2018年11月

2018年11月14日


カイノキ3

土佐和紙工芸村の「楷の木」が紅葉しました。

コウゾやミツマタが植えられている裏山の段々畑を中心に13本。


楷の木は中国原産で、孔子の墓のそばに弟子の子貢が植えたことから

「学問の木」とも呼ばれます。

また、整然と対生に並ぶ葉のかたちや枝振りから、書道の「楷書」の

語源にもなっています。

日本に入ったのは1915年。

林学者の白澤保美博士が、中国の曲阜にある孔子の墓から

種子を持ち帰り、林業試験場で初めて実生から育てたそうです。

その苗は国内の孔子ゆかりの場所、東京の湯島聖堂、岡山の閑谷学校、

栃木の足利学校などに植えられました。

なかでも閑谷学校の楷の木は、紅葉の美しさで知られています。


土佐和紙工芸村の楷の木は、平成7年の開村時に、当時の友草良雄村長によって

植えられたそうです。

それから23年が経ち、今は大きく育って、秋には美しく紅葉するようになりました。

今年の紅葉は特に見事です。


裏山は散策できるようになっていますので、ぜひ、珍しい楷の木の紅葉を

見に入らしてください。




カイノキ2



カイノキ1













botanica_kura at 21:24コメント(0)「ぼたにか」通信雑記 
月別アーカイブ
楽天市場
livedoor × FLO:Q
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ