2013年05月

2013年05月01日


美人画6

二人の若い女性が語らっている、この可愛らしい絵は

山本昇雲の『四季のながめ』シリーズから 『おはなし』という作品です。

二人の前には小さなティーセット

遠くに見えるのは、水辺で遊ぶ白いスワン

繊細で美しい、明治最後の浮世絵です。

画像の精度が低くて、十分ご覧いただけませんが(拡大してください)

会場でじっくり、肉眼で確かめていただければ、と思います・・・。

昇雲の美人画は、『四季のながめ』、『今姿』シリーズ、肉筆画、あわせて

今回13点をご紹介しています。


美人画7


美人画4


美人画5



下の画像は、昇雲肉筆の掛け軸。

とても雰囲気のある女性が、抒情的に描かれていますので

「面影の美人画」展のポスターとDMにもあしらいました。

昇雲掛け軸


面影にたつ美しい人の姿や佇まいは

どの時代の画家も

憧れを込めて描いてきました・・・


深水とまた異なる、明治の空気をまとった昇雲の美人画を

お楽しみいただければと、思います。



botanica_kura at 07:55コメント(0)トラックバック(0)「ぼたにか」通信展覧会など 
月別アーカイブ
楽天市場
livedoor × FLO:Q
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ