2010年09月19日

2010年9月例会

東京総合車両センターのボトルシップ教室が終わると一段落した気分です。
今年の夏というか、今年も終わった気分になりますが
まだ11月の地区センター祭りがあって今年は終わっていないんですね。

そんな気分の中、なんとSaitさんが面白いものを作ってきてくれました。
一つは樽のキャップです。
他のボトルシップ愛好会でもバルサ材で樽のキャップを作る治具がありましたが、
これは全く別の発想です。
R0013634R0013635






左の台形の角棒から集積して作られています。
この台形の棒は機械で削ったのかと思いましたが、
親戚の方のハンドワークだそうです。いやはやすごいですね。
樽の中を削って薄く作られているので(これはなかなか進まなくて難しいんですよ)
感心していたらすりこぎを使って削ったそうです。ウーンそんな手があったか。
輪っかはリボンでした。今制作中の作品のキャップにするようです。

R0013641これは何でしょうか?

実は曲面にサンダーをかける治具です。
いろいろな曲面があってなかなかの道具ですね。
ベースはコーヒーの缶だそうです。

私も欲しい。

Inocchさんのボルチモアクリッパーも進んでいます。
R0013650R0013647






錨やボートもできてきました。
錨は9ピンを利用したそうです。
ボートは拡大して見ていただければわかりますがちゃんとキールも付いています。

KUWAさんが薬瓶のボトルシップを量産されています。
R0013655今や誰でも携帯電話を持っているので
そのストラップに大もてのようです。
この間のJR夏休みフェアの担当の方も
KUWAさんからもらったと自慢げに見せてくれました。

そうそう面白いノコギリが見えますね。
KUWAさんお手製のノコギリです。
机の上で使いやすいように柄に角度が付いています。

こちらは怪傑ゾロのマスクかと思ったら海面だそうです。
R0013652R0013654






TANさんが近所の方から空き瓶をいただいたのでそのお礼にボトルシップを作っています。
ヨットを2隻入れるそうです。
便利針はTANさんのGAOJに使われていましたが、ヨットではどのように使うんでしょうかね。

そういえば私も知人から瓶をいただいたのでお礼に何か作らないといけないですね。
R0013656HammerさんはアムンゼンのGAOJ(ヨア?)に取りかかっています。
こちらも搭載のボートに凝っています。






今月はAKAさんが直前になってリマインダーメールで学校の役員会があったことを思い出し、
eiさんはなんと風邪をひかれたそうです。

次回は忘年会から逆算してきたので3週間後の10月2日です。












bottleship at 18:03│Comments(0)TrackBack(0)clip!道具・用具 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔