アーブ・スミスいいなあ。

 赤字は昨シーズン一度もプレイしていない選手。

オフェンス
OT:アイゼア・ウィン  マーカス・キャノン  コーリー・カニンガム  ヨドニー・カジャスト
C/G:デイビッド・アンドリュース  シャックメイソン  ヨルド・フロホート
WR:ジュリアン・エデルマン  モハメド・サヌー  ニキール・ハリー 
   ジャコビ・マイヤーズ  ガナー・オルショスキー
RB:ソニー・ミッシェル  ジェイムズ・ホワイト  レックス・バークヘッド
   ブランドン・ボルデン  デミアン・ハリス
TE:マット・ラコース  ライアン・イゾー
FB:ジェイムズ・デベリン  ヤコブ・ジョンソン

主なFA:LGジョー・トゥーニィ TEベン・ワトソン WRフィリップ・ドーセット C/Gテッド・カラス

 ざっくり見た感じ再契約必須なのがLGトゥーニィ。生え抜きのオールプロLGは手放したくない。TEもグロンコウスキーの影を追うつもりはないが、それでもラコースとイゾーでは物足りないのでパスオフェンスで脅威になれるレシービングTEが欲しいところ。インパクトを残せなかったレシーバー陣にも縦にストレッチ出来るレシーバーが欲しい。

クォーターバック
QB:ジャレッド・スティダム コーディ・ケスラー
FA:トム・ブレイディ

 今のところ現役続行の意思を示しているブレイディだが、もうホームタウンディスカウントはしないと言っているらしく、契約延長ともなれば最低でも2年$60M以上は要求されそうな感じ。他にそれだけのオファーを出すチームがあるかどうかは別にして。そのままFA、もしくは引退したとしても$13.5Mのデッドキャップが残る。現在のキャップスペースはデッドマネー込みで$42M程度。ブレイディと契約延長すると残りは$10~12Mと、キャップの面から考えるとかなり厳しい。

 オーナーは「第一の希望は来季もペイトリオッツでプレイしてほしい。第二の希望は(ペイトリオッツの選手として)引退してほしい」と言っているので、ブレイディにその気があるのなら契約延長に動くだろう。問題はベリチックがブレイディについてどう考えているのかということ。今シーズンのパフォーマンスを見てもまだ使えると考えているのか、それとももう限界だと考えているのか。前者なら契約延長に何の問題もない。後者でも「限界だけどブレイディだからしゃーない」という事ならいいが、そうでなければオーナーとベリチックの間に一悶着ないとも限らな・・・と、ここまで考えて変な妄想が湧いてきた。

 ベリチックがどう評価していようとも、オーナーが契約延長を望むなら甘んじてそれを受けるかもしれない。仮に来季もダメダメだったとしても「オーナーの希望だから」とベリチックに傷はつかないし、ある程度活躍してくれるなら万々歳。敢えてオーナーに異を唱えたり、ファンの恨みを買う必要はない。そしてオーナーに恩を売ったところで晴れて長男をDCに据える。昨季のディフェンスを考えればチームの内外に反発もないだろう。そして長男を次期HCとして教育しつつ根回しを行い、最多勝利HCの称号を得たのちに禅譲。自身は副社長とかなんとかに就任して実権を握ったまま。こうしてペイトリオッツにおけるベリチック家の執権は続いて・・・なんてね。

 現実に戻って一ファンの希望を言うと、理想はセインツからFAになるであろうテディ・ブリッジウォーターを2年契約で獲得。スティダムをサイドラインで学ばせつつ競わせる。最終的にスティダムでも良いし、活躍してくれるならブリッジウォーター続投でも全然問題無し。ただしキャップの面では厳しい。ブリッジウォーターでも年$20Mは必要と見られているし、特段ペイトリオッツに来たがってる訳でもないだろう。このままスティダムをスターターにしても文句は全く無いので、キャップはマッコーティやトゥーニィ、バンノイとの再契約に使ってほしい。

ディフェンス
DT:ローレンス・ガイ  バイロン・カワート
DE:ジョン・サイモン  ディートリッチ・ワイズ  チェイス・ウィノビッチ  デレク・リバース
LB:ドンテ・ハイタワー  ジャワン・ベントリー
CB:ステファン・ギルモア  ジェイソン・マッコーティ  ジョナサン・ジョーンズ
   ジャワン・ウィリアムズ  ディアンジェロ・ロス
SS:パトリック・チャン  デュロン・ハーモン  テレンス・ブルックス  マリク・ガント
FS:

主なFA:FSデビン・マッコーティ LBカイル・バンノイ LBジェイミー・コリンズ LBエランドン・ロバーツ
    DTダニー・シェルトン DTアダム・バトラー CB JCジャクソン

 最優先すべきは現役続行のDマッコーティとの再契約だが、上記のFA組と再契約できれば昨季のディフェンスを継続できるのでキャップスペースのあるかぎり再契約してほしいところ。あとはランストップのスペシャリストを加えてアップグレード出来れば。

スペシャルチーム
ST:ブランドン・キング
K:スティーブン・ゴスコウスキー
P:ジェイク・ベイリー
LS:ジョー・カルドナ

主なFA:マシュー・スレイター ネイト・エブナー ジャスティン・べセル

 よく見るとスペシャルチーマーも足りない。スレイターはまだ続けるんだろうか? べセルは再契約してほしい。昨季不安定だったキッカーはゴスコウスキーも戻ってくるだろうし、いざとなればフォークと再契約で凌げそうだが、ドラフトでキッカーを指名する可能性も高いと思う。

コーチングスタッフ
OUT STC&WRコーチ ジョー・ジャッジ ⇒ NYジャイアンツHC
OUT DLコーチ ブレット・ビールマ ⇒ NYジャイアンツDC

 長年ペイトリオッツのSTコーディネイターを務めていたジャッジがNYGのHCに就任。DLコーチのビールマも一緒にNYGのDCに。NYG、CAR、CLEからインタビューを受ける予定だったマクダニエルズに残された可能性はブラウンズのみとなってしまった。やはり前回のドタキャンが尾を引いているのだろう。仮にブラウンズHCに決まった場合、MIAから一年で解雇されてしまったオシェイが次期OC有力候補だろうか。


 2020シーズンのペイトリオッツがどんなチームになるのか? やはり最大の焦点はブレイディがどうなるかという事によって全く変わってくる。先々の事を考えれば、ここで袂を分かつのが合理的なんだろうけど、オーナーの意向やファンの思い、チームはもちろんNFLのリビングレジェンド?でもあることから今後どんな事になるのかはノーバディノウズ。