2014年12月14日

母子相姦日記 − 別れ? その3

20141214



こんにちは、マサヤです。

天気が荒れてる所が多いみたいですが、みなさん大丈夫ですか?
僕の所も少し雪が降っています。


今日は、日記の続きをUPします。

前回の続きです。・・・・


僕は、腰を動かしながら、結合部に意識を集中します。
僕の肉棒が、母のマンコに突き刺さり、ここで、僕と母は繋がっているのです。
普通の親子と違い、血の繋がりだけでなく、肉体でも繋がっているのです。
僕の肉棒が動く度に、僕の亀頭のカリが母の柔らかい膣壁を擦り上げます。
それによって、母が僕に・・・、僕が母に・・・、お互いに快感を与え合っているのです。

母が、起き上がり、上になります。
騎乗位です。
母は、腰をクイックイッと巧みに激しく動かし、快感を求めます。
「あぁ、イイっ、擦れるぅぅう。 マンコ、、イイぃぃ。。マサヤぁぁ。
母は、身体を後ろに反らす格好になります。
結合部が、朝日で丸見えです。

肉棒がマンコを押し広げて突き刺さり、ビラビラが肉棒に絡み付いています。
もちろんマンコも肉棒も愛汁まみれで、ヌラヌラとテカっています。
「お母さん、繋がってる所が丸見えだよ。 お母さんのマンコが肉棒をガッツリ咥え込んでるっ。」
「だってぇ〜、マサヤの肉棒、気持ち良いんだもん。離したくないっっ。」
「でも、こうやって明るい所で見ると、イヤらしいね。 お母さんも見たら?」
「ぃ、いやぁ〜ん。」
そう言いながらも母は、前屈みになり結合部を覗き込みます。

「ぁぁ、濡れ過ぎてるぅ、恥ずかしいわぁ。。 で、でも、マサヤの肉棒が私のマンコにズッポリ入ってるぅぅ。」
「うん、凄いね、お母さん。 母子でこんな風に交尾するなんて、イヤらしいね。」
「ぃ、言わないでぇ。息子に肉棒を突っ込まれて、こんなに愛汁を垂れ流してる母親なんて・・・。。ぁぁぁ、、ぃぃぃ。。」
母は、腰を痙攣させながら、僕に抱き付いてきます。

「あれ、もしかして、逝っちゃったの? お母さん。」
「・・・・、、ぅん。」
母は、僕にキスした後、僕を見つめながら言います。
「マサヤぁ、愛してるわ。
「僕も愛してるよ。」
「え〜っ、ホントに愛してる?」
「愛してるよ。・・・ただ、自分の母親に言うのは照れるから。。」
「ぁぁ、マサヤぁ。」
僕と母は、舌を絡ませキスをします。

母が、ちょっとハニカミながら呟きます。
「そう言えば・・・、昨日、チビが弟か妹が欲しいって言ってたわよ。」
僕と母は、見つめ合います。

「ははは、お母さん。」
僕は、笑いながら身体を起こし、騎乗位から正上位に体位を変えます。
チビが、そんな事をまだ言うはずありません。
自分(母)の希望をチビのせいにして、言ったんだとすぐ分かりました。(笑)

僕は、母を見つめながら、
「どうする? チビの願いを叶えてあげる?」
「そうね、それが良いわ。(笑)」

「よ〜〜しっ。」
僕は、母の両脚を掴み、V字に拡げ、マンコを勢いよく突きます。
「あぁ、マサヤぁ。。ぃぃ。。」
「僕も、気持ち良過ぎて腰が止まらないよ。」
僕は、結合部を見ながら、突き続けます。
ズボッズボッと、音を立て肉棒が母のマンコに凄い勢いで出入りします。
僕の肉棒は、白く泡立った愛汁が絡み付いています。

次に、僕は母の腰を持ち、肉棒を下から上への縦の円運動の様に腰を動かし、母の膣壁を擦り上げます。
「うぅ、、ぁぁぁぁ、いぃ、、、ぃぃぃ。。。マサヤぁ、 こ、コレ、、は、いつもと違うぅ。」
「そうかい?」
僕は、いつも同じ腰の動きではダメだと思い、変えてみたのです。
「そ、そうよぉ、ち、違うぅぅ。 あ、浅い所から深い所まで、ぁぁ、こ、擦り上げてくるの、ぉぉ。。イイぃぃ。」
僕は、腰を回しながら、時々、思いっきり肉棒の根元が沈み込むまで、膣奥へ肉棒を押し込みます。

「あぁぁぁ、、ああ、、ぅ、いぃ、、お、奥まで、、深い所まで、、き、来てるわぁぁ。ぃぃ。。」
「こんな感じ、好きでしょ。お母さん。
「す、好き〜〜っ。。好きよ〜っ。 ぁぅぅ、、だって、だって、、マサヤだけなの、こんな深い所まで、私の中まで入って来るのは・・・。」
母は、両手で布団を掴み腰を浮かせながら、身体を反らせ感じています。
このような母の感じてる姿は、見ていて非常に興奮します。

「うん。知ってるよ。お母さん、いつも言うじゃん。 お父さんや今までの男は、こうやって奥まで届かなかったってさ。」
僕は、肉棒を思いっきり押し込みます。
「あ〜〜ぁ〜〜ぁぁ、、す、すごぉい、お、奥っっ、、すごぉぃのぉ、マサヤぁぁぁ。。」
根元まで肉棒を押し込み、擦り上げるので、僕の恥骨周りも愛汁でベトベトです。

「ねぇ、お母さん。 僕の肉棒、好きでしょ。」
「好きっ。。 ちょうど、、、ちょうど良いの、マサヤの肉棒っ。」
「ちょうど?」
「ええ、マサヤが根元まで推し込んだ時、マサヤの先っぽが、私の子宮口を拡げて入って来る。」
「うん、分かる。」
「そう、これ以上、長くても短くてもダメなの。マサヤの肉棒の長さが、私の膣とピッタシなのよぉぉ。だ、だから、良いのっ、気持ち良いのよぉぉぉ。
「そうなんだ。。やっぱり、僕とお母さんは、相性が良いんだっ。 だから、僕もお母さんから離れられないんだ。」
「あぁ、マサヤぁ。 わ、私もっ、私もマサヤから離れられないっ。」
激しい交わりで、僕の額から汗が、母の胸元に滴り落ちます。

僕は、母に抱き付き舌を絡めます。
汗で、お互いの肌がネットリ絡み付きます。
「お、お母さんっ。 僕、頑張るよ。お母さんとチビを幸せにするように。。」
「ま、マサヤぁ。嬉しいわ。 でも、無理しなくて良いわよ。 今でも充分幸せだから。。」
肉棒を母の膣奥まで収め、身体を密着させ、心の込もったキスをする。
こんなに気持ち良い事はありません。

「ぉ、お母さん。。ち、チビの願いを聞いてあげても良いかな?」
「ふふっ、、マサヤは、お父さんだから、子供の願いは聞いてあげないとダメよね。」
母は、微笑みながら言います。

僕は、母の手を握り、指を絡ませ、見つめながら言います。
「お母さん、愛してるよ。」
「ぁぁ、マサヤぁ、私も愛してるっ。」
「もう1人、僕の子供を産んでっ。」
「ええ。 産ませてっ。私に、もう一度マサヤの子を産ませてっ。」
僕は、母と身体を密着させたまま、腰を動かします。

「あぁ、お母さん。。」
「・・・マサヤ、、お母さんじゃないわ。 今は、、、子作りする時は、私はアナタの妻なの。 これからは母子で子作りするんじゃない、夫婦で子作りするの。 でしょ?」
「あぁ、サトミぃぃ。 そうだっ、今、僕達は夫婦だね。」
「アナタっ。
僕は、もう一度母にキスします。

肉棒を出し入れしながら、舌を延々と絡ませます。
肉棒からの快感と、舌からの快感で、意識が飛びそうです。
「サトミ、、サトミぃぃ。」
「ぁぁ、アナタぁ、、アナタぁぁ。。」
舌を絡ませながら、時々、お互いの名前を呼び合います。
僕が、「サトミ。」と呼ぶと、膣がキュッと締まります。(笑)

僕は、母のマンコを凄い勢いで突きまくります。
近くのタンスが、ガタガタと揺れています。
「ぁぁ、、もぅ、、さ、サトミ、出すよ。」
「あぁ、来てっ。。 頂戴ぃぃ。アナタの精子っ。」

僕と母は、身体を密着させ、手を握り、見つめ合いながら交わり続けます。
「サトミっ。」
「アナタっ。」
僕は、母を強く抱き締めます。

「い、逝くよ。 出すよ、、チビの、妹の種を、サトミの子宮に出すから・・・。」
「ええ、いっぱい出してぇぇ。全部受け止めるからぁ。アナタぁぁ。」
僕は、もの凄い勢いで、腰を振ります。
「あぁ、あぁ、あぁぁ、、アナタぁ、アナタぁぁ。 チビの、妹を、、妹を作るのぉぉ。」
母は、大きな声で叫びながら、僕の背中に手を回し、爪を立てます。

「ああ、僕達夫婦で、今度は女の子を授かろう。」
「ええ。」
「う、ぅぅ、い、逝くっ。。で、出るよぉぉ。 サトミぃぃぃぃぃ。」
「ああ、出してぇぇぇ、アナタぁぁ、、い、今よぉぉ、、出して、出してぇぇぇ。。
母が腰を突き上げると同時に、僕も絶頂に達し、亀頭を子宮口に押し込みます。
そこで、一気に精子を吐き出します。
「逝くっ!! ううううう、、、さ、、サトミぃぃぃ。サトミぃぃぃ。」
「ああぁぁ、、いい、、ぐぅぅっ、、、アナタぁ〜〜〜〜、、アナタぁ。」
母は、身体を痙攣させ、両脚で僕の腰をカニ挟みしながら、僕に凄い力で抱き付いて来ます。
僕も、母を抱き締めながら、キンタマを絞り上げ、ありったけの精子を母の子宮に送り込みます。

「うぉ、うぉっ、、ああ。。さ、サトミぃぃ。
「ぅぅ・・・・・・・。」
母は、言葉が出せないほど、逝ったようです。

僕と母は、数分間抱き合ったままでいます。
強い快感が、徐々に穏やかな快感に変わっていきます。

僕が肉棒を抜こうとすると、
「いやっ、アナタっ。 もう少しこのままでいて。」
「ぁ、う、うん。」
僕と母は、抱き合ったままキスを繰り返します。

僕の中で、これが本当の、正しい子作りなんだと感じます。
セックスのプレイの一環でする子作りとは、心の充実感が違います。
母は、これを僕に教えたかったのだと思います。

僕は、ゆっくりと肉棒を抜きます。
母のマンコから、子宮から溢れた精子が少し流れ出ます。

マッタリしていると、チビが目を覚ましました。
こうして、僕と母の始めての喧嘩は終わりました。

その日は、3人でゆっくりと過ごしました。





まだの人は、一度お試しを。
無料ポイント付いて来ますよ。

ワクワクメール

僕もマメに掲示板をチェックしてますが、最近、20代の女性が多いですよね。
僕は、熟女が好きなので30代〜を探しているのですが、最近の書き込みは20代が多く、少しガッカリです。
でも、逆に20代の女性が好きな人は、今がチャンスです。



実際の女性と話すのが苦手な方は、ヴァーチャルで・・・。

マダムとおしゃべり館

母子相姦ごっこで、オナニーも出来ます。






bosikan at 16:40|PermalinkComments(20)TrackBack(0)
livedoor プロフィール
マサヤお薦めです。

30代〜50代の素人熟女にこだわって 日本全国から主婦やOLを集めたライブチャットサイトです。
一般家庭から参加している素人熟女とテレビ電話の様にお話ができ、 ”エロしてよし””口説いてよし”の超穴場スポットです!

私も実際にやっていて、はまっています^^;


最新記事