2013年10月

2013年10月25日

2013年11月例会のお知らせ

      ABSの皆さんへ


日時:  11月23日(土) 午後0時 〜午後3時 

場所:  山内地区センター 3F 工芸室



【センター祭りのスケジュール】

搬入:8日(金) 11:00〜
展示:9日(土) 10:00〜16:00
   10日(日) 10:00〜15:30
           16:00〜 柊



*************************************************
2013-11-21: 2013年10月例会 を更新しました。
         【11月例会のお知らせ】の下にあります。
*************************************************


bottleship at 20:59|PermalinkComments(1)TrackBack(0)clip!

2013年10月22日

2013年10月例会

Maruさんの作品です。
R0015342R0015343






今回は丸型の瓶に縦に入れています。矢島式の方はマストの押さえがないとか、
結びの方向が違っているとか、通常の横型より格段と難しくなります。
首が長いので道具に工夫がいるとか、色々と苦労があります。
下は「いいちこのフラスコ」です。瓶はとても綺麗ですが、どの船を入れるかに迷います。
首が長いうえひしゃげた丸なので、なかなか厄介ですが和船とは考えましたね。よく映えています。
R0015339R0015340







今回の圧巻はToshiさんのこの2作品です。
R0015346R0015372R0015374








R0015349R0015371R0015353






ワインの瓶ですがクリスマスが近づいたこの時期に出てきます。
以前、Saitさんがこれを使って素敵な作品を作っていました。
(http://blog.livedoor.jp/bottleship/archives/2011-12-27.html)
Toshiさんもクリスマスをテーマに企画されたようですが、
時期的に早いためサンタさんやクリスマスツリーを入手するのに苦労したようです。
瓶の中のサンタさんや天使は、かってプラモデルを瓶へ入れた経験が生かされています。
サンタさんの方はキャップがレンガの煙突のようになっています。
両方ともプレゼント用に名前が入っています。片方だけで手元に置いておけばよいのにと思いますが・・・。

話題がToshiさんの作品にさらわれてしまいましたが、Inocchさん海を入れてきました。
R0015354R0015356






それぞれすでに完成した作品に入れたのでそれなりの難しさがあったようです。
フライパンで湯煎をしたそうですが、軍手をしてトングで支えていたそうで、熱くてたまらなかったようです。

Saitさんから要望のあった飾り駒です。
R0015365R0015366R0015376






完成品と組み立てのサンプルをInocchさんが持ってこられました。
Saitさんは年始に向けて作りこまれるようです。

来年は午年なので切り絵の馬をInocchさんとSaitさんが作られてきました。
R0015364R0015363






左がInocchさんで右のシマウマがSaitさんです。

こちらは同じ切り絵でも趣が違います。
R0015361R0015362Saitさんはよく映画スターを題材に
デッサンをされますが、
今回は切り絵でチャレンジされました。
Inocchさんが感心していました。







R0015345Kuwaさんお得意の道具です。
100均のプライヤーに傘の骨を半田付けして
瓶の奥のものがつかめるようにしました。
瓶の深さに応じて延長されています。
ここには写っていませんが
パッチワーク用のハサミを差し替えて取り付け、
奥の糸をカットできるようにしたものもありました。

R0015367最後はSaitさんの持ち物で、テンプレート円定規です。
瓶の口径に合わせて作品が中に入るかチェックするそうです。
各サイズに適応しますし、いちいち瓶の口でチャックしなくて済むので
とても重宝しているそうです。

2013年10月09日

2013年10月例会のお知らせ

      ABSの皆さんへ


日時:  10月19日(土) 午後0時 〜午後3時 

場所:  山内地区センター 3F 第2会議室



< 注 >
日にちが当初予定していた26日より一週間早まっています。
その関係で場所は工芸室の隣の第2会議室です。



bottleship at 12:51|PermalinkComments(8)TrackBack(0)clip!

2013年10月03日

2013年9月例会

Saitさんがすばらしいものを見つけてきました。
海です。透明の海の材料です。以前作成したヨットで試されました。
材料はパラフィン系なので比較的簡単に扱えるようです。もともとは創作ローソクの材料です。
どこから情報を手に入れたんでしょうかね。

R0015302R0015312






青のパラフィンだけだと色が濃すぎると思い透明のパラフィンと混ぜ合わせたそうですが、
かき混ぜたら空気が入って泡ができてしまうそうです。
Saitさんは湯煎で温めたそうですが、ネットを見たらホットプレートでも良いようです。
R0015305R0015309






左の写真は透明のパラフィンだけですが、やはり色がついているほうが良いですね。
さっそくInocchさんとToshiさんがもらっていきました。

あれ、海の材料に熱心だったMaruさんは? そう、今回はお休みでした。

R0015307R0015313Hammerさんはキャンドルファクトリーから
購入すればよいと考えていたようですが
色付きのものは載っていませんでした。





Inocchさんがリラダンを持ってきました。塗装前の完成品です。
R0015315R0015323







R0015320R0015319






甲板上の構造物が細かく作られているので、どのように組み立てているかわかるように
塗装前のものを見せてくれました。薄い板を細かく切って立体的になっています。
塗装するとどんなイメージになるんでしょうかね。

eiさんが新しい図面で矢島式の船に取り組んでいます。
R0015327R0015328






R0015330船体の材料が少し大きかったためのこぎりで切っていました。
隣にいたKuwaさんが、こういうのは削ればいいんだよと言って
手を貸していました。
良い場所に座っていますね。

「ほら、こういう風に入るでしょう」


左下はInocchさんが100均で見つけてきた小さな瓶です。薬瓶よりさらに小さいですよ。
さっそく買い占めようと帰りにキャンドゥに行きましたがすでに売り切れていました。残念!
R0015324R0015329






右の糸はストラップ用にToshiさんが用意してきて皆に分けてくれました。

R0015325来年は午年ということで
瓶の中に飾り駒を入れようと
Inocchさんが取り組んでいます。
どんなものが出来上がるんでしょうね。






番外編です。
8月のボトルシップ教室の時にeiさんが持参されたものです。

P8240253P8240259






前回はフェルトで作ったヨットのキャップでしたが
今回はToshiさんに教わってEのイニシャルになりました。これも手が込んでいますね。
右は女性らしく瓶に装飾をしています。
でもボトルシップ教室の子供にイタズラをされてしまったようです。気の毒。