ・ランド』EPK、公式サイト『ラ・ラ・ランド』、『ラ・ラ・ランド LA LA LAND』-Wikipedia

Text編集:安藤奈津

| ←前の閲覧ページに戻る |▲TOP | ▲予告編 | ▲目次 |
■映画『 ラ・ラ・ランド (2016) LA LA LAND 』のスタッフとキャスト
【映画『ラ・ラ・ランド』のスタッフ】
監督 Directed by:デイミアン・チャゼル Damien Chazelle
脚本 Screenplay by:デイミアン・チャゼル Damien Chazelle
製作 Produced by:フレッド・バーガー Fred Berger
   ゲイリー・ギルバート Gary Gilbert
   ジョーダン・ホロウィッツ Jordan Horowitz
   マーク・プラット Marc Platt
製作総指揮 Executive Producer:マイケル・ビューグ Michael Beugg
   マイク・ジャクソン Mike Jackson
   ジョン・レジェンド John Legend
   サッド・ラッキンビル Thad Luckinbill
   トレント・ラッキンビル Trent Luckinbill
   ジャスミン・マクグレイド Jasmine McGlade
   モリー・スミス Molly Smith
   タイ・スティクロリス Ty Stiklorius
音楽 Original Music by:ジャスティン・ハーウィッツ Justin Hurwitz
撮影 Cinematography by:リヌス・サンドグレン Linus Sandgren
編集 Film Editing by:トム・クロス Tom Cross
プロダクションデザイン Production Design by:デヴィッド・ワスコ David Wasco
衣装デザイン Costume Design by:メアリー・ゾフレス Mary Zophres
視覚効果監修 Visual Effects Supervisor:クリス・ルドゥー Chris LeDoux
   ティム・ルドゥー Tim LeDoux
   ジョン・L・ウェックワース John L. Weckworth

 ・・・もっと詳しいスタッフはこちらから⇒

【映画『ラ・ラ・ランド』のキャスト】
出演・Cast (in credits order)
   ライアン・ゴズリング Ryan Gosling ... Sebastian Wilder セバスチャン・ワイルダー愛称セブ
   エマ・ストーン Emma Stone ... Mia Dolan ミア・ドーラン
   アミー・コン Amiee Conn ... Famous Actress 有名な女優
   テリー・ウォルターズ Terry Walters ... Linda (Coffee Shop Manager) コーヒーショップ店長リンダ
   トム・シェルトン Thom Shelton ... Coffee Spiller コーヒーをこぼす人
   シンダ・アダムズ Cinda Adams ... Casting Director (First Audition) 最初のオーディションのキャスティングディレクター
   キャリー・ヘルナンデス Callie Hernandez ... Tracy トレイシー
   ジェシカ・ローテ Jessica Rothe ... Alexis アレクシス
   ソノヤ・ミズノ Sonoya Mizuno ... Caitlin ケイトリン
   ローズマリー・デウィット Rosemarie DeWitt ... Laura Wilder セバスチャンの姉ローラ・ワイルダー
   J・K・シモンズ J.K. Simmons ... Bill レストランの経営者ビル
   クラウディーネ・クラウディオ Claudine Claudio ... Karen (Waitress) ウェイトレスのカレン
   ジェイソン・フュークス Jason Fuchs ... Carlo 脚本家カルロ
   D・A・ウォーラック D.A. Wallach ... '80's Singer 80年代の歌手
   トレヴァー・リサウアー Trevor Lissauer ... Valet ボーイ
   オリヴィア・ハミルトン Olivia Hamilton ... Bree (Gluten Free Girl) ブリー
   アンナ・チャゼル Anna Chazelle ... Sarah (Pilot Casting Assistant) サラ
   マリウス・デ・ヴリーズ Marius De Vries ... Clyde クライド(Pilot Director)
   フィン・ウィットロック Finn Wittrock ... Greg Earnest グレッグ・アーネスト
   ジョシュ・ペンス Josh Pence ... Josh ジョシュ
   ニコール・クロン Nicole Coulon ... Josh's Fiancee ジョシュのフィアンセ
   デイモン・ガプトン Damon Gupton ... Harry ハリー
   ジョン・レジェンド John Legend ... Keith キース
   ブリアナ・リー Briana Lee ... Echo Backup Singer バックコーラス
   デヴィッド・ダグラス David Douglas ... Radio DJ ラジオDJ
   マイルズ・アンダーソン Miles Anderson ... Alistair (Photographer) 写真家アリスター
   ボボ・チェン Bobo Chang ... Photographer's Assistant 写真家助手
   ミーガン・フェイ Meagen Fay ... Mia's Mom ミアの母親
   ジョン・ハインドマン John Hindman ... Frank (Director) 監督フランク
   ヴァレリー・レイ・ミラー Valarie Rae Miller ... Amy Brandt エイミー・ブラント
   ニコール・ウルフ Nicole Wolf ... Amy Brandt's Assistant エイミー・ブラントの助手
   コリン・エヴァンス Corrin Evans ... New Barista バリスタ新人
   キフ・ヴァンデンヒューヴェル Kiff VandenHeuvel ... New Coffee Shop Manager コーヒーショップの新店長
   トム・エヴェレット・スコット Tom Everett Scott ... David デヴィッド
   カムリン・レイ・キャヴァリエロ Camryn Ray Cavaliero ... Mia's Daughter ミアの娘
   ゾーイ・ホール Zoe Hall ... Chelsea チェルシー
   レシュマ・ガジャール Reshma Gajjar ... Traffic Dancer - Girl #1 高速道路のダンサー
   クリス・モス Chris Moss ... Traffic Dancer 高速道路のダンサー
   ネイサン・プレヴォー Nathan Prevost ... Traffic Dancer 高速道路のダンサー
   スコット・ヒスロップ Scott Hislop ... Hollywood Party Dancer ハリウッドパーティのダンサー

 ・・・もっと詳しいキャストはこちらから⇒

※参考資料:『LA LA LAND』-Wikipedia、『LA LA LAND』-IMDb、『ラ・ラ・ランド』EPK、公式サイト
※スタッフ・キャスト及び登場人物の呼称が正確でない場合がありますのでご了承ください。
| ←前の閲覧ページに戻る |▲TOP | ▲予告編 | ▲目次 |
■映画『 ラ・ラ・ランド (2016) LA LA LAND 』のあらすじ・ストーリー
ネタバレご注意:以下の映画『 ラ・ラ・ランド (2016) LA LA LAND 』のあらすじ・ストーリーにはネタバレが含まれている場合があります。映画『ラ・ラ・ランド』をまだご覧になっていない方は、どうかネタバレにご注意ください。
 Warning!Plot synopsis and storyline items below here contain information that may give away important plot points. You may not want to read any further if you've not already seen this title.

【映画『ラ・ラ・ランド』あらすじ/ストーリー 第01段落】 ネタバレ配慮
 夢追い人の街L.A.(ロサンゼルス)、夢を叶えたい人々が集まる街ロサンゼルス。

【映画『ラ・ラ・ランド』あらすじ/ストーリー 第02段落】 ネタバレ配慮
 タイトルの「LA LA LAND」の「LA」とは、ロサンゼルス Los Angeles の略称LAであるから、「LA LA LAND」はロサンゼルス、主にハリウッド地域の愛称であるし、陶酔しハイになる状態も表すし、夢の国・現実離れした世界・おとぎの国の意味もある。

【映画『ラ・ラ・ランド』あらすじ/ストーリー 第03段落】 ネタバレ配慮
 女優志望ミア・ドーラン(エマ・ストーン)は映画スタジオのカフェで働いて、何度オーディションを受けても落ちてばかり。ある日、ミアは場末の店で、あるピアニストの演奏に魅せられる。

【映画『ラ・ラ・ランド』あらすじ/ストーリー 第04段落】 ネタバレ配慮
 彼はセバスチャン・ワイルダー愛称セブ(ライアン・ゴズリング)という売れないジャズピアニストで、いつか自分の店を持ち、大好きなジャズを思う存分演奏したいと願っていた。

【映画『ラ・ラ・ランド』あらすじ/ストーリー 第05段落】 ネタバレ配慮
 ライアン・ゴズリングは繊細で甘い歌声を披露すると共に、3カ月間かけてピアノを習得、全編吹き替え無しの魂をこめた演奏で魅了するのだから凄い。

【映画『ラ・ラ・ランド』あらすじ/ストーリー 第06段落】 ネタバレ配慮
 やがて二人は恋に落ち、互いの夢を応援し合う。この映画、ハッピーエンドに終わるに決まっている?でも、そこがチョット普通のハッピーエンドとは異なる。

【映画『ラ・ラ・ランド』あらすじ/ストーリー 第07段落】 ネタバレ配慮
 セブが店の資金作りのために入ったバンドが成功したことから、二人の心はすれ違い始める。

【映画『ラ・ラ・ランド』あらすじ/ストーリー 第08段落】 ネタバレ配慮
 ミアは勝ち気な性格だが、恋と夢には真っすぐ。全力で恋に飛び込むキュートな姿と、何度も挫折して傷つくピュアな心が印象的だ。

【映画『ラ・ラ・ランド』あらすじ/ストーリー 第09段落】 ネタバレ配慮
 セブは他人の言うことなんか気にしない自信家。しかし、愛する人のために夢を諦めようかと迷い、切ない想いを抱く。

【映画『ラ・ラ・ランド』あらすじ/ストーリー 第10段落】 ネタバレ配慮
 この映画に恋せずにいられない最大の理由、それは、高揚と陶酔の先にある、観るもの全ての感情を揺さぶる予想だにしない大仕掛けそれこそが……、ようこそ、ラ・ラ・ランドへ! 感動のラストとは――。

▼映画『ラ・ラ・ランド』のネタバレ/もっと詳しくは以下のこちらから・・・⇒

※参考資料:『LA LA LAND』-Wikipedia、『LA LA LAND』-IMDb、『ラ・ラ・ランド』EPK、公式サイト
| ←前の閲覧ページに戻る |▲TOP | ▲予告編 | ▲目次 |
<ネタバレ/もっと詳しく>
ネタバレ注意@映画の森てんこ森
ストーリー展開の前知識やネタバレがお好みでない方は、読まないで下さい。
■映画『ラ・ラ・ランド』の「テキストによる映画の再現」レヴュー
【『ラ・ラ・ランド』ストーリー/あらすじ】
◆ここからは、ストーリーの結末やネタバレが含まれている場合があります。どうかネタバレに御注意下さい。
Warning! This synopsis may contain spoilers.

★以下のネタバレ日本語訳は、映画『ラ・ラ・ランド』の公開日2017年2月24日(金)の翌日、又は翌日以降に公開予定ですが、映画をご覧になる前に、前もって<ストーリー/あらすじ/結末までの完全ネタバレ日本語訳版>をお読みになりたい方は、こちらをクリック⇒「ラ・ラ・ランドのネタバレ」へ・・・(別の新しいウインドウで表示)

【感謝とお願い】多くの皆様にこのネタバレコーナーにアクセス頂き、ありがとうございますm(__)m
 もしクリックしてもネタバレファイルにジャンプしない場合は、映画会社や配給会社への配慮として、まだリンクを貼っていない期間です。リクエスト・メールが多い場合は(お返事は出せませんが)、タイミングを見計らって、映画公開一週間前にはアップしますので、どうかご了承ください。

 GoogleやYahoo!の検索エンジンで、映画の森てんこ森のネタバレファイルをお探しの場合は、
ネタバレ ラ・ラ・ランド>又は
ラ・ラ・ランド ネタバレ>と入力してください。

▲TOPへ

◆ここからは、結末まで書いてネタバレしていますので、ストーリー全体が分ります。御注意下さい。
 ATTN: This review reveals the movie content. Please don't say that I didn't say !


■2/15公開<映画『ラ・ラ・ランド』あらすじ>
■2/16公開<ネタバレ映画/ラ・ラ・ランド>
■2/17公開<ネタバレ結末/ラ・ラ・ランド>
■2/18公開<ラ・ラ・ランドの完全ネタバレ>
★以上のあらすじ結末までネタバレは、こちらをクリック⇒「ラ・ラ・ランド」へ(以上5ファイルとも新規ウインドウで表示)


※参考資料:『LA LA LAND』-Wikipedia、『LA LA LAND』-IMDb、『ラ・ラ・ランド』EPK、公式サイト
| ←前の閲覧ページに戻る |▲TOP | ▲予告編 | ▲目次 |
■映画『 ラ・ラ・ランド (2016) LA LA LAND 』の更新記録
◆ファイル作成:2017年2月1日(水)
 作成者:小沢栄三(Ben)、安藤奈津(Ann)、F・恭子、幸田幸
 ファイル作成して、〔textreview〕の2016年フォルダに格納
◆映画データと解説とWikipedia欄作成:2017年2月1日(水)
◆フィルモグラフィー&トリビアの調査:2017年2月1日(水)
◆フィルモグラフィー&トリビア修正・追記:2017年2月1日(水)
◆<もっと詳しく>の日本語訳(ネタバレ満開)ファイル作成:2017年2月1日(水)
★ラ・ラ・ランド@映画の森てんこ森チャート作成とWEBアップは映画『 ラ・ラ・ランド (2016) LA LA LAND 』公開2017年2月24日(金)の前

| ←前の閲覧ページに戻る |▲TOP | ▲予告編 | ▲目次 |
映画の森てんこ森代表:幸田幸
coda_sati@hotmail.com
「映画の森てんこ森」へ 「旅行の森てんこ森」へ
映画解説・レヴュータイトル一覧表へ
映画の森てんこ森 バナー03

映画の森てんこ森 coda21幸田幸 クレジット バナー01
幸のイタリア各都市情報へ
旅行の森てんこ森 バナー03
136x70
本サイトの作文、データ及び画像などのコンテンツの無断転用はお控え下さい。
貴サイトへの御掲載についてはメールにてお知らせ頂ければ幸いです。
© 2002-2017 Sachi CODA at Eigano-Mori Tenko-Mori, CODA21. All Rights Reserved.



borocsoborocso  at 12:00 この記事をクリップ! 

ラ・ラ・ランドのキャスト@映画の森てんこ森

ラ・ラ・ランドのキャスト@映画の森てんこ森
表紙目次映画解説タイトル一覧 | 幸のネタバレ映画 | 幸のカスタムカー |
 映画の森てんこ森■映画キャスト
ラ・ラ・ランドのキャスト@映画の森てんこ森ラ・ラ・ランドのキャスト
ラ・ラ・ランド (2016) LA LA LAND
LA LA LAND
※クリックでYouTube『ラ・ラ・ランド LA LA LAND』予告編へ
画像にポインタを置くと別のスライドショーが見れます※画像上マウスオーバーで『ラ・ラ・ランド LA LA LAND』ネタバレのスライドショーへ
▲上のスライドショーを初めから見る
▲ネタバレのスライドショーを見てみる
画像クリックで本予告編YouTube版が見れます。
ここをクリックで別の予告編YouTube版が見れます。
ここをクリックで日本語の予告編YouTube版が見れます。
※予告編はYouTube「リンク」モードで掲載。
Trailer Courtesy of SUMMIT ENTERTAINMENT

(C)2016 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved.
| 「映画の森てんこ森」表紙 | 新作映画Top | タイトル一覧 | 本ページ更新 |
■ラ・ラ・ランドのキャスト
以下は、映画『 ラ・ラ・ランド (2016) LA LA LAND 』のキャストのリストです。
★映画『ラ・ラ・ランド』(画面切替)の詳しい情報はこちらをクリック⇒

【映画『ラ・ラ・ランド』のキャスト <cast>】
※主なキャストのフィルモグラフィーはこちらから⇒
役名(俳優名)
セバスチャン・ワイルダー愛称セブ(ライアン・ゴズリング)
ミア・ドーラン(エマ・ストーン)
キース(ジョン・レジェンド)
レストランの経営者ビル(J・K・シモンズ)
コーヒーショップ店長リンダ(テリー・ウォルターズ)
最初のオーディションのキャスティングディレクター(シンダ・アダムズ)
トレイシー(キャリー・ヘルナンデス)
アレクシス(ジェシカ・ローテ)
ケイトリン(ソノヤ・ミズノ)
セバスチャンの姉ローラ(ローズマリー・デウィット)
脚本家カルロ(ジェイソン・フュークス)
80年代の歌手(D・A・ウォーラック)
サラ(アンナ・チャゼル)
グレッグ・アーネスト(フィン・ウィットロック)
ジョシュ(ジョシュ・ペンス)
ジョシュのフィアンセ(ニコール・クロン)
ハリー(デイモン・ガプトン)
ミアの母親(ミーガン・フェイ)
監督フランク(ジョン・ハインドマン)
写真家アリスタ(マイルズ・アンダーソン)
エイミー・ブラント(ヴァレリー・レイ・ミラー)
エイミー・ブラントの助手(ニコール・ウルフ)
コーヒーショップの新店長(キフ・ヴァンデンヒューヴェル)
デヴィッド(トム・エヴェレット・スコット)
ミアの娘(カムリン・レイ・キャヴァリエロ)
チェルシー(ゾーイ・ホール)
高速道路のダンサー(レシュマ・ガジャール)
高速道路のダンサー(クリス・モス)
高速道路のダンサー(ネイサン・プレヴォー)
ハリウッドパーティのダンサー(スコット・ヒスロップ)

 ・・・もっと詳しいキャストはこちらから⇒


※キャスト・キャスト及び登場人物の呼称が正確でない場合がありますのでご了承ください。
※参考資料:『LA LA LAND』-IMDb、映画『ラ・ラ・ランド』-Wikipedia、『LA LA LAND』-Wikipedia英語版、『ラ・ラ・ランド』EPK、公式サイト
| ←前の閲覧ページに戻る |▲TOP | ▲目次 |
映画の森てんこ森代表:幸田幸
coda_sati@hotmail.com
「映画の森てんこ森」へ 「旅行の森てんこ森」へ
映画解説・レヴュータイトル一覧表へ
映画の森てんこ森 バナー03

映画の森てんこ森 coda21幸田幸 クレジット バナー01
幸のイタリア各都市情報へ
旅行の森てんこ森 バナー03
136x70
本サイトの作文、データ及び画像などのコンテンツの無断転用はお控え下さい。
貴サイトへの御掲載についてはメールにてお知らせ頂ければ幸いです。
© 2002-2017 Sachi CODA at Eigano-Mori Tenko-Mori, CODA21. All Rights Reserved.



borocsoborocso  at 12:00 この記事をクリップ! 

ラ・ラ・ランドのスタッフ@映画の森てんこ森

ラ・ラ・ランドのスタッフ@映画の森てんこ森
表紙目次映画解説タイトル一覧 | 幸のネタバレ映画 | 幸のカスタムカー |
 映画の森てんこ森■映画スタッフ
ラ・ラ・ランドのスタッフ@映画の森てんこ森ラ・ラ・ランドのスタッフ
ラ・ラ・ランド (2016) LA LA LAND
LA LA LAND
※クリックでYouTube『ラ・ラ・ランド LA LA LAND』予告編へ
画像にポインタを置くと別のスライドショーが見れます※画像上マウスオーバーで『ラ・ラ・ランド LA LA LAND』ネタバレのスライドショーへ
▲上のスライドショーを初めから見る
▲ネタバレのスライドショーを見てみる
画像クリックで本予告編YouTube版が見れます。
ここをクリックで別の予告編YouTube版が見れます。
ここをクリックで日本語の予告編YouTube版が見れます。
※予告編はYouTube「リンク」モードで掲載。
Trailer Courtesy of SUMMIT ENTERTAINMENT

(C)2016 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved.
| 「映画の森てんこ森」表紙 | 新作映画Top | タイトル一覧 | 本ページ更新 |
■ラ・ラ・ランドのスタッフとキャスト
以下は、映画『 ラ・ラ・ランド (2016) LA LA LAND 』の製作スタッフのリストです。
★映画『ラ・ラ・ランド』(画面切替)の詳しい情報はこちらをクリック⇒

【映画『ラ・ラ・ランド』のスタッフ <crew>】
※主なスタッフのフィルモグラフィーはこちらから⇒
監督:デイミアン・チャゼル Damien Chazelle
脚本:デイミアン・チャゼル Damien Chazelle
製作:フレッド・バーガー Fred Berger
   ゲイリー・ギルバート Gary Gilbert
   ジョーダン・ホロウィッツ Jordan Horowitz
   マーク・プラット Marc Platt
製作総指揮:マイケル・ビューグ Michael Beugg
   マイク・ジャクソン Mike Jackson
   ジョン・レジェンド John Legend
   サッド・ラッキンビル Thad Luckinbill
   トレント・ラッキンビル Trent Luckinbill
   ジャスミン・マクグレイド Jasmine McGlade
   モリー・スミス Molly Smith
   タイ・スティクロリス Ty Stiklorius
音楽:ジャスティン・ハーウィッツ Justin Hurwitz
撮影:リヌス・サンドグレン Linus Sandgren
編集:トム・クロス Tom Cross
プロダクションデザイン:デヴィッド・ワスコ David Wasco
衣装デザイン:メアリー・ゾフレス Mary Zophres
視覚効果監修:クリス・ルドゥー Chris LeDoux
   ティム・ルドゥー Tim LeDoux
   ジョン・L・ウェックワース John L. Weckworth

 ・・・もっと詳しいスタッフはこちらから⇒


※スタッフ・キャスト及び登場人物の呼称が正確でない場合がありますのでご了承ください。
※参考資料:『LA LA LAND』-IMDb、映画『ラ・ラ・ランド』-Wikipedia、『LA LA LAND』-Wikipedia英語版、『ラ・ラ・ランド』EPK、公式サイト
| ←前の閲覧ページに戻る |▲TOP | ▲目次 |
映画の森てんこ森代表:幸田幸
coda_sati@hotmail.com
「映画の森てんこ森」へ 「旅行の森てんこ森」へ
映画解説・レヴュータイトル一覧表へ
映画の森てんこ森 バナー03

映画の森てんこ森 coda21幸田幸 クレジット バナー01
幸のイタリア各都市情報へ
旅行の森てんこ森 バナー03
136x70
本サイトの作文、データ及び画像などのコンテンツの無断転用はお控え下さい。
貴サイトへの御掲載についてはメールにてお知らせ頂ければ幸いです。
© 2002-2017 Sachi CODA at Eigano-Mori Tenko-Mori, CODA21. All Rights Reserved.



borocsoborocso  at 12:00 この記事をクリップ! 

ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたちの完全ネタバレ@幸田幸


【恭子の動画映像ブログ】
最新映画のネタバレ/あらすじ・ストーリー・結末のネタバレ・完全ネタバレ
※この欄のイラストは「NOM's FOODS iLLUSTRATED」さまより使用許諾を得ています。(c)映画の森てんこ森/F・恭子
更新版
F・恭子のブロードバンドブログnew ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたちの完全ネタバレ

映画『 ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち 』の解説
※クリックでYouTube『ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち MISS PEREGRINE'S HOME FOR PECULIAR CHILDREN』予告編へ
画像にポインタを置くと別のスライドショーが見れます
▲親ページのスライドショーを初めから見る
▲本ネタバレのスライドショーを見てみる
画像クリックで本予告編YouTube版を見る
ここをクリックで別の予告編YouTube版を見る
ここをクリックでフランス語の予告編を見る
ここをクリックで仏語字幕の予告編YouTube版を見る
ここをクリックでイタリア語予告編YouTube版を見る
ここをクリックで伊語字幕の予告編YouTube版を見る
ここをクリックでスペイン語の予告編YouTube版を見る
ここをクリックで西語字幕の予告編YouTube版を見る
ここをクリックでドイツ語の予告編YouTube版を見る
ここをクリックで独語字幕の予告編YouTube版を見る
ここをクリックで日本語予告編YouTube版を見る
ここをクリックで別の日本語予告編YouTube版を見る
※予告編はYouTube「リンク」モードで掲載。
Trailer Courtesy of Twentieth Century Fox Film Corporation
(C)2016 Twentieth Century Fox Film Corporation.



| 「目次」Topページ | 本ページ更新 | 話題の映画Check♪ |
ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち/映画『 ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち MISS PEREGRINE'S HOME FOR PECULIAR CHILDREN 』あらすじ・ストーリーのネタバレ/結末まで完全ネタバレ

by ネタバレンタイン犬@映画の森てんこ森 ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたちの完全ネタバレ
ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたちの完全ネタバレ
 今日のタイトルは「ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたちの完全ネタバレ」です。
 そしてYouTube動画映像版は映画『ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち』の予告編です。
 映画『 ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち (2016) MISS PEREGRINE'S HOME FOR PECULIAR CHILDREN 』の映画解説はこちらから。
 このページは、幸田幸@映画の森てんこ森が、日本公開前の映画を海外の劇場やDVDで鑑賞して作文したり、『 ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち (2016) MISS PEREGRINE'S HOME FOR PECULIAR CHILDREN 』のWikipedia英語版プロットや、海外映画情報(あらすじ・ストーリー・ネタバレ等)を大雑把に日本語訳して編集、纏めたものです。

映画『ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち』の劇場公開
 2017年2月3日(金)より、全国ロードショー!!
 ※日本配給情報:劇場公開(20世紀フォックス映画)

ネタバレご注意:あらすじ・ストーリー・結末まで、ネタバレ満開ですので、映画『 ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち (2016) MISS PEREGRINE'S HOME FOR PECULIAR CHILDREN 』をまだご覧になっていない方はネタバレにご注意ください。
 Warning!The items below here contain information that may give away important plot points. You may not want to read any further if you've not already seen this title.

【ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたちの完全ネタバレ 第01段落】
 映画『 ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち (2016) MISS PEREGRINE'S HOME FOR PECULIAR CHILDREN 』の主人公はジェイコブ・ポートマン愛称ジェイク(エイサ・バターフィールド:『 エンダーのゲーム (2013) ENDER'S GAME 』『 ヒューゴの不思議な発明 (2011) HUGO 』で子役だった!)という16歳の若者。

【ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたちの完全ネタバレ 第02段落】
 米国フロリダのドラッグストアで働きながら単調な暮らしをしているジェイク。勤務中に、祖父エイブラハム・‘エイブ’・ポートマン(テレンス・スタンプ:『 アジャストメント (2011) THE ADJUSTMENT BUREAU 』等)のことで電話がかかってきた。

【ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたちの完全ネタバレ 第03段落】
 ジェイクが祖父にかけ直すと、祖父は驚いて疑り深い様子。上司シェリー(オーラン・ジョーンズ:『 シザーハンズ (1990) EDWARD SCISSORHANDS 』等)がジェイクをお祖父さんの家まで車で送ってくれることに。

【ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたちの完全ネタバレ 第04段落】
 祖父エイブの家に着くと、道路に白い眼の男(サミュエル・L・ジャクソン:『 ターザン:REBORN (2016) THE LEGEND OF TARZAN 』等)が威嚇的に立っている。家の中に入ると、隈なく探されたあとが。そして祖父は森で見つかった。それも、両目を失くした体で地面に倒れている。

【ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたちの完全ネタバレ 第05段落】
 瀕死のエイブは「1943年9月3日のタイムループのケインホルムに行くんだ、そうすれば“ハヤブサ falcon”が全てを教えてくれるから」とジェイクに言い残して息を引き取った。ペレグリンファルコン peregrine falconもペレグリン peregrineもファルコン falconも“ハヤブサ”という意味。

【ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたちの完全ネタバレ 第06段落】
 だからタイトルが『 ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち Miss Peregrine's Home for Peculiar Children 』であるし、原作小説の邦題も『ハヤブサが守る家』というのだ。

【ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたちの完全ネタバレ 第07段落】
 祖父の謎めいた死の後、上司シェリーが銃を持って来ると、お祖父さんがよく話してくれていたモンスターの一つがジェイクの方に歩み寄り、シェリーの後方に出現した。シェリーが銃で撃とうとするがそのモンスターは見えない。

【ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたちの完全ネタバレ 第08段落】
 検死官によると祖父の死亡原因は心臓発作だそうなので何の事件・事故でもないのだと分かってはいるが、祖父の謎の死にジェイクは釈然とせず、精神病医のドクター・ゴラン(アリソン・ジャネイ:『 ミニオンズ (2015) MINIONS 』等)に診てもらう。

【ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたちの完全ネタバレ 第09段落】
 回想シーン。祖父エイブは、孫息子ジェイク(6歳:ニコラス・オテリ、10歳:エイデン・フラワーズ)に子供時代の武勇伝をよく聞かせていた。第二次世界大戦中に色々なモンスターどもや風変わりな者達と遭遇しては戦って過ごした、という話である。

【ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたちの完全ネタバレ 第10段落】
 それに、祖父は英国ウェールズ(『 リバティーン (2004) THE LIBERTINE 』等ロケ地)の小島ケインホルムにある「奇妙なこどもたちのいるミス・ペレグリンの家」=「ハヤブサが守る家」に住んで、変わった能力のある様々な子供たちと一緒に暮らした話もよくしていた。・・・結末までのネタバレを読む・・・







以上
※<ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち>のテキストは、<『MISS PEREGRINE'S HOME FOR PECULIAR CHILDREN』-Wikipedia英語版、『MISS PEREGRINE'S HOME FOR PECULIAR CHILDREN』-IMDb、『MISS PEREGRINE'S HOME FOR PECULIAR CHILDREN』関連サイト英語版の翻訳、映画『ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち』-Wikipedia、『ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち』EPK、公式サイト・関連サイト等を引用。
※本ファイル<ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち>には間違いがある場合がありますので、お読みになる方は、どうかご了承くださいませ。

テキスト:幸田幸


 ■恭子の動画映像ブログ
 http://coda21.net/broadband/index.htm

注目の映画・DVD・映像動画はこちら・・・▼
 ★映画の森てんこ森 http://coda21.net/

 映画の森てんこ森のその他の映像・動画コンテンツを見る・・・>>
【B級グルメ@映画の森てんこ森】=YouTube動画サイト

| 「目次」Topページ | 本ページ更新 | 本ページ最終更新 |


更新ブログはここをクリック



映画解説・レヴュータイトル一覧表
映画の森てんこ森 バナー03

映画の森てんこ森 coda21幸田幸 クレジット バナー01


幸のイタリア旅行のHPへ幸田幸のイタリア旅行バナーボタン01クリックで「旅行の森てんこ森」のページに進む。
幸のイタリア旅行のHPへ

★テキスト中心対応(T)版 (28Kbps〜56Kbps) ■800×600画面 ■文字サイズ(小) ■IE4以上推奨
★ブロードバンド対応(B)版 (ADSL以上) ■800×600画面 ■文字サイズ(小) ■IE6推奨

★ MacNN や WinNN では、動作や表示 がWindows IE と異なる場合があります。ご了承下さい。

※右欄のイラストは「NOM's FOODS iLLUSTRATED」さまへ使用許諾申請済
Images Courtesy of <http://homepage1.nifty.com/NOM/index.htm>

表紙目次読む映画試写会レヴュー観たい度映画予告編エッセイ日誌試写会情報
リンク集映画ゲーム思い出映画
| 映画レヴュー10000字超 | 映画解説タイトル一覧表 |
幸のカレンダーぼろくそパパの独り言 | livedoorブログ | 旅行の森てんこ森 |
ブロードバンドB版 | 恭子の動画映像ブログ | 恭子の「YouTube」 | サイト内検索 |
© 2002-2017 Sachi CODA at Eigano-Mori Tenko-Mori, CODA21. All Rights Reserved.



borocsoborocso  at 12:00 この記事をクリップ! 

ネタバレ結末/ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち@映画の森てんこ森

ネタバレ結末/ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち@映画の森てんこ森
表紙目次映画解説タイトル一覧 | 幸のネタバレ映画 | 幸のカスタムカー |
 ■映画ネタバレ□ネタバレ結末/ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち@映画の森てんこ森
ネタバレ結末/ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち@映画の森てんこ森ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち (2016)
MISS PEREGRINE'S HOME FOR PECULIAR CHILDREN
| 「映画の森てんこ森」表紙 | 新作映画Top | タイトル一覧 | 本ページ更新 |
ネタバレ結末/ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち@映画の森てんこ森
ネタバレ注意<ネタバレ結末/ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち>@映画の森てんこ森
ストーリー展開の前知識やネタバレがお好みでない方は、読まないで下さい。
■ネタバレ結末/ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち@映画の森てんこ森
【『ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち』ネタバレ】
ネタバレご注意:以下の<ネタバレ結末/ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち@映画の森てんこ森>のあらすじ・ストーリー・結末にはネタバレが含まれています。映画『 ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち (2016) MISS PEREGRINE'S HOME FOR PECULIAR CHILDREN 』をまだご覧になっていない方は、どうかネタバレにご注意ください。

★映画『ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち』公開情報
 2017年2月3日(金)より、全国ロードショー!!
 ※日本配給情報:劇場公開(20世紀フォックス映画)


<ネタバレ結末/ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち@映画の森てんこ森>の仕切り線

▲ここまでの<ネタバレ映画/ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち@映画の森てんこ森>はこちらから・・・(新規ウインドウで表示)

ネタバレ結末/ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち@映画の森てんこ森

【ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち/あらすじ結末までネタバレ満開 第35段落】
 エマは空中浮遊能力を持つし空気を操れるわけなので、大量の息を吹き出して、ジェイクの頭を大きな泡でスッポリ包む。沈んだ船から水を吹き飛ばして空にし、白っぽい眼の人々の写真を見せる。そこには、エイブの亡くなった夜に外で目撃したあの男が写っていた。バロン氏だ。

【ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち/あらすじ結末までネタバレ満開 第36段落】
 この後、やはりあの夜に森で見えた背が高く目の無いモンスターをジェイクだけが見える。ミス・ペレグリンは石弓で射ろうとしたが輪郭しか分からないから失敗する。ということで、ジェイクの“奇妙さ”というか“特殊能力”は、こういうモンスターどもが見えるということだとエマは悟る。

【ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち/あらすじ結末までネタバレ満開 第37段落】
 屋敷に戻ってジェイクはモンスターの正体を教わった。バロン氏やその仲間は“ホローガスト”或いは短縮して“ホロー”という邪悪な異能者のモンスターなのだという。ジェイクには、祖父と同様、このホローガスト或いはホロー<うつろの・中空のという意味>を見る能力があるのだ。

【ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち/あらすじ結末までネタバレ満開 第38段落】
 そもそもホローとは、不死になるためインブリンの能力を使った実験をして、その過程でインブリンを殺し、失敗実験となった時に変身された“奇妙な者”なのである。祖父エイブから話を聞いていた、イカやタコのような怪物であり、誰にも見えない筈のモンスターだ。

【ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち/あらすじ結末までネタバレ満開 第39段落】
 バロン氏(冒頭のサミュエル・L・ジャクソン)が率いて、“奇妙な者たち”の目玉を食い尽くすために“奇妙者”を狩っており、十分な目玉を食べ尽くすと、ホローは“ワイト”<古語で人間という意味>という奇妙者に変身する。冒頭のサミュエル・L・ジャクソンの白い目のようになるのだ。

【ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち/あらすじ結末までネタバレ満開 第40段落】
 鳥から人間の姿に変身した老女ミス・アヴォセットはこう明かす。イギリスのブラックプールでの彼女の2016年1月のタイムループがバロンに急襲されて、子供たちが殺害されたこと。そしてバロンは更に多くのインブリンを使って失敗実験を繰り返すつもりだ、と。だから一刻も早くここを去って新しい家とループを見つけなければ、と。

【ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち/あらすじ結末までネタバレ満開 第41段落】
 ジェイクが海岸に戻ると、父フランクの衰弱した姿を発見。以前に会った車椅子の人が眼をくり抜かれて死んでいるのも発見。ジェイクが逃げると、先日の鳥類学者に洞窟に追われ、その鳥類学者は精神病医のドクター・ゴランの姿に変わり、果ては、バロン氏に変わった。

【ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち/あらすじ結末までネタバレ満開 第42段落】
 ハロン氏はシェイプシフター<いろいろな姿に自身を変化させる妖怪>なのだった。ハロン氏はジェイクの喉元に刃を当てて、命令をきくよう脅す。仕方なくミス・ペレグリンの屋敷にハロン氏を連れていくと、“奇妙なこどもたち”がターゲットにされるのは分かっているからミス・ペレグリンは子供たちを退かせる。

【ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち/あらすじ結末までネタバレ満開 第43段落】
 ジェイクは唯一人ホロー達を見ることができる存在なので、“奇妙な者”たちが生き残る唯一の希望。自分には特殊能力がないと思っていたジェイクがそんな能力を有しているのを認めたミス・ペレグリンは、私に何が起ころうと、子供たちを救って、とジェイクに約束させる。

【ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち/あらすじ結末までネタバレ満開 第44段落
 ジェイクが真顔でOKすると、ミス・ペレグリンはハヤブサに変身してバロンにブラックプールへと連れていかれる。残されたミス・アヴォセットとジェイクは“奇妙なこどもたち”を暗い洞窟に隠してホロー達の到来に備える。

【ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち/あらすじ結末までネタバレ満開 第45段落】
 そんな時、1943年の祖父エイブから電話がかかってきた。ジェイクは、もっといい孫だったらよかったのに、と話す。そうしているうちにミス・アヴォセットがホローに壁越しに引っ張られて殺された。ジェイクはミス・ペレグリンの石弓でホローを射るが全部外れる。

【ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち/あらすじ結末までネタバレ満開 第46段落】
 やがてドイツ軍の空襲がミス・ペレグリンの屋敷を直撃し、そのホローも死んだ。ループをリセットできるミス・ペレグリンはおらず、ループは永久に閉じ、“奇妙なこどもたち”は二度とその家に戻れることはなくなり1943年のままとなる。

【ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち/あらすじ結末までネタバレ満開 第47段落】
 子供たちはエマの隠れ家の沈没船を力を合わせて浮かび上がらせ、ブラックプール・タワーには別のループがあるからと、そこへ向かう。そのループは2016年1月に創られたから、もしそこでバロンを殺せればエイブの死を防ぐことができるかもしれない、とジェイクとエマは悟る。

【ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち/あらすじ結末までネタバレ満開 第48段落】
 ブラックプールはイングランド北西部アイリッシュ海に面し、イギリス最大の保養地かつ社交ダンスの聖地だ(『 Shall we Dance? シャル・ウィ・ダンス? (2004) SHALL WE DANCE? 』参照)。

【ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち/あらすじ結末までネタバレ満開 第49段落】
 桟橋(埠頭労働者/ディノ・ファッツァーニ:『 ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅 (2016) FANTASTIC BEASTS AND WHERE TO FIND THEM 』等)に到着した。ミス・ペレグリンらインブリン達が実験されている化け物屋敷もある。

【ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち/あらすじ結末までネタバレ満開 第50段落】
 ホロー達やワイト達を桟橋までおびき寄せて、“奇妙なこどもたち”は各能力を駆使して戦う。先ず雪玉と綿菓子を投げて、ホロー達が見えるようにした。なお、『ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち』監督のティム・バートン(『 ダーク・シャドウ (2012) DARK SHADOWS 』等)がアトラクションでの通行人役で出演もしているのにご注意。

【ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち/あらすじ結末までネタバレ満開 第51段落】
 イーノックは骸骨数体に命を吹き込んで、ホローどもを襲わせる。ブロンウィンは怪力でメリーゴーランドの馬を引きちぎってホローに投げつける。ブロンウィンを水中で凍らせようとしたホローには、フィオナが種を投げつけ、それが葡萄の芽を出してホローを巻いてしまう。・・・続く

▲TOPへ

◆ここからは、最後の結末まで書いていて完全にネタバレしていますので、ストーリー全体が分ります。御注意下さい。
 ATTN: This review reveals the movie content. Please don't say that I didn't say !


★以下のネタバレ日本語訳は、映画『ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち』の公開日2017年2月3日(金)の翌日、又は翌日以降に公開予定ですが、映画をご覧になる前に、前もって<ストーリー/あらすじ/結末までの完全ネタバレ日本語版>をお読みになりたい方は、以下をクリックしてください。

 ・・・結末までの完全ネタバレはこちらから・・・⇒(画面入替表示)


【感謝とお願い】多くの皆様にこのネタバレコーナーにアクセス頂き、ありがとうございますm(__)m
 もしクリックしてもネタバレファイルにジャンプしない場合は、映画会社や配給会社への配慮として、まだリンクを貼っていない期間です。リクエスト・メールが多い場合は(お返事は出せませんが)、タイミングを見計らって適宜に、遅くても映画公開一週間前にはアップするつもりです。どうかご了承ください。

 本ファイル<ネタバレ結末/ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち@映画の森てんこ森>や、このページの他の「ネタバレ」コンテンツは、先行公開されている海外の映画作品を劇場鑑賞やDVD鑑賞したり、<Wikipedia>英語版の記事やその他の海外映画情報を幸田幸@映画の森てんこ森が翻訳編集したりして、ネタバレ版テキストを作成・アップしています。<ネタバレ結末/ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち@映画の森てんこ森>のあらすじに私の鑑賞誤解があったり、文章表現が稚拙であったり、直訳的だったり、翻訳ミスがある場合がありますので、どうかご了承くださいますようにお願い申し上げます。
以上。

※参考資料:映画『ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち』-Wikipedia、『MISS PEREGRINE'S HOME FOR PECULIAR CHILDREN』-Wikipedia英語版、『MISS PEREGRINE'S HOME FOR PECULIAR CHILDREN』-IMDb、『ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち』EPK、公式サイト
| ←前の閲覧ページに戻る |▲TOP | ▲目次 |
映画の森てんこ森代表:幸田幸
coda_sati@hotmail.com
「映画の森てんこ森」へ 「旅行の森てんこ森」へ
映画解説・レヴュータイトル一覧表へ
映画の森てんこ森 バナー03

映画の森てんこ森 coda21幸田幸 クレジット バナー01
幸のイタリア各都市情報へ
旅行の森てんこ森 バナー03
136x70
本サイトの作文、データ及び画像などのコンテンツの無断転用はお控え下さい。
貴サイトへの御掲載についてはメールにてお知らせ頂ければ幸いです。
© 2002-2017 Sachi CODA at Eigano-Mori Tenko-Mori, CODA21. All Rights Reserved.



borocsoborocso  at 12:00 この記事をクリップ! 

ネタバレ映画/ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち@映画の森てんこ森

ネタバレ映画/ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち(あらすじ結末)@映画の森てんこ森
表紙目次映画解説タイトル一覧 | 幸のネタバレ映画 | 幸のカスタムカー |
 映画ネタバレ■ネタバレ映画/ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち(あらすじ結末)
ネタバレ映画/ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち@映画の森てんこ森ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち (2016)
MISS PEREGRINE'S HOME FOR PECULIAR CHILDREN
| 「映画の森てんこ森」表紙 | 新作映画Top | タイトル一覧 | 本ページ更新 |
ネタバレ映画/ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち(あらすじ結末)
ネタバレ注意<ネタバレ映画/ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち@映画の森てんこ森>
ストーリー展開の前知識やネタバレがお好みでない方は、読まないで下さい。
■ネタバレ映画/ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち(あらすじ結末)@映画の森てんこ森
 GoogleやYahoo!の検索エンジンで、映画の森てんこ森のネタバレファイルをお探しの場合は、
ネタバレ ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち>又は
ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち ネタバレ>と入力してください。

【『ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち』ネタバレ】
ネタバレご注意:以下の<ネタバレ映画/ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち(あらすじ結末)@映画の森てんこ森>のあらすじ・ストーリー・結末にはネタバレが含まれています。映画『 ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち (2016) MISS PEREGRINE'S HOME FOR PECULIAR CHILDREN 』をまだご覧になっていない方は、どうかネタバレにご注意ください。

★映画『ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち』公開情報
 2017年2月3日(金)より、全国ロードショー!!
 ※日本配給情報:劇場公開(20世紀フォックス映画)


<ネタバレ映画/ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち@映画の森てんこ森>の仕切り線

▲ここまでの<映画『ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち』あらすじ@映画の森てんこ森>のテキストはこちらから・・・(新規ウインドウで表示)

ネタバレ映画/ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち

【ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち/あらすじ結末までネタバレ満開 第18段落】
 オリーヴ・アブロホロス・エレファンタ(ローレン・マクロスティ)は念火のパワーの持ち主のティーンエイジャーで、触るものを不注意に燃やさぬよう、手袋をはめている。ヒュー・アピストン(マイロ・パーカー)は体内に蜂をいっぱい飼っている男の子。

【ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち/あらすじ結末までネタバレ満開 第19段落】
 ミラード・ナリングズ少年(キャメロン・キング)は悪戯好きの透明人間(『 インビジブル (2000) HOLLOW MAN 』参照)。いつも一緒の双子(ジョセフ・オッドウェル、トーマス・オッドウェル)は全身を白い布で覆って恐ろしい顔を包んでいるらしく、おかしな眉毛を書いてある。

【ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち/あらすじ結末までネタバレ満開 第20段落】
 こういう“奇妙なこどもたち”が洞窟を通って案内してくれるが、ジェイクは気味悪くてパブまで逃げ帰った。するとパブ(バーテンダー/ニコラス・マゴーヒー:『 ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅 (2016) FANTASTIC BEASTS AND WHERE TO FIND THEM 』等)では客が大勢いて、ジェイクはスパイ扱いされる。

【ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち/あらすじ結末までネタバレ満開 第21段落】
 そこへ“奇妙なこどもたち”が来てくれて、助かった。どうやら時間のループ(『 LOOPER/ルーパー (2012) LOOPER 』参照)に嵌って、今は1940年代なのだとジェイクは悟った。ミス・ペレグリンの家はそのまま建っているし、ミス・ペレグリン本人と出会うことができる。

【ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち/あらすじ結末までネタバレ満開 第22段落】
 ミス・ペレグリンが説明してくれる。私は“インブリン Ymbryne”という女性版“奇妙な者”に属し、時間を操る能力があって鳥に変身できる。私の場合はハヤブサ。奇妙だということで迫害を避けるために、私の創ったタイムループの中に留まって外界から私も子供たちも隠れているのだ。

【ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち/あらすじ結末までネタバレ満開 第23段落】
 タイムループは1943年9月3日。第二次世界大戦で、イタリア本土上陸も開始された日だ(イタリア戦線)。ドイツ軍の空襲でこの屋敷に爆弾が落とされる直前の1943年9月3日にタイムループを創ったのだ。タイムループの外では彼らは生きることができない。出れば、年が追いついて皆、死んでしまうのだ。

【ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち/あらすじ結末までネタバレ満開 第24段落】
 タイムループに留まるため、ミス・ペレグリンは毎日、時計を24時間前の9月2日にセットし直す。そうすれば毎日が同じ日の繰り返しで、ジェイクの祖父エイブの住んでいた時のままだし、年を取ることもないし、危険に晒されず、永遠に平和に暮らせるのだ。このタイムループには“奇妙な者”しか入ることができないという。

【ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち/あらすじ結末までネタバレ満開 第25段落】
 更に、“奇妙なこどもたち”をもっと紹介される。フィオナ・フルーアンフェルド(ジョージア・ペンバートン)は植物を操って生長させられる女の子。クレア・デンズモア(ラフィエラ・チャップマン)は見た目は可憐な少女だけど、実は食べ物は後頭部の別の口の鋭い歯でアッという間に平らげる。

【ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち/あらすじ結末までネタバレ満開 第26段落】
 スーツ姿の少年ホレース・ソムヌソン(ヘイデン・キーラー=ストーン)は単眼鏡を通して夢を投影でき、それは時には予言的である。ティーンエイジャーのイーノック・オコナー(フィンレイ・マクミラン)は無生物に短時間であるが命を吹き込むことができる。イーノックとオリーヴは両想い。

【ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち/あらすじ結末までネタバレ満開 第27段落】
 エマは、エイブのことが好き。そう、時間のループがあるから、ジェイクの祖父エイブとエマは恋人同士だったのだ。それが、現代では孫息子のジェイクがエマに心を寄せる。

【ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち/あらすじ結末までネタバレ満開 第28段落】
 ジェイクは彼らと夕食を共にし、ホレースの投影する夢をまるで映画のように鑑賞する。あとで分かるが、老女ミス・エスメラルダ・アヴォセット(ジュディ・デンチ:『 あなたを抱きしめる日まで (2013) PHILOMENA 』等)が悪党に連れ去られて怪我をするのも目撃した。

【ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち/あらすじ結末までネタバレ満開 第29段落】
 洞窟に入って、ジェイクはここで見たり聞いたりしたことをエマに尋ねるが、答えられないものもあるわ、と言われる。すると一羽の鳥が飛んできて壁に当たった。エマは手当てをするため、鳥を連れて帰る。ジェイクが父のいるパブに戻ると、小島の農夫(ダヴィッズ・ハウェル)が、羊が全部殺された、と言う。奇怪だ。

【ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち/あらすじ結末までネタバレ満開 第30段落】
 そしてジェイクは祖父エイブがミス・ペレグリンに宛てた手紙を見つけた。バロン氏を警戒せよ、そしてミス・アヴォセット<奇妙なこどもたちのもう一人の女性校長で、さっき悪漢に連れ去られた人>に即座に新ループを創るように言って、という内容だ。

【ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち/あらすじ結末までネタバレ満開 第31段落】
 翌朝、ジェイクと父フランクは海岸で鳥類学者ジョン・レモン(ルパート・エヴェレット:『 ナルニア国物語/第1章:ライオンと魔女 (2005) THE CHRONICLES OF NARNIA: THE LION, THE WITCH AND THE WARDROBE 』等)と遭遇する。執筆予定の本に掲載する珍しい鳥を探しているという。

【ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち/あらすじ結末までネタバレ満開 第32段落】
 ジェイクは父フランクが昼寝中に忍び出てミス・ペレグリンの家に戻る。ミス・ペレグリンは鳥を介抱していた。実はその鳥はホレースの夢の投影で見た老女であった。やはりインブリンでソリハシセイタカシギという鳥に変身できる老女ミス・アヴォセットである。

【ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち/あらすじ結末までネタバレ満開 第33段落】
 ジェイクはバロン氏のことをミス・ペレグリンに質問するが、答えてくれない。ジェイクがイーノックとオリーヴの所に行くと、エイブを殺したのと同じクリーチャー、マルサスに殺されたブロンウィンの兄ヴィクター・ブラントリー(ルイス・デイヴィソン)の部屋に連れて行ってくれた。

【ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち/あらすじ結末までネタバレ満開 第34段落】
 ヴィクターの両目はくり抜かれていて無い。そのヴィクターの遺体をイーノックは例の能力で蘇らせたものだから、ジェイクは気味悪くて飛び出た。次はエマが、海底深くに沈んだ船にジェイクを連れ出す。そこはエマの秘密の隠れ家だ。・・・続く

▲TOPへ

◆ここからは、結末まで書いてネタバレしていますので、ストーリー全体が分ります。御注意下さい。
 ATTN: This review reveals the movie content. Please don't say that I didn't say !


★以下のネタバレ日本語訳は、映画『ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち』の公開日2017年2月3日(金)の翌日、又は翌日以降に公開予定ですが、映画をご覧になる前に、前もって<ストーリー/あらすじ/結末までの完全ネタバレ日本語版>をお読みになりたい方は、以下をクリックしてください。

 ・・・続きは、2/2公開<ネタバレ結末/ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち>をお読みください⇒(画面入替表示)


【感謝とお願い】多くの皆様にこのネタバレコーナーにアクセス頂き、ありがとうございますm(__)m
 GoogleやYahoo!の検索エンジンで、映画の森てんこ森のネタバレファイルをお探しの場合は
ネタバレ ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち>又は
ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち ネタバレ>と入力してください。

 もしクリックしてもネタバレファイルにジャンプしない場合は、映画会社や配給会社への配慮として、まだリンクを貼っていない期間です。リクエスト・メールが多い場合は(お返事は出せませんが)、タイミングを見計らって、映画公開一週間前にはアップしますので、どうかご了承ください。
以上。

※参考資料:映画『ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち』-Wikipedia、『MISS PEREGRINE'S HOME FOR PECULIAR CHILDREN』-Wikipedia英語版、『MISS PEREGRINE'S HOME FOR PECULIAR CHILDREN』-IMDb、『ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち』EPK、公式サイト
| ←前の閲覧ページに戻る |▲TOP | ▲目次 |
映画の森てんこ森代表:幸田幸
coda_sati@hotmail.com
「映画の森てんこ森」へ 「旅行の森てんこ森」へ
映画解説・レヴュータイトル一覧表へ
映画の森てんこ森 バナー03

映画の森てんこ森 coda21幸田幸 クレジット バナー01
幸のイタリア各都市情報へ
旅行の森てんこ森 バナー03
136x70
本サイトの作文、データ及び画像などのコンテンツの無断転用はお控え下さい。
貴サイトへの御掲載についてはメールにてお知らせ頂ければ幸いです。
© 2002-2017 Sachi CODA at Eigano-Mori Tenko-Mori, CODA21. All Rights Reserved.



borocsoborocso  at 12:00 この記事をクリップ! 

映画『ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち』あらすじ@映画の森てんこ森

映画『ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち』あらすじ@映画の森てんこ森
表紙目次映画解説タイトル一覧 | 幸のネタバレ映画 | 幸のカスタムカー |
 ■映画ネタバレ/映画『ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち』あらすじ
映画『ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち』あらすじ@映画の森てんこ森 by 幸田幸ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち (2016)
MISS PEREGRINE'S HOME FOR PECULIAR CHILDREN
| 「映画の森てんこ森」表紙 | 新作映画Top | タイトル一覧 | 本ページ更新 |
映画『ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち』あらすじ
ネタバレ注意<映画『ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち』あらすじ>@映画の森てんこ森
ストーリー展開の前知識やネタバレがお好みでない方は、読まないで下さい。
■映画『ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち』あらすじ@映画の森てんこ森
 GoogleやYahoo!の検索エンジンで、映画の森てんこ森のネタバレファイルをお探しの場合は、
ネタバレ ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち>又は
ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち ネタバレ>と入力してください。

【『ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち』ネタバレ】
ネタバレご注意:以下の<映画『ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち』あらすじ@映画の森てんこ森>のあらすじ・ストーリー・結末にはネタバレが含まれています。映画『 ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち (2016) MISS PEREGRINE'S HOME FOR PECULIAR CHILDREN 』をまだご覧になっていない方は、どうかネタバレにご注意ください。
 Warning!Plot synopsis, storyline and story-end items below here contain information that may give away important plot points. You may not want to read any further if you've not already seen this title.

★映画『ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち』公開情報
 2017年2月3日(金)より、全国ロードショー!!
 ※日本配給情報:劇場公開(20世紀フォックス映画)


<映画『ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち』あらすじ@映画の森てんこ森>の仕切り線

▼▼▼映画『ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち』あらすじ▼▼▼

【ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち/あらすじ結末までネタバレ満開 第01段落】
 映画『 ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち (2016) MISS PEREGRINE'S HOME FOR PECULIAR CHILDREN 』の主人公はジェイコブ・ポートマン愛称ジェイク(エイサ・バターフィールド:『 エンダーのゲーム (2013) ENDER'S GAME 』『 ヒューゴの不思議な発明 (2011) HUGO 』で子役だった!)という16歳の若者。

【ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち/あらすじ結末までネタバレ満開 第02段落】
 米国フロリダのドラッグストアで働きながら単調な暮らしをしているジェイク。勤務中に、祖父エイブラハム・‘エイブ’・ポートマン(テレンス・スタンプ:『 アジャストメント (2011) THE ADJUSTMENT BUREAU 』等)のことで電話がかかってきた。

【ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち/あらすじ結末までネタバレ満開 第03段落】
 ジェイクが祖父にかけ直すと、祖父は驚いて疑り深い様子。上司シェリー(オーラン・ジョーンズ:『 シザーハンズ (1990) EDWARD SCISSORHANDS 』等)がジェイクをお祖父さんの家まで車で送ってくれることに。

【ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち/あらすじ結末までネタバレ満開 第04段落】
 祖父エイブの家に着くと、道路に白い眼の男(サミュエル・L・ジャクソン:『 ターザン:REBORN (2016) THE LEGEND OF TARZAN 』等)が威嚇的に立っている。家の中に入ると、隈なく探されたあとが。そして祖父は森で見つかった。それも、両目を失くした体で地面に倒れている。

【ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち/あらすじ結末までネタバレ満開 第05段落】
 瀕死のエイブは「1943年9月3日のタイムループのケインホルムに行くんだ、そうすれば“ハヤブサ falcon”が全てを教えてくれるから」とジェイクに言い残して息を引き取った。ペレグリンファルコン peregrine falconもペレグリン peregrineもファルコン falconも“ハヤブサ”という意味。

【ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち/あらすじ結末までネタバレ満開 第06段落】
 だからタイトルが『 ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち Miss Peregrine's Home for Peculiar Children 』であるし、原作小説の邦題も『ハヤブサが守る家』というのだ。

【ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち/あらすじ結末までネタバレ満開 第07段落】
 祖父の謎めいた死の後、上司シェリーが銃を持って来ると、お祖父さんがよく話してくれていたモンスターの一つがジェイクの方に歩み寄り、シェリーの後方に出現した。シェリーが銃で撃とうとするがそのモンスターは見えない。

【ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち/あらすじ結末までネタバレ満開 第08段落】
 検死官によると祖父の死亡原因は心臓発作だそうなので何の事件・事故でもないのだと分かってはいるが、祖父の謎の死にジェイクは釈然とせず、精神病医のドクター・ゴラン(アリソン・ジャネイ:『 ミニオンズ (2015) MINIONS 』等)に診てもらう。

【ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち/あらすじ結末までネタバレ満開 第09段落】
 回想シーン。祖父エイブは、孫息子ジェイク(6歳:ニコラス・オテリ、10歳:エイデン・フラワーズ)に子供時代の武勇伝をよく聞かせていた。第二次世界大戦中に色々なモンスターどもや風変わりな者達と遭遇しては戦って過ごした、という話である。

【ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち/あらすじ結末までネタバレ満開 第10段落】
 それに、祖父は英国ウェールズ(『 リバティーン (2004) THE LIBERTINE 』等ロケ地)の小島ケインホルムにある「奇妙なこどもたちのいるミス・ペレグリンの家」=「ハヤブサが守る家」に住んで、変わった能力のある様々な子供たちと一緒に暮らした話もよくしていた。

【ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち/あらすじ結末までネタバレ満開 第11段落】
 スージー伯母さん(ジェニファー・ジャラカス)がエイブの持っていたラルフ・ウォルドー・エマーソン<アメリカ合衆国の思想家、哲学者、作家、詩人、エッセイスト>の本をジェイクに上げると、絵葉書を見つける。ミス・ペレグリンからの、エイブが戻ってきたら歓迎するという便りだった。

【ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち/あらすじ結末までネタバレ満開 第12段落】
 ジェイクはゴラン医師にも背中を押され、父フランクリン愛称フランク(クリス・オダウド:『 マイティ・ソー/ダーク・ワールド (2013) THOR: THE DARK WORLD 』等)と用心深い母マリアン(キム・ディケンズ:『 ゴーン・ガール (2014) GONE GIRL 』等)を説き伏せて、ケインホルムに行ってみることにした。

【ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち/あらすじ結末までネタバレ満開 第13段落】
 ジェイクは父フランクとそのウェールズの小島ケインホルムにフェリーボートで向かう。上空を飛ぶハヤブサにジェイクは気づき、あれはミス・ペレグリン<=ミス・ハヤブサ>なのかも、と冗談さえ言っていた。そうして到着。

【ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち/あらすじ結末までネタバレ満開 第14段落】
 パブに落ち着き、ミス・ペレグリンの屋敷に行こうと思って地元の子供に案内してもらうと、そこは1943年9月3日にドイツ空軍(『 ヒトラー 最期の12日間 (2004) DER UNTERGANG (原題) / THE DOWNFALL (英題) 』参照)の空襲を受けて破壊されていた。ミス・ペレグリンも奇妙なこどもたちも全員亡くなっているのだ、とジェイクは失望してパブへ戻る。

【ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち/あらすじ結末までネタバレ満開 第15段落】
 翌日もう一回行ってみると、“奇妙なこどもたち”に迎えられてびっくり。『ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち』のヒロイン、ミス・アルマ・ルフェイ・ペレグリン(エヴァ・グリーン:『 300 <スリーハンドレッド> 〜帝国の進撃〜 (2014) 300: RISE OF AN EMPIRE 』等)がジェイク父子が到着したのを鳥の化身で見ていたからだ。

【ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち/あらすじ結末までネタバレ満開 第16段落】
 驚いて気を失ったジェイクは、ブロンウィン・ブラントリー(ピクシー・デイヴィス)という怪力少女に運ばれる。そして祖父エイブが話してくれていた何人もの“奇妙なこどもたち”と出会うのだ。

【ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち/あらすじ結末までネタバレ満開 第17段落】
 エマ・ブルーム(エラ・パーネル:『 ターザン:REBORN (2016) THE LEGEND OF TARZAN 』『 マレフィセント (2014) MALEFICENT 』等で日本でも「かわいすぎ」と話題を集めた)は空中浮遊能力を持つので、重りとして常に鉛の靴を履いていなければならない。飛んでいかないようにロープで結わいたりして。この金髪の美少女にジェイクは一目惚れした。・・・続く

▲TOPへ

◆ここからは、結末まで書いてネタバレしていますので、ストーリー全体が分ります。御注意下さい。
 ATTN: This review reveals the movie content. Please don't say that I didn't say !


★以下のネタバレ日本語訳は、映画『ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち』の公開日2017年2月3日(金)の翌日、又は翌日以降に公開予定ですが、映画をご覧になる前に、前もって<ストーリー/あらすじ/結末までの完全ネタバレ日本語版>をお読みになりたい方は、以下をクリックしてください。

 ・・・続きは、2/1公開<ネタバレ映画/ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち>をお読みください⇒(画面入替表示)


【感謝とお願い】多くの皆様にこのネタバレコーナーにアクセス頂き、ありがとうございますm(__)m
 GoogleやYahoo!の検索エンジンで、映画の森てんこ森のネタバレファイルをお探しの場合は
ネタバレ ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち>又は
ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち ネタバレ>と入力してください。

 もしクリックしてもネタバレファイルにジャンプしない場合は、映画会社や配給会社への配慮として、まだリンクを貼っていない期間です。リクエスト・メールが多い場合は(お返事は出せませんが)、タイミングを見計らって、映画公開一週間前にはアップしますので、どうかご了承ください。
以上。


※参考資料:映画『ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち』-Wikipedia、『MISS PEREGRINE'S HOME FOR PECULIAR CHILDREN』-Wikipedia英語版、『MISS PEREGRINE'S HOME FOR PECULIAR CHILDREN』-IMDb、『ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち』EPK、公式サイト
| ←前の閲覧ページに戻る |▲TOP | ▲目次 |
映画の森てんこ森代表:幸田幸
coda_sati@hotmail.com
「映画の森てんこ森」へ 「旅行の森てんこ森」へ
映画解説・レヴュータイトル一覧表へ
映画の森てんこ森 バナー03

映画の森てんこ森 coda21幸田幸 クレジット バナー01
幸のイタリア各都市情報へ
旅行の森てんこ森 バナー03
136x70
本サイトの作文、データ及び画像などのコンテンツの無断転用はお控え下さい。
貴サイトへの御掲載についてはメールにてお知らせ頂ければ幸いです。
© 2002-2017 Sachi CODA at Eigano-Mori Tenko-Mori, CODA21. All Rights Reserved.



borocsoborocso  at 12:00 この記事をクリップ! 

ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたちのストーリー@映画の森てんこ森

ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち@映画の森てんこ森
表紙目次映画解説タイトル一覧 | 幸のネタバレ映画 | 幸のカスタムカー |
 | 読む映画試写会 | レヴュー | 観たい度映画 | 予告編 | エッセイ | 日誌 | 試写会情報 |
リンク集 | 映画ゲーム思い出映画| 映画レヴュー10000字超 |
幸のカレンダー | ぼろくそパパの独り言 | livedoorブログ | 旅行の森てんこ森 |
ブロードバンドB版 | 恭子の動画映像ブログ | 恭子の「YouTube」 | 幸のネタバレブログ | サイト内検索 |
 映画の森てんこ森■映画解説と予告編とレヴュー
ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち (2016)
MISS PEREGRINE'S HOME FOR PECULIAR CHILDREN
※クリックでYouTube『ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち MISS PEREGRINE'S HOME FOR PECULIAR CHILDREN』予告編へ
▲上のスライドショーを初めから見る
▲ネタバレのスライドショーを見てみる
画像クリックで本予告編YouTube版が見れます。
ここをクリックで別の予告編YouTube版が見れます。
ここをクリックで日本語の予告編YouTube版が見れます。
※予告編はYouTube「リンク」モードで掲載。
Trailer Courtesy of Twentieth Century Fox Film Corporation

(C)2016 Twentieth Century Fox Film Corporation.
| 「目次」Topページ | 「B版」Topページ | 本ページ更新 | 本ページ最終更新 |
© Images copyright their respective owners; usually the distributor of the above titled movie unless otherwise noted.
| ←前の閲覧ページに戻る |▲TOP | ▲予告編 | ▲目次 |
■映画『 ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち (2016) MISS PEREGRINE'S HOME FOR PECULIAR CHILDREN 』のあらすじ・ストーリー
ネタバレご注意:以下の映画『 ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち (2016) MISS PEREGRINE'S HOME FOR PECULIAR CHILDREN 』のあらすじ・ストーリーにはネタバレが含まれている場合があります。映画『ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち』をまだご覧になっていない方は、どうかネタバレにご注意ください。
 Warning!Plot synopsis and storyline items below here contain information that may give away important plot points. You may not want to read any further if you've not already seen this title.

【映画『ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち』あらすじ/ストーリー 第01段落】 ネタバレ配慮
 「奇妙で夢のような魔法の世界へあなたをお連れします」というメッセージ。

【映画『ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち』あらすじ/ストーリー 第02段落】 ネタバレ配慮
 主人公は、フロリダで生まれ育ち周囲になじめない孤独な少年ジェイコブ・ポートマン愛称ジェイク(次世代の若き英国男子エイサ・バターフィールド)。

【映画『ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち』あらすじ/ストーリー 第03段落】 ネタバレ配慮
 唯一の理解者である祖父エイブラハム・‘エイブ’・ポートマン(テレンス・スタンプ)が謎めいた死を遂げた。

【映画『ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち』あらすじ/ストーリー 第04段落】 ネタバレ配慮
 祖父の遺言に従ってウェールズの小さな島ケインホルムを訪れたジェイクは、森の奥で古めかしい屋敷を発見する。

【映画『ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち』あらすじ/ストーリー 第05段落】 ネタバレ配慮
 その屋敷では、美しくも厳格なミス・ペレグリン(エヴァ・グリーン)が“奇妙なこどもたち”の保護者となっている。因みに、タイトル『 ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち (2016) MISS PEREGRINE'S HOME FOR PECULIAR CHILDREN 』の“ペレグリン Peregrine”とは“ハヤブサ”の意味。だから原作小説の日本題が『ハヤブサが守る家』。

【映画『ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち』あらすじ/ストーリー 第06段落】 ネタバレ配慮
 そう、ミス・ペレグリンはハヤブサに変身することができるのだ。というか、ハヤブサの化身がミス・ペレグリン。

【映画『ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち』あらすじ/ストーリー 第07段落】 ネタバレ配慮
 ミス・ペレグリンの屋敷には様々な奇妙なこどもたちが住んでいる。原題『MISS PEREGRINE'S HOME FOR PECULIAR CHILDREN』の“Peculiar”だが、奇妙な、変な、異常な、気の狂った、特有の、固有の、といった訳し方があろう。

【映画『ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち』あらすじ/ストーリー 第08段落】 ネタバレ配慮
 空中浮遊能力を持った美少女エマ(エラ・パーネル)を始めとする“奇妙なこどもたち”とは、死者を蘇らせる男子、念力で炎を操れる女子、いたずら好きな透明人間の男の子、怪力少女、お腹に蜂がいっぱいいる男の子、頭の後ろに別の口がある少女、片眼鏡を通して夢を投影できる男の子、植物を操作できる女の子、全身を白い布で巻いて常に一緒に行動する無口な双子、らだ。

【映画『ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち』あらすじ/ストーリー 第09段落】 ネタバレ配慮
 彼らと心を通わせ夢のような時間を過ごしたジェイクは、普通だと思っていた自らに宿った“ある力”に気づき、屋敷に迫る恐るべき脅威に立ち向かっていく。

【映画『ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち』あらすじ/ストーリー 第10段落】 ネタバレ配慮
 サミュエル・L・ジャクソンが悪役バロンを演じ、ミス・ペレグリンがジェイクを鼓舞して“奇妙なこどもたち”を悪の脅威から守らせる。感動のラストとは――。


▼映画『ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち』のネタバレ/もっと詳しくは以下のこちらから・・・⇒

※参考資料:『MISS PEREGRINE'S HOME FOR PECULIAR CHILDREN』-Wikipedia、『MISS PEREGRINE'S HOME FOR PECULIAR CHILDREN』-IMDb、『ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち』EPK、公式サイト
| ←前の閲覧ページに戻る |▲TOP | ▲予告編 | ▲目次 |
映画の森てんこ森代表:幸田幸
coda_sati@hotmail.com
「映画の森てんこ森」へ 「旅行の森てんこ森」へ
映画解説・レヴュータイトル一覧表へ
映画の森てんこ森 バナー03

映画の森てんこ森 coda21幸田幸 クレジット バナー01
幸のイタリア各都市情報へ
旅行の森てんこ森 バナー03
136x70
本サイトの作文、データ及び画像などのコンテンツの無断転用はお控え下さい。
貴サイトへの御掲載についてはメールにてお知らせ頂ければ幸いです。
© 2002-2017 Sachi CODA at Eigano-Mori Tenko-Mori, CODA21. All Rights Reserved.



borocsoborocso  at 12:00 この記事をクリップ! 

ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち解説(3)@映画の森てんこ森

ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち@映画の森てんこ森
表紙目次映画解説タイトル一覧 | 幸のネタバレ映画 | 幸のカスタムカー |
 | 読む映画試写会 | レヴュー | 観たい度映画 | 予告編 | エッセイ | 日誌 | 試写会情報 |
リンク集 | 映画ゲーム思い出映画| 映画レヴュー10000字超 |
幸のカレンダー | ぼろくそパパの独り言 | livedoorブログ | 旅行の森てんこ森 |
ブロードバンドB版 | 恭子の動画映像ブログ | 恭子の「YouTube」 | 幸のネタバレブログ | サイト内検索 |
 映画の森てんこ森■映画解説と予告編とレヴュー
ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち (2016)
MISS PEREGRINE'S HOME FOR PECULIAR CHILDREN
※クリックでYouTube『ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち MISS PEREGRINE'S HOME FOR PECULIAR CHILDREN』予告編へ
▲上のスライドショーを初めから見る
▲ネタバレのスライドショーを見てみる
画像クリックで本予告編YouTube版が見れます。
ここをクリックで別の予告編YouTube版が見れます。
ここをクリックで日本語の予告編YouTube版が見れます。
※予告編はYouTube「リンク」モードで掲載。
Trailer Courtesy of Twentieth Century Fox Film Corporation

(C)2016 Twentieth Century Fox Film Corporation.
| 「目次」Topページ | 「B版」Topページ | 本ページ更新 | 本ページ最終更新 |
© Images copyright their respective owners; usually the distributor of the above titled movie unless otherwise noted.
| ←前の閲覧ページに戻る |▲TOP | ▲予告編 | ▲目次 |
■映画『 ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち (2016) MISS PEREGRINE'S HOME FOR PECULIAR CHILDREN 』の解説
【映画『ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち』解説<cast>】
 本映画『 ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち (2016) MISS PEREGRINE'S HOME FOR PECULIAR CHILDREN 』の出演・キャストを紹介すると、
 ★ミス・アルマ・ルフェイ・ペレグリン役を演じるのは、『 300 <スリーハンドレッド> 〜帝国の進撃〜 (2014) 300: RISE OF AN EMPIRE 』『 ダーク・シャドウ (2012) DARK SHADOWS 』『 パーフェクト・センス (2011) PERFECT SENSE 』『 007/カジノ・ロワイヤル (2006) 』『 キングダム・オブ・ヘブン (2005) KINGDOM OF HEAVEN 』『 ルパン (2004) ARSENE LUPIN 』『 ドリーマーズ (2003) THE DREAMERS 』等のエヴァ・グリーン Eva Green
 ★ジェイコブ・‘ジェイク’・ポートマン役は、『 エンダーのゲーム (2013) ENDER'S GAME 』『 ヒューゴの不思議な発明 (2011) HUGO 』等のエイサ・バターフィールド Asa Butterfield。子役というのはホントに成長が早い!もう青年だ。
 ★バロン役は、『 ターザン:REBORN (2016) THE LEGEND OF TARZAN 』『 アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン (2015) AVENGERS: AGE OF ULTRON 』『 キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー (2014) CAPTAIN AMERICA: THE WINTER SOLDIER 』『 ジャンゴ 繋がれざる者 (2012) DJANGO UNCHAINED 』『 アベンジャーズ (2012) THE AVENGERS 』『 キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー (2011) CAPTAIN AMERICA: THE FIRST AVENGER 』『 マイティ・ソー (2011) THOR 』『 4デイズ (2010) UNTHINKABLE 』『 アザー・ガイズ 俺たち踊るハイパー刑事! (2010) THE OTHER GUYS 』『 アイアンマン2 (2010) IRON MAN 2 』『 アイアンマン (2008) IRON MAN 』『 ジャンパー (2008) JUMPER 』『 コーチ・カーター (2005) COACH CARTER 』『 スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐 (2005) STAR WARS: EPISODE III - REVENGE OF THE SITH 』『 Mr.インクレディブル (2004) THE INCREDIBLES 』『 ツイステッド (2004) TWISTED 』『 キル・ビル Vol.2 (2004) KILL BILL: VOL. 2 』『 S.W.A.T. (2003) S.W.A.T. 』『 閉ざされた森 (2003) BASIC 』『 ケミカル51 (2002) THE 51st STATE (原題) / FORMULA 51 (米題) 』『 チェンジング・レーン (2002) CHANGING LANES 』『 トリプルX (2002) XXX 』『 スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃 (2002) 』『 ケイブマン (2001) 』『 アンブレイカブル (2000) UNBREAKABLE 』『 シャフト (2000) 』『 英雄の条件 (2000) 』『 交渉人 (1998) THE NEGOTIATOR 』等のサミュエル・L・ジャクソン Samuel L. Jackson
 ★ミス・エスメラルダ・アヴォセット役は、『 あなたを抱きしめる日まで (2013) PHILOMENA 』『 007 スカイフォール (2012) SKYFALL 』『 マリーゴールド・ホテルで会いましょう (2011) THE BEST EXOTIC MARIGOLD HOTEL 』『 ジェーン・エア (2011) JANE EYRE 』『 J・エドガー (2011) J. EDGAR 』『 パイレーツ・オブ・カリビアン/生命(いのち)の泉 (2011) PIRATES OF THE CARIBBEAN: ON STRANGER TIDES 』『 プライドと偏見 (2005) PRIDE & PREJUDICE 』『 ホーム・オン・ザ・レンジ/にぎやか農場を救え! (2004) HOME ON THE RANGE 』『 ラヴェンダーの咲く庭で (2004) LADIES IN LAVENDER 』『 リディック (2004) THE CHRONICLES OF RIDDICK 』『 007/ダイ・アナザー・デイ (2002) DIE ANOTHER DAY 』『 アイリス (2001) IRIS 』『 シッピング・ニュース (2001) 』『 ショコラ (2000) CHOCOLAT 』『 007/ワールド・イズ・ノット・イナフ (1999) THE WORLD IS NOT ENOUGH 』『 恋におちたシェイクスピア (1998) SHAKESPEARE IN LOVE 』『 Queen Victoria 至上の恋 (1997) MRS. BROWN 』『 007/トゥモロー・ネバー・ダイ (1997) 』『 007/ゴールデンアイ (1995) 』『 眺めのいい部屋 (1986) A ROOM WITH A VIEW 』等のジュディ・デンチ Judi Dench
 ★鳥類学者ジョン・レモン役は、『 ナルニア国物語/第1章:ライオンと魔女 (2005) THE CHRONICLES OF NARNIA: THE LION, THE WITCH AND THE WARDROBE 』『 シュレック2 (2004) SHREK 2 』『 2番目に幸せなこと (2000) 』『 真夏の夜の夢 (1999) WILLIAM SHAKESPEARE'S A MIDSUMMER NIGHT'S DREAM 』『 理想の結婚 (1999) AN IDEAL HUSBAND 』『 恋におちたシェイクスピア (1998) SHAKESPEARE IN LOVE 』等のルパート・エヴェレット Rupert Everett
 ★ドクター・ゴラン役は、『 ミニオンズ (2015) MINIONS 』『 ヘルプ 〜心がつなぐストーリー〜 (2011) THE HELP 』『 森のリトル・ギャング (2006) OVER THE HEDGE 』『 ラブ・スクール (2003) HOW TO DEAL 』『 ファインディング・ニモ (2003) FINDING NEMO 』『 めぐりあう時間たち (2002) THE HOURS 』『 ベティ・サイズモア (2000) NURSE BETTY 』『 アメリカン・ビューティー (1999) AMERICAN BEAUTY 』等のアリソン・ジャネイ Allison Janney
 ★ジェイクの祖父エイブラハム・‘エイブ’・ポートマン役は、『 ビッグ・アイズ (2014) BIG EYES 』『 アジャストメント (2011) THE ADJUSTMENT BUREAU 』『 エレクトラ (2005) ELEKTRA 』『 ホーンテッドマンション (2003) THE HAUNTED MANSION 』『 フル・フロンタル (2002) FULL FRONTAL 』『 フェリーニ 大いなる嘘つき (2001) FELLINI: SONO UN GRAN BUGIARDO (伊題) / JE SUIS UN GRAN MENTEUR (仏題) / I'M A BORN LIAR (英題) 』『 レッド プラネット (2000) 』等のテレンス・スタンプ Terence Stamp
 ★ジェイクの父フランクリン・ポートマン役は、『 マイティ・ソー/ダーク・ワールド (2013) THOR: THE DARK WORLD 』『 ガリバー旅行記 (2010) GULLIVER'S TRAVELS 』『 ヴェラ・ドレイク (2004) VERA DRAKE 』等のクリス・オダウド Chris O'Dowd
 ★ジェイクの母マリアン・ポートマン役は『 ゴーン・ガール (2014) GONE GIRL 』 『 砂と霧の家 (2003) HOUSE OF SAND AND FOG 』『 ノンストップ・ガール (2000) 』『 ギフト (2000) THE GIFT 』『 インビジブル (2000) HOLLOW MAN 』等のキム・ディケンズ Kim Dickens
 ★エマ・ブルーム役は、『 ターザン:REBORN (2016) THE LEGEND OF TARZAN 』『 マレフィセント (2014) MALEFICENT 』等のエラ・パーネル Ella Purnell
 ★シェリー役は、『 トゥルーマン・ショー (1998) THE TRUMAN SHOW 』『 シザーハンズ (1990) EDWARD SCISSORHANDS 』等のオーラン・ジョーンズ O-Lan Jones
 ★アーチャー氏役は、『 ジョン・カーター (2012) JOHN CARTER 』『 チャーリーとチョコレート工場 (2005) CHARLIE AND THE CHOCOLATE FACTORY 』『 ジャンヌ・ダルク (1999) JOAN OF ARC / THE MESSENGER: THE STORY OF JOAN OF ARC 』等のフィリップ・フィルマー Philip Philmar
 ★グリーソン氏役は、『 マッチポイント (2005) MATCH POINT 』『 ROCK YOU! [ロック・ユー!] (2001) 』等のスコット・ハンディ. Scott Handy
 ★40年代のバーテンダー役は、『 ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅 (2016) FANTASTIC BEASTS AND WHERE TO FIND THEM 』『 フロム・ヘル (2001) FROM HELL 』『 グラディエーター (2000) GLADIATOR 』等のニコラス・マゴーヒー Nicholas McGaughey
 ★婦人警官役は、『 シリアナ (2005) SYRIANA 』等のバドリア・ティミミ Badria Timimi
 ★バロンの裏切り者役は、『 マレフィセント (2014) MALEFICENT 』『 フューリー (2014) FURY 』『 インセプション (2010) INCEPTION 』『 ボーン・アルティメイタム (2007) THE BOURNE ULTIMATUM 』『 クィーン (2006) THE QUEEN 』『 チャーリーとチョコレート工場 (2005) CHARLIE AND THE CHOCOLATE FACTORY 』等のジュリー・イーグルトン Julie Eagleton
 ★埠頭労働者/走っている父子役は、『 ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅 (2016) FANTASTIC BEASTS AND WHERE TO FIND THEM 』『 ジェイソン・ボーン (2016) JASON BOURNE 』『 エージェント:ライアン (2014) JACK RYAN: SHADOW RECRUIT 』『 007 スカイフォール (2012) SKYFALL 』等のディノ・ファッツァーニ Dino Fazzani
 ★アトラクションでの通行人役で、本映画『 ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち (2016) MISS PEREGRINE'S HOME FOR PECULIAR CHILDREN 』監督の上記ティム・バートン Tim Burton監督本人も登場する!
 ★その他のキャストのもっと詳しくはこちらから・・・⇒


※livedoor版【ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたちの解説@映画の森てんこ森】
※参考資料:『ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち』EPK、公式サイト『ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち』、『ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち MISS PEREGRINE'S HOME FOR PECULIAR CHILDREN』-Wikipedia

Text編集:安藤奈津

| ←前の閲覧ページに戻る |▲TOP | ▲予告編 | ▲目次 |
映画の森てんこ森代表:幸田幸
coda_sati@hotmail.com
「映画の森てんこ森」へ 「旅行の森てんこ森」へ
映画解説・レヴュータイトル一覧表へ
映画の森てんこ森 バナー03

映画の森てんこ森 coda21幸田幸 クレジット バナー01
幸のイタリア各都市情報へ
旅行の森てんこ森 バナー03
136x70
本サイトの作文、データ及び画像などのコンテンツの無断転用はお控え下さい。
貴サイトへの御掲載についてはメールにてお知らせ頂ければ幸いです。
© 2002-2017 Sachi CODA at Eigano-Mori Tenko-Mori, CODA21. All Rights Reserved.



borocsoborocso  at 12:00 この記事をクリップ! 

ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち解説(2)@映画の森てんこ森

ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち@映画の森てんこ森
表紙目次映画解説タイトル一覧 | 幸のネタバレ映画 | 幸のカスタムカー |
 | 読む映画試写会 | レヴュー | 観たい度映画 | 予告編 | エッセイ | 日誌 | 試写会情報 |
リンク集 | 映画ゲーム思い出映画| 映画レヴュー10000字超 |
幸のカレンダー | ぼろくそパパの独り言 | livedoorブログ | 旅行の森てんこ森 |
ブロードバンドB版 | 恭子の動画映像ブログ | 恭子の「YouTube」 | 幸のネタバレブログ | サイト内検索 |
 映画の森てんこ森■映画解説と予告編とレヴュー
ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち (2016)
MISS PEREGRINE'S HOME FOR PECULIAR CHILDREN
※クリックでYouTube『ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち MISS PEREGRINE'S HOME FOR PECULIAR CHILDREN』予告編へ
▲上のスライドショーを初めから見る
▲ネタバレのスライドショーを見てみる
画像クリックで本予告編YouTube版が見れます。
ここをクリックで別の予告編YouTube版が見れます。
ここをクリックで日本語の予告編YouTube版が見れます。
※予告編はYouTube「リンク」モードで掲載。
Trailer Courtesy of Twentieth Century Fox Film Corporation

(C)2016 Twentieth Century Fox Film Corporation.
| 「目次」Topページ | 「B版」Topページ | 本ページ更新 | 本ページ最終更新 |
© Images copyright their respective owners; usually the distributor of the above titled movie unless otherwise noted.
| ←前の閲覧ページに戻る |▲TOP | ▲予告編 | ▲目次 |
■映画『 ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち (2016) MISS PEREGRINE'S HOME FOR PECULIAR CHILDREN 』の解説
【映画『ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち』解説<crew>】
 本映画『 ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち (2016) MISS PEREGRINE'S HOME FOR PECULIAR CHILDREN 』のスタッフはティム・バートン監督率いるヒットメーカー達が結集!
 ●監督は、本映画『 ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち (2016) MISS PEREGRINE'S HOME FOR PECULIAR CHILDREN 』他、『 ビッグ・アイズ (2014) BIG EYES 』『 リンカーン/秘密の書 (2012) ABRAHAM LINCOLN: VAMPIRE HUNTER 』『 ダーク・シャドウ (2012) DARK SHADOWS 』『 アリス・イン・ワンダーランド (2010) ALICE IN WONDERLAND 』『 ティム・バートンのコープスブライド (2005) TIM BURTON'S CORPSE BRIDE 』『 チャーリーとチョコレート工場 (2005) CHARLIE AND THE CHOCOLATE FACTORY 』『 ビッグ・フィッシュ (2003) BIG FISH 』『 PLANET OF THE APES 猿の惑星 (2001) PLANET OF THE APES 』『 スリーピー・ホロウ (1999) SLEEPY HOLLOW 』『 マーズ・アタック! (1996) MARS ATTACKS! 』『 バットマン・フォーエヴァー (1995)ナイトメアー・ビフォア・クリスマス (1993) THE NIGHTMARE BEFORE CHRISTMAS 』『 バットマン リターンズ (1992) 』『 シザーハンズ (1990) EDWARD SCISSORHANDS 』『 バットマン (1989) 』『 ビートルジュース (1988) 』『 フランケンウィニー (1984) 』等のティム・バートン Tim Burton
 ●原作は、本映画『 ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち (2016) MISS PEREGRINE'S HOME FOR PECULIAR CHILDREN 』で映画の森てんこ森で初めて紹介するランサム・リグズ Ransom Riggsの『ハヤブサが守る家』(東京創元社刊)。何故「ハヤブサ」かというと、タイトル『 ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち (2016) MISS PEREGRINE'S HOME FOR PECULIAR CHILDREN 』の“ペレグリン PEREGRINE”とは“ハヤブサ”の意味だから。
 ●脚本は、本映画『 ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち (2016) MISS PEREGRINE'S HOME FOR PECULIAR CHILDREN 』他、『 X-MEN:フューチャー&パスト (2014) X-MEN: DAYS OF FUTURE PAST 』『 ウーマン・イン・ブラック 亡霊の館 (2012) THE WOMAN IN BLACK 』『 キック・アス (2010) KICK-ASS 』等のジェーン・ゴールドマン Jane Goldman
 ●製作は、本映画『 ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち (2016) MISS PEREGRINE'S HOME FOR PECULIAR CHILDREN 』他『 エクソダス:神と王 (2014) EXODUS: GODS AND KINGS 』『 猿の惑星:新世紀(ライジング) (2014) DAWN OF THE PLANET OF THE APES 』『 オブリビオン (2013) OBLIVION 』『 猿の惑星:創世記(ジェネシス) (2011) RISE OF THE PLANET OF THE APES 』『 DOOM ドゥーム (2005) DOOM 』『 サハラ 死の砂漠を脱出せよ (2005) SAHARA 』『 ジャケット (2005) THE JACKET 』『 ビロウ (2002) BELOW 』『 コーリング (2002) DRAGONFLY 』『 ブリジット・ジョーンズの日記 (2001) BRIDGET JONES'S DIARY 』『 テイラー・オブ・パナマ (2001) 』『 スターリングラード (2000) ENEMY AT THE GATES 』『 ナッティ・プロフェッサー2/クランプ家の面々 (2000) 』『 ピッチブラック (2000) 』『 イングリッシュ・ペイシェント (1996) THE ENGLISH PATIENT 』等のピーター・チャーニン Peter Cherninと、本映画『 ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち (2016) MISS PEREGRINE'S HOME FOR PECULIAR CHILDREN 』他『 エクソダス:神と王 (2014) EXODUS: GODS AND KINGS 』『 ゲス・フー/招かれざる恋人 (2005) GUESS WHO 』『 チャーリーズ・エンジェル/フルスロットル (2003) CHARLIE'S ANGELS: FULL THROTTLE 』『 アイ・スパイ (2002) I SPY 』『 チャーリーズ・エンジェル (2000) CHARLIE'S ANGELS 』等のジェンノ・トッピング Jenno Topping
 ●製作総指揮は、本映画『 ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち (2016) MISS PEREGRINE'S HOME FOR PECULIAR CHILDREN 』他『 ビッグ・アイズ (2014) BIG EYES 』『 ダーク・シャドウ (2012) DARK SHADOWS 』『 アリス・イン・ワンダーランド (2010) ALICE IN WONDERLAND 』『 チャーリーとチョコレート工場 (2005) CHARLIE AND THE CHOCOLATE FACTORY 』『 ビッグ・フィッシュ (2003) BIG FISH 』『 PLANET OF THE APES 猿の惑星 (2001) PLANET OF THE APES 』等のカッテルリ・フラウエンフェルダー Katterli Frauenfelderと、本映画『 ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち (2016) MISS PEREGRINE'S HOME FOR PECULIAR CHILDREN 』他『 マイティ・ソー/ダーク・ワールド (2013) THOR: THE DARK WORLD 』『 キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー (2011) CAPTAIN AMERICA: THE FIRST AVENGER 』『 ボーン・アルティメイタム (2007) THE BOURNE ULTIMATUM 』『 ダ・ヴィンチ・コード (2006) THE DA VINCI CODE 』『 バットマン ビギンズ (2005) BATMAN BEGINS 』『 ビロウ (2002) BELOW 』『 コレリ大尉のマンドリン (2001) 』等のナイジェル・ゴストゥロウ Nigel Gostelowと、本映画『 ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち (2016) MISS PEREGRINE'S HOME FOR PECULIAR CHILDREN 』で映画の森てんこ森で初めて紹介するデレク・フレイ Derek Frey並びにイヴァナ・ロンバルディ Ivana Lombardi
 ●音楽は、本映画『 ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち (2016) MISS PEREGRINE'S HOME FOR PECULIAR CHILDREN 』他『 ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション (2015) MISSION: IMPOSSIBLE ROGUE NATION 』『 イントゥ・ザ・ウッズ (2014) INTO THE WOODS 』『 ビッグ・アイズ (2014) BIG EYES 』『 オール・ユー・ニード・イズ・キル (2014) EDGE OF TOMORROW 』『 キャプテン・フィリップス (2013) CAPTAIN PHILLIPS 』『 ダーク・シャドウ (2012) DARK SHADOWS 』『 シャーロック・ホームズ シャドウ ゲーム (2011) SHERLOCK HOLMES: A GAME OF SHADOWS 』『 三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船 (2011) THE THREE MUSKETEERS 』『 ハンナ (2011) HANNA 』『 インセプション (2010) INCEPTION 』『 タイタンの戦い (2010) CLASH OF THE TITANS 』『 アリス・イン・ワンダーランド (2010) ALICE IN WONDERLAND 』『 ユナイテッド93 (2006) UNITED 93 / FLIGHT 93 』『 ティム・バートンのコープスブライド (2005) TIM BURTON'S CORPSE BRIDE 』『 チャーリーとチョコレート工場 (2005) CHARLIE AND THE CHOCOLATE FACTORY 』『 ジャケット (2005) THE JACKET 』『 サンダーバード (2004) THUNDERBIRDS 』『 キング・アーサー (2004) KING ARTHUR 』『 モナリザ・スマイル (2003) MONA LISA SMILE 』『 ジョニー・イングリッシュ (2003) JOHNNY ENGLISH 』『 処刑・ドット・コム (2002) MY LITTLE EYE 』『 堕天使のパスポート (2002) DIRTY PRETTY THINGS 』『 ブリジット・ジョーンズの日記 (2001) BRIDGET JONES'S DIARY 』『 ハイ・フィデリティ (2000) HIGH FIDELITY 』『 ノッティングヒルの恋人 (1999) NOTTING HILL 』『 理想の結婚 (1999) AN IDEAL HUSBAND 』『 エリザベス (1998) ELIZABETH 』等のマイク・ハイアム Michael Highamと、本映画『 ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち (2016) MISS PEREGRINE'S HOME FOR PECULIAR CHILDREN 』他『 キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー (2014) CAPTAIN AMERICA: THE WINTER SOLDIER 』『 キャプテン・フィリップス (2013) CAPTAIN PHILLIPS 』『 G.I.ジョー バック2リベンジ (2013) G.I. JOE: RETALIATION 』『 L.A. ギャング ストーリー (2012) GANGSTER SQUAD 』『 リンカーン/秘密の書 (2012) ABRAHAM LINCOLN: VAMPIRE HUNTER 』『 崖っぷちの男 (2012) MAN ON A LEDGE 』『 シャーロック・ホームズ シャドウ ゲーム (2011) SHERLOCK HOLMES: A GAME OF SHADOWS 』『 パイレーツ・オブ・カリビアン/生命(いのち)の泉 (2011) PIRATES OF THE CARIBBEAN: ON STRANGER TIDES 』『 世界侵略:ロサンゼルス決戦 (2011) BATTLE: LOS ANGELES 』『 エクスペンダブルズ (2010) THE EXPENDABLES 』『 キック・アス (2010) KICK-ASS 』『 トランスフォーマー/リベンジ (2009) TRANSFORMERS: REVENGE OF THE FALLEN 』『 天使と悪魔 (2009) ANGELS & DEMONS 』『 ウルトラヴァイオレット (2005) ULTRAVIOLET 』『 コンスタンティン (2004) CONSTANTINE 』『 キャットウーマン (2004) CATWOMAN 』等のマシュー・マージェソン Matthew Margeson
 ●撮影監督は、本映画『 ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち (2016) MISS PEREGRINE'S HOME FOR PECULIAR CHILDREN 』他、『 ビッグ・アイズ (2014) BIG EYES 』『 ダーク・シャドウ (2012) DARK SHADOWS 』『 ロング・エンゲージメント (2004) UN LONG DIMANCHE DE FIANCAILLES (原題) / A VERY LONG ENGAGEMENT (英題) 』『 アメリ (2001) AMELIE POULAIN / LE FABULEUX DESTIN D'AMELIE POULAIN 』等のブリュノ・デルボネル Bruno Delbonnel
 ●編集は、本映画『 ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち (2016) MISS PEREGRINE'S HOME FOR PECULIAR CHILDREN 』他、『 マレフィセント (2014) MALEFICENT 』『 ダーク・シャドウ (2012) DARK SHADOWS 』『 アンストッパブル (2010) UNSTOPPABLE 』『 アリス・イン・ワンダーランド (2010) ALICE IN WONDERLAND 』『 ティム・バートンのコープスブライド (2005) TIM BURTON'S CORPSE BRIDE 』『 チャーリーとチョコレート工場 (2005) CHARLIE AND THE CHOCOLATE FACTORY 』『 ビッグ・フィッシュ (2003) BIG FISH 』『 僕はラジオ (2003) RADIO 』『 トリプルX (2002) XXX 』『 PLANET OF THE APES 猿の惑星 (2001) PLANET OF THE APES 』『 パール・ハーバー (2001) PEARL HARBOR 』『 スリーピー・ホロウ (1999) SLEEPY HOLLOW 』『 ナイトメアー・ビフォア・クリスマス (1993) THE NIGHTMARE BEFORE CHRISTMAS 』等のクリス・レベンゾン Chris Lebenzon
 ●プロダクションデザインは、本映画『 ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち (2016) MISS PEREGRINE'S HOME FOR PECULIAR CHILDREN 』他、『 ガリバー旅行記 (2010) GULLIVER'S TRAVELS 』『 スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐 (2005) STAR WARS: EPISODE III - REVENGE OF THE SITH 』『 トリプルX (2002) XXX 』等ギャヴィン・ボケット Gavin Bocquet
 ●衣装デザインは、本映画『 ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち (2016) MISS PEREGRINE'S HOME FOR PECULIAR CHILDREN 』他、『 ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅 (2016) FANTASTIC BEASTS AND WHERE TO FIND THEM 』『 スノーホワイト/氷の王国 (2016) THE HUNTSMAN WINTER'S WAR 』『 ブラックハット (2015) BLACKHAT 』『 イントゥ・ザ・ウッズ (2014) INTO THE WOODS 』『 ビッグ・アイズ (2014) BIG EYES 』『 スノーホワイト (2012) 』『 ダーク・シャドウ (2012) DARK SHADOWS 』『 ラム・ダイアリー (2011) THE RUM DIARY 』『 ツーリスト (2010) THE TOURIST 』『 アリス・イン・ワンダーランド (2010) ALICE IN WONDERLAND 』『 M:i:III (2006) MISSION: IMPOSSIBLE III / M:I:III 』『 SAYURI (2005) MEMOIRS OF A GEISHA 』『 レモニー・スニケットの世にも不幸せな物語 (2004) LEMONY SNICKET'S A SERIES OF UNFORTUNATE EVENTS 』『 ビッグ・フィッシュ (2003) BIG FISH 』『 シカゴ (2002) CHICAGO 』『 PLANET OF THE APES 猿の惑星 (2001) PLANET OF THE APES 』『 スリーピー・ホロウ (1999) SLEEPY HOLLOW 』『 マーズ・アタック! (1996) MARS ATTACKS! 』『 若草物語 (1994) LITTLE WOMEN 』『 羊たちの沈黙 (1990) 』『 シザーハンズ (1990) EDWARD SCISSORHANDS 』等のコリーン・アトウッド Colleen Atwood
 ●視覚効果監修は、本映画『 ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち (2016) MISS PEREGRINE'S HOME FOR PECULIAR CHILDREN 』他『 DOOM ドゥーム (2005) DOOM 』『 サハラ 死の砂漠を脱出せよ (2005) SAHARA 』『 ジャケット (2005) THE JACKET 』『 ビロウ (2002) BELOW 』『 コーリング (2002) DRAGONFLY 』『 ブリジット・ジョーンズの日記 (2001) BRIDGET JONES'S DIARY 』『 テイラー・オブ・パナマ (2001) 』『 スターリングラード (2000) ENEMY AT THE GATES 』『 ナッティ・プロフェッサー2/クランプ家の面々 (2000) 』『 ピッチブラック (2000) 』『 イングリッシュ・ペイシェント (1996) THE ENGLISH PATIENT 』等のフレイザー・チャーチル Frazer Churchillと、本映画『 ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち (2016) MISS PEREGRINE'S HOME FOR PECULIAR CHILDREN 』他『 バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生 (2016) BATMAN v SUPERMAN: DAWN OF JUSTICE 』『 ハンガー・ゲーム FINAL: レボリューション (2015) THE HUNGER GAMES: MOCKINGJAY - PART 2 』『 ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション (2015) MISSION: IMPOSSIBLE ROGUE NATION 』『 アントマン (2015) ANT-MAN 』『 ターミネーター:新起動/ジェニシス (2015) TERMINATOR: GENISYS 』『 アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン (2015) AVENGERS: AGE OF ULTRON 』『 イントゥ・ザ・ウッズ (2014) INTO THE WOODS 』『 ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー (2014) GUARDIANS OF THE GALAXY 』『 マレフィセント (2014) MALEFICENT 』『 X-MEN:フューチャー&パスト (2014) X-MEN: DAYS OF FUTURE PAST 』『 GODZILLA ゴジラ (2014) GODZILLA 』『 アメイジング・スパイダーマン2 (2014) THE AMAZING SPIDER-MAN 2 』『 300 <スリーハンドレッド> 〜帝国の進撃〜 (2014) 300: RISE OF AN EMPIRE 』『 47RONIN (2013) 47 RONIN 』『 REDリターンズ (2013) RED 2 』『 マン・オブ・スティール (2013) MAN OF STEEL 』『 ワールド・ウォーZ (2013) WORLD WAR Z 』『 ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日 (2012) LIFE OF PI 』 『 トータル・リコール (2012) TOTAL RECALL 』『 プロメテウス (2012) PROMETHEUS 』『 タイタンの逆襲 (2012) WRATH OF THE TITANS 』『 ジョン・カーター (2012) JOHN CARTER 』『 センター・オブ・ジ・アース2 神秘の島 (2012) JOURNEY 2: THE MYSTERIOUS ISLAND 』『 シャーロック・ホームズ シャドウ ゲーム (2011) SHERLOCK HOLMES: A GAME OF SHADOWS 』『 ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2 (2011) HARRY POTTER AND THE DEATHLY HALLOWS: PART II 』『 パイレーツ・オブ・カリビアン/生命(いのち)の泉 (2011) PIRATES OF THE CARIBBEAN: ON STRANGER TIDES 』『 ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1 (2010) HARRY POTTER AND THE DEATHLY HALLOWS: PART I 』等のディネッシュ・K・ビシュノイ Dinesh K. Bishnoiと、本映画『 ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち (2016) MISS PEREGRINE'S HOME FOR PECULIAR CHILDREN 』他『 ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー (2016) ROGUE ONE: A STAR WARS STORY 』『 ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅 (2016) FANTASTIC BEASTS AND WHERE TO FIND THEM 』『 スター・トレック BEYOND (2016) STAR TREK BEYOND 』『 X-ミッション (2015) POINT BREAK (X-Mission) 』『 アントマン (2015) ANT-MAN 』『 ターミネーター:新起動/ジェニシス (2015) TERMINATOR: GENISYS 』『 ジュラシック・ワールド (2015) JURASSIC WORLD 』『 カリフォルニア・ダウン (2015) SAN ANDREAS 』『 マッドマックス 怒りのデス・ロード (2015) MAD MAX: FURY ROAD 』『 アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン (2015) AVENGERS: AGE OF ULTRON 』『 エクソダス:神と王 (2014) EXODUS: GODS AND KINGS 』『 ミュータント・タートルズ (2014) TEENAGE MUTANT NINJA TURTLES 』『 ヘラクレス (2014) HERCULES 』『 ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー (2014) GUARDIANS OF THE GALAXY 』『 X-MEN:フューチャー&パスト (2014) X-MEN: DAYS OF FUTURE PAST 』『 GODZILLA ゴジラ (2014) GODZILLA 』『 ダイバージェント (2014) DIVERGENT 』『 キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー (2014) CAPTAIN AMERICA: THE WINTER SOLDIER 』『 ノア 約束の舟 (2014) NOAH 』『 47RONIN (2013) 47 RONIN 』『 パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々:魔の海 (2013) PERCY JACKSON: SEA OF MONSTERS 』『 ウルヴァリン:SAMURAI (2013) THE WOLVERINE 』『 スター・トレック イントゥ・ダークネス (2013) STAR TREK INTO DARKNESS 』『 アイアンマン3 (2013) IRON MAN 3 』『 G.I.ジョー バック2リベンジ (2013) G.I. JOE: RETALIATION 』『 ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日 (2012) LIFE OF PI 』『 リンカーン/秘密の書 (2012) ABRAHAM LINCOLN: VAMPIRE HUNTER 』『 アベンジャーズ (2012) THE AVENGERS 』『 キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー (2011) CAPTAIN AMERICA: THE FIRST AVENGER 』『 マイティ・ソー (2011) THOR 』等のスコット・ミッチェル Scott Mitchell
 ●製作スタッフのもっと詳しくはこちらから・・・⇒


※livedoor版【ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたちの解説@映画の森てんこ森】
※参考資料:『ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち』EPK、公式サイト『ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち』、『ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち MISS PEREGRINE'S HOME FOR PECULIAR CHILDREN』-Wikipedia

Text編集:安藤奈津

| ←前の閲覧ページに戻る |▲TOP | ▲予告編 | ▲目次 |
映画の森てんこ森代表:幸田幸
coda_sati@hotmail.com
「映画の森てんこ森」へ 「旅行の森てんこ森」へ
映画解説・レヴュータイトル一覧表へ
映画の森てんこ森 バナー03

映画の森てんこ森 coda21幸田幸 クレジット バナー01
幸のイタリア各都市情報へ
旅行の森てんこ森 バナー03
136x70
本サイトの作文、データ及び画像などのコンテンツの無断転用はお控え下さい。
貴サイトへの御掲載についてはメールにてお知らせ頂ければ幸いです。
© 2002-2017 Sachi CODA at Eigano-Mori Tenko-Mori, CODA21. All Rights Reserved.



borocsoborocso  at 12:00 この記事をクリップ! 

ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち解説@映画の森てんこ森

ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち@映画の森てんこ森
表紙目次映画解説タイトル一覧 | 幸のネタバレ映画 | 幸のカスタムカー |
 | 読む映画試写会 | レヴュー | 観たい度映画 | 予告編 | エッセイ | 日誌 | 試写会情報 |
リンク集 | 映画ゲーム思い出映画| 映画レヴュー10000字超 |
幸のカレンダー | ぼろくそパパの独り言 | livedoorブログ | 旅行の森てんこ森 |
ブロードバンドB版 | 恭子の動画映像ブログ | 恭子の「YouTube」 | 幸のネタバレブログ | サイト内検索 |
 映画の森てんこ森■映画解説と予告編とレヴュー
ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち (2016)
MISS PEREGRINE'S HOME FOR PECULIAR CHILDREN
※クリックでYouTube『ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち MISS PEREGRINE'S HOME FOR PECULIAR CHILDREN』予告編へ
▲上のスライドショーを初めから見る
▲ネタバレのスライドショーを見てみる
画像クリックで本予告編YouTube版が見れます。
ここをクリックで別の予告編YouTube版が見れます。
ここをクリックで日本語の予告編YouTube版が見れます。
※予告編はYouTube「リンク」モードで掲載。
Trailer Courtesy of Twentieth Century Fox Film Corporation

(C)2016 Twentieth Century Fox Film Corporation.
| 「目次」Topページ | 「B版」Topページ | 本ページ更新 | 本ページ最終更新 |
© Images copyright their respective owners; usually the distributor of the above titled movie unless otherwise noted.
■映画『 ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち (2016) MISS PEREGRINE'S HOME FOR PECULIAR CHILDREN 』の解説
【映画『ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち』解説】#01
 映画『 ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち (2016) MISS PEREGRINE'S HOME FOR PECULIAR CHILDREN 』は、ティム・バートンが監督し、ピーター・チャーニンらが製作した2016年のイギリスとベルギーとアメリカ合衆国のファンタジー/アドベンチャー/ドラマ映画。製作国アメリカ合衆国では2016年9月25日ファンタスティック映画祭・2016年9月30日全米公開、製作国イギリスとベルギーでは2016年9月29日全国公開。日本では、2017年2月3日(金)、20世紀フォックス映画より配給、全国公開される予定だ。

 本映画『 ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち (2016) MISS PEREGRINE'S HOME FOR PECULIAR CHILDREN 』のポスターのキャッチコピーは、
 <ティム・バートン史上、
 最も奇妙。>


【映画『ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち』解説】#02
 本映画『 ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち (2016) MISS PEREGRINE'S HOME FOR PECULIAR CHILDREN 』の原作小説「Miss Peregrine's Home for Peculiar Children (邦題「ハヤブサが守る家」)」は、現時点2017年1月までに全米で300万部以上を売り上げている大ベストセラー。映画『ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち』は日本に先駆けて2016年9月30日に公開された全米で初登場1位を獲得し、全世界でも大ヒットを記録している。
 『ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち』は2月全国超拡大ロードショー!


【映画『ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち』解説】#おススメ
 本映画『 ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち (2016) MISS PEREGRINE'S HOME FOR PECULIAR CHILDREN 』の公開された予告編は、サミュエル・L・ジャクソンからの「奇妙で夢のような魔法の世界へあなたをお連れします」という日本のファンへ向けてのメッセージから始まる。そして、ティム・バートン監督が描く新しいワンダーランドの世界を垣間見ることができる。
 ティム・バートン監督独自の映像美が炸裂している『ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち』は映像自体は言うまでもなく、ポスターまでも濃厚でワンダーランドそのものだ。
 是非、映画館の大画面と音響でご覧下さい!

※livedoor版【ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたちの解説@映画の森てんこ森】
※参考資料:『ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち』EPK、公式サイト『ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち』、『ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち MISS PEREGRINE'S HOME FOR PECULIAR CHILDREN』-Wikipedia

Text編集:安藤奈津

| ←前の閲覧ページに戻る |▲TOP | ▲予告編 | ▲目次 |
■映画『 ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち (2016) MISS PEREGRINE'S HOME FOR PECULIAR CHILDREN 』のスタッフとキャスト
【映画『ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち』のスタッフ】
監督 Directed by:ティム・バートン Tim Burton
原作 Story by:ランサム・リグズ Ransom Riggs 『ハヤブサが守る家』(東京創元社刊)
脚本 Screenplay by:ジェーン・ゴールドマン Jane Goldman
製作 Produced by:ピーター・チャーニン Peter Chernin
   ジェンノ・トッピング Jenno Topping
製作総指揮 Executive Producer:カッテルリ・フラウエンフェルダー Katterli Frauenfelder
   デレク・フレイ Derek Frey
   ナイジェル・ゴストゥロウ Nigel Gostelow
   イヴァナ・ロンバルディ Ivana Lombardi
音楽 Original Music by:マイク・ハイアム Michael Higham
   マシュー・マージェソン Matthew Margeson
撮影 Cinematography by:ブリュノ・デルボネル Bruno Delbonnel
編集 Film Editing by:クリス・レベンゾン Chris Lebenzon
プロダクションデザイン Production Design by:ギャヴィン・ボケット Gavin Bocquet
衣装デザイン Costume Design by:コリーン・アトウッド Colleen Atwood
視覚効果監修 Visual Effects Supervisor:フレイザー・チャーチル Frazer Churchill
   ディネッシュ・K・ビシュノイ Dinesh K. Bishnoi
   スコット・ミッチェル Scott Mitchell

 ・・・もっと詳しいスタッフはこちらから⇒

【映画『ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち』のキャスト】
出演・Cast (in credits order)
   エヴァ・グリーン Eva Green ... Miss Alma LeFay Peregrine ミス・アルマ・ルフェイ・ペレグリン
   エイサ・バターフィールド Asa Butterfield ... Jacob "Jake" Portman ジェイコブ・‘ジェイク’・ポートマン
   サミュエル・L・ジャクソン Samuel L. Jackson ... Barron バロン
   ジュディ・デンチ Judi Dench ... Miss Esmeralda Avocet ミス・エスメラルダ・アヴォセット
   ルパート・エヴェレット Rupert Everett ... Ornithologist John Lemmon 鳥類学者ジョン・レモン
   アリソン・ジャネイ Allison Janney ... Dr. Golan ドクター・ゴラン
   クリス・オダウド Chris O'Dowd ... Franklin Portman ジェイクの父フランクリン・ポートマン
   テレンス・スタンプ Terence Stamp ... Abraham 'Abe' Portman ジェイクの祖父エイブラハム・‘エイブ’・ポートマン
   エラ・パーネル Ella Purnell ... Emma Bloom エマ・ブルーム
   フィンレイ・マクミラン Finlay MacMillan ... Enoch O'Conner イーノック・オコナー
   ローレン・マクロスティ Lauren McCrostie ... Olive Abroholos Elephanta オリーヴ・アブロホロス・エレファンタ
   ヘイデン・キーラー=ストーン Hayden Keeler-Stone ... Horace Somnusson ホレース・ソムヌソン
   ジョージア・ペンバートン Georgia Pemberton ... Fiona Fruanfeld フィオナ・フルーアンフェルド
   マイロ・パーカー Milo Parker ... Hugh Apiston ヒュー・アピストン
   ラフィエラ・チャップマン Raffiella Chapman ... Claire Densmore クレア・デンズモア
   ピクシー・デイヴィス Pixie Davies ... Bronwyn Bruntley ブロンウィン・ブラントリー
   ジョセフ・オッドウェル Joseph Odwell ... Masked Ballerina #1 覆面をした双子
   トーマス・オッドウェル Thomas Odwell ... Masked Ballerina #2 覆面をした双子
   キャメロン・キング Cameron King ... Millard Nullings ミラード・ナリングズ
   ルイス・デイヴィソン Louis Davison ... Victor Bruntley ヴィクター・ブラントリー
   キム・ディケンズ Kim Dickens ... Jake's Mom Maryann Portman ジェイクの母マリアン・ポートマン
   オーラン・ジョーンズ O-Lan Jones ... Shelley シェリー
   エイデン・フラワーズ Aiden Flowers ... 10 Year Old Jacob 10歳のジェイク
   ニコラス・オテリ Nicholas Oteri ... 6 Year Old Jacob 6歳のジェイク
   ヘレン・デイ Helen Day ... Miss Edwards ミス・エドワーズ
   フィリップ・フィルマー Philip Philmar ... Mr. Archer アーチャー氏
   ジャック・ブレイディ Jack Brady ... Mr. Clark クラーク氏
   スコット・ハンディ. Scott Handy ... Mr. Gleeson グリーソン氏
   ジェニファー・ジャラカス Jennifer Jarackas ... Aunt Susie スージー伯母さん
   ジョージ・ブリコス George Vricos ... Uncle Bobby ボビー伯父さん
   ブルック・ジェイ・テイラー Brooke Jaye Taylor ... Aunt Judy ジュディ伯母さん
   キャメロン・グレコ Cameron Greco ... Prettiest Teen Boy 一番かわいいティーンエイジャー男子
   エラ・ワーレステット Ella Wahlestedt ... Prettiest Teen Girl 一番かわいいティーンエイジャー女子
   ニコラス・マゴーヒー Nicholas McGaughey ... 40's Bartender 40年代のバーテンダー
   ダヴィッズ・ハウェル Dafydd Hywel ... Isle - Farmer 小島の農夫
   バドリア・ティミミ Badria Timimi ... Police Woman 婦人警官
   ジュリー・イーグルトン Julie Eagleton ... Baron's Renegade バロンの裏切り者
   ディノ・ファッツァーニ Dino Fazzani ... Pier Worker / Running Dad and Child 埠頭労働者/走っている父子
   ティム・バートン Tim Burton ... Passenger on an attraction アトラクションでの通行人(uncredited)

 ・・・もっと詳しいキャストはこちらから⇒

※参考資料:『MISS PEREGRINE'S HOME FOR PECULIAR CHILDREN』-Wikipedia、『MISS PEREGRINE'S HOME FOR PECULIAR CHILDREN』-IMDb、『ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち』EPK、公式サイト
※スタッフ・キャスト及び登場人物の呼称が正確でない場合がありますのでご了承ください。
| ←前の閲覧ページに戻る |▲TOP | ▲予告編 | ▲目次 |
■映画『 ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち (2016) MISS PEREGRINE'S HOME FOR PECULIAR CHILDREN 』のあらすじ・ストーリー
ネタバレご注意:以下の映画『 ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち (2016) MISS PEREGRINE'S HOME FOR PECULIAR CHILDREN 』のあらすじ・ストーリーにはネタバレが含まれている場合があります。映画『ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち』をまだご覧になっていない方は、どうかネタバレにご注意ください。
 Warning!Plot synopsis and storyline items below here contain information that may give away important plot points. You may not want to read any further if you've not already seen this title.

【映画『ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち』あらすじ/ストーリー 第01段落】 ネタバレ配慮
 「奇妙で夢のような魔法の世界へあなたをお連れします」というメッセージ。

【映画『ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち』あらすじ/ストーリー 第02段落】 ネタバレ配慮
 主人公は、フロリダで生まれ育ち周囲になじめない孤独な少年ジェイコブ・ポートマン愛称ジェイク(次世代の若き英国男子エイサ・バターフィールド)。

【映画『ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち』あらすじ/ストーリー 第03段落】 ネタバレ配慮
 唯一の理解者である祖父エイブラハム・‘エイブ’・ポートマン(テレンス・スタンプ)が謎めいた死を遂げた。

【映画『ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち』あらすじ/ストーリー 第04段落】 ネタバレ配慮
 祖父の遺言に従ってウェールズの小さな島ケインホルムを訪れたジェイクは、森の奥で古めかしい屋敷を発見する。

【映画『ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち』あらすじ/ストーリー 第05段落】 ネタバレ配慮
 その屋敷では、美しくも厳格なミス・ペレグリン(エヴァ・グリーン)が“奇妙なこどもたち”の保護者となっている。因みに、タイトル『 ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち (2016) MISS PEREGRINE'S HOME FOR PECULIAR CHILDREN 』の“ペレグリン Peregrine”とは“ハヤブサ”の意味。

【映画『ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち』あらすじ/ストーリー 第06段落】 ネタバレ配慮
 そう、ミス・ペレグリンはハヤブサに変身することができるのだ。というか、ハヤブサの化身がミス・ペレグリン。

【映画『ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち』あらすじ/ストーリー 第07段落】 ネタバレ配慮
 ミス・ペレグリンの屋敷には様々な奇妙なこどもたちが住んでいる。原題『MISS PEREGRINE'S HOME FOR PECULIAR CHILDREN』の“Peculiar”だが、奇妙な、変な、異常な、気の狂った、特有の、固有の、といった訳し方があろう。

【映画『ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち』あらすじ/ストーリー 第08段落】 ネタバレ配慮
 空中浮遊能力を持った美少女エマ(エラ・パーネル)を始めとする“奇妙なこどもたち”とは、死者を蘇らせる男子、念力で炎を操れる女子、いたずら好きな透明人間の男の子、怪力少女、お腹に蜂がいっぱいいる男の子、頭の後ろに別の口がある少女、片眼鏡を通して夢を投影できる男の子、植物を操作できる女の子、全身を白い布で巻いて常に一緒に行動する無口な双子、らだ。

【映画『ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち』あらすじ/ストーリー 第09段落】 ネタバレ配慮
 彼らと心を通わせ夢のような時間を過ごしたジェイクは、普通だと思っていた自らに宿った“ある力”に気づき、屋敷に迫る恐るべき脅威に立ち向かっていく。

【映画『ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち』あらすじ/ストーリー 第10段落】 ネタバレ配慮
 サミュエル・L・ジャクソンが悪役バロンを演じ、ミス・ペレグリンがジェイクを鼓舞して“奇妙なこどもたち”を悪の脅威から守らせる。感動のラストとは――。

▼映画『ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち』のネタバレ/もっと詳しくは以下のこちらから・・・⇒

※参考資料:『MISS PEREGRINE'S HOME FOR PECULIAR CHILDREN』-Wikipedia、『MISS PEREGRINE'S HOME FOR PECULIAR CHILDREN』-IMDb、『ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち』EPK、公式サイト
| ←前の閲覧ページに戻る |▲TOP | ▲予告編 | ▲目次 |
<ネタバレ/もっと詳しく>
ネタバレ注意@映画の森てんこ森
ストーリー展開の前知識やネタバレがお好みでない方は、読まないで下さい。
■映画『ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち』の「テキストによる映画の再現」レヴュー
【『ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち』ストーリー/あらすじ】
◆ここからは、ストーリーの結末やネタバレが含まれている場合があります。どうかネタバレに御注意下さい。
Warning! This synopsis may contain spoilers.

★以下のネタバレ日本語訳は、映画『ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち』の公開日2017年2月3日(金)の翌日、又は翌日以降に公開予定ですが、映画をご覧になる前に、前もって<ストーリー/あらすじ/結末までの完全ネタバレ日本語訳版>をお読みになりたい方は、こちらをクリック⇒「ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたちのネタバレ」へ・・・(別の新しいウインドウで表示)


【感謝とお願い】多くの皆様にこのネタバレコーナーにアクセス頂き、ありがとうございますm(__)m
 もしクリックしてもネタバレファイルにジャンプしない場合は、映画会社や配給会社への配慮として、まだリンクを貼っていない期間です。リクエスト・メールが多い場合は(お返事は出せませんが)、タイミングを見計らって、映画公開一週間前にはアップしますので、どうかご了承ください。

 GoogleやYahoo!の検索エンジンで、映画の森てんこ森のネタバレファイルをお探しの場合は、
ネタバレ ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち>又は
ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち ネタバレ>と入力してください。

▲TOPへ

◆ここからは、結末まで書いてネタバレしていますので、ストーリー全体が分ります。御注意下さい。
 ATTN: This review reveals the movie content. Please don't say that I didn't say !


■1/31公開<映画『ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち』あらすじ>
■2/01公開<ネタバレ映画/ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち>
■2/02公開<ネタバレ結末/ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち>
■2/03公開<ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたちの完全ネタバレ>
★以上のあらすじ結末までネタバレは、こちらをクリック⇒「沈黙 -サイレンス-」へ(以上5ファイルとも新規ウインドウで表示)


※参考資料:『MISS PEREGRINE'S HOME FOR PECULIAR CHILDREN』-Wikipedia、『MISS PEREGRINE'S HOME FOR PECULIAR CHILDREN』-IMDb、『ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち』EPK、公式サイト
| ←前の閲覧ページに戻る |▲TOP | ▲予告編 | ▲目次 |
■映画『 ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち (2016) MISS PEREGRINE'S HOME FOR PECULIAR CHILDREN 』の更新記録
◆ファイル作成:2017年1月14日(土)
 作成者:小沢栄三(Ben)、安藤奈津(Ann)、F・恭子、幸田幸
 ファイル作成して、〔textreview〕の2016年フォルダに格納
◆映画データと解説とWikipedia欄作成:2017年1月14日(土)
◆フィルモグラフィー&トリビアの調査:2017年1月14日(土)
◆フィルモグラフィー&トリビア修正・追記:2017年1月14日(土)
◆<もっと詳しく>の日本語訳(ネタバレ満開)ファイル作成:2017年1月14日(土)
★ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち@映画の森てんこ森チャート作成とWEBアップは映画『 ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち (2016) MISS PEREGRINE'S HOME FOR PECULIAR CHILDREN 』公開2017年2月3日(金)の前

| ←前の閲覧ページに戻る |▲TOP | ▲予告編 | ▲目次 |
映画の森てんこ森代表:幸田幸
coda_sati@hotmail.com
「映画の森てんこ森」へ 「旅行の森てんこ森」へ
映画解説・レヴュータイトル一覧表へ
映画の森てんこ森 バナー03

映画の森てんこ森 coda21幸田幸 クレジット バナー01
幸のイタリア各都市情報へ
旅行の森てんこ森 バナー03
136x70
本サイトの作文、データ及び画像などのコンテンツの無断転用はお控え下さい。
貴サイトへの御掲載についてはメールにてお知らせ頂ければ幸いです。
© 2002-2017 Sachi CODA at Eigano-Mori Tenko-Mori, CODA21. All Rights Reserved.



borocsoborocso  at 12:00 この記事をクリップ! 

ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたちのキャスト@映画の森てんこ森

ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたちのキャスト@映画の森てんこ森
表紙目次映画解説タイトル一覧 | 幸のネタバレ映画 | 幸のカスタムカー |
 映画の森てんこ森■映画キャスト
ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたちのキャスト@映画の森てんこ森ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたちのキャスト
ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち (2016) MISS PEREGRINE'S HOME FOR PECULIAR CHILDREN
MISS PEREGRINE'S HOME FOR PECULIAR CHILDREN
※クリックでYouTube『ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち MISS PEREGRINE'S HOME FOR PECULIAR CHILDREN』予告編へ
画像にポインタを置くと別のスライドショーが見れます※画像上マウスオーバーで『ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち MISS PEREGRINE'S HOME FOR PECULIAR CHILDREN』ネタバレのスライドショーへ
▲上のスライドショーを初めから見る
▲ネタバレのスライドショーを見てみる
画像クリックで本予告編YouTube版が見れます。
ここをクリックで別の予告編YouTube版が見れます。
ここをクリックで日本語の予告編YouTube版が見れます。
※予告編はYouTube「リンク」モードで掲載。
Trailer Courtesy of Twentieth Century Fox Film Corporation

(C)2016 Twentieth Century Fox Film Corporation.
| 「映画の森てんこ森」表紙 | 新作映画Top | タイトル一覧 | 本ページ更新 |
■ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたちのキャスト
以下は、映画『 ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち (2016) MISS PEREGRINE'S HOME FOR PECULIAR CHILDREN 』のキャストのリストです。
★映画『ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち』(画面切替)の詳しい情報はこちらをクリック⇒

【映画『ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち』のキャスト <cast>】
※主なキャストのフィルモグラフィーはこちらから⇒
役名(俳優名)
ミス・アルマ・ルフェイ・ペレグリン(エヴァ・グリーン)
ジェイコブ・‘ジェイク’・ポートマン(エイサ・バターフィールド)
バロン(サミュエル・L・ジャクソン)
ミス・エスメラルダ・アヴォセット(ジュディ・デンチ)
鳥類学者ジョン・レモン(ルパート・エヴェレット)
ドクター・ゴラン(アリソン・ジャネイ)
ジェイクの祖父エイブラハム・‘エイブ’・ポートマン(テレンス・スタンプ)
ジェイクの父フランクリン・ポートマン(クリス・オダウド)
ジェイクの母マリアン・ポートマン(キム・ディケンズ)
エマ・ブルーム(エラ・パーネル)
イーノック・オコナー(フィンレイ・マクミラン)
オリーヴ・アブロホロス・エレファンタ(ローレン・マクロスティ)
ホレース・ソムヌソン(ヘイデン・キーラー=ストーン)
フィオナ・フルーアンフェルド(ジョージア・ペンバートン)
ヒュー・アピストン(マイロ・パーカー)
クレア・デンズモア(ラフィエラ・チャップマン)
ブロンウィン・ブラントリー(ピクシー・デイヴィス)
覆面をした双子(ジョセフ・オッドウェル)
覆面をした双子(トーマス・オッドウェル)
ミラード・ナリングズ(キャメロン・キング)
ヴィクター・ブラントリー(ルイス・デイヴィソン)
シェリー(オーラン・ジョーンズ)
10歳のジェイク(エイデン・フラワーズ)
6歳のジェイク(ニコラス・オテリ)
ミス・エドワーズ(ヘレン・デイ)
アーチャー氏(フィリップ・フィルマー)
クラーク氏(ジャック・ブレイディ)
グリーソン氏(スコット・ハンディ)
スージー伯母さん(ジェニファー・ジャラカス)
ボビー伯父さん(ジョージ・ブリコス)
ジュディ伯母さん(ブルック・ジェイ・テイラー)
一番かわいいティーンエイジャー男子(キャメロン・グレコ)
一番かわいいティーンエイジャー女子(エラ・ワーレステット)
40年代のバーテンダー(ニコラス・マゴーヒー)
小島の農夫(ダヴィッズ・ハウェル)
婦人警官(バドリア・ティミミ)
バロンの裏切り者(ジュリー・イーグルトン)
埠頭労働者/走っている父子(ディノ・ファッツァーニ)
アトラクションでの通行人(ティム・バートン)

 ・・・もっと詳しいキャストはこちらから⇒


※キャスト・キャスト及び登場人物の呼称が正確でない場合がありますのでご了承ください。
※参考資料:『MISS PEREGRINE'S HOME FOR PECULIAR CHILDREN』-IMDb、映画『ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち』-Wikipedia、『MISS PEREGRINE'S HOME FOR PECULIAR CHILDREN』-Wikipedia英語版、『ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち』EPK、公式サイト
| ←前の閲覧ページに戻る |▲TOP | ▲目次 |
映画の森てんこ森代表:幸田幸
coda_sati@hotmail.com
「映画の森てんこ森」へ 「旅行の森てんこ森」へ
映画解説・レヴュータイトル一覧表へ
映画の森てんこ森 バナー03

映画の森てんこ森 coda21幸田幸 クレジット バナー01
幸のイタリア各都市情報へ
旅行の森てんこ森 バナー03
136x70
本サイトの作文、データ及び画像などのコンテンツの無断転用はお控え下さい。
貴サイトへの御掲載についてはメールにてお知らせ頂ければ幸いです。
© 2002-2017 Sachi CODA at Eigano-Mori Tenko-Mori, CODA21. All Rights Reserved.



borocsoborocso  at 12:00 この記事をクリップ! 

ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたちのスタッフ@映画の森てんこ森

ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたちのスタッフ@映画の森てんこ森
表紙目次映画解説タイトル一覧 | 幸のネタバレ映画 | 幸のカスタムカー |
 映画の森てんこ森■映画スタッフ
ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたちのスタッフ@映画の森てんこ森ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたちのスタッフ
ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち (2016) MISS PEREGRINE'S HOME FOR PECULIAR CHILDREN
MISS PEREGRINE'S HOME FOR PECULIAR CHILDREN
※クリックでYouTube『ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち MISS PEREGRINE'S HOME FOR PECULIAR CHILDREN』予告編へ
画像にポインタを置くと別のスライドショーが見れます※画像上マウスオーバーで『ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち MISS PEREGRINE'S HOME FOR PECULIAR CHILDREN』ネタバレのスライドショーへ
▲上のスライドショーを初めから見る
▲ネタバレのスライドショーを見てみる
画像クリックで本予告編YouTube版が見れます。
ここをクリックで別の予告編YouTube版が見れます。
ここをクリックで日本語の予告編YouTube版が見れます。
※予告編はYouTube「リンク」モードで掲載。
Trailer Courtesy of Twentieth Century Fox Film Corporation

(C)2016 Twentieth Century Fox Film Corporation.
| 「映画の森てんこ森」表紙 | 新作映画Top | タイトル一覧 | 本ページ更新 |
■ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたちのスタッフとキャスト
以下は、映画『 ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち (2016) MISS PEREGRINE'S HOME FOR PECULIAR CHILDREN 』の製作スタッフのリストです。
★映画『ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち』(画面切替)の詳しい情報はこちらをクリック⇒

【映画『ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち』のスタッフ <crew>】
※主なスタッフのフィルモグラフィーはこちらから⇒
監督:ティム・バートン Tim Burton
原作:ランサム・リグズ Ransom Riggs 『ハヤブサが守る家』(東京創元社刊)
脚本:ジェーン・ゴールドマン Jane Goldman
製作:ピーター・チャーニン Peter Chernin
   ジェンノ・トッピング Jenno Topping
製作総指揮:カッテルリ・フラウエンフェルダー Katterli Frauenfelder
   デレク・フレイ Derek Frey
   ナイジェル・ゴストゥロウ Nigel Gostelow
   イヴァナ・ロンバルディ Ivana Lombardi
音楽:マイク・ハイアム Michael Higham
   マシュー・マージェソン Matthew Margeson
撮影:ブリュノ・デルボネル Bruno Delbonnel
編集:クリス・レベンゾン Chris Lebenzon
プロダクションデザイン:ギャヴィン・ボケット Gavin Bocquet
衣装デザイン:コリーン・アトウッド Colleen Atwood
視覚効果監修:フレイザー・チャーチル Frazer Churchill
   ディネッシュ・K・ビシュノイ Dinesh K. Bishnoi
   スコット・ミッチェル Scott Mitchell

 ・・・もっと詳しいスタッフはこちらから⇒


※スタッフ・キャスト及び登場人物の呼称が正確でない場合がありますのでご了承ください。
※参考資料:『MISS PEREGRINE'S HOME FOR PECULIAR CHILDREN』-IMDb、映画『ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち』-Wikipedia、『MISS PEREGRINE'S HOME FOR PECULIAR CHILDREN』-Wikipedia英語版、『ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち』EPK、公式サイト
| ←前の閲覧ページに戻る |▲TOP | ▲目次 |
映画の森てんこ森代表:幸田幸
coda_sati@hotmail.com
「映画の森てんこ森」へ 「旅行の森てんこ森」へ
映画解説・レヴュータイトル一覧表へ
映画の森てんこ森 バナー03

映画の森てんこ森 coda21幸田幸 クレジット バナー01
幸のイタリア各都市情報へ
旅行の森てんこ森 バナー03
136x70
本サイトの作文、データ及び画像などのコンテンツの無断転用はお控え下さい。
貴サイトへの御掲載についてはメールにてお知らせ頂ければ幸いです。
© 2002-2017 Sachi CODA at Eigano-Mori Tenko-Mori, CODA21. All Rights Reserved.



borocsoborocso  at 12:00 この記事をクリップ! 

映画『沈黙 -サイレンス-』あらすじ@映画の森てんこ森

映画『沈黙 -サイレンス-』あらすじ@映画の森てんこ森
表紙目次映画解説タイトル一覧 | 幸のネタバレ映画 | 幸のカスタムカー |
 ■映画ネタバレ/映画『沈黙 -サイレンス-』あらすじ
映画『沈黙 -サイレンス-』あらすじ@映画の森てんこ森 by 幸田幸沈黙 -サイレンス- (2016)
SILENCE
| 「映画の森てんこ森」表紙 | 新作映画Top | タイトル一覧 | 本ページ更新 |
映画『沈黙 -サイレンス-』あらすじ
ネタバレ注意<映画『沈黙 -サイレンス-』あらすじ>@映画の森てんこ森
ストーリー展開の前知識やネタバレがお好みでない方は、読まないで下さい。
■映画『沈黙 -サイレンス-』あらすじ@映画の森てんこ森
 GoogleやYahoo!の検索エンジンで、映画の森てんこ森のネタバレファイルをお探しの場合は、
ネタバレ 沈黙 -サイレンス->又は
沈黙 -サイレンス- ネタバレ>と入力してください。

【『沈黙 -サイレンス-』ネタバレ】
ネタバレご注意:以下の<映画『沈黙 -サイレンス-』あらすじ@映画の森てんこ森>のあらすじ・ストーリー・結末にはネタバレが含まれています。映画『 沈黙 -サイレンス- (2016) SILENCE 』をまだご覧になっていない方は、どうかネタバレにご注意ください。
 Warning!Plot synopsis, storyline and story-end items below here contain information that may give away important plot points. You may not want to read any further if you've not already seen this title.

★映画『沈黙 -サイレンス-』公開情報
 2017年1月21日(土)より、全国ロードショー!!
 ※日本配給情報:劇場公開(KADOKAWA)


<映画『沈黙 -サイレンス-』あらすじ@映画の森てんこ森>の仕切り線

▼▼▼映画『沈黙 -サイレンス-』あらすじ▼▼▼

【沈黙 -サイレンス-/あらすじ結末までネタバレ満開 第01段落】
 映画『 沈黙 -サイレンス- (2016) SILENCE 』の始まりは、暗闇の中、コオロギの鳴き声など自然界人間界の諸々の音が聞こえて、タイトルと同時にそれが静寂に変わる。“沈黙”だ。

【沈黙 -サイレンス-/あらすじ結末までネタバレ満開 第02段落】
 クリストヴァン・フェレイラ(リーアム・ニーソン:『 テッド2 (2015) TED 2 』等)はポルトガル人の高名な神学者にしてイエズス会の教父、宣教師で、日本で布教中である。フェレイラがある光景を見ながらナレーションする。

【沈黙 -サイレンス-/あらすじ結末までネタバレ満開 第03段落】
 日本人の男たち(井川哲也ら)が、やはり日本人の男たちに、山腹で拷問を受けているシーン。裸体にされた男たちは温泉からの熱湯で火傷にされ、それも、拷問が余計に酷くなるよう熱湯が飛び散るように穴を開けた柄杓を使ってだ。それから男たちは木の杭にくぎで打ちつけられる。

【沈黙 -サイレンス-/あらすじ結末までネタバレ満開 第04段落】
 17世紀の日本。1614年に徳川家康の禁教令によってキリスト教信仰は禁止され、1637年の島原の乱からは幕府に徹底的なキリスト教禁止、キリシタン(カトリック信徒)取り締まりが行われた。

【沈黙 -サイレンス-/あらすじ結末までネタバレ満開 第05段落】
 それでもキリスト教の信仰を捨てなかった“隠れキリシタン・潜伏キリシタン”がこの者達である。彼らは幕府に服従せず自己の信念を貫いて殉教者としてこうして死んでいくのを幸せと感じる者もいる、とフェレイラは語る。

【沈黙 -サイレンス-/あらすじ結末までネタバレ満開 第06段落】
 舞台は1637年。海外の修道院ではアレッサンドロ・ヴァリニャーノ院長(キーラン・ハインズ:『 ウーマン・イン・ブラック 亡霊の館 (2012) THE WOMAN IN BLACK 』等)が若きイエズス会司祭二人にフェレイラからの手紙を読み聞かせている。

【沈黙 -サイレンス-/あらすじ結末までネタバレ満開 第07段落】
 リーアム・ニーソン扮するフェレイラが拷問の末に棄教し (=信仰を捨て)て見合結婚して日本に住んでいるという、恐らくフェレイラ自身からの最後の肉筆の便りである。

【沈黙 -サイレンス-/あらすじ結末までネタバレ満開 第08段落】
 聞いていたセバスチャン・ロドリゴ(アンドリュー・ガーフィールド:『 アメイジング・スパイダーマン2 (2014) THE AMAZING SPIDER-MAN 2 』等)とフランシス・ガルペ(アダム・ドライヴァー:『 リンカーン (2012) LINCOLN 』等)というポルトガル人のイエズス会司祭二人。

【沈黙 -サイレンス-/あらすじ結末までネタバレ満開 第09段落】
 ロドリゴとガルペはそれを聞いて驚き、信じられない思いだ。何故なら彼らの指導者フェレイラはそれはそれは信心深く、影響力の強かった宗教人だったからだ。フェレイラの弟子にあたるロドリゴとガルペはフェレイラの真実を知り汚名を晴らすために日本へ向かうことに。

【沈黙 -サイレンス-/あらすじ結末までネタバレ満開 第10段落】
 しかし1637年の日本はキリシタン取り締まりが幕府により徹底され、クリスチャンが日本に入国するのは許されない。そこで、中国人商人チュン氏(シー・リアン 石涼:『 ブラックハット (2015) BLACKHAT 』等)の伝手でマカオから中国船を手配してもらう。

【沈黙 -サイレンス-/あらすじ結末までネタバレ満開 第11段落】
 キチジロー(窪塚洋介:オーディションでキチジロー役を勝ち取りハリウッドデビュー)という日本人が案内役だが、ボロ着で船底で酔っぱらっているこの男、大丈夫なのか。

【沈黙 -サイレンス-/あらすじ結末までネタバレ満開 第12段落】
 キチジローは自らはキリシタンでないと主張し、隠れキリシタンのいる所へ案内する、と約束する。でも航海中、キチジローが祈祷文を呟いているのをロドリゴとガルペは耳にし、キリシタンなのかと尋ねるとキチジローは否定するのだ。

【沈黙 -サイレンス-/あらすじ結末までネタバレ満開 第13段落】
 ロドリゴとガルペとキチジローは遂に日本の長崎に到着し、潜入した。キチジローは村でモキチ(塚本晋也)やイチゾウ(笈田ヨシ)と妻(播田美保)らキリシタンの人々を探し出して、その人達がロドリゴとガルペを隠れ家へ案内する。山腹まで登ったキリシタンの里トモギ村だ。

【沈黙 -サイレンス-/あらすじ結末までネタバレ満開 第14段落】
 ロドリゴとガルペは掘立小屋の隠れ家の中に身を潜めているよう言われる。合図は、誰かキリシタンが来て中の人に出てきてほしい場合は、杖で二回入り口を叩く。そうしない訪問者の場合は、床下の密室に素早く隠れること。

【沈黙 -サイレンス-/あらすじ結末までネタバレ満開 第15段落】
 トモギ村の人達(PANTA、松永拓野、片桐はいり、山田将之、美知枝、伊佐山ひろ子、森川恵古ら)はカトリックの司祭が長い間いない暮らしをしてきたから、ロドリゴとガルペはじっくりと話を聞かせる。

【沈黙 -サイレンス-/あらすじ結末までネタバレ満開 第16段落】
 隠れキリシタン達は、ロドリゴとガルペが日本語を話さず、言っていることが分からなくても、告解する。クリスチャンは偶像崇拝が禁止されているため、ロドリゴは自分で作った十字架を上げる。

【沈黙 -サイレンス-/あらすじ結末までネタバレ満開 第17段落】
 また、ロザリオ(カトリック信者が祈りの回数を数えるのに用いる数珠)をバラバラにして、一粒ずつを信者に上げた。しかしキチジローは受け取りを拒んだ。実はキチジローは嘗てはキリシタンだったのだが、死を免れるため信仰を捨てたのだ。

【沈黙 -サイレンス-/あらすじ結末までネタバレ満開 第18段落】
 回想シーン。キチジローの家族がキリシタンだと宣告されて人質にされた。父親キチゾウ(佐藤累央)、母親ナカ(洞口依子)、兄キチタ(藤原季節)、姉か妹タエ(石坂友里)、妹ヒサ(佐藤玲)は踏み絵を踏まされるが、踏まなかった。

【沈黙 -サイレンス-/あらすじ結末までネタバレ満開 第19段落】
 キリスト教徒と見分けられてしまったキチジローの家族は火刑柱に括りつけられて焼き殺されてしまった。キチジロー一人が踏み絵を踏んで死を免れたのである。信仰を裏切った、というわけで、キチジローは自分はキリシタンではないと考えているのだ。

【沈黙 -サイレンス-/あらすじ結末までネタバレ満開 第20段落】
 ところで、ロドリゴとガルペはトモギ村のあばら家の中でひっそりと隠れて暮らしているが、危険は承知で遂に外に出てしまう。すると、丘の麓から見上げている人々が。二人は隠れ家に急いで戻って床下で息をひそめた。玄関で呼び声がある。 ・・・続く

▲TOPへ

◆ここからは、結末まで書いてネタバレしていますので、ストーリー全体が分ります。御注意下さい。
 ATTN: This review reveals the movie content. Please don't say that I didn't say !


★以下のネタバレ日本語訳は、映画『沈黙 -サイレンス-』の公開日2017年1月21日(土)の翌日、又は翌日以降に公開予定ですが、映画をご覧になる前に、前もって<ストーリー/あらすじ/結末までの完全ネタバレ日本語版>をお読みになりたい方は、以下をクリックしてください。

 ・・・続きは、1/18公開<ネタバレ映画/沈黙 -サイレンス->をお読みください⇒(画面入替表示)


【感謝とお願い】多くの皆様にこのネタバレコーナーにアクセス頂き、ありがとうございますm(__)m
 GoogleやYahoo!の検索エンジンで、映画の森てんこ森のネタバレファイルをお探しの場合は
ネタバレ 沈黙 -サイレンス->又は
沈黙 -サイレンス- ネタバレ>と入力してください。

 もしクリックしてもネタバレファイルにジャンプしない場合は、映画会社や配給会社への配慮として、まだリンクを貼っていない期間です。リクエスト・メールが多い場合は(お返事は出せませんが)、タイミングを見計らって、映画公開一週間前にはアップしますので、どうかご了承ください。
以上。


※参考資料:映画『沈黙 -サイレンス-』-Wikipedia、『SILENCE』-Wikipedia英語版、『SILENCE』-IMDb、『沈黙 -サイレンス-』EPK、公式サイト
| ←前の閲覧ページに戻る |▲TOP | ▲目次 |
映画の森てんこ森代表:幸田幸
coda_sati@hotmail.com
「映画の森てんこ森」へ 「旅行の森てんこ森」へ
映画解説・レヴュータイトル一覧表へ
映画の森てんこ森 バナー03

映画の森てんこ森 coda21幸田幸 クレジット バナー01
幸のイタリア各都市情報へ
旅行の森てんこ森 バナー03
136x70
本サイトの作文、データ及び画像などのコンテンツの無断転用はお控え下さい。
貴サイトへの御掲載についてはメールにてお知らせ頂ければ幸いです。
© 2002-2017 Sachi CODA at Eigano-Mori Tenko-Mori, CODA21. All Rights Reserved.



borocsoborocso  at 12:00 この記事をクリップ! 

沈黙 -サイレンス-のキャスト@映画の森てんこ森

沈黙 -サイレンス-のキャスト@映画の森てんこ森
表紙目次映画解説タイトル一覧 | 幸のネタバレ映画 | 幸のカスタムカー |
 映画の森てんこ森■映画キャスト
沈黙 -サイレンス-のキャスト@映画の森てんこ森沈黙 -サイレンス-のキャスト
沈黙 -サイレンス- (2016) SILENCE
SILENCE
※クリックでYouTube『沈黙 -サイレンス- SILENCE』予告編へ
画像にポインタを置くと別のスライドショーが見れます※画像上マウスオーバーで『沈黙 -サイレンス- SILENCE』ネタバレのスライドショーへ
▲上のスライドショーを初めから見る
▲ネタバレのスライドショーを見てみる
画像クリックで本予告編YouTube版が見れます。
ここをクリックで別の予告編YouTube版が見れます。
ここをクリックで日本語の予告編YouTube版が見れます。
※予告編はYouTube「リンク」モードで掲載。
Trailer Courtesy of Paramount Pictures

(C) 2016 PARAMOUNT PICTURES. ALL RIGHTS RESERVED.
| 「映画の森てんこ森」表紙 | 新作映画Top | タイトル一覧 | 本ページ更新 |
■沈黙 -サイレンス-のキャスト
以下は、映画『 沈黙 -サイレンス- (2016) SILENCE 』のキャストのリストです。
★映画『沈黙 -サイレンス-』(画面切替)の詳しい情報はこちらをクリック⇒

【映画『沈黙 -サイレンス-』のキャスト <cast>】
※主なキャストのフィルモグラフィーはこちらから⇒
役名(俳優名)
セバスチャン・ロドリゴ(アンドリュー・ガーフィールド)
フランシス・ガルペ(アダム・ドライヴァー)
クリストヴァン・フェレイラ(リーアム・ニーソン)
通詞(浅野忠信)
アレッサンドロ・ヴァリニャーノ院長(キーラン・ハインズ)
井上筑後守(イッセー尾形)
モキチ(塚本晋也)
イチゾウ(笈田ヨシ)
キチジロー(窪塚洋介)
雲仙の侍ウネメ(遠藤かおる)
聖アウグスティヌスの修道院に属するカトリック修道士の囚人(ディエゴ・カルデロン)
修道士の囚人(ラファエル・ケイディング)
修道士の囚人(マシュー・ブレイク)
修道士の囚人(ブノワ・マッセ)
日本人イエズス会信者の囚人(井川哲也)
中国人商人チュン氏(シー・リアン 石涼)
トモギ村の住人ヨヘイ(PANTA)
トモギ村の住人トウキチ(松永拓野)
イチゾウの妻トミ(播田美保)
トモギ村の女性ツネ(片桐はいり)
トモギ村の夫カスケ(山田将之)
トモギ村の主婦ミツ(美知枝)
トモギ村の女性ヒロ(伊佐山ひろ子)
五島列島の男性クロ(三島ゆたか)
五島列島の男性ハク(竹嶋康成)
火刑柱のキチジローの妹タエ(石坂友里)
キチジローの妹ヒサ(佐藤玲)
キチジローの父親キチゾウ(佐藤累央)
キチジローの母親ナカ(洞口依子)
キチジローの兄キチタ(藤原季節)
五島列島の泳ぎ人(横内直人)
五島列島の老人モスケ(江藤漢斉)
奉行(菅田俊)
トモギ村の人質ヤハチ(尾崎一彦)
隠れキリシタンの村人モニカことハル(小松菜奈)
隠れキリシタンの村人フアンことチョーキチ(加瀬亮)
キリシタンの囚人トベイ(寺井文孝)
キリシタンの囚人キク(大島葉子)
キリシタンの囚人マタイチ(西岡秀記)
井上筑後守の付き人(藤田興宣)
罵る男(福田信昭)
看守(青木崇高)
侍(SABU)
看守(渡辺哲)
行刑官(EXILEのAKIRA)
浜の侍(田島俊弥)
浜の侍(北岡龍貴)
高齢の僧侶(中村嘉葎雄)
大男(高山善廣)
看守(斎藤歩)
ディーター・アルブレヒト(ベラ・バプティスト)
ロドリゴの妻(黒沢あすか)

 ・・・もっと詳しいキャストはこちらから⇒


※キャスト・キャスト及び登場人物の呼称が正確でない場合がありますのでご了承ください。
※参考資料:『SILENCE』-IMDb、映画『沈黙 -サイレンス-』-Wikipedia、『SILENCE』-Wikipedia英語版、『沈黙 -サイレンス-』EPK、公式サイト
| ←前の閲覧ページに戻る |▲TOP | ▲目次 |
映画の森てんこ森代表:幸田幸
coda_sati@hotmail.com
「映画の森てんこ森」へ 「旅行の森てんこ森」へ
映画解説・レヴュータイトル一覧表へ
映画の森てんこ森 バナー03

映画の森てんこ森 coda21幸田幸 クレジット バナー01
幸のイタリア各都市情報へ
旅行の森てんこ森 バナー03
136x70
本サイトの作文、データ及び画像などのコンテンツの無断転用はお控え下さい。
貴サイトへの御掲載についてはメールにてお知らせ頂ければ幸いです。
© 2002-2017 Sachi CODA at Eigano-Mori Tenko-Mori, CODA21. All Rights Reserved.



borocsoborocso  at 12:00 この記事をクリップ! 

沈黙 -サイレンス-のスタッフ@映画の森てんこ森

沈黙 -サイレンス-のスタッフ@映画の森てんこ森
表紙目次映画解説タイトル一覧 | 幸のネタバレ映画 | 幸のカスタムカー |
 映画の森てんこ森■映画スタッフ
沈黙 -サイレンス-のスタッフ@映画の森てんこ森沈黙 -サイレンス-のスタッフ
沈黙 -サイレンス- (2016) SILENCE
SILENCE
※クリックでYouTube『沈黙 -サイレンス- SILENCE』予告編へ
画像にポインタを置くと別のスライドショーが見れます※画像上マウスオーバーで『沈黙 -サイレンス- SILENCE』ネタバレのスライドショーへ
▲上のスライドショーを初めから見る
▲ネタバレのスライドショーを見てみる
画像クリックで本予告編YouTube版が見れます。
ここをクリックで別の予告編YouTube版が見れます。
ここをクリックで日本語の予告編YouTube版が見れます。
※予告編はYouTube「リンク」モードで掲載。
Trailer Courtesy of Paramount Pictures

(C) 2016 PARAMOUNT PICTURES. ALL RIGHTS RESERVED.
| 「映画の森てんこ森」表紙 | 新作映画Top | タイトル一覧 | 本ページ更新 |
■沈黙 -サイレンス-のスタッフとキャスト
以下は、映画『 沈黙 -サイレンス- (2016) SILENCE 』の製作スタッフのリストです。
★映画『沈黙 -サイレンス-』(画面切替)の詳しい情報はこちらをクリック⇒

【映画『沈黙 -サイレンス-』のスタッフ <crew>】
※主なスタッフのフィルモグラフィーはこちらから⇒
【映画『沈黙 -サイレンス-』のスタッフ】
監督:マーティン・スコセッシ Martin Scorsese
原作:遠藤周作 Shusaku Endo 『沈黙』(新潮文庫刊)
脚本:マーティン・スコセッシ Martin Scorsese
   ジェイ・コックス Jay Cocks
製作:ランドール・エメット Randall Emmett
製作総指揮:ブラント・アンダーセン Brandt Andersen
   マイケル・バーンズ Michael Barnes
   ポール・ブルールズ Paul Breuls
   ウェイン・マーク・ゴッドフリー Wayne Marc Godfrey
   ニコラス・カザン Nicholas Kazan
   ジャンニ・ヌナリ Gianni Nunnari
   チャド・A・ヴェルディ Chad A. Verdi
   ミシェル・ヴェルディ Michelle Verdi
音楽:キャスリン・クルージ Kathryn Kluge
   キム・アレン・クルージ Kim Allen Kluge
撮影:ロドリゴ・プリエト Rodrigo Prieto
編集:セルマ・スクーンメイカー Thelma Schoonmaker
プロダクションデザイン:ダンテ・フェレッティ Dante Ferretti
衣装デザイン:ダンテ・フェレッティ Dante Ferretti
視覚効果監修:パブロ・ヘルマン Pablo Helman
   ジェイソン・H・スネル Jason H. Snell

 ・・・もっと詳しいスタッフはこちらから⇒


※スタッフ・キャスト及び登場人物の呼称が正確でない場合がありますのでご了承ください。
※参考資料:『SILENCE』-IMDb、映画『沈黙 -サイレンス-』-Wikipedia、『SILENCE』-Wikipedia英語版、『沈黙 -サイレンス-』EPK、公式サイト
| ←前の閲覧ページに戻る |▲TOP | ▲目次 |
映画の森てんこ森代表:幸田幸
coda_sati@hotmail.com
「映画の森てんこ森」へ 「旅行の森てんこ森」へ
映画解説・レヴュータイトル一覧表へ
映画の森てんこ森 バナー03

映画の森てんこ森 coda21幸田幸 クレジット バナー01
幸のイタリア各都市情報へ
旅行の森てんこ森 バナー03
136x70
本サイトの作文、データ及び画像などのコンテンツの無断転用はお控え下さい。
貴サイトへの御掲載についてはメールにてお知らせ頂ければ幸いです。
© 2002-2017 Sachi CODA at Eigano-Mori Tenko-Mori, CODA21. All Rights Reserved.



borocsoborocso  at 12:00 この記事をクリップ! 

映画『アンダーワールド ブラッド・ウォーズ』あらすじ@映画の森てんこ森

映画『アンダーワールド ブラッド・ウォーズ』あらすじ@映画の森てんこ森
表紙目次映画解説タイトル一覧 | 幸のネタバレ映画 | 幸のカスタムカー |
 ■映画ネタバレ/映画『アンダーワールド ブラッド・ウォーズ』あらすじ
映画『アンダーワールド ブラッド・ウォーズ』あらすじ@映画の森てんこ森 by 幸田幸アンダーワールド ブラッド・ウォーズ (2016)
UNDERWORLD: BLOOD WARS
| 「映画の森てんこ森」表紙 | 新作映画Top | タイトル一覧 | 本ページ更新 |
映画『アンダーワールド ブラッド・ウォーズ』あらすじ
ネタバレ注意<映画『アンダーワールド ブラッド・ウォーズ』あらすじ>@映画の森てんこ森
ストーリー展開の前知識やネタバレがお好みでない方は、読まないで下さい。
■映画『アンダーワールド ブラッド・ウォーズ』あらすじ@映画の森てんこ森
 GoogleやYahoo!の検索エンジンで、映画の森てんこ森のネタバレファイルをお探しの場合は、
ネタバレ アンダーワールド ブラッド・ウォーズ>又は
アンダーワールド ブラッド・ウォーズ ネタバレ>と入力してください。

【『アンダーワールド ブラッド・ウォーズ』ネタバレ】
ネタバレご注意:以下の<映画『アンダーワールド ブラッド・ウォーズ』あらすじ@映画の森てんこ森>のあらすじ・ストーリー・結末にはネタバレが含まれています。映画『 アンダーワールド ブラッド・ウォーズ (2016) UNDERWORLD: BLOOD WARS 』をまだご覧になっていない方は、どうかネタバレにご注意ください。
 Warning!Plot synopsis, storyline and story-end items below here contain information that may give away important plot points. You may not want to read any further if you've not already seen this title.

★映画『アンダーワールド ブラッド・ウォーズ』公開情報
 2017年1月7日(土)より、全国ロードショー!!
 ※日本配給情報:劇場公開(ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント)


<映画『アンダーワールド ブラッド・ウォーズ』あらすじ@映画の森てんこ森>の仕切り線

▼▼▼映画『アンダーワールド ブラッド・ウォーズ』あらすじ▼▼▼

【アンダーワールド ブラッド・ウォーズ/あらすじ結末までネタバレ満開 第01段落】
 本映画『 アンダーワールド ブラッド・ウォーズ (2016) UNDERWORLD: BLOOD WARS 』は、第1作『 アンダーワールド (2003) UNDERWORLD 』、第2作『 アンダーワールド:エボリューション (2006) UNDERWORLD: EVOLUTION 』、第3作『 アンダーワールド:ビギンズ (2009) UNDERWORLD: RISE OF THE LYCANS 』、第4作『 アンダーワールド 覚醒 (2012) UNDERWORLD AWAKENING 』の続編で第5作。

【アンダーワールド ブラッド・ウォーズ/あらすじ結末までネタバレ満開 第02段落】
 『 アンダーワールド ブラッド・ウォーズ (2016) UNDERWORLD: BLOOD WARS 』は米国ではワーキングタイトルが『Underworld 5』とか『Underworld: Next Generation』と呼ばれ、『Underworld: Next Generation』がオリジナルタイトルだった。

【アンダーワールド ブラッド・ウォーズ/あらすじ結末までネタバレ満開 第03段落】
 タイトな黒革のコスチュームに身を包み敵に立ち向かう孤高のヒロインを妖艶に演じるヴァンパイアの女戦士セリーン役のケイト・ベッキンセイル(『 トータル・リコール (2012) TOTAL RECALL 』等)は健在。

【アンダーワールド ブラッド・ウォーズ/あらすじ結末までネタバレ満開 第04段落】
 女性アクションものでは最近では『 バイオハザード:ザ・ファイナル (2016) RESIDENT EVIL: THE FINAL CHAPTER 』のアリス役ミラ・ジョヴォヴィッチといい勝負!因みに、『アンダーワールド〜』(2017年1月6日全米公開)と『バイオハザード〜』(2017年1月27日全米公開)が本国アメリカで同年同月に公開されるのは初めてのことだそうだ。

【アンダーワールド ブラッド・ウォーズ/あらすじ結末までネタバレ満開 第05段落】
 映画『アンダーワールド ブラッド・ウォーズ』は日米ほぼ同時公開で、米国封切は日本の1月7日より僅か一日早いだけなので、いつものように先に米国公開されてネタバレを書く、ということができません。ですから、海外の封切り前の諸情報を調べて纏めます。

【アンダーワールド ブラッド・ウォーズ/あらすじ結末までネタバレ満開 第06段落】
 セリーン(ケイト・ベッキンセイル:『 ヴァン・ヘルシング (2004) VAN HELSING 』等)は長老殺しの罪によりヴァンパイアの同胞から追放され逃亡し続けている。また、不死になるためセリーンの血を求めるライカン族からも逃げ続けている身だ。デビッド(テオ・ジェームズ:『 ダイバージェント (2014) DIVERGENT 』等)は逃げるセリーンを追跡して、こう言い含める。

【アンダーワールド ブラッド・ウォーズ/あらすじ結末までネタバレ満開 第07段落】
 東部地方の魔女の集会を訪れて、ライカン族の新リーダーのマリウスの邁進を止めろ、と。マリウスはセリーンの混血種の娘イヴ(インディア・アイズリー:オリヴィア・ハッセーの娘)を探しているし、混血種マイケルをどうも殺したようなのだ。

【アンダーワールド ブラッド・ウォーズ/あらすじ結末までネタバレ満開 第08段落】
 混血種マイケル役は、これまでの『 アンダーワールド UNDERWORLD』シリーズ三作や『 死ぬまでにしたい10のこと (2003) MY LIFE WITHOUT ME 』『 デュエット (2000) DUETS 』等のスコット・スピードマン Scott Speedmanに代わりトレント・ギャレットになった。スコット・スピードマンのファンは継続を願っているが、本人は辞退している。 ・・・続く

▲TOPへ

◆ここからは、結末まで書いてネタバレしていますので、ストーリー全体が分ります。御注意下さい。
 ATTN: This review reveals the movie content. Please don't say that I didn't say !


★以下のネタバレ日本語訳は、映画『アンダーワールド ブラッド・ウォーズ』の公開日2017年1月7日(土)の翌日、又は翌日以降に公開予定ですが、映画をご覧になる前に、前もって<ストーリー/あらすじ/結末までの完全ネタバレ日本語版>をお読みになりたい方は、以下をクリックしてください。

 ・・・続きは、元日1/1公開<ネタバレ映画/アンダーワールド ブラッド・ウォーズ>をお読みください⇒(画面入替表示)


【感謝とお願い】多くの皆様にこのネタバレコーナーにアクセス頂き、ありがとうございますm(__)m
 GoogleやYahoo!の検索エンジンで、映画の森てんこ森のネタバレファイルをお探しの場合は
ネタバレ アンダーワールド ブラッド・ウォーズ>又は
アンダーワールド ブラッド・ウォーズ ネタバレ>と入力してください。

 もしクリックしてもネタバレファイルにジャンプしない場合は、映画会社や配給会社への配慮として、まだリンクを貼っていない期間です。リクエスト・メールが多い場合は(お返事は出せませんが)、タイミングを見計らって、映画公開一週間前にはアップしますので、どうかご了承ください。
以上。


※参考資料:映画『アンダーワールド ブラッド・ウォーズ』-Wikipedia、『UNDERWORLD: BLOOD WARS』-Wikipedia英語版、『UNDERWORLD: BLOOD WARS』-IMDb、『アンダーワールド ブラッド・ウォーズ』EPK、公式サイト
| ←前の閲覧ページに戻る |▲TOP | ▲目次 |
映画の森てんこ森代表:幸田幸
coda_sati@hotmail.com
「映画の森てんこ森」へ 「旅行の森てんこ森」へ
映画解説・レヴュータイトル一覧表へ
映画の森てんこ森 バナー03

映画の森てんこ森 coda21幸田幸 クレジット バナー01
幸のイタリア各都市情報へ
旅行の森てんこ森 バナー03
136x70
本サイトの作文、データ及び画像などのコンテンツの無断転用はお控え下さい。
貴サイトへの御掲載についてはメールにてお知らせ頂ければ幸いです。
© 2002-2017 Sachi CODA at Eigano-Mori Tenko-Mori, CODA21. All Rights Reserved.



borocsoborocso  at 12:00 この記事をクリップ! 

アンダーワールド ブラッド・ウォーズのキャスト@映画の森てんこ森

アンダーワールド ブラッド・ウォーズのキャスト@映画の森てんこ森
表紙目次映画解説タイトル一覧 | 幸のネタバレ映画 | 幸のカスタムカー |
 映画の森てんこ森■映画キャスト
アンダーワールド ブラッド・ウォーズのキャスト@映画の森てんこ森アンダーワールド ブラッド・ウォーズのキャスト
アンダーワールド ブラッド・ウォーズ (2016) UNDERWORLD: BLOOD WARS
UNDERWORLD: BLOOD WARS
※クリックでYouTube『アンダーワールド ブラッド・ウォーズ UNDERWORLD: BLOOD WARS』予告編へ
画像にポインタを置くと別のスライドショーが見れます※画像上マウスオーバーで『アンダーワールド ブラッド・ウォーズ UNDERWORLD: BLOOD WARS』ネタバレのスライドショーへ
▲上のスライドショーを初めから見る
▲ネタバレのスライドショーを見てみる
画像クリックで本予告編YouTube版が見れます。
ここをクリックで別の予告編YouTube版が見れます。
ここをクリックで日本語の予告編YouTube版が見れます。
※予告編はYouTube「リンク」モードで掲載。
Trailer Courtesy of Lakeshore Entertainment Group

(C)2016 Lakeshore Entertainment Group LLC. All Rights Reserved.
| 「映画の森てんこ森」表紙 | 新作映画Top | タイトル一覧 | 本ページ更新 |
■アンダーワールド ブラッド・ウォーズのキャスト
以下は、映画『 アンダーワールド ブラッド・ウォーズ (2016) UNDERWORLD: BLOOD WARS 』のキャストのリストです。
★映画『アンダーワールド ブラッド・ウォーズ』(画面切替)の詳しい情報はこちらをクリック⇒

【映画『アンダーワールド ブラッド・ウォーズ』のキャスト <cast>】
※主なキャストのフィルモグラフィーはこちらから⇒
役名(俳優名)
セリーン(ケイト・ベッキンセイル)
デビッド(テオ・ジェームズ)
セミラ(ララ・パルヴァー)
マリウス(トビアス・メンジーズ)
トーマス(チャールズ・ダンス)
カシウス(ジェームズ・フォークナー)
ヴァルガ(ブラッドリー・ジェームズ)
アジトのライカン(アリシア・ヴェラ=ベイリー)
アレクシア(デイジー・ヘッド)
リーナ(クレメンタイン・ニコルソン)
混血種マイケル(トレント・ギャレット)
アメリア(スヴェタ・ドリガ)
グレゴール(オリバー・スターク)
ヴィダル(ペーター・アンデション)
ハーナ(ブライアン・カスペ)
ライカンのリーダー(ダン・ブラッドフォード)
ライカン(ジュネス・ザディ)
灰色のライカン(デヴィッド・ボウルズ)
技師ライカン(エヴァ・ラヴォアール)
トンネル内のライカン(ミロスラフ・ロートカ)
黒いライカンの仲間(マリエル・テッパー)
イヴ(インディア・アイズリー)

 ・・・もっと詳しいキャストはこちらから⇒


※キャスト・キャスト及び登場人物の呼称が正確でない場合がありますのでご了承ください。
※参考資料:『UNDERWORLD: BLOOD WARS』-IMDb、映画『アンダーワールド ブラッド・ウォーズ』-Wikipedia、『UNDERWORLD: BLOOD WARS』-Wikipedia英語版、『アンダーワールド ブラッド・ウォーズ』EPK、公式サイト
| ←前の閲覧ページに戻る |▲TOP | ▲目次 |
映画の森てんこ森代表:幸田幸
coda_sati@hotmail.com
「映画の森てんこ森」へ 「旅行の森てんこ森」へ
映画解説・レヴュータイトル一覧表へ
映画の森てんこ森 バナー03

映画の森てんこ森 coda21幸田幸 クレジット バナー01
幸のイタリア各都市情報へ
旅行の森てんこ森 バナー03
136x70
本サイトの作文、データ及び画像などのコンテンツの無断転用はお控え下さい。
貴サイトへの御掲載についてはメールにてお知らせ頂ければ幸いです。
© 2002-2016 Sachi CODA at Eigano-Mori Tenko-Mori, CODA21. All Rights Reserved.



borocsoborocso  at 12:00 この記事をクリップ! 

アンダーワールド ブラッド・ウォーズのスタッフ@映画の森てんこ森

アンダーワールド ブラッド・ウォーズのスタッフ@映画の森てんこ森
表紙目次映画解説タイトル一覧 | 幸のネタバレ映画 | 幸のカスタムカー |
 映画の森てんこ森■映画スタッフ
アンダーワールド ブラッド・ウォーズのスタッフ@映画の森てんこ森アンダーワールド ブラッド・ウォーズのスタッフ
アンダーワールド ブラッド・ウォーズ (2016) UNDERWORLD: BLOOD WARS
UNDERWORLD: BLOOD WARS
※クリックでYouTube『アンダーワールド ブラッド・ウォーズ UNDERWORLD: BLOOD WARS』予告編へ
画像にポインタを置くと別のスライドショーが見れます※画像上マウスオーバーで『アンダーワールド ブラッド・ウォーズ UNDERWORLD: BLOOD WARS』ネタバレのスライドショーへ
▲上のスライドショーを初めから見る
▲ネタバレのスライドショーを見てみる
画像クリックで本予告編YouTube版が見れます。
ここをクリックで別の予告編YouTube版が見れます。
ここをクリックで日本語の予告編YouTube版が見れます。
※予告編はYouTube「リンク」モードで掲載。
Trailer Courtesy of Lakeshore Entertainment Group

(C)2016 Lakeshore Entertainment Group LLC. All Rights Reserved.
| 「映画の森てんこ森」表紙 | 新作映画Top | タイトル一覧 | 本ページ更新 |
■アンダーワールド ブラッド・ウォーズのスタッフとキャスト
以下は、映画『 アンダーワールド ブラッド・ウォーズ (2016) UNDERWORLD: BLOOD WARS 』の製作スタッフのリストです。
★映画『アンダーワールド ブラッド・ウォーズ』(画面切替)の詳しい情報はこちらをクリック⇒

【映画『アンダーワールド ブラッド・ウォーズ』のスタッフ <crew>】
※主なスタッフのフィルモグラフィーはこちらから⇒
【映画『アンダーワールド ブラッド・ウォーズ』のスタッフ】
監督:アンナ・フォースター Anna Foerster
原作:カイル・ウォード Kyle Ward
   コリー・グッドマン Cory Goodman
キャラクター原案:ケヴィン・グレイヴォー Kevin Grevioux
   レン・ワイズマン Len Wiseman
   ダニー・マクブライド Danny McBride
脚本:コリー・グッドマン Cory Goodman
製作:デヴィッド・カーン David Kern
   ゲイリー・ルチェッシ Gary Lucchesi
   トム・ローゼンバーグ Tom Rosenberg
   レン・ワイズマン Len Wiseman
   リチャード・ライト Richard S. Wright
製作総指揮:アンナ・フォースター Anna Foerster
   ジェームズ・マクウェイド James McQuaide
   スキップ・ウィリアムソン Skip Williamson
音楽:マイケル・ワンドマッチャー Michael Wandmacher
撮影:カール・ウォルター・リンデンローブ Karl Walter Lindenlaub
編集:ピーター・アムンドソン Peter Amundson
プロダクションデザイン:オンドレイ・ネクヴァシール Ondrej Nekvasil
衣装デザイン:ボヤナ・ニキトヴィッチ Bojana Nikitovic
視覚効果監修:ジェームズ・マクウェイド James McQuaide

 ・・・もっと詳しいスタッフはこちらから⇒


※スタッフ・キャスト及び登場人物の呼称が正確でない場合がありますのでご了承ください。
※参考資料:『UNDERWORLD: BLOOD WARS』-IMDb、映画『アンダーワールド ブラッド・ウォーズ』-Wikipedia、『UNDERWORLD: BLOOD WARS』-Wikipedia英語版、『アンダーワールド ブラッド・ウォーズ』EPK、公式サイト
| ←前の閲覧ページに戻る |▲TOP | ▲目次 |
映画の森てんこ森代表:幸田幸
coda_sati@hotmail.com
「映画の森てんこ森」へ 「旅行の森てんこ森」へ
映画解説・レヴュータイトル一覧表へ
映画の森てんこ森 バナー03

映画の森てんこ森 coda21幸田幸 クレジット バナー01
幸のイタリア各都市情報へ
旅行の森てんこ森 バナー03
136x70
本サイトの作文、データ及び画像などのコンテンツの無断転用はお控え下さい。
貴サイトへの御掲載についてはメールにてお知らせ頂ければ幸いです。
© 2002-2016 Sachi CODA at Eigano-Mori Tenko-Mori, CODA21. All Rights Reserved.



borocsoborocso  at 12:00 この記事をクリップ! 

バイオハザード:ザ・ファイナル目次@映画の森てんこ森

バイオハザード:ザ・ファイナル@映画の森てんこ森
表紙目次映画解説タイトル一覧 | 幸のネタバレ映画 | 幸のカスタムカー |
 | 読む映画試写会 | レヴュー | 観たい度映画 | 予告編 | エッセイ | 日誌 | 試写会情報 |
リンク集 | 映画ゲーム思い出映画| 映画レヴュー10000字超 |
幸のカレンダー | ぼろくそパパの独り言 | livedoorブログ | 旅行の森てんこ森 |
ブロードバンドB版 | 恭子の動画映像ブログ | 恭子の「YouTube」 | 幸のネタバレブログ | サイト内検索 |
 映画の森てんこ森■映画解説と予告編とレヴュー
バイオハザード:ザ・ファイナル (2016)
RESIDENT EVIL: THE FINAL CHAPTER
※クリックでYouTube『バイオハザード:ザ・ファイナル RESIDENT EVIL: THE FINAL CHAPTER』予告編へ
▲上のスライドショーを初めから見る
▲ネタバレのスライドショーを見てみる
画像クリックで本予告編YouTube版が見れます。
ここをクリックで別の予告編YouTube版が見れます。
ここをクリックで日本語の予告編YouTube版が見れます。
※予告編はYouTube「リンク」モードで掲載。
Trailer Courtesy of Sony Pictures

(C)2016 Sony Pictures Digital Productions Inc. All rights reserved.
| 「目次」Topページ | 「B版」Topページ | 本ページ更新 | 本ページ最終更新 |
【 目次 】
■映画『 バイオハザード:ザ・ファイナル (2016) RESIDENT EVIL: THE FINAL CHAPTER 』の映画データ
■映画『 バイオハザード:ザ・ファイナル (2016) RESIDENT EVIL: THE FINAL CHAPTER 』の解説
 ネタバレが含まれている場合があります。
■映画『 バイオハザード:ザ・ファイナル (2016) RESIDENT EVIL: THE FINAL CHAPTER 』のスタッフとキャスト
□映画『 バイオハザード:ザ・ファイナル (2016) RESIDENT EVIL: THE FINAL CHAPTER 』のキャスト/登場人物
■映画『 バイオハザード:ザ・ファイナル (2016) RESIDENT EVIL: THE FINAL CHAPTER 』のあらすじ・ストーリー
■映画『 バイオハザード:ザ・ファイナル (2016) RESIDENT EVIL: THE FINAL CHAPTER 』の<ネタバレ/もっと詳しく>
 <ネタバレ/もっと詳しく>は映画『 バイオハザード:ザ・ファイナル (2016) RESIDENT EVIL: THE FINAL CHAPTER 』の「テキストによる映画の再現」レヴュー(あらすじとネタバレ)です。
 ※ご注意:映画『 バイオハザード:ザ・ファイナル (2016) RESIDENT EVIL: THE FINAL CHAPTER 』の内容やネタバレがお好みでない方は読まないで下さい。
■映画『 バイオハザード:ザ・ファイナル (2016) RESIDENT EVIL: THE FINAL CHAPTER 』の評論×感想
映画『 バイオハザード:ザ・ファイナル (2016) RESIDENT EVIL: THE FINAL CHAPTER 』予告編や関連映像映画『 バイオハザード:ザ・ファイナル 』の予告編や関連映像を観る→
映画『 バイオハザード:ザ・ファイナル (2016) RESIDENT EVIL: THE FINAL CHAPTER 』ビデオ動画映像映画『 バイオハザード:ザ・ファイナル 』の色々なビデオ映像を観る→
映画『 バイオハザード:ザ・ファイナル (2016) RESIDENT EVIL: THE FINAL CHAPTER 』写真・スチル画像映画『 バイオハザード:ザ・ファイナル 』の色々な写真やスチルを観る→
映画『 バイオハザード:ザ・ファイナル (2016) RESIDENT EVIL: THE FINAL CHAPTER 』ポスター画像映画『 バイオハザード:ザ・ファイナル 』の色々なポスターを観る→
■映画『 バイオハザード:ザ・ファイナル (2016) RESIDENT EVIL: THE FINAL CHAPTER 』の更新記録

映画『 バイオハザード:ザ・ファイナル 』あらすじ・ストーリーのネタバレ/結末まで完全ネタバレ

by ネタバレンタイン犬@映画の森てんこ森 映画『バイオハザード:ザ・ファイナル』のネタバレ⇒別ファイル「バイオハザード:ザ・ファイナルのネタバレ」へ
★2016年12月23日(金・祝) より、全国ロードショー!!


>>
「映画解説・レヴュータイトル一覧表」へ(画面の切り替え)
© Images copyright their respective owners; usually the distributor of the above titled movie unless otherwise noted.
| ←前の閲覧ページに戻る |▲TOP | ▲予告編 | ▲目次 |
映画の森てんこ森代表:幸田幸
coda_sati@hotmail.com
「映画の森てんこ森」へ 「旅行の森てんこ森」へ
映画解説・レヴュータイトル一覧表へ
映画の森てんこ森 バナー03

映画の森てんこ森 coda21幸田幸 クレジット バナー01
幸のイタリア各都市情報へ
旅行の森てんこ森 バナー03
136x70
本サイトの作文、データ及び画像などのコンテンツの無断転用はお控え下さい。
貴サイトへの御掲載についてはメールにてお知らせ頂ければ幸いです。
© 2002-2016 Sachi CODA at Eigano-Mori Tenko-Mori, CODA21. All Rights Reserved.



borocsoborocso  at 12:00 この記事をクリップ! 

バイオハザード:ザ・ファイナル更新記録@映画の森てんこ森

バイオハザード:ザ・ファイナル@映画の森てんこ森
表紙目次映画解説タイトル一覧 | 幸のネタバレ映画 | 幸のカスタムカー |
 | 読む映画試写会 | レヴュー | 観たい度映画 | 予告編 | エッセイ | 日誌 | 試写会情報 |
リンク集 | 映画ゲーム思い出映画| 映画レヴュー10000字超 |
幸のカレンダー | ぼろくそパパの独り言 | livedoorブログ | 旅行の森てんこ森 |
ブロードバンドB版 | 恭子の動画映像ブログ | 恭子の「YouTube」 | 幸のネタバレブログ | サイト内検索 |
 映画の森てんこ森■映画解説と予告編とレヴュー
バイオハザード:ザ・ファイナル (2016)
RESIDENT EVIL: THE FINAL CHAPTER
※クリックでYouTube『バイオハザード:ザ・ファイナル RESIDENT EVIL: THE FINAL CHAPTER』予告編へ
▲上のスライドショーを初めから見る
▲ネタバレのスライドショーを見てみる
画像クリックで本予告編YouTube版が見れます。
ここをクリックで別の予告編YouTube版が見れます。
ここをクリックで日本語の予告編YouTube版が見れます。
※予告編はYouTube「リンク」モードで掲載。
Trailer Courtesy of Sony Pictures

(C)2016 Sony Pictures Digital Productions Inc. All rights reserved.
| 「目次」Topページ | 「B版」Topページ | 本ページ更新 | 本ページ最終更新 |
© Images copyright their respective owners; usually the distributor of the above titled movie unless otherwise noted.
| ←前の閲覧ページに戻る |▲TOP | ▲予告編 | ▲目次 |
■映画『 バイオハザード:ザ・ファイナル (2016) RESIDENT EVIL: THE FINAL CHAPTER 』の更新記録
◆ファイル作成:2016年11月30日(水)
 作成者:小沢栄三(Ben)、安藤奈津(Ann)、F・恭子、幸田幸
 ファイル作成して、〔textreview〕の2016年フォルダに格納
◆映画データと解説とWikipedia欄作成:2016年11月30日(水)
◆フィルモグラフィー&トリビアの調査:2016年11月30日(水)
◆フィルモグラフィー&トリビア修正・追記:2016年11月30日(水)
◆<もっと詳しく>の日本語訳(ネタバレ満開)ファイル作成:2016年11月30日(水)
★バイオハザード:ザ・ファイナル@映画の森てんこ森チャート作成とWEBアップは映画『 バイオハザード:ザ・ファイナル (2016) RESIDENT EVIL: THE FINAL CHAPTER 』公開2016年12月23日(金・祝)の前

11/30◎バイオハザード:ザ・ファイナル@映画の森てんこ森
http://coda21.net/eiga3mai/2016/RESIDENT_EVIL_THE_FINAL_CHAPTER.htm

livedoor
1209●バイオハザード:ザ・ファイナル予告編と映画情報@映画の森てんこ森
http://blog.livedoor.jp/borocso/archives/2082959.html
バイオハザード:ザ・ファイナル,映画情報,予告編,ネタバレ,幸田幸

livedoor
■12/10公開<映画『バイオハザード:ザ・ファイナル』あらすじ@映画の森てんこ森>
http://blog.livedoor.jp/borocso/archives2082960.html
■12/11公開<ネタバレ結末/バイオハザード:ザ・ファイナル@映画の森てんこ森>
http://blog.livedoor.jp/borocso/archives/2082961.html


■1212公開
●BK版<バイオハザード:ザ・ファイナルのネタバレ@映画の森てんこ森>
http://coda21.net/broadband/blog2016_12/161212.htm
◎<バイオハザード:ザ・ファイナルの完全ネタバレ@幸田幸>
http://blog.livedoor.jp/borocso/archives/2082962.html


1213●バイオハザード:ザ・ファイナルのスタッフ@映画の森てんこ森
http://blog.livedoor.jp/borocso/archives/2083015.html
バイオハザード:ザ・ファイナル,スタッフ,映画,幸田幸,映画の森てんこ森
1214●バイオハザード:ザ・ファイナルのキャスト@映画の森てんこ森
http://blog.livedoor.jp/borocso/archives/2083016.html
バイオハザード:ザ・ファイナル,キャスト,映画,幸田幸,映画の森てんこ森


1215●バイオハザード:ザ・ファイナル解説@映画の森てんこ森
http://blog.livedoor.jp/borocso/archives/2083018.html
バイオハザード:ザ・ファイナル,映画,ネタバレ,解説,幸田幸,映画の森てんこ森
1216●バイオハザード:ザ・ファイナル解説(2)@映画の森てんこ森
http://blog.livedoor.jp/borocso/archives/2083110.html
バイオハザード:ザ・ファイナル,映画,ネタバレ,解説,幸田幸,映画の森てんこ森
1217●バイオハザード:ザ・ファイナル解説(3)@映画の森てんこ森
http://blog.livedoor.jp/borocso/archives/2083111.html
バイオハザード:ザ・ファイナル,映画,ネタバレ,解説,幸田幸,映画の森てんこ森


■ポスター
1218映画「バイオハザード:ザ・ファイナル」ポスター@映画の森てんこ森
http://blog.livedoor.jp/borocso/archives/2083151.html
1219映画「バイオハザード:ザ・ファイナル」ポスター2@映画の森てんこ森
http://blog.livedoor.jp/borocso/archives/2083152.html
1220映画「バイオハザード:ザ・ファイナル」日本版ポスター@映画の森てんこ森
http://blog.livedoor.jp/borocso/archives/2083153.html


■12/21公開
1221●バイオハザード:ザ・ファイナル更新記録@映画の森てんこ森
=http://blog.livedoor.jp/borocso/archives/★.html
バイオハザード:ザ・ファイナル,映画,更新,ネタバレ,幸田幸,映画の森てんこ森

■12/22公開
1222●バイオハザード:ザ・ファイナル目次@映画の森てんこ森
=http://blog.livedoor.jp/borocso/archives/★.html
バイオハザード:ザ・ファイナル,目次,映画,ネタバレ,幸田幸,映画の森てんこ森

| ←前の閲覧ページに戻る |▲TOP | ▲予告編 | ▲目次 |
映画の森てんこ森代表:幸田幸
coda_sati@hotmail.com
「映画の森てんこ森」へ 「旅行の森てんこ森」へ
映画解説・レヴュータイトル一覧表へ
映画の森てんこ森 バナー03

映画の森てんこ森 coda21幸田幸 クレジット バナー01
幸のイタリア各都市情報へ
旅行の森てんこ森 バナー03
136x70
本サイトの作文、データ及び画像などのコンテンツの無断転用はお控え下さい。
貴サイトへの御掲載についてはメールにてお知らせ頂ければ幸いです。
© 2002-2016 Sachi CODA at Eigano-Mori Tenko-Mori, CODA21. All Rights Reserved.



borocsoborocso  at 12:00 この記事をクリップ! 

バイオハザード:ザ・ファイナル解説(3)@映画の森てんこ森

バイオハザード:ザ・ファイナル@映画の森てんこ森
表紙目次映画解説タイトル一覧 | 幸のネタバレ映画 | 幸のカスタムカー |
 | 読む映画試写会 | レヴュー | 観たい度映画 | 予告編 | エッセイ | 日誌 | 試写会情報 |
リンク集 | 映画ゲーム思い出映画| 映画レヴュー10000字超 |
幸のカレンダー | ぼろくそパパの独り言 | livedoorブログ | 旅行の森てんこ森 |
ブロードバンドB版 | 恭子の動画映像ブログ | 恭子の「YouTube」 | 幸のネタバレブログ | サイト内検索 |
 映画の森てんこ森■映画解説と予告編とレヴュー
バイオハザード:ザ・ファイナル (2016)
RESIDENT EVIL: THE FINAL CHAPTER
※クリックでYouTube『バイオハザード:ザ・ファイナル RESIDENT EVIL: THE FINAL CHAPTER』予告編へ
▲上のスライドショーを初めから見る
▲ネタバレのスライドショーを見てみる
画像クリックで本予告編YouTube版が見れます。
ここをクリックで別の予告編YouTube版が見れます。
ここをクリックで日本語の予告編YouTube版が見れます。
※予告編はYouTube「リンク」モードで掲載。
Trailer Courtesy of Sony Pictures

(C)2016 Sony Pictures Digital Productions Inc. All rights reserved.
| 「目次」Topページ | 「B版」Topページ | 本ページ更新 | 本ページ最終更新 |
© Images copyright their respective owners; usually the distributor of the above titled movie unless otherwise noted.
| ←前の閲覧ページに戻る |▲TOP | ▲予告編 | ▲目次 |
■映画『 バイオハザード:ザ・ファイナル (2016) RESIDENT EVIL: THE FINAL CHAPTER 』の解説
【映画『バイオハザード:ザ・ファイナル』解説<cast>】
 本映画『 バイオハザード:ザ・ファイナル (2016) RESIDENT EVIL: THE FINAL CHAPTER 』の出演・キャストを紹介すると、
 ★ヒロインのアリス役を演じるのは、『 バイオハザード:ザ・ファイナル (2016) RESIDENT EVIL: THE FINAL CHAPTER 』『 バイオハザードV:リトリビューション (2012) RESIDENT EVIL: RETRIBUTION 』『 フェイシズ (2011) FACES IN THE CROWD 』『 三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船 (2011) THE THREE MUSKETEERS 』『 バイオハザード IV アフターライフ (2010) 』『 バイオハザード III (2007) 』『 ウルトラヴァイオレット (2005) ULTRAVIOLET 』『 バイオハザード II アポカリプス (2004) RESIDENT EVIL: APOCALYPSE 』『 アンダーワールド (2003) UNDERWORLD 』『 ルールズ・オブ・アトラクション (2002) THE RULES OF ATTRACTION 』『 バイオハザード (2001) RESIDENT EVILズーランダー (2001) ZOOLANDER 』『 ミリオンダラー・ホテル (2000) 』『 ジャンヌ・ダルク (1999) JOAN OF ARC / THE MESSENGER: THE STORY OF JOAN OF ARC 』『フィフス・エレメント (1997) 』等のミラ・ジョヴォヴィッチ Milla Jovovich。『バイオハザード:ザ・ファイナル』監督の夫ポール・W・S・アンダーソンとは三回目の結婚。
 ★クレア・レッドフィールド役は、『 キューティ・ブロンド (2001) LEGALLY BLONDE 』『 ファイナル・デスティネーション (2000) 』等のアリ・ラーター Ali Larter
 ★アルバート・ウェスカー役は、『 バイオハザードV:リトリビューション (2012) RESIDENT EVIL: RETRIBUTION 』『 ジャンパー (2008) JUMPER 』『 ランド・オブ・ザ・デッド (2005) LAND OF THE DEAD 』『 テイキング・ライブス (2004) TAKING LIVES 』『 X−メン (2000) X-MEN 』等のショーン・ロバーツ Shawn Roberts
 ★アビケイル役は、本映画『 バイオハザード:ザ・ファイナル (2016) RESIDENT EVIL: THE FINAL CHAPTER 』で映画の森てんこ森で初めて紹介するルビー・ローズ Ruby Rose
 ★ドク役は、本映画『 バイオハザード:ザ・ファイナル (2016) RESIDENT EVIL: THE FINAL CHAPTER 』で映画の森てんこ森で初めて紹介するオーエン・マッケン Eoin Macken
 ★女戦士コバルト役は本映画『 バイオハザード:ザ・ファイナル (2016) RESIDENT EVIL: THE FINAL CHAPTER 』で映画の森てんこ森で初めて紹介するローラ Rola。そう、日本のモデルでタレントのローラがいきなりハリウッドデビューなのです。ローラのアルファベット表記はLolaや LauraでなくてRola。
 ★クリスチャン役は、本映画『 バイオハザード:ザ・ファイナル (2016) RESIDENT EVIL: THE FINAL CHAPTER 』で映画の森てんこ森で初めて紹介するウィリアム・レヴィ William Levy
 ★アレクサンダー・アイザックス博士役は、『 マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙 (2011) THE IRON LADY 』『 キングダム・オブ・ヘブン (2005) KINGDOM OF HEAVEN 』『 バイオハザード II アポカリプス (2004) RESIDENT EVIL: APOCALYPSE 』『 トゥームレイダー (2001) 』『 ビューティフル・クリーチャー (2000) 』等のイアン・グレン或いはイエイン・グレン Iain Glen
 ★リー或いは韓国式発音ならイ役は、本映画『 バイオハザード:ザ・ファイナル (2016) RESIDENT EVIL: THE FINAL CHAPTER 』で映画の森てんこ森で初めて紹介するイ・ジュンギ 李準基 Joon-Gi Lee (Jun-ki Lee)。
 ★アリシア・マークス/レッドクイーン役は、本映画『 バイオハザード:ザ・ファイナル (2016) RESIDENT EVIL: THE FINAL CHAPTER 』で映画の森てんこ森で初めて紹介するエヴァー・ガボ・アンダーソン Ever Gabo Anderson。エヴァー・ガボちゃんはポール・W・S・アンダーソン監督と主演ミラ・ジョヴォヴィッチの2007年生まれの愛娘だ!!!エヴァー・ガボちゃんはこの『バイオハザード:ザ・ファイナル』が銀幕デビューとなる。セレブの両親を持つエヴァー・ガボちゃん、きっと大女優に成長していくのでしょう。
 ★ゾンビ役には、『 ファンタスティック・フォー:銀河の危機 (2007) FANTASTIC FOUR: RISE OF THE SILVER SURFER 』等のマシュー・チャールズ・サントロ Matthew Charles Santoroもいる。ゾンビ役は無数いて・・・。
 ★輸送隊員役は、『 アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン (2015) AVENGERS: AGE OF ULTRON 』『 オール・ユー・ニード・イズ・キル (2014) EDGE OF TOMORROW 』『 ワールド・ウォーZ (2013) WORLD WAR Z 』『 デンジャラス・ラン (2012) SAFE HOUSE 』『 007/ダイ・アナザー・デイ (2002) DIE ANOTHER DAY 』等のポール・ハンプシャー Paul Hampshire
 ★その他のキャストのもっと詳しくはこちらから・・・⇒


※livedoor版【バイオハザード:ザ・ファイナルの解説@映画の森てんこ森】
※参考資料:『バイオハザード:ザ・ファイナル』EPK、公式サイト『バイオハザード:ザ・ファイナル』、『バイオハザード:ザ・ファイナル RESIDENT EVIL: THE FINAL CHAPTER』-Wikipedia

Text編集:安藤奈津

| ←前の閲覧ページに戻る |▲TOP | ▲予告編 | ▲目次 |
映画の森てんこ森代表:幸田幸
coda_sati@hotmail.com
「映画の森てんこ森」へ 「旅行の森てんこ森」へ
映画解説・レヴュータイトル一覧表へ
映画の森てんこ森 バナー03

映画の森てんこ森 coda21幸田幸 クレジット バナー01
幸のイタリア各都市情報へ
旅行の森てんこ森 バナー03
136x70
本サイトの作文、データ及び画像などのコンテンツの無断転用はお控え下さい。
貴サイトへの御掲載についてはメールにてお知らせ頂ければ幸いです。
© 2002-2016 Sachi CODA at Eigano-Mori Tenko-Mori, CODA21. All Rights Reserved.



borocsoborocso  at 12:00 この記事をクリップ! 

バイオハザード:ザ・ファイナル解説(2)@映画の森てんこ森

バイオハザード:ザ・ファイナル@映画の森てんこ森
表紙目次映画解説タイトル一覧 | 幸のネタバレ映画 | 幸のカスタムカー |
 | 読む映画試写会 | レヴュー | 観たい度映画 | 予告編 | エッセイ | 日誌 | 試写会情報 |
リンク集 | 映画ゲーム思い出映画| 映画レヴュー10000字超 |
幸のカレンダー | ぼろくそパパの独り言 | livedoorブログ | 旅行の森てんこ森 |
ブロードバンドB版 | 恭子の動画映像ブログ | 恭子の「YouTube」 | 幸のネタバレブログ | サイト内検索 |
 映画の森てんこ森■映画解説と予告編とレヴュー
バイオハザード:ザ・ファイナル (2016)
RESIDENT EVIL: THE FINAL CHAPTER
※クリックでYouTube『バイオハザード:ザ・ファイナル RESIDENT EVIL: THE FINAL CHAPTER』予告編へ
▲上のスライドショーを初めから見る
▲ネタバレのスライドショーを見てみる
画像クリックで本予告編YouTube版が見れます。
ここをクリックで別の予告編YouTube版が見れます。
ここをクリックで日本語の予告編YouTube版が見れます。
※予告編はYouTube「リンク」モードで掲載。
Trailer Courtesy of Sony Pictures

(C)2016 Sony Pictures Digital Productions Inc. All rights reserved.
| 「目次」Topページ | 「B版」Topページ | 本ページ更新 | 本ページ最終更新 |
© Images copyright their respective owners; usually the distributor of the above titled movie unless otherwise noted.
| ←前の閲覧ページに戻る |▲TOP | ▲予告編 | ▲目次 |
■映画『 バイオハザード:ザ・ファイナル (2016) RESIDENT EVIL: THE FINAL CHAPTER 』の解説
【映画『バイオハザード:ザ・ファイナル』解説<crew>】
 本映画『 バイオハザード:ザ・ファイナル (2016) RESIDENT EVIL: THE FINAL CHAPTER 』のスタッフは、ポール・W・S・アンダーソン監督のもと、『バイオハザード』シリーズでコラボしている面々が結集!
 ●監督は、本映画『 バイオハザード:ザ・ファイナル (2016) RESIDENT EVIL: THE FINAL CHAPTER 』他、『 ポンペイ (2014) POMPEII 』『 バイオハザードV:リトリビューション (2012) RESIDENT EVIL: RETRIBUTION 』『 三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船 (2011) THE THREE MUSKETEERS 』『 バイオハザード IV アフターライフ (2010) 』『 バイオハザード III (2007) 』『 エイリアンVS. プレデター (2004) ALIEN VS. PREDATOR 』『 バイオハザード II アポカリプス (2004) RESIDENT EVIL: APOCALYPSE 』『 バイオハザード (2001) RESIDENT EVIL 』等のポール・W・S・アンダーソン Paul W.S. Anderson。ポール・W・S・アンダーソンと『バイオハザード:ザ・ファイナル』主役ミラ・ジョヴォヴィッチは夫婦。
 ●脚本は、本映画『 バイオハザード:ザ・ファイナル (2016) RESIDENT EVIL: THE FINAL CHAPTER 』監督の上記ポール・W・S・アンダーソン Paul W.S. Anderson
 ●製作は、本映画『 バイオハザード:ザ・ファイナル (2016) RESIDENT EVIL: THE FINAL CHAPTER 』監督・脚本・製作の三役を務める上記ポール・W・S・アンダーソン Paul W.S. Andersonと、本映画『 バイオハザード:ザ・ファイナル (2016) RESIDENT EVIL: THE FINAL CHAPTER 』他『 ポンペイ (2014) POMPEII 』『 バイオハザードV:リトリビューション (2012) RESIDENT EVIL: RETRIBUTION 』『 三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船 (2011) THE THREE MUSKETEERS 』『 バイオハザード II アポカリプス (2004) RESIDENT EVIL: APOCALYPSE 』『 バイオハザード (2001) RESIDENT EVIL 』『 穴 (2001) 』『 リトル・ストライカー (2000) THERE'S ONLY ONE JIMMY GRIMBLE 』等のジェレミー・ボルト Jeremy Boltと、本映画『 バイオハザード:ザ・ファイナル (2016) RESIDENT EVIL: THE FINAL CHAPTER 』他『 ポンペイ (2014) POMPEII 』『 バイオハザードV:リトリビューション (2012) RESIDENT EVIL: RETRIBUTION 』『 三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船 (2011) THE THREE MUSKETEERS 』『 バイオハザード II アポカリプス (2004) RESIDENT EVIL: APOCALYPSE 』『 クライモリ (2003) WRONG TURN 』『 バイオハザード (2001) RESIDENT EVIL 』等のロバート・クルツァー Robert Kulzerと、本映画『 バイオハザード:ザ・ファイナル (2016) RESIDENT EVIL: THE FINAL CHAPTER 』他『 エクスペンダブルズ3 ワールドミッション (2014) THE EXPENDABLES 3 』『 レイルウェイ 運命の旅路 (2013) THE RAILWAY MAN 』『 サイレントヒル:リベレーション3D (2012) SILENT HILL: REVELATION 3D 』『 バイオハザードV:リトリビューション (2012) RESIDENT EVIL: RETRIBUTION 』『 砂漠でサーモン・フィッシング (2011) SALMON FISHING IN THE YEMEN 』『 ブリッツ (2011) BLITZ 』『 サイレントヒル (2006) SILENT HILL 』『 DOMINO ドミノ (2005) DOMINO 』『 グッドナイト&グッドラック (2005) GOOD NIGHT, AND GOOD LUCK 』『 バイオハザード II アポカリプス (2004) RESIDENT EVIL: APOCALYPSE 』『 ルールズ・オブ・アトラクション (2002) THE RULES OF ATTRACTION 』『 スパイダー/少年は蜘蛛にキスをする (2002) SPIDER 』『 バイオハザード (2001) RESIDENT EVIL 』『 ジェヴォーダンの獣 (2001) LE PACTE DES LOUPS (原題) / BROTHERHOOD OF THE WOLF (英題) 』等のサミュエル・ハディダ Samuel Hadida
 ●製作総指揮は、本映画『 バイオハザード:ザ・ファイナル (2016) RESIDENT EVIL: THE FINAL CHAPTER 』プロデューサーの上記サミュエル・ハディダと兄弟のヴィクター・ハディダ Victor Hadidaと、本映画『 バイオハザード:ザ・ファイナル (2016) RESIDENT EVIL: THE FINAL CHAPTER 』他『 ポンペイ (2014) POMPEII 』『 三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船 (2011) THE THREE MUSKETEERS 』等のマルティン・モスコヴィッツ或いはマーティン・モスコウィック Martin Moszkowicz
 ●音楽は、本映画『 バイオハザード:ザ・ファイナル (2016) RESIDENT EVIL: THE FINAL CHAPTER 』他、『 アンダーワールド 覚醒 (2012) UNDERWORLD AWAKENING 』『 三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船 (2011) THE THREE MUSKETEERS 』『 テイカーズ (2010) TAKERS 』『 イントゥ・ザ・ブルー (2005) INTO THE BLUE 』『 ガール・ネクスト・ドア (2004) THE GIRL NEXT DOOR 』『 アンダーワールド (2003) UNDERWORLD 』『 マイノリティ・リポート (2002) MINORITY REPORT 』『 プロフェシー (2002) THE MOTHMAN PROPHECIES 』『 ブルークラッシュ (2002) BLUE CRUSH 』『 クレイジー/ビューティフル (2001) 』『 トゥームレイダー (2001) 』『 ピッチブラック (2000) 』『 マーシャル・ロー (1998) THE SIEGE 』『 交渉人 (1998) THE NEGOTIATOR 』等のポール・ハスリンジャー Paul Haslinger
 ●撮影監督は、本映画『 バイオハザード:ザ・ファイナル (2016) RESIDENT EVIL: THE FINAL CHAPTER 』他、『 ポンペイ (2014) POMPEII 』『 バイオハザードV:リトリビューション (2012) RESIDENT EVIL: RETRIBUTION 』『 三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船 (2011) THE THREE MUSKETEERS 』『 ワイルド・タウン/英雄伝説 (2004) WALKING TALL 』『 ロミオ・マスト・ダイ (2000) ROMEO MUST DIE 』『 ホテル・ニューハンプシャー (1984) THE HOTEL NEW HAMPSHIRE 』等のグレン・マクファーソン Glen MacPherson
 ●編集は、本映画『 バイオハザード:ザ・ファイナル (2016) RESIDENT EVIL: THE FINAL CHAPTER 』他、『 ゴーストライダー2 (2011) GHOST RIDER: SPIRIT OF VENGEANCE 』等のドゥービー・ホワイト Doobie White
 ●プロダクションデザインは、本映画『 バイオハザード:ザ・ファイナル (2016) RESIDENT EVIL: THE FINAL CHAPTER 』他、『 ユナイテッド-ミュンヘンの悲劇- (2011) UNITED 』等のエドワード・トーマス Edward Thomas
 ●衣装デザインは、本映画『 バイオハザード:ザ・ファイナル (2016) RESIDENT EVIL: THE FINAL CHAPTER 』で映画の森てんこ森で初めて紹介するリーザ・レヴィ Reza Levy
 ●視覚効果監修は、本映画『 バイオハザード:ザ・ファイナル (2016) RESIDENT EVIL: THE FINAL CHAPTER 』他『 ポンペイ (2014) POMPEII 』『 キャリー (2013) CARRIE 』『 遊星からの物体X ファーストコンタクト (2011) THE THING 』『 危険なメソッド (2011) A DANGEROUS METHOD 』『 三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船 (2011) THE THREE MUSKETEERS 』『 ハンナ (2011) HANNA 』『 サイレントヒル (2006) SILENT HILL 』『 スパイモンキー (2003) SPYMATE 』『 フォー・ブラザーズ/狼たちの誓い (2005) FOUR BROTHERS 』『 ヒストリー・オブ・バイオレンス (2005) A HISTORY OF VIOLENCE 』『 秘密のかけら (2005) WHERE THE TRUTH LIES 』『 アサルト13 要塞警察 (2005) ASSAULT ON PRECINCT 13 』『 スピーシーズ3 禁断の種 (2004) SPECIES III 』『 バイオハザード II アポカリプス (2004) RESIDENT EVIL: APOCALYPSE 』『 ニューヨーク・ミニット (2004) NEW YORK MINUTE 』『 CUBE ZERO (2004) CUBE ZERO 』『 クライモリ (2003) WRONG TURN 』『 CUBE2 (2002) HYPERCUBE: CUBE 2 』『 アララトの聖母 (2002) ARARAT 』『 ザ・セル (2000) THE CELL 』等のデニス・ベラルディ Dennis Berardiと、本映画『 バイオハザード:ザ・ファイナル (2016) RESIDENT EVIL: THE FINAL CHAPTER 』他『 ポンペイ (2014) POMPEII 』『 キャリー (2013) CARRIE 』『 バイオハザードV:リトリビューション (2012) RESIDENT EVIL: RETRIBUTION 』『 三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船 (2011) THE THREE MUSKETEERS 』『 ハンナ (2011) HANNA 』『 ハッピーフィート (2006) HAPPY FEET 』『 スーパーマン リターンズ (2006) SUPERMAN RETURNS 』『 Vフォー・ヴェンデッタ (2006) V FOR VENDETTA 』『 ハリー・ポッターと炎のゴブレット (2005) HARRY POTTER AND THE GOBLET OF FIRE 』『 チャーリーとチョコレート工場 (2005) CHARLIE AND THE CHOCOLATE FACTORY 』『 バットマン ビギンズ (2005) BATMAN BEGINS 』等のエリック・ロビンソン Eric Robinson
 ●製作スタッフのもっと詳しくはこちらから・・・⇒


※livedoor版【バイオハザード:ザ・ファイナルの解説@映画の森てんこ森】
※参考資料:『バイオハザード:ザ・ファイナル』EPK、公式サイト『バイオハザード:ザ・ファイナル』、『バイオハザード:ザ・ファイナル RESIDENT EVIL: THE FINAL CHAPTER』-Wikipedia

Text編集:安藤奈津

| ←前の閲覧ページに戻る |▲TOP | ▲予告編 | ▲目次 |
映画の森てんこ森代表:幸田幸
coda_sati@hotmail.com
「映画の森てんこ森」へ 「旅行の森てんこ森」へ
映画解説・レヴュータイトル一覧表へ
映画の森てんこ森 バナー03

映画の森てんこ森 coda21幸田幸 クレジット バナー01
幸のイタリア各都市情報へ
旅行の森てんこ森 バナー03
136x70
本サイトの作文、データ及び画像などのコンテンツの無断転用はお控え下さい。
貴サイトへの御掲載についてはメールにてお知らせ頂ければ幸いです。
© 2002-2016 Sachi CODA at Eigano-Mori Tenko-Mori, CODA21. All Rights Reserved.



borocsoborocso  at 12:00 この記事をクリップ!