2015年04月

2015年04月29日



大型連休、「ぼたにか」はいつもの水曜定休は「無し」で

営業いたします。

本日の4月29日と次回水曜日の5月6日は、営業。

そして、5月7日の木曜日を代休とさせていただきます。

今日はちょっと曇っていますが、おおむねお天気もよさそうですね。

緑したたる仁淀川沿い。 ドライブをかねてお出かけください。


小鳥

開催中の催し

「山本昇雲の美人画展〜過ぎゆく江戸明治の情緒〜」
2015.4.25(土)〜5.31(日)
10:00〜17:00
主催・会場 ギャラリーぼたにか(土佐和紙工芸村)


botanica_kura at 09:04コメント(0)トラックバック(0)「ぼたにか」通信展覧会など 

2015年04月27日



昇雲展1

ギャラリーぼたにかの企画展

「山本昇雲の美人画展〜過ぎゆく江戸明治の情緒〜」
2015.4.25(土)〜5.31(日)
10:00〜17:00 水曜定休(4/29・5/6営業 5/7代休)

25日(土)からスタートしました。

とりあえず、会場風景の一部をUPします。

昇雲展5



昇雲展2



昇雲展4



昇雲展3



こじんまりした会場ですが、繊細優美な昇雲の木版の醍醐味を

お伝えするのに十分な点数を展示しているつもりです。

高知県出身、明治、大正、昭和と、94年の長い生涯を気負うことなく全うした

清廉な市井の画家、山本昇雲。

静かに、その画業に向き合って過ごしていただければと思っています。



botanica_kura at 20:09コメント(0)トラックバック(0)「ぼたにか」通信展覧会など 

2015年04月15日


小鳥


ギャラリーぼたにか、次回の企画展は

高知県出身、明治、大正、昭和と長く画業を続けた画家、山本昇雲の

美人画をご紹介します。


山本昇雲の美人画〜過ぎゆく江戸、明治の情緒〜
2015.4.25(土)〜5.31(日)
10:00〜17:00 水曜定休
(ただし4月29日・5月6日の水曜は営業します。5月7日木曜代休です。)

昇雲の描く美人は、江戸の浮世絵の余香を放って、

あえかに繊細で上品だと評されます。

当時最高の技術で、明治39〜42年に板行された昇雲の代表作「今すがた」を中心に

肉筆のお軸も含め、約40点を展示いたします。

昇雲の木版画は、肉眼で見ないと、その美しさが味わえません。

今回も準備のため現実に作品を目の当たりにして、つくづくそう思いました。

以前、高知県立美術館で見た昇雲の、並々でない繊細可憐な世界も

肉眼だからこそ感じたものでした。

ぜひ、ご自身の目でご覧いただきたく、切に願っています。






botanica_kura at 16:06コメント(0)トラックバック(0)「ぼたにか」通信展覧会など 

2015年04月10日


達磨大師1

なんと、珍しい塗り物が見つかりました。

こぶしをふりあげているのは赤い法衣の達磨大師、 

何か叫ぶかのように口を大きくあけたこの形相!

どうみても怒っているとしか思えません。


達磨大師3




達磨大師2

しかし、達磨さんは面壁九年、大悟した禅宗の祖ではなかったか。

なぜ? なぜ? これは、なぜ?

ちょっと達磨大師の伝記や逸話を調べてみましたが

それらしいものには出会えません。

この五段重は、どんな宴席で使われたものか?

はたまた、どんな人が作らせたのか。

あるいは職人が作ったとすれば、どんな意味を込めたのか。

単に、「喝!」のポーズだとは思いたくない。

気になってしかたがない重箱です。


達磨大師4

裏には払子(ほっす)が描かれています。




botanica_kura at 22:23コメント(0)トラックバック(0)展覧会など「ぼたにか」通信 

お歯黒壺

これは越前お歯黒壺。

開催中の骨董展に、歯科医の先生がお見えでした。

このお歯黒壺を見つけて、お歯黒の話へと発展。

大変くわしく教えてくださいました。

お歯黒壺は、液を作る容器だとか。

釘など鉄分を含んだものを入れ、お茶や酒、酢を加えて数ヶ月置くのだそうです。


ふしの木

そして、これはお歯黒のもう一つの素材。

ふしの木(ヌルデ・うるし科)という植物の葉に、アブラムシの一種が入ってできた「虫えい」です。

この「虫えい」を粉にしたものが「ふしこ(五倍子粉)」。タンニンが多く含まれています。

お歯黒を染めるには、壺で作った溶液と、ふしこを混ぜて

筆で歯に塗っていくのだそうです。

画像の「五倍子(ふし)」は、翌日わざわざ歯科医の先生がご持参くださいました。

自家製の鉄漿(かねみず)も、持ってこられ、臭いをかがせていただきました。

ツーーンと、酸っぱい鼻にくる強い臭い!

当時の女性は大変でしたね。

お歯黒壺は、越前焼きか備前焼きが多かったそうです。


今は、花生けにちょうどよくて、茶席にも使われます。


ぼたにか」の骨董展、「用の美ー使うための骨董」は

4月12日まで。とうとうあと2日となりました。

まだまだ、十分魅力的な品々が揃っています。

ぜひ、ご覧になって下さい。






botanica_kura at 22:03コメント(0)トラックバック(0)「ぼたにか」通信展覧会など 

2015年04月01日


ソメイヨシノ1

満開とは八分咲きをいうそうですね。

それだと、蔵のまわりの桜は、満開を過ぎました。

明日は、落花しきり、でしょう。



ソメイヨシノ2


3月28日(土)には、国友農園さんの「りぐり山茶」の試飲会がありました。

慌ただしくて画像を撮ることができなかったのですが

沢山のみな様にご参加いただき、国友社長が懇切に説明されながら

淹れてくださったお茶を楽しみました。

まず冷茶から、そして優しい味わいの風蘭香、

野性味が強く頭の中が活性化する「龍」が特に人気で

「龍」は売り切れてしまいました。

次回の試飲会は4月4日(土)12時〜4時を

予定しています。

ぜひ、ご参加くださいませ。


骨董展は4月12日(土)まで。

今年は、ちょっと趣向を変えてみましたが、大変好評で

嬉しく思っております。

明日にはまた追加の商品が入りますので

覗いてください。






botanica_kura at 17:28コメント(0)トラックバック(0)「ぼたにか」通信雑記 
月別アーカイブ
楽天市場
livedoor × FLO:Q
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ