2005年12月22日

オレンジも5ヶ月になりました!

忙しさにかまけて2ヶ月近くブログさぼりました。
今日から心機一転頑、頑張ってアップするぞ〜
(年賀状にこのアドレス載せてしまったので・・・)

前に紹介した我が家の愛犬、オレンジが20日で5ヶ月になりました。
飼い主に似て成長がすこぶる良くてナントすでに体重4.6kg。
お医者様いわく肥満じゃないから大丈夫。
でも、かなり大きくなるかもだって。

オレ1

人間でいえばまだ幼稚園児ぐらいだけど
歯も永久歯になり鼻も長くなってちょっと大人っぽくなってきました。

オレ2
ご主人さまのお腹に上で寝るのがお気に入りなんですが
(たぶんクッションが良いらしい!?)
ちょっと体重オーバーな今日この頃でした。

さあこれからお互いのダイエットのために散歩行ってきま〜す!

  
Posted by boss4173 at 20:18Comments(1)TrackBack(0)

2005年10月31日

Devun Walsh

ひぇ〜10月も今日で終わり!!
何か早くないですか!
今年もあと2ヶ月か〜〜
気がつけば今月の投稿2回目じゃん。
ホント!ブログさぼってましたスミマセン・・・

デバン1
というわけで今日はビックネームとランチしましたよ!
渋いトリックで日本人にも人気の高いFORNMのDevun Walsh。
FORUMのプロモーションで来日とのことで地方を回って今日帰国だそうです。


デバン2
ランチタイムということでDevunのリクエストでうどん屋へ。
Devunのオーダーは「豚の角煮うどん」
テーブルに置いてある七味唐辛子に興味津々。
このお店、テーブルの唐辛子が3種類あって辛さが違うらしい。
どれが一番辛いかを聞いて当然一番辛いやつにチャレンジ!!
最初に4〜5振りしてファーストトライ。
まだまだ余裕の表情でさらに4〜5振り。
GOOD!といいながら額に汗が・・・
途中、気管にはっておもいっきり咽せてました。
なめんなよ!ジャパニーズホットチリペッパー!!!
でもさすがDevun、汗かきながらもスープまで完食してました。

デバン3

唐辛子パワーで今シーズンもこれで渋いトリックを見せてくれるでしょう!?
応援してるよDevun Walsh。  
Posted by boss4173 at 16:36Comments(0)TrackBack(0)

2005年10月04日

シボレーSSR

今年の5月、ハンティントンの海岸線で見た事の無い黄色のピックアップを目撃した。
トラックの様なスポーツカーの様なオープンカーはカリフォルニアの青空に妙にマッチしていて強烈に印象に残っていた。

SSR1
最近、気になる車がないなぁと思っていた矢先。
本屋でアメ車雑誌をペラペラと眺めていると何とLAで見たピイクアップが紹介されていた。
車名は「シボレーSSR」
元々はインディ500のペースカーとして登場したらしいが2004から量産しているとのこと。
電動開閉式のメタルトップを装備する2シーター・ピックアップでまさにアメリカならではのモデルだ。
05年からエンジンがC6コルベットと同じLS-2を搭載し最高出力は360馬力、4速ATに加え6速MTも用意されるなど、じつは隠れたリアル・スポーツカーでもある。

SSR2
2シーターのスポーツカーもいいけどカーゴスペースが欲しいという人にはもってこいの1台だ。
荷台にサーフボードやスノーボードをのせてもきまるし、ホテルに乗り付けても様になる。
50年代の古き良き時代のトラックと近未来のスタイルが見事に融合している。
カエルの様な愛嬌のある顔と曲線をつかったボディーがなんともセクシー!

SSR3
久々に欲しいと思った1台でした・・・  
Posted by boss4173 at 13:11Comments(0)TrackBack(0)

2005年09月30日

トゥルーへの手紙

ブルース・ウェーバーを知っていますか?
ブルース1
私が最も影響をうけた写真家のひとりで80年代、カルヴァン・クラインやラルフ・ローレン
などの広告写真で一躍時代の寵児となりその後「Broken Noses」「レッツ・ゲット・ロスト」
などのドキュメンタリー映画の製作も手がけている写真家兼映画作家である。
ブルース2

そんな彼の写真展
『ブルース・ウェバー展“The True Store and Gallery”』が青山で開催されています。
旧紀伊国屋跡地にある特設ミュージアムでは映画『トゥルーへの手紙』が9月下旬より公開
することを記念して、映画作家でもあり国際的写真家でもあるブルース・ウェバーのオリジナル
プリントによる270点以上の写真を展示します。

ブルース3

さらに「DOGS FOR PEACE」(平和のための犬)というメッセージをかかげ、愛犬と一緒に楽しめる
ドックラン付のカフェやブルース作品を観れるミニシアターもあります。
広告、モノクロ写真、イケメン、ワンコいずれかに興味があるかたは是非見に行ってください。
10月30日までやっています!  
Posted by boss4173 at 17:16Comments(1)TrackBack(0)

2005年09月27日

今日のワンコ

なんと我が家に家族がふえました!
生後2ヶ月のミニチュアダックスの”オレンジちゃん”(通称オーちゃん)です。
知人のところで生まれた子を譲っていただきました。

オ−1
とにかくめっちゃカワイイ!!!
もうヤバイっす。
まだ家に来て3日しか経ってないけどすっかり懐いてくれて膝の上ですぐに寝ちゃいます。
ワンコのくせに仰向けで寝たり、後ろ足を伸ばして寝たり変な子です。
ほんと見てるだけで癒されます。

オ−2
まだ、しつけが大変ですけどこれから立派な横乗り犬になれるようしっかり訓練していきます。

オ−3  
Posted by boss4173 at 17:33Comments(0)TrackBack(0)

2005年09月20日

お洒落なNIXON

横乗り系に相変わらずの人気「NIXON」
最近の「NIXON」アクション系のウォッチだけどダイバーみたいに無骨な感じではない。
デザインにひねりを入れた個性派揃いでカジュアルはもちろんビジネスシーンでも合う守備の広さだ。

NIXON1
その中でもイチオシは「THE BANKS」
スポーティなのにとってもラグジュアリーなデザイン。
文字盤上にはインデックスが無く実用性に関しては首をかしげるが、ポジティブに考え方を変えれば、これもまた良し。
自分なりに時間を解釈すればいいのだから・・・
デートのときの終電時間も気にならなくなるかも!!
ディアルタイムのサブダイアル付きで日本製ムーブメントを使用で信頼感ありで税込み45,150円。

NIXON2
そしてもうひとつは一目見れば忘れないデザインの「THE ROTOLOG」
ステンレススチールシェルに囲まれた文字盤には、天然のくるみの木材がはめ込れ、ナチュラルとハイテクの融合。
ベルトも純ステンレススチールに天然のくるみの木材をはめ込んでありインパクト非常にあり。
すでに爆発的な人気で品薄状態が続いているらしい。
見つけたら即ゲットってことみたい。
お値段は税込み37,800円。

これからの季節「オタク」で「お洒落」な一品をどうぞ!!  
Posted by boss4173 at 16:13Comments(0)TrackBack(0)

2005年09月16日

シチリアのパパ

雑誌「LEON」でお馴染みの元祖ちょい不良オヤジ、ジャンフランコ・シモーネ。
彼とは十数年来の友人である。
フランコはイタリアのシチリア島出身で若い頃はモデルをしながら世界中を放浪していた。
現在は東京を拠点にしてモデルとコーディネーターをしている。
私のひとつ年上でいまだ独身(いつも違ったかわいい彼女がいるけど)
イタリア男らしく何時でも何処でも女の子を口説いている。

フランコ1

数年前、フランコと彼の実家であるシチリアのタオルミナに遊びに行ったことがある。
タオルミナは映画「グランブルー」と舞台になった所で海がとても美しいリゾートだ。
ウニやカラスミのパスタがやばいほど美味い。
フランコの実家はブドウ畑に囲まれたかわいい白い家でお父さんのチコ・シモーネさんがひとりで暮らしていた。

フランコ2

当時もうすぐ90歳になるチコさんは有名なピアニストで「グランブルー」の舞台になった「サン・ドミニカ・パレス」というホテルでピアノを弾いていた。
「グランブルー」にも出演していたチコさん、昔はジョニー・グットマンとも競演したと話してくれた。
また、現役の競歩の選手でもありイタリアの最高齢記録をもっている。毎年NYのエンパイアステートビルで行われる階段駆上り競争にも出場していて常に完走をしている。

チコさんの日課は朝起きて2時間のジョギング、その後自宅の畑で野菜や果物の手入れをし家畜たちの世話をする。お昼にはワインとパンを頂きシェスタ(昼寝)を3時間。夕方タキシードに着替えホテルに出勤する。そしてこの生活パターンを崩さないことが元気の秘訣らしい。
地元でブラスバンドも持っていて日本でも数回コンサートも行われている。
昔は男前で若い頃の武勇伝は数知れずあるらしい。
とにかく元気でカッコよくて私もあんな風に年がとれたら素晴らしいと憧れていた。

2005年4月9日。満開になった東京の桜が散り始めたこの日、世界の平和を願い続けたヨハネパウロ? 世と時をほぼ同じくして、私の尊敬する人も神に召されて行った。
チコ・シモーネさん享年94歳。
2月にNYエンパイアステートビル完走のニュースをTVで見たばっかりだったのに・・・

チコ

2005年4月14日タオルミナの街を上げた「チコ・シモーネとのお別れのセレモニー」は盛大かつ厳かに執り行なわれた。
街の人々はもちろん各地から2000人以上の人々が集まった。永遠の眠りにつき市役所に横たわったチコにひとりひとりが別れを告げた。皆、花を手向けながら彼の人生を讃え、彼に出会えた事を神に感謝したに違いない。

シチリアのパパ、チコ・シモーネさん本当にありがとうございました。
  
Posted by boss4173 at 18:42Comments(1)TrackBack(0)

2005年09月12日

デイトナ完成まじか!

しばらくブログさぼってましたスミマセン!

7月1日に紹介したLAのちょい不良オヤジからメールがきました。
レストア中のフェラーリ「デイトナスパイダー」の近況報告です。
前にも書いたけど、このちょい不良オヤジ本業はIBMのプログラマーなのにとにかく車好き。
自宅のガレージが工房になっていてネットオークションで不動車を買ってはレストア。

デイトナ1

5月に行ったときにいじっていたのがこの「デイトナスパイダー」。
もともと、火災で焼けた車両を2台購入して1台を完成させるとのことで
私が行ったのきは2番目の写真の状態でした。


デイトナ2

外装もほぼ完成してカラーリングまで仕上がった状態になりました。
エンジン等の詳細は今回は報告されていないのでまたわかり次第ここで書きます。

デイトナ3

となりに写ってるのも彼がレストアしたコブラです。
1の写真が3になるんだから趣味とはいえすごい技術だね。
どっちでもいいから日本で乗りて〜!!!  
Posted by boss4173 at 18:14Comments(0)TrackBack(0)

2005年09月04日

頼れるメカニック

愛車アストロのブレーキパット交換にカーファクトリー「REMSES」に来ました。
ここの社長の矢嶋氏とは20年前に海で知り合いそれ以来ずっと私の頼れるメカニックです。

やじ

彼の趣味は波乗りとクラシックカーのレース。
毎年神戸で行われるクラシックカーレースの「ポルテベルレ」の常連で
以前は俳優の保坂尚輝とレーシングチームを持っていました。
現在使用しているマシンは1950年代の「ALFA ROMEO GIULIETTA」と「FIAT 1000TC」
あと数台レストア中とのことです。

アルファ

この「FIAT 1000TC」、こんな小さいボディーで楽々200Kmオーバーらしいです。
乗ってみた〜い!!!

フィアット
それ以外に80年代のBENZのTDワゴンもレストア中でなんとW124のガソリンエンジンに積み替えするそうです。
ファクトリーの中はまるで大人のおもちゃ箱みたいで車やバイクそしてピカピカの工具、なぜかサーフボードが数台と所狭しと転がっていました。

それからこの社長、最近下北沢に「ASSO」というレストランカフェをオープンさせました。
今度遊びに行きますのでまたここで紹介します。
  
Posted by boss4173 at 02:20Comments(0)TrackBack(0)

2005年09月02日

美人スノーボーダー?!

今日もお客様が来ました。
まずはNEOIMPRESSでお馴染みのGragライダー高久恵美ちゃん。

恵美

おととい8ヶ月ぶりにニュージーランドから帰国したばかり。
今年のニュージーは雪不足でコンディションはイマイチとのこと。
横乗り系とは無縁のような顔をしてる彼女、実は「大会荒らしの高久」として有名ボーダー。
そして彼女はスノーボードをしながら手編みビーニーを作者としても活躍中です。
先シーズンぐらいから流行ってるのが手編みビーニー。
山にこもってるレディスボーダーが時間つぶしに作り始めたのが始まりらしい。

恵美2

恵美ちゃん、今シーズンはタカツエにこもってディガーをしながら滑るということです。
2枚目の写真は恵美ちゃんの「オープン360°」

チエ

そして途中からもう一人の美人ボーダー乱入です。
スノーボード界のインリン・オブ・ジョイトイことチエちゃんで〜す。
彼女もまた手編みビーニーの作者。
ふたりで手編みビーニー話で盛り上がってました。
それにしても最近のレディススノーボーダーは美人が多いっすね?!?!?  
Posted by boss4173 at 20:22Comments(0)TrackBack(0)