うなっくすです。8/14の釣行記から早くも1ヶ月。また更新が滞ってしまいました。

この間、夏休み後半の息子と釣行計画を立てるものの、呪われたように大雨と強風で断念。そのうち、ヒマだったオッサンの本業も急にバタバタし始めて、いつしか釣況チェックすらご無沙汰になってしまいました。

我が家の狭い冷凍庫には、前回の釣行でGetしたコレが眠っています。
P1010181
歴史と戦国武将が大好きな息子が 「コノシロは “この城を食う” って意味に聞こえるから、戦国武将は食べなかったんだよ」 と、マメ知識を披露してくれます。でもね、オッサンは最初っから、食う気なんてゼロ。

これだけデカいと脂がすごくて、三枚卸しにすると包丁もまな板も脂でベトベトです。
P1010192
こんなに脂が乗っていたら、猛烈な小骨は覚悟の上で、食べてみたくなってしまいますが、グッと我慢。

2尾ともフーレにして、食塩で脱水します。
P1010197
十分に水気を抜いて、ギュッと身が締まったら至福の時間。柳刃包丁で短冊状にカットすると、バリバリと小骨が切れる音が聞こえます。

何事も、準備が肝心。プロセスが重要。いい感じです。
P1010200
こんな見事なコノシロの身エサも、冷凍庫を占領すること1ヶ月。使い道のないまま、年末に捨てられる運命なのか…。

そんなある日、来客との会食を終えてスマホを見ると、LINEメッセージがてんこ盛り。15件も入ってます。どうせ、「牛乳買ってきて」 「あっ、ヨーグルトもね」 「大根がないからお願い」 と、ついでに買って来い!というリストでしょう。既読スルーしてやろうかな…。

ありゃ?ひだまりさんからですよ!なになに…。

ほほ~ん。

へぇ~。

いえいえ、こちらこそ。

なるほど。

おっと!

さすがっ!

ありゃま。

えぇ!?

マジっ!?(生唾ゴックン)

やや血圧上昇。フラつくので深呼吸。スー、ハー。

全文を読み終わるや否や、急遽帰路を変更。近所のスーパーに向かいます。

言われる前にやるのがポリシーです。牛乳と、ヨーグルトと、大根と、あと、頼まれてないけど、生サンマ。

って、ありゃ?何回見ても、サンマが見当たりません。あれ~?興奮しすぎて、頭イッちゃったのかな?落ち着いて、もう一周。

やっぱり、ありません。

すると偶然、20年来のお付き合いになるバイヤーを発見。「まいど!お世話になりますっ!バイヤー、今日は生サンマ、もう売り切れちゃったんですか?」

…。

9月中旬の鮮魚売場に生サンマがありません。これで未入荷は4日連続とか。

バイヤー曰く 「とにかく品がない」 「あってもアホみたいに高い」 と。ヒネ物の解凍サンマも、相場上昇を狙って商社や水産会社が在庫を隠し始めて、入手困難らしいです。

生サンマのない秋。いや、別に、食いたいんじゃありません。

どうやら、アレが釣れてるらしんです。そんなに釣れているんじゃ、コノシロだけじゃ足りないかも知れません。だから、どうしても、生サンマが欲しいんですっ!

仕方ありません。牛乳とヨーグルトと大根をぶら下げて帰宅。気持ちを入れ替えて、1年ぶりに道具を引っ張り出します。

ハリ、よーし!
P1010208
ワイヤーハリス、よーし!
P1010210
ケミホタル、よーし!
P1010211
美人妻のご機嫌、よーし!

生サンマが不安ですが、行ってきますっ!

うなっくす。