2012年05月

2012年05月13日

ぼたん

江戸の浮世絵と近代版画〜武者絵・美人・風景・草花〜
2012.6.3まで

主催・会場 ギャラリーぼたにか

遅くなりましたが、会場の様子をご紹介します。


織田一磨

“石版の織田”として知られる織田一磨の作品。

左は『大阪風景』から「四ツ橋雨景」

右は『東京風景』から「小舟町河岸」


小林清親

こちらは小林清親

左は「石榴と葡萄」、右は「鴨と破れ蓮」

いづれも明治12年頃の作。

驚くほどモダンです。 西洋画を学んだ清親ならではの作品。


国貞

竪版の女人像は国貞。


国芳水滸伝

なんといっても今回の圧巻は、この国芳の『水滸伝』でしょう。


山本昇雲

そして、昨年についで山本昇雲の『今すがた』シリーズ

やはり、美しい!

しっとりと、繊細で、「眼福を得る」という言葉がぴったりです。


6月3日まで開催中、 

ぜひご覧になってください。




botanica_kura at 22:41コメント(0)トラックバック(0)「ぼたにか」通信展覧会など 
月別アーカイブ
楽天市場
livedoor × FLO:Q
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ