やっぱりスカーネッキア決まってるやん。 

 前回の流れで。

#33 ディオン・ルイス 7試合 ラン 49回 234yd 2TD / レシーブ 36回 431yd 2TD

 2011ドラフト5巡でイーグルスに指名されるも、鳴かず飛ばずでブラウンズへトレード。ブラウンズではレシービングバックとして期待されるが、骨折などもあり2014シーズン直前にカットされて結局出場無し。その後コルツに拾われたと思ったら1週間で解雇されたのち、昨オフにペイトリオッツと契約。2015シーズン開幕初戦のPIT戦でラン15回69yd、レシーブ4回51yd、2戦目のBUF戦ではラン7回40yd、レシーブ6回98ydを記録。ペイトリオッツのO#スキームにぴったりハマって一躍エースRBとしてブレイク。しかし第9週のWAS戦で膝の前十字靭帯(ACL)断裂の怪我を負いシーズンアウト。

 173cm89kgと小さいが意外な当たりの強さも見せる。視野が広く、パスでもランでも相手ディフェンスのファーストタックルを確実に外し、中央の密集地帯も苦にしない。ボールセキュリティに不安が無くもないが、ベリチックの信頼は揺るがなかった。今までの例だと露骨に下げられたりしていたんだけど。
 とにかく、こういう選手がストリートに埋もれていたんだからNFLの裾野の広さは計り知れない。怪我の具合が気になっていたが、先ごろ順調な回復ぶりが報じられていたので一安心。じっくりリハビリしてカムバックしてほしい。