HC ビル・ベリチック
 すでに歴代3位ではあったけどHC通算勝利数は300の大台に。ドン・シュラの347勝を抜いて歴代1位になれるのは最短で2021シーズンのAFCチャンピオンシップ。現在67歳だが直近のインタビューでは70歳代までコーチ業を続ける意欲を示していたらしいし、絶対に最多勝HC&最年長HC(73歳)を狙っているはず。
びるず    (´;ω;`)
ふぃんず    (´;ω;`)
じぇっつ    (´;ω;`)
まくだにえるず  (´;ω;`)

 
ブラウンズ 13 - 27 ペイトリオッツ
 4プレイでターンオーバー3回とか普通ならもっと一方的な試合展開になってもおかしくないんですけど。O#のスランプ感がヤバい。

 この試合もディフェンスの勝利。カバーもしっかりしてたし、勝負所で仕掛けるブリッツは圧巻。とは言え、RBチャブに130ydを走られたようにランD#に課題を残す結果に。まあチャブなら仕方ないとも言えなくもない。

Something is wrong
 問題はオフェンス。何かが破綻してる訳ではないんだけれど、なにかこう進めない感がもどかしい。この試合のブラウンズD#も確かに良かったけれど、選手個々としてもユニットとしてもインパクトに欠けるというか手詰まり感がある。O#の各ユニットが抱える不安定さが相乗効果を及ぼしているのかもしれないが、そんなことは以前にもあったし、それでもO#を進める力があったと思う。とは言え、まだまだシーズン半ば。WRハリーやLTウィンの復帰も期待される。再びキッカーが変わったが何よりチームの修正力に関してはリーグ随一のペイトリオッツ。今後に期待して見守りたい。


Let's go boogie down
 楽しそう。
  
Jon Jones dose not quit
 Jマッコーティ、ハイタワー、チャン、Dマッコーティを次々にブチ抜いたニック・チャブの60ydラッシングTDを阻止したジョーンズ渾身のフォースドファンブル。


Ghost
 ローレンス・ガイにショベルパスを通したメイフィールドにも何かが見えてたに違いない。
 

DE マイケル・ベネット ⇒ QB コーディ・ケスラー
 “フィロソフィーの相違”によって1週間の謹慎処分を科していたベネットを2021年の7巡指名権(条件によっては6巡)でダラスにトレード。あのままペイトリオッツに居てもお互い不幸になるだけだったろうから、ベネットにとっては良かったんじゃないかな。空いたロスタースポットにケスラーを呼び戻す。

K マイク・ニュージェント ⇒ K ニック・フォーク
 ブラウンズ戦でも34ydFGを外したニュージェントを解雇して、これまたベテランのニック・フォークと契約。とりあえずやってみないことには分からん。

TE エリック・トムリンソン ⇒ WR ニキール・ハリー?
 トムリンソンをカットしてロスタースポットを空けたペイトリオッツ。期限間際のトレードも無かったし、素直にハリーをロスター登録するものと思われる。停滞気味なO#の起爆剤になれるか注目。