ボス猿のあるがままに

在るがままに生きて来た,これからも。

ボス猿のあるがままに イメージ画像

更新情報

 午後2時ごろ外出から帰ってきて車を降りると微小な白いものがふわふわと降りてくる。 晴れ間の中日差しも良いのに何だろうと思ったが、フット思い出が過った21歳の頃東富士演習場で見たものと同じ光景だ。先輩の上官が「これが雪むしと云ってとこれが現れると10分後く

想像もしていないところで一荒れ、晴れの衣装をと期待している若者達をコケにしたレンタル屋の面々、心底馬鹿にした奴らで 被害に遭った若者は文句を言うにも相手は雲隠れ持って行きようのな事だけにさぞ腹だたしいであろうと思う。気を落とさずに頑張ってくれたらと人毎なが

成人の日 と云われても今一つ「ピリッ」とこない、お役所の勝手な都合でカレンダーの前後にくっつけてしまう、 半世紀以上も「成人の日は1月15日」と決まっていてた者からすると心からおめでとうと云えない気がする。 1月15日は全国的に若者が大っぴらに酒が飲める
『成人の日』の画像

セリ・ナズナ・ゴキョウ・ハコベラ・ホトケノザ・ナズナ・スズシロこれぞ春の七草 今日は七草粥で胃の調整とかで正月から食べ過ぎに警告を発すっる日であっさりと軽い食事、我が家でも御多分にもれず昨日の鍋の残り出汁を使っての粥ですますが七草は揃えられないと大根の葉っ

 男である以上このように去りたい。 昨日の夕刊の特報から今朝の朝刊は一面トップの扱い、更に全紙面において星野記事でイッパイ、今にして思えば生前の彼にはあまり良くは思わなかった、老生にとっては燃え過ぎる男であり異常に思えたが、其れは恥ずかしながらあまりにも格

 9日間に及ぶ連休を社員の総合意志によって決めた、この期に及んであえて反対を言っても始まらない、また世間に従えばこんな事態になってしまう。好いことだ更に彼らはその後に続くく3連休のうちの2日間を出勤してカバーした。中々やるもんだ今後が大いに期待できるだろう

 お正月でめでたいと云う事で今日は公認の御屠蘇をいただく。 医者からも結婚式や正月の目出たい時は微量のワイン程度は良しとされていたが、それさえも頑なに抑えて来たが本日はは別だ、と言ううのも友人のN君がイタリヤからの土産と云って熟度の高い値に高そうなワイン
『公認の飲酒』の画像

しかも麻雀パイを持参で意気揚々とやって来た。 こんな餓鬼どもに負けてたまるかと思っては見たがしっかりやられてしまった。もう20年もやって無かったからなどの言い訳は止そうか。負けは負けしっかり認める事にした。 年に一度だがこうして集まって遊ぶのも中々良いもん

例年のごとく花園におもむき高校ラグビーの観戦。病を患っている時ぐらいで大方50数回に及ぶ良くやっているもんだと我ながら感心、其れに付き合っている家族にも感謝 女子にしてノッコンやオフサイドが理解出来てその都度歓声を上げている次第だ。 我が家の正月の飾り物
『恒例の花園詣で』の画像

正月早々に野暮は云っても始まりませんから、 今日のところは何はともあれお目出度い事です。 『初春や百人百様の夢があり』 早速の駄作ですが、歳と共に夢もしぼんできましたがそれでもまだ膨らませようとする夢はあります。 夢に向かって老いた青春を楽しみます。 皆さ
『明けましておめでとうとございます。』の画像

一平民の身ではありますが御生誕のお祝いを申し上げます。84歳の御高齢におなりになられましたとか、お祝いと申しますどころか御心痛、御真情をお察し申し上げます。一般人であればとうに隠居の身となられて緩やかな御身であられますのにあちこちと被災地などをお見舞いを
『陛下の御生誕お祝い申し上げます。』の画像

いい訳から始まりますが、最近は禁酒令の為夜を持て余しています、TVはもともと受け付けないし、好んで見る番組は4件ほど(わろてんんか・笑点・相棒・ドクターX・後はニュースっと時折スポーツ観戦)くらいのもので、後は少し本を読むだけ夜は全く出歩かないし2週間に
『笑ってください。』の画像

玄関を出ようとしてマットにスリッパを脱ぎ棄てたら赤い衣装をつけた顔になった。
『顔シリーズ29.1.1』の画像

大阪市東淀川の  田代 光代さん 93歳の詩 落葉 晴れた日は公園に 幼子になった夫の 車椅子を押しながら 若い母親になる私 七十年の思い出話を 子守唄がわりに 居眠りする幼子 聞いているのは 風にまい散る 木の葉だけ 93歳になっても衰えぬこの感性はどこから来

無謀・その2 高速道での車両の割り込みや煽り行動を繰り返す車両の多くなった事、目を覆うばかり。 生死にかかわる行為だけになんとかしなければと思うが手をこまねくばかり。 今日こんな車も見たミキサー車であるがナンバーも会社名も無く我がもの顔でやや危険行為を織り込
『無謀その2』の画像

日頃の運動不足を解消と無謀にも下準備も無く遠歩きを企む。 自宅から阿倍野ハルカスまで自力でいて歩いて見よう、 早速実行に移した。 10:15出発12:30着予想どうり2時間強、距離約10km歩数13.595、帰宅するまでのなんやかんやで最終的には11km、歩数14.
『無謀なるや』の画像

 しばらくお休みの書き込みをしたところその日の内に数人の友人から「どうした?」の電話をもらい、事情を説明しましたが、何だそんな程度で泣きを云ううなと叱られました。 まあー気分のすぐれた時にでも時々で良いから書き込めよと気合を入れられました。 友達って有り難

 突然にかかりつけのお医者さんに休養が必要と申し渡されました。自分では頑張っているつもりでも医者が見るとかなり変だとの事、仕事も休めとの申し付けですが、心のなかでは「そればっかりは」と思いつつ「ハイッ解りました」と答えておいた。このところこのブログもお休

鳳凰の実物が展示されていた。勝手にそう思ったと云うのも如何にも威厳のある姿と適当な銅の錆具合等と、これ以上屋根の上でさらすと酸化が激しく益々朽ち果ててしまうのではないかと考えてみた。 その姿はさすがにと思うほど堂々としており人の目を引きつける貫禄が窺われ
『天平の工法にしては?』の画像

平等院のライトアップ、とにかく紅葉が鮮やかで眼を覚まされてしまった。 あいにく寺院は撮影に失敗ボケてしまったが実際には池に浮かぶように平等院があり全く動かない鏡面の様な水面にはこれも綺麗に映っている。 10時間以上も動き回っているわりには何か儲けもの
『休日の平等院』の画像

↑このページのトップヘ