2018年05月

2018年05月21日

2018年6月例会のお知らせ



     ABSの皆さんへ


日時:  6月16日(土) 午後0時 〜午後3時 

場所:  山内地区センター 3F 工芸室

bottleship at 11:02|PermalinkComments(3)clip!

2018年05月19日

2018年5月例会

KAZUさんがまたまたユニークな作品を持ってきてくれました。
IMG_4886IMG_4888瓶の中に入ったけん玉です。
ガラス瓶は簡単に穴をあけてけん玉を
突きさすことができないので
正確にはペットボトルですが、
球は宙に浮いていてキャップを外すと
落ちてしまいます。
写真ではけん玉のお皿の上に載っていますが
必ずしもちゃんと乗るわけではありません。


こちらは新会員のYASUさんの作品です。
IMG_4893IMG_4891






先月の例会に顔を出され、Saitさんのメープルシロップの瓶にヨットを入れましたが、
それを参考に製作されました。丁寧にきれいに作られていています。
9ピンがうまくできないと言っていましたが、それはちょっとしたコツです。

IMG_4883IMG_4911






神奈川沖浪裏はMaruさんは早々と瓶の中に波を入れてしまいました。
白波はこれからのようです。
炊事の合間を縫って熱湯をかけながら入れたそうです。
船もInocchiさんの助言と現物を参考に作り直されました。
2人並んで乗れるとの説明でしたが少し船幅が広いので波にうまく乗せられるかな?

IMG_4881Toshiさんの浪裏も順調に進んでいるようです。
白波を切り出すのに何日もかかったと言っていました。
船も完成させています。





何故かMaruさんが和船に興味をもたれて帆引き舟を作られました。
IMG_4905IMG_4907






大小2種類です。船頭さんも乗っています。
なんと炭酸水の瓶の方は既に5つもできているそうです。
でもInocchiさんからアドバイスがありました。
1) 船体が帆に比べて大きすぎること。
 (これは図面がそのように作られていたので致し方ありません)
2) 和船は直線で構成されていて洋船のように船側から船底にかけて滑らかな曲線ではないこと。
3) 和船の錨の形が違っていること
船頭さんがTシャツを着てGパンをはいていると揶揄されていましたが、
錨の件以外はあまり問題がないでしょう。

最後はInocchiさんのMarie Jeanneです。
IMG_4900IMG_4899IMG_4895






マリージェンヌというとビリングボード社の1/50キットがロングセラーとして有名ですが、
そちらは全長が570mmです。
Inocchiさんのこの船はその1/10の50mmです。
よくまあこんなに精巧に作ったものと感心します。
釣竿をどうするのか悩んでいましたが実によくできています。脱帽ですね。
さて瓶の中に入っていしまったらどうなることやら。

参考まで。
「ザ・ロープ帆船模型展2016」にジオラマのMarie Jeanneを掲載しました。


bottleship at 17:10|PermalinkComments(0)clip!新作披露