体験談

2009年05月13日

母子相姦日記-告白 その15

fd78e24f.jpgいつも応援して頂き、ありがとうございます。

今日、UPした内容は、正直、書こうか書くまいか、非常に悩みました。

ヒロミおばさんのプライバシーの事、僕の子供っぽい考え、人の道を大きく外れた行為を晒さなくては、書けない内容だからです。

途中で書くのを止めようかとも思いました。

しかし、もともと今までの僕の行為は、人の道を外れてますし、みなさんにこのような事もあるというのを知って欲しい為、あえてUPさせて頂きました。
(本当は、今でも迷っています。)

内容が内容ですので、数日で削除するかもしれません。

ご了承下さい。




4月13日・・・・・

母と佐藤さんと、3Pをした次の日、ヒロミおばさんからメールが来ました。
ヒ:(お陰さまで、元気になりました。お見舞い、ありがとうね。)
マ:(良かった。。良かった。また、ヒロおばさんと、Hしたいなぁ〜。)

ヒ:(うん。私も、したいわ。。実は、来週から主人が出張するから、マサヤ君、一緒にミニ旅行でも行かない?)
マ:(旅行?2人で?)
ヒ:(もちろんよ。)
マ:(僕は、いつでも学校休めれるから良いけど・・・。ミカ(ヒロミおばさんの娘)ちゃんが居るでしょ。)
ヒ:(何言ってるの。ミカは、4月から京都の大学に行ってるのよ。下宿。だから、来週は、私1人ぼっちなの^^)
マ:(おっ!じゃあ良いね。おじさんは、いつまで出張なの?)
ヒ:(20〜26日よ。年に2〜3回は、出張があるの。)
マ:(グッドタイミング。。どこに行く?)
ヒ:(22、23、24日で、2泊3日。高山でも行かない? GW前だから混んでないと思うし。)
マ:(OK。。OK。。良いよ。学校は、休むよ。)
と、言う事で、ミニ旅行に行く事に決まりました。

予約も、お金も、ヒロミおばさんが出してくれます。
僕は、ウキウキです。



4月22日 旅行1日目・・・・・

昼1時にヒロミおばさんと、名古屋駅で待ち合わせです。
最初は、車で行こうと思いましたが、電車の方が楽なので電車にしました。
「飛騨ワイドビュー」という、快適な列車があります。

ヒロミおばさんは、少しお洒落をしてきてます。
ヒザ上のミニスカートからは、色っぽいストッキングを履いた脚が伸びてます。
「おはよう。マサヤ君。久しぶり〜。」
「あ、おはよう。。 ヒロおばさん、もう元気そうだね〜。(笑)」
「うん。。イッパイ休んだからね。もう大丈夫よ。(笑)

電車の中では、世間話しで盛り上がりました。
今まで、僕の家族と、ヒロおばさんの家族、みんなで旅行には何度か行った事はありますが、2人きりは初めてです。
僕は、かなり気分が高揚しています。

「ねぇ。。。私達、他からは、どう見られてるかな?」
「う〜ん。親子・・・には、見られないと思うよ。 カップルぐらいかな。。。(笑)」
「ふふふっ。意外と、夫婦に見られたりして・・・・。(笑)」
「ふ、夫婦って・・・・。アリかもね。(笑)」
僕は、夫婦と聞いて、なんか大人になった気分になってしまいます。

3時ごろに高山に着きました。
そのまま、すぐに旅館にチェックインしました。
夕食まで、少し時間があったので、近くを散策します。

ヒロミおばさんが、時々、腕を組んできます。
気分は、恋人か夫婦です。。
なんか、舞い上がっている自分が分かります。
こんな風に、日常を一緒に過ごした事はなかったので、ヒロミおばさんが、可愛く見えます。

夕食の前に、大浴場に行って汗を流します。
やっぱり、広いお風呂は気持ちが良いです。

部屋で、ゴロゴロしてると、ヒロミおばさんも大浴場から帰ってきました。
なんか恥ずかしそうに、部屋に入ってきます。
「お化粧を落として、スッピンだから、少し恥ずかしいわ。」
「あ、全然キレイだよ。僕のお母さんよりも若く見えるよ。」
お世辞でも無く、ヒロミおばさんは、スッピンでも綺麗です。
それに、浴衣?姿のヒロミおばさんは、色っぽいです。

ブラは、してないみたいで、胸元からチラット見える白い乳房がソソります。
前が少しはだけると、白のレースのパンティが見えて、もう堪りません。
「ちょっと。。。マサヤ君、目付きがイヤらしいわよ。さっきから、チラチラと・・・。
「あ、ぁ、だって、、、なんか、ヒロおばさん、色っぽいから・・・。
僕は、肉棒がムズムズしてきました。

夕食は、会席料理で、綺麗で量も多かったです。
飛騨牛の朴葉味噌は、美味しかった。
ビールで、乾杯もしました。

「マサヤ君は、今まで、何人の女性と経験あるの?」
「え、、う、うん。。・・・6人ぐらいかな。。」
「みんな年上の女性なの?」
「1人は、年下だけど、後は、年上ばかりだよ。。」
「マサヤ君、まだ若いから、色んな女性とHすると良いと思うけど、・・・でも、私、妬いちゃうかも。

「ぅ・・・・・・。じゃあ、ヒロおばさんは、何人ぐらい経験があるの?」
「わ、私・・・? 私は、結婚前に2人。結婚してからは、主人だけよ。。」
「へ〜っ、意外と少ないんだね。」
「私、結構一途なのよ。。」
「僕のお母さんとは、大違いだね。(笑)」
食事の時も、色々と話をして非常に楽しく過ごしました。


「マサヤ君、そんなに飲んで大丈夫なの?」
「大丈夫、大丈夫。。僕、嬉しいんだ。今日は、気分が良いんだ〜。」
食事後、僕は、布団の上に大の字になってしまいました。

「マサヤ君、大丈夫? 酔っ払ってるの?」
「うぅぅん。。酔ってないよ。・・・・いや、少し酔ってるかな・・・。。

それから僕は、そのまま寝てしまったみたいで・・・。
目が覚めると、11時頃で、ヒロミおばさんは、1人でテレビを見てました。
「あぁ、なんか知らない内に寝ちゃった。。」
僕は、そう言いながら、ヒロミおばさんのひざの上に頭を持っていきました。
「ヒロおばさん、膝枕して〜。。」
「ふふっ、、もう〜、しょうがない子ね。」
ヒロミおばさんは、僕の頭を撫でてくれます。

ヒロミおばさんは、顔を近づけてきて、
「ねぇ、マサヤ君。。。今日は、ホントに良かったの? 私のような、おばさんと2人で、旅行なんて・・・。
「え!何言ってんの。。変な事言わないでよ。 僕、凄く楽しいよ。」
「ホント。。。。もちろん、私もよ。。。ねぇ、まだ酔ってる? 今日は、もう寝る?」
「え、寝る? そんなぁ〜。。・・・でも、ヒロおばさん、疲れてるなら寝たほうが良いかな。

「ふふふっ。。ありがとう。マサヤ君、私の身体を気遣ってくれて。。」
ヒロミおばさんは、僕にキスをしてきました。
「我慢しなくて良いのよ。。ホントは、私も、したいのよ。。。

僕は頭の向きを変え、ヒロミおばさんの浴衣の前を開きます。
ヒロミおばさんの、白い乳房が露わになります。
僕は、片手で胸を揉みながら、もう片方の乳首に吸い付きます。
「あぁぁ、ぁ、ぁ、、ま、、、、ま、マサヤ君・・・。」

僕は、部屋の電気を消して布団の上に転がります。
今まで、明るい状態でHしてたので、薄暗い中でのHに、妙にリアルに感じて興奮します。
「なんか、こうして寝る前にHするのって、いつもと違って、興奮するね。」
「そうね。。。なんか私も、今日は、変な気分よ・・・。

お互いに、浴衣を脱ぎ、下着も脱ぎます。
「あっ! ヒロおばさん、パイパンになってる。。」
「あ、、、だ、だって、マサヤ君が、剃ってキテ。って、言ったから・・・。今朝、剃ってきたの。。」
「あぁ、凄いよ。プックリしてて、綺麗。。。。興奮するね。

僕は、ヒロミおばさんに覆い被さります。
「マサヤ君、、なんか私、火照ってるみたい。。今日は優しくして欲しいなぁ・・・。」
「ヒロおばさん・・・。今日は、ゆっくりしようよ。。時間は、タップリあるからさ。。。」
「えぇぇ、、お願い。。ゆっくりしましょ。。。」
僕は、上から下へと、ヒロミおばさんの全身に舌を這わせます。
足の先から、フトモモ、、そして、マンコの横まで舌を這わせます。

ヒロミおばさんのパイパンマンコからは、愛汁が流れ出てきてます。
でも、マンコは舐めず、横辺りをチロチロと舐めます。
「あぁぁん、イジワルしないで。。。オマンコを舐めて・・・。」
パイパンなのに、ビラビラは大きく黒ずんでいます。
そのギャップが、非常にイヤらしく見えます。

僕は、愛汁を舌先ですくい取り、丁寧にマンコを舐めます。。。
「あぁぁぁ、、イイ。。イイっ。。感じるっ。。。」
ヒロミおばさんは、僕の頭を掴み感じています。

「あぁ、ヒロおばさん。。美味しいよ。。。愛汁も甘くて、美味しいよ。。」
「あっ、あっ、あっ、あぁぁ〜、そ、ソコ〜、気持ちイイ〜っ。。
僕は、クリを舌で転がしたり、ビラビラを噛んで引っ張ってみたり、時間をかけて舐めまくります。
時には、ビラビラを大きく広げて、舌先を中に突っ込んだりもします。
2〜30分は、舐めてたと思います。
その間に、ヒロおばさんは、何回か逝きました。。

「あぁ、マサヤ君。。。私にも、私にも、肉棒を舐めさせて。。。
僕は、身体を起こし、ヒロミおばさんの横に寝ます。
ヒロミおばさんは上になり、僕の首筋から、乳首、へと、ゆっくり舌を這わせます。
そして、肉棒を持つと、根元から先端にチロチロと、舌を這わせます。
「あぁ、硬い。。逞しいわ。。素敵。。。」
そう言うと、亀頭をズッポリ咥えます。

ヒロミおばさんは、根元まで咥えようとするのですが、
「んぐッ、んぐ、。。。はぁ〜、、大きいから根元まで、咥えきれないっっ。。。ゴメンね。。」
それでも、ホッペを凹ましながら、ジュル〜ッ、ポン。ジュルル〜ッ、ポン。と、肉棒に吸い付きます。
凄くイヤらしい表情で、本当に美味しそうに舐めます。

「うぅぅぁ、気持ちイイよ。ヒロおばさん。。。 おじさん(ヒロミおばさんの旦那)や今までの男性にも、こんな風に舐めてあげてたの?」
「あんっ。。もう〜っ。。してないわよ。。・・・マサヤ君の肉棒だから、こうして舐めてるの。。。」
「ホント。。。他の肉棒も、そんな風にイヤらしく舐めてたら僕、イヤだな・・・・。」
「あらっ。。。マサヤ君、ヤキモチ焼いてくれてるの。。。?。。」
「いぃ、、いや。。別に・・・。

ヒロミおばさんは、肉棒をシゴキながら、金玉舐めたり、口に含んだりします。
さらに、お尻の穴も丁寧に舐めてくれます。
「はぁぁぁ、、マサヤ君の肉棒、美味しいわ。熱くて硬いし、逞しい重量感。。。いつまででも、舐めていられるわっ。。
僕の肉棒から、お尻の穴の方まで、ヨダレで、ベトベトです。
たっぷりと、ヒロミおばさんのフェラを堪能します。

「ヒロおばさん・・・・。」
僕は、身体を起こし、ヒロミおばさんを抱きしめ、舌を絡ませます。

「あぁぁ、ねぇ、もう、マサヤ君と繋がりたい。。1つになりたいわっ。。。」
「うん。僕も、ヒロおばさんのマンコに、挿れたいっ。。パイパンマンコに、僕の肉棒を差し込むよ。」
そう言うと、僕は、イヤらしいパイパンマンコに、ゆっく〜り、肉棒を押し込みました。
「あぁぁぁ〜〜。。。入ってくる。。マサヤ君の肉棒が、、私の中に。。。

僕は、ヒロミおばさんを抱きしめたまま、腰を動かします。
「あぁぁぁ、、久しぶりのヒロおばさんのマンコ。。。気持ちイイよっ。。。」
「ハァハァ。。。あぁ、ま、マサヤ。。。マサヤの肉棒も素敵よっ。。欲しかった。マサヤ君の肉棒をオマンコに欲しかったの〜。」
「僕もだよ。僕も、ヒロおばさんのマンコに入れたくて、入れたくて。。。。

僕は、身体を起こすと、両足を肩に乗せ、肉棒を奥まで押し込みます。
「あぁぁぁ〜〜、、、あ、ま、マサヤ君〜。。素敵っ。。逞しいわ。。。」
僕は、ホロ酔い気分も手伝って、気分は最高です。

パイパンマンコに肉棒が、出入りする様は、凄くエロいです。
僕の肉棒も、白く泡立った愛汁で、ベトベトになってます。

その後、バックで突いたり、ヒロミおばさんが上になったりと、ゆっくり楽しみます。
かなり長い時間交わった後、休憩を兼ねて正上位のまま肉棒は抜かずに、舌を絡めます。
2人とも、身体は汗ばんだまま、抱き合います。

非常に、心地よいです。
「はぁぁぁ。。マサヤ君、肉棒は、抜かないで・・・・そのままでいて。。」
「うん。。。

「ヒロおばさん、、、、あ、あのさー。ちょっと聞いても良い??」
「んっ。。何?。。。」
「も、もし、僕が3Pをヤリタイって言ったらヒロおばさんは、どうする?」
「えっ!! 3Pって・・・・。他の男性を交えてスルって事?」
ヒロミおばさんは、目を丸くして驚いた。

「うん、そう。。。他の男性と2人で、ヒロおばさんを苛めるんだ。。。」
「・・・・・う〜ん。。。マサヤ君の願いは、何でも聞いてあげたいけど・・・。それは、イヤ。。」
「何で?」
「イヤなのっ。。。今は、マサヤ君、以外の人と寝たくないし。。。。裸を見られるのもイヤかな。」
「絶対に?」
「うん。。したくないわ。。。3Pなんて。。。

ヒロミおばさんは、僕の目をジッと見つめて言います。
「ねぇ、、、何でそんな事言うの? もしかして・・・、もう私に飽きてきたの? おばさんだから?」
「い、いや。違うよ。絶対に違う!!。。実は・・・。

僕は、先日の母との3Pの状況を話しました。
ヒロミおばさんも、他の男性が欲しいのか、聞きたかった。と、話しました。

「心配しないで、マサヤ君。。。私は、サトミ(母)とは違うわ。。心配しないで。。。
「う、うん。。ありがとう。。ヒロおばさん。。。」

僕は、ゆっくりと肉棒を出し入れします。
「あぁ・・・、ひ、ヒロおばさんっ。。。。」
「あぁぁぁ、私は、マサヤ君だけよ。。。マサヤ君の肉棒以外は、欲しくないの。。。
僕は、ヒロミおばさんの、胸に顔を埋めます。

「ねぇ、マサヤ君。。。私も、・・・・私も話したい事があるの。。」
「ん? 何? なに?」
僕は、腰を止めて聞きます。

「私、しばらく基礎体温を測ってたんだけど。。。実は・・・、今日と明日は、一番妊娠し易い日なの。。。」
「えっ!!!・・・・そ、そうなの?
「うん。。だから旅行も今日にしたの・・・・。

「私・・・、本気なの・・・よ。。本気で、マサヤ君の子供を身篭りたいの。。。」
「え・・・、ぅ、・・・・・・ぅ。。。。ほ、ホントに?
僕は、どう答えて良いのか分かりません。
しばらく、沈黙が続きました。

お互いに、見つめ合います。
ヒロミおばさんが、ポツリと小さな声で、言いました。
「実は、・・・・・・・・・ミカ(娘)は、私の子じゃないの。。。」
「・・・・・!!!!・・・えっ!!!
僕は、最初、何を言っているのか全然、理解出来ませんでした。


続きます・・・・


bosikan at 17:31|PermalinkComments(11)
livedoor プロフィール

マサヤ

マサヤお薦めです。

30代〜50代の素人熟女にこだわって 日本全国から主婦やOLを集めたライブチャットサイトです。
一般家庭から参加している素人熟女とテレビ電話の様にお話ができ、 ”エロしてよし””口説いてよし”の超穴場スポットです!

私も実際にやっていて、はまっています^^;


Archives