2008年06月09日

哲臣さん


1






今日は哲臣さんと打ち合わせ。
高知市内でお嬢さんが営む
喫茶店ルノワールにて。


出来上がった詩画展のDMとポスターを
お渡しして四方山話。
帰りにタマネギをいただきました。
80年代に10年近く、随筆(写真付き)を連載していた
華道専正池坊の機関誌「花泉」も沢山お借りしましたので
会場で皆様に見ていただこうと思っています。


哲臣さんの短歌をもう少し
ご紹介しましょう。


やぶかげに鳥にかくれて熟れいたる
  びなんかずらは年を越せるや

吾がつるす渋のしぶ柿ようやくに
  渋ぬけたれば目白ついばむ

火を振りて鮎こそ獲らめ四万十の
  河原に集い酒を呑むため

河童渕さくら咲きたりかっぱども
  魚獲りきたれ酒もてきたぞ

手箱山山のぶどうは熟れたれど
  熊知らざれば取りいそぐべしよし

ひたすらに押し花なせし償いに
  花植えよやと花咲かせやと




botanica_kura at 22:34コメント(0)トラックバック(0)「ぼたにか」通信 | 展覧会など 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
月別アーカイブ
楽天市場
livedoor × FLO:Q
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ