新見美術館で < 令和を想う 現代日本画家が描く万葉のこころ 展 > が開催されています。2020年9月19日(土)〜11月23日(月・祝)開館時間9時30分〜17時入館は16時30分まで月曜日休館 但し9月21日(月・祝)11月23日(月・祝)は開館
 
bin092601 元号の「令和」は、万葉集ゆかりの文字から作られたと聞いています。新見美術館の会館30周年記念特別展掘‘猯標立万葉文化館所蔵作品による展覧会です。

 展覧会は、未見です。申し訳ない。

10月11日にワークショップ講師としてお邪魔することになっています。そのおりに拝見、レビューを書き込む予定です。


■ワークショップ
「神代和紙に万葉を描く」
10月11日(日)13:30から(3時間程度)
講師をさせていただきます。 ■要予約(新見美術館に問い合わせください。電話:0867 72 7851) 

 新見の伝統和紙・神代和紙にドーサ引きを行い、具絵の具による背景(下塗り)を行った後、短冊にそれを貼りこんだものを用意しています。この上に、型紙を使ったり、また経験者は自由に線を引き、日本画の代表的な絵の具を使って色をつけるワークショップです。もちろん、出来上がった短冊に歌を詠み書を加えていただくと完璧かも?。

 新しい素材!。岡山県産「胡粉」も用意して使って頂く予定です。瀬戸内の牡蠣殻より作られた胡粉です。