新生スイート牡丹出張演奏 第2弾!敬老の日に 出張演奏!

2012年09月11日

琴とオーボエのコラボレーション!

★植松夕起子 ★主婦   こんにちは。津田沼教室の植松夕起子と申します。植松1

9月2日日曜日、大塚千栄子先生と、葛飾区こども夢クラブへ演奏に行ってまいりました。真っ黒に日焼けした元気な小学生がいっぱい集まってくれていました。

子供たちは、終始演奏に興味津々。「江戸時代の曲?!ひえ〜っ!」
「面白かった〜!」とか「お琴弾いてみた〜い」など、
キラキラした目で話しかけてくれて、音楽を通じて楽しさや感動を分かち合い、やり甲斐のある、素晴らしい会となりました。植松2

今回来てくれた小学生には、夏の終わりのひとコマに、今日の演奏を記憶の片隅に留めておいてもらって、将来、あの時聴いた琴に興味を持ってもらえたらいいな・・・と思いました。

日頃は大塚先生の下、お琴と三味線の稽古に励んでおりますが、オーボエ演奏も趣味にしており、大塚先生のお琴とオーボエの夢のコラボレーションもさせていただけることになりました。植松3
曲はジブリ作品の『魔女の宅急便』から《海の見える街》です。木管楽器のオーボエと琴、木の楽器同士ともあって、自然と音色が溶け込み、とてもいい感じに仕上がったなと思います

また、コラボレーションへの取り組みにあたっては、琴の楽譜を五線譜に書き換え、
少しアレンジを加えるなど、初めての経験も多く、非常に勉強になりました。
このような機会を与えてくださった、大塚先生に感謝しています。今後の音楽人生に、是非活かしたいです。

私は来春から、夫の海外赴任に伴い数年間、タイ・バンコクへ住む予定です。バンコクに渡った後には、琴を通して、海外へ日本の伝統文化の素晴らしさを発信すべく、精進して参りたいと意気込んでいる今日この頃です。もっともっと練習し、演奏経験を積んで、今後につなげたいと考えています


★牡丹会ブログ管理人 佐野恵子
エキゾチックなタイの民家から 妙なる琴の音色が流れてくるなんてイケテルゥ
是非現地でお琴を広めてくださいネ(⌒〜⌒)



botankai_blog at 02:20│Comments(2)

この記事へのコメント

2. Posted by J.TOKI   2013年02月01日 02:35
思いがけず当サイトにて夕起子さんのご活躍を拝見し
ビックリすると共に、相変わらずの元気なお姿に
嬉しく思う次第です。
うんうん、変わっていませんねぇ。

豊田におられた際には大変お世話になりました。

間もなくバンコクへ旅立たれるとの事。
お気をつけて、そして元気にご活躍される事をお祈り致します。
1. Posted by c,ootsuka   2012年09月11日 09:10
暑い中、お疲れ様でした。日本にいるうちに、一つでも多く、演奏テクニックを習って、マスターしてくださいね!
牡丹会津田沼支部・バンコク分室?日本文化親善アンバサダー☆☆植松夕起子殿!

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
新生スイート牡丹出張演奏 第2弾!敬老の日に 出張演奏!