ぼたにか

2011年05月10日


高砂
山本昇雲『今すがた』より 「高砂や」


「江戸の浮世絵と明治大正の木版画展」

〜2011.6.5(日)まで (水曜休み)

10:00〜17:00

昇雲
主催・会場 ギャラリーぼたにか(土佐和紙工芸村)


「最後の浮世絵師」とも呼ばれる山本昇雲は、高知県出身の画家です。

明治3年(1870)南国市御免町生まれ。

河田小龍らに師事した後、大阪を経て上京

25歳の時、当時人気のあった東陽堂発行の雑誌『風俗画報』に

「土佐国早乙女図」(今も続く「どろんこ祭り」を描く)を投稿して認められ

東陽堂の絵画部員となります。

編集長山下重民に気に入られた昇雲は、以後30年にわたり、

同誌の表紙や挿絵、口絵などを石版画で多数制作しました。

内容は、日清日露の戦争、事件、風景、風俗など。

事実を克明に表現する報道画家として歩む一方、日本画家としても文展、帝展などに

風景や花鳥、美人画を出品し続けています。


そして大黒屋松木平吉との出会い。

浮世絵版元の老舗大黒屋の4代目松木平吉は

小林清親の「光線画」を売り出して知られる人です。

昇雲は大黒屋に請われ、多色摺り木版画『今すがた』(明治39〜42)シリーズを刊行しました。

江戸の浮世絵に連なる美しい大首絵美人画の誕生です。


昇雲の美人画は、“江戸浮世絵の余香を放って”、あえかに繊細で上品

同郷の洋画家石川寅治いわく

「あの人は神様のような人だったから、汚れた水には棲めなかった」

そんな清廉な人柄は画風からもしのばれるような気がします。

昭和に入って昇雲は画壇の表舞台を去り、昭和40年96歳で静かに没しました。


『今すがた』は昇雲の代表作として評価が高いシリーズ。

肉眼でしか伝わらないものを、会場でぜひ味わっていただきたいと思います。


      参考:図録「浮世美人と懐かしき日本の情景ー山本昇雲展」
                  (2005 高知県立美術館発行)


botanica_kura at 20:31コメント(0)トラックバック(0) 
月別アーカイブ
楽天市場
livedoor × FLO:Q
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ