2008年04月08日

牧野植物園50周年


花絵巻













昭和33年に開園した県立牧野植物園が
4月1日に50周年を迎えました。

記念イベント「五台山花絵巻」が
6月30日まで開催されています。

リニューアルされた南園に
伝統園芸植物の庭園が出現し
ニホンサクラソウやハナショウブなどが
植えられているそうです。

県民の思い出がいっぱい詰まった園地。
装いを変えて、これからまた
新しい歴史を刻んでゆくのでしょう。

牧野植物園は、野生の植物の分類を研究された
牧野富太郎先生を顕彰するため
おもに高知県、四国に自生する野生植物を植裁し
自然の美しさを目指してきました。

50年かけて築いてきた他の追随を許さない独自性。
願わくばどうぞ、多くの人々に愛された
いままでの牧野植物園のよさを失うことなく、
次の時代に伝えてほしく思われます。



botanica_kura at 20:26コメント(0)トラックバック(0)展覧会など | 牧野富太郎先生のこと 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
月別アーカイブ
楽天市場
livedoor × FLO:Q
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ