忘年会をかねたハイキング旅行を企画。
大菩薩峠と石和温泉です。

上日川峠出発~大菩薩峠~賽の河原で
軽装備のため引き返しました。

気温は低かったけれど風もなく快晴の大菩薩峠からは360度のパノラマです。
富士山、南アルプス連峰、八ヶ岳、奥多摩の山々、東京の高層ビル群・・・。
天気に恵まれれば東京近郊の山歩きは空気の澄んでいる初冬が一番です。
ただし、大菩薩峠は1900m以上あるので
ハイキングとしての季節はやはり11月末までと考えたほうがよさそうです。
枝葉の雪が落ちるときダイアモンドダストとなってきらきら光る林の中、
新雪をさくさくと音をたてて歩くことができとてもラッキーでした。

下山して「福ちゃん荘」でそばを食べ、少し時間があるので
武田信玄公菩提寺の「恵林寺」へ。うわさどおりのすばらしい庭を堪能。

夜は石和温泉「ホテルふじ」で宴会。
バイキングメニューの充実した気さくな宿です。
週末にはラウンジでライブもおこなっています。

翌日は足をのばして絶景「昇仙峡」へ。
紅葉シーズンも終わりおとずれる人も少ない静かな渓谷を1時間ほど歩きました。

甲府で「ほうとう」を食べて帰路。

大菩薩峠と恵林寺、石和温泉(湯村温泉も近い)、昇仙峡は東京からも近く
山歩きの好きな仲間と楽しめるコースです。