2009年11月

2009年11月08日


P1000907



今回の「千のちから」は
藍の本木綿が基調。
ふんだんに藍の布が使われています。


ねずみさん3



押し絵独特の、
ふっくらした立体的な形のねずみさん。



下図


制作過程も会場で紹介しています。
下図を描き、トレスして厚紙の型を作ります。
それに布を当て中綿を仕込み
糊で仕上げていきます。



嫁入り




これは可愛らしい「ねずみの嫁入り」風景。
小品もたくさん展示されています。


2006年に発表した伊与木さんの大作「108人のお老人」も
再度出品されていますので
前回見逃された方も、
ぜひこの機会にご覧いただければと思います。



botanica_kura at 23:03コメント(1)トラックバック(0)「ぼたにか」通信展覧会など 

2009年11月02日


  千のちからー布の落ち穂拾い
   創作押し絵伊与木順子の世界その2
    
2009.10.24(土)〜11.29(日)
    10:00〜17:00 水曜休み
    
    主催・会場 ギャラリーぼたにか

千のちから1


三年かけて制作された千匹のねずみさんたち。
会場に入ってこられた方が「ほーッ」と一様に声をあげられます。

すべて女ねずみというのも伊与木さんらしい。
木綿の作業着を着て、女性が働きづめに働いた時代、
その労苦とがんばりに心を寄せて制作している伊与木さんですが
今回は、千匹が力を合わせて大事を成し遂げるさまを
描いています。

稲束俵


ディスプレイもまさに
蔵の中。
今は消えてしまった農具が並んでいます。


ねずみさん1

ねずみさん2


「手は私の大切なお道具です」
という伊与木順子さんの押し絵を
ぜひ、ご覧になってください。


botanica_kura at 07:19コメント(0)トラックバック(0)「ぼたにか」通信展覧会など 
月別アーカイブ
楽天市場
livedoor × FLO:Q
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ