2011年09月

2011年09月09日

2011年10月例会のお知らせ

     ABSの皆さんへ


日時:  10月8日(土) 午後0時 〜午後3時
     

場所:  工芸室(3F)



11月5〜6日の山内地区センター祭りの打ち合わせをします。
(出展、飾り付け、実演<マイクロボトルシップ作成> 等)

bottleship at 23:13|PermalinkComments(4)TrackBack(0)clip!

2011年09月04日

2011年9月例会

今月は何人かの方がお休みになりましたが、
会員が増えているのでさびしい例会という感じはありませんでした。
(でも、みんながそろった方が活気があって良いですよ)

これは何か?
R0014261R0014267






SAITさんが持ってこられた革のひもです。
炭酸水のキャップにメタリックヤーンなどを巻き付けているので、
同じ用途に使えるのではないかと提供して下さいました。
早速何本もいただきましたが、eiさんは本来の目的と思われる組紐を始めました。
自画自賛していましたが・・・・・

マイクロボトルシップのキャップについていろいろ検討されています。
Hammerさんは8mmΦのバルサ棒を無理矢理ねじ込んでいましたが、
バルサではストラップのひもが抜けてしまうという不安があります。
R0014262SAITさんは同じく8mmΦの
丸棒を削っていましたが、
これも一つ二つならともかく
量産には向きません。



いつものようにKUWAさんがアイディアをひねり出しました。
R0014263R0014260






KUWAさんの従来の作品(右側の青色のアルミキャップ)と比べてみてもすっきりします。
右の写真が製作過程です。祝い箸に布テープを巻き付けました。
祝い箸はやなぎ製なのでカッターで簡単に切断できると言っていました。
そのあと真ん中にドリルで穴を開ければ栓が量産できます。
ウーン、なるほど。
私の分はKUWAさんにお願いすることにしました。

R0014265やおら、かばんから万力とノコギリを持ちだし
KUWAさんは矢島式ボトルシップの帆を
作成する治具を作り始めました。
幅広の切り込みを入れているのでどうやっているのかとみていたら
ノコギリの刃が3枚重ね合わせてついていました。
それで幅広の溝が一度に作成できるわけです。
感心しきりです。

R0014276eiさんの船は2本目のマストが立ちました。
マスト1本の時はできが悪いんじゃないかと悲観していましたが、
(まわりはそんなことはないと慰めていたんですがね)
2本目が立つと急に見栄えが良くなり喜んでいました。
でも、まだまだ難所がありますよ。
KUWAさんのアドバイスをもらってがんばって下さい。


R0014277R0014273






ToshiさんのVictrineも順調に進んでいます。
でも本人は船体の色が気に入らないと塗り替えたりして悩んでいましたが
ツートンにすると格好がついてきました。
道具箱も用意され、だんだんのめり込んできますね。

R0014274最後はSAITさんのヨット船体です。
キール付きにしたのでこれを見せるため船台を工夫されていました。
枠タイプどうですかと言ってみたものの、
このキールでは少し難しいですね。
いろいろ考えられた船台でした。
上部構造がどうなっていくのか期待を持たされます。


bottleship at 23:04|PermalinkComments(1)TrackBack(0)clip!