2013年08月13日

貴婦人と一角獣展


ポスター

ゴブラン織りの名品といえば、誰もが

パリのクリュニー美術館にある「貴婦人と一角獣」を

思い浮かべるのではではないでしょうか。

いま、大阪の国立国際美術館で

そのフランスの至宝、『貴婦人と一角獣』が公開されています。

10月20日まで。

触覚、味覚、嗅覚、聴覚、視覚、そして「我が唯一の望み」と題された

6点の連作全てが出品されています。

1500年頃の制作。これまでフランス以外で公開されたのは、

アメリカ、メトロポリタン美術館と

今回の日本だけだそうです。



貴婦人と一角獣

ギャラリーぼたにかでも、「夏のゴブラン・バッグ展」の会場にチラシを置いて

ご紹介のコーナーを設けています。


クッション

作品から起こしたクッションも販売しています。



9月になれば私も、この素晴らしいタペストリーに会いに行くため、

遅い夏休みを取りたいと思っています。



botanica_kura at 23:46コメント(0)トラックバック(0)「ぼたにか」通信 | 展覧会など 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
月別アーカイブ
楽天市場
livedoor × FLO:Q
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ