2007年05月20日

数年後の自分

神社では独特の方法で祈るわけではない。

2回の拍手を打ち、お願い事をするのだ。

今日、近くの神社にいってみたら、変なふうにお祈りをしているスーツ姿の人がいた。自分の祈りに夢中だったのと、その男がもっと社殿に近い位置にいたため、その男の顔も見なかったが、数年後どうなっているかはおおよそ想像できるような気持ちだ。

大金をつぎ込まねばよいのだが。まあ、他人だし、大きなお世話というところか。

boscombe at 23:20|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!その他 

2007年05月19日

小学生のほうが上手かもしれない。

日本の伝統芸能には、日本舞踊、能、歌舞伎、などがある。大人になってからこれらに親しむ人もいる。しかし、主に鑑賞するほうが多いでしょう。実際に自分がそれらを演じるとなると、いくつかの障害があることに気付きます。まず、お金が意外にかかる事。次に、お稽古なので習得には多大な労力を必要とする事。

獅子舞などは、子供でも踊っている姿が、たびたびテレビなどで紹介されます。

大人が日本舞踊、能、歌舞伎などをやるからといって、それはプロ以外ならば所詮、お遊びに過ぎません。プロは毎日、練習するのです。それを日々の糧にしているのですから当然ですね。所詮、アマチュアの域を出ず、ひょっとすると小さな小学生が、アマの大人よりも上手かも知れません。

ぴょんぴょんと空中に跳ねるのも、子供のほうが得意でしょう。大人が、「ぴょんと空中に数秒間浮かんだ」と自慢するのは滑稽以外の何物でもありません。孔子の『論語』を数ページ分、すらっと暗唱してみせるほうが、まだずっとましでしょう。
変なおとなには、気を付けましょう。


boscombe at 12:56|PermalinkComments(1)TrackBack(0)clip!その他 

2007年05月18日

心理的に病んでいるとき。

どうみてもストレスが蓄積しすぎて、精神的に落ち込みがちになる場合、自分でもおかしなことをしてしまうことがある。

おかしな団体に近づいたときもそうだった。

その団体でパンフレットで団体自体の紹介をしていたのだが、なんと、パンフレットに数名の見知らぬ男女の写真が掲載されていたのだ。ところが、名前がわからない。写真の横か下にでも氏名を付してくれればよいのに、一切そういったものはなかった。見知らぬ男女数名の写真のみ掲載するパンフレット。そんなものが、紹介できるわけがないではないか。その時点で気がつくべきだった。

だが、そのとき私は、極度のストレス状態にあったのだった。

boscombe at 23:29|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!その他 

2007年05月15日

他のブログサイトに移転予定。こちらはミラーサイト

他のブログサイトに移転します。

しばらくの間は、こちらをミラーサイトとして使ってみたいと考えています。


過去の記事は、過去記事の移転作業中のため、こちらの旧ブログをご参照下さい。

また、過去記事の引越し作業は、おいおいやっていくつもりです。


新しいサイトは、こちら。
↓↓↓
(新)超然! 不思議ブログ


boscombe at 23:11|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!はじめに 

2007年05月14日

ピューリタンについて聞いたこと

ついこの前まで、金妻(金曜日の妻たち)など、テレビでも浮気や不倫のドラマをやっていたものだ。果たして、アメリカ人も平気で浮気するものなのか。

アメリカに数年間の滞在経験のあるひとから聞いたところでは、夫婦の間で浮気が発覚すると、もの凄いことになるらしい。彼らは、ピューリタン(清教徒)なのだ。

「原罪」

という言葉がある。これを盾にして、心理的に押しつぶされるのだという。つまり、浮気した夫ないしは妻は、教会で結婚式を挙げたときの「永遠に愛する、幸せにする」という約束を破ったことになる。そのことで、罪深い人間である、という烙印を押すのだそうだ。

これが、どれほど怖いことか。毎日、責められる。
「お前は、罪深い人間だ。それは浮気をして誓いを破ったからだ」

このような言葉を毎日毎日繰り返される。これほど、不幸なことはない。

boscombe at 00:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2007年05月13日

おかしな人たちを見て。

どうしてもっと反省できないのか。
私がもし、おかしな団体メンバーの親であれば、殴ってでもそこを辞めさせるだろう。それが親の使命だと考える。セックスや風俗関連などのことを平気で口にし、人に嫌がらせしても平気でいることができる連中だから、彼ら彼女らがどういうタイプの人間たちか容易に想像できるだろう。

そういう場所には正義は無い。ただのひとつもである。正義に見せかけてはいるが、実際はその正義のメッキを剥がせば、恐ろしい形相の人食い動物がキバを剥いている姿が見えることだろう。

boscombe at 23:47|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!その他 

2007年05月12日

日本人は、本当に無宗教なのか。

よく巷で、日本人は無宗教であるという、意見を聞くことがある。

田中「あなたはクリスチャンですか」
村瀬「いえ、違います」
田中「じゃあ、仏教なんですね」
村瀬「ええ、まあ」
田中「お寺さんには、ちょくちょく行かれるんですか」
村瀬「いえ、滅多にいきません。法事があるときくらいかなあ」

とまあ、日本人はこんな具合に宗教を考えているのが普通ではないでしょうか。
きちんと法事も執り行う手はずなどをしていれば、無宗教と云われる筋合いもないはずなのです。

ところが、世間には新宗教というのがあって、これがまた曲者。新宗教の全てが悪い人たちだとは、言いません。ただ、酷いのになると、信者を騙して金品を収奪したり、奉仕と称してタダでこき使おうとしたり、挙句はセクハラ・強姦未遂・脅迫まがいなどなど。あきれ返るようなところもあります。つまり、鼻つまみもの。

それから、宗教の勧誘には、新宗教団体が圧倒的に多い。そんな嫌な連中に関わりたくないから、ひとは無宗教を装うんだと思います。

それは、譬えてみれば精神の癌細胞。肉体の悪性腫瘍ならば外科手術で切除すれば、命をとりとめることもできます。これと同じように誰かが、社会から切除しなければ犠牲者が無くなることはないのではないでしょうか。アメリカみたいに軍隊まで出動して対応してくれれば良いのですが、今の日本ではそれはなかなか難しい。首相も、昔のフランス国王みたいに、総理になった途端に政治的な影響を鑑みて、伝統的な宗派に無理やりでも改宗してくれるようだったらよいのですが。マスコミの噂は信じたくは無いですが、火の無いところに煙は立たず、でしょうか。

boscombe at 07:11|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!その他 

2007年05月11日

本末転倒もはなはなだしい

どうして、自分を磨かずに、宣伝ばかりするのだろう。
変な人たちを観察する機会にめぐり合うたびに、そのように感じ考えてしまう。
中身がからっぽ同然なのに、どうして宣伝ばかりするのだろう。丸々に毛が生えた程度の水準なのに。それでも、彼らに寄っていく人々も災難だ。金品を収奪され、挙句はセクハラ・パワハラ、果ては常識が判らなくなってしまう精神倒錯の犠牲とされるお粗末ごとが、待っているのだろう。

他人、ひと様への宣伝よりもまず先に、自分らの修行が第一であるべきでしょう。それでなければ、本末転倒というほかはない。被害者と加害者が生まれ、程度が過ぎれば、加害者は刑務官のお世話になるのだろうか。

boscombe at 22:33|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2007年05月10日

外見は正しそうにみえるが、根が悪い人たち

世の中には、いろんな人がいて、外見はもっともらしいことを言うけれど、中身は何かを隠していて、騙して金を搾取しようとか、タダでいいようにコキ使おうと企んでいる人たちが一杯いる。

職業が漫才師ではないのに、40/50歳とかのよい年齢なのにかかわらず、漫才の真似事をしている人には注意したほうがよいでしょう。

何かを隠そうとしているのです。邪悪な何かを隠すために、漫才のネタで笑いを誘いごまかそうとする。裏には、セクハラ、パワハラ、強姦未遂、婦女暴行、などなどのいかがわしいことが隠されている可能性大です。

本当に正しい人は、漫才師でもないのに、公の場で漫才なんか絶対やりません。公の場で、下ネタなど決して言いません。

boscombe at 23:35|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!その他 

2007年05月09日

精神病や犯罪は、すべて悪霊の憑依によっておきているか?

精神病や犯罪はすべて悪霊の憑依によっておきている、と主張するひともいます。ですが、私はそうは考えません。そういう風に考えるのは、ある種の責任逃れでしかありません。ただ単に、自分の欲望に敗北しただけということもあるでしょう。自分が悪いのに、それを霊などのせいにするのは卑怯な行為です。

悪質な者による持続的なマインドコントロールによっても、精神病になる事例が散見されるのです。

また、憑依の存在は、ふだん特には考えるべきではありません。いったん、そういう習慣をつけてしまうと、たちまちにして悪質な霊感商法の餌食にされてしまいます。

boscombe at 23:24|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!