2018年07月04日

珍しい植物の図版


展示中の「カーティス・ボタニカル・マガジン」から

珍しい植物をご紹介します。


ギャラリーぼたにか


ディオスコレア

「ディオスコレア」 ヤマノイモ科

背景のモノクロのキューブ状のものがイモです。

このイモが10年、20年育つと、きれいな亀の甲羅模様になってきます。

和名は「亀甲竜」。

南アフリカ原産。英名エレファント・フット。

マニア垂涎の塊根植物。私も鉢植えを買おうと思っています。



アリストロキア

「アリストロキア」 フィッチ画 1846年。

強烈な腐肉臭でハエを呼び寄せます。

Aristolochiaの仲間でも、この grandifloraは最も臭いが強いそうです。

ペリカンの嘴のような花の形から「ペリカン・フラワー」ともいいます。

アートとして見ても、面白いと感じます。



チェリモヤ

「チェリモヤ」フィッチ画

ペルー、アンデス山地原産。

パイナップル・マンゴスチンと並んで、世界三大美果といわれます。

白い果肉はとても甘くて少し酸味があり、

「森のアイスクリーム」とも呼ばれるとか。


昨日、アメリカのロスに長くお住まいの女性(日本人)が里帰り中に来られ、

ロスではチェリモヤを作っている家庭も多く、いただいたりしていつも手に入る

果物だと話してくださいました。

とても美味しいそうです!

いつか、食べてみたい。


botanica_kura at 08:16コメント(0)植物画 | 展覧会など 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
月別アーカイブ
楽天市場
livedoor × FLO:Q
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ