2015年12月

2015年12月27日



yuri



今年も、「ぼたにか」をおたずねくださり、ありがとうございました。

本日で無事に年内の営業を終えました。

新年は1月4日からとなっております。


「ゴブラン織りとプチポアン〜クッション・バッグ・ポーチ〜」
2016.1.24(日)まで開催中。


来年もどうぞよろしくお願いいたします。





botanica_kura at 23:36コメント(3)トラックバック(0)「ぼたにか」通信 

2015年12月22日


営業日、変更のお知らせです。

12月23日の水曜日は定休日ですが、祝日のため営業いたします。

翌日の24日(木)は、代休としてお休みさせていただきます。

ご了承ください。

年内の営業は27日(日)まで、新年は4日から営業いたします。





botanica_kura at 00:55コメント(0)トラックバック(0)展覧会など「ぼたにか」通信 

2015年12月18日


冬の時期恒例となりました「ぼたにか」のゴブラン織り展

今年は新たな魅力を加えてみな様にお届けしています。

タペ

「ゴブラン織りとプチポアン〜クッション・バッグ・ポーチ〜」
2015.12.12(土)〜2016.1.24(日)
10:00〜17:00
水曜定休 年末年始のお休み→12.28〜1.3
主催・会場 ギャラリーぼたにか(土佐和紙工芸村)


従来のゴブラン織りは、むろん充実していますが

高知で初めてのご紹介、「久家道子プチポアン」をご覧いただいています。



プチポアン3


美しいフォーマルシリーズも!

細やかな刺繍の刺し目を見ていただくために、拡大鏡も添えています。

この機会に、繊細な手刺繍の手業を、ぜひ直接ご覧になってください。

「プチポアン」とは、18世紀ヨーロッパの宮廷で花開いた手刺繍のこと。

1cm四方に150〜300目のステッチを刺し、その繊細さで最も美しい刺繍といわれます。

オーストリアのマリア・テレジアのもとで始まり

フランス王に嫁いだマリー・アントワネットも愛用し、豪華な家具やドレス

バッグに用いました。


説明文

日本を代表する刺繍作家、久家道子先生は

スエーデン刺繍の創案やNTTの刺繍電報の作者として知られていますが

プチポアンも日本に導入され、普及に努められました。

この度、幸いにもご縁を得て、高知のみな様に「久家道子プチポアン」を

ご紹介することができました。

その美しい世界に触れる日々を、嬉しく思っています。



ソファー





ゴブラン織りも、新作のクッション(ルネ・マグリット)やアリスシリーズなど

そしてバッグ、ポーチも、沢山揃っています。



ツリー




キャビネット




パイプ




テーブル




暮れのギフトに、お使いいただけるものもいろいろございます。

慌ただしい年の瀬ですが、足をお運びいただけると幸いです。

年内は12月27日(日)まで営業、

お待ちしています。





botanica_kura at 07:16コメント(0)トラックバック(0)「ぼたにか」通信展覧会など 

2015年12月07日


次回の催しは

ゴブラン織りとプチポアン〜クッション・バッグ・ポーチ〜
2015.12.12(土)〜2016.1.24(日)
10:00〜17:00
水曜定休・年末年始のお休み 12月28日〜1月3日

主催・会場 ギャラリーぼたにか(土佐和紙工芸村)


久家道子先生のプチポアン、高知初のご紹介です。

うっとりする程美しいフォーマル・シリーズも出品されます。

ご期待ください。


ゴブランDM




botanica_kura at 22:21コメント(0)トラックバック(0)「ぼたにか」通信展覧会など 

2015年12月04日


林のりこさんのリース展が始まっています。


Good one day 〜林のりこリース展〜
12月6日(日)まで。
10:00〜17:00(最終日は16:00)
会場 ギャラリーぼたにか(土佐和紙工芸村)


集合
これは、設営前、搬入の時に「ぼたにか」の蔵の周辺に並べた作品。
自然光で見ると、ほんとうに繊細で美しく体の震えを感じました。


リース1



ツリー
生のクリスマスツリー。


スワッグ
スワッグ、ドア飾りです。朴の枯れ葉に包んだのは、のりこさんのオリジナル。


ツルニンジン
上の白くフワフワしたリースはツルニンジン。花が終わったあとの綿毛です。


ジャカランダ
野性的な木の枝のリース。あしらっているのは、右下部にパッションフルーツの実(1年ほど経過したもの)、そしてわかりにくいのですが、下部中央にある紫の実は、のりこさんが30年ほど前にアフリカで拾ってきたジャカランダの実だそうです。


スズラン
尖っているリースはスズラン。


リース2



リース3



テーブル
テーブルの上。
ユズマンダーやアップルマンダー、もう売れてしまって、少ししか残っていません。



リース4
オーナメントやシェード。



今年のリースは、なんとなくアンティークを思わせます。

今までとは趣が違っているように、私は感じます。

のりこさんも在廊していますので、ご本人にいろいろうかがってください。

肉眼に勝るものなし。

美しい空間です。

この喜びを感謝。








botanica_kura at 20:05コメント(0)トラックバック(0)「ぼたにか」通信展覧会など 
月別アーカイブ
楽天市場
livedoor × FLO:Q
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ