2009年07月30日

カナカナ・・・


ウバユリ2ウバユリ1



ウバユリも花の時期を過ぎようとしています。



ギボウシ






スダレギボウシの斜面と
その上部の杉木立
繁茂した下草。



このあたりは夕刻になると、カナカナカナ・・・と
美しい鳴き声が
重奏して聞こえることがあります。

ヒグラシにしては早すぎるし、
何だろうと気になっていました。

土佐和紙工芸村のちょうど真ん中を
山の上から下に流れる小さな渓流があります。
カエルがたくさん潜んでいそうです。
カナカナの声の主は、「カジカガエル」
古歌にも詠まれたいわゆる「河鹿」でした。




仁淀川1仁淀川2






今日の仁淀川。

今年は雨が少なく増水することが
なかったため、河原に植物が
青々と繁っています。
仁淀川のほとりにギャラリーを営んで5年目
こんな風景は見たことがありません。

少し大気が湿ったような夕暮れ時
国道をへだてて流れる仁淀川の川面と山あいに、
河鹿の鳴き声がこだましていることがあります。
たくさんのカジカガエルが声を合わせた音色は、
美しく澄み渡って響きます。
そして、なんとなく寂しさを帯びているように感じられます。



botanica_kura at 20:04コメント(0)トラックバック(0)雑記  

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
月別アーカイブ
楽天市場
livedoor × FLO:Q
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ