ジョシュ・ゴードン
 IR入りしたと思ったらリリースされるだろうとの報道が。
 膝と足首を傷めてNYJ戦を欠場したゴードンだが、怪我の程度は軽いもので本来ならIR入りさせるほどのものではないらしい。それでもIRに入れたということで、怪我が治り次第リリースされるんじゃないかとのこと。ペイトリオッツがゴードン解雇に動く理由は詳らかではないが、もしこの話が本当だとしたら、チームが期待していたほどの活躍が出来ていないという事だろうか? マイヤーズが頭角を現して来てるし、サヌーも獲得、ハリーもデビュー間近ということでゴードンをカットしても問題ないという判断か。

 確かにスタッツ的には物足りないところもあるけれど、今シーズンはメンタル的にも落ち着いて真面目にプレイしていると思っていたのでちょっとショック。


マイケル・ベネット
 1週間のサスペンションが明けて水曜日の練習からチームに復帰。とは言うものの、記者に「ここはハッピーな場所かい?」と問われて「これが現実さ」と返すあたり、まだまだ納得していない様子がうかがえる。こちらもどうなることやら。


ジャスティン・べセル
 月曜日にBALから解雇されたばかりのジャスティン・べセルと契約。オールプロ1stチーム2回、プロボウル3回のスペシャルチーマー獲得ということでSTのアップグレードを期待。べセルは今季FAでBALに加入して良い仕事をしていたらしいが、BALは補償ピックを優先してベセルの解雇に踏み切ったらしい。

 ところで、BALのSTといえばCyジョーンズがパントリターナーをしていると聞いてたのでスタッツを見てみたら、リターン10回にフェアキャッチ10回でファンブルはなんとゼロ。昨季もリターン18回、フェアキャッチ19回でファンブルは1回のみ。なんなんだね君は?


リチャーズ&トムリンソン
 サヌーの獲得とべセルとの契約に呼応してチームはジョーダン・リチャーズとエリック・トムリンソンのリリースをアナウンス。特にトムリンソンは先週水曜日に契約して木曜日にパパになって月曜日に試合に出て水曜日に解雇。改めて非情なビジネスだなあと思っていたら、ゴードンのIR入りで枠が空いたのでトムリンソンはチームに残るらしい。やっぱり選手は大変。


Next Game
 今季は苦戦してるみたいだけどQBメイフィールドは侮れないし、なによりOBJ、WRジャービス・ランドリー、RBニック・チャブとO#にタレントが揃っているブラウンズ。ここまでの平均失点が3.9というペイトリオッツD#の真価が問われる注目のゲーム。