34シーズンに渡ってペイトリオッツのOLコーチを務めたダンテ・スカーネッキアが引退を表明。
 本当にお疲れさまでした。

Active Players
OT アイゼア・ウィン(24) 8試合・4サック/9ヒット  2023/UFA
OT マーカス・キャノン(31) 15試合・3サック/11ヒット  2022/UFA
OT コーリー・カニンガム(24) 1試合  2022/UFA
OT ヨドニー・カジャスト(23) 2019/IR  2023/UFA
OG シャック・メイソン(26) 15試合・3サック/4ヒット 2024/UFA
OG ヨルド・フロホート(23) 2019/IR  2023/UFA
C  デイビッド・アンドリュース(27) 2019/IR
  2021/UFA 

Reserve/Future Contract
OT ナジー・トラン(24)

Free Agents
OG ジョー・トゥーニィ(27) 16試合・1サック・11ヒット 
C/G テッド・カラス(27) 15試合・1サック・5ヒット
C  ジェイムズ・フェレンツ(31) 15試合・1サック・2ヒット

Overall
 とりあえずLGをどうするかなんだけど、最善はもちろんトゥーニィとの再契約。ただキャップ的に難しいということであれば仕方ない。Cもアンドリュースが本当に戻って来られるのかという不安がある。本人は復帰に楽観的だったけど来オフにはUFAとなるし。カジャストとフロホートが実際にどのくらいやれるのかというのも不安要素の一つだけど、今年指名したルーキーだと思えばまあいいか。
 フロホートがトゥーニィのように即先発LGとなってくれれば理想的だけど、カジャストがLTで行けるならウィンをLGにコンバートするという手もある。そうすればフロホートをCに回すことも可能で、とりあえず怪我人さえ出なければなんとかなりそう。そこが一番不安なところでもあるけど。
 ドラフト指名の必要性はトゥーニィ次第。再契約出来なければIOLを手当する必要がありそう。
 
DRAFT BOARD
3巡 IOL ニック・ハリス 6-1/301 ワシントン highlights
 少しサイズに欠けるというのが唯一の欠点。センター、ガード共に豊富な経験を誇るインテリアラインマン。シニアボウルで少々評価を下げたのも指名順的にはありがたい。

3巡 IOL ナタネ・ムチ 6-3/307 フレズノ州立 highlights
 優れたパワーと理想的なサイズがあって、常にアクティブかつアグレッシブ。ゾーンブロッキングにあうプレイスタイルとの評価。