2011年08月

2011年08月24日


斜面2



斜面1












水曜の定休日明けにギャラリーに出てみると

「ぼたにか」前の斜面のスダレギボウシの群落が

すっかり刈り取られていました。

もうすぐ薄いブルーの花が咲くところでしたが・・・。

散策のお客様も楽しみにされていたのに、残念でなりません。

植物に関心がない人々には、雑草と思われてしまうのですね。

草刈りを知らず、立ち合うことができなかったことを悔やみました。


スダレギボウシ花

花時のスダレギボウシ。

炎暑の夏、今後次の株が育ってくれるか、心配です。


スダレギボウシ(ユリ科 ギボウシ属)

高知県にはギボウシの種類が多いのですが、本種はヒュウガギボウシの変種。

四万十川、仁淀川水系に広く分布しています。

川沿いに生育しているため洪水にさらされることも多く

そのため水流に耐えるように葉が極端に細くなっているそうです。

細い葉になったために葉脈間の間隔が狭く

これが「スダレ」の名の由来となりました。

「ぼたにか」前から国道の水車小屋まで、ずっと斜面に自生しています。

これだけ広範囲な群落は大変貴重です!


大切に見守ってきた「ぼたにか」のスダレギボウシ

これから、このような目にあわないよう

貴重な植物ということをしっかり共通認識にしていかなければ。



botanica_kura at 11:18コメント(1)トラックバック(0)雑記 

2011年08月19日


ヘッケル

「葉月の古書展」

これは図入り洋書の古書

ヘッケルの名著“Kunstformen der Natur”1904 より「イソギンチャク図」です。

もともとは1899-1904に刊行された10冊組。

1904年に100図を収めた一冊の完全版として出版されました。

近年日本でも河出書房新社から翻訳出版されています。

エルンスト・ヘッケル(1834-1919)はドイツの生物学者で

「個体発生は系統発生を繰り返す」という発生反復説で有名な人。

図も描けた彼は、自らこの本の原画や下絵を手がけています。

版画に起こしたのはAdolf Giltsh

本当にすばらしい図版がたっぷり楽しめます。

科学図というより、まさにアート!

生物のもつ自然のフォルムが、シンメトリーや秩序だった構図を示し

美しく一図版の中に収まっていて

アールヌーヴォーやシュールレアリズムに影響を与えたというのも

納得されます。

特に、クラゲや放散虫の図が有名ですが

イソギンチャク、ハチドリ、ハコフグ、ガなど描かれた生物は様々。

彩色図あり、バックが黒に白抜きの図あり、

この図版を一枚ごとにめくって、じっくり見てゆきながら

幸福な時間がゆっくり流れるのを感じました。


そのほか、『セルボーンの博物誌』(ギルバート・ホワイト著)

セルボーンの博物誌

この書の研究と翻訳に生涯をかけたのは高知県佐川町の人、西谷退三。

牧野富太郎先生の生家の近くに住んでいました。

ほかにも、『フローラの神殿』の著者、ソーントンの図入り本など、

一見の価値のある古書が揃っています。



「葉月の古書展〜図入り洋書とアンティーク絵本の楽しみ」

8月21日(日)までです。



botanica_kura at 07:23コメント(0)トラックバック(0)「ぼたにか」通信展覧会など 

2011年08月15日


オクセンブリー

ヘレン・オクセンブリーのアリス。

2005年 ロンドン刊。

なんだか元気のいい女の子で親しみがあります。

右側のアリスは、「なでしこジャパン」の澤さんに似ていると、お客様の間で評判。

(分かりづらいですが、画像を拡大していただけるとわかります)


マーヴィン・ピーク2

マーヴィン・ピーク(1911-1968)のアリス。

1946年 イギリス刊

マーヴィン・ピークは作家で詩人、イラストレーター。

繊細とユーモア、不思議な魅力を感じます。

熱狂的なコレクターがいるというのもうなずけるところ。


ドゥシャン・カーライ

日本でも人気のチェコ絵本に登場する

スロバキアの人、ドゥシャン・カーライの描いたアリス。

1985年 フランス刊。

まるで現代に生きている私たちのそばにいるような女の子が

アーティステックに表現されています。


このほか、まだたくさんのアリスに出会っていただけます。

日本で翻訳されていないものばかりですので

とても新鮮、アリスマニアの方にも好評です。

会期もあと一週間となりました。

絵本の好きな皆様に、ぜひ見ていただきたいと思っています。


botanica_kura at 00:56コメント(0)トラックバック(0)「ぼたにか」通信展覧会など 

2011年08月12日


彩色2冊本3

ご存じジョン・テニエルの挿絵で

彩色が施された版です。1930年COKER社 ロンドン刊。

彩色はフィッツ・クレデルが担当、「不思議の国」と「鏡の国」の二冊で一組。

彩色2冊本

彩色2冊本2

やはり、初版以来のテニエルのアリスが、私たちの「永遠のアリス」かもしれませんね。

この本は美しい彩色も加わって、今回の展示で最も人気があります。



ベッシー・ペーズ

ひときわ異彩を放つベッシー・ペーズのイラスト。

1946年 ニューヨーク ランダムハウス社刊。

まるでアールヌーヴォーのような面白い装飾的な黒い線画の枠がページを取り巻き、

ところどころ、モノクロやカラーのイラストが混じっています。

ベッシー・ペーズ2

ベッシー・ペーズ3



            

今日はよさこい最終日

夜、踊りの見物をされる方が、昼間は観光で回られ

我が土佐和紙工芸村をも訪れてくださっています。


お盆休みも始まりました。

この機会に、葉月の古書展を多くの方にご覧いただけるよう

願っています・・・。



botanica_kura at 07:40コメント(0)トラックバック(0)「ぼたにか」通信展覧会など 

2011年08月10日


アリス額

古い版のテニエル挿絵のアリスを額装して

ご覧いただいています。

お好きな場面に出会ってくださいね。


フェーブ

フェーブも並べています。  三月うさぎもいます。

アリスのステーショナリー類、いろいろ。


フェアリーグッズ

フェアリーのカードやノート、メモパッド。

フェーブの豆本。


豆本

古書展にちなんで手作りの豆本も。


アリスクッション

アリスのクッションは特に人気です。

フェアリーやピーターのゴブラン織りクッションも

たくさんご紹介しています。

そして可愛らしいゴブランのバッグ。


ピーター




  お蔵の中が

  ちょっとした

  ワンダーランドになっているのでは、 と

  少し自負しつつ・・・、

お待ちしています。 





botanica_kura at 01:48コメント(0)トラックバック(0)「ぼたにか」通信展覧会など 

2011年08月09日


アリス絵本


葉月の古書展〜図入り洋書とアンティーク絵本の楽しみ

2011.7.30〜8.21 10:00〜17:00

水曜休み

主催・会場 ギャラリーぼたにか

始まって約1週間

アリスファンの皆様にお楽しみいただいています。

多くのイラストレーターによってイメージされたアリスたち。

随時、ご紹介したいと思っています。


プーさん


その他、『クマのプーさん』や

ケイト・グリ−ナウェイ 『マザーグース』の初版など

『ケイト・グリーナウェイ伝』 も。

ソーントン


ウォルター・クレイン画 『フラワーウエディング』などなど。

今まで幾人かの元で読まれてきたであろうこれらの絵本

落ち着いた色調や手づれ感。

年月を経たものだけが漂わせる魅力が何ともいえません。



今夜はよさこい祭り前夜祭。

遠く花火の音が聞こえてきます。


botanica_kura at 21:05コメント(0)トラックバック(0)「ぼたにか」通信展覧会など 
月別アーカイブ
楽天市場
livedoor × FLO:Q
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ