bossのつぶやき日記

転勤族のbossのつぶやき日記 名古屋→京都伏見→小樽→舞鶴→大津→北九州 次はあなたの街へ行くかもしれません(^_^;)

許せん!

長男坊が所属する鹿児島大学サイクリング部の夏合宿が今日から始まりますが、到着早々に部員のランドナーが盗まれました。

広島周辺の方見かけたらよろしくお願いします。

夏休み

今年の夏休みは8月10日から19日まで。

11日は平尾台ヒルクライム、13日は北九州空港往復、15日は中津までの往復
中津往復は帰りに北九州空港まで脚を伸ばして111km
P8150019


まあまあ走ったほうかな?

長男坊はサイクリング部の1年生3人と走っている。

一人は霧島市のM君と、一人は八幡西区のC君。

霧島のM君は北九州滞在の4日間を2泊ずつ互いの実家に泊まる。

北九州までGIOSで走ってきたが、アルミ+カーボンバックのGIOSもそろそろ製造から13年。

いつ壊れてもおかしくない状態なのでクロモリのアンカーにコンポーネントを載せ替える。

17日の夕方到着したM君を連れて久々の気晴れ屋に行く。

image


image


image


久々にマグロを堪能した。

18日はM君と長男坊を平尾台に連れて行く。
次男坊はこの日の朝から3泊4日で塾の夏合宿。

標高300m程度だがずいぶん涼しい。
IMG_4599


後発した2年生の女子学生も道の駅で野宿して日本縦断していると聞き、小倉に泊まるなら家に泊まって行けと伝え、泊まることになった。

女の子2人度なんて良く親御さんも許したものだ。

Eさんなんて身長は妻より低く、体重も40kgも満たないくらいの小柄。

ほとんど自転車と装備で体重分ぐらいある。
IMG_4602

IMG_4603


全部は入りきらないので、女の子の自転車はラクティスに入れる。

IMG_4605


boss特製カレーを振る舞う。

翌朝は9時に小倉城集合となっていたが、出発は9:05。
IMG_4606


IMG_4611


IMG_4614



C君は30分近く待ちぼうけ。

秋芳洞を見学し、山口県の周南市まで走る予定と聞き、妻と久々に秋芳洞を見に行くこととした。

送り出して30分ほど後に自宅を出発。

門司に着く手前で追いつくはずだが見つからない。

関門トンネルを出たところで電話がかかり、長男坊がパンクして出発がずいぶん遅れたらしい。

IMG_4624


IMG_4625


IMG_4631


IMG_4638


秋芳洞に入る前が35℃

洞窟内は17℃と天然の冷蔵庫。

IMG_4642


高校の修学旅行以来32年ぶりに秋吉台に来た。
当時の記憶はほとんど残っていない。

14:30に秋吉台を出発して、15:30位に長男坊達とすれ違う。

中央分離帯のある車線なのでクラクションを鳴らしたが気づいたかどうか?

この日はかなり遅れて目的地までは着かなかったようだ。

関門トンネルをとおり和布刈公園に行く。

今度のブルベのクイズポイント。

なんで、こんな劇坂を登らせなければならないのだろう。
IMG_4651


一度自転車で登ったことはあるが、途中押して歩いた。

短い距離でH100mまで上がる。

長男坊達は4日かけてサイクリング部夏合宿の集合先の広島県三原市まで走るようだ。

心貧しい人

長男坊を中津まで迎えに行くとき、自宅付近を走っていると路肩ぎりぎり幅寄せし通り抜けられないようにしているワゴン車がいた。

左折でもするのかと思っていたが、走り始めると白線の中に入り、信号で止まると幅寄せする。

よくよく車内を見るとスポーツバイクのサドルが車内に見える。

自転車乗りだ。

バックミラーでこちらを伺っている。

同じ自転車乗りなら自転車を通してあげるのが思いやりだと思うが、あからさまな嫌がらせ。


しばらくすると左折し信号で止まると幅寄せせずに停車。

カメラを出して写真を撮っておく。




長男坊たちが日本縦断2日目、大分の道の駅で寝ていると、深夜暴走族風のやつらが友人のテントをナイフで破ったようだ。友人は外に出て追いかけたようだが、バイクには追いつけない。

買ったばかりの新品のテント。

自分がされて嫌なことを他人に平気ですることができる心貧しい人が多すぎる。

どういった育てられ方をするとこんな人間が育つのだろう?


一方で3日目、別府温泉で温泉から出てくると地元の人が「泊まる所がなければ泊まっていけ」と自宅に招き入れて布団で寝かせてもらい、朝食までご馳走してくれる人もいる。

P8150011


P8150014


P8150019


この夏長男坊たちは一生の宝となる体験をするだろう。

BRM903福岡200エントリー

8月10日から19日までが夏休み。

どこか旅行に出かける予定もない。

夏休みは少し走り込みをする予定。

走るモチベーションを維持するためにBRM903福岡200にエントリー

以前このコースを見たとき皿倉山を登らせるコースに呆れていた。

久々にAJ福岡のHPを見ると皿倉山はコースから外れていた。

9月3日とまだ残暑厳しい時期だが、よくよく見てみると20時スタートとなっている。

ナイトブルベだ。




皿倉山は外れたと言え、門司の和布刈公園でクイズポイントが設定してある。

和布刈公園のアプローチは距離は短いが、20%以上の勾配があり、以前走ったときは押して登ったぐらいだ。

やはりAJ福岡のコース設定者はSらしい。

先日の門司港ポタの時からガーミンを装着しているが、通勤トレーニングでもグロスの平均速度が16km/hほどにしかならない。

街中+坂道でなかなか速度が上がらない要因はあるが、明らかに走力が落ちている。

滋賀に住んでいたときは片道26kmの距離を自転車通勤していたため、それなりにトレーニングとなっていたのが、九州に来たから全く乗れていない。

せめて体重を75kgほどまで絞り込まないと坂も登れない。

週末ポタ

今年の夏は非常に暑いようだ。

オリンピックと甲子園も始まった。

8月10日から19日までが夏休みとなる。

鹿児島にでも遊びに行こうかとも考えたが、長男坊がサイクリング部の友人2人と日本縦断をする予定で、その途中に北九州で4泊するらしい。

次男坊も高校受験で連日の夏期講習や塾の合宿でどこにもいけず。

日曜日午前中に買い物を済ませ、昼から走りに出かける。

気温はすでに35度を超えている。

キャメルバックを凍らせた。

冷蔵庫から出して1時間経つがほとんど溶けていない。

ボトルも1本用意した。

走り始めると雲行きが怪しくなってきた。

IMG_4566


IMG_4567


IMG_4569


約2時間39kmほど走ってきた。
走り始めて1時間ほどでボトルの水はぬるくなる。

キャメルバックの水は非常に冷たい。

小倉駅あたりでキャメルバックから水が出なくなった。

まだタンクの中は氷が残っている。

久々にGARMINを装着した。

ガーミンとサイコンの距離が少し違うようなので実測し修正をかける。

とりあえず門司まで走るが、街中を走るとグロスのaveが16km/h程度しか上がらない。

しかし、ガーミンが一度に表示できる情報量と比べるとtrip300は2つの項目しか表示できない。

trip300は時刻・距離・走行時間・ケイデンス・HR・消費カロリー・積算距離・最高速度・平均速度・気温など表示できる項目は多いが、同時表示できる項目が2つしかない。
IMG_4576


ブルベの時は両方付けるので問題はないが、サイコンもなにか考えなくてはならない。

わっしょい百万夏まつり

8月6日(土)次男坊が塾から帰ってきてから3人でわっしょい白万夏祭りを見に行った。

小倉祇園太鼓の他北九州では地域ごとに色々な夏祭りが開催される。

わっしょい白万夏祭りは地域ごとの山車がいっぺんに見ることが出来るようだ。

どれだけ混むか分からないのでモノレールで移動。

IMG_4530


IMG_4532


IMG_4535


IMG_4536


IMG_4537

少し陽が落ちてきた。

IMG_4541


IMG_4543


IMG_4545


IMG_4547

ねぶたみたいだ。

一番見てみたかったのが
IMG_4559


戸畑祇園大山笠

市役所の横で生ビールと唐揚げを買う。

旦過からモノレールにのると改札口に
IMG_4564

涼しげな置物が置いてあった。

耐久性なし

7月25日からは学生達は夏休み。

授業はないが、8月9日までは出勤。

なんとか、乗れる日は自転車通勤。

P8010001

昨年の夏に購入したGOLDWIN 3DPADのグローブ1年で手のひらの部分が破れてきた。

冬場は使っていないし、今年はさほど乗っていない。

これで破れてしまうとは耐久性が低い。

使用は可能なので穴が開くまで使う予定。

第3回 椿ヶ鼻ヒルクライム 2016

椿ヶ鼻ヒルクライム次男坊参加してきました。

自宅から大分県日田市までが約70km、レース会場まで約90km。

6:30から受け付け開始となるので、今回は高速道路を利用。

3時に起きて、おにぎりをにぎって4:30に自宅を出発

下道では3時間かかるが、高速なら2時間。
妻と次男坊は移動中はほぼ寝ていた。

6:30に到着
IMG_4507

大山小中学校の校庭に駐車

IMG_4513


受付を済ませて8:20に応援バスに乗る。

8時15分から開会のセレモニーが始まる。


次男坊は男子Aグル−プ中学生から20歳までが同じカテゴリ。

中学生と大学生が同じカテゴリーでは表彰台はとても狙えない。

完走することを目標とする。

同じ中学生で速い子をみると、サドルバックや空気入れも持っていないので、装備を軽くした。

ボトルは2本持たせ、一本はスポーツドリンク、一本は水にして頭からかぶれるようにした。

バスでゴール地点まで移動。
IMG_4514


バスでも30分かかるところを、速い選手は35分で登る。
途中で給水ポイントが設置されていた。

事前に知らせてくれたら、ボトルを1本減らすことが出来た。

IMG_4515


IMG_4516


IMG_4517


次男坊は9:30出発なので、ゴール地点から300mほど下がったところで応援。

IMG_4519


応援地点の勾配は実測で15%

道路脇に座り木陰に入ると風が心地よい。
標高も800mある。

応援していたお母さんのペットボトルが転がり落ちると、女性の脚では追いつくことが出来ないほどの勾配。

残り2kmほどがほぼこの勾配となる。
P7310025



実業団エリート1クラスのトップ

エリートクラス3グループが時間差でスタート。

一般参加者は9:30スタート

スタートして50分ほどで次男坊苦しそうな表情で登ってきた。
P7310030


P7310032


P7310034


P7310037


ゴールするとポカリスエットとロックアイスが配られていた。

相当きつかったようで霧扇風機の前から離れられない。

P7310038

相当ばてている。

P7310039


猪肉カレー
次男坊食欲ないようで半分は親父が食べる。

日田市内の温泉に入れるチケットが付いていたので亀山亭ホテルの温泉で汗を流す。
妻が出てくるまでホテルのロビーで時間をつぶす。
日曜日なのに宿泊者が多いなと思ったら世の中夏休みだ。


前回試走した時に寄ったラーメン勝福で遅い昼食。
ここのラーメンは石田一龍とまた味が違うが旨い。
ラーメン屋をでるとビックルするほど暑い。

P7310043


P7310045


日田の水を汲んで、下道で帰る。
P7310047

ニュースでこの日日本で一番暑かったのは大分県日田市で36.9℃だったらしい。

長い1日だった。

「来年参加するか?」と聞くと微妙らしい。

今年は9月の英彦山ヒルクライムに参加したらレースは来年3月まで受験生モード

誕生日

次男坊の誕生日から1日遅れて誕生日会。

当日はケーキ屋さんが、定休日のため翌日に実施。

早いもので次男坊も15歳。

身長も155cmになった。

成長の遅い次男坊だが170cmくらいにはなってほしい。

妻も仕事のため、ケーキ屋で落ち合って、次男坊のリクエストの唐揚げを購入して自宅で夕食。
BlogPaint


夏休みに入り連日塾通い。

朝9:00から遅いときは17:00まで。

受験生だから仕方がない。

事前車検

1週間前の金曜日に椿ヶ鼻ヒルクライムの書類が届いた。

ショップでの事前車検が必要とのことで、日曜日にクリックに出かける。

関西のレースでは車検というものがほとんどなかった。

特に京都府自転車競技連盟は車検すらない。

美山ではロードバイクは違うカテゴリーなのに、MTBで1番だった次男坊が2位で、ロードバイクに乗った子が1位になったことさえあった。

その場では確認できずあとで動画で確認するとMTBでは1番だった。


「点検代はいくらですか?」と聞くと「当店で自転車購入された方ですか要りません」とのこと。

四日市ジュニアロードは会場での車検はすごく厳しかった。

自転車を預けて妻の買い物に付き合う。

昼食は藤王

P7240003


とんこつラーメンばかり食べているのでしょうゆラーメンが珍しい。

ジャズが流れるおしゃれな店内。

次男坊と私ラーメンの大盛り、妻は普通盛り。

2000円ちょっとの出費。

P7240004


おいしいが、2回目来るかと思うとそれはなさそうだ。

買い物が終わり、ショップに自転車を取りに行く。

次男坊にはバーテープとボトルゲージを買ってあげると伝えておく。

前輪のブレーキシューがかなり磨耗しているので交換したほうが良いと店長さん。

「ボトルゲージは1000円まで」というとカーボンのボトルゲージがほしいらしい。

妻も1000円出してもらう。

合計4000円の出費。

小遣いが一気に少なくなった。

自宅に戻りブレーキシューの交換とボトルゲージ・バーテープを交換。
P7240005


P7240006


前回の試走でボトル一本では最後に水がなくなったようだ。

フレームサイズが小さいので2本載せられるか疑問だったが、なんとか小さなボトル2本なら載せられそうだ。





椿ヶ鼻ヒルクライム試走

7月17日(日)

次男坊と2人で大分県日田市で行われる「椿ヶ鼻ヒルクライム」の試走に行ってきた。

朝9時前に自宅を出発高速を使わず下道で移動。

日田市まで約70km、2時間程度と思いきや、ヒルクライムのコースはさらに20kmほど山の中にあり、ゴール地点の前津江町地域活性化センターに12時に到着。
P7170107


そこからいったんスタート地点まで次男坊と下る。
下る時間は20分程度
P7170108



距離は12km、標高差700m

今回はウエァラブルカメラを装着。

次男坊一人で先行。

スタート直後から登坂車線のあるのぼりが2kmほど続く。

あっという間に次男坊の姿が見えなくなる。

7km過ぎた時点で非常にきつい登りとなる。
P7170111

最後の2kmがきつかった。

ここがゴール地点か?
P7170112


次男坊ゆっくり上って57分

親父1時間15分

14時過ぎに出発。

日田市内でラーメンを食べる。
P7170113

博多ラーメン勝福

7のつく日は替え玉無料のようだ。

ラーメンを食べるのは1月半ぶり。

P7170114


旨かった!

英彦山で水を汲もうと考えていたが、日田の水も有名だ。

日田七宝水を汲んで帰る。
P7170116



P7170115


また、道中2時間かけて18時前に自宅に到着。

次男坊頂上付近でボトルの水がなくなったようだ。

ボトル2本は持たせないといけない。


移植

RNC7に付いていたULUTEGURAをRA5に移植。
image

移植前重量

image

移植後重量
80gの軽量化
RA5のコンポーネントもULTEGURAだが、2005年に購入したRNC7に付いていたもの。

同じグレードでも軽量化している。

さすがに2台移植するには時間が足らないので、RNC7は暫く放置。
image

RNC7は長男坊がツーリング用にほしいと言うので貸し出すこととなる。

image

ハンドル回りがスッキリしたので、次男坊大喜び。

軽量化

椿ヶ鼻ヒルクライムに向けて、軽量タイヤとチューブを購入。

Panaracer RACE L EVO3とR'AIR


P6230044


P6250049


P6250050


130gの軽量化。

成長に伴いカーボンシートポストが短くなりアルミのシートポストに変更したり、ステム長が60mmから90mmになり若干の重量増。

とりあえずいつものように日曜日午前中平尾台で計測。

2週間ほど前から親父はダイエット開始。

日曜日の朝は78.9kgと久々に78kg台がお出ましした。

先週にクランクの音鳴りを治してもらい、24時間接着のため乗らないように云われてから初めての試乗。
結局出張や雨のため一度も乗れず。

走り始めは静かだったが1時間もすると音鳴りがはじまる。
こうなるとお手上げだ。


P6260056


いつものように計測区間からは次男坊先行

結果は20:58と前回より32秒短縮。

4月に初めて計測したときは23:30だったので2分30秒の短縮

親父は31分程度。70kgまで絞り込めば次男坊と競り合えるだろうか?

パテスリーnikoに向かうが10:00開店

30分以上早かったためあきらめる。

P6260058

平尾台はマリオカートが走っていた。

これ以上出来ることはRNC7に付いているULTEGURAのコンポーネントに変更するくらい。

次男坊もULTEGURAだが、RNC7にデフォルトで付いていたもので既に10年以上前のもの。

現行モデルの1つ前のモデルだが、今よりは軽量化出来るだろう。

カーボンのシートポストの購入も考えたが、来年にはフレーム交換が必要となるため今ここで余分な出費をするのもためらう。

平尾台から下山して腹が減ったというのでコンビニで休憩

次男坊とりめしのおにぎり3つ完食。

ダイエット中の親父は水だけで我慢。

遅い昼食も漬け物と味噌汁で我慢。

自宅に戻り午後からは次男坊友達と遊びに出かける。

Defyを見てもらうため小倉に出かける。

ショップにDefyを預け、妻とウィンドショッピング。

ショップから連絡を受けると、後輪のクイックリリースが緩んで音鳴りがしていたらしい。




週末あれこれ

土曜日は朝食に八幡西区桃園のコメダに3人で出かける。

北九州にも3店ほど出店してきた。

15時から次男坊とヒルクライムの練習のため平尾台に出かける。

いつものように計測ポイントから次男坊を先行させる。
P6180021


先週水曜日に乗ったときにペダリングするたびカチカチ云っていた異音がさらに大きくなり始めた。

その日にクランクとサドル回りのボルトを増し締めしたが、ペダリングするたびギシギシ音がする。

フレームにひびが入っていないか何度も点検したぐらいに音がでる。

P6180022


ハートレートを160を越えない程度に登る。

P6180024


吹上峠のこの看板までが計測区間。

20分を切るのを目標に走ったが21分を切れなかったようだ。

下りは万が一フレームにひびが入っていると行けないのでゆっくり下るために、次男坊に先行させる。

自宅に戻ってシャワーを浴び、Defyをショップに持ち込む。

ペダルを外してグリスのチェック。

これでも音なり止まらない。

次にクランクを外して、BBをチェック。

今までのロードは全てホローテック

Defyはプレスフィットという規格らしい。

ベアリングは問題ないようなのでBBを圧入。

再度ペダリングすると音はずいぶん小さくなったようだがまだ音がする。

店長が「この作業をすると24時間自転車に乗れませんが良いですか?」と聞かれる。

日曜日は雨の予定なので乗りませんと応える。

BBを専用の工具で外す。

圧入するBBを接着剤を塗り固めるらしい。

この時点でDefyのメンテナンスを自分でするのは工具もない。

RNC7などのロードは全て自分でメンテナンスが出来たが、油圧ブレーキなどのメンテナンスも難しそうだ。

時間にして1時間半ほどかかって治してもらった。

日曜日は懸案だった、次男坊のRA5のクランク変更。

変更する前に150mmの自作クランクでMAXケイデンス測定。

200bpm

ずいぶん回るようになった。

クランクを165mmに変更して再度計測


205bpmまで回せればクランクの長さは問題ない。

IMG_4452


結局このクランクは2012年24インチジュニアロードから使っている。

4年の間にMAXケイデンスが35bpm上がって最高速度も43.6km/hから70km/hまで上昇。

登りで勝てないはずだ。


後は日曜日にポチッとした軽量タイヤと軽量チューブが届くのを待つばかり。







梅雨のあいま

梅雨に入ったが火曜日・水曜日と雨が降る予報はない。

2日連続で自転車通勤。

とりあえず朝は遠回りして13km走る。
ケイデンス90しばり。


P6140019


トレーニングコースから外れた高速道路脇でアジサイを見つけた。

P6150020


自宅が山の上、職場も山の上、トレーニングコースもトンネル越えて山を越えるため、13kmでも結構なトレーニングとなる。

しばらくハートレート付けながらトレーニングを続けるつもり。

昨日は音はしなかったが今朝になるとペダリングする度にカチカチ音がする。

どこだろう?

DEFYを購入してから2度ほどショップで点検してもらっているが、クランク回りのボルトが緩みやすいようだ。

カーボンフレームのためトルクレンチで締めないと怖いため、自宅に戻るまで触れない。

DNS

昨日、就寝するまでは嘉麻200に参加するつもりで、レーパンにクリームまで塗って万全の態勢で就寝。

朝4:30に目覚ましが鳴って、天気予報を確認するとスタートの7時から雨という予報。

ベランダに出てみると今にも降りそうな雲行き。

走る気が起きずにDNS決定。

主催者にDNSの連絡を入れ二度寝。

次に起きたのが7:30

すでにスタート時刻は過ぎている。

車からDefyを下す。

以前は雨でDNSを決めたことがなかったが歳を取ったということだろうか?
P6040006


ブルべの装備を外したDefy

今後の走るモチベーションをどのように維持するべきか?!

DNS?!

そういえば、予備のチューブは全て700×23c

Defyが25cなので昨日仕事帰りに小倉のクリックまでチューブを買いに行った。

ついでに2回目の点検をしてもらう。

自宅に戻り、輪行バックとベルを装着。

これでフル装備

結構な重量となる。

考えてみればパンクしたら即DNFとなるタイムスケジュール。

朝起きて天気予報を確認するとなんと土曜日が降水確率70%

名称未設定2


火曜日までは曇りの予報だった。

一気に気持ちが萎えてしまった。

どうしようか?

妻に土曜日雨かもしれないというと

「以前は雨でも走っていたのに」

走るモチベーションが維持できない年齢か?

DNSポイント

前回のブルベ試走で山岳路はグロスAve15km/h程度まで低下していることが判明。

スタート直後3つの峠越え50kmの平地の後また3つの峠越え。

山岳路をAve15km/h
平地区間をAve18km/h

で計算。
名称未設定 1


PC毎で10分の休憩を計算に入れPCやDNFポイントを計算。

各ポイントの目標時間をオーバーした時点でDNFすることにした。

ゴールする時間は20:26とクローズ時間の4分前

今までクローズ時間に間に合わなかったことはないが、山を登るスピードが極端に低下している。

当然、DNFしたときの輪行袋も用意しなければならない。

あと、今度のブルベが土曜日開催と云うことを知ったのは昨日だったことは内緒です。

ブルベ試走

5月30日(月)は振替休日。

29日(日)なら次男坊と走ろうかと考えていたが、日曜日は1日雨。

日曜日はメンテナンス日として天気の良い月曜日に走ることにした。

8:30自宅を出発。
P5300202

はじめてDeuter Road Oneを装着。

2リットル水が入るが1.5リットルほどにしておいた。

走り始めて水を飲むが出てこない。

停車してバックから取り出すが原因が分からない。ホースを外して、いろいろいじくり再度吸ってみると出た。

走り始めてすぐに登りとなる。

走り始めて30分もしないうちにdakota20が電池切れとシグナル。

慌てて乾電池を取り出すが、再度確認すると電池残量はまだたっぷりある。

八幡西区から東区にかけてUPDOWNが多い。

おまけに市街地でずいぶん信号に捕まる。

dakotaのルートが歩行者横断用の信号機を右折することになっている。

押しボタンを押すが、信号が一向に代わらない。

なんやかんやと5分ほど停止させられる。

グロスのAveが15km/hと信じられない遅さ。

遠賀川にでて堤防道路を南下する。

ここからは平尾台を下るまではブルベのコースをトレースする。
P5300203


追い風も手伝って30km/h巡航。


20km程度はアップダウンが少ないためグロスのAve16.7km/hまで回復。
P5300204


なんでこんな住宅作るんだ?

畑ダムの横を抜け最初の登り。

約10kmで320mまで登る。

車では何度か通ったことはあるが自転車では初めて。

トンネルが頂上となる。

少し下り、再度登となる。

そこからは合馬まではダウンヒル。

11:30PC3のミニストップ徳吉西店で初めての休憩。

ここまで50kmグロスのAve16.7km/h
水はまだあるようなので氷とおにぎりを購入。

携帯電話を忘れていたことに気づく。

イートインがあるので椅子に座って休憩。

ハイドレーションバックに氷を入れ、おにぎりをほおばる。

P5300205

ここからますぶちダムの横を通るがはじめて通る道だ。

登りが始まる。

確かさほど登らなかったはずだが、結構な登りとなる。

ますぶちダムの横で標高160m。
P5300206

段々と気温が上がってくる。

少年自然の家を過ぎると急な登りとなる。

距離は短いが予想していなかったので結構応えた。

去年の今頃から続いている五十肩がいまだに治らない。

ダンシングすると左肩が痛む。

ジャージの背中のポケットも左背中に手が届かない。

引き足を意識すると靴の中で足が滑る。

靴のひもを締め直し登る。

ここからすぐ下り、国道に出る。

平尾台の入り口までずっと下りだが向かい風がかなりきつい。

いつもなら50km/h巡航できる区間だが下ハン持っても40km/hに届かない。

平尾台の登りとなる。

次男坊なら吹上峠まで20分で登るが、すでにこの時点で脚が疲れている。

途中サイクリストが追い抜いていく。

P5300209


引き足を意識すると太ももの裏側が痙攣しはじめる。

少しバイクから降りて歩く。

軽い熱中症か?

P5300210


13:30吹上峠に到着

トイレ休憩を取る。

気温がずいぶん上がってきた。

BlogPaint


嘘だろう?

トイレで顔を洗い汗を流す。

ボトルから水を体にかけたいがハイドレーションバックではそれができない。

この時点でグロスAve14km/hまで落ちている。

ここから下りと思いきや再度登りが始まる。

下っている最中に道路に鳥を発見。

カラスかと思いきやなんとキジ

道路の反対側にはキジ鍋のつぶれた店舗がある。

キジがたくさんいるのだろうか?
BlogPaint


見るのが嫌になった。

登りとなると極端に遅くなっている。

とりあえず行橋まで下る。

ここでやっとdakotaの電池がなくなる。

太一商店に着いたときにAve15km/h
P5300214

ハイドレーションには水しか入れていなかったためここで塩分補給

食事を済ませて店を出るTとAve14km/h

再度コンビニで水を購入。

ここから自宅までは16km

思い切り向かい風。

下ハン持っても19km/h程度

ハイドレーションバックからまた水が出ない。

これで門司を回るコースは走る気がなくなった。

トイレに行きたくなったのでコンビニで休憩。
P5300215


暑い。

最後の最後で自宅に帰るためには登りが待ち構えている。

普段ならそのまま登るが、売り切れた脚では最初の登り口の勾配がきつい。

無理せず歩く。

なんとか16:30に自宅に到着。

グロスAveは13.4km/hまで低下。

来週のブルベでこのペースではクローズタイムまでには間に合わない。

問題は最初の60kmで、峠越えが3つあること。

15.7km/335m
34.6km/456m
58.2km/156m

この3つの峠を越えてさらに昨日のコース。

ひょっとしたらDNFになるかもしれない。

輪行袋の持参も考えた方が良さそうだ。


次のブルベに向けて備忘録

ハイドレーションバックだけではなく、ボトルも持参。

日焼け止めを塗る

輪行袋

靴紐をきつくする

休憩は50km毎

塩飴持参

コンビニ休憩も最小限とする。

DNFのポイントも考えておこう。




嘉麻200準備

2週間後に迫ってきた嘉麻200.

先日キューシートが発表されたので久々に自作コマ図を作成。

今週末にブルべのルートを一部トレースした140劼曚票|頬靴帆ってこようかともくろんでいたが、日曜日は降水確率50%

ゴールデンウィークに100卅っただけで、去年の最長は140

全く走れていない。

天気予報が回復してくれれば良いのだが。

140卅っておけば1週間あれば体は回復し、翌週には140劼漏擇冒れるようになると考えていたのだが。

そろそろ梅雨入りの声も聴き始めている。

2週間後には嘉麻300も控えているがさてどうしたものか?

200を走った後に体と相談してエントリーしてみる予定。

google
Profile
Archives
訪問者数

QRコード
QRコード
livedoor 天気