今年は2巡が無いから安心。

Active Players
ステファン・ギルモア(29) 16試合・53タックル/44ソロ・6INT・20PBU  2022/UFA
ジェイソン・マッコーティ(32) 12試合・40タックル/32ソロ・1INT・6PBU  2021/UFA 
ジョナサン・ジョーンズ(26) 15試合・53タックル/38ソロ・8PBU・2FF  2023/UFA
J.C.ジャクソン(24) 15試合・36タックル/29ソロ・5INT・10PBU  2021/RFA
ジャワン・ウィリアムズ(22) 9試合・5タックル/4ソロ・1PBU  2023/UFA
ディアンジェロ・ロス(23) 2019/IR  2022/RFA

Reserve/Future Contract
None

Free Agents
None

Overall
 プロボウル&オールプロ&最優秀守備選手に輝いたギルモアを筆頭に、昨季のディフェンスを支え続けた驚異的なCB陣が来シーズンもそっくり残る。昨シーズン終盤は怪我で満足に出場できず、今オフに手術を行うJマッコーティをカットしてキャップセービング($3.8M)する可能性も考えられるけど、成長著しいJCジャクソンと早めに契約延長を行えば大丈夫。けれどもDマッコーティのモチベーションのためにもキープして、来季も二人そろって頑張ってもらいたい。
 昨年の2巡ウィリアムズも控えているし、ドラフト指名の必要性は低いポジションだけど例年通り下位指名やUDFAでの獲得はあるかもしれない。でも今年は下位とはいえ他のポジションを優先してほしい。

Draft Board
6巡 ルク・バルクー 6-1/175 アリゾナ州立 highlights
 高校とコミュニティカレッジではWR/CBとして活躍。運動能力的には平均レベルだと思われるが、WRとしての経験を活かしてキャッチポイントを素早く割り出し(想像)、FBSトップタイの9INT&16PBUを記録したボールホーク。パスだけでなくランゲームにも貢献できるタックラーでもある。FSにコンバートしたら面白そうな選手。