ブレイディが戻って来ても来なくても。

Draft Board
3巡 ジェイレン・ハーツ 6-2/218 オクラホマ 
Official Highlights vs UCLA    vs TexasTech 
 今年のドラフトで唯一欲しいQB。いわゆるモバイル系QBとしてではなく、純粋なパサーとしてのハーツのポテンシャルに賭けたい。挫折を経てなお前へと進む不屈の精神。チームの誰からも愛されるリーダーシップ。スムーズなスローイング。優れたポケットワークとペイシャンス。タフでクラッチ。もちろん高いモビリティもこれまでのペイトリオッツO#に無かった強力なオプションになる。まだまだ改善すべき点はあるけれど、ペイトリオッツとハーツのマリアージュは大きな可能性を秘めていると思う。幸いにも今のところ1~2巡指名候補とはみられていないようだし、仮に1巡23位で指名しても文句は全くない。

Active Players
ジャレッド・スティダム(23) 3試合/・パス2comp/4att/50.0%・14yd・1INT  2023/UFA
コディ・ケスラー(27)  2021/UFA

Free Agents
トム・ブレイディ(42) 16試合・パス373comp/613att/60.8%・4,057yd・24TD・8INT

Overall
 来季のスターターはどうなるのか?考えられるプランは四つ。

プランA:ブレイディと契約延長
プランB:スティダム
プランC:FAで獲得
プランD:ドラフトで指名

 プランAで行くというならそれも良し。FAでの引き留めや補強はほとんど出来なくなり、チーム全体として大幅なダウングレードは避けられないが仕方ない。
 
 プランBなら最もお財布に優しいが、スティダムが先発QBに足るレベルにあるのかどうかはレギュラーシーズンの実戦で見てみないと分からない。少なくともFAで中堅QBクラスを獲得するか、ドラフトでQBを指名しておく必要がある。
 
 FAで先発QBを獲得してスティダムorドラフトルーキーをもう少しサイドラインで学ばせるというプランCも現実的な線。その場合はテディ・ブリッジウォーターを希望。チームを勝利に導くゲームメイキングが出来る事は証明済みだし、先発待遇ならブリッジウォーターにとっても悪くない話だと思う。

 プランDも無くは無いが、あまり現実的ではない。ドラフト指名QBがスターターになるのはプランABCの先発が崩れた場合。

 いずれのプランにせよドラフトでのQB指名は必要だと思うし、実際に指名する可能性も非常に高いと思う。個人的にはプランC、ブリッジウォーター(即戦力兼メンター)+ハーツ(次期フランチャイズ)+スティダム(競争相手兼インシュアランス)バージョンで。