昭和30年代の尾瀬ブームの時は山小屋畳1畳に3人の密度だったという。
今の富士山がそれに近い。いやそれ以上かも。
とにかくブームの時には控えたほうがいいと思う。
ということで有名すぎて控えていた尾瀬
富士山ブームのすきにおすすめコースのご紹介です。

はじめての尾瀬
日帰りで。新幹線利用で便利になった鳩待峠~尾瀬ヶ原~鳩待峠
東京発06:00の新幹線で上毛高原へ
関越バスで戸倉まで(一般車両もここまでです)
乗合バスで鳩待峠へ
日帰りで歩けるコースは尾瀬ヶ原の竜宮十字路、ヨッピ吊り橋までの往復
鳩待峠から逆ルートで帰る
旅行代金は1万円。
このコースはできれば水芭蕉の咲くころがいい。まだまだ雪ののこる6月。

尾瀬縦断1泊2日
水芭蕉の花を見たら次はニッコウキスゲの夏がおすすめ。
こちらも新幹線利用で鳩待峠から。
可憐な水芭蕉が巨大なサンスベリアのような葉になって唖然とする中
ニッコウキスゲでオレンジのじゅうたんをしいたような湿原。
初日は燧ケ岳の全貌をみながら見晴らし十字路の山小屋泊。
9時消灯のあとそっと外にでて夏の星座を満喫。
山小屋の朝は早い。
8時チェックアウトでも8時まで山小屋にいると「およびでない」ムードがただようので
早目に出発しよう。
白砂峠を歩き沼尻~尾瀬沼東岸~ビジターセンターで尾瀬の歴史などみて
大江湿原~沼山峠~会津野岩鉄道~東京
旅行代金は山小屋入れて23000~25000円
湿原、山歩き、尾瀬沼と盛りだくさん。ニッコウキスゲの時期に絶対行きたい。

紅葉の尾瀬1泊2日
千秋楽横綱大一番コース。秋の尾瀬。
新幹線利用で鳩待峠から尾瀬ヶ原へ向かうルートはアヤメ平から。
少々つらい山登りの長沢新道経由尾瀬ヶ原湿原へ。
がんばって赤田代の温泉小屋に宿泊。
翌日は裏燧街道の紅葉を満喫しながら御池まで。
時間があれば三条の滝も見て。
これは尾瀬の紅葉もおすすめなのですが交通手段がまた楽しい。
御池からバスで奥只見湖の尾瀬口へ。
そこから遊覧船で奥只見ダムまで。紅葉をみながらの40分。
ふりかえれば圧倒的な存在感でせまる標高2356mの燧ケ岳。
(見晴十字路あたりで見る燧ケ岳は標高差800mなのでそれほど高さを感じないのです)
奥只見ダムからバスで浦佐へ行き浦佐から新幹線でもどる。
紅葉もさることながら
群馬~福島~新潟にまたがる尾瀬の秘境度もわかる
とってもおすすめのコース。
旅行代金もこれだけ乗って25000円~27000円。
おとく~。

尾瀬は何度行っても行くたびに違う姿をみせてくれる、すばらしいところ。
ぜひ~。