2008年07月

2008年07月21日

探偵トラブル、苦情6年連続1000件超

探偵業者や興信所の届け出を義務化し規制を強化した探偵業法が施行されて1年。高額な解約料を請求されたり、調査内容が不十分といった苦情相談が02年度から6年連続で1000件を超えたことが、国民生活センターのまとめで分かった。背景には、業界に料金設定に関する基準がないという事情があり、法規制の強化だけで、トラブルを防ぐのは難しい実態が浮かんでいる。

国民生活センターによると、07年度の苦情相談は1205件。
内訳は
浮気調査を興信所に依頼し翌日解約を申し出たが、調査費の3割の違約金を請求された
支払いをしているのに調査報告がない
調査中止を申し出て全額返金の約束をしたのに履行されない
で、調査費や解約料など金銭をめぐるトラブルが大半を占めた。


探偵業者や興信所を巡っては、高額な調査費や口止め料の請求など、依頼者とのトラブルが続発したため、探偵業法が昨年6月施行された。都道府県の公安委員会への届け出を義務付けたほか、契約書の作成や暴力団が関与しているとみられる業者の排除などが盛り込まれた。警察庁によると、届け出業者数は約2700社(昨年6月現在)に上る。

しかし、業界には料金設定の目安となる規定や基準などはなく、調査費用は業者側の裁量で決められるケースが多いとされる。全国の440社が加盟する日本調査業協会(東京都千代田区)によると、契約の3〜5割分の法外な違約金を請求する悪質な業者もいるという。鈴木司朗専務理事は「法律や実務の知識が乏しい業者もいる。こうした業者が高額な違約金を請求をしている可能性がある」と指摘する。

警視庁生活安全総務課は「(法律で取り決めがないため)料金トラブルに介入し捜査するのは難しい。業者側の説明をよく聞いた上で、内容を確認してほしい」と注意を呼びかけている。

7月20日 毎日新聞




bouhan_s at 00:01|Permalink 迷惑 

2008年07月17日

保険料滞納情報漏らし見返り、元社保事務室職員を収賄で再逮捕

貸金業者に社会保険料の滞納情報を漏らす見返りに現金数十万円を受け取っていたとして、愛知県警は16日、名古屋市内にある中村社会保険事務室の元職員(詐欺罪などで起訴、公判中)を加重収賄容疑で再逮捕した。
貸金業者側は贈賄罪の公訴時効(3年)が成立している。

発表によると、被告は同社保事務室の主任社会保険調査官だった2004年12月中旬、社会保険料を滞納している管内事業所のデータ数百件を、無登録の貸金業者に手渡し、その見返りに数十万円のわいろを受け取った疑い。

7月17日 読売新聞

bouhan_s at 06:36|Permalink 個人情報 

2008年07月03日

「コジマ」茨城の2店でデジカメなど連続盗難

1日夜から2日未明にかけて、茨城県石岡市と牛久市の家電量販店コジマで、デジタルカメラなど計170台(約565万円相当)の電化製品が盗まれる事件が相次いだ。石岡、牛久の両署は、同一犯による連続窃盗事件の可能性があるとみて捜査している。

石岡市石岡の石岡店では、店舗東側の出入り口のドアがバールのようなものでこじあけられ、事務室内のスチール棚に置いてあったデジタルカメラ68台、オーディオプレーヤー7台、電子辞書13台の計88台(約285万円相当)が盗まれた。

また、牛久市柏田町の牛久店では、店舗南側出入り口のガラス製自動ドアのカギが壊され、店舗東側の事務室内からデジタルカメラ80台とデジタルカメラ用携帯プリンター2台の計82台(約280万円相当)が盗まれた。

石岡店では午前2時52分、牛久店は午前3時37分に警備会社の侵入警報が作動した。盗まれた電化製品はいずれも在庫品だったという。


7月3日 産経新聞


bouhan_s at 19:41|Permalink 窃盗 | 防犯

暴行上司、慰謝料支払いを命令、名古屋地裁

東証2部上場のマンション販売会社「プレサンスコーポレーション」(大阪市)の元社員の男性が上司から暴行されたとして、同社と上司を相手取り慰謝料などの支払いを求めた訴訟の判決が2日、名古屋地裁であり、濱本章子裁判官は、同社と上司に連帯して慰謝料など約10万円を支払うよう命じた。

判決によると、男性は06年5月に入社し、名古屋支店で営業を担当。同年9月24日、同社常務でもある支店長が朝礼で、入社してからマンションの販売実績がなかった男性に、立ったまま電話営業をするよう指示。同日午後2〜3時ごろ、男性の太ももを革靴で2回けった。男性は5日間のけがを負い、翌25日に退職した。同社側は暴行を否定していたが、判決は「けがの診断書や写真など原告の訴えには客観的な裏付けがある」と認定した。

7月3日 毎日新聞

bouhan_s at 19:29|Permalink 労災 
最新記事