2010年05月

2010年05月27日

2010年6月例会のお知らせ

     ABSの皆さんへ


日時:  6月12日(土) 午後0時 〜午後3時

場所:  工芸室(3F)


今回は第一会議室(1F)が確保できなかったので。
従来の工芸室(3F)に戻ります。

(8月28日(土)のJRボトルシップ教室の瓶、材料を配布します。)

bottleship at 10:20|PermalinkComments(3)TrackBack(0)clip!

2010年05月26日

2010年5月例会

2010-05a今回はこれ、KUWAさんの半田付けです。

Inocchiさんが半田付けをしてもらいたいので
一式持参してもらえませんかというリクエストで持ってこられました。
年季の入っている半田ゴテと諸々の道具です。
今や手に入らない鉛入りの半田もあります。


さて、Inocchiさんの船はこちらです。ボルチモアクリッパーです。
2010-05b2010-05c

スタートは諸刃の切り出しの使い勝手を試すために作られた船体ですが
削るだけでなく完成品にと言う事のようです。
船体の色がダークブルー(黒?)と言う写真を探し出してきて塗装をされました。
白いクルーズ船が多々ある中にキュナードラインの各クイーン号はダークブルーで、
新装された日本丸もダークブルーです。これもなかなか趣がありますね。

右はその船に乗せるテンダーボートです。
ボートの下にある図面にダビット(ボートの懸架装置)が描かれています。

R0013389これを真鍮線で作り、半田付けをしたいとの事。

平面図で半田付けをし、曲げたら外れちゃったというので
再度半田付けをしてもらっていました。




R0013395KUWAさんはついでというので
リングの半田付けをしていました。

リングに半田ゴテを当てるのではなく、
半田ゴテを固定してリングを当てていました。
コロンブスの卵ではないですが、なるほどと感心しました。


他の方はというと、TANさんは樽のキャップ、
eiさんは漁船ビクトリンを作っていましたが、
半田付けに圧倒され写真を取り忘れました。スミマセン。

R0013392こちらはSAITさんが持ってこられたライトです。
さて何に使いましょうか?
さしずめ灯台というところでしょうか。
面白いですがなかなか手を挙げにくい内容ですね。

ちなみに下に写っているのはお嬢さんから送られた帆船の豪華本です。
イギリスポンドで値段が付いていました。

TANさんからボトルシップ教室の準備はと聞かれましたが、
準備状況は次回6月例会で報告します。また、JR用の材料を配布します。
SAITさんが炭酸水の瓶を用意してくれますので、皆さんそのつもりで来て下さいね。

そうだ、KUWAさんがビーフジャーキーならぬポークジャーキーを土産に持ってきてくれました。
甘くておいしかったです。

bottleship at 13:32|PermalinkComments(1)TrackBack(0)clip!